カテゴリ:料理(副菜、その他)( 41 )
春の珍味・ふき味噌 oishii
d0159822_22335931.jpg




(つくりやすい量)
・ふきのとう 60g
★味噌 大さじ4
★きび砂糖 大さじ3
★酒 大さじ1
★味の母 大さじ1

1.ふきのとうは、沸騰したお湯で30~40秒茹でてから、氷水をはったボウルにいれる。
d0159822_22331260.jpg

d0159822_22332066.jpg



2.1の水気をぎゅーっと絞って、みじん切りにする。
d0159822_22332445.jpg



3.★はあらかじめよく混ぜ合わせる。
d0159822_22331666.jpg


フライパンに★をいれ中火にかけ、沸騰したら2のふきのとうを入れて手早く和える。
※焦げやすいので注意!
d0159822_22333820.jpg

d0159822_22334534.jpg


4.器
d0159822_22335410.jpg

に盛って完成~



酒のともはもちろん、ごはんのおともにもサイコウです。
d0159822_2234380.jpg


しっかり下処理をすることで、えぐみのない
食べやすいふき味噌になります。


お好みですが、
ふきみそを作るときは、おもいっきり甘くしたほうが
ふきの苦味に合うとおもいます。

箸の先に1cmつけたもので1合はいけますね。
d0159822_2234877.jpg



今が旬のふきのとうで、
みなさんも、春の珍味ぜひおためしを~





★★★インスタグラム&ツイッターのおしらせ★★★

みなさん、たくさんのフォローありがとうございます!


ブログでは見られないリアルタイムなことなど
色々あっぷしています。

まだフォローしていないひと、インスタしてないけどやってみようとおもってるひと、
どしどしフォローしてミットゥンワールドを広めてくださ~い!


d0159822_1259628.jpg

インスタは
Instagram→ここをクリック!




d0159822_13105692.jpg
ツイッターは
→ここをクリック!




★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg


★ヘイヘイ、みんなもう買ったかい??★


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2016-03-07 12:41 | 料理(副菜、その他)
無農薬伊予柑酒
d0159822_222914100.jpg


おれはこの世で一番必要な職業は農家だと思う。

政治家、芸能人、アーティスト、パイロットにCAさんにスポーツ選手やデザイナー・・・

この世にはカッコイイと言われる職業はたくさんあれど

それはまず皆が食うことができる農家があってからの職業である。

この世が破滅してすべて無くなったら
生きていく術でまず必要なのは作物を育てるノウハウであろう。
(まぁ、破滅したらもうおわりなんだけど・・・)


えらそうなこといって、じゃあおまえは農家じゃないのかといわれたら

d0159822_12501233.jpg


と、完全に人任せなのだが




でも、本当に感謝しとります。

そして今日はそんな国内の貴重な農家さんで
愛媛にある澤田農園さんから無農薬伊予柑とトマトが届きました!


でっかいダンボールをあけた瞬間


おもわずチャースケと叫び声をあげたほど

ぎっしり入った伊予柑の山&トマト!
d0159822_22282331.jpg




無農薬なのに皮がきれい・・・
d0159822_22282895.jpg


澤田農園さんは乳酸菌農法という聞きなれない農法でやっているらしい。
その乳酸菌のおかげか、無農薬でも皮がきれいなんだって。


そしてこのトマト
d0159822_22283578.jpg

「ヨーグルトマト」。
これが感動的でした。

ヨーグルトの味はしません。(あたりまえだ)

なんというか、まず皮がパキッとしてるの。

わかるかね?

「パキッ」だよ「パキッ」。

シャウエッセンもびっくりだよ。


甘いんだけどフルーツトマトほど甘ったるくなく、トマト特有のあの青みというかうまみというか
そんなのがちょうど良い。

ほんとーに美味しい。
どうしよう。

あと2個しかない。

これ無くなっちゃったら他のトマトが食えない。




伊予柑もたまらず、夜中にせっせと皮をむいてチャースケと食べた。
d0159822_22281910.jpg


ジューシーで甘い。
なんだろうこの瑞々しさは!

これジュースにしたらうまいだろうなぁ・・・

もったいないけどいっぱいあるし、少しジュースにしちゃおうかな・・・



でも酒飲みなのでとりあえず、伊予柑4つほど使って
伊予柑酒を仕込みます。


(つくりやすい量)
・伊予柑 1200g
・氷砂糖 200g
・ホワイトリカー 1.8L


1.伊予柑は1つを8等分に切り、皮と実を分ける。
実はさらに半分に切る。
d0159822_22285520.jpg


2.ホワイトリカーで消毒した瓶に1いれ、さらに氷砂糖を入れる。
d0159822_2229316.jpg



3.ホワイトリカーを注いで、蓋をする。
d0159822_2229886.jpg




1ヶ月ごろからのめるらしいです。
d0159822_22292077.jpg



たのしみ~


伊予柑自体がすごく甘いので、氷砂糖はいらないかなーと思ったけど

少し少なめにいれてみました。

はたしてどんな味になるやら・・・

1ヵ月後をお楽しみに。


この絶品伊予柑を使ったレシピはまだまだ他にも続きますが

さ日はこの絶品トマトを使った1品のご紹介~!!


※伊予柑はネット販売がありました!
気になる方はここに飛んでみてね~↓
澤田農園さんホームページ

※今回特別に送ってもらったけど、トマトはネット販売していないみたいです。
が、ネット販売熱望します。(ほんとに)
あと、今度横浜の高島屋さんにもおかれるとのこと。
いいなぁ、ハマっ子。マジでこれだけでも試す価値有りだよほんとに。






d0159822_12483226.jpg














★★★インスタグラム&ツイッターのおしらせ★★★

みなさん、たくさんのフォローありがとうございます!


ブログでは見られないリアルタイムなことなど
色々あっぷしています。

まだフォローしていないひと、インスタしてないけどやってみようとおもってるひと、
どしどしフォローしてミットゥンワールドを広めてくださ~い!


d0159822_1259628.jpg

インスタは
Instagram→ここをクリック!




d0159822_13105692.jpg
ツイッターは
→ここをクリック!




★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg


★ヘイヘイ、みんなもう買ったかい??★


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2016-03-01 12:56 | 料理(副菜、その他)
チャースケのライタ
d0159822_22554019.jpg


今日は、前回好評(?)だった「チャースケ料理実況中継風」の第2弾。

おれが「今日はカレーを作る」というと、

大喜びして「ちゃー(じゃあライタをつくる)」という。

ライタなんて、意外とハイカラなもんを知っているチャースケ。

ライタとは、きゅうりやトマトなどをヨーグルトのソースで和えた様な
インド風サラダ?のことだ。
インド料理屋でカレーの口直し的なポジションで出てくる。


インド人が本気でやっているようなカレー屋が好きなチャースケ、

ライタはカレーにはかかせない、と
通ぶったことを言い出したのだ。


どうせダンチュウのカレー特集でもみてて覚えたんだろ、といいたかったが
ほうっておいたら

急に台所を占領し始め、

「ちゃー(じゃましないで)」

と、また携帯(ネットでレシピ検索)を片手に
ライタ作りをはじめた。

まず、いきなり「ちゃー(くみんしーどはどこだ)」といって、そこらじゅうをかき回しはじめる。

目の前にあるのに、散らかしまくって

「ちゃー(ない)」と泣き出し

「目の前にあるだろうが!」といって差し出すと

それをおもむろにフライパンにいれ、さらに塩を加えて炒め始めた。
d0159822_2255773.jpg


「それ、なんの意味があるかわかってやってる?」

「ちゃー(しりません)」


意味もわからぬまま、もくもくと炒め続け、
炒り終わりどころがわからなかったチャースケは
塩とクミンを炒るのをあきらめ

今度は、
先ほど自分で100円のブルガ○アヨーグルトを買ってきたくせに、

おれの食後に食おうと思って買ってきたヨーグルト(四葉のけっこう高いやつ)を冷蔵庫からみつけ、
無断でボウルに入れ始める。


「あっ!!!おめーこっちのブルガ○アヨーグルト使えや!」

「ちゃー(ブルガ○アヨーグルトあげます)」


イライラしながら、(ブログのネタのためや・・)と我慢して
見守っていると

今度はぎこちない包丁さばきで
きゅうりとトマトを切り始めた。

「大きさがバラバラなんですけど」

「ちゃー!(あっちいってて!)」

そのバラバラのきゅうりとトマトを先ほどのヨーグルトにまぜ、
炒り終わりがわからなかったクミンと塩(しかもさほど炒っていない)を混ぜ、
d0159822_22551722.jpg


「ちゃー!(できた!あじみしてみて)」と、
見るからに何かが足りない出来上がったライタを差し出された。
d0159822_2255317.jpg



もう、絶対まずいやん、と思って一口食べ、



「ゲッ!ほんとにマズッッ!!!」


d0159822_22554650.jpg



案の定、期待を裏切らないまずさであった。

だいたい、クミンと塩だけでヨーグルトになんのうまみも付いていない。
というか塩分が足りなさ過ぎてほんとうにまずい。

変な味のヨーグルトを食べさせられている感じである。

というか、どんなレシピを検索したのだ。


「ねぇこれ本当にマズイよ」

「四葉のヨーグルト返せ」

と、追い討ちをかけると、

自分でもマズイとおもったのか、

いきなり「ちゃー!(なんとかしてよ!)」とキレだす始末。

結局おれがにんにくやら黒胡椒やら塩を足して

何とか食える味になった。

一応、食える味の調味料の分量のせときます。


(作りやすい量)
・ミニトマト(へたをとって細かめに切る) 8個くらい
・きゅうり(トマトと同じ大きさに切る) 1本

★クミンシード 小さじ1
★塩 小さじ1/2

◎黒胡椒(挽いたもの) 小さじ1/2
◎ヨーグルト(無糖) 200gくらい?
◎にんにく(すりおろす) 1片
◎塩 小さじ1/2

手順はチャースケと同じです。
ヨーグルトは1時間くらい水気を切ったもののほうがいいかも。


ま、これはカレーと食べてね

美味しさが発揮されるのでしょうね。

でもチャースケのライタは多分カレーと食べても発揮されないとおもう。


d0159822_22561496.jpg



ちなみに、この「にんにく黒胡椒」を使うと大変便利です。
d0159822_2255070.jpg


にんにくすりおろすテマいらず。

結構イロイロ使えます。



d0159822_12121910.jpg


★★★インスタグラム&ツイッターのおしらせ★★★

みなさん、たくさんのフォローありがとうございます!


ブログでは見られないリアルタイムなことなど
色々あっぷしています。

まだフォローしていないひと、インスタしてないけどやってみようとおもってるひと、
どしどしフォローしてミットゥンワールドを広めてくださ~い!


d0159822_1259628.jpg

インスタは
Instagram→ここをクリック!




d0159822_13105692.jpg
ツイッターは
→ここをクリック!




★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg


★ヘイヘイ、みんなもう買ったかい??★


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2016-02-02 12:29 | 料理(副菜、その他)
自家製 カボスポン酢
d0159822_2144331.jpg



のど自慢の番組を見ていたら
自分もカラオケにいきたくなった。

チャースケもタンバリン教室の合宿でいないので
とりあえず家でひとりでイヤホンをして音楽を聴きながら歌うことにした。

イヤホンを聴いていると、どうしても声がでかくなる。

しかも程よく酔っ払ってるので

夜の10時に、死ぬほどでかい声で
熱唱を続けていたら

秀次郎とふーちゃんが、見たこと無いような迷惑な顔をしていた。


ああ、カラオケに行きたい。


昔は、飲みに行ったあとによくカラオケに行っていたが

そういえばここ数年、全然行ってない。


カラオケというのは一緒に行くひとによって
だいぶ選曲が変動する。


あまり自分の好みの曲ばかり歌っていると
しらけるのだ。


だからカラオケは、選曲が合う人と行くのがのぞましい。

でもそんなやついないから、
最近は「おひとりさまカラオケ」ってのが流行っているんだろうな。



ひとりでカラオケして何が楽しいんじゃい。


と思ったけど、昨晩夜の10時に一人で何曲も熱唱して
散々楽しんでいたんだった。



い、いってみようか・・・一人カラオケ。



ああ、すっぱいね。


今日は酸っぱい、自家製ポン酢にちょうせん。


今までソースやら醤油やら味噌やら
いろいろ作ってきたけど

実はポン酢はやってなかったので
いまさら、挑戦です。



(作りやすい量)

・カボス(絞った果汁) 200ml
★醤油 280ml
★味の母 120ml
★きび砂糖 小さじ1


◎鰹削り節 8g
◎昆布 5g
 


1.カボスは半分に切って果汁を絞る。果汁正味200mlになるように用意する。
d0159822_214487.jpg



2.鍋に★を入れ中火にかけ、沸騰直前で火からおろす。
d0159822_21441612.jpg


3.煮沸消毒して乾かした瓶に、◎を入れ2を注ぐ。
d0159822_2144221.jpg


4.3の粗熱が取れたら、絞ったカボスの果汁を入れよく混ぜ、
冷めたら蓋をして冷蔵庫で1週間ほど置く。

d0159822_2144405.jpg





カボスの香りが爽やかで濃厚なポン酢の完成。

ポン酢って、当たり前だけど使う果汁によって全然違う仕上がりになるからおもしろい。


これからの季節は柑橘がどんどん出てくるので
いろんな果汁で作ってみるのもいいナァ

d0159822_21444758.jpg



1か月くらいするとさらにまろやかになるそうですぞ。

みなさんもこの週末仕込んでみてはいかがでしょうか~




d0159822_1216356.jpg




★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-10-02 12:30 | 料理(副菜、その他)
ささみとホタテのピリ辛マヨパク和え
d0159822_233211.jpg


おれは今まで自分はけっこう社交的なほうだと思っていた。

昔から人見知りもしないし、場を盛り上げるのも好きだ。

しかし最近気づいたのだが、実は全然社交的ではなく、超人見知りらしい。


というのも、どうやら新しく知り合った人には
無意識にヌリ壁を作っているようなのだ。
(もちろん初対面から意気投合する人もいるが)



だいぶたってから「初めはこわかった」とか、「飲み会のときだけおもしろいよね」などと言われることもしばしばだ。


ここで弁解させてもらうと、本当にそんなつもりはな・・・い・・・のだ。(例外もある)


しかし、これではいかん、ということで

頑張ってヘラヘラする練習をしているのだが、これが中々難しい。

もともと無表情の顔がこんなだから、ヘラヘラする筋肉が発達していないのだ。

エロ目のなーさんなんて、怒っているときでも泣いてるときでも
あんな目だからヘラヘラしているように見える。


それもそれで大変そうだが、なんともうらやましい顔である。

一度なーさんに弟子入りしようかと思っている。



そう、そのほうが絶対人生得ですよ。

笑顔・・・大事です。

酒飲んでうまいもんを食べてるときはずっと笑顔なんだけどなぁ。

というわけで、今日の笑顔の1品のごしょうかい!


(2人前)
・鶏ささみ 4本 ※常温に20~30分置いておく
◎水+酒=2:1の割合

★ホタテ缶 1缶(60g)
★塩 小1/4
★味の母 大1
★豆板醤 小1/2
★にんにく(すりおろす) 小1/3
★マヨネーズ 大1

・パクチー(みじん切り) 3束
・白すりゴマ 適量

1.厚手の鍋に、◎を鶏ささみが全部浸かるくらいの量を入れ沸騰させる。
沸騰したら鶏ささみを入れすぐに火を止めて蓋をして23分置く。
取り出して、しっとりと中まで火が通っていたらOK。

ささみの表面の水分をふきとり、手で細かく裂く。
全体に塩・黒胡椒を少々して下味をつけておく。
d0159822_23321972.jpg



2.ボウルに1のささみと★をいれよく混ぜる。

d0159822_23323244.jpg



3.さらにパクチーをいれよく和える。
d0159822_2332485.jpg


4.器に盛り、白すりごまを好みの量かける。
仕上げに糸唐辛子を飾ってかんせい

d0159822_2333556.jpg




ホタテ缶の旨みがポイント!
和えるときに、ちょっとホタテ缶の汁を入れてしっとりさせるといい。
(ただし入れすぎると水っぽくなるので注意)

キュウリとか千切りにして入れてもよかったかもなぁ。

d0159822_23332888.jpg


ピリ辛だけど、マヨネーズでマイルドになって食べやすい。

ビール、ハイボールがススムくんです。
d0159822_23333958.jpg


酒がのめないひとには、パンに挟んでサンドイッチにしてもいいかも。

ぜひおためしあれ~








d0159822_12303877.jpg

チャースケは初対面じゃないんじゃ・・・




★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12544571.jpg


★しつこいけれど、宣伝するよ★


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2015-01-26 12:35 | 料理(副菜、その他)
だし昆布の残りで!キャベツなます
d0159822_21312240.jpg


ご存知、おれの大好物はチーズである。



先日、「マツコの知らない世界」という番組で、チーズの特集がやってるよ!と
コメントをくれたyamatoyomeさん。
同時に、友人の石ちゃんからもラインで「マツコ見てる?」と入ってきた。

こりゃ急がねば!

9時からだったが、少しオーバーしたがなんとか間に合った。

まーしかし内容は、やはり国産のチーズなど紹介などしておった。

『6Pチーズは・・・』
と、専門家(?)のひとが6Pチーズを紹介している。


おれの中で6Pチーズはチーズではなく、あくまで「6P チーズという食べ物」として
興味が無かった。

ちなみミチオは6Pチーズが大好物で、
うちに来たときにウォッシュチーズなんかを出してやったら
「こんなのチーズじゃネェ」と怒られたことがある。

しかし、その番組で専門家のひとが「6Pチーズは焼いて食べると美味しいです」といって

なんと6Pチーズを焼いて醤油をまわしかけたものを
紹介していた。


え、なにこれ?

超うまそうじゃん。




翌日、6Pチーズを買いにスーパーに行った。(←単純すぎる)

すると、すごいねぇ。最近は色んな6Pチーズが出てる。

でもあえて、一番ベタな昔からある雪印のやつを買ってみた。

そんで焼いてみた。


とりあえず3P焼いてみた。


d0159822_12542791.jpg




わ~オシャレ~笑



ううむ・・・!


うまし!

うましじゃねーの!


ノーマネーだったので、500円のテーブルワインと一緒に
焼いた6Pチーズの晩酌・・・

なによこれ

ブルゴーニュもびっくりじゃないの。

そう言いながら、あっというまに3P完食した。

残り3Pを、焼きに行くのが面倒だった。


「もう生でいいや」

もはやただの『6Pチーズ』である。


しかしこれが・・・


あれ・・?

これ焼かないほうがうまくね?


・・・。



そうなのだ。

6Pチーズは生で十分うまかったのだ。


いままでミチオのことをバカにしていてごめんよ。


みなさんも食べてみてください、焼いてない6Pチーズ。



あ、でも専門家の顔をつぶさないようにいっておくけど
焼いたのもおいしいよ。

さてさて・・・

全然関係ないけど、今日のレシピはダシをとったあとの昆布の活用レシピ。


(作りやすい分量)
・だしをとった後の昆布 50g

・キャベツ 500g
・塩 小1/2

・大根 150g
・塩 小1/2

★米酢 大6
★きび砂糖 大1
★味の母 大2
★醤油 小1/2
★赤唐辛子(輪切りにする) 2本 ※好みで種も入れる
★ごま油 小さじ1

・白ごま 適量(すりごまがおススメ)
・糸唐辛子 適量

1.だしをとったあとの昆布は、ごく細切りにする。
キャベツ・大根も同じように千切りにする。
d0159822_2129581.jpg


2.キャベツは塩小1/2をもみこみ、ボウルに入れてラップをかけて重石をして
しばらく置く。(20分くらい)
d0159822_21294284.jpg


3.大根も同様に塩小1/2をまぶし、ボウルに入れてしばらく置く。
(こちらは重石をしないでOK)
d0159822_212836.jpg


4.★の材料はあらかじめしっかり混ぜ合わせておく。
d0159822_21302191.jpg


6.キャベツ、大根は、それぞれさらしなどに包んでぎゅーっと水分をしっかり絞る。
絞ったものをボウルに入れ、昆布も入れてよく和える。
さらに★をまわしかけ、よく和える。
このまま1時間以上置くと味が馴染む。
d0159822_21303865.jpg


7.器に盛り、仕上げに白ゴマをかけ、あれば糸唐辛子を飾って完成!
d0159822_2131963.jpg



ああ、いいね。
野菜がいっぱい食べられていいね。

d0159822_21313846.jpg


だし昆布は、残りといえどまだまだ昆布として良い仕事をしてくれる。

d0159822_21305726.jpg


他に、にんじんとかもお好みで。

ほんとは松前漬風にしたかったけど、イカも無けりゃにんじんも数の子も無かったからね
(全部じゃねーか)


キャベツでもうまし!

意外にも、チャースケがモリモリ食べて
あっというまに無くなった。

みなさんも、もてあましているダシの残りがあれば
ぜひおためしあれ~








《おまけ》
きょうのチビネコ兄弟。

d0159822_12513811.jpg


今日はさむいね

風邪などひかぬよう。













★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg


★おまいさん、まだ買ってないの?★

ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2014-11-14 15:04 | 料理(副菜、その他)
最高にうまい 大人のなめ茸 oishii
d0159822_1262581.jpg


ここ2ヶ月くらいだろうか、秀さんの朝の起こし方が変わった。

子猫のころはチーチー鳴きまくり、
その後はザリザリ攻撃だった。


しかし最近はというと、一切鳴かなくなり
ザリザリ攻撃でも無くなった。


しかし、朝4時に起こしてくるのは変わらない。

ではどうやって起こしにくるのかというと

おれは寝るときパンツ一丁で寝るのだが

そのパンツの平ゴムを器用にもくわえ、
思いっきり離れてパッと離し
「パーン!」とゴムでおれのケツを叩くのである。

どこで覚えたのかこんな技、

おれはこれを「平ゴムケツパッチン攻撃」と呼んでいる。(どこで?)

最初は訳がわからなかった。

そして眠いおれはそんなので起きるわけもない。

しかし秀さんは何度も何度も
「パーン!」
「パーン!」
とゴムを加えては離れて離す、を繰り返すのである。



おそらく、ザリザリ攻撃は
おれが枕の下に顔を隠して防御するため
もう効かなくなったと判断したのだろう。


そんな頭がよくなって・・・・大人になったね・・・秀次郎。


さてさて、今日はそんな大人にちなんで
以前テレビで中村孝明さんが作っていた最高にうまいなめ茸に挑戦!

新米のおともに、ぜひどうぞ。

(作りやすい分量)

・えのき 300g

★醤油 大3
★酒 大3
★味の母 大3
★きび砂糖 小1

・ゆず胡椒 小1/2

1.えのきは軸を切り落とし、さらに半分の長さになるように切る。
つながっている部分は手で1本1本細かくほぐす。
d0159822_1212915.jpg



2.フライパンに★を入れ弱火にかける。
d0159822_1232778.jpg


3.2が沸々してきたら、えのきを入れて混ぜながら煮る。
d0159822_1242756.jpg


4.だんだんとろみが出てきて水分が無くなったら
火を止め、ゆず胡椒を入れて全体にいきわたるように混ぜて冷ます。
d0159822_125442.jpg


たったこれだけで完成~

そのままはもちろん、ごはんにのっけて!
d0159822_1254514.jpg

これぞ日本の秋

ゆず胡椒が香って、ほんとにウマイ。
もはや瓶のなめたけとは別物だね。


d0159822_1159363.jpg


中村孝明さんは赤唐辛子入りのゆず胡椒で作ってたけど
それはもっとうまいのかなぁ。
手に入ったらやってみようっと。

でも普通のゆず胡椒でも十分にうまかったです。

孝明さんは入れてなかったけど、砂糖もいれたほうがうまいです。













d0159822_1237682.jpg








d0159822_12372414.jpg








d0159822_12375660.jpg






普通に起こしてくれんかなー。





★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12304340.jpg


★チャースケのチビねこ兄弟ブログもよろしく!!→
The cats inside
チビねこファンは要チェック!

by mittun-chasuke | 2014-10-08 13:00 | 料理(副菜、その他)
いんげんの和えもの2種
d0159822_12261970.jpg

今まで、「このガラスは耐熱ではありません」とかいてあるものでも
平気で熱湯を入れていた。

なぜなら、それで割れたことなど1度もなかったから
『なにが耐熱だ』『ハッタリだ』と、勝手に決め付けて安心していたのだ。


しかし、恐怖は起こった!


いつのもように、耐熱ではないピッチャーガラスに
お茶を作ろうと、茶葉を入れ
熱湯を注いでいた時、


突如『パァンッ・・!!!』とものすごい音をたてて
砕け散った。

それは、落としたりして割れる感じではなく

まるで風船が爆発したみたいに中心から膨れ上がって
粉々に砕け散ったのだ。

しばし唖然とし、『耐熱ではない』というのはハッタリでないことが
わかった。

もうねー、すごいよ。

なんかね、悲しい割れ方だったよ。

きっと、夢を失うときってあんな感じなんだろうな・・・なんつって
センチメンタルになったね。(うそつけ)

みなさんも非耐熱
ガラスにはきをつけましょう。


はい、そんなわけで今日のレシピ。


全然関係ないけど、いんげんのレシピ。


(2~3人前)

・いんげん 300g
★マヨネーズ 大1
★カレー粉 小1
★きび砂糖 小1
★にんにく(すりおろす) ほんの少々
★醤油 小1

◎白すりゴマ 大2
◎醤油 小1
◎きび砂糖 小1
◎味の母 大1 ※なければみりんで代用OK

・白いりゴマ 適量
・糸唐辛子 適量



1.いんげんは塩少々を入れた沸騰した湯で
好みの硬さに茹でる。
※茹ですぎ注意
d0159822_12584971.jpg


2.1を冷水にとり、しっかり水気を切る。
のヘタを切り落とし、3cm幅に切る。
d0159822_12595171.jpg


3.ボウルに★を入れよく混ぜる。
d0159822_1321538.jpg


別のボウルに◎を入れてよく混ぜる。
d0159822_1372559.jpg


4.茹でたいんげんを、半分ずつそれぞれのボウルに入れ
よく和える。

d0159822_1311660.jpg

5.それぞれ器に盛り、
カレー風味のほうには糸唐辛子、すりゴマ風味のほうには白いりゴマを
飾ってかんせい!
d0159822_13152396.jpg



頑張れば3行にできた簡単レシピ。
d0159822_1331241.jpg


定番のゴマ風味も裏切らない美味しさだが、
カレー風味も新鮮なうまさ!
d0159822_13312239.jpg


★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12304340.jpg


★チャースケのチビねこ兄弟ブログもよろしく!!→
The cats inside
チビねこファンは要チェック!

by mittun-chasuke | 2014-08-25 13:01 | 料理(副菜、その他)
ピーマンの塩昆布和え

d0159822_12493215.jpg


おれは性格がおおざっぱだ。

よく言えば仕事が早いともいう。

反対に、チャースケは几帳面だ。

悪く言えば仕事が遅いともいうが、

これはおれのようなおおざっぱなやつにとっては
イライラするときもあるし、
うらやましい時もある。


几帳面と言ってもだらしない部分も多いのだが

ふとした時に「ゲッ」と思うことがたまにある。

たとえば、洗濯ものを干すときに
靴下のかたわれをかならず一緒に並べて干す、とか
宝箱の中の化石がきちんと整列している、というようなことだ。

おれにはまったう理解不能だが、
チャースケにとっては普通のことなのである。



先日もあった。


フーちゃんの頑固な便秘解消のために、
いろんな手を尽くしたが

ようやく1個、効果があったのは「サツマイモ」。

人間もそうだが、やわらかくしたサツマイモをマッシュして
食べさせるといいというのを聞いたのだ。

また、へびつかい先生には怒られるが、
ウェットフードの量を増やして水分を多めに取らせるのがいい、ということで

最近は1食をウェットにし、マッシュしたさつまいもを混ぜてやっている。

以来、毎日うんちをするようになってくれたのだ!


そんなわけで、ふかしたさつまいもを
小分けにして冷凍しておくことにしているのだが、

先日そのストックが切れてしまったので
またサツマイモをふかしてストックを作ろうとした。

しかし、面倒だったので、チャースケに任命した。

フーちゃんのことにかかわるということで
大喜びで任務を受けたチャースケ。

しかし、フーちゃんに与えるサツマイモの一回の量なんてのは
親指の爪程度の大きさ。

それを1個1個、ラップに包んでいくのだが

チャースケはそれにあわせてラップも小さく切り分け、

1つ1つきっちり「4グラム」を測って
小分けにしていった。

2時間ほどかかり、出来上がったサツマイモのストックをみて
仰天した。
全部、きっちり同じ大きさ、同じ正方形にきれいに包まれて
微塵の隙もないサツマイモだった。


ううむ・・・


おれには出来んなぁ。(やりたくもないけど)

チャースケのきっちり包んだサツマイモは、
ラップもぴっちりくっついているので
毎回はがすのが大変で面倒・・・ということは本人には言わないでおこうと思う。
(ブログ読むか)


こういうやつに野菜の千切りなんかをさせると、

時間はかかるけど非常にきれいな千切りができる。

今日は、千切りがポイントのピーマンのさっぱりおつまみ。



(2人前)

・ピーマン 大2個
☆塩昆布 15g
☆きび砂糖 小1/2
☆米酢 小1/2
☆味の母 小1
☆ごま油 小1
・糸唐辛子 適量
・白すりゴマ 適量


1.ピーマンは種とヘタ部分を取り
ごく細切りにする。

2.ボウルに1と☆を入れてよく和える。
d0159822_12494616.jpg

3.器に盛り、白すりゴマをたっぷりふりかけ
糸唐辛子を飾って完成!
d0159822_12495621.jpg


ピーマンは大きいものを。

ごく千切りがポイント。塩昆布と同じくらいの太さにする勢いで頑張ろう。
(でもおれにはこの太さが限界である。
しかも最後のほうは面倒になって5㎜位の幅になるのであった。)

生のピーマンは非常にオイシイ。

それでも食べにくい・・というひとにおすすめな今回のレシピ。
d0159822_1250450.jpg

塩昆布は、必ずナチュラルなものを。
それで味がかなり左右されます。

ちなみに、飾りの糸唐辛子は
ぜったいあったほうがおススメ。

この風味がまたピーマンとよく合うのだ。




ビール、ハイボールと一緒にぜひどうぞ~

★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
ミットゥンが全国の働く女子向けに書いているウーマンエキサイトシリーズ。


ビールに合う! おつまみレシピ「海老と枝豆の冷やしワンタン」


d0159822_12522046.jpg


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★














≪おまけ≫

秀さん、すっかりもとのかわいい声に戻りました!

d0159822_12502146.jpg


でも鳴き声が「ムー」から「ふにゃー」に変わりました。

以前はだっこが嫌いだったのが、
なぜかだっこ好きになり、抱くたびに「ふにゃー」と言って
かわいすぎて食べそうになります。


心配してくれたみなさん、ありがとうございました。

これからはチビたちの監督を気を引き締めて
いきたいとおもいます。

何年たっても、動物と暮らすというのは
教えられることや、新しい体験ばかり。

だからこそ大変だけどすばらしいのだと
改めて実感。

頑張った秀さん、フーちゃん、
ありがとう。


蛇使い先生のところにいかなくていいように
病気しないで元気でいておくれ。




★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12304340.jpg


★チャースケのチビねこ兄弟ブログもよろしく!!→
The cats inside
チビねこファンは要チェック!

by mittun-chasuke | 2014-06-25 12:53 | 料理(副菜、その他)
破竹で自家製メンマ
d0159822_1225776.jpg


ついに入梅、ジメジメいやですね。

夏が嫌いなおれにとって、さらに梅雨は1年で一番嫌いな時期。

なによりすぐ腐るわ臭うわ洗濯は乾かないわで

何が楽しみってもう青梅が出回ること以外はなんも無し!

そして・・・恐怖のGの季節到来。

この家に越してきてはじめての夏。

はたしてGが出るのかどうなのかもわからない。

そんなモンモンをした日々を送っていたまさに夕べ・・・


のどが渇き、1階のキッチンにある冷蔵庫へ向かった。

電気をつけるのが面倒だったので
暗闇のなか冷蔵庫の前に立ったその時


「ムニュッ」と、なにか気色の悪いものを踏んだ。


なにを踏んだかわからなかったが、間違いなく良いモンではないことだけはわかった。

『・・・・』いやーな予感がして急いで電気をつけると


ナ、ナナナナナナメー!


ナメ出た~~~!!



まったく勘弁して欲しい。

まさかGの前にナメクジが出たのだ。(しかもおもいっきし踏んだ)

おれにおもいっきし踏まれたナメは、すでにご臨終だった。


ああ、もうこの家で迎える夏が恐怖であることはわかった。


あ~どうしよう。


ずっと春がよかった。

春といえば、ちょっと前だが破竹を売っているのをみかけた。


破竹ですよ。筍の細いやつね。


こらもう、絶対メンマにするしかないと思って
もちろん買いました。


いまさら破竹のレシピなんか載せてんじゃねーよって感じですよね。
そのとおりです。すんませんだ。


(作りやすい量)

・破竹  4本(茹でた正味350g)
・ごま油 大2

極上鶏スープ 3カップ
★醤油 大2
★味の母 大2
★きび砂糖 大1/2
★赤唐辛子 1本(半分に折る。または小口切り)
★オイスターソース 小1

1.破竹は上のほうを斜めに切り、切込みを入れて
糠と赤唐辛子を入れた水で下茹でする。
(活力鍋の場合、糠1カップ・赤唐辛子1~2本、水3カップを入れて
高圧で錘がまわりだしたら弱火で3分、その後茹で汁につけたまま1晩置く)
d0159822_12251970.jpg
d0159822_12252623.jpg


2.破竹の皮をむく。(正味350g)
細切りにし、ごま油を熱したフライパンで炒める。
d0159822_1226789.jpg
d0159822_1226165.jpg


3.全体に油が回ったら、★を入れて弱めの中火にし
落し蓋をして煮汁がなくなるまで煮る。
d0159822_12263176.jpg
d0159822_12264482.jpg



甘辛くて、しゃきしゃきの食感は自家製ならでは。
d0159822_12271017.jpg


そのままご飯のおかずにしたら、何杯でもいける。

なによりラーメンにのっけるのが最高だ。
d0159822_12273416.jpg


ラーメンは醤油味のシンプルなチキンラーメンが好ましい。

ほんとにおすすめですが、もう破竹は手に入らない・・・
というわけで、各々で来年まであっためておいてください。







★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
ミットゥンが全国の働く女子向けに書いているウーマンエキサイトシリーズ。


◎先週アップの分で紹介し忘れていた分です


ヘルシー&簡単! 夜食にぴったりな『オリーブしらす和え麺』
d0159822_1230373.jpg



ワールドカップ観戦のお供に! ブラジルで人気のファーストフード「パステウ」
d0159822_12312971.jpg





◎今週のぶんです

まぜるだけ簡単レシピ「ジェノベーゼ風サーモンとクレソンの美容サラダ」
d0159822_1232246.jpg



おすすめオリーブオイルもしょうかいしてます。
ぜひごらんあれー
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

みごとに3つともランチョンマットもろかぶりしとる。




d0159822_1254093.jpg







★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12304340.jpg


★チャースケのチビねこ兄弟ブログもよろしく!!→
The cats inside
チビねこファンは要チェック!

by mittun-chasuke | 2014-06-09 12:54 | 料理(副菜、その他)



ベジタリアンのミットゥンと肉食チャースケのご飯日記
by ミットゥン
タグ
(516)
(482)
(363)
(339)
(201)
(170)
(134)
(132)
(92)
(87)
(72)
(65)
(59)
(52)
(51)
(42)
(37)
(29)
(27)
(17)
(15)
(12)
(10)
(7)
(6)
(5)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
登場人物紹介
ミットゥン
チャースケ
漫画付きレシピ
料理(ハイカラ)
料理(かんたん)
料理(副菜、その他)
料理(メンドうまい)
おやつ
パン
自己紹介
その他
弁当
未分類
以前の記事
2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
フォロー中のブログ
おとなは、だれも、はじめ...
ハンドメイドな日々
沢ぱん日記
shina_poohな日...
知りたがりやの食べたがりや
夕方に台所で・・・
やわらぎをもって。
イギリス ウェールズの自...
歌花史庵 かかしあん
うひひなまいにち
ごはんとおかずと日々のつ...
僕とマダムと先生と
アベマリアのハッピーテーブル
犬とご飯と雑貨。
spring comes...
1/f breeze
kun-kun+kuro-ro
Life style
アインのしっぽ
バニラのお菓子ライフ
Cheminee de ...
mogumogu * Leaf
亜麻仁
つばさ雲
エットハミアメドとお料理...
がびあーの家の毎日
山麓風景と編み物    
London Scene
ろこりん♪の毎日。
ゆるロビ生活
カザルパロッコのネコ(C...
walking slow...
田園都市生活
ちょっと寄り道
平凡人日記
NO ANCHOVY, ...
ひなたの小部屋
ミニチュアブルテリア ダ...
日々の暮らし ☆ mam...
一日一歩
La prima ste...
日々道場
にじいろ日記
丁寧な生活をゆっくりと
さっちんきっちん
やねのうえのわんこ
ホウロウダイアリー
5plus2and2
ステンドグラス こもれ...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
カザルパロッコのネコ
The cats inside
Can of Good ...
★ミットゥンのラインスタンプ販売中!


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!
d0159822_12455074.jpg






エキサイトブログ以外のお友たち
Mシュナ Richardより愛を込めて

トレモロの響きにのせて

某医大正estateのごはんブログ


Can of Good Goodies

豆好き

yamatoyome ~沖縄生活~

パスタファイター

ぱっちとPUっ♪


THE CULINARY TRIBUNE

stadio r(食フォトギャラリー)

la table

Bay Alien

ビストロ カルナヴァル

スペース大原

★沖縄日記記事がオススメブログに!
那覇
旅行口コミ情報

★チャースケがツイッターを始めた?!
『_Charsuke_』で検索!


★広告メール対策の為、コメントを承認制にしました

コメントだいかんげいです!
お気軽にどんどんコメントチョウダイ!

★ウーマンエキサイト「おいしい!」に以下の記事を掲載していただきました。

緑のヘルシーポテサラ


米粉のブルーベリーパンケーキ


簡単!イカのトマト煮込み


カレー風味の鶏グリル


マグロの味噌漬けどんぶり


車麩の海老チリ風炒め


自家製甘納豆


牡蠣と温玉の韓国風サラダ


ヘルシーフムス


温泉たまごで!濃厚オリーブオイルアイス


過去最高のビーフシチュー


簡単ヘルシー!豆乳杏仁プリン


節分に!豪華海鮮太巻き


ブルーチーズと納豆のパスタ


しあわせのメープルパンケーキ


柚子トマトうどん


ポテサラと食べる絶品フレンチトースト


パスタでビックリ!ちゃんぽん麺


やめられないトマラナイ!メープルナッツ4種


しっとり茹で鶏の特製ピリカラだれ


ワインが進む君!トマトチーズビスコッティ


海老と豆腐の卵とじ中華丼


塩鮭とろみ中華どんぶり


野菜のうまみの詰まったヘルシーシチュー


韓国風!イワシのピリ辛しょうが煮


刺身の残りで!絶品ヅケ茶漬け


梨と豆乳のやわやわプリンと滑らかジェラート


絶品!中華スープがけ納豆ご飯


簡単!刺身でユッケ風どんぶり


あっさり!あさり二ラーメン


高貴な味!メープル小豆の豆腐クリーム添え


お店の味!海鮮あんかけ かたやきそば


春巻きの皮で作る!海老とアボカドの豆腐キッシュ


火を使わない!ピータン豆腐どんぶり


バター不使用!ココナッツとあんずの全粒粉スコーン


熱ヒヤ!豆乳坦々つけ麺


薄焼きがポイント!ザクザクフルーツクッキー


夏のビールの共に!ヤムウンセン


ひんやり!さっぱりカレーきしめん


ピーナッツバターで本格的なタレ!棒々鶏うどん


二日酔いの朝にやさしい アボカドとホタテのおかゆ


レストランの味の濃厚ニョッキ


お肉無しでも絶品ビビンバ


自然の甘みのおやつ!ドライフルーツまるごとクッキー

パーティーに!絶品ヘルシー板麩でラザニア

とろ~り絶品!洋食屋さんのクリームコロッケ

フレッシュトマトの絶品ラタトゥイユ

海老の殻は捨てちゃ駄目!濃厚豆乳ベシャメルソース

とろとろ手羽先の韓国風煮込み

とろーりチーズのかかったトマトのモツ煮込み

フレッシュトマトで作るエビチリ
卵一個で!豆乳スフレ

残り野菜で!韓国トッポギ

トマト肉味噌でヘルシー冷麺
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
居酒屋ごっこ・五月編
from cool witch
生存報告。
from ハムログ
居酒屋ごっこ
from cool witch
塩麹を使ったおかず など..
from 海のむこう 空のむこう
おおそうじのフルーツクッ..
from 海のむこう 空のむこう
ポテトマカロニサラダwi..
from 知りたがりやの食べたがりや
イギリス歯医者の話 - ..
from 坂の上にある家 
白練りごま
from 坂の上にある家 
冬至の夜
from 坂の上にある家 
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧