<   2012年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧
桜とこし餡のスコーン
d0159822_19465685.jpg


先日、やや酔っ払って
飲んでいたワインを床にぶちこぼし、

じゅうたんがワイン色に染まってしまった。

半分酔いながら半分正気で「ああーこぼしちった・・」と思いながら

そのままほかして置いて寝たら、朝起きてびっくりした(あたりまえだ)

『もうこりゃだめだなー。まいっか~

ちょうど買い替え時だと思ってたし!
春だし!新しいの買おうっと♪』

と思い、出かけたのだが、

帰ってきたらワインの痕があきらかに薄くなっていた。

どうやら、おれが出かけてる間に
チャースケが一生懸命雑巾でたたいて拭いたようだ。

あまりの健気さ(?)に、一瞬涙がチョチョぎれそうになったが・・・

ゴメンチャースケ、このじゅうたん、もう捨てるんだ・・。



・・・。




春ですね~

来週から新生活のひともおおいのでは?

以前紹介した「さらしあん」を使って、
春のスコーンを紹介します。

(8個分)

★薄力粉 110g
★全粒薄力粉 50g ※無ければ薄力粉でOK
★ベーキングパウダー 小2
★さらしあん 40g
★きび砂糖 55g
★塩 小1/2

・桜の花の塩漬け 30g
・バター(1.5cmくらいの角切りにする) 50g

・豆乳(または牛乳) 100g

①桜の花の塩漬けは3時間~一晩ほど水につけて
しっかり塩抜きする。

塩抜きできたらしっかりキッチンペーパーなどで水気を
ふき取る。
トッピング用だけ少量取り分けておく。

②フードプロセッサーに★と、①の桜の花(トッピング用意外)を入れ
さらさらになるまでまわす
d0159822_19461218.jpg


③バターを入れ、バターの塊がなくなるまでまわす
d0159822_19462363.jpg


④豆乳をいれまわし、ひとまとまりなったら台に取り出す。
d0159822_19462689.jpg


⑤厚み3~4cmの長方形にまとめ、8等分に切る
d0159822_1946375.jpg


⑥取り分けておいたトッピング用の桜の花を上に貼り付け、
170度に予熱したオーブンで20分ほど焼く
d0159822_19464154.jpg



春が来た!ワクワクするようなスコーン。
d0159822_1946434.jpg



そのままでも十分甘いけど、さらにあまく
メープルかけちゃうもんねーへへへー
d0159822_1947288.jpg



うーんやっぱり甘いなぁ。
この甘さがウレシイ。

スコーンというより、もうデッカいクッキーのようだ。

このこし餡と桜の風味の相性は、桜餅でお解りのとおり
バツグンだ。
d0159822_19471832.jpg


さらしあんが無い場合、きび砂糖の量を減らして
豆乳の代わりにこし餡の水分でまとめてもいいかも。

桜の花の塩抜きはしっかりと!


春香るスコーンで
ぜひあなたも春の訪れを感じてみては。





d0159822_1225310.jpg

みなさんもワインをこぼさないように注意しましょう


・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-03-30 12:27 | おやつ
コチュジャン焼きうどん
d0159822_2035313.jpg

先月あたり、そこらじゅうで北海道ブッサンテンをやっていた時

「人気の『じゃがぽっくる』限定○○箱!朝9時から整理券配布・・・」と書いて目玉にしていた。

ミ:「まったくさー、あんなお菓子にわざわざ朝から並んで・・・
馬鹿だなぁ~
じゃがぽっくるって、実は「ジャガビー(コンビニに売ってる菓子)」と中身一緒らしいぜ」

チ:「ちゃー」

そんな感じで、じゃがぽっくるを買う行列を白い目で見ながら
通り過ぎようとしたその時!

『チリンチリ~ン
こちら、じゃがぽっくるキャンセル分、今なら整理券無しで
誰でもご購入できま~す チリンチリ~ン』



ミ:「えっ・・・」


・・・

つい5分ほど前、さんざんジャがポックルを買う人をののしったおれは
しっかりジャがポックルを購入したのであった・・・。


そして、一応名誉(?)のために言っておくが、
じゃがぽくるとジャガビーは同じカルビーの製品だが
中身は違うらしい。

ジャガポックルは北海道産のジャガイモしか使わず、塩もこだわって
食べる人によっては
ジャガポックルのほうがやはり美味しい、とのことだ。
※詳しくはここ参照



まー、なんだろうね、どっちでもいいけどね。
なんで人は「限定商品」ってのはつい買っちまうんだろうね。

ああ、嫌だ嫌だ。(オマエもだ!)
というわけで、ジャガポックルを手に入れたのであった。

そんなことはどうでもいいね。
あ、ちなみにジャガポックル、おいしかったよ。


さて話変わって
今日は、ちょいと手抜きに焼うどん。
コチュジャンでピリ辛に仕上げるよ!
(ジャガポックルの話、全然関係ネェ!)



(1人前)

・豚薄切り肉 70g
・キャベツ(ざく切り) 200g
・白ネギ(斜め切り) 1/2本 ※玉ねぎでもOK

★にんにく(薄切り) 1片
★青唐辛子(薄切り) 1g
★胡麻油 大1/2

☆味噌 大1+1/2
☆醤油 大1
☆コチュジャン 大1/2
☆豆板醤 小1/4
☆アガベシロップ 大1
☆酒 大1

・塩 少々
・うどん 1玉分
・かつおぶし 適量
・白いりゴマ 適量
・パクチー 適量
・卵 1個
・糸唐辛子 適量 ※あれば


①フライパンに★をいれ弱火にかけ、香りが立ったら
豚肉を入れて炒める
d0159822_20353066.jpg


②キャベツ、白ネギを入れ塩を少々して炒める
d0159822_20362199.jpg


③少し硬めに茹でたうどんをいれ、よく混ぜ合わせた☆をいれ
手早く絡めるように炒める
d0159822_20363359.jpg


④器に盛り、かつお節をかける
d0159822_20365821.jpg


⑤目玉焼きを作り、上にのせる。白ゴマ、糸唐辛子をのせ
パクチーを添える
d0159822_20371093.jpg



パンチの効いた焼きうどんのかんせい!
d0159822_20371892.jpg


目玉焼きはやや半熟状に仕上る。
d0159822_20373157.jpg


で、麺にからめる!
d0159822_20373993.jpg


辛い、でも旨い。
焼きうどんってなんか懐かしいな。
昔、晩御飯が焼きうどんだと、手抜きされた感じがして
あまり嬉しくなかった思い出がある。

子供ってのは贅沢なもんだ。

いまじゃ素うどんでも美味しいと思うけどな。



辛さの調節はお好みで。

いつもと違う焼きうどん
是非お試しあれ!

《おまけ》

今日のオススメチーズ・・・番外編。

オススメチーズケーキ

『町村農場 チーズケーキ』
d0159822_20392250.jpg


町村さんの美味しさは、以前クリームチーズを紹介したとき
確信済み。

そんな町村さんのチーズケーキが、北海道物産展限定で売っていた。
d0159822_20394523.jpg

1個 ¥1200
長方形の箱に入った、こじんまりとしたチーズケーキ。


原材料は
クリームチーズ、生クリーム、サワークリーム、グラニュー糖、全卵
コーンスターチ、レモン汁、リッツクラッカー

なぜリッツクラッカー・・・

ま、いいけど。


d0159822_2040138.jpg


おれはワインのつまみにチーズケーキをつまむのが好きだ。
というわけでもちろんワインと。

d0159822_20402172.jpg

濃厚でしっとり。
実においしい。
自分じゃなかなか怖くてこういう濃厚なチーズケーキは作らないもんな。

やっぱり町村さんのチーズはおいしいなー

みなさんも見つけたらぜひ。





d0159822_12481537.jpg
d0159822_12482310.jpg
d0159822_12483263.jpg


・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-03-29 12:52
塩麹でチキン南蛮
d0159822_20155065.jpg

先日、塩麹を作った報告をした時
「塩でもいいんじゃないか」と書いたら
さっそ塩麹姉さんから『オマエは何もわかっちゃいない!』とのお叱りのコメントを頂いた。

なんでも、でんぷんやたんぱく質を分解する働きもあるとかで、
使い方によってはあんま意味無いこともあるそうだ。

だから肉や魚の下味にもいいんだろうね。

そして、「とりあえずキャベツに塩麹揉みこんで食って見やがれ」ということだったので
すぐに揉みこんだ!!

『一晩置くと浅漬けの出来上がり』とのことだったが
とりあえず待ちきれなく半分はすぐに食べたが

おおっ 
こりゃなんじゃー!

うまい・・!
すごい、たしかに塩とは違う・・・

一晩経ったのも美味しかったけど、5分くらいですぐ食べたほうが好みかも。
どっちにしろ塩麹のパワーがわかったのであった。

塩麹姉さん、塩麹を軽視してすいませんでした。

というわけで、今日はちゃんと塩麹のパワーを生かして
チャースケリクエストのチキン南蛮!

鶏肉の下味にもタルタルにも
塩麹大活躍です。

(1~2人前)

・鶏胸肉(モモ肉でも可) 1枚
☆塩麹 大1
☆酒 小1
☆にんにく(すりおろし) 小1/2
・溶き卵 1個
・小麦粉 適量

《タルタルソース》
★絹豆腐 70g  ※ジョニーなどのまろやかなものがオススメ
★塩麹 大1
★マヨネーズ 大1
★粒マスタード 小1
★胡椒 少々
★オニオンパウダー 小1 ※無ければ入れなくても可

◎茹で卵(みじん切り) 1個
◎万能ネギ(小口切り) 3本
◎玉ねぎ(みじん切り) 1/4個 ※15分水にさらしてからキッチンペーパーで水気を絞る
◎らっきょうの甘酢漬け(みじん切り) 5ヶ
◎レモン汁 小1


《甘酢》
△酢 大2
△きび砂糖 大2
△醤油 大2
・片栗粉 小1(倍量の水で溶く) 

《つけあわせ》
・トマト 適量
・レタス、ベビーリーフなど 適量



①鶏肉に全体にフォークで穴を開け、ポリ袋にいれ☆を入れて揉み込む。
そのまま30分~半日ほど置いておく
d0159822_2016665.jpg


②タルタルソースを作る。
ボウルに★をいれて滑らかになるまで混ぜる
d0159822_20163542.jpg



③そこに◎をいれ、よく和える。味を見て塩などで味を調える
d0159822_20164594.jpg


④甘酢を作る。鍋に△を入れて煮立て、水溶き片栗粉をいれて
ゆるめなトロミをつける。
d0159822_2017059.jpg


⑤ ①の鶏肉に小麦粉をまぶしつける。余分な粉をはらい、溶き卵をたっぷりつける。
d0159822_2017116.jpg


⑥低温の油でじっくり5分ほど揚げる。
いったん取り出し、1分半ほど置いて
今度は油の温度を上げて表面がかりっとなるまで揚げる。
d0159822_20172518.jpg


⑦キッチンペーパーの上でしっかり油を切る。
食べやすい幅に切り分ける。
d0159822_20174485.jpg



⑧器に盛り、つけ合わせの野菜を添える。
d0159822_20182135.jpg


上から③のタルタルソースをのせ、④の甘酢をかけてかんせい!
d0159822_20184885.jpg



下味にもソースにも塩麹を使った
とくせいチキン南蛮!
d0159822_2019067.jpg



胸肉もしっとりやわらか。
味もしっかり付いている。
d0159822_20194650.jpg


マイルドな塩麹はソースにもぴったり。
d0159822_20193025.jpg



タルタルはちょっと軽めにマヨネーズ少な目に豆腐でまろやかさを。
ピクルスが無いのでラッキョウで代用。
ほかにきゅうりやトマトのみじん切りをいれてもさわやかでいいかも。
その際は、水気をきっかりきってね
(トマトは種の部分は入れないほうが良い)



ボリュームたっぷりチキン南蛮
冷めてもやわらかいので、余ったら弁当などにもぜひ!

ま、うちはスゴイ胃袋をお持ちの肉食ネコが
あっという間に平らげるので余るなんてこたぁ無いけどね・・・


《おまけ》

ちなみにコレがはまっている
塩麹キャベツ。

ここんとこ毎日食べている・・・


ポリ袋にキャベツと塩麹をいれて揉み込み、5分ほど置いて皿に盛り
フラックスオイル・ブラックペッパーをふるだけ
d0159822_2119993.jpg


ブラックペッパーの代わりにクミンパウダーをかけるのも
d0159822_21192875.jpg



ほかにも色々やりたいが、こればっか作ってたら
肝心の塩麹がそろそろなくなりそうになってしもた。


塩麹は熟成したほうがおいしいから、今度は大量に仕込もうっと。




・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg



by mittun-chasuke | 2012-03-28 11:57 | 料理(ハイカラ)
ほうれん草とイカのカレー
d0159822_20553265.jpg


昨日の記事を見て「チーズナンを作ろう」とおもってるあなた・・・

カレーも忘れちゃいけません。

このナンの供は、昔ながらのドロッとしたカレーではいけません。
カレー粉を使った、さらっとした本格カレーを作りましょう。

あーでも大丈夫。
玉ねぎは飴色になるほどまで炒めなくてもいい。
ポイントは恐れず強めの中火で色づくまで一気に炒める。
ただし焦がさないように。

今日はイカを使ったが、好みで肉でも魚でも
はたまたソーセージでもなんでもいい。

『おいしくなれー』と気を込めりゃあ、大抵のものはおいしくできるから
大丈夫。


(約2人前)
・スルメイカ 1/2ハイ
・ほうれん草 2~3束
・玉ねぎ(薄切り) 1/2~1個
・太白ゴマ油 大3 

☆クミンシード 大1/2
☆にんにく(みじん切り) 1片
☆しょうが(みじん切り) 1片
・カレー粉 大2~3

・水(チキンスープでも) 600ml
・赤唐辛子 1本
・塩 小1
・はちみつ 大1/2
・牛乳(または豆乳) 1/4カップ


①イカは食べやすい大きさにぶつ切りにする。

②鍋に油を大2入れて熱し、玉ねぎを5分ほど強めの中火で炒める
d0159822_20451020.jpg


③玉ねぎが色づいてしんなりしたらいったん取り出す。
同じ鍋に、油大1と☆を入れて弱火にかける。
d0159822_20453613.jpg


香りが立ったら取り出した玉ねぎとカレー粉を入れてなじませる。
d0159822_20454669.jpg


④かつおだし汁をそそぎ、イカと唐辛子を入れ
中火にする。
沸騰したらアクを取り、塩とはちみつを入れて10分~15分ほど
弱火にして煮込む。
d0159822_2046211.jpg


⑤味を見て塩などで味を整え、ほうれん草を入れる。
d0159822_20461148.jpg


ほうれん草がしんなりしたら、牛乳を仕上にいれる。
そのまま冷ますと味が落ち着いておいしくなる。
d0159822_20462434.jpg




さぁっ
熱々を器に盛って

d0159822_20554978.jpg


ナンの用意は良いかっ!
d0159822_20569100.jpg


でわでわ・・

ナンをカレーのなかに

ダーーイブッッ
d0159822_20563068.jpg


どやさ!
d0159822_20565470.jpg


どやさー!
d0159822_2057755.jpg



こりゃたまらんわー

やっぱナンはカレーあってこそ!

カレーもナンあってこそ!

史上最強 食卓界のおしどり夫婦

こんなものを考えるなんて、インド人は偉いネェ・・・



ほうれん草は、クタクタに煮えたのがよければしっかり煮込んでもOK。

他に菜の花やキャベツや・・なんでもあるものを
いれてしまえ!


ぜひチーズナンと合わせて、
カレーも手作りしてみてね。



★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
今月もエキサイトさんで記事を書かせてもらってます。

さぁいよいよお花見の季節到来!

一口サイズで、お花見にうってつけ。
冷めてもおいしいおかずを持って、お花見に出かけよう!

是非見てチョ~↓↓
お花見でドヤ顔できるおかず、豚巻きチーズ串
d0159822_123428.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★






d0159822_12134147.jpg

ミットゥン、頭歪みすぎじゃ・・・


とおもったら


・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-03-27 12:14 | 料理(かんたん)
チーズ滴り・・・とろける!チーズたっぷりナン
d0159822_1557212.jpg


いつだったか、それを雑誌で見たときは
衝撃を受けた。

どこかのカレー屋の紹介写真で

大きな丸いナンの中から、チェダー系のチーズがどっぷり入っていて
熱々の割れ目から
チーズが滴れ落ちている。

「ギャー!!」

見た瞬間、感動。

その店がどこかは忘れたが、そのチーズナンの映像だけは
しっかり脳裏に焼きついていた。

作ろう、作ろう・・と思いつつ
なかなか作れずにいたが

最近うちの冷蔵庫のチーズコーナーが満員電車状態になっていたので
ちょいとハンパなチーズを消費しようと
ようやく製作。

ぱぱっと作ったお手軽本格カレーと供に。



あの感動がいま、目の前に!!

(大1枚分)

★強力粉 200g
★きび砂糖 大1
★ドライイースト 小1/4~1/2 ※お好みで調節
★塩 小1/2
・ぬるま湯(30~35度くらい) 120g
・オリーブオイル 大1

・チーズ(好みのもの) 130g
・バター 大1/2

①ボウルに★をいれて、全体が混ざるように泡だて器やフォークなどで
混ぜる。

ぬるま湯を入れてニーダーで10分ほどこねる
(ニーダーが無い場は台に出して10分ほどこねる)

d0159822_15571710.jpg

さらにオリーブオイルをいれて、ベタつきがなくなるまで
こねたらひとまとまりにしてボウルに移し、
ラップなどをして暖かい場所(30~35度くらい)の場所で
約2倍になるまで発酵させる

※イースト小1/2で作った場合は、2時間ほどで発酵する。
小1/4の場合は単純にもっと時間がかかる。
イーストは少ないほうが美味しく出来るので、時間がある方は小1/4で作ると良い
d0159822_15572416.jpg



指で押してみて、生地がくっつかずに穴が戻らなければOK
d0159822_15574536.jpg


②パンチをしてガス抜きをし、台に出す。
2等分して生地をまるめ、固く絞った濡れぶきんをかぶせて
15分ほどそのまま休ませる
d0159822_15575751.jpg


③オーブンペーパーの上に①の生地をそれぞれ
直径27cmくらいになるように丸く伸ばし、上に薄く切ったチーズを並べる

※必ずオーブンシートなどの上でやろう。
なぜなら、けっこう重くなってフライパンに移すとき大変だから。
(写真でもわかるように、おれは直接台に伸ばしてしまい苦労したから)
d0159822_1558959.jpg


④もう1枚を上にかぶせ、周りをしっかり閉じるように
つまんでいく
d0159822_15582154.jpg


⑤熱したフライパンに④をのせ、1分半ほど弱火で焼く。
d0159822_15583027.jpg


裏返したら蓋をし、3~4分蒸し焼きにする。
火が通ったら仕上に表面にバターを塗る。(片面だけで良い)
d0159822_15583847.jpg



さーさー、チーズが熱々のうちに!
d0159822_15585177.jpg


カレーを一緒に添えて。


d0159822_1559890.jpgd0159822_15594140.jpg


切れ目をいれて持ち上げたその瞬間、

興奮して歓喜が上がること間違いなし。

まさにチーズが滴っている。
d0159822_1621115.jpg


カレーにつけて食べると
もうその美味しさは・・・
説明しなくてもわかってくれるだろうみんな。


でもカレーにつけなくても
メープルをたらーり。で食べても旨い!
d0159822_1602067.jpg





上にも書いたが、イーストの量はお好みで。
はっきりいって、イーストなんて0.01gでも時間と温度さえちゃんとしてれば
必ず発酵する。
だから小1/8でも小1/16でもいいのだ。
ただ、このナンはバゲットなどの旨み重視のハードパンでも無いし、
そんなに時間かけてまで作る必要も無い。
だから小1/2でも十分おいしい。
ただ、小1まで入れてしまうと、イースト臭さが目立つのでオススメしない。


そしてチーズは惜しげも無くドカンといれよう。
このナンはチーズが主役だから、申し訳程度に入れても意味が無い。
食べた人が『ドシャー!』とビックリするくらい入れよう。
おれは今回2種類のチーズを使用(プロボローネとスカモルツァ)。
いろんな種類をミックスして作っても良いし、
1種類でも構わない。

いろいろ試しておいしい組み合わせを探すのもいいかも。




長くなったのでカレーのレシピはまた明日。


《おまけ》

きょうのオススメチーズ
『のぼりべつ プロボローネチーズ』
d0159822_16422496.jpg

1個(150g) ¥500くらい

北海道登別市にある「のぼりべつ酪農館」のチーズ。
d0159822_1642348.jpg

プロボローネは、以前木次乳業のものを食べたが
それと全く違う印象。
もっと硬くて、すこーし酸味を感じた。
今回のナンにも使用した。

これは絶対加熱して食べると良いチーズ。





d0159822_12101758.jpg

終始、大騒ぎして食べること間違いなし。




え?騒ぎすぎだって・・?




とおもったら・・・

・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-03-26 12:16 | 料理(かんたん)
牡蠣とネギの塩麹オーブン焼き
d0159822_20553595.jpg


今、日本でで大フィーバー中の「塩麹」。

ほんとにはやってますね~
日本人はほんとこういう流行が好きだねぇ。

食べるラー油に続く、調味料ヒットなのではないだろうか?

食べラーはあまり興味が無かったが、
塩麹は「作ろう作ろう」と思いつつも、はや半年・・・。

ようやく仕込みましたっ(遅い。笑)

出来たものの、なにこれ
どう使うねん

とりあえず、塩の代わりに使えば良いだと思うので
バンバン、塩の代わりに使っておりやす。

今日はそんな塩麹を使って、
チョー簡単オーブン焼き。

塩麹が無いひとは、塩で代用してくだされ。


(約2人前)
・牡蠣(加熱用) 8~10家ヶ
・片栗粉 小1くらい

・下仁田ネギ(白い部分) 2本分 ※他の太いネギでもOK
・塩麹 大1 ※または塩1/2くらい
・胡椒 少々

・チーズ(好みのもの) 適量
・オリーブオイル 適量

①牡蠣はボウルに入れ
片栗粉を少々まぶして、水を入れて優しく揉み洗いする。
黒い水が透明になるまで洗い流して、しっかり水気を切っておく
d0159822_2141572.jpg


②ネギは3cm幅に切り、表面に斜めに切り込みを数本入れておく。
(味が染みやすいように)
耐熱容器に薄くオリーブオイルを塗り、
ネギをいれて塩麹、胡椒を全体にまぶす
d0159822_20563125.jpg


③牡蠣をいれて、上にチーズをスライスしてのせる。(すりおろしでもOK)
d0159822_20564986.jpg


黒胡椒をふり、190度に予熱したオーブンで20分焼く。
d0159822_20565869.jpg


仕上にオリーブオイルを全体に少々まわしかけてかんせい!!
d0159822_20571890.jpg



グツグツ、熱々を急いで食卓へ!
d0159822_20573157.jpg


熱々の牡蠣、トロトロのネギ、濃厚なチーズ!
d0159822_2057527.jpg



ああったまらんこの組み合わせ!
この旨みは塩麹のちからもあるのだろうか??
d0159822_2058414.jpg


そしてこの牡蠣とネギからでたこの旨みたっぷりの汁!!
これがたまらんのです。
これはどうするかというと・・・
d0159822_20581841.jpg



ジャーン!

バゲットを浸すのだ!!
d0159822_20583063.jpg


ジュワジュワに旨み汁を吸い込んだバゲット・・・

この旨さは言わずもがな。


さぁ、今日はこの一品で1週間の疲れをとろう!!



塩麹・・・「魔法」とまでは言わないが・・・
美味しいような気もする。
d0159822_2142846.jpg


まぁでもおれは塩でいい気もしないでもないが・・・

普通の塩より減塩になるらしい。


とりあえずバンバン使ってます。



d0159822_12111115.jpg

別に塩麹を使おうが使わまいが、関係の無いチャースケであった・・・。



・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-03-23 12:14 | 料理(ハイカラ)
メープル・ホットビスケット
d0159822_20341632.jpg


『スコーン』と『ホットビスケット』の違いは何なのか?

ううむ・・そういえば深く考えたこと無かったけど
何が違うといわれたらよくわからん。

材料も見た目も同じようなもんだし。

そう思うと気になりだしたので
調べてみたら

やはり違いはほとんど無かったみたいだ。

イギリスでは「スコーン」 、アメリカでは「ビスケット」
と呼ぶらしい。

また、イギリスでビスケットはクッキーのことで、
クッキーという言葉は使わないらしい。
(なんかややこしいな)


★(イギリス):スコーン =(アメリカ):ビスケット

★(イギリス):ビスケット=(アメリカ):クッキー


ということらしい。

また、イギリスので「スコーン」というのは、それ自体はほとんど甘みが無く
ジャムやクロテッドクリームをつけて食べるが、
アメリカの「ビスケット」は
いろいろ具が入っていてそれ自体が甘かったりするものらしい。

ふー。
なんかよくわからんけど
結局どっちでもいいってことね。

でもこう呼び名が違うと、なんかやっぱり別物って感じがする。

今日は「ホットビスケット」と呼ぼう。
メープルたっぷりかけて!


あれ、でもこれって本体はあんまり甘みが無いから
どっちかっていうと
スコーンに近いのかも・・・

ま、いいや。
(4個分)

★強力粉 150g
★全粒薄力粉 50g ※ふつうの薄力粉でも可
★塩 小1/2
★メープルシュガー 大1
★ベーキングパウダー 小2

・マカダミアナッツオイル 大4 ※太白ゴマ油など癖のないオイルでも可
・豆乳(または牛乳) 大5~6

・メープルシロップ 適量

①フードプロセッサーに★をいれてざっとまぜる。
マカダミアナッツオイルをいれて、さらさらに混ざるまで
ガーッと混ぜる
d0159822_20344561.jpg


②豆乳を様子を見ながらいれ、まとまったら台に出す
d0159822_20345825.jpg


③4等分にし、丸くまとめる。
d0159822_20351288.jpg



④中央に指で穴を開け、表面に豆乳(または牛乳)をはけで塗る。
170度に予熱したオーブンで25分焼く。
d0159822_20353571.jpg



メープルシロップを添えてかんせい!
熱々でも、冷めたのでもお好みで。
d0159822_20355092.jpg


ここは、メープルを
中央の穴めがけて、どどどーッとかけよう
d0159822_20361386.jpg


サクっとした外側に、しっとりした中身。そこに染みこむ
メープルシロップはもう・・・

シャーワセ!
d0159822_2036245.jpg



オイルは癖のないものを。
オリーブオイルや、胡麻油など風味の強いものは
メープルとぶつかるので避けよう。
無ければ溶かしバターでやってもOK。
d0159822_203636100.jpg


ぱぱっとできる簡単さもウレシイ。

みなさんもおいしいスコーンで幸せな時間を!!!


《おまけ》

きょうのオススメチーズ
フロマージュの杜 カチョカバロ
d0159822_2141117.jpg

1個(200g) ¥840


先日紹介したモッツァレラサラダツイストと一緒に購入した
フロマージュの杜のカチョカバロ。
d0159822_21412615.jpg

普通に、おいしい。
でもなんかこれもちょっと少し焼くと中のモロモロした食感が
ちょっと気になった。
薄めに切って両面をこんがり焼くほうがおすすめです。





・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-03-22 12:30 | おやつ
菜の花と大葉の納豆ごはん
d0159822_18502331.jpg

 
黄金の組み合わせ食材ってありますね

たとえば

★サンマ×スダチ
★鴨×ネギ
★バナナ×チョコ
★サーモン×クリームチーズ
★じゃがいも×バター


いろいろ考えたが、
やはりこれがナンバーワンだろう!とおもうのが

★納豆×生卵

である。

そりゃー、納豆と卵が一緒になったら
最強である。

それぞれ単品でもご飯の友になるが、
一緒にすると最強においしい!

これ以上いい組み合わせのものがほかにあるだろうか

ほかにあるとすれば
★ミットゥン×チャースケ
くらいである。ナンチャッテ!



というわけで我が家では当然、納豆には卵!が基本
(というか常になんでも卵がのってる・・という声もあるが)

今日は、いつもの納豆卵ご飯を
ひとてまかけて
ボリューム&栄養たっぷり
絶品ごはんに仕上げるよ!

(1人前)

・納豆 1ヶ(90g)
・牛肉 70g
・菜の花(ざく切り) 70g
・大葉(細切り) 10~20枚

・バター 10g
・塩、胡椒 各少々
・酒 1/4カップ
・醤油 小1/2
・白すりゴマ 大1

★だし醤油 小1/4
★からし 少々
★ゴマ油 小1/4

・ごはん 食べたい量
・卵黄(好みで全卵でも) 1ヶ


①フライパンにバターを熱し、牛肉を入れ
塩、胡椒を少々して炒める
d0159822_18503733.jpg


②菜の花をいれ、酒を回しいれて1分ほど蒸し煮にする
d0159822_18504987.jpg


③大葉を入れ醤油で味を調える(味をみて物足りなければ塩で調整)
d0159822_1851197.jpg


④白すりゴマをいれて全体を混ぜ火からおろす
d0159822_18511332.jpg


⑤器にご飯を盛り、④をのせる
d0159822_18512577.jpg


⑥納豆は100回くらいよく混ぜたら★をいれ、味付けておく。
これを⑤のうえにかけ、中央に卵黄をのせる。
d0159822_18514397.jpg


色鮮やかな栄養満点ごはん
d0159822_18515591.jpg



菜の花と大葉がたっぷり!
d0159822_1852727.jpg


まずは~黄身つぶして~
グワグワーッと混ぜて食してください
d0159822_18521999.jpg



ほわー、もうヨダレが出てきたでしょう
d0159822_18522848.jpg



これはもうっ 日本万歳!という味。
d0159822_18523826.jpg



こんなに大葉入れるの?!と思うかもしれないが、
はい
入れてください。
むしろこんくらい入れないとダメッッ

ほろ苦い菜の花に、大葉とバターの良い香り。
トロトロに絡んだ納豆がすべてをまとめている!
ビバ!

ちょいとヒトテマかけるだけで、
いつもの納豆丼がこんな絶品な一品にはやがわり。

ぜひ今日のばんごはんにどうぞ!


《おまけ》

今日のオススメチーズ
『ブイゲット アーティザナル』

d0159822_19343293.jpg

1/2個(約75g) ¥900

アーティザナル【artisanal】とは
チーズ製造者が飼育している家畜乳だけでな、
他の製造者からミルクを買い、伝統的な方法で作られたチーズのこと


フランスのシェーブルチーズ。
セガラフロム社製のこのチーズは
山羊たちの丘といわれるアルビの北東のカルモ村にある。

独特の形は布巾を使用して一つずつ、手作業で作っているからだそうだ。

d0159822_19344229.jpg


上にローズマリーがのっている。
山羊乳なのに、癖は少なく
どちらかというとミルクの甘味が強く感じられる。
シェーブルはホロホロした食感のものが多いが
これはすごくしっとりしていてなめらか。
バゲットにぬって蜂蜜を少しつけて食べるのもおいしい。






d0159822_12472837.jpg


・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-03-21 12:51 | 料理(かんたん)
辛旨!コチュジャンモツ煮
d0159822_194045.jpg


チ:「チャーン!!」

チャースケがテレビ画面に食いついている!

ミ:「どうした?!誰が出てた?!百恵ちゃんか?!」

と思ったら、百恵ちゃんでは無く、

先日京都で行われたと言う
KARA-1グランプリ(激辛グルメ日本一決定戦)』のニュースであった。

チ:「チャーン!チャーン!」

どうしても行きたかったらしい。

その後も、そのニュースを食い入るように見ては
ため息をつくのであった。

そしてなぜか行けなかったことをやつ当たりし、
今日はどうしても辛いものが食べたいとごね始める。

ミ:「しょうがないなぁ・・・ブツブツ」

本当は定番のモツ煮を作ろうと買ってきたホルモン。

チャースケの為に
今日は辛ーく、ひと味違ったモツ煮にするよ!

(約2人前)

・牛ホルモン(小腸・大腸など) 200~300g
☆長ねぎ(青い部分) 2本分
☆しょうが(スライス) 2~3片
☆水 1カップ
・牛乳 適量

・新じゃがいも 小さめ5個
・長ねぎ(白い部分) 2本分
・酒 1/4カップ
・水 500ml
・昆布 10cm各×2枚くらい
◎にんにく(包丁の背でつぶす) 2片
◎胡麻油 大1/2
◎豆板醤 小1/4~1/2

★味噌 大2
★コチュジャン 大2
★はちみつ 大1

・白すりゴマ 適量
・万能ネギ、パクチーなど 適量


①牛ホルモンはヒタヒタにひたるくらいの牛乳に30分~1時間ほど漬けておく。

よく牛乳を洗い流し、圧力鍋に☆をいれて2~3分圧力をかける
(圧力鍋が無い場合、1回茹でこぼした後、15分ほど茹でる)

ザルにあけてさっと洗って水気を切り、長ネギは取り除く。
d0159822_19402537.jpg


②鍋に◎をいれて弱火にかけ、香りが立ったら長ネギ(白い部分)を3cm幅に
切ったものをいれて炒める。
d0159822_19403571.jpg


③じゃがいもはよく洗い、皮つきのまま使う。ところどころに竹串で穴を
あけておくと味がしみる。

じゃがいもと①のモツ、しょうがをいれて酒を回しいれる。
d0159822_19404817.jpg


④アルコールが飛んだら水と昆布を入れる。中火にし、煮立ったら
煮汁を少量とりわけ、★を溶かして鍋にもどす。
蓋をして(少しずらす)弱火で20~30分ほど煮る。
d0159822_1940583.jpg


時々様子を見ながら、煮汁が1/4くらいになるまで煮る。
味を調え、時間があればこのままいったん冷ますと味がしっかりしみる。

d0159822_19411647.jpg


食べる直前に再びあたため、器に盛る。
すりゴマをふって、飾りにネギやパクチーをかざってかんせい!
d0159822_19414678.jpg


いつもと違った、パンチの効いたモツ煮。
d0159822_1942018.jpg


見るからに辛そう!
とおもったアナタ
うん、辛いです。
d0159822_1942954.jpg


しかし辛さの中にあるこの旨み。
モツは口の中でとろける。
d0159822_1942197.jpg


豚モツが定番だが、牛モツの煮込みも贅沢。
少し脂っこいけど、しっかり下処理をして煮込めば
くどくも無い
むしろ旨みのある1品に!


辛い、けど酒がすすむ。

もちろん、ごはんのオカズにもいいね。

普段のモツ煮にちょっと飽きたアナタは
ぜひチャレンジを!


★モツ煮バリエーションはこちら★
酒のつまみの代表!モツ煮~関東風~
とろーりチーズのかかったトマトのモツ煮込み
山利喜を夢見て…赤ワインでモツ煮込み
白味噌バターモツ煮




《おまけ》

今日のオススメチーズ

『小岩井 ハロウミチーズ』
d0159822_20235873.jpg

112g ¥672

ご存知「小岩井農場」のチーズ。
なんと国産のハルミ(ハロウミ)チーズだ!


見つけた瞬間、びっくり。
国産のチーズでハルミチーズあるとは!
しかも小岩井。
小岩井って牛乳やヨーグルトだけのイメージだったが・・・
d0159822_19581068.jpg

そして食べてさらにおどろき!
今まで食べたどのハルミチーズよりおいしいじゃないか!!

日本人向けになってるのかな?
でもあのハルミ独特の「キュキュッ」とした食感はそのまま、
ミルキーなコクと旨みは申し分なし。
しかも塩抜きも不要だし。

こんなにおいしいならもっと買って置けばよかったー

また見つけたら絶対買おう。
オリーブオイルでソテーして、サラダにのっけると最高。
でもこのハルミなら、生で食べても十分おいしい。

本場キプロスのハルミチーズはこちらで紹介







d0159822_12355110.jpg

というか、百恵ちゃんが出て食いつくのはアンタだけでしょう・・・


とおもったら、



・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-03-20 12:38 | 料理(かんたん)
鰺のエスニックパクチー丼
d0159822_19343817.jpg


「今日は鯵のなめろうが食べたいなぁ・・・」

と思い、魚屋に行った。

すると、丸々太った大きな鯵!

ミ:「オバチャン!この鯵おくれ!ついでに3枚おろしにしといて!」

3枚におろしてもらいながら、
何気なく「これ、刺身でいけるよね?」ときくと

「いや、これは火を通したほうがいい」


えっっっ・・・・

もっとはやく言って・・・

がっくりしているところに、
横にいたおせっかいな客のオバチャンにも
「この時期はだめよ。フフン」とか言われ
ますます腹が立った。
心のなかで『オメーに聞いてねーよ!」と叫びながら

すでに3枚におろされた鯵をぶらさげて
トボトボ買えるのだった。

結局なめろうは食べられず。

この鯵どーすんべー。

ま、いいや。チャースケの丼にしてしまおう

ということで
今日は鯵をちょいとエスニック風にした絶品鯵どんぶりだよ!


(1人前)

・鰺(3枚おろしにする) 大1匹
・しめじ(軸を取って細かく切る) 25g
★青唐辛子(みじん切り) 1g
★にんにく(みじん切り) 1片
★胡麻油 大1/2
☆パクチー(みじん切り) 3束
☆ナンプラー 大2/3
☆レモン汁 大1弱
☆酒 小1
☆胡椒 少々
☆アガベシロップ 大1/2
☆オニオンパウダー 小1/2 ※無ければ入れなくてもOK

・卵(ポーチドエッグにする) 1個
・ごはん 丼1杯分
◎バター 小1
◎塩 少々

・パクチー(飾り用) 適量


①フライパンに★を熱し、鰺としめじを入れて全体に
塩、胡椒を少々して焼く。
鰺は両面焼いて、中まで火が通ったら取り出しておく。
d0159822_19344713.jpg


②ボウルに①の鰺意外のものをいれ、☆でよく和える。
d0159822_19345473.jpg


③ご飯は丼に盛り、◎をいれてよく混ぜる。
d0159822_1935246.jpg


④上に鰺をのせ、
d0159822_19352651.jpg


さらにその上に②をかける。ポーチドエッグをのせ、
仕上に飾り用のパクチーを飾ったらかんせい!
d0159822_19354094.jpg


エスニック鰺丼。
d0159822_19361071.jpg


ポーチドエッグをつぶす瞬間。
人々は「生きててよかった!」と思うね。
d0159822_19361992.jpg


チャ~

d0159822_19363014.jpg



これ、ほんとに最高。
d0159822_19365352.jpg


ふっくら、身が厚い鰺に
ピリッと辛味が効いた
しめじパクチーソースが非常においしい。

卵はポーチドエッグが面倒なら
温泉卵でもいいよ。

パクチー好きは是非お試しあれ。


(おまけ)

今日のオススメチーズ

『スカモルツァ・アッフミカータ』

d0159822_19385584.jpg

1個(200g) ¥1400

おなじみ、イタリアのフレッシュチーズの
スカモルツァ。
これはメーカー名がわからないけど、アルパージュで購入したもの。
d0159822_19392996.jpg


もちろん、焼いて食べるほうがおすすめ。
そのままだとちょっと酸味を感じた。なんでだろう?
食感も、今まで食べたスカモルツァより
若干ボワボワした感じ(上手くいえない…)というか、
なんかこのスカモルツァあんまり好きじゃないかも。
(じゃあなぜ「オススメチーズ」で紹介するのか)

うーん、もっと燻製臭がしっかりしててほしかったなー。
しかしスカモルツァってなんでこんな高いのかねー。


★過去に紹介したスカモルツァはこちら↓

『スピッチコ・アフミカート』
『酪恵舎 スカモルツァ』
『ALIVAL スカモルツァ アフミカータ』








d0159822_12185091.jpg

この時期でも生で食べれる鯵、あるわい!
フンっ!


・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-03-19 12:21 | 料理(かんたん)



ベジタリアンのミットゥンと肉食チャースケのご飯日記
by ミットゥン
タグ
(516)
(482)
(363)
(339)
(201)
(170)
(134)
(132)
(92)
(87)
(72)
(65)
(59)
(52)
(51)
(42)
(37)
(29)
(27)
(17)
(15)
(12)
(10)
(7)
(6)
(5)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
登場人物紹介
ミットゥン
チャースケ
漫画付きレシピ
料理(ハイカラ)
料理(かんたん)
料理(副菜、その他)
料理(メンドうまい)
おやつ
パン
自己紹介
その他
弁当
未分類
以前の記事
2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
お気に入りブログ
おとなは、だれも、はじめ...
ハンドメイドな日々
沢ぱん日記
shina_poohな日...
知りたがりやの食べたがりや
夕方に台所で・・・
やわらぎをもって。
イギリス ウェールズの自...
歌花史庵 かかしあん
うひひなまいにち
ごはんとおかずと日々のつ...
僕とマダムと先生と
アベマリアのハッピーテーブル
犬とご飯と雑貨。
spring comes...
1/f breeze
kun-kun+kuro-ro
Life style
アインのしっぽ
バニラのお菓子ライフ
Cheminee de ...
mogumogu * Leaf
亜麻仁
つばさ雲
エットハミアメドとお料理...
がびあーの家の毎日
山麓風景と編み物    
London Scene
ろこりん♪の毎日。
ゆるロビ生活
カザルパロッコのネコ(C...
walking slow...
田園都市生活
ちょっと寄り道
平凡人日記
NO ANCHOVY, ...
ひなたの小部屋
ミニチュアブルテリア ダ...
日々の暮らし ☆ mam...
一日一歩
La prima ste...
日々道場
にじいろ日記
丁寧な生活をゆっくりと
さっちんきっちん
やねのうえのわんこ
ホウロウダイアリー
5plus2and2
ステンドグラス こもれ...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
カザルパロッコのネコ
The cats inside
Can of Good ...
★ミットゥンのラインスタンプ販売中!


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!
d0159822_12455074.jpg






エキサイトブログ以外のお友たち
Mシュナ Richardより愛を込めて

トレモロの響きにのせて

某医大正estateのごはんブログ


Can of Good Goodies

豆好き

yamatoyome ~沖縄生活~

パスタファイター

ぱっちとPUっ♪


THE CULINARY TRIBUNE

stadio r(食フォトギャラリー)

la table

Bay Alien

ビストロ カルナヴァル

スペース大原

★沖縄日記記事がオススメブログに!
那覇
旅行口コミ情報

★チャースケがツイッターを始めた?!
『_Charsuke_』で検索!


★広告メール対策の為、コメントを承認制にしました

コメントだいかんげいです!
お気軽にどんどんコメントチョウダイ!

★ウーマンエキサイト「おいしい!」に以下の記事を掲載していただきました。

緑のヘルシーポテサラ


米粉のブルーベリーパンケーキ


簡単!イカのトマト煮込み


カレー風味の鶏グリル


マグロの味噌漬けどんぶり


車麩の海老チリ風炒め


自家製甘納豆


牡蠣と温玉の韓国風サラダ


ヘルシーフムス


温泉たまごで!濃厚オリーブオイルアイス


過去最高のビーフシチュー


簡単ヘルシー!豆乳杏仁プリン


節分に!豪華海鮮太巻き


ブルーチーズと納豆のパスタ


しあわせのメープルパンケーキ


柚子トマトうどん


ポテサラと食べる絶品フレンチトースト


パスタでビックリ!ちゃんぽん麺


やめられないトマラナイ!メープルナッツ4種


しっとり茹で鶏の特製ピリカラだれ


ワインが進む君!トマトチーズビスコッティ


海老と豆腐の卵とじ中華丼


塩鮭とろみ中華どんぶり


野菜のうまみの詰まったヘルシーシチュー


韓国風!イワシのピリ辛しょうが煮


刺身の残りで!絶品ヅケ茶漬け


梨と豆乳のやわやわプリンと滑らかジェラート


絶品!中華スープがけ納豆ご飯


簡単!刺身でユッケ風どんぶり


あっさり!あさり二ラーメン


高貴な味!メープル小豆の豆腐クリーム添え


お店の味!海鮮あんかけ かたやきそば


春巻きの皮で作る!海老とアボカドの豆腐キッシュ


火を使わない!ピータン豆腐どんぶり


バター不使用!ココナッツとあんずの全粒粉スコーン


熱ヒヤ!豆乳坦々つけ麺


薄焼きがポイント!ザクザクフルーツクッキー


夏のビールの共に!ヤムウンセン


ひんやり!さっぱりカレーきしめん


ピーナッツバターで本格的なタレ!棒々鶏うどん


二日酔いの朝にやさしい アボカドとホタテのおかゆ


レストランの味の濃厚ニョッキ


お肉無しでも絶品ビビンバ


自然の甘みのおやつ!ドライフルーツまるごとクッキー

パーティーに!絶品ヘルシー板麩でラザニア

とろ~り絶品!洋食屋さんのクリームコロッケ

フレッシュトマトの絶品ラタトゥイユ

海老の殻は捨てちゃ駄目!濃厚豆乳ベシャメルソース

とろとろ手羽先の韓国風煮込み

とろーりチーズのかかったトマトのモツ煮込み

フレッシュトマトで作るエビチリ
卵一個で!豆乳スフレ

残り野菜で!韓国トッポギ

トマト肉味噌でヘルシー冷麺
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
居酒屋ごっこ・五月編
from cool witch
生存報告。
from ハムログ
居酒屋ごっこ
from cool witch
塩麹を使ったおかず など..
from 海のむこう 空のむこう
おおそうじのフルーツクッ..
from 海のむこう 空のむこう
ポテトマカロニサラダwi..
from 知りたがりやの食べたがりや
イギリス歯医者の話 - ..
from 坂の上にある家 
白練りごま
from 坂の上にある家 
冬至の夜
from 坂の上にある家 
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧