<   2011年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧
アボカドディップで食べる カマンベール・チーズケーキ
d0159822_2313121.jpg


先日、チャースケがパティスリー・ル・ラピュタのゴルゴンゾーラを
買いに行ったが
、残念ながら売り切れて、
仕方なく『ゴーダチーズケーキ』を買ってきた。

そんなチャースケ、こんどこそゴルゴンゾーラチーズケーキを
手に入れるべく、リベンジ!ということで

またまた千円札を握りしめ、『えきゅーとうえの』へ向かう。

今度はスムーズに、到着!

なんの連絡も無かったので、「ああ、今度は売り切れてなかったんだな」と
楽しみに待っていた。

ホクホク顔で帰ってきたチャースケ

チ:「ちゃー!」

得意顔でチーズケーキの箱を差し出す

ミ:「おお~ゴクロウサン!ありがとありがと~
どれどれ・・・


ん?」



・・なんと、箱の中は

またゴーダチーズケーキが入っていた。




ミ:「・・・・。

チャースケ、これ、ゴーダチーズケーキだよね・・?」

チ:「・・・・?」

なんと、チャースケは、前回『ゴーダチーズケーキ』を買ったため、
頭の中はすっかり『ゴーダチーズケーキ』を買うもんだと脳みそが思い込み、
やつの頭の中は『ゴーダチーズケーキを買う』ということになっていたのだ。

チャースケにとって、『ゴルゴンゾーラチーズケーキ』と、『ゴーダチーズケーキ』などと、
横文字をいっぺんに2つも覚えれなかったのだ。

よって、チャースケは当然のようにゴーダを買って帰ってきたのだ。

・・・・



紙に書いて持たせればよかった



まぁ、ゴーダもおいしいからいいんだけどね。

とにかくハマッているチーズケーキシリーズ。

そしてだいぶはまりまくっている自家製カッテージレシピでまた作った。

もういい加減いいわ!っていわれそうだが、
しつこく研究は続く・・・

ああ、カルローズじゃなくて自家製カッテージコンテストがあれば
応募しまくるのにっ

そんな自家製カッテージ、今度はまたまたシャレ山なオードブルに
変身した。

添えたディップにもカッテージを使うという気合の入れよう。
スバラシイ!

【つくりやすい量】

自家製カッテージチーズ 160g
・カマンベールチーズ 130g
・ M1個
・きび砂糖 30g
☆塩 小1/2
☆ブラックペッパー(あらびき) 適量
☆コーンスターチ 大1

・ドライイチジク(黒) 4~5個 ※好みで白イチジクや、レーズンなどでも 
・くるみ 20~30g 

★自家製カッテージチーズ 50g
★アボカド 75g(1/2個くらい)
★醤油 小1/2
★にんにく(すりおろし) ほんの少し(小1/8位) ※入れなくても良い
★チリペッパー 適量
★塩、こしょう 適量

①自家製カッテージチーズをフードプロセッサーにかける
(作り方はここ参照)
そこにカマンベールチーズをいれ、なめらかになるまで混ぜる。

②さらに、そこにきび糖をいれ、さらにしっかり混ぜ合わせたら卵をいれ
なめらかになるまで混ぜる。
☆をいれ、なめらかになるまで混ぜたらOK
d0159822_2314287.jpg


③ドライイチジクは適当な大きさに切る。くるみはフライパンで乾煎りするか、150度の
オーブンで15分焼いておき、粗く砕いておく。
パウンドケーキ型にオーブンシートを敷き、イチジクとくるみを全体に散らす
d0159822_2315526.jpg


④粗挽きのブラックペッパーをたっぷりふり、180度に予熱したオーブンで
28分ほど焼く。
d0159822_232550.jpg


⑤完全に冷めたら型から出し、冷蔵庫で冷やしておく
d0159822_2321767.jpg


⑥好みの大きさに切り分けて、★をフープロで合わせたディップを添える。
d0159822_2323444.jpg


こんなふうに、ちっこく切るとつまみやすいし、ちょっとしたオードブルにも!
d0159822_2325399.jpg


カマンベールはわりと淡白な味わいなので、このアボカドディップがよく合うのだ。
アボカドディップは、味を見ながら塩、こしょうで調整を。また、変色が気になる場合は
レモン汁をいれるといい。
d0159822_233361.jpg


アボディップをつけて~

ああー、おいしい。これ、好きだわー。
d0159822_2331433.jpg


ドライイチジクと胡桃がいいね。

これは(わかるとおもうけど)、先日のブルーチーズケーキを作った時に、
「次はカマンベールで作ろう」と思ったもの。

今回はタルト生地を作るのが面倒だったので、もっと手軽にできんかと
こういう形にした。
コメントをくれたtamo_hanさんが、「カマンベールであらびきコショー入れた
パウンドケーキ作ったことあります」といっていて、
『これだっ!』とおもったのだ。

ま、これはパウンドケーキじゃないけどね。


ブルーチーズケーキの時より、チーズの量が卵に対して少なめなので、
もっと食べやすい、たまごっぽい仕上がり。

だから、題名に「チーズケーキ」と書いたが、どっちかっていうと
「チーズケーキ」という感じじゃないなぁ~(じゃあ何なんだ)

うーん、ブラックペッパーがいいね!
まさに酒のおつまみです。

自家製カッテージを作った時は、ぜひお試しを~


《おまけ》

先日、おもしろい野菜を見つけた。
産直市場みたいなコーナーにおいてあった野菜。

見よ、こんな色鮮やかな野菜!名前は書いてなかった。
d0159822_2333882.jpg


『サラダ向き』とかいてあったので、もちろんサラダに。
シンプルに塩、こしょう、おいしいオリーブオイルのみで!
d0159822_2335059.jpg


食べた感じは・・・硬めのサンチュっぽい。

なんかを巻いて食べるほうがおいしいとおもった・・。

ちなみに、うちのサラダ用の塩で、最近(でもないが)はまっている
オススメの塩。

『キパワーソルト』
d0159822_235814.jpg

ちょっと変わった塩で、硫黄のような独特の風味がする塩。
最初は「えっなにこの塩、変な味」と思ったが、これがまた癖になるのだ。

サラサラしていて使いやすい。
これとオリーブオイルで、めっちゃおいしいサラダになる。
フラックスオイルに混ぜて、パンにつけるのもおすすめ。

ただし、調理用の塩としてはあまり不向きだと思う。


d0159822_12564246.jpg



「っていうか、もう自分で買いに行けば・・・?」

とおもったら

・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-06-30 20:01 | おやつ
カルローズのカレーつくね
d0159822_22333779.jpg


先日紹介した、あのカルローズコンテスト用のカレーレシピのため
我が家は毎日カルローズを炊いた。

日本の柔らかい米好きのチャースケは、少し(だいぶ)迷惑そうにしながらも、
おれの立派なカルローズ米レシピの試食係として頑張ってくれた。

そしてようやく、カルローズ米が無くなった・・・とおもったら

また宅急便が。

差出人は、またカルローズ!

「??!なんで?またカルローズ届いた!」

間違えてまた試し用のカルローズを送ってきたのかとおもったら、
どうやら先日送ってきたやつは、賞味期限の記載を間違えたとかナントカ・・・
(別に賞味期限が切れていたわけじゃないよ)

わざわざご丁寧にも、正しいものを発送しなおしたらしい。

なんて律儀なんだ!

賞味期限なんてサラッサラ見てなかったし!


これを、あの先着400名すべてに発送しなおしたというのか。
もう800名分ジャン!

・・・というわけで、また硬い米を食べることとなったチャースケ。笑

しかし、きょうはおれの晩酌用のつまみにへと大変身!
これは簡単さNO1!



(7~8個分)

・カルローズ米(炊いたもの) 85g
・じゃがいも 1個(120g)
・バター 大1/2
☆好みのシュレッドチーズ(溶けるもの) 20g 
☆カレー粉 小1
☆塩、胡椒 少々
☆豆乳 大1
・卵黄 1ヶ
・オリーブオイル 適量 ※ごま油でもおいしい
・白いりごま 適量

①ジャガイモは水から茹でて柔らかくし、皮をむいて
マッシャーでつぶしておく。熱いうちにバターを入れて混ぜておく
d0159822_2233509.jpg


②炊いたカルローズ米をいれ(冷めたものでOK)、よくまぜ合わせる
d0159822_2234461.jpg


③☆でしっかり味付ける。塩で調整する。胡椒もけっこう効かせてもいい。
d0159822_22341479.jpg


④7~8等分にし、平たく丸める。
d0159822_22342944.jpg


⑤オリーブオイル(またはごま油)を少量しいたフライパンで
両面こんがり焼く。
d0159822_22344010.jpg


⑥皿に盛り、白いりゴマをふる。卵黄を添えていただく。
d0159822_22345367.jpg


おおっまさに 見た目はつくねそのもの!
d0159822_2235358.jpg


でわ・・・
d0159822_22351433.jpg


ああ~! 
d0159822_22352310.jpg


ああーーー!!!(うるさい)
d0159822_22353985.jpg



これ、やばい。超簡単なのに、つくねよりうまい!
なんでこんなにうまいのか?

それは、このカルローズの歯ごたえある硬さがポイント!
普通のご飯でやっても、柔らかすぎてだめだ。
このやや硬めの、カルローズが実に良い食感をかもしだしとる。

出来ればご飯は冷めたものの方が、より硬くなってこのレシピには良い。

こんなに簡単なのに、今までの凝ったカルローズレシピの中で、一番
カルローズ米を生かせているかも・・・

カレーのコクと、卵黄のマッチングがまたタマラン!

ちなみにチャースケは、これに更に「ひき肉をいれろ」といっていた。
肉好きにはそれもいいかも。
その辺はお好みで!

カレーリゾットのゴマ揚巻
カルローズ米の冷やしカレー茶漬け
もよろしくっ


《おまけ》

おもしろいものをみつけたので買ってみた。

『もっちもちーず』
d0159822_22355793.jpg


どうやら、小さい卵状のカチョカバロを串にさしたチーズ。
なんでもあっためて食べると、もちのようでおいしいらしい。
「レンジで少しあたためろ」とかいてる。
d0159822_2236588.jpg


個人的にレンジは嫌いなのでほとんど使わないが・・・
まぁ、どうしてもというから(ダレも言ってない)、
ためしに1個あっためてみた。

見た目・・あまり変化無し?
d0159822_22361626.jpg


ところ が!

みてちょーだい このとろけ具合!!
でも、こんなにとろーりとろけてるのに、食感はモチモチ!まさに餅だ!

ドライフルーツと一緒に食べると最高!でも食感は餅だから、
餡子をつけてもうまそうだ。(そういう問題?)
d0159822_22362590.jpg


以前、カチョカバロを買った時、焼きたての温かいうちは美味しかったが、
スグに冷めてゴチゴチにかたくなってしまった。
以来、カチョカバロはあまり好きじゃない・・・とおもっていたが

これはすごい。冷めてもモチモチ、じつに旨い!
他に、油で揚げてチーズフライに。串から外して炒め物に。と書いてある。
うんうん、それ絶対旨い!

今日も帰りに大量購入していこう。ウハハハハ

通販もあったよ!→もっちもち~ず 

ここの「北のおいチーズ」も、うまいのだ。


d0159822_12264967.jpg


カルローズから逃れられないチャースケ!

・・戦いは続く。


きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-06-29 17:31
ピリ辛!お手軽 揚げないから揚げ
d0159822_2314327.jpg


今年は異常気象だ!
・・と、毎年ニュースで言っている気がするが。

とにかく、年々おかしくなっていっているということなのだろうか。

さらに節電もかねると、6月といえどこれがなかなかキツイ!

うちはオンボロ安マンション、窓を開けると大通り沿いのため
うるさくて窓を開けられないのだ。

この暑さのなか、クーラーも我慢し、窓も開けれない

ここは我慢大会会場かっ!


こうなると、さすがに台所に立つのもめんどうになる。

こんなに・・・こんなに料理が好きなのに!

暑さのばかっ

というわけで、これは暑くてなにもしたくないときにうってつけのレシピ。

でも栄養バランス、悪~

すまんチャースケ。 ま、いいよね

あいつの好きなもんばっかじゃけん。

鶏肉さえ仕込んでおけば、あっというまに出来るよ!
ビールのツマミにもぜひどうぞ。


(1人前)

・鶏手羽元 4本
★豆板醤 小1/2
★にんにく(すりおろし) 小1/2
★醤油 大1
★酒 大1
★片栗粉 大1
★薄力粉 大1/2
★ごま油 大1弱
★アガベシロップ 大1/2

☆新ジャガイモ 小5~6ヶ(120gくらい)
☆オリーブオイル 大1
☆塩、こしょう 少々
☆ドライバジル 適量


①袋に★をいれよく混ぜ合わせる。そこに鶏手羽元をいれ、全体にしっかり漬かるように
して半日ほど冷蔵庫においておく
d0159822_232225.jpg


②じゃがいもは皮付きのまま半分に切り、☆と合わせる
d0159822_2321297.jpg


③オーブン天板に①と②をのせ、スチームオーブンの「からあげ」コースで焼く。
(普通のオーブンの場合は230~250度のオーブンで15~20分焼く)
d0159822_2322418.jpg


こんなかんじで良い色になったらOK!!
d0159822_2323449.jpg


こんなかんじで皿に盛る。
バターライスを添えると、チャースケのテンションも体脂肪率もUP!!
d0159822_2324935.jpg


オーブンなのに、サクサク・ジューシーに仕上がる。
スチームオーブンはすごいね~
d0159822_2325922.jpg


じゃがいももこんがり、良い色です。
d0159822_233988.jpg


ほらーみて 良い感じでしょう。
揚げ物って片づけが大変だし、この季節は特にやりたくないよね。
グリルにしちゃえば、余分な油は落ちるし、片付けもらくらく。
d0159822_2331896.jpg


じゃがいもも一緒に焼いちゃえばこんなにほくほく~
なんて究極のズボラ料理!
d0159822_2332799.jpg


調味料だけ見ると、中華風な味わい?とおもうだろうが、
なぜかこれがほっとする優しい味わい(BYチャースケ談)

ちなみにバターライスも、炒めずに暖かいご飯に少量のバター・
ブラックペッパー・ドライバジル・おろしにんにくを入れて混ぜるだけ!
かんた~ん

ん?

ようは、この日は手を抜きたかったっだけなんじゃ・・・って?


暑くて台所にあまり立ちたくない日は、

まぁたまには こんな簡単飯でも良いではないか



《おまけ》

おもしろいお菓子をはっけん

その名も

「ながいもっくる」!

完全に、北海道の人気菓子「じゃがポックル」をパクッて意識している商品。
d0159822_2354346.jpg


中身はこんな感じ。

d0159822_2355392.jpg

食べた感じは…まさにじゃがぽっくるながいも!

ほんのり塩味で、じゃがぽっくるよりも食べ応えがある感じ。
ほんの少しだけ、ねばねばも感じる!

これは、つまみに最高じゃ!

じゃがポックルもおいしいが、こやつもなかなかやるね。

またリピートしよう。

1袋55g 315円。ちとお高めだが、 見つけた方は、ぜひ!



d0159822_1351046.jpg


「ジャンキーなものほど受けが良いのはなぜか」


・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-06-28 18:13 | 料理(かんたん)
クモスケが喋った日 
d0159822_910393.jpg
d0159822_910982.jpg
d0159822_9101391.jpg
d0159822_9101835.jpg
d0159822_9102315.jpg
d0159822_9103072.jpg
d0159822_9103414.jpg
d0159822_91038100.jpg
d0159822_9104241.jpg
d0159822_9104622.jpg
d0159822_9105089.jpg
d0159822_9105486.jpg
d0159822_9105867.jpg
d0159822_911277.jpg
d0159822_911561.jpg
d0159822_9111068.jpg
d0159822_9111366.jpg



「強く信じる想いが、奇跡をおこすのだ。」

・・・

今日もポチっと「レシピブログ」ボタンを押してってネ~



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2011-06-27 19:01 | チャースケ
おいしいモッツァレラを探せ!!~モッツアレラレポート~
d0159822_2092415.jpg


おれは牛乳は飲まないくせに、チーズは大好物という
変なところがある。

でも、チーズって奥が深い!

一口にチーズといっても、白カビ・青カビ・ウォッシュ・ハード・・・

いろいろあって、同じ「チーズ」といっても
食感・味わい・おいしい食べ方などそれぞれ全く違うのだ。

なかでも、ずっと大好物なのがウォッシュ系チーズ。

ウォッシュ系とは、その名のとおり、熟成過程で酒や塩水などで表面を
何度も洗うことから「ウォッシュ」と呼ばれるチーズのこと。

この工程を行うことによって、「リネンス菌」という、
納豆菌と同じ酵母(枯草菌)の一種が優勢に繁殖するので
独特の臭いがする。苦手な人は「臭い!」とおもうが、
好きな人にはそれがたまらないのだ。

おれはチーズはウォッシュしかチーズじゃねぇ くらいの勢いで
、もっぱらチーズはウォッシュ系などしか買わなかった。

フレッシュチーズなんて、どこがチーズじゃ!
と、思っていたのだ。

しかし、それはフレッシュチーズのおいしさを知らないだけだった。

まだまだケツが青かったのだ。

あるとき、フレッシュチーズの代表「モッツァレラ」の
とてもおいしいモッツアレラを食べた。
今まで食べてきたモッツアレラはなんだったのか、という衝撃だった。

以来、おれの「おいしいモッツァレラをさがせ」魂に火がついた。

そこらじゅうのチーズ屋をめぐりまくり、毎週1個、食べたことのない
いろんなモッツァレラを買った。
いったい、いくらモッツァレラにつぎ込んだか・・想像するだけでも
オソロシイ!

で、あるとき「こんなに毎日モッツァレラ食ってんだから、写真撮ろう」
とおもったので、これらはまだ一部だが
いろんなモッツァレラを紹介しよう!


ちなみに、モッツァレラは本来は水牛のミルクで作られるものだが、
牛乳で作ったものも多い。
水牛の乳を原料とするものを「ブッファラ」
牛乳で代用したものは「ヴァッカ」という。

ちなみに、おれの初めて食べるモッツアレラの食べ方は、
絶対にカプレーゼ!(トップ写真)絶対コレに限る!
カプレーゼで食べておいしいモッツァレラこそ、本当に旨い
モッツラレラだとおもう。(そんなことないわ!ってひとは、無視してね)


①《モッツァレラ・ディ・ブッファラ・イルパルコ》
d0159822_2095333.jpg
d0159822_2010492.jpg
d0159822_20101586.jpg

容量:125g×2ヶ
値段:2000円
購入場所:チーズ王国
乳:水牛
味:★★★★★
柔らかさ:★★★★★

これが、今のところ一番オススメのモッツアレラ!水牛だが、癖は無く
ミルキー。まず持ってみると判るが、柔らかさがハンパ無い!こんなモッツアレラは
ない!そして、割ってみるとミルキーな汁があふれ出てくる。
かみしめると、口の中で濃厚でミルキーな味が爆発!
絶対にカプレーゼでオススメしたい。これは、もう毎週食べている・・
高いけど、この味わいなら文句なし!おいしいモッツァレラを探している人は
ぜひ!
醤油は合わない。

②《モッツァレラ・サンタクリスティナ》
d0159822_2074869.jpg
d0159822_208038.jpg

d0159822_2134662.jpg

容量:125g×1ヶ
値段:850円
購入場所:忘れた
乳:牛乳
味:★★★
柔らかさ:★★★

まぁまぁ柔らかい。味わいはほんのりミルクの風味。
悪くはないが、いまひとつコクに欠ける。
醤油を少したらすと、旨みが引き立つ!


③《モッツァレラ・ディ・ブーファラ・カンパーナ》
d0159822_2081660.jpg
d0159822_208263.jpg
d0159822_2083747.jpg

容量:125g×1ヶ
値段:1000円
購入場所:店名不明
乳:水牛
味:★★★★★
柔らかさ:★★★★

これは、唯一①の「イルパルコ」に負けず劣らず、感動したモッツァレラ。
しかし、「イルパルコ」と比べて、もっともっと水牛の風味がスゴイ!
イルパルコはどっちかというと癖がない、むしろ牛乳じゃないのか?とおもうが、
この「カンパーナ」は、「ザ・水牛!」といった味わいだ。
ガツン!とパンチのある印象。水牛モッツアレラ好きにはおすすめ!
割ったときの繊維もしっかりしているので、オイルの味もよくしみこむ。
ちなみに醤油は合わない。

④《モッツァレラ・ノディーニプーリア》
d0159822_20105364.jpg
d0159822_2011546.jpg

容量:141g(小さめの3ヶ入り)
値段:1216円
購入場所:チーズ王国
乳:牛乳
味:★★★
柔らかさ:★★

店のお兄さんイチオシのチーズ。他のモッツァレラと違い、一つ一つ手結びの
形がかわいらしいモッツァレラ。
月に2度、イタリアから空輸で入るそうで、まじでおいしいからと勧められた。
しかし、最初そんなに感動せず、鮮度が落ちていたのかも・・・と思い、
数ヵ月後もう一度リベンジしたがやっぱりそこまで感動せず。
少し硬めで、味わいも控えめ。でも、醤油をたらすととたんにおいしくなる。
出来立てはもっとおいしいのかも??

⑤《モザレラ・バッファロー》
d0159822_20141552.jpg

d0159822_20142698.jpg
d0159822_20143786.jpg

容量:150g
値段:1890円
購入場所:明治屋
乳:水牛
味:★★★★
柔らかさ:★★★★

高い割に、原材料に「PH調整剤」が入っているのが気になるが・・
味わいはおいしい。水牛の味がしっかりしていて、でも食べやすい。
柔らかさもちょうどよく、ピザなどにのせてもおいしいと思う。
醤油も割りと合う。

⑥《北海道NEEDS モッツァレラチーズ水入りボールタイプ》
d0159822_20144698.jpg
d0159822_20145531.jpg
d0159822_2015370.jpg

容量:80g
値段:465円
購入場所:フェルミエ
乳:牛乳
味:★★★
柔らかさ:★★★

国産のモッツァレラ。実は、以前から国産のモッツァレラにあまり
おいしいのにあたらなかったので、国産はちょっと敬遠していたが
これはなかなかこくがあっておいしい!
ミニタイプで、さっとサラダに混ぜるのもよさそう。80gで1人分には
ちょうど良い。
大きいタイプもあるらしい。

⑦《モッツァレラ・ディ・ヴァッカ・チーニョ社》
d0159822_20153825.jpg
d0159822_20155830.jpg
d0159822_20161858.jpg

容量:100g
値段:620円
購入場所:フェルミエ
乳:牛乳
味:★★★★
柔らかさ:★★

この手の袋入りは結構ハズレが多いので、実はあまり期待してなかった。
切ろうとしたときも弾力があり、「ありゃー、やっぱこれは失敗かな…」
(硬いのはおいしくない場合が多かったので)とおもったら、これが嬉しい裏切り!
弾力があるのにミルキー感はしっかり、食べることにうまみを感じる!
ぜひこれもカプレーゼがおすすめ。半分は焼いたが、やはりそのままのほうが
おいしい。
醤油はあまり合わない。




ちなみに、カプレーゼの作り方は、
おいしいトマトと適当に切り、モッツラレラをちぎってのせる。
※モッツアレラは水に浸って売っているが、この水気をまずキッチンペーパーで
しっかり取ってからちぎること!
(モッツラレラは包丁で切るより、手でちぎるほうがおいしい。)

塩を適用かけ、おいしいエキストラバージンのオリーブオイルをかける。
ブラックペッパーとドライオレガノをふってかんせい。

注意したいのは、モッツァレラによって塩分が違うので、塩は
最初は控えめにかけ、味を見ながら調節したほうが良い。
せっかくおいしいチーズも塩分量を間違うと台無しである。

また、上にも書いたが、種類によっては、塩よりも醤油がよくあう場合もある
(個人的な意見だが)。


そして、ぜひカプレーゼにいっしょに合わせたいのが
おいしいパンだ。

おれはパンは自分で焼くのが好きだし、そんなに店では買わないが

唯一ここのパンだけは、別!!
d0159822_21224579.jpg


シニフィアン・シニフィエの「パン・ペイザン」。
このパンはほぼ毎日絶対に食べる。
シニフィアンは、どのパンも美味しいが、おれのなかでこのペイザンは
ピカイチ!!
d0159822_2122598.jpg

見よ、このすごい気泡!
このパン目指して、何度も焼いたが、足元にも及ばない。
しっとりモチモチのクラムは、おいしいチーズの残り汁をすっかり吸う。

モチモチのクラムは、汁を吸って、プリンプリンに…

それを口に入れた瞬間、産まれてきてよかった、と本当に思うのだ。
これは、この「パン・ペイザン」でなきゃ絶対にだめ。

いまのところ、これ以上のパンに出会っていない!


ちなみに、今まで「地球最後の日の晩餐」は、ずっと卵かけご飯だと思っていたが、

最近は①の「イルパルコ」で作ったカプレーゼに、皿に残った汁を
シニフィアンのパン・ペイザンをどっぷり浸して食べる、
というのが有力になってきた。



おいしいモッツァレラに出会えたときの感動は、もう計り知れない!
これからも、おいしいモッツァレラチーズ探しの研究は続く…


※ちなみに、すべて個人的な意見なので反論があっても
気を悪くしないでねっ


「今日はずいぶんマニアックだな・・・」

とおもったら

・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-06-26 20:34 | その他
マンゴーミルク寒天よせ
d0159822_22235442.jpg


先日、超熟熟に熟れたマンゴーが、見切り価格にて売られていた。

そりゃーもう、もちあげてかごに入れるのが不安なくらい!(いいすぎ)

しかし、腐りかけほどなんでも美味しいわけで

こう、熟したフルーツなんかは

見切られるところか、おれにとっては「なんていう高級食品!」というかんじだ。

熟熟マンゴー、でっかいのに100えん!

もちろん買っていった。

しかし、家に帰って皮をむくと、もう熟しすぎてうまく剥けない。
剥くと中身がピューレ化して出てきてしまう。
だれかさんのバナナみたいだ。

これはこのまま食べるのも難しいので、先日からはまっている
自家製カッテージチーズをつかって

おいしいおやつへと変貌!

(17cm角型1台分)

自家製カッテージチーズ  220g
・マンゴー(熟したもの) 1個(正味180g)
・きび糖 大1~ ※マンゴーの甘さによって調節
・レモン汁 大1/2

☆水 1/カップ
☆粉寒天 大1/2

【ソース】
★豆乳 大1
★アガベシロップ 大1 
★バニラエクストラクト 小1 ※バニラエッセンスの場合は数滴


①フードプロセッサーに自家製カッテージチーズを入れてなめらかにする
d0159822_2224596.jpg


②マンゴーの実の部分をいれ、滑らかになるまで混ぜ、甘さを見ながら
きび糖を加え、レモン汁も入れる
d0159822_22241533.jpg


③☆を火にかけ、弱火で絶えず混ぜながら熱し、沸騰してから1分半ほど
混ぜながら煮る。
それを②に入れてしっかり混ぜる。
※手早くやらないと、寒天が固まってしまうので注意!
d0159822_22243196.jpg


④型の内側を軽く水でぬらし、③を入れて表面をきれいに調える。
冷蔵庫で固まるまで冷やす
d0159822_2225912.jpg


⑤好みの大きさに切り、混ぜ合わせた★をかけてたべる。
d0159822_22253485.jpg


『寒天よせ』といっても、プリンのような滑らかな食感。
しっとり、おいしそう!
d0159822_2225447.jpg


ああ、やっぱりおいしか~
マンゴーが熟熟で甘い!!マンゴーはミルキーな味とよく合うね。
d0159822_22255488.jpg


しかしなんだろう、この自家製カッテージチーズの凄さは。
これは市販のものじゃ、ぜったいにこんな味にならない!
やるなぁ~自家製カッテージ。
ちなみに、あれから他の酢でもできるか試したら、米酢だけでも
カッテージチーズできます。よく洗えば、酸味もない!
ただし、残ったホエーは酢の味が凄いので、ちょっと頂くには無理があるかも・・・
d0159822_2226657.jpg




マンゴーのほかにもバナナやパパイヤ、いちご・・・
なんでも好みのフルーツで試してみてもいいと思う。

でもあまり水分の多いフルーツだと、寒天の量も変わってくると思うので注意。



《おまけ》

ずっと使っていた、ワインのコルクオープナーが遂に寿命を迎えた!
d0159822_22261623.jpg


見てこれ、コルクを引っこ抜こうと思ったら・・・銀のスパイラルの部分が「バキッ」っと、
折れたんです!

こんなことってあるか~?!
d0159822_22262861.jpg


信じられん・・・
どんな硬いコルクやねん。

それよりも、困るナァ。急いで新しいの買わなきゃ

というわけで

「慣れれば一番失敗がない」といわれる

『ソムリエナイフ』!!(でも安いやつね)
d0159822_22263992.jpg


どんなもんか

こんなんで本当に失敗なくあけれるのか

とおもったら・・・

おおっ! こりゃ簡単!

なぜ今までこれでやってなかったのか!というくらい、簡単にあけれた。

ビバ!ソムリエナイフ

ふふふ 腕を磨いて いつか良いやつ買うどー!

d0159822_1201279.jpg



順位も上がれば運気も上がる!(おれの)
あなたの1ポチが大事なんです・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-06-24 18:05 | おやつ
カルローズ米の冷やしカレー茶漬け
d0159822_2395216.jpg


昨日カルローズ米レシピを紹介して、さっそくサイトに応募した。

そしたら、もうすでにいっぱいみんなの投稿レシピが載っていた。

なにこれー スゲー

優勝無理ジャン(ねらってたのか?)

でもめげずに、カルローズ米レシピ研究は続く・・・

今日紹介するのは、一度失敗して2回も作ったのだ。

失敗・・

・・・というか、1回目は温泉卵が無くて、無しで食べたら
何か物足りなかった。

「やっぱり温玉のせりゃーよかった!」と、悔しくて
次の日にまた作ったのだ。

『きょうの飯は何だろう』と、わくわく腹を空かせて待っていたチャースケ、
2日目にまた同じ飯が出てきたのには
さすがに残念そうな顔をしていた・・・

(2人前)

・炊いたカルローズ米 食べたい量
・茄子(1cm角切り) 小1本
・油揚げ(1cm角切り) 1/2枚
・枝豆 正味30g
・ごま油 小1
・酒 大1

・チキンスープ 500ml
・カレー粉 大2
・塩 小1/2
・白すりゴマ 大1

・豆腐(絹) 60g
・温泉卵 1個
・白いりゴマ 適量


①枝豆は茹でて、さやから出しておく。

②鍋にごま油を熱し、茄子と油揚げを炒め、酒を回しいれる。
d0159822_23102579.jpg


③酒の汁気が飛んできたら、カレー粉をいれ全体になじませる
d0159822_23104113.jpg


④チキンスープ、塩を入れ茄子が柔らかくなるまで5分ほど煮る。
d0159822_23105298.jpg


⑤鍋よりも大きいボウルに氷水をはり、(氷と塩をいれ、水を入れたもの)④を鍋ごと
つけて冷ます。
しっかり冷えるまで氷を足しながら冷やす
※時間がある場合は冷蔵庫でゆっくり冷やしてもOK
d0159822_2311646.jpg

⑥冷えたら白すりゴマをいれ、混ぜる。
d0159822_23113010.jpg

⑦器にカルローズ米をいれ、豆腐を崩しながらのせる
d0159822_2312391.jpg


⑧上からよく冷やした⑤をかけ、温泉卵をのせる。仕上げに白いりゴマをふる。
d0159822_2312155.jpg


これぞ、夏にぴったりの冷やしカレー!
d0159822_2312286.jpg


温玉を崩せば・・・ああ、ありがとう。産まれてきてよかった
d0159822_23123894.jpg


これはー、このカルローズの歯ごたえある食感に、さらさらのスープが
ばっちし!!
食べ進むにつれ、味がなじんでどんどん美味しくなる。
d0159822_23124824.jpg


だだちゃまめもオイシイ。(冷凍だけど・・・)
d0159822_231011100.jpg

モクモクデパートで、山形の催事でだだちゃ豆を売っていたので買ってしまった。

でもやっぱフレッシュな豆のほうがおいしいな。
これから旬のフレッシュな枝豆でもういちどやってみよう。



他に角切りトマトを入れたりしても絶対おいしい!

そして温泉卵は、絶対にお忘れなく・・・



d0159822_12173080.jpg

「試食係はたいへんだね・・・」

とおもったら・・・


ポチっと「レシピブログ」ボタンを押してってネ~



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2011-06-23 20:13 | 料理(ハイカラ)
カレーリゾットのゴマ揚巻
d0159822_2391860.jpg


先月ごろ、なんか妙に長文のコメントが入っており、
またエロサイトの書き込みかと思って削除しようかと思ったら、

よく読むとそれは、アメリカ米の「カルローズ米」の会社から
「『カルローズ夏カレー eレシピコンテスト』に
さんかしまへんか~」というコメントだった。

カルローズってなんやねん

というわけで、サイトを見ると

なるほど、どうやらアメリカのおコメのPRイベント的に、
カルローズ米を使ってカレーに合うメニューを考えろ、ということらしい。

よく見ると、「先着400名様にカルローズ米プレゼント!(ただしコンテスト参加が必須条件)」とある。

おおっ コメをタダでくれるとは!ありがたや~ありがたや~
いくつでもレシピ提案しまっせ!

というわけで、さっそくプレゼント応募。

しかし、メールで 「応募ありがとう。もうしばらくお待ちくだせえ」 ときたのに

1週間たっても

2週間たっても

3週間たっても

カルローズ米は送られてこなかった。

「あんだよー!送ってくれるってゆったじゃんかよー!
もうしらねーよー コンテスト参加してやんねーぞ~」

と、ふて腐れ気味になったころ

やっとカルローズ米とうちゃく!

「やっぱり忘れられていなかった!」

妙にウレシかった。
なんか懸賞に当たった気分。
(でも別に先着順に入れただけなんだが)

これがカルローズ米だ!
d0159822_2355252.jpg


なんか、ちょっと細長く、昔米不足のときに食べたタイ米を思い出した。

さっそく炊いてみた。
d0159822_236390.jpg

うむ、なるへそ。
たしかに日本のお米と違って、歯ごたえがある!
そのまま食べるには、ちと硬い。

サイトにあるように、たしかにサラダやリゾット向きだ。

というわけで、コンテストレシピ第1弾!

最初だからはりきってチョーめんどくせ~もんつくったった。

(6本分)

・炊いたカルローズ米 100g 
・茹でタコ(ぶつ切り) 100g
・玉ねぎ(粗みじん切り) 1/2個
・アボカド(1cm角切り) 1/2個
★オリーブオイル 大1
★にんにく(みじん切り) 1片

・カレー粉 大1
☆水 1/2カップ
☆塩 小1/2
☆だし醤油 小2
・パルミジャーノチーズ(すりおろし) 大1 ※他の粉チーズでも可
・豆乳 1/2カップ

・塩、こしょう 各適量

・春巻きの皮 6枚
・豚薄切り肉 適量 ※好みで
・モッツァレラチーズ(棒状に切る) 適量 ※好みで
・白いりゴマ 適量
・溶き卵 1個

・水溶き小麦粉 ※小麦粉に水を入れて混ぜ、糊状にする


①フライパンに★をいれ熱し、香りがたったら玉ねぎをいれ塩少々して炒める。
半透明になってきたら、茹でタコを入れ炒める。
d0159822_236161.jpg


②カレー粉をいれなじませたら、炊いたカルローズ米をいれ全体をほぐし、☆を入れる。
d0159822_2362619.jpg

d0159822_2364696.jpg


③汁気がなくなってきたら、豆乳とパルミジャーノチーズをいれまた汁気がなくなるまで
そのまま煮て、味を見て塩、こしょうなどで味を調えたらアボカドをいれ全体を混ぜて火を止める
d0159822_2365841.jpg


④バットなどに移し、粗熱が取れたら冷蔵庫で1時間以上冷やしておく
d0159822_237777.jpg



【チーズバージョン】
春巻きの皮を用意し、④の1/6量(大2くらい)をのせ、中央にモッツァレラチーズをのせ
春巻きと包む要領で包む。
(水溶き小麦粉で糊付けをする)
d0159822_2371620.jpg



【豚肉バージョン】
春巻きの皮を用意し、豚薄切り肉を広げ、塩・コショウをする。
④の1/6量(大2くらい)をのせ、春巻きと包む要領で包む。
(水溶き小麦粉で糊付けをする)
※好みで一緒に大葉を巻いたり、これに更にモッツアレラチーズをのせてもいい。
d0159822_2372481.jpg

⑤溶き卵を全体につけ、白いりごまをびっしりまぶす
d0159822_2373915.jpg



⑥フライパンに油を1cmくらいそそぎ、揚げ焼にする。
白ゴマが取れやすいので、揚げ始めは触らないこと!いい焼き色が付いたら
ひっくりかえす。側面も焼くといい。
d0159822_238486.jpg


⑦キッチンペーパーで油を切り、皿に盛る
d0159822_2382061.jpg


こちらチーズバージョン。
みてっっこのとろーりチーズ!この断面で興奮しない人は
たぶん人間では無い
d0159822_2383478.jpg


こちら豚肉バージョン。
これは別に興奮しない。これで興奮するのはチャースケ。
でも「なぜ豚肉バージョンにもチーズを入れなかったのか」と責められた。
なので、入れてあげよう。
ちなみに大葉などをまいてもヨシ。
d0159822_2384554.jpg


カレーリゾットにしっかり味が付いているので、何もつけないで
たべてOK!!
ご飯も兼用してるので、これだけで十分まんぞく!
d0159822_2385868.jpg


カルローズ米のしっかりした歯ごたえが、楽しい食感の揚げ春巻き!

このおコメは、本当にリゾットにはぴったり。
今回は手軽に炊いたものでリゾットを作ったが、
もちろん生米から炒め煮してリゾットを作っても。(ちょっと時間かかるけどね)

みじん切りにしたドライレーズンなんか入れてもおいしいと思う。

カルローズ米を使ったレシピ研究は続く!

こうご期待・・・

d0159822_12223275.jpg


「そんなに楽しみだったのか・・・」とおもったら

・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_12544571.jpg

by mittun-chasuke | 2011-06-22 20:47 | 料理(ハイカラ)
ラムのクリーミートマト煮込み
d0159822_2311949.jpg


チ:「ちゃー」

ミ:「このお肉何の肉かって??
これはね、ラム肉だよラム肉」

チ:「ちゃー?」

ミ:「らむって何かって?羊だよ、ひ・つ・じ!めーめー」

チ:「ちゃー!」

ミ:「そんなの食べれないって?なんだよ、いままで旨そうに食ってたくせに。

なんで食べれないんだよ?」

チ:「ちゃー」

ミ:「羊のお友達『らむに君』に悪いからって?
なんだそりゃ、おまえ羊の友達なんかいたの?」

チ:「ちゃー」

ミ:「明日も一緒に遊ぶ約束してる?
ふーん、どうでもいいけどさ。

じゃあもうこれ食べないの?」

チ:「・・・・。ちゃー」

けっきょく食べ続けるチャースケであった。

今日は、羊のお友達を持つチャースケも、おもわず全部食べてしまった
おいしいラム肉の煮込みの紹介!

(2~3人前)

・ラムこま切れ肉(薄く塩で下味を付けておく) 200g
・茄子(輪切り) 1~2本
・トマト(ホール)缶 1缶
・たまねぎ(くし切り) 1個
★にんにく(スライス) 1片
★オリーブオイル 大1/2
・ローリエ 1枚
・ブーケガルニ 1ヶ

・塩 小1/2~1くらい
・赤ワイン 1/2カップ
・バター 大1/2
・豆乳 1/4カップ ※牛でも可
・ドライオレガノ 適量


①鍋に★を入れ、弱火にかけ香りがたったら玉ねぎをいためる。
d0159822_23113231.jpg


②ラム肉をいれ、いためる。完全にほぐさずに、所々塊になっている感じでOK。
d0159822_23114551.jpg


③赤ワインを入れ、アルコールを飛ばしたら茄子を入れる。
d0159822_23115645.jpg


④トマト缶を潰しながらいれ、半分にちぎったローリエと塩をいれ、蓋をして
弱火で10分ほど煮る
d0159822_2312676.jpg


⑤バターをいれ、更に5分ほど煮て、味を見て塩などで調味する。
d0159822_23122571.jpg


⑥豆乳をいれ、煮立ったら火を止める。そのまま冷ますと味がなじんでおいしいが、
すぐに食べてもOK!
d0159822_23123763.jpg


⑦食べる直前に再びあたため、ドライオレガノをいれかんせい!
d0159822_23125461.jpg


器に盛って、相棒のパンは必須!
d0159822_23131359.jpg


ハーブたっぷりの煮込みには、ラム肉がよく合う。
d0159822_23132673.jpg


パンにのせると、ワインのお供にさいこう!
d0159822_23133717.jpg


仕上げのバターと豆乳で、まろやかでクリーミーな仕上がり。
お好みでうえからオリーブオイルをかけても!!

また、豆乳の代わりに牛乳や、生クリームでやるともっと濃厚になると思う。
そのへんはお好みで!
d0159822_23135382.jpg


そして、もちろん食べ切れなかったぶんは・・・

翌日のランチに大変身。
d0159822_2314436.jpg


茹でたパスタにかけて、パルミジャーノをたっぷりふりかける!だけ!
d0159822_23141373.jpg


酒飲んでスグ起きたときって、なんも作る気せんのよね。

でもうちには、あさから「ちゃーちゃー」うるさいやつがいるので、
「2日酔い」とか、「作る気がせん」とかは通用しない。

そんなときこういうの、助かるね。
つまみの残りで出来ちゃうからさー
d0159822_23142325.jpg


沢山作っておくのもいいかもね。

ラムはこま切れ肉を使ったが、ほぐさずに塊状に焼けば、塊の部分の食感が
またおもしろい。

ラムはこま切れ肉なら、デパートなどでも結構手ごろな値段で手に入るし
ラムなら臭くないので、ぜひ苦手だと思っている人もトライしてみては!!


d0159822_12321490.jpg


「チャースケ、どこで知り合ったの?」
とおもったら・・・

ポチっと「レシピブログ」ボタンを押してってネ~



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2011-06-21 20:25 | 料理(ハイカラ)
オクラの黒ごまピリ辛うどん
d0159822_21593233.jpg


だんだん暑くなってきて、たまに「もう夏かっ」ってくらいの
暑さを感じる時もでてきた。

でも、そんなとき いくら暑いからといって
冷たいものを食べすぎるのはよくないのだ。

暑い時こそ、熱々の茶を飲み、
暑いものを食べ、汗をかきまくるのだ。

そうすると、不思議とさっぱりする。

これはまさにこれからの暑い季節にぴったりの

辛さの中にさわやかさをプラスした
完璧すぎるピリからうどん。

オクラのネバネバで、パワーもアップ!

(1人前)

・豚肉(食べやすい大きさに切り、塩こしょうで下味をつけておく) 80g
★オクラ(小口切り) 4本
★白ネギ(小口切り) 1/2本
★しょうが(すりおろし) 1片
★チキンスープ 2カップ
・ごま油 大1/2
・酒 1/4カップ

☆豆板醤 小1/2
☆コチュジャン 大1
☆黒練りゴマ 大1/2
☆羅漢果糖 大1/2 ※ほかの砂糖類でも可
☆塩 少々
・片栗粉(2倍の水で溶く) 小1

・大根(すりおろす) 2cm位
・オクラのスプラウト 適量 ※他のスプラウトでも可
・うどん 食べたい量
・黒ゴマ 適量

①鍋にごま油を熱し、ぶた肉をいためる。酒を回しいれアルコールを飛ばす。
d0159822_22293557.jpg


②★をいれる。
d0159822_22295087.jpg


③沸いてきたらよく混ぜ合わせた☆をいれて煮る
d0159822_2230071.jpg


④味を見て塩などで調整し、よければ水溶き片栗粉で軽いとろみをつける
d0159822_22302774.jpg


⑤うどんを茹で、水気を切って丼に盛る。上から④をかけ、大根おろしを
のせ、黒ゴマをふる。オクラのスプラウトをのせる。
d0159822_22303852.jpg
d0159822_22305154.jpg


どうだい、これは暑い季節にぴったり!
辛いのだけど、大根おろしがさっぱりさせてくれる。
d0159822_2231109.jpg



大根おろしをなじませて~
d0159822_22312674.jpg


食らうっ!
d0159822_22313954.jpg


うどんのほかにそうめんや中華麺でもいいかも。
d0159822_22315198.jpg


卵があればね~ もう完璧だったな。
なんで卵無かったかって?


おとなにはいろいろ事情があんのっ(忘れただけ)

黒ゴマのコクが効いた、ピリから坦々風うどん

ぜひ1度お試しをっ

順位も上がれば運気も上がる!(おれの)
あなたの1ポチが大事なんです・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-06-20 19:52 | 料理(かんたん)



ベジタリアンのミットゥンと肉食チャースケのご飯日記
by ミットゥン
タグ
(516)
(482)
(363)
(339)
(201)
(170)
(134)
(132)
(92)
(87)
(72)
(65)
(59)
(52)
(51)
(42)
(37)
(29)
(27)
(17)
(15)
(12)
(10)
(7)
(6)
(5)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
登場人物紹介
ミットゥン
チャースケ
漫画付きレシピ
料理(ハイカラ)
料理(かんたん)
料理(副菜、その他)
料理(メンドうまい)
おやつ
パン
自己紹介
その他
弁当
未分類
以前の記事
2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
お気に入りブログ
おとなは、だれも、はじめ...
ハンドメイドな日々
沢ぱん日記
shina_poohな日...
知りたがりやの食べたがりや
夕方に台所で・・・
やわらぎをもって。
イギリス ウェールズの自...
歌花史庵 かかしあん
うひひなまいにち
ごはんとおかずと日々のつ...
僕とマダムと先生と
アベマリアのハッピーテーブル
犬とご飯と雑貨。
spring comes...
1/f breeze
kun-kun+kuro-ro
Life style
アインのしっぽ
バニラのお菓子ライフ
Cheminee de ...
mogumogu * Leaf
亜麻仁
つばさ雲
エットハミアメドとお料理...
がびあーの家の毎日
山麓風景と編み物    
London Scene
ろこりん♪の毎日。
ゆるロビ生活
カザルパロッコのネコ(C...
walking slow...
田園都市生活
ちょっと寄り道
平凡人日記
NO ANCHOVY, ...
ひなたの小部屋
ミニチュアブルテリア ダ...
日々の暮らし ☆ mam...
一日一歩
La prima ste...
日々道場
にじいろ日記
丁寧な生活をゆっくりと
さっちんきっちん
やねのうえのわんこ
ホウロウダイアリー
5plus2and2
ステンドグラス こもれ...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
カザルパロッコのネコ
The cats inside
Can of Good ...
★ミットゥンのラインスタンプ販売中!


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!
d0159822_12455074.jpg






エキサイトブログ以外のお友たち
Mシュナ Richardより愛を込めて

トレモロの響きにのせて

某医大正estateのごはんブログ


Can of Good Goodies

豆好き

yamatoyome ~沖縄生活~

パスタファイター

ぱっちとPUっ♪


THE CULINARY TRIBUNE

stadio r(食フォトギャラリー)

la table

Bay Alien

ビストロ カルナヴァル

スペース大原

★沖縄日記記事がオススメブログに!
那覇
旅行口コミ情報

★チャースケがツイッターを始めた?!
『_Charsuke_』で検索!


★広告メール対策の為、コメントを承認制にしました

コメントだいかんげいです!
お気軽にどんどんコメントチョウダイ!

★ウーマンエキサイト「おいしい!」に以下の記事を掲載していただきました。

緑のヘルシーポテサラ


米粉のブルーベリーパンケーキ


簡単!イカのトマト煮込み


カレー風味の鶏グリル


マグロの味噌漬けどんぶり


車麩の海老チリ風炒め


自家製甘納豆


牡蠣と温玉の韓国風サラダ


ヘルシーフムス


温泉たまごで!濃厚オリーブオイルアイス


過去最高のビーフシチュー


簡単ヘルシー!豆乳杏仁プリン


節分に!豪華海鮮太巻き


ブルーチーズと納豆のパスタ


しあわせのメープルパンケーキ


柚子トマトうどん


ポテサラと食べる絶品フレンチトースト


パスタでビックリ!ちゃんぽん麺


やめられないトマラナイ!メープルナッツ4種


しっとり茹で鶏の特製ピリカラだれ


ワインが進む君!トマトチーズビスコッティ


海老と豆腐の卵とじ中華丼


塩鮭とろみ中華どんぶり


野菜のうまみの詰まったヘルシーシチュー


韓国風!イワシのピリ辛しょうが煮


刺身の残りで!絶品ヅケ茶漬け


梨と豆乳のやわやわプリンと滑らかジェラート


絶品!中華スープがけ納豆ご飯


簡単!刺身でユッケ風どんぶり


あっさり!あさり二ラーメン


高貴な味!メープル小豆の豆腐クリーム添え


お店の味!海鮮あんかけ かたやきそば


春巻きの皮で作る!海老とアボカドの豆腐キッシュ


火を使わない!ピータン豆腐どんぶり


バター不使用!ココナッツとあんずの全粒粉スコーン


熱ヒヤ!豆乳坦々つけ麺


薄焼きがポイント!ザクザクフルーツクッキー


夏のビールの共に!ヤムウンセン


ひんやり!さっぱりカレーきしめん


ピーナッツバターで本格的なタレ!棒々鶏うどん


二日酔いの朝にやさしい アボカドとホタテのおかゆ


レストランの味の濃厚ニョッキ


お肉無しでも絶品ビビンバ


自然の甘みのおやつ!ドライフルーツまるごとクッキー

パーティーに!絶品ヘルシー板麩でラザニア

とろ~り絶品!洋食屋さんのクリームコロッケ

フレッシュトマトの絶品ラタトゥイユ

海老の殻は捨てちゃ駄目!濃厚豆乳ベシャメルソース

とろとろ手羽先の韓国風煮込み

とろーりチーズのかかったトマトのモツ煮込み

フレッシュトマトで作るエビチリ
卵一個で!豆乳スフレ

残り野菜で!韓国トッポギ

トマト肉味噌でヘルシー冷麺
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
居酒屋ごっこ・五月編
from cool witch
生存報告。
from ハムログ
居酒屋ごっこ
from cool witch
塩麹を使ったおかず など..
from 海のむこう 空のむこう
おおそうじのフルーツクッ..
from 海のむこう 空のむこう
ポテトマカロニサラダwi..
from 知りたがりやの食べたがりや
イギリス歯医者の話 - ..
from 坂の上にある家 
白練りごま
from 坂の上にある家 
冬至の夜
from 坂の上にある家 
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧