<   2010年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧
塩ネギ牡蠣蕎麦
d0159822_19545739.jpg

牡蠣が好きだ。

あんなうまいものがあんな気味の悪いゴツゴツした殻の中にあるなんて、
ダレが思うだろう。
初めて牡蠣を食べたひとは、本当にチャレンジャーだ。

でも、ウニのほうがチャレンジャーかもしれん。
だって、今はみんな見慣れて「美味」の印象しかないウニだが、
あれって、何の知識も無く見て
『食べよう』と思うだろうか?

うーん、。ウニを初めて食べた奴は、
自殺志願者か、もしくは相当なMだったに違い無い。

ああ、話がそれた・・・こんなウニの話をして、今日のメニューがウニを使った
メニューだと、読者に期待させてしまったかもしれん!!

え?トップの写真がどうみても牡蠣じゃん?って?
そもそも題名にしっかり「牡蠣」ってかいてあるじゃん?


うん、牡蠣です・・・今日は・・・

この牡蠣蕎麦は、最初に言っとくよ。
まいうー、だよ!ま・い・うー!

(1人前)
・蕎麦 食べたい量
・牡蠣(生食用) 6~7個
・白ネギ(1cm幅斜め切り) 1/3本
・卵 1個
・ごま油 大1/2
・かつお出汁 300ml
☆醤油 小1
☆酒 1/4カップ
☆塩 小1/2
☆しょうが(すりおろす) 1かけ
・一味唐辛子(好みで) 適量

①牡蠣はさっと洗ってざるにあけておく
d0159822_19585729.jpg


②鍋にごま油を熱し、ネギを両面かるく焼き目が付くように焼く
d0159822_19592096.jpg


③そこにかつお出汁を注ぎ、煮立てる。☆で味付けをする
d0159822_19594853.jpg


④蕎麦を表示時間通りに茹でる

⑤ ③に牡蠣を入れ、すぐにとき卵をまわし入れ、10秒ほど煮たらすぐに蓋をして
火を止めて30秒ほど蒸らす
d0159822_19574238.jpg
d0159822_19575116.jpg

⑥茹でた蕎麦を水気を切って丼に盛り、⑤を上からかけ、
好みで一味唐辛子をかける
d0159822_195865.jpg
d0159822_19582165.jpg



この蕎麦、ポイントは『塩』味!
醤油じゃなく、塩が効いているのがポイントなのだ。
あ、醤油もちょっと入ってるけどね・・・

d0159822_19553693.jpg


本来なら醤油の汁なんだけど、あくまでここは『塩ネギ』を推すよ!

これが、牡蠣の風味をよりいっそう引き立てて、絶品の汁に仕上がるのだ。
d0159822_19555023.jpg




牡蠣を入れてからすぐに卵を入れ、蒸らして半熟状態に仕上げるのがポイント!

・・・なんか、前も同じことを言ったような
新たに、「半生・卵野郎」ってあだ名がつきそうだ。


d0159822_1956667.jpg

みてくれ、この赤ちゃんのケツのようなプリプリ。

とにかく、牡蠣も卵もトロトロがうまいのだ。だからぜひ牡蠣は生食用を買って、
半煮え状態にして欲しい!
もし、加熱用ならしっかり火を通した後、卵を入れてね。

麺はうどんでも蕎麦でもそうめんでも合うと思う。はたまた、ご飯でもいい。
なんにでも合うのだ。
スバラシイ!
d0159822_19565448.jpg

あーもー、牡蠣って、何でこんなおいしいのか・・・と実感できるレシピ。

と、いいながらも、牡蠣を投入するまでの蕎麦を茹でている合間に、
合計4つも生牡蠣をつまみ食いした。

生食用って、キ・ケ・ン!

牡蠣は、投入するまではどこか見えないところに置いておくのが望ましい。
え?お前だけだって?

・・・またまた、そんな。ハハハ。

d0159822_133777.jpg


いつもおうえんありがとう
明るい未来の為に・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_12544571.jpg

by mittun-chasuke | 2010-11-30 20:08 | 料理(かんたん)
ナポリ風!?全粒粉ピッツァ
d0159822_1964549.jpg

チ:「ちゃー」

ミ:「え?宅配ピザを食べてみたいって?ぜったいやだっあんなジャンキーなの、
食べれないっ」

チ:「ちゃー!」

ミ:「作るのもやだっ!めんどい!」

チ:「ちゃー!」(もういい!) バターン ←出て行く音



-ピヨピヨ【数日後】-




ピンポーン

ミ:「はい。あ、あんた、ダレ?」

タ:「アノウ・・・ワタシ、コノサキノピッツェリアでハタラク、
ピザ職人の『タローラモ』デス…
ジツハ、最近毎日、オタクノチャースケが来テ、仕事のジャマバカリスルンデ、
困っテルンデス」

ミ:「なーにー!こらーチャースケっ!」

タ:「デ、『何デイヤガラセバカリスルノカ?』ッテ聞イタラ・・・
『ミットゥンがピザを作ってくれない』カラダソーデス…。」

ミ:「・・・」←情けなくて声も出ないミットゥン

タ:「アノゥ、ピザ、作ってアゲテクダサイ」

ミ:「はい・・・わかりました・・・」

強情(?)なチャースケに、負けたミットゥン・・・

せめて、他人に迷惑をかけるのはやめてほしいと願い、
ピザを作るのであった・・・

(1枚分)
・中力粉 120g ※なければ強力粉でも
・全粒薄力粉 40g
・塩 小1/2
・ドライイースト 小1/4~小1/2 ※1/2のほうが発酵が早いです。好みで
・ぬるま湯(30~35℃) 100g
・オリーブ油 大1

・フレッシュバジル 8~10枚くらい
・モッツァレラチーズ 100g
・ブラックペッパー 適量
・オリーブ油(仕上げ用) 少々

【トマトソース】
・トマト(ざく切り) 1個
・たまねぎ(薄切り) 1/2個
・にんにく(みじん切り) 1片
・オリーブ油 大1
・白ワイン 1/4カップ
・塩 小1/2

①ボウルに中力粉、全粒粉、塩を入れ、ざっと混ぜる。
d0159822_1971871.jpg

②ぬるま湯を用意する。必ず温度は測ること!小さめの容器にイーストを入れ、
用意したぬるま湯から小1から2くらいの水をとりわけ、イーストに入れてよく混ぜる。
そのままイーストが活性するまで3~5分置く
d0159822_1973148.jpg

③ ①に、オリーブ油と②のイースト液と、残りのぬるま湯(冷めていたら30度くらいにあたためる)
をいれ約10分ほどこねる。
(おれは今回ニーダー(パン捏ね器)で作ったが、もちろん、手捏ねでも!!)
d0159822_1974738.jpg


④丸めてボウルにいれラップをし、そのまま30~35度くらいのところで
2倍になるまで発酵させる
(イーストの量と室温によって違うが、
イースト小1/4だと3~4時間、小1/2だと2時間くらいだと思う)
d0159822_198870.jpg

⑤その間にトマトソースを作る。
フライパンにオリーブ油とにんにくをいれ弱火にかけあたため、香りがたったら
たまねぎをいれ、塩をして、しんなりするまで5分ほど炒める
d0159822_1982234.jpg

⑥そこに白ワイン、トマトを入れアルコールを飛ばしたら、そのままフードプロセッサー
(またはミキサー)にかけ、ペーストにする
d0159822_1983698.jpg
d0159822_1984890.jpg

⑦ふたたびフライパンに戻し、弱火で汁気がなくなるまで煮詰める。
味を見て、塩、こしょう(分量外)で調味する
d0159822_1985962.jpg
d0159822_199839.jpg

⑧生地が2倍になったら、ガス抜きをしてそのまま直径25cmくらいの円にのばす。
うえからふんわりラップをかけ、15分ほどおいておく。
オーブンを最大温度(あれば300度、なければ250度)に予熱しておく
d0159822_1992426.jpg
d0159822_1993549.jpg

⑨生地の上にトマトソースをまんべんなく塗り、上にちぎったモッツァレラチーズ、
ドライバジルをのせる
d0159822_1994815.jpg

⑩オーブンで7~8分焼く。仕上げにブラックペッパー、オリーブ油をかける
d0159822_1910818.jpg


切り分けて、
これは、ぜひ熱々をたべて!!
d0159822_19103248.jpg

だから、今回、写真がひどいです。笑 だって、熱々食べたかったから・・・。



この生地は、イーストが少なめなので、普通のレシピより発酵が遅いけど、
おれは絶対イーストは少な目がおいしいと思う。
本当に。

だから時間に余裕があれば、小1/4、1日くらいの余裕があれば、小1/8でもいい。
イーストは、少なくても時間さえあればちゃんと発酵する。
パンでも同じだが、イーストが少なくて長時間熟成したパンって、ほんとうにおいしい!
ピザは、2次発酵もいらないので、少量イーストパンつくりの入門にはおすすめだ。

また、このピザの最大のポイントは、モッツァレラチーズにある。
くれぐれも、おいしいチーズを使って欲しい!
シンプルなだけに、ごまかしがきかないからね。

スーパーとかで売っている、安いモッツァレラは、残念ながらモッツァレラではない!
チーズ屋さんとかに行けば、少々値ははるが、おいしいチーズが売っている。
こういうチーズで作ると、安いゴムのようなモッツァレラは2度と食べられなくなるよ!

ちなみに、おすすめは「チーズ王国」のモッツァレラ。
ここの手作りモッツァレラは、今まで食べたモッツァレラの中でも群を抜いてうまかった。

店舗もいくつかあるので、見つけて更に懐に余裕がある場合はぜひお試しを!
d0159822_19104920.jpg


また、今回は中力粉をつかったが、もちろん強力粉でもOK.
グルテンの量の違いなので、強力粉を使うともっちり、薄力粉を使うとサクサクになる、
と思ってくれれば良いと思う。

また、おれは全粒粉の風味が好きなので全粒粉を使ったが、これも普通の粉でも
もちろんOK!

自分好みにいろいろカスタマイズをして、好みの味を見つけてね。


出来立ての手作りピザ、パーティーなどでもウケルこと間違いなしっっ
(してないけどね・・・)



d0159822_16544980.jpg


今日もチャースケに癒されたら・・・
ポチっと「レシピブログ」ボタンを押してってネ~



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2010-11-29 23:23 | 料理(メンドうまい)
韓国風ブリかぶら
d0159822_20361394.jpg


チ:「ちゃー」

ミ:「え?ブリが食べたいって?め、珍しいね!魚を食べたいと
言うなんて!
やっとネコらしくなったな・・・ウルウル」

チ:「ちゃー」

ミ:「でも、ブリは高いから・・・うちにはそんなお金は
ございやせん」

チ:「ちゃー」

ミ:「『そんなときの『アラコーナー』でしょ』、だって?
お、おまえ、なかなかやるな!
確かに、アラなら安く買えるかも!
よし、アラコーナーに向かって、走れ!」

なにも走らなくてもよかったが、
スーパーのアラコーナーめがけて走る、ミットゥンとチャースケ。

ありましたありました!そこにはたくさんの魚のアラ!
ホホ~!
これは宝の山じゃ~!!

というわけできょうはこの旬のブリアラを使った簡単レシピ。
だけど、定番の「ぶり大根」じゃー、つまらないよね。
これは同じようで、だいぶ違う
かなりおススメのブリアラの食べ方だよ。

(約2人前)

・ブリのアラ 450g
・小カブ(皮を剥いて2等分に切る) 4個
・白ネギ(3cm幅に切る) 1本
・キムチ 100g
・にんにく(包丁の背でつぶす) 2カケ
・ごま油 大1/2
・水 500ml
☆酒 1/2カップ
☆コチュジャン 大1
☆醤油 大2
☆羅漢果糖 大1 ※他の砂糖類でも可
☆みりん 大1
・細ネギ(小口切り) 適量

①ブリアラは熱湯でさっと茹でて、水をはったボウルに入れ優しく
血合いをとる(崩れやすいので触り過ぎないこと)。
ザルにあけておく。
d0159822_2033587.jpg
d0159822_20331930.jpg

②鍋にごま油とにんにくを入れ、香りが出るまで弱火で温める。
そこにカブと水を入れ、蓋をして弱火で6~7分ゆでる
d0159822_20334042.jpg

③☆をよく混ぜ合わせておく。②にブリアラ、白ネギ、☆を入れ
全体を混ぜてまた蓋をして弱火で20分ほど煮る
d0159822_2034453.jpg

④キムチをいれ、更に15分ほど煮る。
(時間があれば、このまま冷めるまで置いておくと味がしみておいしい。
食べる直前に温める)
d0159822_20341978.jpg

⑤皿に盛り、仕上に細ネギをちらす
d0159822_20345033.jpg


かんたんなのに、このうまさ!

もちろん出来立てを食べてもいいけど、やはり煮物系は
冷めていくときに味がしみるので、できれば前日に作っておくと良い。

これは、卵番長としては温泉卵をのせたいところ。
が、今日は酒の肴なので卵はなし!
もし、「ご飯と一緒にかっこむわ」って場合は、ぜひ卵もお供に。
d0159822_20351938.jpg

ブリといえば大根が相棒のようだが、カブも申し分無しの
相性のよさ。
トロっと甘いカブが、ぶりのうまみをしっかり吸い込み
絶妙なハーモニーをかもしだしよる。
d0159822_20353594.jpg

また、このコチュジャンとキムチで辛く仕上たのも
寒い季節には嬉しいところ。

さぁ、ぶりのおいしい季節!
身は買えないけどアラなら買えるわって、ソコのアナタ!
明日のおかずは決まりだねっ





順位も上がれば運気も上がる!(おれの)
あなたの1ポチが大事なんです・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2010-11-28 20:45 | 料理(かんたん)
おいしいモタイきのこ園テンペで!甘酢テンペ
d0159822_16572243.jpg

おれが「大豆フリーク」だということは、このブログで嫌というほどアピールしているが、

大豆の中でも特にすきなのが、テンペ。

初めは「キモチワル~」から入り、食べてみて「味気ナ~」と思い、
「火を通すとうまいかも」を経て、今や「生でもウマー!」までに成長した。

それくらい、初めは「どこがうまいねん」といわれることが多いテンペだが、
その魅力にはまってしまう人も少なくないはず。

そして、以前も紹介したように、普段はここのテンペをよく食べていた。
(近くに売っていて一番手に入りやすいので)

これも、もちろん好きだ。テンペちゃん。

でも、ネットでおいしいテンペで検索してると、以前からチョイチョイ
ヒットする「モタイきのこ園」のテンペ。
取り寄せでしか手に入らない(どこに売ってるかわからないので)、なかなか手を出せずにいた。

しかし、なにかのブログで「こんなにおいしいテンペは食べたこと無い、もう他のテンペは
食べられない」とかいてあり、

どんなんじゃーーー!!タベタイヨーーー!
と、大豆魂に火がつき、消化不可能状態に。

ようやく取り寄せる決心が付き、送料をちょっとでも元をとるため、大豆テンペ×5個、
黒豆テンペ×5個 を購入!
10個もテンペがあるっ。コレを生きがいに1ヶ月は生きられそうだ。

d0159822_1713584.jpg


と、注文するとなんと翌日到着!
そこには冷凍状態のテンペと、いろんな調理レシピをかいた紙と、なぜか
モタイ農園の店主のイラストつきの紹介の紙まで入っていた。
d0159822_1714930.jpg

「つくってるのはこんなひと」らしい・・・

さっそく、まずは生で・・・

こ、これは!いままでのテンペと違う!なんだろうこの味わいは。
少し柔らかめで、ふわっとしている。
でも豆の味はしっかりしていて、独特の味わい。

う、うまいじゃないか!モタイのおじさん!

いろいろ試した結果、薄く切ってオリーブオイルでソテーして、塩コショウで食べるのが
いちばんこのテンペのうまさを味わえると思う。

でも、せっかく10個もあるから、1個くらい料理に使ってやろうと思ったので、
今日はテンペの定番(?)、甘酢テンペのレシピ!

(1人前)
・テンペ 70g
・小麦粉 適量
・塩、こしょう 少々

・ピーマン(乱切り) 1個
・パプリカ(乱切り) 1/4個
・たまねぎ(くし切り) 1/2個
・れんこん(乱切り) 60g
・にんじん(乱切り) 60g
・干ししいたけ(ぬるま湯1カップで戻しておく) 2~3個

・しょうが(みじん切り) 1カケ
・ごま油 大1
・塩、こしょう 各少々

★醤油 大1
★米酢 大2
★アガベシロップ 大1 ※はちみつ可
★しいたけの戻し汁 1/4カップ
★チキンスープ 3/4カップ

・片栗粉 大1/2(同量の水で溶く)

①テンペは2~3cm角に切り、塩、こしょうを軽くしておく。
ポリ袋にテンペと、小麦粉を適量いれ、袋の口を閉じてふり、
全体にうっすら小麦粉が付く位にする
d0159822_16574342.jpg

②れんこん、にんじんはかぶるくらいの水で蒸し煮にして、
さきに火を通しておく
d0159822_16583642.jpg

③フライパンにごま油をいれ、①(余分な粉はおとす)をいれて
全面こんがりきつね色になるまで転がしながら焼く
d0159822_16575152.jpg
d0159822_1658064.jpg

④テンペはいったん取り出し、そこにごま油(分量外)を少々いれ、しょうがを
炒める。たまねぎをいれ、半透明になってきたら他の野菜をすべてと
戻したしいたけ(大きければ半分に切る)をいれ、塩、こしょうを少々して炒める
d0159822_16585741.jpg

d0159822_16591620.jpg



⑤全体に油がなじんだら、取り出しておいたテンペを戻しいれ、★を入れて
1~2分煮る
d0159822_17667.jpg

⑥最後に水溶き片栗粉でとろみにをつけたらOK!皿にもって
かんせい
d0159822_16594023.jpg


d0159822_1659514.jpg

テンペはほっくり、甘酢によく合う!

でも、お肉好きなチャースケは・・・

『なぜ、にくじゃないのか』『ここでてんぺをつかういみがあるのか』という
オーラを出しながら食べていた。

というわけで、これはあくまでベジタリアン用。
肉が好きならぜひ豚肉で作ってあげてね。

d0159822_1701433.jpg

食は、「その人が食べたいもの、おいしいと思うもの」を作ってあげることが大事!

自分が「肉よりテンペがいいから、あんたもテンペ食べなさい」じゃ、
駄目だよね。
共感してくれればいいけど、無理強いはよくない。
だから、おれは肉料理も作る。
d0159822_1702672.jpg

しかし、この甘酢テンペは、おいしいテンペだから味わってほしかったから
作ったが・・・

奴にとって、テンペはただのテンペなのであった。笑


無理に貴重なテンペを使うんじゃなかったぜっ ちっ!


d0159822_1140519.jpg




今日もチャースケに癒されたら・・・
ポチっと「レシピブログ」ボタンを押してってネ~



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2010-11-27 17:56 | 料理(かんたん)
大満足の海鮮ビビンパ
d0159822_2052417.jpg


チ:「ちゃー」

ミ:「え?ビビンバが食べたい?ほほぅ、
前作ったあの『お肉無しでも絶品ビビンバ』が
忘れられないってか??」

チ:「ちゃー・・・」

ミ:「え?あれは肉じゃなくてだまされた?もうイヤだって??

なっなんて可愛くないやつっ!せっかく小さな脳みそを振りしぼった
アイデアレシピをっ!

自慢じゃないけどなぁ~おれの頭はでっかいから、脳みそもでっかいと思うなよ!
これはほとんど毛糸なんだからっ
プンプン!」

チ:「ちゃー」

ミ:「え?キミの分際でそんな強気な態度をとれるのかって?

ククゥ・・・借りがあるってのはクーヤーシー!
じゃあ、板麩は使わないで作ってやるよっ」

くやしいので、板麩は使わない。使わないけど、
お肉も使ってやんないもんねっ
(全然仮を返す気がないやつ↑)

(1人前)
・ハマチ(刺身) 80g 
△ごま油 大1/2
△醤油 大1弱
△アガベシロップ 小1 ※はちみつやメープル可
△にんにく(すりおろし) 小1/4
△しょうが(すりおろし) 1/2カケ

・ほうれん草 60g
★ゴマ油 少々
★塩 少々

・にんじん 60g
☆ゴマ油 少々
☆塩 少々
☆すりゴマ 小1

・モヤシ 60g
◎ゴマ油 少々
◎塩 少々
◎すりゴマ 小1

・めかぶ 1/2パック(25g)
・キムチ(細かく刻む) 25g
◇ごま油 少々
◇醤油 少々

・アボカド 1/4個
■コチュジャン 小1
■にんにく(すりおろし) 小1/2
■醤油 小1
■すりごま 少々

・韓国のり 適量
・ごはん 食べたい量
・卵黄 1個
・いりごま 少々


①ハマチの刺身は細く切り、△であえて冷蔵庫においておく
d0159822_19471963.jpg

②ほうれんそうは塩を入れた湯でさっと湯がいて水気を絞り、
半分に切り、★で味付けをしておく
d0159822_194751100.jpg

③にんじんは千切りにし、蒸し煮にしてキッチンペーパーで水気を切り、
☆で味付けをしておく
d0159822_1948939.jpg

④もやしはさっと茹でて、ザルでしっかりで水気を切り、
◎で味付けをしておく
d0159822_19482781.jpg

⑤メカブとキムチはよく混ぜて◇で味付けをしておく
d0159822_19484428.jpg

⑥アボカドは角切りに切り、■で味付けておく
d0159822_194909.jpg

⑦どんぶりにご飯を入れ、韓国のりを大きめにちぎってのせる
d0159822_1949379.jpg

⑧出来た具をすべてきれいに固めるように盛っていく。
中心に卵黄を落とし、仕上げにいりごまをふってかんせい!
d0159822_19495375.jpg


食べるときは韓国式にぐっちゃぐちゃにしっかりまぜて!
d0159822_2054168.jpg

ウーーーマーーーイーーー!

こってりしたハマチの刺身が、このごま油と相性バツグン。
刺身はお好みのもので。イカとかでも良いよ。

お肉の甘辛が乗ったビビンバに飽きちゃった人や、お肉が苦手な人、
そうでない人にもぜひ一度はトライしてほしい。
d0159822_205593.jpg

え?工程がメンドクサイからイヤだって?

ノンノン

めんどくさそに見えて、実はそうでもないよ。
ゆでるお湯は同じ湯で順番にゆでれば良いし、
あえるボウルも、洗わないで出来たものをラップにのせておいて
同じボウルで順にあえていけば、洗い物も少ない。
その際は、コチュジャンとかを使うアボカドは最後に作れば
味が混ざらないね。

具材は全部作らなくても、どれか欠けても全然良い。

料理は効率と手際!(と、妥協)が大事!

そして愛情があればおいしいものが必ずできるよ~

順位も上がれば運気も上がる!(おれの)
あなたの1ポチが大事なんです・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2010-11-26 20:09 | 料理(メンドうまい)
チキンカツレツのピリ辛トマトソースがけ
d0159822_19321871.jpg

先日、あのビストロのシェフから連絡があり、

「〇〇日、従業員のまっちゃんが誕生日なので、サプライズで来ないか」
とのお誘い。

えっ!ついこないだはシェフの誕生日で、こんどはまっちゃん!

もちろん、まっちゃんの為ならかけつけますよ!

と、〇〇日、店が落ち着いた夜11時ごろに、名古屋の繁華街(?)へ
再び愛情あふれる手作りのイラストのプレゼントを持って
かけつけた。
d0159822_19323068.jpg


楽しかった・・・

やっちまった・・・

はい、また飲みすぎたんです。

もう、主役のまっちゃんの誕生日を祝うどころか、飲みすぎて記憶がなく
次の日、髪についたゲロの臭いで目を覚ますと…


そこには冷ややかな目線のチャースケ。

チ:「ちゃー!(そこにすわりなさい)」

ミ:「はい。すみません。すみませんでした。

・・・あのう・・・それで・・・
今度はどのようなご迷惑をおかけしたんでしょうか・・・?」

チ:「ちゃー!(ごめいわくなんてモンじゃない)」

チャースケによると、また見境なくワインを飲み
タクシーの中で赤いゲロを吐き(血ではなくてワイン)、
すべての処理をチャースケがやったと言う。

立派なネコだ。

え?ちがう?

ち、ちがうよね。ごめん。

だからお詫びにお肉たっぷりのごちそうを紹介します。

(1人前)

・とり胸肉 1枚 ※モモ肉でも可
・塩,こしょう 各少々
・卵(よく溶いておく) 1個
・小麦粉 適量
・車麩 2枚
・パン粉 大2
・粉チーズ 大1

☆トマト(角切りにする) 1個
☆たまねぎ(みじん切り) 1/4個
☆にんにく(みじん切り) 1カケ
☆オリーブ油 大1
☆青とうがらしの醤油漬け(みじん切り) 小1/2
☆醤油(青唐辛子の醤油でもOK) 少々
☆バルサミコ酢 小1/4

①鶏肉はラップではさんで、重いビンの背などで叩き潰して、1~2cmの厚みにする。
軽く両面に塩、胡椒をしておく
d0159822_19344338.jpg

②☆を混ぜ合わせて冷やしておく
d0159822_19345259.jpg

③車麩はフードプロセッサーにかけ細かくしておく。それにパン粉と粉チーズをよく混ぜ合わせておく
d0159822_19351739.jpg

④鶏肉に小麦粉を薄くまぶし、とき卵をつけ、③をしっかりつける
d0159822_193575.jpg

⑤フライパンにオリーブ油(分量外)を多めに熱し、④を上から押さえながら
しっかり焼いていく。
片面がきつね色になったら裏返し、ごく弱火にして蓋をして1~2分蒸し焼きにする
d0159822_19352890.jpg
d0159822_19353748.jpg

⑥中まで火が通ったと思ったら取り出し、食べやすい幅に切り分け、皿に盛る
d0159822_19354971.jpg

⑦上から②をたっぷりかけ、あればイタリアンパセリなどをそえる
d0159822_1937332.jpg



d0159822_19373324.jpg

先日大好評だったしっとり茹で鶏の特製ピリカラだれのお友達のレシピ。

え?どこがって?

だって、鶏肉にタレかけてるでしょ!
そしてまた登場する「青唐辛子の醤油漬け」。これ、使えるなぁ~
でも、なんか日に日に辛くなってるような・・・

とにかく、入れすぎは禁物。
辛いのが苦手な人は入れなくてもOK.そのかわりにちょっとブラックペッパーを効かすといい。
d0159822_19374664.jpg

安い胸肉も、たたいて伸ばして、おっきくなっちゃった~!
こんな芸人、いたな・・・
どこ行っちゃったのかな、マギー審司・・・


ちなみに衣に「車麩」を使ってるが、お麩ならなんでもいい。
「お麩なんか、ねぇよ!」ってひとは無くてもいいけど
衣にお麩を使うとふんわり、そしてヘルシーに。
なんのフライにも応用できるので、ぜひお試しを。

d0159822_1938076.jpg

さぁ、これは「しっとり茹で鶏の特製ピリカラだれ」の人気を上回ることが出来るでしょうか。

あーあ、今日も卵落としたかったな・・・
これは温泉卵だな・・・

なんで落とさなかったって?
だって、衣に卵使っちゃったから!

こうみえても、卵は1日1個って決めてるんです。

d0159822_17302555.jpg


みなさま、ごめいわくおかけしてすみませんでした・・・


1度は酒の失敗をしたことがあるアナタ!
「こうやって大人になるんだヨネ!」とおもったら、
「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2010-11-25 19:47 | 料理(ハイカラ)
濃厚!贅沢 ウニイカどんぶり
d0159822_19155739.jpg


物産展が好きだ。でも、あれは季節柄、夏はやらないらしい。
大体、春と秋が主流だ。

そして、先日も各地で物産ブームがやってきた!

乗り込めっ!!

ミ:「おーい、ちゃーすけ!今日物産展に行くけど、一緒にくるか?」

チ:「??ちゃー?」

ミ:「おいしいもの、食べほーだい、酒の珍味のオンパレード!」

チ:「ちゃー!」

と、いうわけで初物産展のチャースケを連れ、モクモクデパートへ。

ミ:「おおっ!これは『へしこ』!ああっ 『塩ウニ』~!
酒の試飲コーナーはどこじゃー!」

チ:「ち、ちゃ~」

夢中になって、ついチャースケを置いてけぼりに。

「あらっかわいいネコちゃんっ メカブ食べる?」

「チーズケーキ、おいしいよ~」

チ:「ち、ちゃー!ブルブル」

チャースケが店のオバチャンに捕まってるのも知らず、自分の珍味探しの旅に夢中になる
ミットゥンであった・・・


この物産展での大収穫はこの『塩ウニ』!
d0159822_1923423.jpg

もちろん、塩とウニだけの無添加。うまみがさらに濃くなって、箸の先に3mmほどつけて
酒1合はいけそうだ。(ちょっと言い過ぎた)

そして今日は、いいイカをゲットした。
この塩ウニと、新鮮なイカで、ぜぜぜ、贅沢どんぶりじゃ~!

(どーんと1人前)
・新鮮なイカ(身の部分) 1杯分
・塩ウニ 大1
・だし醤油 大1 
・いかワタ 小1
・卵黄 1個
・海苔 適量
・ごはん 食べたい量


①イカはエンペラ、げそ、ワタ、目玉を除いて身の皮を剥く
(エンペラやげそは他の料理に使おう)
身の部分を横半分に切り、更に1cm幅に切っておく
d0159822_19163749.jpg

②ボウルに、ワタを小1位しごき出し、そこに醤油、塩ウニをいれ、よく混ぜ合わせる
d0159822_19164855.jpg

③そこに①の切ったイカをいれ、よくあえる
d0159822_1917085.jpg

④丼にご飯を盛り、上に海苔をちぎってのせる
d0159822_19173759.jpg

⑤その上に②をのせ、中心にくぼみを作り、卵黄を落とす
d0159822_19175127.jpg




初めに言っておこう。

これは、卵黄があって完成されます。

イカも、ワタも、ウニも、どれも不可欠です。

でも、一番の影の主役は、卵黄です!

卵黄が、皆さん(イカ、ワタ、ウニ)の強い個性を、うまくまとめている、
リーダーではないけれど、欠かせない、
いわば、スラムダンクで言う『木暮君』のようなものだ。

d0159822_19214721.jpg

ああ、もう、うま過ぎることこの上ない~。

今日のレシピ、手抜きだって??

ノンノン、わ・ざ・と!

これは、これ以上手をかけてはだめ!
だから、条件は「新鮮なイカを使うこと」「おいしい塩ウニを使うこと」

コレに限る。

イカは何でもいいとおもうけど、おれがすきなのはモンゴウやコウイカ、アオリイカ。
ねっとりしていて最高においしい!

でも、一番よく食べるのはスルメイカ。笑 結局、庶民の味方はスルメイカじゃ!
d0159822_1921632.jpg

でも、今日のこの丼はアオリイカを使ったよ。(スルメじゃないんかい!)
ああ、思い出してもよだれが出そうじゃ・・・

もし、家においしい塩ウニがある呑兵衛は、ぜひおいしい新鮮なイカを手に入れて
ためしてくれ!!

もちろん生のウニがあれば最高だけどね・・・

d0159822_1558697.jpg



いつもおうえんありがとう
明るい未来の為に・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_12544571.jpg

by mittun-chasuke | 2010-11-24 19:33 | 料理(かんたん)
打倒SOYJOY!?大豆粉のフルーツバー!
d0159822_19133993.jpg


おれは市販のお菓子は全くといって良いほど買わない。
唯一買うとすれば、酔っ払った帰りにコンビニで無意識に買うときくらいだ。
こないだも見知らぬガリガリ君が冷凍庫にあった・・・
なんでいつもガリガリ君なのか・・・


「え?じゃあ、おやつたべないの?」

と聞かれそうだが、

ノンノン!

甘いものも大好きさ!
だって、人間だ・・あ、ちがった、クマ人形だもの。

まぁ、市販でも最近は無添加でおいしいおやつも増えては来たけど
別にだったら作っちゃえばEじゃん!
ってのが、おれの考えなのさ!
(ミットゥン、カックイー!)

先日、今流行の「SOYJOY」を貰った。

ほうほう、大豆粉ね・・・良い心がけのおやつだ・・・

とおもって裏面を見ると!ビッシリ!

イヤ~ン

だめよーこんなになんか色々入れて、なにがヘルシーじゃー!
最近はこういう本当の「ヘルシー」の意味を度外視した商品が多すぎる!
おうおう、ヤフー辞書でヘルシーの意味調べたのかい?!

あ、きょうはなんか説教臭くなっちゃったわねぇ・・・
だめね、年取ると・・・ヨボヨボ…

(9本分)

★大豆粉 150g
★シナモン 大1
★塩 2g
★ベーキングパウダー 小1/2

☆なたね油 大4
☆メープルシロップ 大3
☆ピーナッツバター(無糖) 大1/2
・豆乳 大4
・ドライフルーツのラム酒漬け 100g 
・好みのナッツ(くるみ,アーモンド,カシューナッツ等) 合わせて50g

【ドライフルーツのラム酒漬け】
d0159822_2015359.jpg

好みのドライフルーツをビンに入れ,ラム酒と白ワインを1:1で
あわせたものをヒタヒタに注ぎ、1晩以上漬け込む。
これは1ヶ月くらい漬け込んだもの。
かなり日持ちするので、冷蔵庫にストックしておくと
便利!
ちなみに、おれのお気に入りフルーツは
黒イチジク,白イチジク,プルーン,デーツ,レーズン,杏,カレンツなど。
お好みで!

①ナッツは150度のオーブンで15分ほどローストし冷ましておく。
粗めにきざんでおく
d0159822_20225172.jpg


②★をボウルに入れ、泡だて器で空気を含ませるようにまぜる
d0159822_20152010.jpg

③別の容器に☆を順にあわせ、しっかり混ぜ合わせておく
d0159822_20153286.jpg

④ ②に③をまわしいれ、ゴムベラでざっと混ぜあわせ、粉気が残るうちに
ドライフルーツ(汁気をきってきざむ)とナッツをあわせる
d0159822_20154625.jpg
d0159822_20155647.jpg

⑤豆乳をいれ、粉気がなくなるまでゴムベラで混ぜ合わせ
ひとまとめにする(どうしてもまとまりにくい場合は豆乳を少し足す)
d0159822_2016781.jpg

⑥キッチンペーパーの上に、
厚さ2cm、横18cmくらいの長方形にととのえる
(べたつく場合は手に薄く水をつけながらやるといい)
d0159822_2016204.jpg

⑦2cm幅に切り分け、間隔を置いてならべ、170度に予熱したオーブンで
20分焼く
d0159822_20163617.jpg

とーってもかんたん。おいしくてヘルシー。
d0159822_2017205.jpg

大豆粉は、糖質が低く、食べたときに肥満ホルモンを出しにくいことでも
「ヘルシー食材」と言われている。
ちなみに、きな粉にすると糖質が上がってしまってダメなんだそうな。
煎っちゃうと、たしかに甘くなるもんねぇ。

ま、「あたしはそんなんどっちでも良いわ」ってひとはきな粉でやっても
良いと思うよ。

ただ、ひとつ注意点が。
「大豆粉」は、最近よく見かけるようになったが、おれは最初
オーガニックの海外の大豆粉を使った。(アリ〇ンの…)

これが、とてもじゃないけど、食べられなかった!(すみません、アリ〇ン…)
こんな大豆野郎のおれですら・・・!
d0159822_20175765.jpg

焼いた後、大豆の青臭さだけが充満し、お菓子を焼いてるときの匂いの幸福感などは
一切なく、もちろん食べるのも不可能なくらいまずかった。
なんで?!
とおもったけど、やはり調べたら「食べやすい大豆粉」などと銘打って
販売してるものが多数。
やっぱ、そのままじゃあまりにきついってことなんだね~

なので、いろいろ試して、手に入りやすいところで
d0159822_2018717.jpg

↑これ ナチュラルハウスで購入した大豆粉
d0159822_20212846.jpg

↑これ 富沢商店の大豆粉

これらは全然青臭みもなく、オイシイ大豆粉。
ほかにもいろいろおいしい大豆粉は通販で手に入るから
試してね!
d0159822_2018227.jpg

市販のお菓子もたまにはいいけど、こうやってひとつづつ
包装して冷凍しておけば
いつでもヘルシーでオイシイおやつが食べれるぞ!

からだの喜ぶおやつ作り、挑戦すると楽しいよ~

ちなみに、このおやつ、
本物のソイジョイには・・・ちかくありません。(なんじゃそりゃー!)


順位も上がれば運気も上がる!(おれの)
あなたの1ポチが大事なんです・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2010-11-23 20:30 | おやつ
家呑みのススメ
d0159822_1827507.jpg


さいきん、週末は家で飲むことが多い。
「サムイ・カネナイ・メンドクサイ」からだ。

しかし、家呑みにも多々問題点はある。
それはつまみが勝手に出てこないこと(あたりまえだ)

だから、自分で作るしかないんだよねー。

でも、ふだん「メンドうまい」ものを作っているおれだが、
酒を飲み始めたら出来ることならキッチンに近づきたくない。
100歩譲って、足りなくなたチーズを切りに行くぐらい。

だから、最初にたくさん作って、冷蔵庫に冷やしておける
つまみの紹介。

これなら、足りなくなったら継ぎ足しにいくだけ!

え?どんだけめんどくさがりやなんだって??

プー(おなら)



『タコと豆の簡単マリネ』
(1~2人前)
・茹でタコ(1cm幅にぶつ切り) 180g
・茹でた豆(いんげん,金時豆,虎豆,ひよこ豆など) 130g 
    ※1種類でも何種類でもお好みでOK
・細ネギ(小口切り) 3本
☆オリーブ油 大2
☆レモン汁 大1
☆だし醤油 大1
☆黒こしょう 少々
☆おろしにんにく 小1/2
・塩 少々
・溶き卵 1/2個

①ボウルに☆を合わせてよくまぜておく
d0159822_18282842.jpg

②そこにタコと茹でた豆(汁気をしっかり切っておく)を入れ混ぜ合わせる。
塩で味を整える。
d0159822_18284935.jpg

③ネギを入れよくあえ、溶き卵をいれてまぜる
d0159822_1829451.jpg

④皿に盛り、好みで黒こしょう(分量外)とオリーブ油(分量外)をふってかんせい
d0159822_18292131.jpg


ゲキ簡単!
ささっとつくっておいしいおつまみの代表選手みたいなヤツだ。
ワインやハイボール、ビールにも合う。
ちょっと冷蔵庫においておくと、更に味がなじんでおいしいよ。

d0159822_18374780.jpg

豆は、できれば自分で茹でてほしい。そのほうがずっとおいしいし、
好きな組み合わせに出来るからね。
ゆでたときに軽く塩味で下味をつけて。

d0159822_18294143.jpg

この日はワインに合わせてチーズとパンのプレート。
d0159822_18365843.jpg

このパン、奇抜なフィリングで有名な人気パン屋のFour de h(フール・ドゥ・アッシュ)の
ルーロセーグル。
すんごい量のかぼちゃや栗、さつまいもがぎっしり。
チーズによく合うんだ~

写真上の赤いパンも、アッシュのもの。
これはドライフルーツがぎっしりで苺が練りこんであってあんなに赤い。

もう、こんだけで、いいんですよ~
こんだけで、ちびちび飲みたいんですよ~

・・・

しかし、やはり数時間後
いつもの「おうおう、つまみがたんねーぞ!」に。


d0159822_18322237.jpg


これまた簡単なつまみを紹介。

『カブとササミのピーナツバター和え』
(つくりやすい量)
・カブ(スライサーなどで細切り) 80g
・鶏ささ身(茹でたもの) 1本
・ネギ(小口切り) 1/8本
☆ピーナッツバター(無糖のもの) 大1/2 ※なければ練りゴマでも可
☆だし醤油 大1
☆にんにく(すりおろし) 小1/2
☆豆板醤 小1/2
d0159822_18332781.jpg

①ボウルに☆を混ぜ合わせ、そこに材料をすべて合わせて
あえるだけ
d0159822_18334611.jpg

ああ、②が無いくらいかんたん!
簡単すぎてへどが出ますぜ!


そして、このつまみはいかにカブを細く切るかで味わいがまた違ってくる。
そこで、面白いものを紹介!
d0159822_18342320.jpg

「菜麺器」

野菜を麺のように細く切る道具で、
歯が3種類あって、いろんな太さに切れる。
家電の墓場にはおもしろいものがいっぱい!(家電じゃないけど…)
d0159822_18344257.jpg
d0159822_18345281.jpg
d0159822_1835372.jpg


おもろいので作りすぎることもしばし。ご注意!




いつもおうえんありがとう
明るい未来の為に・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_12544571.jpg

by mittun-chasuke | 2010-11-22 18:46 | 料理(副菜、その他)
余ったおでんで!本格蕎麦屋のカレー南蛮そば
d0159822_103917.jpg


さぁ、みなさん、夕べはおでんを楽しみましか?

そうですかー、おいしかったですかー。

え??でも、ちょっと中途半端に余っちゃった??

ダイジョウブダイジョウブ。
おでんとはそういうものです。

そうなんです。きょうはそんな迷える仔羊たちのために、
中途半端に余ったおでんの活用レシピ!

いや、むしろこのためにちょっと余らせておく価値ありです。

え?食べきっちゃったって?

そういうひとは、ちょっとあっちに行ってましょうね。


(1人前)

あまったおでんの汁 1カップ
☆カレー粉 大1
・麦味噌 大1/2

あまったおでんの焼き豆腐(小さめに切る) 1個
あまったおでんの厚揚げ(小さめに切る) 1個
・白ネギ(1cm幅に斜め切り) 1/2本
・豚肉(こまぎれ) 60g
・ごま油 小1
・酒 1/4カップ
・塩、こしょう 各少々
・そば 食べたい量

・片栗粉 大1/2


①鍋にごま油を熱し、白ネギを焼き目がつくように炒める。
d0159822_1874345.jpg

②豚肉をいれ広げるようにし、塩、こしょうを少々する。
そこに酒を回しいれる。
d0159822_1875774.jpg

③水分が飛んだら☆、焼き豆腐、厚揚げを入れる
d0159822_1882988.jpg

④別の容器に味噌を入れ、③の煮汁を大匙1くらいいれ、味噌をよく
溶き混ぜ、③に入れる
d0159822_1884747.jpg

⑤蕎麦を時間通りにゆで、水気を切って丼に盛る
d0159822_18918.jpg

⑥片栗粉を同量の水で溶かし、④にまわしいれ、とろみをつける
d0159822_1891422.jpg

⑦蕎麦の上にもりつけてかんせい!
d0159822_1892542.jpg




いつだったかこんなのを作ったけど、んん、
もっとすーごーいー!
d0159822_189491.jpg

そりゃそうだよね。あんなに濃厚で煮詰まったおいしいおでん出汁で作るんだモンなぁ。
蕎麦屋の味ですぞ。
しかも簡単に出来るところがすばらしい。
d0159822_18104718.jpg

おでん、さまさま!!




順位も上がれば運気も上がる!(おれの)
あなたの1ポチが大事なんです・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2010-11-21 18:15 | 料理(かんたん)



ベジタリアンのミットゥンと肉食チャースケのご飯日記
by ミットゥン
タグ
(516)
(482)
(363)
(339)
(201)
(170)
(134)
(132)
(92)
(87)
(72)
(65)
(59)
(52)
(51)
(42)
(37)
(29)
(27)
(17)
(15)
(12)
(10)
(7)
(6)
(5)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
登場人物紹介
ミットゥン
チャースケ
漫画付きレシピ
料理(ハイカラ)
料理(かんたん)
料理(副菜、その他)
料理(メンドうまい)
おやつ
パン
自己紹介
その他
弁当
未分類
以前の記事
2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
お気に入りブログ
おとなは、だれも、はじめ...
ハンドメイドな日々
沢ぱん日記
shina_poohな日...
知りたがりやの食べたがりや
夕方に台所で・・・
やわらぎをもって。
イギリス ウェールズの自...
歌花史庵 かかしあん
うひひなまいにち
ごはんとおかずと日々のつ...
僕とマダムと先生と
アベマリアのハッピーテーブル
犬とご飯と雑貨。
spring comes...
1/f breeze
kun-kun+kuro-ro
Life style
アインのしっぽ
バニラのお菓子ライフ
Cheminee de ...
mogumogu * Leaf
亜麻仁
つばさ雲
エットハミアメドとお料理...
がびあーの家の毎日
山麓風景と編み物    
London Scene
ろこりん♪の毎日。
ゆるロビ生活
カザルパロッコのネコ(C...
walking slow...
田園都市生活
ちょっと寄り道
平凡人日記
NO ANCHOVY, ...
ひなたの小部屋
ミニチュアブルテリア ダ...
日々の暮らし ☆ mam...
一日一歩
La prima ste...
日々道場
にじいろ日記
丁寧な生活をゆっくりと
さっちんきっちん
やねのうえのわんこ
ホウロウダイアリー
5plus2and2
ステンドグラス こもれ...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
カザルパロッコのネコ
The cats inside
Can of Good ...
★ミットゥンのラインスタンプ販売中!


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!
d0159822_12455074.jpg






エキサイトブログ以外のお友たち
Mシュナ Richardより愛を込めて

トレモロの響きにのせて

某医大正estateのごはんブログ


Can of Good Goodies

豆好き

yamatoyome ~沖縄生活~

パスタファイター

ぱっちとPUっ♪


THE CULINARY TRIBUNE

stadio r(食フォトギャラリー)

la table

Bay Alien

ビストロ カルナヴァル

スペース大原

★沖縄日記記事がオススメブログに!
那覇
旅行口コミ情報

★チャースケがツイッターを始めた?!
『_Charsuke_』で検索!


★広告メール対策の為、コメントを承認制にしました

コメントだいかんげいです!
お気軽にどんどんコメントチョウダイ!

★ウーマンエキサイト「おいしい!」に以下の記事を掲載していただきました。

緑のヘルシーポテサラ


米粉のブルーベリーパンケーキ


簡単!イカのトマト煮込み


カレー風味の鶏グリル


マグロの味噌漬けどんぶり


車麩の海老チリ風炒め


自家製甘納豆


牡蠣と温玉の韓国風サラダ


ヘルシーフムス


温泉たまごで!濃厚オリーブオイルアイス


過去最高のビーフシチュー


簡単ヘルシー!豆乳杏仁プリン


節分に!豪華海鮮太巻き


ブルーチーズと納豆のパスタ


しあわせのメープルパンケーキ


柚子トマトうどん


ポテサラと食べる絶品フレンチトースト


パスタでビックリ!ちゃんぽん麺


やめられないトマラナイ!メープルナッツ4種


しっとり茹で鶏の特製ピリカラだれ


ワインが進む君!トマトチーズビスコッティ


海老と豆腐の卵とじ中華丼


塩鮭とろみ中華どんぶり


野菜のうまみの詰まったヘルシーシチュー


韓国風!イワシのピリ辛しょうが煮


刺身の残りで!絶品ヅケ茶漬け


梨と豆乳のやわやわプリンと滑らかジェラート


絶品!中華スープがけ納豆ご飯


簡単!刺身でユッケ風どんぶり


あっさり!あさり二ラーメン


高貴な味!メープル小豆の豆腐クリーム添え


お店の味!海鮮あんかけ かたやきそば


春巻きの皮で作る!海老とアボカドの豆腐キッシュ


火を使わない!ピータン豆腐どんぶり


バター不使用!ココナッツとあんずの全粒粉スコーン


熱ヒヤ!豆乳坦々つけ麺


薄焼きがポイント!ザクザクフルーツクッキー


夏のビールの共に!ヤムウンセン


ひんやり!さっぱりカレーきしめん


ピーナッツバターで本格的なタレ!棒々鶏うどん


二日酔いの朝にやさしい アボカドとホタテのおかゆ


レストランの味の濃厚ニョッキ


お肉無しでも絶品ビビンバ


自然の甘みのおやつ!ドライフルーツまるごとクッキー

パーティーに!絶品ヘルシー板麩でラザニア

とろ~り絶品!洋食屋さんのクリームコロッケ

フレッシュトマトの絶品ラタトゥイユ

海老の殻は捨てちゃ駄目!濃厚豆乳ベシャメルソース

とろとろ手羽先の韓国風煮込み

とろーりチーズのかかったトマトのモツ煮込み

フレッシュトマトで作るエビチリ
卵一個で!豆乳スフレ

残り野菜で!韓国トッポギ

トマト肉味噌でヘルシー冷麺
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
居酒屋ごっこ・五月編
from cool witch
生存報告。
from ハムログ
居酒屋ごっこ
from cool witch
塩麹を使ったおかず など..
from 海のむこう 空のむこう
おおそうじのフルーツクッ..
from 海のむこう 空のむこう
ポテトマカロニサラダwi..
from 知りたがりやの食べたがりや
イギリス歯医者の話 - ..
from 坂の上にある家 
白練りごま
from 坂の上にある家 
冬至の夜
from 坂の上にある家 
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧