<   2011年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧
鰤カマのさっぱり丼
d0159822_21362226.jpg


またまたみどりママがやってきた!

どうやら自分の買出し帰りに寄ってくれたらしい。



みど:「はぁーい、元気!腰痛見舞いよ~
ふ、ふふ、 どうせろくなもん食ってないと思って・・・差し入れよ~
ほほほ~感謝しなさい」


ミ:「あっまたでた!みどりママ。い、いつもすまんのう。
たすかるわー。
でもおれもさっき買いものしたばっかなんだけど・・・」


みど:「今日はね~良いブリカマが手に入ったのよ~(←全然人の話を聞いてない)
見て、ほら、このブリカマ!」

ミ:「ええ、ああ、でも今日いっぱいたべるものあるし・・ブリカマはいいや、
みどりママ持ってって!このほかの野菜とか貰ってくよー」

みど:「は?なにいってんのアンタ!うちはちゃんとうち用にブリカマ買ったのよ、
ちゃんとブリカマ貰いなさいよ!
すっごい良いブリカマなのよ!
なんでいらないのよ!
あんた、ブリカマにしつれいよ!
ブリカマ、絶対食べなさいよ!」

・・・半ば強制的なまでにブリカマを推してくるみどりママ。

ミ:「ああ、じゃあ、今日はブリカマに変更するわ・・・
こんなデカイの、食べきれるかなぁ」

みど:「じゃーねー ちゃんと食べなさいよっ ブリカマっ」


嵐のように去っていったみどりママ。
なぜあんなにもブリカマをイチ推してくるのか。

そして・・・
みどりママが置いていった差し入れの袋の中には・・・・

ブリカマは2個入っていた・・・。

ミ:「・・・ブリカマ・・・2個入ってる・・・・。」


なんと自分の分のブリカマを間違えておれの袋に入れておいていった
みどりママ。

あんなに自分でイチオシだったくせに、自分の分を
忘れていくという・・・

・・・

電話すると、取りに行くのめんどくさいから食え、とのことだった。



2個も食えるか!!

とりあえず、1個は晩酌に焼いて食べた。


次の日、なんとかもうひとつのブリカマを消費しようと考えた
レシピ。

これがまた、絶品です。
(1人前)

・鰤カマ 1ヶ

★だし醤油 大2
★シークワサー絞り汁 大1 ※レモンやスダチなどでも可
★豆板醤 小1/2
★アガベシロップ 小1/2
★ごま油 小1/2

・大根(すりおろす) 5cmくらい
・絹豆腐(ジョニーがオススメ) 100g
・温泉卵 1個
・キムチ 適量
・三つ葉 適量

①鰤カマは両面に軽く塩をして10分ほど置き、出てきた
水気をふき取ってグリルなどでこんがり焼いて、身をほぐす。
正味100g程度。
d0159822_21364090.jpg


②ボウルに★をあわせて①のほぐし身をあえる。
d0159822_21365586.jpg


③丼にご飯を盛り、上に絹豆腐を崩しのせる。
d0159822_21371241.jpg


④その上に大根おろしをのせ、②の汁気を軽くきってのせる(汁は捨てない)


かんせい~
d0159822_21385583.jpg


食べる際には、とっておいた汁をうえからかけて・・・
d0159822_21391541.jpg


卵割って~
d0159822_21393757.jpg


ぐちゃぐちゃにして~
d0159822_2139537.jpg


食べる。
d0159822_2140690.jpg


今日は亜麻仁入りの雑穀米。
モチモチして、コクのある鰤カマと好相性!

もちろん白米でもなんでもOK。

鰤カマは脂が多いので、さっぱりと食べれるように
柑橘汁が不可欠。
沖縄で買ったシークワーサー原液を使用。これがまたうまい!!

そして消化をたすける大根おろし。

トロトロクリーミーなジョニー(豆腐)。

アクセントに、キムチ!

みんな無くてはならない不可欠な食材。
ぜひ全部そろえて試して欲しい!

カマは、鰤のほかにもマグロや鮭や・・いろいろ試してね。

あまりの旨さに驚くぜよ!



《おまけ》

そして・・・

これは晩酌にそのまま焼いて
日本酒の友にしました。

一緒にもらったアユと塩焼きに。
d0159822_2140229.jpg


スチームオーブンで焼いたので、余分な脂は落ちて
皮はパリパリ、身はふっくらジューシー!
d0159822_21404063.jpg


d0159822_21411099.jpg



そしてこのアユがまた絶品。
丸々太って・・・
d0159822_21405422.jpg


とおもったら、子持ちーー!!
d0159822_214127100.jpg


贅沢や・・・・


ブリカマ2個置いていってくれて・・ありがとう。

でも、もういいよ、
次は1個で。




d0159822_12181691.jpg


みどりママのナイスなキャラ

応援してくれるあなたは

ポチっと「レシピブログ」ボタンを押してってネ~(ランキングが上がります!)



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2011-09-30 18:30 | 料理(かんたん)
牛スジときんかんの煮込み
d0159822_20193677.jpg


以前、たまーに「鶏レバーの甘辛く煮たやつが食べたくなる」と書いたが、
その鶏レバーにたまに入っている、
あの『きんかん』が好きだ。

『きんかん』は鶏の体内で成長途中の卵のこと。

卵は鶏の体内で最初は卵黄だけで、白身も無ければ殻も無く
成長過程で卵白に包まれ、殻が形成され、卵になる。
そして「きんかん」とは、肉食用として解体された鶏の内臓ということになる。

ちょっと文章にすると残酷な感じがするが、
ようは卵やね。

卵になる前から、卵が好きとは・・・

さすが卵番長!

とにかく、レバーの煮たのにこの『きんかん』が入っていると、
うれしくなる。

今日は、このきんかんがたくさん手に入ったので
甘辛煮込みを作ることに・・・

そこへ、チャースケ登場!

チ:「ちゃー!(にくもいれろ!)」

ミ:「ええ?だめだめ、今日は鶏レバー煮込みにすんだから」

チ:「ちゃー!ちゃー!」

冷凍庫の奥から、牛スジをひっぱりだすチャースケ

ミ:「これと?一緒に?煮ろ?」

チ:「ちゃー」

ミ:「牛スジときんかん一緒に煮るとか聞いたことねぇよ~」

とかいいつつも、意外にアリじゃん?とおもう
ミットゥンであった・・・。

というわけで、今日はスジと一緒に煮ます。
ま、甘辛く煮ちゃえばなんでもいいんだ。


(2~3人前)

・牛スジ 380~400gくらい
・鶏のきんかん 200~250gくらい
・トマト(湯剥きして角切り) 1個

☆しょうが(スライス) 3片
☆ネギの青い部分 1本分
☆水 500ml
・酒 1/2カップ

★味噌 大2
★赤味噌 大1
★羅漢果糖 大4
★青唐辛子(丸のまま) 1本
・にんにく(つぶす) 1片
・牛乳または豆乳 1/2カップ
・絹豆腐 1/2丁
・青ネギ(小口切り) 適量
 

①牛スジは圧力鍋に入れ、☆をいれて柔らかくなるまで圧をかける
(手持ちの圧力鍋によって時間は違います。調べてね。
ちなみに活力鍋の場合は高圧弱火で13分。)

自然に圧が下がったら牛筋を取り出し、ざるにあけて
さっと洗い、食べやすい大きさに切る。
d0159822_20195422.jpg


②牛スジの煮汁は容器に移し、上に浮いてくる茶色いあくの部分を
スプーンなどでとりのぞく。
d0159822_2020591.jpg


③鍋に酒、にんにく、②のアクをのぞいた煮汁を400ml入れる。
d0159822_20202812.jpg


④弱火にかけ、煮立ったらトマトと下茹でした牛スジを入れる。
d0159822_20205541.jpg


⑤★も入れて全体を混ぜる
d0159822_20211040.jpg


⑥きんかんは、つながっているスジを切って1個1個ばらばらにしておく
d0159822_20213731.jpg


きんかんも入れて
全体に混ぜてふたをして弱火のまま20分ほど煮る。
(途中焦げないように混ぜよう)
d0159822_20215944.jpg


⑥こんなくらいに煮汁が無くなってきたらOK
d0159822_20225360.jpg


牛乳(または豆乳)を入れて全体を混ぜる。
d0159822_2023369.jpg



⑦豆腐を入れて、2~3分ほど煮たら火を止め、煮汁を豆腐にかける
ようにしてそのままできれば3時間~1晩寝かせる。
(時間が無ければすぐ食べても良いけど)
d0159822_2023139.jpg


⑧食べる直前に温め、皿に盛る。
d0159822_20232984.jpg


青ネギを散らしてかんせい!
d0159822_20234223.jpg



つやつや、いかにも酒に合いそうな煮込みの完成だ。

牛スジは、下茹でのおかげでトロットロです。
もし、圧力鍋が無い場合は、水を途中足しながら1時間半位茹でてね。

d0159822_2024791.jpg


そして、本来はレバーと煮られることの多いきんかんも、
このとおり何食わぬ顔でマッチしております。
d0159822_20242818.jpg


トマトの酸味が全体をさわやかにまとめてくれる。
湯剥きは面倒ならしなくてもいいけど、やると口当たりがよくなるよ!


酒のつまみにはもちろん、ご飯にぶっかけてもよい。
豆腐は是非絹で。
この柔らかい豆腐が、濃い味噌の汁をしみこませて実にうまい。
d0159822_20244450.jpg


時間があれば、寝かせたほうが絶対おいしい。
仕上に牛乳を入れると、マイルドになる。
代わりにバターをひとかけでもいいよ。




《おまけ》

この日、変わったビールを見つけた。

こう見えてベルギーから輸入したビールらしい。
「白濁(しろにごり)」



d0159822_2024583.jpg


なんでも、こだわりがあるようで、
このビールはプルのついた飲み口が下にあるのだ。


無濾過のビールなので、お店での陳列時に貯まった酵母が、
グラスに注ぐ時に拡散するようにデザインされているらしい。
d0159822_20251754.jpg

ふむふむ、そんなにこだわってるならひとつ買ってみようじゃないか。


で、飲んだ感想は・・・


なんか、変わった味。

いや、決してまずいのではなく、

なんか、

変わった味。

ハーブっぽい香りがする。

好きな人には好きなんじゃないかな。

おれは?

うーん・・・

好きじゃないわ。


ダハハ


でも興味あるひとは飲んでみてね。





d0159822_1214111.jpg




「きんかんだけ食べりゃいいじゃん」

とおもったアナタ・・・・

・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ(ランキングがあがります!)


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-09-29 18:23 | 料理(ハイカラ)
どっさりネギ・アラビアータ
d0159822_21393718.jpg


もうすっかり秋の風になりましたね。

おれは、未だに夏の初めに買った「冷却マット」を
ベッドの上にひきっぱなしにしていて

毎晩「サムイなぁ」と思いながらも
しまうのが面倒で、冷たいマットの上に我慢して寝ていた。(アホー)

ゆうべ、また我慢しながらも
もうそんなレベルじゃなく寒い季節になっていることに
ようやく気づき、
重い腰(まさに!!)をあげながら
ようやく冷却マットをしまった。

(正しくいうと、しまっていない。
くるくる丸めて床に置いただけ)

ま、週末にしまおう・・・

というか、どこに?

うーん

悩みは尽きないな。

夏の初めに、しまうトコがない巨大な毛布も、
「秋にまた新しいの買えば良いや」と、
ポイッとしてしまったのだ!

いつ買いに行くんだー!

もう、毛布の季節はすぐ・・そこ

え?はやすぎる?

うち。10月には出すもんねー。
寒がりだから。

じゃあなんで捨てたのかって?

・・・・

困ったなー。

人生って悩みがつきませんね。


今日のチャースケのご飯、何にしようかなぁ・・・

これも立派な悩みだよね。

今日は、なんも材料が無くても
トマトとネギとハムさえあればなんとかなる
簡単パスタ。


(1人前)
・トマト 大1個(中なら1個半)
☆にんにく(すりおろし) 1片
☆塩 小1/2
☆酒 大2
☆オリーブオイル 大1
☆生の青唐辛子(みじん切り) 1本(2g)

・トマトケチャップ 大2
・ハム(食べやすい大きさに切る) 100g
・パスタ(好みのもの) 100g

・万能ネギ(小口切り) 4~5本
・パルミジャーノチーズ(すりおろす) 適量
・ポーチドエッグ 1個


①トマトは皮を湯剥きして、マッシャーでつぶす。☆と一緒にあわせる。
d0159822_21401166.jpg


②フライパンに①をいれ、中火で半量ほどになるまで煮詰める。
d0159822_21402915.jpg


③煮詰まったらトマトケチャップを入れて全体を混ぜ、ハムを入れ
全体に絡むようにまぜる。
d0159822_2151398.jpg


④パスタは時間通りに茹で、③に入れる。手早く全体に絡ませる。
(上手く絡まない場合は少し茹で汁を入れる)
d0159822_21405127.jpg


⑤皿に盛り、中央にポーチドエッグをのせる。
d0159822_2141363.jpg


ネギをどっさりのせ、パルミジャーノチーズを好きなだけかける。
d0159822_2141151.jpg



好みでブラックペッパーをふって完成!!
d0159822_21412953.jpg


トマトの旨みが詰まった、シンプルなアラビアータに
どっさりのったねぎがポイント。
d0159822_21415512.jpg


でわ・・・いきますよ・・・
d0159822_21421341.jpg


おおー 今日もいい卵黄。(どんな卵黄だ)
d0159822_21423328.jpg


いいねいいね。
さいこうだね。

そしてお気づきのかたもいらっしゃるかと思うが・・・・

そう、このブログで「ハム」を使ったレシピなんて、初!
買ったことないし。
そう、これはあの!みどりママからもらったセレブハムです!
d0159822_2142456.jpg


こんな贅沢に料理につかっていいのだろうか。

とお思いでしょう。

チャースケ曰く、このパスタを食べた瞬間
「ちゃー!(このハム料理したほうがさらにウマイ!)」らしい。

きっとみんな、こんなハムはそのままワインのつまみに
するに違いないが、
思い切って料理に使ってみるべし。

いやぁ~こんなハム料理に使っちゃうって、おれって実は
本当のセレブ気質なんじゃ・・・

ダハハ

とかいって

ホントは
自分は食べないから料理に使ったった。だけ。(サイテー)

でもそれが正解だったんだからいいよね。
へへへ~

さんきゅう!みどりママ


d0159822_21425610.jpg




《おまけ》

きょうもいきます。オススメチーズ。

『サンネクテール フェルミエ』
d0159822_21445652.jpg

フランスオーベルニュ地方のセミハードチーズ。
サンネクテールというのは町の名前らしい。

表面は自然についたカビがびっしり。
店のお姉さんは灰がついてるとか何とかいってたような・・・

とにかくかなり癖の強いチーズです。

ウォッシュ大好きなおれも、さすがにこれはちょっと
好きじゃないかも・・(おすすめじゃないじゃんっ)

最後まで食べれなかったチーズって初めてかも。
(半分で断念)

チビチビ楽しむ、個性的なチーズでした・・。





順位も上がれば運気も上がる!(おれの)
あなたの1ポチが大事なんです・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-09-28 18:30 | 料理(かんたん)
ジューシー!ヘルシー!蒸し豚トマト丼
d0159822_7281144.jpg

今日はまたまた豚肉のレシピ。

なんでそんなに豚肉があるのかって?

それはさかのぼること数週間前。

チャースケとテレビを見ていたときだった。

『ダ○マイヤー』という高級ハムやらなんやら
売っている店が出ていた。

なんと、そこの人気の切り落としハム
1切れ(100g)で、なんと1000円!

1切れ!せんえん!

えーんえーん

せんえーん!

ミ:「せんえん!ば、ばっかじゃねーの。誰が買うんだ!
こんなの買うやつぁ、きっと根性のまがったイヤミなヤツに違いないっっ・・
な、なぁ、ちゃーすけ」

チ:「チ、チャー!(そうだそうだ!かま○らハムで十分だっ)」

そんなことがあった、まさに次の日・・・

みどりママのところに行くと

あの

ハムが!

ミ:「み、みどりまま、そのハムはもしや・・・」

みど:「あ?これ?ダル○イヤーのハムよっ ハムといったらダル○イヤーでしょ
おいしィ~のよこれ。知ってる?オーホホホホ」


オーホホホホ・・・ホ・ホ


チ:「ちゃー!」

ダル○イヤーのハムに飛び掛るチャースケ!すごい勢いだっ!
かま○らハムは、いいのか!チャースケ!

みど:「欲しいならもって行きなさいよ。ホホホ~
あ、豚肉もいっぱいあるからついでに持っていって」

・・・根性のまがったイヤミなヤツ・・・

こんな近くにいたとは・・・

そして、チャースケの「ダル○イヤー派」への
寝返りようは、見事であった

チャースケによると、ダル○イヤーのハムはそれはそれは
旨かったそうだ。

そして一緒にもらった豚肉も沢山あるというわけだ。
今日は、またまたそんな豚肉をつかった
ヘルシーどんぶり。

(1人前)

・豚薄切り肉 6枚
・大葉(軸をちぎる) 6枚
・トマト(6等分にくし切り) 中1個
・塩・胡椒 各少々
☆ 白練りゴマ 
☆だししょうゆ 大1
☆アガベシロップ 小1/2
☆青唐辛子(みじん切り) 1/2本(1g)
☆柚子の皮(みじん切り) 小1/2 
・ごはん 食べたい量
・万能ネギ(小口切り) 3本


①豚肉をひろげ、塩・胡椒をうすく全体にする。手前のほうに大葉を1枚のせ
切ったトマトを1つのせる。
d0159822_7284428.jpg
d0159822_728556.jpg

②手前からきつめにくるくる巻き、とじ目を下にする。上から塩を少々する。
残りの5つも同様にする。

③蒸気の上がった蒸し器で②を3分ほど強火で蒸す。
肉の色が変わったらOK
d0159822_7292767.jpg
d0159822_7294071.jpg

④☆をよくまぜあわせる。
d0159822_7301274.jpg

⑤丼にご飯をもり、③をならべて④をかける。仕上に万能ネギをちらす。
d0159822_7303166.jpg



どうですかこのヘルシー&ボリューミーなどんぶり!

d0159822_7305620.jpg

噛むと、蒸したトマトの汁がジュワジュワっとあふれ出てきます。

そこにコクのあるゴマだれ。
でも柚子の皮でさっぱり!!
青唐辛子のピリ辛もいい。
d0159822_732071.jpg

柚子と青唐辛子が無ければ、もちろん柚子胡椒でもいい(原材料一緒だし)が、
やっぱりフレッシュなものでつくると
香りが良い。
なので、できれば生のものを。
d0159822_7323196.jpg

豚肉は蒸しすぎに注意。柔らかい、火のとおりたてのギリギリのとこを
見計らおう。
好みで中にチーズを一緒にまいたり、
仕上に温玉や卵黄をのっけたり。
もっとさっぱり食べたい人は大根おろしをのせてもOK!!
ゴマダレじゃなくてもいろんなタレで試してみるのもおもしろい。
d0159822_7325124.jpg

あっというまに出来て、喜ばれることうけあいの
このどんぶり、是非お試しを!

《おまけ》

今日のおすすめチーズ。

『カザティカ・ディ・ブーファラ』
d0159822_7331972.jpg

これなんと水牛の白カビチーズ。
書いてあるように、やわらかくモッチリと弾力があって
繊細な味わいとあるが・・・
d0159822_7335772.jpg

うーん確かに!
もっちりしていて、水牛の独特な癖がある。
これは好きな人は好きだろう。
ただ、普通の食べやすい白カビチーズよりは
ちょっと独特なので、一緒にドライフルーツやはちみつがあると
いいとおもう。

こりゃまたワインがとまらへんね。







昨日、ブログを投稿しようとすると
ログインできなかった。

IDもパスワードも、パソコンに記憶してあるヤツなので
いつもと同じ。違うはずが無いのに、
何度やっても「チガイマス」エラー。

チガワネーの!

あってるの!

パソコンに向かって叫びながら、しつこく何度も繰り返していると、
「パスワード間違えすぎ。今日はこれ以上ログインできないから明日トライしな」的なことが出る。

ふぬーーー!

なんじゃー!そりゃー!

こちとら忙しいなかを、時間見つけて記事書かなきゃ
いつ書くンよっ

まるこのバカっっ(まるちゃんのお母さんの真似)

結局昨日はログインできずに終わった。

なんだろう、モッツァレラレポートのときと言い、エキサイトと相性が悪いのか・・・

それとも誰か見知らぬ人がログインしているのか・・・

コワイなー。

なんだろう。みんなこんなことってあるんかいな?

教えてけれ








d0159822_1263321.jpg


「チャースケ、何故「かま○らハム」を持参してたの・・・?」

とおもったら

・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ
↓ ★ランキングがあがります!

d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-09-27 12:11 | 料理(かんたん)
ゴーヤと豚肉のしょうが焼き
d0159822_18593996.jpg


この連休、見事にいい天気でしたね。

まさに台風一過。

行楽日和!

そんなワタクシハというと、何をしていたかって

腰痛のあまり、家でおとなしく

本を読み、ゴロゴロし、酒を飲んでおりました(いつもと一緒ジャンっっ)。

チャースケは元気が有り余り、ドタバタ跳んだりはねたり
しているが、
おれは安静第一だ。


こんないい天気なのに・・・・


おとなしく過ごすために、力を振り絞って
近くのビデオ屋に「大地の子」を借りに行くも、

置いていない!


るーいっしん


置いてない!













仕方なく大地の子はあきらめ、おとなしく録画した
「日本縦断!隠れ激ウマ丼100連発SP」を見ながら酒を飲んでおりました。



料理も、なるべく動きたくない。(イイワケのような気もするが…)

というわけで、今日はスーパー簡単

漬けておいて後は焼くだけシリーズ

いつシリーズ化したかって?

・・・。

(1~2人前)

・豚薄切り肉 150g
・ゴーヤ(薄切り) 1/4個
・玉ねぎ(薄切り) 1/4個

☆醤油 大2
☆酒 大1
☆みりん 大1/2
☆アガベシロップ 大1/2
☆しょうが(すりおろし) 2片
・ごま油 大1
・溶き卵 1個

①容器に☆をよく混ぜあわせ、豚薄切り肉をよく揉み込むように
つける。
さらに玉ねぎ、ゴーヤも入れて全体に混ぜ、冷蔵庫で1時間~半日ほど漬けておく
d0159822_18595376.jpg


②フライパンにごま油を熱し、①を汁ごと入れて炒める。
d0159822_190583.jpg


③味を見て塩、胡椒を少々して、肉に火が通ったら
溶き卵をまわしいれて火をとめる。
d0159822_1902576.jpg


皿に盛ってかんせい!

あればかつお節なんかかけたらいいね。(ないけど)
d0159822_1905078.jpg


これは、しょうが焼きが好きな人はきっと好きだ。
d0159822_1912128.jpg


そりゃそうだ、しょうが焼きにゴーヤ入れただけだし・・。
でも、この溶き卵がポイント。
d0159822_1913778.jpg


なんでかって、ゴーヤのほろ苦さを上手いことマイルドにしてくれるからだ。
卵はほとんど生状態で仕上て良い。
火を通すというより、仕上に卵黄を落とす感覚だ。

漬けておくだけで後は焼くだけなので
弁当などにもどうぞ。

ゴーヤが苦手なら、無しにしてもOKだよー。


おつまみに、おかずにぜひつくってみてね。

《おまけ》

腰の激痛 完全にいまは痛み止め様様状態だ。

薬、本当はキライだから普段はあまり飲まないようにしているが・・・

胃痛腰痛ばっかりは飲まないとだめだ。

しかし、そんな頼ってばかりもいかんね。

ま、カルシウムの多いものを・・・

というわけで、アナゴを大量にゲット。(というか、安かったから…)

『うざく』ならぬ、『あざく』!!
d0159822_19325100.jpg


アナゴを焼いて
d0159822_194953.jpg


塩もみしたきゅうりと一緒に、酢を効かせただし醤油で和えて
d0159822_1942295.jpg


すりゴマふって完成。
d0159822_1944194.jpg


最高。コレは日本酒ですかなぁ。
d0159822_1945313.jpg




あー、腰いたい。

アナゴ食べて治るなら、いくらでも食うぞー




d0159822_12232942.jpg



あなたが何気なくポチッとすることで
ランキングがドドーンと上がる仕組みです

・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-09-26 12:28 | 料理(かんたん)
納豆肉味噌のタコライス風ごはん
d0159822_7392539.jpg


先日、いきなり腰の激痛に走った。

??!!

普通に座っていられない。

なんだ?!

ぎっくり腰?

ヘルニア?

実はここ1ヶ月ほど、腰に小さな痛みは感じていたが、
べつに生活に支障はないし
ほうっておいた。

しかし、この激痛はナンだ!

支障だ!支障!

とりあえず、この痛みを抑えようと
病院へ向かった。

レントゲンをとり、愛想の悪いニイチャン先生がひとこと

「背骨の1番下の骨が…疲労骨折ですね~ なんかしましたか?」

ミ:「えっ・・?!い、いや、べつに…」

先週ボウリングをやったとも言えず


いや、ボウリングで疲労骨折とかダサすぎる!


いやいや、違う・・・

あくまで、痛みは1ヶ月前からあったのだから。

ボウリングのせいじゃないっ
(きっかけにはなったろうが…)

しかし、疲労骨折といっても、折れているわけではなく
ヒビ?のようなもの

なので自然治癒できるそうだ。

なーんだ よかった。

タハハ

というわけで、しばらく老人のような歩き方が心配されたが
痛み止めのおかげで普通に歩けそうだ。

今日は、なにも作らなかったので
過去の写真整理をしていたらまだアップしてなかった
レシピ。

こんな秋めいてきた中、申し訳ないが
夏やさいメニューのスタミナご飯だっ

(1人前)

・トマト(1cm角切り) 1/2個
・ひき肉(牛・豚) 60g
・ひきわり納豆 1ヶ(90g位)
・玉ねぎ(粗みじん切り) 1/2個
★にんにく(みじん切り) 1片
★ゴマ油 小1

☆味噌 大1
☆酒 大1
☆豆板醤 小1/2
☆アガベシロップ 大1/2
☆ウスターソース 大1

◎しょうゆ 少々
◎胡椒 少々
◎ごま油 小1/2
◎にんにく(すりおろし) 少々

・塩・胡椒 各少々
・ゴーヤ(縦半分に切り薄切り) 1/4本位
・トマト(1cm角切り) 1/2個 ※トッピング用
・温泉卵 1個 ※作り方はここ参照・ごはん 食べたい量

①フライパンに★を熱し、香りが立ったら玉ねぎをいれ、
塩少々をして透き通るまで炒める。
ひき肉をいれ、全体に塩・胡椒を少々して炒める。
d0159822_7393888.jpg


②ひき肉の色が変わってきたら
ひきわり納豆を入れて全体に広げるようにして炒める。
d0159822_7395398.jpg


③トマト1/2個、★を入れて全体に混ざるようにしてしっかり炒める。
d0159822_740492.jpg


④トマトの水分が多い場合はこのくらい全体に水分が無くなるまで炒める。
味を見て塩などで調整しておく。
d0159822_7401516.jpg


⑤ゴーヤは塩もみし、熱湯でさっと茹でて氷水にとり、
キッチンペーパーでしっかり水気を絞ってボウルに入れ
◎で味付ける。
d0159822_7403781.jpg


⑥皿にご飯を盛り、⑤をのせる。
d0159822_7405180.jpg


さらにそのうえにトマト1/2個を全体にちらすようにのせ、
④をのせて、中央にくぼみをつくり
温泉卵をのせる。
d0159822_741791.jpg


変わりタコライス風ご飯のかんせい~
d0159822_7412199.jpg




・・・。
なんだかこのブログで紹介してるレシピって、
似た見た目のものがおおいなぁ。
d0159822_7413647.jpg


写真も毎回、これ(卵を割る)だし・・・
d0159822_7414722.jpg



そろそろ読者が飽きてくるのではないかと心配になる。

むしろ、今日のこのレシピもアップしたもんだと思い込んでいたが、
どうやらまだアップしてなかったみたいだ。(してたらゴメンネ~)←調べろよっ
d0159822_74202.jpg

しかし、これほんとにイケル!
納豆が、まじイケル!

納豆はひき割りを。
ひき割りでないとこの味わいにならない。

トマトのさわやかな味と、納豆肉味噌のコッテリ感が
ピッタシだ。

好みでシュレッドチーズなどをトッピングしても。

臭みもないので、納豆が苦手な人もぜひチャレンジを。

本場タコライス風のように、ゴーヤの代わりにレタスでもいいぞー



あ、腰痛い・・・から、今日はイラストなしね。







「そういう問題?!」

とおもったら

・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ
↓(アナタの1ポチで、ランキングがあがります)

d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-09-23 12:30 | 料理(かんたん)
簡単ブルスケッタ そしてミッチーのバースデー
d0159822_2056343.jpg


先日、ゴジッカ村のしんでれらさんのお抱え運転手「ミッチー」が
310歳(オバケ!)の誕生日を迎えたとのことで

遅れながらもチャースケと共に駆けつけた。

ゴジッカ村のしんでれらさんによると、
ミッチーは朝から呪文のように「ぶるすけった」「ぶるすけった」と
唱えていたらしい。

どうやら、見ていたテレビにチラッと映った『ブルスケッタ』を見て、
どうしても食べたかったらしい。

おれが到着するなり、「ぶるすけった、ぶるすけった作ってくれ」と
ぶしつけにたのむ。

なんだ!歓迎の言葉はおろか、ブルスケッタの要求!

しかし、そこまでリクエストされちゃー作らないわけにはいかぬ。
ミッチーの誕生祝だしね。

というわけで、材料を調達しブルスケッタ作りに。

そういえば、ブルスケッタってどんなんだっけ・・?

記憶を頼りに、テキトウに作ったので
本来のとは違うかもしれませんが、あしからず!

味は保障つきです。


(つくりやすい量)

・バゲット 1/2本

★トマト(1cm角切り) 1個
★玉ねぎ(粗みじん切り) 1/2個
★生の青唐辛子(みじん切り) 1本(2g)

★にんにく(みじん切り) 1片
★オリーブオイル 大1
★バルサミコ酢 大1/2
★塩 小1/2弱 ※味を見ながら加減
★黒胡椒 適量
★バジル(みじん切り) 20枚くらい

・にんにく 適量
・バジル(飾り用) 適量


①玉ねぎは、辛味が気になる場合は水に15分ほどさらし、
キッチンペーパーで水気をしっかり絞る。

ボウルに★をすべて合わせ、30分ほど置いておく。

d0159822_2056538.jpg


②バゲットは2cm幅ほどに切る。
軽くオーブントースターなどで焼いて、表面ににんにくを
こすりつける。
d0159822_2057791.jpg


③ ②に①を等分にのせ、飾り用のバジルをのせて完成!
d0159822_20572241.jpg



なんて簡単なんだ。
レシピというのも申し訳ない・・・
が、これはパーチーに出しても華やかな1品!
d0159822_20574086.jpg


リクエストしたミッチーも、最初食べるなり、「100点!!100点だ!」
と興奮。
ヨシヨシ。
d0159822_2057528.jpg


しんでれらさんも、食べながら酒を飲み、料理をする。
どれかひとつに集中してほしい。


しかしほんとうに酒に合う。
おいしい!ピリッと効いた青唐辛子が良い仕事している。
d0159822_20581450.jpg



みんなに大好評だったブルスケッタ。
ほどよく酔っ払ったミッチーは、まだ食べながら「うまい!これは99点!」と叫ぶ。

1点下がったのはなぜだろうか。

その真相は謎のままだ。

そして・・・

恒例、しんでれらさんの手料理。

これ、なんだか気合の入るときに作る特製ちらし寿司。
毎度中身は少し違うが、必ずこの大量の薄焼き卵がどっかりのっているのが
特徴だ。
d0159822_20582751.jpg


この日の中身はしめ鯖、ヅケマグロ、干瓢、シイタケ、酢レンコン・・・
あとなんだったかな。
とにかくおいしい。
おれはいつもこのちらしを、具だけツマミに飲むのが好きだ。(サイテー)
d0159822_20584590.jpg


これ、焼きマツタケの焼きびたし。
マッタケ!!秋ですなぁ~
d0159822_2059048.jpg


コレはタイの湯引きのカルパッチョソース和え??らしい
いつからこんなシャレ山なもんつくるようになったのか
d0159822_20591673.jpg


そしてこれ!
茶碗蒸し!!マッタケいり!
食べ終わったチャースケはほんとうに寂しそう・・・
d0159822_20593088.jpg



d0159822_11334451.jpg




今回も、食べて飲んでおなかいっぱい!
楽しい1日となりやした。

ごちそうさまでした~!



あなたの1ポチで順位が上がります・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-09-22 12:30 | 料理(かんたん)
うずらうずらうずラーメン
d0159822_2014156.jpg


おれが酔っ払ってたまにコンビニで変なものを買って帰る癖があるのは
ミットゥンファン(?)ならご存知だと思うが、

先日もやった。

それは、うずら卵の水煮!

よりによって、水煮!

さすがに水煮をそのままつまむ気になれなかったのか、
朝起きると
机の上にこのうずらの水煮が横たわっていた。

うむむ、さすが卵番長!

酔っ払っても卵を買うという・・・

そろそろ『影の大番長』・・いやいや、『影の校長』に昇格してもいいかもしれん。

今日は、このウズラの水煮を活用して
家にあるものでささっと作れる
簡単ラーメンの紹介だよっ


(1人前)

・うずら卵(水煮) 7~8個
・しし唐 5~6本
・ほうれん草(3cm幅に切る) 1束
・にんにく(つぶす) 1片
・ごま油 大1

★酒 大2
★チキンスープ 2カップ
★塩 小1/4~適量
★だし醤油

・中華麺 1玉分 ※無ければパスタでも可
・黒胡椒 適量
・ラー油 適量



①鍋にごま油を熱し、にんにくを入れて弱火で香りを出したら
しし唐を炒める。
d0159822_20141834.jpg


②更にうずらたまごを入れ、全体に油が回るまで炒める。
d0159822_20151367.jpg


③★をいれて、沸騰させ、味を塩で調える。
d0159822_20161468.jpg


④ほうれん草をいれ、さっと煮たら火を止める。

⑤中華麺は表示どおりにゆでる。
パスタで作る場合はココ参照

d0159822_20143374.jpg


⑥しっかり水気を切った麺を丼に盛り、熱々の④をかける。

仕上に黒胡椒とラー油をかけてかんせい!
d0159822_20163515.jpg


どうですか、このビジュアル!
もはや意味不明だ。
d0159822_20171315.jpg


なんですかーこのウズラの量は!
ウズラ嫌いな人からしたら、絶対に食べたくないラーメンだ。(あたりまえだ)
d0159822_20172679.jpg


しかし、ウズラ好きにはたまらんちん。
にんにくもゴロっと入って、スタミナ満点~
d0159822_20174260.jpg


ほうれん草の代わりにニラでもいいね。
ラー油は必須ですよ。

今回、上にも書いたが
中華麺がなくてもパスタで作れます。
これはもうマジック!もちろん、今回もパスタで作ってます。

ちょっと細めのパスタがこのラーメンには合います。

是非お試しをーー!!





《おまけ》
今日のお酒シリーズ

今日は『氷の精』
d0159822_20175449.jpg

★特別純米酒
★720ml 1,252円

愛知県産酒造好適米「夢山水」を55%まで磨き上げ
清流・木曽川の豊かな伏流水にて杜氏伝統の技により、
低温でじっくりと醸された特別純米酒 だそうだ。

名前の通り、さわやかで飲みやすい酒!
ちょっと冷やして飲むのがおいしいです。








d0159822_1219381.jpg

「でもどっちかってーと、鶏卵のほうがすきなんだけど」


・・・


ポチっと「レシピブログ」ボタンを押してってネ~



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2011-09-21 12:20 | 料理(かんたん)
モスよりおいしい?!ライスバーガー きんびら
d0159822_21552516.jpg

きのうチラッとお伝えしたが、

そう、先日はモクモク商店街のボーリング大会であった。

チームごとに対決し、全5レーンをつかって
約30名のメンバーが集まった。

おれのチームは、「バブルの申し子・イタクラ」率いる
計6名のチーム。

中でも活躍したのが、もうすぐ50代後半と思われる
「じゅんぞう」だ。

じゅんぞうは、「ボーリングは30年ぶりだ」と言い、
まさに最初はガーターを連発していたが

2ゲーム目から、30年前の華々しい時代の感覚を取り戻したのか、
じゅんぞう、ストライク連発!

わがチームにストライクの流れを作り、
みごと優勝へと導いた!

優勝商品は・・・2次会の飲み代が半額!
「タダ」とは言わないところが、不況を物語るのであった。

ま、とにかく無事ボーリングは済んだが

次の日、左のケツが痛い!

なんでだ。

ボーリングといえば腕が筋肉痛になるのがお決まりだと思っていたが・・・

ケツが筋肉痛になったのであった。

そしてお伝えしたとおりの二日酔い・・・

チャースケにお詫びに、なにか好きなものを作ってやろうと考えた。

チ:「ちゃー(ハンバーガー)」

ミ:「そ、そんな無理難題を!パンもひき肉もレタスもトマトも無いことを
知ってるくせに!」

しかし、この世にはパンもひき肉もレタスもトマトも無くても、
作れるバーガーがあることをご存知か。

そう!

まさに日本の誇るバーガー、ライスバーガーだっ!!

(1つ分)

・にんじん(千切り) 50g
・豚薄切り肉(食べやすい大きさに切る) 50g
・ごま油 小1
・塩 適量

☆醤油 大1弱
☆アガベシロップ 大1/2
☆酒 大1
・白すりゴマ 大1/2

★ごはん 200g
★卵 1個
★塩 小1/4
★アガベシロップ 小1/2
・マヨネーズ 少々
・ごま油 適量

①フライパンにごま油を熱し、ニンジンを炒める。
d0159822_21554163.jpg


②豚肉をいれ塩を全体にして炒め、☆をまわしいれて全体に煮詰めるように
炒める
d0159822_21555242.jpg


③汁気が無くなったら火を止め、白すりゴマを入れて混ぜる。
d0159822_2156220.jpg


④ボウルに★をあわせてしっかりまぜておく
d0159822_21561592.jpg


⑤セルクルの内側に油をうすく塗る。
フライパンにも少々油を熱し、セルクルを置いて④の半量を入れる。
d0159822_21562793.jpg


⑥裏面が良い焼き色になったらひっくり返し、同様に焼き色がつくまで
焼く。固まってきたらセルクルをはずして何度か返しながら焼く。

残りの半量も同様に焼く(セルクルが2個ある場合は同時に焼いてOK)
d0159822_21564082.jpg



⑦焼いた⑥の片面にうすくマヨネーズを塗る。
※塗らなくてもOK
d0159822_21565431.jpg


⑧ ⑦の1つをマヨ側を上にして皿に置き、③をのせる。
のこりの⑦をマヨ側を下側にしてふたをする。
d0159822_215761.jpg


かんたん あっというまに完成の
自家製ライスバーガー!
d0159822_21572263.jpg


キンピラが一番手軽・・だけど、肉好きチャースケのために
豚肉イン!
d0159822_2157323.jpg


そしてジャンキーさも出すために、マヨネーズも塗る。
これがまたキンピラに合うのだ。



そしてお気づきだと思うが、モスと決定的に違うのは・・

そう!

ご飯に卵を混ぜているところ。

さぁっすが卵番長

でもね、こうやって焼くとご飯を無理やり固めて成型しなくても良いし、
コクも出て
ほんとうにおいしくなるのだ!!

ライスバーガーを作るさいには是非お試しいただきたい。

セルクルはねー、1つでも良いからあると便利だよ。

無い場合は、厚紙にオーブンペーパーをまきつけて
丸くしてホチキスかなんかでとめるといいよ。

こんなに簡単なら、買いに行くより早いぞ!
好きな具で、いろいろ試してね~



《おまけ》

今日もオススメチーズの紹介。

グラティン・ピッコロ
d0159822_22114335.jpg

ジェニパーツリーの灰で覆われているチーズ。
小ぶりで、見た目はなんだかシェーブルッぽいが
牛乳のチーズ。

お店のおねえさんはセミハードチーズだといっていたけど、

外の皮の部分はウォッシュ顔負けの癖のある味わい。

d0159822_22115259.jpg


でも中はむっちりしていて、ミルキー。
食べやすいチーズだ。

でも外側の風味のほうが好きだな・・。

蜂蜜をつけながら
おつまみにチビチビ食べ、あっというまに完食。

おいしいチーズでした。


d0159822_12264654.jpg



順位も上がれば運気も上がる!(おれの)
あなたの1ポチが大事なんです・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-09-20 12:28 | 料理(かんたん)
鶏とオクラのあっさりフォー
d0159822_17381786.jpg


先日、また飲みすぎた。
モクモク村のボーリング大会があり
2次会で飲む

また3次会で飲む


途中から記憶が無いのだが、朝起きると久々に
二日酔いに見舞われ
ずっと気持ち悪いのが治らない。

おそるおそる、横目の視線が厳しいチャースケに
夕べの様子を伺ってみると、

どうやら2次会で飲みすぎ
3件目でトイレに立ったという。
しかし、いつまでたってもトイレから帰ってこないので

心配して探しに行くと、トイレの戸が開いていて
中には誰もいなかった。

チ:「ちゃー」

おれを探すチャースケ

外にでてみると、頭を地面につけ両手を前に伸ばし
アラーの神様にむかってお祈りしていたという・・・

チ:「ちゃー!?(いつからイスラム教徒に?!)」

また、みなさまにご迷惑をおかけしながら
無事帰路につき

そして何事も無かったように
今日も酒を飲むのであった・・・。

チーン

すみません

とくにまっちゃん

すみません


しかし、二日酔いってのは本当に辛いね。
あれは、立派な病気だね。
ただし誰も同情してくれない病気。

こんな辛い日は、こんなあっさりしたもので胃を労わってはどうか。

あっさり、でもピリリと効いた唐辛子が
胃をすっきりさせて
食欲増進、

そして今日も元気に飲めるぞっ!

ちゃー!(飲まんでいいわっっ)


(1人前)

・鶏手羽元 3本
・水 500ml
・酒 100ml
★ネギ(青い部分) 1本分
★ショウガ(スライス) 2片

◎酒 大1
◎ナンプラー 大1
◎塩・胡椒 各少々
◎ごま油 小1/2

●ナンプラー 大1/2
●生の青唐辛子(みじん切り) 1/2本(1g)
●アガベシロップ 小1/2
・塩・胡椒 各少々


・オクラ 3本
☆大葉(みじん切り) 4枚 
☆ごま油 小1/4
☆塩 少々
☆ナンプラー 少々

・フォー 食べたい量
・ライム(カボスでも) 1/2個

①鍋に水、酒、鶏手羽元を入れて火にかける。
沸騰したら弱火にし、アクを取る。
d0159822_17392388.jpg


②アクを取ったら★を入れ、蓋をして弱火で10~15分ほど煮る。
d0159822_17393020.jpg


③手羽元、ネギ、しょうがを除いて
ザルにキッチンペーパーを重ね、②を漉す。
d0159822_17393974.jpg


こんな透き通ったスープになる。
小鍋に移し、弱火にかけて◎をいれて味を調える。
d0159822_17395581.jpg


④取り除いた手羽元を骨からはずし、手でほぐしておく。
全体に塩・胡椒をうすくして、●であえておく。
d0159822_17394796.jpg

d0159822_174032.jpg


⑤オクラはさっと茹で、小口切りにして☆であえておく
d0159822_174011100.jpg


⑥フォーは15分ほどぬるま湯につけてから茹でる。
茹でていったん冷水でしめ、水気を切って丼に盛る。
d0159822_17383087.jpg


⑦熱々の③をかけ、④、⑤をのせる。ライムを沿え、かんせい!
d0159822_17384316.jpg



鶏の出汁がおいしい、あっさり麺。
どうしてフォーって、こんなにナンプラーが合うのかね~
d0159822_17385143.jpg


オクラもおいしい。
ごま油が効いている。

青唐辛子が無ければ入れなくてもいいけど、
絶対あったほうがおいしい。

また、あれば大葉の代わりにパクチーを使いたいところ。
パクチーは仕上にどっさりのせてもいいね。

みんな大好きフォー、
ちゃんと手羽から出汁をとるのも簡単なので
ぜひやってみてね。
鶏は、おいしい鶏をつかってね。ブロイラーだと臭くていいダシが取れないよ。


《おまけ》

今日のチーズは、ハイジが黒パンにのせて食べていたあのチーズで有名な「ラクレット」。

ここアルパージュでは、ラクレットはフランス産とスイス産の2種用意している。
d0159822_22504690.jpg

グラム数で言ったら、スイス産のほうが若干高め。


こちらがフランス産。
d0159822_2251340.jpg


こちらがスイス産だ。
d0159822_2251115.jpg


同じラクレットでも、見た目からもう全然違う。
フランス産は茶色い皮に覆われ、色も黄色いが
スイス産のほうは色が薄く、もっちりしている。

そのまま食べると、その違いは歴然!
ハイジが食べていたのはきっとスイス産だろうが、
ハイジには悪いがおれはフランス産のほうが好きだ。

スイス産は、ちょっと獣臭い独特の癖がある。

少しだけフライパンで温めて食べてみた。

d0159822_22512098.jpg

すると、癖のあったスイス産が食べやすくなっている。
むしろ、野菜にかけたりして食べるのはスイス産のほうが向いているかも。

フランス産は癖がなく、もっちりしていて誰にも受け入れられるであろう味。

うーん、ラクレットといってもこんなに違うんだだなぁ~

また今日もチーズの奥深さに感心してし、ますますチーズが好きになっていくのであった。
つづく










d0159822_1212377.jpg

「懲りませんね・・・」

とお叱りのアナタ

・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_12544571.jpg

by mittun-chasuke | 2011-09-19 12:02 | 料理(ハイカラ)



ベジタリアンのミットゥンと肉食チャースケのご飯日記
by ミットゥン
タグ
(516)
(482)
(363)
(339)
(201)
(170)
(134)
(132)
(92)
(87)
(72)
(65)
(59)
(52)
(51)
(42)
(37)
(29)
(27)
(17)
(15)
(12)
(10)
(7)
(6)
(5)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
登場人物紹介
ミットゥン
チャースケ
漫画付きレシピ
料理(ハイカラ)
料理(かんたん)
料理(副菜、その他)
料理(メンドうまい)
おやつ
パン
自己紹介
その他
弁当
未分類
以前の記事
2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
お気に入りブログ
おとなは、だれも、はじめ...
ハンドメイドな日々
沢ぱん日記
shina_poohな日...
知りたがりやの食べたがりや
夕方に台所で・・・
やわらぎをもって。
イギリス ウェールズの自...
歌花史庵 かかしあん
うひひなまいにち
ごはんとおかずと日々のつ...
僕とマダムと先生と
アベマリアのハッピーテーブル
犬とご飯と雑貨。
spring comes...
1/f breeze
kun-kun+kuro-ro
Life style
アインのしっぽ
バニラのお菓子ライフ
Cheminee de ...
mogumogu * Leaf
亜麻仁
つばさ雲
エットハミアメドとお料理...
がびあーの家の毎日
山麓風景と編み物    
London Scene
ろこりん♪の毎日。
ゆるロビ生活
カザルパロッコのネコ(C...
walking slow...
田園都市生活
ちょっと寄り道
平凡人日記
NO ANCHOVY, ...
ひなたの小部屋
ミニチュアブルテリア ダ...
日々の暮らし ☆ mam...
一日一歩
La prima ste...
日々道場
にじいろ日記
丁寧な生活をゆっくりと
さっちんきっちん
やねのうえのわんこ
ホウロウダイアリー
5plus2and2
ステンドグラス こもれ...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
カザルパロッコのネコ
The cats inside
Can of Good ...
★ミットゥンのラインスタンプ販売中!


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!
d0159822_12455074.jpg






エキサイトブログ以外のお友たち
Mシュナ Richardより愛を込めて

トレモロの響きにのせて

某医大正estateのごはんブログ


Can of Good Goodies

豆好き

yamatoyome ~沖縄生活~

パスタファイター

ぱっちとPUっ♪


THE CULINARY TRIBUNE

stadio r(食フォトギャラリー)

la table

Bay Alien

ビストロ カルナヴァル

スペース大原

★沖縄日記記事がオススメブログに!
那覇
旅行口コミ情報

★チャースケがツイッターを始めた?!
『_Charsuke_』で検索!


★広告メール対策の為、コメントを承認制にしました

コメントだいかんげいです!
お気軽にどんどんコメントチョウダイ!

★ウーマンエキサイト「おいしい!」に以下の記事を掲載していただきました。

緑のヘルシーポテサラ


米粉のブルーベリーパンケーキ


簡単!イカのトマト煮込み


カレー風味の鶏グリル


マグロの味噌漬けどんぶり


車麩の海老チリ風炒め


自家製甘納豆


牡蠣と温玉の韓国風サラダ


ヘルシーフムス


温泉たまごで!濃厚オリーブオイルアイス


過去最高のビーフシチュー


簡単ヘルシー!豆乳杏仁プリン


節分に!豪華海鮮太巻き


ブルーチーズと納豆のパスタ


しあわせのメープルパンケーキ


柚子トマトうどん


ポテサラと食べる絶品フレンチトースト


パスタでビックリ!ちゃんぽん麺


やめられないトマラナイ!メープルナッツ4種


しっとり茹で鶏の特製ピリカラだれ


ワインが進む君!トマトチーズビスコッティ


海老と豆腐の卵とじ中華丼


塩鮭とろみ中華どんぶり


野菜のうまみの詰まったヘルシーシチュー


韓国風!イワシのピリ辛しょうが煮


刺身の残りで!絶品ヅケ茶漬け


梨と豆乳のやわやわプリンと滑らかジェラート


絶品!中華スープがけ納豆ご飯


簡単!刺身でユッケ風どんぶり


あっさり!あさり二ラーメン


高貴な味!メープル小豆の豆腐クリーム添え


お店の味!海鮮あんかけ かたやきそば


春巻きの皮で作る!海老とアボカドの豆腐キッシュ


火を使わない!ピータン豆腐どんぶり


バター不使用!ココナッツとあんずの全粒粉スコーン


熱ヒヤ!豆乳坦々つけ麺


薄焼きがポイント!ザクザクフルーツクッキー


夏のビールの共に!ヤムウンセン


ひんやり!さっぱりカレーきしめん


ピーナッツバターで本格的なタレ!棒々鶏うどん


二日酔いの朝にやさしい アボカドとホタテのおかゆ


レストランの味の濃厚ニョッキ


お肉無しでも絶品ビビンバ


自然の甘みのおやつ!ドライフルーツまるごとクッキー

パーティーに!絶品ヘルシー板麩でラザニア

とろ~り絶品!洋食屋さんのクリームコロッケ

フレッシュトマトの絶品ラタトゥイユ

海老の殻は捨てちゃ駄目!濃厚豆乳ベシャメルソース

とろとろ手羽先の韓国風煮込み

とろーりチーズのかかったトマトのモツ煮込み

フレッシュトマトで作るエビチリ
卵一個で!豆乳スフレ

残り野菜で!韓国トッポギ

トマト肉味噌でヘルシー冷麺
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
居酒屋ごっこ・五月編
from cool witch
生存報告。
from ハムログ
居酒屋ごっこ
from cool witch
塩麹を使ったおかず など..
from 海のむこう 空のむこう
おおそうじのフルーツクッ..
from 海のむこう 空のむこう
ポテトマカロニサラダwi..
from 知りたがりやの食べたがりや
イギリス歯医者の話 - ..
from 坂の上にある家 
白練りごま
from 坂の上にある家 
冬至の夜
from 坂の上にある家 
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧