<   2011年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧
ゴーヤでタコライス風そうめん
d0159822_23533385.jpg


先日、訳あって大金を持って振り込みに行くという、
大変な役目があった。

おれの人生で持ったことの無い札束を手に、
ビビリながら町へ出る。

もう、町中の人が敵に見える。

「今スリにあったらどうしよう」

「あの原付、ひったくりじゃないか」
などとぶつぶつ言いながら、
警戒しながら歩き、振込先へ急ぐ・・・

その姿は挙動不審以外の何者でもない。

あーあ、やだね コワイコワイ

お金なんて持つもんじゃないね

ビンボウのがラクだ!盗られるものないから・・・
(別に金持ちも現金持ち歩いてるわけじゃないと思うが…)

気を張りすぎて疲れたので(←いいわけ)、今日は(も)簡単ご飯でいこう。

先日貰ったゴーヤ 、これが結構な特大サイズだった。

ゴーヤって、家族が多くなきゃーなかなか1回では使い切れない食材。

というわけで、半分残ったゴーヤ

ほかっとくと白いワタの部分が変色し、
かわいそうな姿で冷蔵庫の奥から発見されることも多い。

今回は、そんなゴーヤを無駄にしないように
早めに使ってやることにした。

また今日もそうめん・・・

なんでかって、米炊くのめんどいからさ

そうめんはいいよ、2分で茹で上がるし。



(1人前)

・豚ひき肉 50g ※好みのひき肉でOK
・ゴーヤ 大1/4本(中サイズなら1/2本でも)
・玉ねぎ(みじん切り) 1/2個
☆にんにく(みじん切り) 1片
☆ごま油 大1

★味噌 大1
★豆板醤 小1/2
★酒 大1
★アガベシロップ 大1/2
★ケチャップ 大1

・塩・こしょう 各適量
・卵(ポーチドエッグにする) 1個
・そうめん 食べたい量


①ゴーヤは白いワタを取り、半分はみじん切りにし、半分は薄切りにする。

フライパンに☆を熱し、香りがたったらひき肉を入れて塩・こしょうして炒める。
d0159822_23534942.jpg


②みじん切りのゴーヤとたまねぎを入れて炒め、玉ねぎが透き通ってきたら
★を入れて味付け、少し煮詰める。塩、こしょうで味を調える。
d0159822_23541190.jpg


③フライパンにごま油(分量外)を少々熱し、薄切りのゴーヤを炒めて塩・こしょうをしておく。
炒めすぎず、ゴーヤが色鮮やかになる程度でOK
d0159822_23542011.jpg


④そうめんを茹で、氷水でしめる。水気をしっかり切って皿に盛り③をのせる。
d0159822_23543095.jpg


⑤そのうえに②をのせ、中央にポーチドエッグをのせる。
d0159822_2354414.jpg


ゴーヤのほろ苦さがきいた、簡単タコライス!(風)
d0159822_23544993.jpg



なんか、最近同じような食材を使いまわし、同じような仕上がりに・・・なってる気が・・・
d0159822_2355075.jpg


「また卵かよ!」って?

いまに始まったことじゃない
d0159822_2356522.jpg


だってこの瞬間はね~

いつみても
ビューだよ!ビューだよ!(BY刑務所の中)
d0159822_23561836.jpg


これもよーく混ぜてね。
d0159822_23563571.jpg


もちろん、あれば角切りのトマトを一緒にトッピングしてもいいし
ポーチドエッグじゃなくて温泉卵でもいいよ。

ゴーヤが好きな人はきっと気に入るはず!!


ちょっとかわったタコライス

いや、今気づいたけど「ライス」じゃねーし

麺だし。

題名直さなきゃ。

「ゴーヤでタコライス風そうめん」って、もう何がなんだかわかんないし。
『結局なんなんだよ!』ってね。

ああ、ちなみにこれも昨日紹介した「黒ごまそうめん」使用。

使える、黒ごまそうめん。

もちろん普通のそうめんでいいよ。

っていうか、ご飯でいいよ。

冷蔵庫でちょっと中途半端に余ったゴーヤがあれば、ぜひ!

d0159822_1251553.jpg

「お前が一番怪しいわ!」

とおもったら

・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-07-29 12:55 | 料理(かんたん)
トマトでさわやか ピリ辛ビビン麺 oishii
d0159822_22564591.jpg


チャースケは冷麺が好きだ。
冷麺には目が無い。

なかでも、冷麺を辛いタレであえた「ビビン麺」も大好き。

ヒーヒー言いながら食べる。

Mだ、あいつは。

チ:「ちゃー」

ミ:「ああ?今日もビビン麺作れ?
もうビビン麺用の麺、無いし。おまえ昨日食っちゃったじゃん」

チ:「ちゃー」

ミ:「なんでもいいから似た様なの作れ?そういうの得意だろって?
妙にむかつくな,その言い方!」

ぶつぶつ言いながらも、実はちょっとニヤリ、とするミットゥンであった。

なぜなら、ビビン麺は作るのがラクなのだ。

だって和えるだけだもん。

よーし、じゃあこないだみどりママに貰った「黒ごまそうめん」で
ビビン麺もどきをつくろう・・・

あっ?!

あれ、コチュジャンがあとちょっとしか無い!

最近ビビン麺ばっか作ってたからや!

少しのコチュジャンでも、十分タレにするには・・・

おおっ トマト!

そう、今日はトマトを使って、さわやかピリから麺。


(1人前)

・トマト(1cm角にざく切り) 大1個
・そうめん 2束
・牛ひき肉 80g ※好みのひき肉で良い
・きゅうり(千切り) 1/2本~1本
☆ごま油 小1
☆にんにく(みじん切り) 1片

・酒 大1
★コチュジャン 大1
★白練りゴマ 大1
★アガベシロップ 小1
★だししょうゆ 大1/2
★ごま油 小1
・白すりゴマ 大1

・卵黄 1個
・白いりゴマ 適量
・ごま油 適量

①鍋に☆を熱し、香りがたったらひき肉を塩コショウして炒める。
d0159822_22565465.jpg


②色が変わったら、トマトを入れて酒をまわしいれアルコールがとんだら
☆をいれて3分ほど煮る
d0159822_2257238.jpg

d0159822_2257106.jpg


③良い感じに少し煮詰まったら火を止め、白すりゴマを入れる。
d0159822_22572119.jpg



④ボウルに入れ、氷をはったボウルに重ねて冷やす
(時間があれば冷蔵庫でゆっくり冷やしてもOK)
d0159822_22572920.jpg


⑤そうめんを茹で、氷水でしめる。キッチンペーパーに包んでしっかり水気をしぼる
d0159822_22573813.jpg

⑥よく冷えた④に⑤の麺をいれ、よくあえる。
d0159822_22574611.jpg


⑦器に盛り、周りにきゅうりをのせる。中央に卵黄をのせ、白いりゴマをふり
仕上げに香り付け程度にごま油をかける。
d0159822_22575510.jpg



トマトの酸味がさわやかな、ビビン麺風そうめんの完成!!
d0159822_22581493.jpg


簡単なのに、栄養もばっちり。
これなら淡白なそうめんでも大満足で食べれるだろう。
d0159822_22582537.jpg


はい では今日もいきますよ~
d0159822_22583628.jpg


ちゃー!
d0159822_22584558.jpg


ぐちゃぐちゃにかき混ぜるのがポイント!
d0159822_22585775.jpg


ちなみに、これがみどりママにもらった黒ゴマそうめん。
d0159822_2259674.jpg

これ、もちろんそのままシンプルな食べ方で、非常においしいのだ!


今日は麺まで黒ゴマで、まさにゴマ尽くし!!

どんだけごまがすきやねん ってくらいに
ふんだんにごまを使いこなす 天才ミットゥン(ありがとう、ありがとう~)

きゅうりはいっぱい入れたほうが良い。

また、もちろんそうめんじゃなくても冷麺用の麺でもいいし、中華麺や
うどんでもいいかもね。

たまには変わったそうめんの食べ方で、マンネリメニューを
変えてみては?!

d0159822_1234234.jpg



あなたのいえにも余ったそうめんはありませんか?

「あるある!」とおもったら・・
ポチっと「レシピブログ」ボタンを押してってネ~



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2011-07-28 12:36 | 料理(かんたん)
野菜のトロみの絶品ラムカレー
d0159822_22393023.jpg


昨日、パソコンが壊れたと申したが・・・

あのあと、パソコンのカスタマーセンターに連絡をした。

修理を出す覚悟だった。

しかし、「ディスクが開かない」というと、
『パソコンの本体部分を横においてみて、開けてみてください』
といわれた。

そう、うちのパソコンは、デスクトップ型の
本体を縦に置くスリムタイプのやつなので
たまになにかが引っかかって開かないことがあるらしい。

早速家に帰って、本体を横にして釦を押してみると・・・

『ブィーン』

と、ヤツは何事も無かったかのように開きやがった。

昨日、あんなにドライバーでこじ開けようとも、
叩いても
祈っても
なんど再起動しても開かなかったくせに・・・

「ブィーン」じゃねぇよ!

しかも、半年前に突然読みこまなくなったメモリーカードも
突然読み込めるようになる始末。

なんなんだー!

横にしただけで解決・・・

メモリーカード読み込みが出来なくなった時、修理に出さなくてほんとによかった・・

なにはともあれ、ほっとしました。
ふ~ ご心配おかけしました(別に誰もしてない)

あ、きょうは全然関係ないけど
ラムカレーの紹介。
先日サルシッチャを取り寄せた時に、送料対策で一緒に取り寄せた
ラムの塊肉があったのだ。

チャーチャーとカレー野郎(そんな言い方してはいけませんね、チャースケさまでした)、が
カレーを作れと仰るので
ラムカレーに挑戦。

(約2皿分くらい)

・ラム骨付き肉 2~4本(200~300g)
・ジャガイモ(適当な大きさに切る) 1個(100g)
・トマト(ざく切り) 1個
・人参(乱切り) 中1本
・にんにく(つぶす) 2~3片

・塩・こしょう 各適量
・オリーブオイル 大1

★水 500~600ml
★酒 1/2カップ
★塩 小1
★ローリエ 1枚

☆カレー粉 大3
☆クミンパウダー 小1
☆羅漢果糖 小1 ※無い場合は黒糖などでも可
☆アガベシロップ 大1/2
☆唐辛子(乾) 1本

・バター 大1
・豆乳 大3 ※好みで牛乳でも


①ラム肉には両面、塩コショウをしっかりしておく。

鍋にオリーブオイル・にんにくを熱し香りがたったらにんにくをいったん取り出す。
ラム肉を入れ、両面焼色をつける。(中まで火を通さなくて良い)

焼色がついたら、★を注いで 煮立たせ、アクをとる。
d0159822_22394636.jpg


②トマト、ジャガイモ、人参をいれ、弱火で蓋をして30分ほど煮る。
d0159822_22395636.jpg


③ラム肉・ローリエを取り出し、他の材料はすべてミキサーにかけなめらかにする。
(ある程度粗熱をとってからミキサーにかけたほうが安全。蒸気で爆発の恐れあるので
注意してミキサーにかけること)
※好みで、食感を楽しむように具を少々残しておいて残りをミキサーにかけてもOK
d0159822_2240579.jpg


④鍋に取り出しておいたラム肉と③のミキサーにかけたものをいれ、
☆を入れて弱火で10分ほど煮る。塩で味を調える。
d0159822_22401550.jpg


⑤火を止め、バターを入れて溶かし、豆乳を入れて再び火をつけ
軽く温める。
時間があれば、半日~1日置くと、おいしくなる。
d0159822_22402599.jpg


⑥皿にもって完成!あれば、青菜(ほうれん草や青梗菜)を茹でたものを添える。
d0159822_22403527.jpg


じゃじゃーん 
お得意の「野菜のトロミカレー」!
d0159822_22404589.jpg


ラム肉のエキス、たっぷりでてます。
これは脂身の少ない部分のラムなので、脂っこくなくあっさりしている。
d0159822_22405435.jpg


夏はカレー!!
d0159822_2241369.jpg


たっぷりのスパイスは、体を温めるようなイメージだが
実は体を冷やす「陰性」の食材。
だから暑い国のインドなどで多用されているのだ。

つまり、冬にカレーを食べるのは体を冷やすので、実はご法度。
暑い夏にカレーが食べたくなるのは、きっと体が「体を冷やすもの」を欲している
のかもね。つまり理にかなっているということ!

みんなもカレーを食べて暑い夏を乗り切ろう~


《おまけ》

先日、北海道の良いホワイトアスパラが手に入った。

どうやって食べようか、悩みすぎて
結局こんなベタな食べ方に落ち着く。
d0159822_22414317.jpg

オリーブオイルでソテーして、半熟の目玉焼きのせ・・
(ポーチドエッグは面倒だったから)

d0159822_22415829.jpg

ヒョ~

たまらんっ
d0159822_22422048.jpg

やっぱり生のホワイトアスパラはうまいな・・・。

いいなー北海道民。


d0159822_12322953.jpg


「無理やりこじ開けて壊れなくてよかったね」
とおもったら

・・・
ポチっと「レシピブログ」ボタンを押してってネ~



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2011-07-27 12:36 | 料理(ハイカラ)
夏野菜のスパイシークスクス
d0159822_218967.jpg


パソコンが壊れた。

正確に言うと、壊れてきた。

ディスクを入れる装置が、どんなに押しても開かない。

ディスクが入れられない!

昨日まで普通に開いたのに。

数ヶ月前、メモリーカードの読み取りも、突然拒否したこのパソコン。

メモリーカードは、別のコードでなんとか読み取りは出来るが・・・

ディスクが入らないのは困った!

DVDも見れないし、CDも焼けないじゃないか。

まぁ、そのほかは普通に出来るからいいけど・・

これは修理すべきか?

どうすんべー!

どうすんべーどうすんべー

どうすんべー・・・

となやんでいたら、チャースケの飯を作るのを忘れてた。(いい訳)

米炊いてない

どうすんべー

どすんべーどうすんべー・・・

そんなときは、クスクス!熱湯注ぐだけで出来る
最強お手軽主食。

スパイシーで、暑い夏も大満足!
(1~2人前)

・クスクス 1/2カップ
・熱湯 1/2カップ
・塩 小1/2
・オリーブオイル 大1/2

・サルシッチャ(1.5cm幅に切る) 1本 ※好みのソーセージでも可
・トマト(1cm角切り) 中1個
・玉ねぎ(みじん切り) 1/2個
・茄子(1cm角切り) 1/2本
★にんにく(スライス) 1片
★オリーブオイル 大1/2

・酒 1/4カップ ※白ワインでも可

☆クミンパウダー 適量
☆チリペッパー 適量
☆黒胡椒 適量
☆塩 適量

・卵(水から10分茹でておく) 1個

①ボウルにクスクスをいれ、熱湯を注いでざっと混ぜて
ラップなどで蓋をして10分ほど置いておく。

10分ほどたったら塩、オリーブオイルを入れてかきまぜておく。

d0159822_21145688.jpg


②フライパンに★をいれ弱火にかけ、香りが立ったら
サルシッチャを入れて炒める。
d0159822_2118546.jpg


③☆をいれ、じんわり良い香りがするまで炒める。
※スパイスの量は好みなので、味を見ながら調節をしてね。
(このあといろんな具が入るので、少々キツめでもOK)
d0159822_21181530.jpg


④茄子、玉ねぎをいれ炒める。酒を回しいれ、アルコールを飛ばす。
d0159822_21182755.jpg



⑤トマトと①のクスクスをいれ、全体に混ぜて塩、胡椒などで味を整える。
d0159822_21183893.jpg



⑥器に盛り、ゆで卵を半分に切ってのせる。
オリーブオイル(分量外)をまわしかける。
d0159822_218322.jpg


冷めてもおいしい、かんたんごはん。
d0159822_2184082.jpg


夏野菜に、スパイスたっぷり。この季節にぜひ食べたい1品!
d0159822_2184919.jpg


他に残り物の具や、好みの具を入れて色々アレンジを。
ご飯がない、炊くのが面倒って時にクスクスは本当に便利!

スパイスはたっぷり入れるのがおいしい。
オリーブオイルの代わりにバターを使うと、甘みが出て
食べやすい。
ちびっ子のいる家庭はバターでやってみると喜ばれるかもね。



《おまけ》

隣に住む「アメリカの野球おじさん」が、突然くれたお菓子。

『コレ、貰ったんだけど
おれは甘いもの食わないから、ミットゥンにやるよ』だって。

本当は、わざわざおれのために買ってきたくせに、ウププッ(←キモイ)


800や(はっぴゃくや)
d0159822_2193869.jpg


なんでも、野菜やフルーツを練りきりにした
無添加・無着色の和菓子だそうだ。

なんでも素材にはこだわりがあるらしい。


これは「おやさいAセット」
d0159822_2194866.jpg


見た目も、野菜そのものを再現してある。
女受けを狙っているな。
d0159822_2195673.jpg


さつまいも
d0159822_2110623.jpg


枝豆
d0159822_21101226.jpg


にんじん
d0159822_21101993.jpg


かぼちゃ
d0159822_21102531.jpg



どれも、たしかにほんのりそれぞれの素材の味がする。
甘さも控えめで、お茶請けによさそうだ。

見た目もたのしいしね、手土産にはいいかもしれん。

しかし、おれはこのサイトを見てぶったまげた。

なんとこれ、4つで1470円?!
た、たかすぎでしょ~

おれでも作れそうだぞー、これ。

これなら、おれは値段もそう変わらないHIGASHIYAのひと口果子
に軍配を上げるな・・。

あ、ごめん、野球おじさん。

今度はひと口果子、ちょうだい(←サイテー)



順位も上がれば運気も上がる!(おれの)
あなたの1ポチが大事なんです・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-07-25 21:46 | 料理(ハイカラ)
スタミナゴーヤチャーハン
d0159822_18483746.jpg


モクモク商店街で、枕カバーを買ったら
「モクモク夏の福引大会」抽選券をもらった。

ミ:「よーし、1回づつ引くかぁ、チャースケ!」

チ:「ちゃー!」

まずは、常にくじ運の無いミットゥン
(応募者全員サービスすらも来なかった過去有り)

ミ:「だー!」(←気合を入れてひいた声)

「ザンネンで~す。参加賞は『ゴーヤ』で~す。美味しく食べてね~」

ミ:「・・・。・・ゴーヤ・・。ゴーやかぁ・・・はは。どうせ、当たりなんか
入ってないんだよな、こういうの。
けっ うるせーよ、言われなくても美味しく食うッつーんだよ」

肩を落とすおれを横目に
くじ運の良いチャースケの出番

チ:「ちゃー!」

「ちりんちり~ん!!おめでとうございまーす!!
豪華沖縄旅行の旅・ペアチケットです!」

チ:「ちゃーー!!」

ミ:「えええーーー!なんでーーー!」

去年は食べるラー油
今年は沖縄旅行!

モクモク商店街の商品設定、おかしい。

年末もモクモクビンゴ大会でネズミーランドを当てた強運チャースケ。



今年の予定の無いお盆休みが忙しくなったぞ!
沖縄の旅・こうご期待!


今日はおれの参加賞のゴーヤで、簡単スタミナチャーハン。

グスン。


(1人前)
・ごはん 150g位
・ゴーヤ(ワタを取って薄切り) 1/2本
・木綿豆腐(キッチンペーパーの上で水切りしておく) 1/4丁
・豚ばら肉 100g
★にんにく(スライス) 1~2片
★ごま油 小1
・桜海老(乾燥) 大1

☆卵 1個半
☆塩・胡椒 各少々
☆きび砂糖 小1/2
☆粉末煮干 小1 ※煮干をミルサーで粉にしたもの

・ごま油 大1
・しょうゆ 小1
・塩・こしょう 各適量


①☆をよくときほぐしておく。フライパンにごま油を熱し。☆を
一気に流しいれ大きく混ぜる。
半熟状のスクランブルになったら皿に取り出しておく。

②フライパンに★をいれ、香りが立ったら豚肉を入れて炒める。
d0159822_18491273.jpg


③ゴーヤ、桜海老を入れて炒める。塩、胡椒をする。
d0159822_18492713.jpg


④ご飯を入れて全体にぱらっとするように炒める。
d0159822_18493627.jpg


⑤木綿豆腐を崩しながらいれ、①の卵も入れる。
d0159822_18494791.jpg
d0159822_18503534.jpg


⑥全体にしょうゆをまわしいれ、塩・こしょうで味を調えたらかんせい!
d0159822_185058100.jpg

あっという間に出来る 夏のチャーハン。
d0159822_1851251.jpg


食べる時には、これ
沖縄の調味料「コーレーグース」をかけて食べる。
コーレーグースは小ぶりの島唐辛子を泡盛漬けにした液体スパイス。ちょっとかけるだけでも
激カラ!!
d0159822_18513415.jpg


色鮮やかなゴーヤの緑が、食欲をそそる!!
d0159822_18522245.jpg


ようはこれ、ゴーヤチャンプルーをそのままチャーハンにしちゃったもの。
d0159822_18523472.jpg


くぉ~
辛い・苦い・旨い!
d0159822_18524611.jpg

といいながら食べるのがお似合いなチャーハンだ。


豆腐の水切りはしっかりすること。水っぽくなるからね。
あれば島豆腐を使うといいかも。

ゴーヤの苦いのが苦手な人は、白い部分をしっかりスプーンでとること。
そうすればそんなに苦くない。

上にも出ている「粉末煮干」は、ミルサーがあれば家でも簡単に作れる。
味噌汁に入れたり、こうやってチャーハンに入れたり
色々使えるので、作っておくのがおすすめ。

乾物の旨みを生かした、夏のゴーヤチャーハン。
夏ばて防止に、ぜひつくってみてね~


というわけで・・・

8月にチャースケと一緒に沖縄の旅にでることになった。


d0159822_12323346.jpg


しばらくはチャースケに頭の上がらないミットゥンであった


・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_12544571.jpg

by mittun-chasuke | 2011-07-25 12:38 | 料理(かんたん)
さくさく小豆メレンゲ
d0159822_2227408.jpg


ここんとこ、台風のせいで天気が悪い。

先日、モクモク村をふらふら歩いていたら、大型のコインランドリーを
発見した。

ずっと布団を干したいと思っていたので
こりゃいいや!と、さっそく布団を洗いに行った。(チャースケが)


しかし、30分たっても40分たってもなかなか帰ってこないチャースケ。


一旦帰って来れば良いものの
どうやら、布団を盗まれるのを恐れて(誰が盗むんじゃ!)、
律儀にコインランドリーで布団が洗い・乾燥が終わるのを待っていたのだ。

しかし、50分くらいたったころ電話がかかってきた。

チャースケからだ。

チ:「ちゃー」

ミ:「え?なかなか布団が乾かない?ついに100円玉が底をついたから
持ってきてくれって?
しょーがねぇなぁ、ぶつぶつ・・・」

100円もって駆けつけると、
そこには汗だくの死にかけのチャースケがいた。

そう、コインランドリーって、冷房も扇風機も無いから
もうサウナ状態なのだ!

・・・こんな中でひとりずっと布団が乾くのをまっていたチャースケ・・。

か、かわいそう過ぎる!(自分が行かせたくせに)

無事、おれの持って行ったその100円でやっと乾燥は終了し、
その晩はフカフカの布団で寝ることが出来たのだった。



それにしても天気が悪いってのはやっぱいやだね。

おれは、天気がカラッと晴れると、必ず作りたくなるお菓子がこちら。

ドカンと晴れた日にぜひどうぞ。

(たくさん)

・卵白 3個分
・羅漢果糖 80g ※他の砂糖類でも可
・ヤンノー(小豆粉) 40g
・塩 ひとつまみ

110度 50分

①卵白は一度冷凍してから自然解凍すると、メレンゲが立ちやすい。
もし時間がなければフレッシュな卵白でOK。

卵白をボウルに入れる。まだちょっとシャリシャリが残る半解凍で
いい。
塩をひとつまみいれ、ハンドミキサーで白っぽくなるまで泡立てる。
d0159822_22275466.jpg


②白っぽくなってきたら、羅漢果糖の3回に分けて入れながら
ピンと角が立つまでしっかり泡立てる。
d0159822_2228444.jpg


③ボウルをひっくり返しても落ちないしっかりしたメレンゲになったら
ヤンノーをいれ、ゴムベラにもちかえてさっくり
なるべく泡をつぶさないように混ぜる。
d0159822_22281585.jpg


④しっかり混ざったら、絞り袋に入れ
オーブンシートの上に好みの大きさ(直径2cmくらいが
作りやすい)に絞り出す。
d0159822_22282526.jpg


⑤110度に予熱したオーブンで50分~1時間ほど焼く。
d0159822_22283523.jpg



焼きあがったらオーブンの外に出して乾かすとサクサクに!
なかなかサクサクにならない場合は、オーブンに戻してもう少し焼こう。
d0159822_22284667.jpg


さくさく軽~いお菓子。手が止まらない!
ほんのりした小豆の風味が、濃いお茶にぴったりだ。
d0159822_2229389.jpg


湿っけやすいので、保存は密閉容器に入れて冷蔵庫か冷凍庫に入れると
ずっとサクサク。
メレンゲ菓子は、湿度の高い日は失敗する。だから天気の悪い雨の日などには
作るのはやめておこう。
d0159822_22291332.jpg

だからおれは、いつもカラッと天気のよく晴れた日は
ついつい「メレンゲ作らなきゃ!」とおもってしまう。

そして今回入れた「ヤンノー」。

知らない人はなんじゃそりゃ?と思うかもしれないが、
小豆を粉にしたものだ。
d0159822_22292533.jpg


ただし、あの水で練ると餡子になる「さらしあん」とも違う。

ヤンノーは、炒った小豆をあずきを粉末にしたもの。
マクロビオティックの「陰陽」の考えで、
小豆をを炒ることで陰性をとばし陽性度を高め、
体を温めながらの利尿効果がある健康食品だ。
コレは好きで昔からよくお湯に溶かして羅漢果を入れて即席お汁粉風にしたり、
お菓子作りに使ったりして楽しんでいる。

香ばしくて癖になるよ。
冷え性で悩む人などにはおすすめ食材。ぜひお試しを!




《おまけ》

先日、超ゼイタクなフルーツパンチパーチーをした。
d0159822_223046.jpg


「これでもか!」というくらいのいろんなフルーツを買って来て
低圧ジューサーでジュースにする。
マンゴー・桃・ブドウ・キウイ・グレープフルーツ・りんご・オレンジ。
d0159822_22302053.jpg


そのジュースに、さらに角切りのフルーツも追加。
そこにウォッカと炭酸をドボドボドボ!
d0159822_22303568.jpg


これこれ、こうやって大皿に入れてね
d0159822_22304945.jpg


お玉ですくって入れるの。やってみたかったんだ~
えへへー 外国みたい(←陳腐な外国のイメージ・・・)
d0159822_2231180.jpg


信じられないほどの濃厚・ジューシーなカクテル!
バーで出したら1杯1500えんは取れるな。(たぶん)
d0159822_22311425.jpg


美味しくてゼイタクなひと時だった。


おいしくて一気飲みですよ。

あーあ、お腹タプタプや~


d0159822_13194750.jpg


チャースケ、頑張ったね・・・

と思ったら


・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_12544571.jpg

by mittun-chasuke | 2011-07-22 19:21 | おやつ
とろとろキャベツのクリーミーパングラタン
d0159822_21573380.jpg


先日、コンビニでお茶を買いに行った。

ふと、あの4個入りの懐かしいプロセスチーズが目に入り

なんでか突然食べたくなり、お茶と共にプロセスチーズをレジに出した。

レジのお姉さん「352円です」


ふと、財布の中身をみると・・・・

残金42円!

えー!

なんでー!(使ったからにきまっている)


『やっぱりいいです』というのも恥ずかしかった。

「えっ あっ・・えっと・・か、カード使えますか?」


いい大人が356円の買い物に、クレジットカードを使おうとする


しかも、買うものは プ、プロセスチーズ!

レジのお姉さん「すいません、うちカード使えません」




チーン・・・





穴があったら入りたい




財布にお金が入ってなかったことは、まぁよしとしよう


だれにでもそういう時はある。


お茶を買おうとしたこともよしとしよう




でも!




プ、プロセスチーズ!!


プロセスチーズ買えなかったって!!

顔から火が出そうだ。
いや、多分出ていた。

別に、どうしても食べたかったわけじゃない。

ああ~

なぜ、なぜおれは~

プロセスチーズを~レジに出した~

あああー

どうでもいいね。

とにかくチーズがすきなんです。
ナチュラルチーズが好きだけど。

でもプロセスもなんか懐かしくて好きだ。



さて今日は、そんな大好きなチーズがポイントの簡単レシピ。
(プロセスチーズじゃないけど)

昨日紹介したサルシッチャも消化!

冷蔵庫で眠っていたキャベツをどーんと使った
絶品パングラタン!

(2人前)

★キャベツ 1/4個
★サルシッチャ 1本 ※他のソーセージでも
★玉ねぎ(薄切り) 1/4個
★水 1カップ弱
★塩 小1
★ローリエ(半分にちぎる) 1枚 
★にんにく(つぶす) 1片

☆シュレッドチーズ(モッツァレラなど) 45g
☆オリーブオイル 大1/2

・茄子(縦に5mm幅に薄切り) 大1本
・チャバタ 1個 ※他に、バゲットなどでもOK 

・シュレッドチーズ 適量
・塩、こしょう 適量

①圧力鍋に★をいれ、キャベツがとろとろになるまで圧をかける。
(手持ちの圧力鍋によって違います。うちの活力鍋の場合、高圧弱火で1分)

こんな感じになります。
d0159822_228975.jpg


トッピング用にキャベツを1/3程度取り出して、塩、こしょうをしておく。
また、ローリエとサルシッチャも取り出す。
d0159822_2284784.jpg


②残りの①を煮汁ごとミキサーにいれ、☆も一緒に入れて
ミキサーで滑らかにする。
味を見て足りなければ塩・こしょうなどで調整する。
d0159822_2282167.jpg

d0159822_22123014.jpg


③チャバタは半分に切り、オリーブオイル(分量外)を少々かけて
オーブントースターで焼いておく。
d0159822_2283135.jpg


④フライパンにオリーブオイル(分量外)を熱し、
茄子と、①で取り出したサルシッチャを1cm幅に切ったものを焼く。
全体に薄く塩、こしょうをする。
d0159822_2285723.jpg


⑤耐熱の容器に薄くオリーブオイル(分量外)を塗り、④の焼いた茄子と、①の取り出しておいた
キャベツを半量並べる。
d0159822_229638.jpg


⑥その上に③の焼いたチャバタを手でちぎりながら入れる(大きめでいい)
d0159822_2291442.jpg


⑦さらに残りの茄子とキャベツ、焼いたソーセージをのせ、
上から②を注ぎいれる。
d0159822_2292326.jpg


⑧上にシュレッドチーズをのせ、200度のオーブンで17分~20分ほど焼く
d0159822_2293315.jpg



ブラックペッパーをたっぷりふって完成~
とりわけて食べよう。
d0159822_229453.jpg


手間かかってるように見えるけど、実は手抜き料理。
時間はかかれど、自分の実際の作業時間はあっという間だからね。
d0159822_2295959.jpg


ソーセージは、キャベツと一緒に煮てやることでソーセージの旨みを
キャベツに染み込ませたあと、
焼いて具としても楽しむように入れた。
d0159822_22101935.jpg


汁をシミシミに吸い込んだチャバタが、最高!
d0159822_2210949.jpg


牛乳も豆乳も使ってないのに、驚くほど甘い!(ま、チーズを使ってるからなんだけど)

でもキャベツの甘みがハンパない!
やっぱり圧力鍋は時間の短縮もそうだけど、うまみも凝縮して出来る。

ワインのお供はもちろん、

やさしい味わいだから、休日の寝坊したブランチにもおすすめ。

他に好みでトマトを入れたり、アレンジ可能!
ぜひお試しを!!


d0159822_125054.jpg

「財布の中身はチェック・・
ポチっと「レシピブログ」ボタンを押してってネ~



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2011-07-21 18:13 | 料理(ハイカラ)
サルシッチャのピリ辛パスタ
d0159822_2113677.jpg


チャースケは「男子ごはん」という、ケンタロウと国分太一の番組が大好きだ。

ケンタロウがすきなのか、ケンタロウの作るボリューム料理がすきなのか
わからんが、
この番組は毎回、テレビにへばりついて欠かさず見ている。

この番組で、以前
「サルシッチャ」というイタリアの生ソーセージを使ったパスタを作っていた。

テレビを見ていたチャースケ。

もう、いつもに増してチャーチャーうるさいうるさい。


チ:「ちゃー!(あれ食べたい)」

チ:「ちゃー!(なんだあのうまそうなものは)」

チ:「ちゃー!(サルシッチャ取り寄せろ)」

チ:「ちゃー!(ケンタロウやるな)」


ミ:「あ~もう チャーチャーチャーチャーうるせ~なぁ。
これって・・まえruggineさんのブログにも紹介されてたじゃん。

おまえ、それ見たときもチャーチャー言ってたぞ。
忘れたんか?」

チ:「ち、ちゃー」(←わすれてた)

とりあえず、ソーセージを見るとチャーチャー言う癖がついているのであろう。
いい加減なやつである。

しかし、このサルシッチャ、
実はそのruggineさんのブログで見たときから気になっていた。
自分は食べないくせに、変わった物を見ると気になるのである。

もう、番組のおいしそうなパスタにテンションマックスのチャースケ。

仕方ないので、ネットでサルシッチャを買えるサイトを探すことに。

送料がもったいないので、ついでにイタリア空輸のモッツァレラやら
ラム肉やらも一緒に頼んで
遂に届いたサルシッチャ!!
d0159822_21133261.jpg



でーかーいー

うへぇ~

1本1本が、生々しい!気持ち悪い!(ヒドイ)

さっそく家にあったのもので
パスタを作ろう。


(1人前)
サルシッチャ 1本
・パスタ 80g
・しめじ(軸を取って食べやすい大きさに切る) 100~120g
・にんにく(スライス) 1片
・オリーブオイル 小1
・白ワイン(又は酒) 大2

・塩、こしょう 各少々
青唐辛子のしょうゆ漬けの唐辛子(みじん切り) ほんの少し
青唐辛子のしょうゆ漬けのしょうゆ 小1~2
・卵(ポーチドエッグにしておく) 1個
・パルミジャーノチーズ(すりおろす) 適量
・ブラックペッパー 適量

①パスタは、1%の塩を入れたたっぷりの湯で
表示時間通りにゆでる。


②サルシッチャは1.5~2cm幅に切っておく。

フライパンにオリーブオイル・にんにくをいれ弱火にかける。香りがたったら
サルシッチャを入れて炒める。(途中、にんにくが焦げそうならいったん取り出しておく)
d0159822_21134848.jpg


③シメジをいれ白ワインを回しいれる。アルコールがとんだら
青唐辛子のみじん切りをいれ、全体に薄く塩、こしょうをする
d0159822_2114256.jpg



④茹で上がったパスタをいれ、全体に絡ませながら混ぜ、
青唐辛子のしょうゆ漬けのしょうゆで味付ける。 
d0159822_21141640.jpg


⑤皿に盛り、上にポーチドエッグをのせパルミジャーノチーズ・ブラックペッパーを
たっぷりふる。
このみでオリーブオイル(分量外)を少しかける。
d0159822_21144255.jpg



すごいボリューム!
いつものパスタの量の半分くらい(は言い過ぎ?)なのに、
このボリューム。
d0159822_21145415.jpg


やっぱりサルシッチャがでかいから!
d0159822_2115566.jpg


そこにこの温玉ですよ。
d0159822_21151842.jpg


ホホホー
d0159822_21153265.jpg


箸上げ写真もバッチリ決まるようになってきた。
「おれの箸上げは、絶対に江角マキコよりうまい」と、自信満々の手タレ。
d0159822_21154384.jpg



サルシッチャって、見た目グロテスクだけど
やっぱり生のほうがおいしいのかな。

大満足のチャースケでした。

《おまけ》
そして、サルシッチャを使って
ずっと気になっていたこのレシピを。

ruggineさんはひき肉とかのタネでオリーブを包んで揚げていたけど、
おれは無謀にもサルシッチャの中身を出し、
無理やりオリーブに詰め込んで揚げた。
d0159822_2116777.jpg


どですか~このシャレ山なつまみは~

気分はイタリア~
d0159822_21162025.jpg


これは!!
揚げたオリーブがこんな食感になるとは!
ほくほくっとして甘い。これはすごい!
d0159822_21163156.jpg


ワインもいいが、ビールにもぴったり。
オリーブのフライ、すごいぞ!
イタリア人はすごいなぁ~
(ruggineさんはイタリア人では無い)



※ちなみに、今回サルシッチャを頼んだサイトを紹介したかったが、対応が酷かったので
紹介しませーん。(いまだに「バーカバーカ」と言ってやりたい!)

でも「サルシッチャ」と検索すれば沢山でるので、興味のある方はぜひ取り寄せてみてね。


d0159822_1252394.jpg


「太一君は一応アイドルですけど・・・」

とおもったら、

・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-07-20 12:19 | 料理(ハイカラ)
もっちもち豆乳葛餅
d0159822_2234313.jpg


先日、おいしそうな豆乳を買った。
なんだか普通の豆乳より濃度が濃く、お値段もちょっといいやつ。

たまにそういうちょっと奮発したようなものを買うと、
けっきょくもったいなくて使うのを惜しみ
気づくと賞味期限が切れていることが多い。

なんて馬鹿!

この豆乳も、その危機に直面していた。

というか最近、豆乳がだめになるのが早い。

もともと豆乳は、開封したら早く飲みきらなきゃいけないが、
それでも冬場は1週間くらいは大丈夫だった。

しかし、この夏場は足が早い早い。

3~4日で、もう酸っぱくなっている。

何度ラッパのみして吐き出したことか。


というわけで、この高級高濃度豆乳も、
酸っぱくなる前に使わなくては。

そんなわけで、結局いきつくとこは
デザートよね。

これがまたヒット!
(つくりやすい量)

・豆乳(濃度の濃いものがオススメ) 300ml
★葛粉 30g
★水 1/2カップ
・粉寒天 小1/2
・和三盆糖 50~60g ※好みの砂糖類でも可
・ドライクランベリー 30g

(シロップ)
・豆乳 
・メープルシロップ
・バニラエクストラクト 少々

①鍋に★を入れ、葛粉がしっかりとけるまで混ぜる
d0159822_22331760.jpg


②豆乳・粉寒天・和三盆糖もいれ、しっかり混ぜたら中火にかける。
(耐えず混ぜ続けながら火にかける)
d0159822_22333039.jpg


だんだんこんな感じでドロっと重くなってきたら、弱火にして1分半~2分ほど
まぜ続ける
d0159822_22334466.jpg


③ドライクランベリーをいれ、全体に混ぜたら火からおろす。
d0159822_22335966.jpg


④型の内側を水でさっと濡らし、水気をきったら③を流しいれ
表面を平らに調える。
冷蔵庫でしっかり冷やし固める。
d0159822_2234934.jpg


⑤豆乳とメープルシロップを3:1の割合で混ぜたシロップをつくる。
バニラエキストラクトも少々入れる。

器に④をスプーンですくっていれ、シロップを半分浸るくらいに
注ぐ。
d0159822_223327.jpg


賞味期限間際の豆乳が、気の効いた感じのデザートに大変身。
d0159822_22344486.jpg



モチモチ食感が、ワラビモチのよう。
和三盆のほのやさしい甘さが、豆乳によく合う!
d0159822_22345787.jpg


またこのシロップが大事。
これだけだとモチモチすぎて、口の中でモチモチモチモチするとこだが、
シロップのおかげでモチモチを程よく楽しみながらも
口の中ですぅっと溶ける。
d0159822_2235944.jpg


今回豆乳を使ったが、苦手な人は牛乳でも。

クランベリーをいれずに、黄な粉や黒蜜かければ
王道的な味わいに。

お好みでいろいろ試してチョ~


《おまけ》

先日こんなものを貰った。

なんとオリーブの甘納豆だ。(グラッセってかいてあるけど、ようは甘納豆)
d0159822_22353339.jpg


どんな味じゃ~と思ったら・・・

あらら、意外とオイシイ。
意外と、あらら手が止まらない!
d0159822_22354763.jpg

ブルーチーズと一緒に食べると旨い。

ワインのお供にオススメ~


d0159822_12323434.jpg

チャースケ・・・気の毒に・・。

とおもったら


・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-07-19 12:33 | おやつ
エスニック風創作飯!焼き茄子のゴマあえ冷ご飯 oishii
d0159822_239581.jpg


暑い暑い中、タンバリン合宿を終え
帰ってきたチャースケ。

何が食べたい・・って聞くまでも無く、
「肉!パクチー!」だろうな。

へっへっへ

おれはやさしいけど ちょっと(すごい)ひねくれてるから、
簡単に「喜ばす」ことは嫌いなのだ。

ちょっとがっかりさせて、
「実は・・・・」みたいなサプライズがすきなのだ。

今日も、チャースケをがっかりさせるため
一見また肉無し料理だ。

まず、やつはパクチーを見てテンションをあげるだろう。

しかし、肉が入っていないトコをみると、
ちょっと肩を落とす。

その瞬間が見たいのだ!


へっへっへ


(一体何がしたいのか)




(1人前)
・茄子 1本
・トマト(1cm角切り) 1個
・パクチー(1cm幅に切る・トッピング用に葉の部分残す) 3~4束
・豚肉(薄切り) 100gくらい

★練り白ゴマ 大1
★だし醤油 大1
★酢 大1/2
★アガベシロップ 大1/2
★豆板醤 小1/4~1/2
★にんにく(すりおろし) 小1/4
★味噌 大1/2

・冷やご飯 食べたい量
・卵(ポーチドエッグにしておく) 1個
・しお、こしょう 適量



①ナスはグリルで真っ黒になるまで焼く。
(皮目に、4箇所ほど縦に浅く切り目を入れておくと皮が剥きやすい)

皮が真っ黒になったら氷水にいれ皮をむいて、縦半分に切り、1.5cm幅位に切っておく
d0159822_2392115.jpg

d0159822_2392851.jpg


②ボウルに★をいれよく混ぜ合わせる。
そこにトマト、①の茄子、パクチー(トッピング以外)をいれしっかりあえる。
d0159822_2391351.jpg

d0159822_2393586.jpg


③豚肉はさっとゆで、氷水のはったボウルで冷やす。
キッチンペーパーでしっかり水気を拭き、塩、こしょうをしておく
d0159822_239433.jpg


④ご飯は冷水でさっと洗い、しっかり水気をきっておく
d0159822_2395711.jpg


⑤皿に③をひろげのせ、その上に④をのせる
d0159822_23104100.jpg
d0159822_23101255.jpg


⑥上から②をかけ、中央にポーチドエッグをのせる。
d0159822_23102037.jpg


トッピング用のパクチーを飾ったらかんせい~
d0159822_23102965.jpg



これは何料理?・・・と聞かれても困る。
・・何料理でしょう。

エスニック風・・・ほにゃらら。
d0159822_23103778.jpg



とにかく、美味しければいいんです。

さぁ、行きます。
d0159822_23105369.jpg


ウマソー!

・・でも。一見肉が入っていない様子に落ち込むチャースケ・・・。

タンバリン合宿、頑張ったのに・・・
d0159822_2311220.jpg

・・・?

!!!


ほじくると、肉ー!!でてきたー!!

「チャー!!!!」

ほら、こうやって、皿の底に隠しとけば
喜び倍増でしょ?(そうか・・?)
d0159822_23111282.jpg


みんなも、皿の底に肉かくして
喜ばせてあげましょう。
きっと、「上にのせてくれたほうが嬉しいです」と、言われるでしょう。



《おまけ》

ちょっと前に紹介した「もっちもち~ず」。

以来、はまって毎日1袋食べています・・・。


d0159822_23112262.jpg


常に冷蔵庫に8袋は常備。

無くなったら買いに行く・・。

店で「もっちもち~ず」を買い占めているやつがいたら、
それはたぶんおれです。

見かけても、そっとしておいてね。

d0159822_1862332.jpg



今日もチャースケに癒されたら・・・
ポチっと「レシピブログ」ボタンを押してってネ~



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2011-07-15 18:11 | 料理(ハイカラ)



ベジタリアンのミットゥンと肉食チャースケのご飯日記
by ミットゥン
タグ
(516)
(482)
(363)
(339)
(201)
(170)
(134)
(132)
(92)
(87)
(72)
(65)
(59)
(52)
(51)
(42)
(37)
(29)
(27)
(17)
(15)
(12)
(10)
(7)
(6)
(5)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
登場人物紹介
ミットゥン
チャースケ
漫画付きレシピ
料理(ハイカラ)
料理(かんたん)
料理(副菜、その他)
料理(メンドうまい)
おやつ
パン
自己紹介
その他
弁当
未分類
以前の記事
2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
フォロー中のブログ
おとなは、だれも、はじめ...
ハンドメイドな日々
沢ぱん日記
shina_poohな日...
知りたがりやの食べたがりや
夕方に台所で・・・
やわらぎをもって。
イギリス ウェールズの自...
歌花史庵 かかしあん
うひひなまいにち
ごはんとおかずと日々のつ...
僕とマダムと先生と
アベマリアのハッピーテーブル
犬とご飯と雑貨。
spring comes...
1/f breeze
kun-kun+kuro-ro
Life style
アインのしっぽ
バニラのお菓子ライフ
Cheminee de ...
mogumogu * Leaf
亜麻仁
つばさ雲
エットハミアメドとお料理...
がびあーの家の毎日
山麓風景と編み物    
London Scene
ろこりん♪の毎日。
ゆるロビ生活
カザルパロッコのネコ(C...
walking slow...
田園都市生活
ちょっと寄り道
平凡人日記
NO ANCHOVY, ...
ひなたの小部屋
ミニチュアブルテリア ダ...
日々の暮らし ☆ mam...
一日一歩
La prima ste...
日々道場
にじいろ日記
丁寧な生活をゆっくりと
さっちんきっちん
やねのうえのわんこ
ホウロウダイアリー
5plus2and2
ステンドグラス こもれ...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
カザルパロッコのネコ
The cats inside
Can of Good ...
★ミットゥンのラインスタンプ販売中!


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!
d0159822_12455074.jpg






エキサイトブログ以外のお友たち
Mシュナ Richardより愛を込めて

トレモロの響きにのせて

某医大正estateのごはんブログ


Can of Good Goodies

豆好き

yamatoyome ~沖縄生活~

パスタファイター

ぱっちとPUっ♪


THE CULINARY TRIBUNE

stadio r(食フォトギャラリー)

la table

Bay Alien

ビストロ カルナヴァル

スペース大原

★沖縄日記記事がオススメブログに!
那覇
旅行口コミ情報

★チャースケがツイッターを始めた?!
『_Charsuke_』で検索!


★広告メール対策の為、コメントを承認制にしました

コメントだいかんげいです!
お気軽にどんどんコメントチョウダイ!

★ウーマンエキサイト「おいしい!」に以下の記事を掲載していただきました。

緑のヘルシーポテサラ


米粉のブルーベリーパンケーキ


簡単!イカのトマト煮込み


カレー風味の鶏グリル


マグロの味噌漬けどんぶり


車麩の海老チリ風炒め


自家製甘納豆


牡蠣と温玉の韓国風サラダ


ヘルシーフムス


温泉たまごで!濃厚オリーブオイルアイス


過去最高のビーフシチュー


簡単ヘルシー!豆乳杏仁プリン


節分に!豪華海鮮太巻き


ブルーチーズと納豆のパスタ


しあわせのメープルパンケーキ


柚子トマトうどん


ポテサラと食べる絶品フレンチトースト


パスタでビックリ!ちゃんぽん麺


やめられないトマラナイ!メープルナッツ4種


しっとり茹で鶏の特製ピリカラだれ


ワインが進む君!トマトチーズビスコッティ


海老と豆腐の卵とじ中華丼


塩鮭とろみ中華どんぶり


野菜のうまみの詰まったヘルシーシチュー


韓国風!イワシのピリ辛しょうが煮


刺身の残りで!絶品ヅケ茶漬け


梨と豆乳のやわやわプリンと滑らかジェラート


絶品!中華スープがけ納豆ご飯


簡単!刺身でユッケ風どんぶり


あっさり!あさり二ラーメン


高貴な味!メープル小豆の豆腐クリーム添え


お店の味!海鮮あんかけ かたやきそば


春巻きの皮で作る!海老とアボカドの豆腐キッシュ


火を使わない!ピータン豆腐どんぶり


バター不使用!ココナッツとあんずの全粒粉スコーン


熱ヒヤ!豆乳坦々つけ麺


薄焼きがポイント!ザクザクフルーツクッキー


夏のビールの共に!ヤムウンセン


ひんやり!さっぱりカレーきしめん


ピーナッツバターで本格的なタレ!棒々鶏うどん


二日酔いの朝にやさしい アボカドとホタテのおかゆ


レストランの味の濃厚ニョッキ


お肉無しでも絶品ビビンバ


自然の甘みのおやつ!ドライフルーツまるごとクッキー

パーティーに!絶品ヘルシー板麩でラザニア

とろ~り絶品!洋食屋さんのクリームコロッケ

フレッシュトマトの絶品ラタトゥイユ

海老の殻は捨てちゃ駄目!濃厚豆乳ベシャメルソース

とろとろ手羽先の韓国風煮込み

とろーりチーズのかかったトマトのモツ煮込み

フレッシュトマトで作るエビチリ
卵一個で!豆乳スフレ

残り野菜で!韓国トッポギ

トマト肉味噌でヘルシー冷麺
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
居酒屋ごっこ・五月編
from cool witch
生存報告。
from ハムログ
居酒屋ごっこ
from cool witch
塩麹を使ったおかず など..
from 海のむこう 空のむこう
おおそうじのフルーツクッ..
from 海のむこう 空のむこう
ポテトマカロニサラダwi..
from 知りたがりやの食べたがりや
イギリス歯医者の話 - ..
from 坂の上にある家 
白練りごま
from 坂の上にある家 
冬至の夜
from 坂の上にある家 
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧