<   2012年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧
アップルポテトガレット
d0159822_2074251.jpg


以前もお話したが、おれはスマホは嫌いである。

いまだパカパカケータイを使っていて、
今後も変える予定はないのだが

先日、知人に「パカパカ携帯=ガラパゴス携帯」を未だに使っている人を
『マダガラ』と呼ぶんだよ」と言われた。

なにがマダガラだ!
ゴダイゴの歌じゃあるまいし!(それはガンダーラ)



そんな「マダガラ族」が減りつつあるこの世の中で

昨日電車で向かいに座っていた女性の携帯が
おれと同じ機種だった!

同じ機種!

もう3年以上も前のこの携帯を、同じものを持っているひとがいるとは・・・


おれは感動した。


近寄って「がんばりましょうね」と握手をしそうになった。


おれはこのゴダイゴ携帯を、使い続ける!
そう誓った1日であった。


はい

どうでもいいね。
今日のおやつをさっさと紹介しろ?


今日は、じゃがいもだけで作るガレット!
これたしか、フランスの惣菜らしい。
簡単で材料も少ないし、作った事がある人もおおいのでは?


秋らしく、リンゴを混ぜてほの甘く仕上げるよ~

(1人前)

・じゃがいも 1個(180g)
・りんご(すりおろす) 1/4個
・塩、胡椒 各少々
・小麦粉 大1強
・パルミジャーノチーズ(すりおろす) 20g

・オリーブオイル 少々


①ボウルにオリーブオイル以外の材料をすべていれ、よく混ぜる。
d0159822_2075216.jpg


※じゃがいもは水にさらさない事。りんごは皮つきのままでOK
d0159822_208297.jpg



②フライパンにオリーブオイルを熱し、①を2等分して平たく焼く。
d0159822_2081948.jpg


焼色がついたら裏返して同様に焼く。
d0159822_2083786.jpg



器にもって完成!
d0159822_2085511.jpg



お好みで、ジャムやソースなど。

今日は自家製りんごジャムと一緒に
d0159822_2092547.jpg



たっぷりかけて・・・
d0159822_2094433.jpg


いたーきまーす!
d0159822_2095458.jpg



ムグムグ・・・


・・・・・


何か、なんか違うなぁ。

りんごジャムでもいいんだけど・・なんか足りない。

何か・・・


目玉焼き!

そう、これには絶対目玉焼き。

急いで目玉焼きをつくってのせた。

半熟の黄身を絡ませて食べたら・・・

すると、どうでしょう。
ぴたっと味が決まったのだ。


おそるべし、目玉焼き。


これには絶対目玉焼き。

あ、写真はござーませんよ。

食べるのにムチュウだったのだ。


これを見て作られる方がいたら、絶対に目玉焼きも一緒にね。




d0159822_12443750.jpg



・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-10-31 12:46 | おやつ
驚きの柔らか・ジューシー鶏天
d0159822_19481154.jpg


チャースケとブッサンテンに行くと、すぐに行方不明になる。

いつだったか、九州ブッサンテンに行った時も


ミ:「おお~ こりゃ旨そうだな。な、チャースケ
からしレンコン、買うか?

あれ?

チャースケ?
チャースケがいない!」


しばらく会場内を探すと、宮崎の「チキン南蛮」の列に並んでいる。

ミ:「チャースケ、なにやってんだ。
チキン南蛮なんか買わないぞっ ほら行くぞっ」

チ:「ちゃ~」

しかし、おれの手をするりと抜けて
また行方不明に。


ミ:「あっ またどっか行った!さてはまだチキン南蛮を諦めていないな・・・」


しかし、チキン南蛮の列にはいなかった。

今度は大分の「とり天」の列だった。

ミ:「チャースケ!オマエはポリシーがないのかっ」

チ:「ちゃ~(ナイ)」

揚げ物なら何でも良いのだった。


しかし、この大分の「とり天」。なかなか良いビジュアルをして
大人気だった。

こんなもん、つくったらぁ~

というわけで、今日はとり天を作ることになった。


(1~2人前)
・鶏モモ肉(2口大の大きさに切る) 1枚(300g)
★塩麹 大2
★にんにく(すりおろす) 1片
★しょうが(すりおろす) 1片
★酒 大1
青唐醤油 大1 ※無ければ普通の醤油+唐辛子少々(みじん切り)で代用


△片栗粉 45g
△小麦粉 45g
◎冷水 1/3カップ
◎卵 1個

①ポリ袋に★をいれ、手でよくもみこみそのまま30分~一晩置いておく
d0159822_19482137.jpg



②ボウルに△をいれ泡だて器でざっと混ぜ、よく混ぜ合わせた◎をいれて
ざっと混ぜる。
d0159822_19483544.jpg


③①の鶏肉の余分な水分を切って②にくぐらせ、
中温の油で3~4分ほど揚げ、いったん取り出して1分半ほど休ませる。
揚げ油の温度をやや上げ、再び1分ほど揚げる。
d0159822_19484859.jpg


④しっかり油を切って、器に盛ってかんせい!!
d0159822_19485982.jpg



そのままでしっかり味はついているので、何もつけないで
いいと思うのだが・・・
d0159822_1949560.jpg


チャースケ、いきなり鶏天を放置し
冷蔵庫に走る!
どうした?!

d0159822_19491620.jpg



とおもったら、タレを自分でつくってきたー!
d0159822_19492387.jpg


ひとりでこんな立派なタレが作れるようになっていたとは・・・

ちなみに、青唐醤油とナンプラーとごま油とパクチーとニラが入っているらしい。


中は驚くほどの柔らかさ。
信じられないやわらかさ。

こんな鶏肉、みたことない!てなやわらかさ。らしい。

塩麹パワーだろうか。
d0159822_19493335.jpg


ひとくち貰ったが、なんとこのチャースケダレが良い仕事をしている!

鶏天・・・から揚げ大好きなチャースケも、
から揚げよりおいしかったそうだ。

鶏好きはぜひお試しあれ。




d0159822_1221892.jpg


・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-10-30 12:23 | 料理(かんたん)
あさりチキンピラフのオムライス風
d0159822_18413790.jpg

アラジン購入を決め、さてどのアラジンにするか色々考えた挙句
ここは新しいものにすることにした。

古いものは、形はかわいいが
地震消化機能がついていないことやメンテナンスのことも考え
断念。

やっぱり、いくらかわいくても安全第一である。

そして値段も手ごろな最新アラジン購入。


週末、ようやく念願のアラジンがやってきた!


心配していた巡回灯油も、一番ナイスな時間帯に来てくれて
これまた最高。
販売のニーチャンも愛想がよく、3階まで運ぶのを手伝ってくれた。

「よ~し さっそく点けるぞ!」と、さほど寒くないのにもかかわらず(むしろ今週末は暖かかった)
チャースケと説明書を一生懸命読み
いよいよ点火。

しかし、アラジンは説明が細かく
「赤い炎が出たらだめ」だの「火は1cm以上でも以下でもだめ」だの
面倒くさい。

心配性のおれは
「これ、1cmだよな?」と定規ではかる。

しかし、何度やっても赤い炎がちらつく。

ミ:「??なんで?なんで?」

チ:「ちゃ~(もうこれでいいんだよ)」

ミ:「いや、ぜったいだめでしょ、赤いの出てるもん。
爆発したらどーすんのさ。(←心配性すぎる)
もっかい消して掃除してやりなおす」

チ:「・・・」

この会話&行動を5回繰り返し
結局赤い炎は無くなるどころか最後は大きくなってしまった。



ミ:「チャースケ、梨食おう、梨」


チ:「チャー」



結局、放棄した2人


はたしてアラジン生活はどうなるのか!?

つづく。
(つづかねーわっ だれか解決法教えてっ)





さて、挫折した昼下がりは
簡単&おいしいチキンピラフ。

炊き込みで作るので、ご飯を炒めることもなく
パラッと仕上がるよ。

ごろごろアサリの旨みもたっぷり!

(2~3人前分)
◎鶏胸肉(1.2cm角くらいに切る) ※モモ肉でもOK
◎塩麹 大1 ※無ければ塩小1/2
★にんにく(つぶす) 1片
★バター 20g
★玉ねぎ(みじん切り) 小1個
・黒胡椒 各少々

・酒 大1
△トマト缶(ダイスカット) 1缶(400g)
△バルサミコ酢 大1/2
△塩 小1/2強

・米 2合
・アサリ(砂だしする) 300g

・卵 適量

①◎は合わせて15~30分くらい置いておく

②米は洗ってざるにあけ、30分置いておく

③フライパンに★をいれ炒める。
d0159822_18414247.jpg


④玉ねぎが透き通ってきたら①をいれ、胡椒をして炒める。
d0159822_1841562.jpg


⑤酒をいれ、続いて△を入れて煮詰める。
d0159822_18415445.jpg


全体がトロッとしてきたらOK
d0159822_18421133.jpg


⑥鍋に②の米と同量の水をいれ、⑤をいれてざっと混ぜる。
上にアサリをのせていつもと同じように炊く。
※炊飯器でもOK。土鍋の場合は少し水分を多めに
d0159822_18421094.jpg


⑦炊き上がったら全体を混ぜて蓋をし、15分蒸らす。
d0159822_18422839.jpg



器に盛ってドライバジルをふる。
おおっと、これで終わりじゃないよ!
d0159822_18422952.jpg


⑧卵を1人分に対して2個使う。よく溶きほぐし、塩、胡椒、水、砂糖を各少々いれ
油をひいたフライパンに一気に流しいれ、がーっとかき混ぜ
ある程度固まったら火からおろす。
d0159822_18424495.jpg


⑨チキンピラフの上に滑らすようにのせ、黒胡椒をふって完成!
d0159822_18424472.jpg



やっぱり卵が必須でしょう!
d0159822_18425974.jpg



とろとろ卵に、旨みがたっぷりのチキンラピラフに絡んで最高のうまさ!
d0159822_18425854.jpg


冷めてもおいしいので、弁当にもおすすめだ。
アサリは殻をはずして、おにぎり風に握って薄焼き卵で包んでもOK。
d0159822_18431263.jpg



誰もが大好きな懐かしい味。
ぜひみなさんもお試しを!!


《おまけ》
これにしました
d0159822_1930372.jpg

BF3905のホワイト。
個人的にはグリーンのほうが好みだが、部屋に合わせて白にした。


オールドのものじゃなくても、十分かわいいね。


アラジンの欠点は、タンクが内蔵型なので
毎回灯油を入れるのが面倒・・・と数々の口コミを読み
どうしようか悩んでいたところ
偶然こんないいものを発見!


どうですかこのタイヤつきポリタンク

これね、すごいんだよ
d0159822_19294741.jpg


ジャンジャジャーン
d0159822_19303318.jpg

ほら!!
取っ手が伸びる!


グッドデザイン賞受賞だって。
それよりもグッドアイデア賞を先にあげなさいよ、といいたい。


しかも、「ほんとに18Lも入るの?」と疑うくらいコンパクト。
なんと20Lまで入る。



これに、さらにアラジン愛用者の間で有名(?)らしい
ポンプがこれだ。

タカギのポリカンポンプ
d0159822_19301522.jpg


ずいぶん古風なパッケージだが、侮ることなかれ!

自動ではないが、楽に給油できて
ポリタンクにも付けたままに出来る。
そして全然垂れない!
d0159822_1931129.jpg

これなら、部屋の片隅において
給油もアラジンを動かさずに楽に出来る。


この素晴らしい2大発明品を供に
おれのアラジン生活は幕を開けた。


なのに・・・

d0159822_19304532.jpg

写真は綺麗にブルーフレームが出来てるんだけど・・・・

実際はポッポポッポとたまに赤い炎がちらつくんですわ。

新品だからホコリも溜まってないし、
しかも念のため掃除もしたし
芯の先がいけないのかと、芯クリーナーもしたんだけどなぁ。

なんで?

なんでなんでなんでなんでなんで?


アラジン使用者のかた、おしえてくだされ。
(ブログに載せれば、だれか助けてくれると思っている)






でも、ゆっくり本を読みながら静かな部屋で
ストーブのある生活が、ほんとうに嬉しいね。
d0159822_19313275.jpg







d0159822_12175430.jpg

チャースケの尻・・・やっぱり最高


と思ったら

・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-10-29 12:26 | 料理(ハイカラ)
シナモンの揚げ菓子
d0159822_2231388.jpg


靴の先っぽの、底の部分のゴムがベローんとめくれてしまった。

めくれたといっても少しなので、修理に出すまでも無い。
ハンズに行って靴用の接着剤でも買ってきて自分で直すか~と
さっそく接着剤を買いに行った。

すると、あるある。結構あるんだね。靴底がめくれた用の接着剤。

みんな靴底めくれてんだなーと思いながら
一番強力そうな接着剤を購入。

説明書には「張り合わせてから1分間、そのまま抑え続けてください」とある。

靴を履いたまま、接着剤をたっぷり塗り
そのまま上から全身全霊で体重をかけ、そのまま1分間静止した。

すると


なんということでしょう



ぴったりくっついたではありませんか!



床と靴が!


そう、
接着剤をたっぷり塗りすぎた為
横から接着剤がはみ出し、
床についてそのまま靴底と床が接着したのである。


「オオオー!!」と一人で爆笑しながら
その場から動けなくなってしまった。


はがすのに時間がかかった。


あー、つかれた。


みなさん、はがれた靴は靴屋で直しましょう。


さて、今日ははがすのに疲れた体をほっと一息。
おやつにぴったりな揚げ菓子の紹介!


コーシーやコウチャ、ウイスキーなんかのお供にもどうぞ!


(つくりやすい量)
☆薄力粉 175g
☆きび砂糖 80g
☆ベーキングパウダー 小1/2
☆塩 ひとつまみ
☆シナモン(パウダー) 小1/2

★卵 1個
★アーモンドオイル 大1 ※他の癖の無いオイルでも可

◎和三盆糖 小2 ※無ければ粉糖でもOK
◎シナモンパウダー 小2



①ボウルに☆を入れて泡だて器でダマがなくなるまで混ぜる。
d0159822_2233993.jpg



②別の容器に★をいれてよく混ぜ合わせ、①に入れて

ざっと混ぜ、まとまってきたら手でこねてひとまとめにする。



そのままラップなどに包み、常温で45分~1時間ほど置いておく。
d0159822_2234879.jpg



③台に打ち粉(薄力粉)をし、②を4~5mm厚さに伸ばす。
d0159822_2241217.jpg


3cm×4cmくらいの四角に切り分ける。
d0159822_2241551.jpg


または3cmくらいの球にまるめ、指で中心に穴を開け
ドーナツ型にしても良い。
d0159822_2244894.jpg





④中温の油で揚げる。時々両面を返し、狐色になったら

d0159822_225685.jpg
d0159822_2251856.jpg

キッチンペーパーの上で油を切る。
d0159822_2252451.jpg





⑤仕上げに◎を茶漉しに入れてふるいかけて完成!
d0159822_2254633.jpg





切りかたで、見た目も味わいもだいぶ変わる。





四角に切ったほうは、カリカリ・サクサク。

味わいも濃くどんどん食べてしまいそうな、くせになる感じ!
d0159822_226572.jpg



ドーナツ状のほうは、中がほわっとして

食べ応えがあり、おやつっぽい。
d0159822_2262935.jpg

これもまたうまし!!
d0159822_2264596.jpg


中がホワホワ~
d0159822_227927.jpg




四角のほうは、ツマミ向きで

ドーナツのほうはオヤツ向きといった感じだろうか。



もちろん冷めてもおいしい。


また、中にチーズを包んでボール状にして揚げても良い。
でもこれは熱々を食べるに限る。
d0159822_2227442.jpg



他にも、いろんな形にして楽しめる!
こんな風に細く切ってネジってリング状にしても、良い食感だった。
(これが一番食感的にはよかったかも)
d0159822_2272823.jpg

形をきれいに作るために、必ず打ち粉をして作業してね。
でないとだんだん生地がだれて粘つきます。





好みで仕上げにチョコをかけたりしてもいいかも。



簡単なのでぜひこの週末お試しを!!


★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
エキサイトさんで記事をかかせてもらっています。

おやつついでにもういっちょ紹介!

りんごが旬になってきた。
店頭にりんごが並ぶと本当にワクワクするね。

そんなりんごを使った絶品デザート。
シナモン揚げ菓子と一緒に作っちゃおう!


是非見てチョ~↓

絶品!ふわふわとろけるりんごのベニエ
d0159822_22482561.jpg





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


d0159822_1241997.jpg





・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-10-26 12:42 | おやつ
プリプリ海老シュウマイ
d0159822_20565762.jpg

先日、この冬アラジンストーブを購入するにあたってモチベーションアップ依頼をしたところ
やさしい灯油ストーブファンのみなさまから色々灯油ストーブの良さをコメントいただき、
ますますアラジン熱が高まった!

あとは灯油をどうするかだけだった。


どこも灯油配達はしておらず、
自分で買いに行くのも微妙に辛い・・・


あとは「灯油巡回販売」にかけるしかない!


調まくったところ、このあたりで巡回販売しているのは
2社あった!

しかし、1社は値段は安いが、配達日が平日。
「家の前に置いておいてくれれば入れておきます」とは言っているが
最近は灯油盗難も多いらしい。

そもそも灯油なんて危険なものを1日中家の前に置いておいて
大丈夫なのか?
いたずらっ子が灯油を撒いて火つけて逃げたら
オイラの家は燃えちまうじゃないか(←むかしからこういう心配性なところがある)

だめだだめだ、
この平日はだめだ。

残る1社にかける。

そして電話すると、「まだ11月からの販売なので、曜日ルートが決まっていません。
10月末にもういちど電話して確認してくだされ」とのこと。

うむむ・・・

どうなる!ミットゥンのアラジンへの道!



つづく・・・!




じゃなくて、その電話をしたのが先週のこと。

そろそろ決まっただろう、と昨日電話してみた。

すると!!!

ジャンジャジャーン

モクモク村は土曜日巡回!

イヤホ~

 ありがとう~ ありがとう~


これでアラジンへの道が開かれた!


というわけで、あの火曜日巡回のところより200円ばかし高いが
まぁいたずらっ子に灯油を撒かれる心配に比べたら安いもんである。


そんなわけで、アラジンデビュウ、こうご期待!!


さて、朝晩はすっかり寒くなったこのごろ。

今日はチャースケに手伝わせてプリプリ海老シュウマイを作ろう。

イヤホ~

(2~3人前)

★豚肉 130g
★塩麹 大1
★胡椒 少々
★アガベシロップ 大1/2 ※はちみつでもOK

☆玉ねぎ 1個(150g) 
☆しょうが 2片
☆海老粉末 大1 ※ 
☆干ししいたけ(水でやわらかくなるまで戻しておく) 4枚

・海老 90g
◎オイスターソース 大1/2
◎醤油 大1

・シュウマイの皮 25~30枚くらい




①フードプロセッサーに★を入れて粘りが出るまで混ぜる
d0159822_2057655.jpg



②①の肉をボウルに取り出し、☆を入れてみじん切りにする
(フープロは洗わなくてOK)
d0159822_2057918.jpg


こんな程度に、均等にみじん切りにする。
※ペースト状にならないように注意!途中、ゴムべらで全体を混ぜながら
ガッガッと小刻みにかけると良い
d0159822_20571822.jpg



③海老は殻を剥いて、ボウルに入れて片栗粉をまぶしてよく洗う。
水が透明になるまで洗ったら包丁で細かくたたく。
※多少食感が残るくらいにすると良い
d0159822_20572294.jpg



④肉の入ったボウルに②と③と◎をいれて手でしっかり混ぜる。
d0159822_20573137.jpg



⑤シュウマイの皮で④を包む
d0159822_20573714.jpg



⑥蒸籠にレタスを敷き、蒸気の上がった蒸し器で10~15分蒸す
※蒸籠にぎっしり入れると、火が通りにくいのでなるべく間隔をあけて入れると良い
d0159822_20574751.jpg



これは絶対熱々を食べるため、蒸しはじめたら醤油と辛子の小皿を用意しておきましょう
d0159822_2058293.jpg



これはぎっしり詰めすぎて蒸すのに時間がかかった
もっとでかい蒸篭がほしいなぁ
d0159822_20581188.jpg



海老がぷりぷり、じゅわっとジューシーな仕上がり
d0159822_20581671.jpg


これは冗談じゃなく、店で出せる味だ!
d0159822_20582432.jpg




崎陽軒のシウマイは冷めてもおいしいというけど、
あれはなんでだろうか。






※海老粉末とは・・・

海老の殻をフライパンで弱火でじっくり時間をかけて炒り、
そのまま食べられるくらいにカリカリになったら、火を止め冷まして
ミルサーでパウダー状にしたもの。

中華風にしたい料理とかに少し入れるだけで
味わい深くなるよ!
海老の殻は、捨てずに冷凍庫で貯めて、ある程度の量になったら
ぜひ作ってみてね。
面倒だ、というひとは市販でも海老粉末は売っているのでどうぞ。

☆余った海老の殻といえば、こちらもどうぞ


★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
エキサイトさんで記事をかかせてもらっています。

秋といえばおいしい魚も多いですな。
中でも人気の鮭!

鮭といえば、ごはん!というイメージが強いが
実はパンにもよく合うのだ!

ハンバーガーといえば肉だと思っていたチャースケも
これにはビツクリだ。


是非見てチョ~↓

ハーブ香る!ヘルシー鮭カツバーガー

d0159822_12535981.jpg


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★









d0159822_12465287.jpg

これはイタズラじゃなくて立派な犯罪でしょう・・・・


とおもったら


・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-10-25 12:55 | 料理(かんたん)
ふわふわメレンゲ納豆うどん
d0159822_1925397.jpg


もうすぐ紅葉の季節ですなぁ。

紅葉・・といえば、やっぱり京都!

いや、他にも名所はたくさんあるんだけど
やはり紅葉の季節の京都は良い。

とはいったものの、最後に紅葉を見に行ったのなんて
いつだろうか?

毎年「よし、今年こそは紅葉見に京都いこうぜ!」と計画は立てるのだが
実際日が近づくと面倒になってやめてしまうのである。


毎年、駅前のイチョウの木が枯れていくのを見て終わるのが
続いている。

今年こそ、今年こそ紅葉を見に行きたいモンである。
(たぶん行かない)

京都といえば、10年くらい前に京都で食べた
変わった蕎麦があった。→たしかこれです。有喜そば
ふわふわにあわ立てた卵に納豆が入っているものが、
蕎麦の上にのっている。

たぶん、メレンゲを作ったあとに卵黄を入れて混ぜているのか
もしくは卵を湯煎してふわっふわにしているか。
それに納豆を入れるとは!

と、当時びっくらしたもんだ。

それっきり食べたことはないが、
家では何度か作っている。
この時の卵かけごはんも、これを参考につくってみたものだ)


今日はひさびさにあの蕎麦が食べたくなり、
ちょっとアレンジして作ってみた。

正直、店で食べた味はもう思い出せないけど
家でも十分おいしいフワフワ蕎麦が食べられる!

とおもったら、蕎麦が無いから
うどんに変更。
どっちでもいいぞ!


(1人前)
・うどんまたは蕎麦 1人前

★卵白 2個
★塩 小1/4
◎だし醤油 小1/2
◎かつお削り節 2g
☆茗荷(小口切り) 1個
☆白ネギ(小口切り) 1/2本
☆納豆(軽く混ぜて空気を含ませておく) 2パック


・卵黄 1個

・長ネギ(小口切り) 適量

 
①ボウルに★をいれあわ立てる。
※ふわふわになるまでしっかりあわ立てる
d0159822_19255125.jpg



②◎をいれてゴムベラなどでふんわり混ぜる
d0159822_19255865.jpg



③さらに☆をいれてふんわり混ぜる
泡を潰さないように注意する。
d0159822_1926473.jpg



④茹でたうどんか蕎麦を水気をしっかり切って丼に盛る。
d0159822_19261382.jpg



⑤その上に③をかけ、中央に卵黄を落とす。
d0159822_19262139.jpg


⑥仕上げに長ネギをちらして完成!!
d0159822_19263164.jpg




卵黄はどんどん沈んでいくので、狙いをさだめてぶっ潰そう
d0159822_19263870.jpg



いたいた~
d0159822_19264738.jpg



チャー!
d0159822_19265352.jpg



ふんわり軽いメレンゲに、濃厚な卵黄が絡まって
こりゃなんともいえない食感!

軽くて、どんどん食べてしまう。

茗荷やネギの薬味も効いている。

納豆は、粒でもひき割りでもどっちでもOK。ただひき割りのほうが
麺に絡みやすくて食べやすい。
両方入れて食感の違いを楽しむのもいい!


泡立てが面倒だけど、簡単なので誰でもできる。

ほんとにおいしいので、卵白が中途半端に1個余っちゃったわーってときは
ぜひおためしを!!



d0159822_12304797.jpg

絶っっっ対、今年も行かないな・・・

とおもったら


・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-10-24 12:31 | 料理(かんたん)
グルテンフリーの美味しい自家製グラノーラ
d0159822_1943539.jpg


色々ツマミを作って飲んでいても、だんだんそういう食事系ではなく
何かオヤツ見たいなサクサクしたものをつまみたくなる。

お腹はまぁまぁいっぱいだから、もうがっつりしたものは食いたくない、
けどなにかツマミがほしい、ってな時だ。

しかしそういう時、決まって良い具合のものがない。
なにかクラッカーなんかないか・・と探すが
・・・無い。

そんな時、おれはこのグラノーラをポリポリつまむ。


普通グラノーラって、朝ごはんにミルクやヨーグルトと!みたいな
イメージだが
おれのグラノーラはあくまで「ツマミ」なのだ。
(結局なんでもツマミやんけ)

グラノーラはいいよ。
最高だよ。

たくさん作って瓶に入れておけば
いつでもポリポリ

おれのグラノーラは「食べやすい」のがポイントだ。
普通のはシリアルみたいにぽろぽろこぼれて好きじゃない。

だから市販のものはほとんど買ったことが無い。

そういうわけで、切らしそうになったらせっせと作る。

おっと、作るといっても、
鼻ほじりながらでもできるくらい簡単だよ。

でもほじった物を入れちゃあダメだよ。


以前紹介したグラノーラもおいしいけど、
今回はもっと手軽!

あっというまに食べちゃうこと必至だ。

(作りやすい量)

★オートミール 150g
★かぼちゃの種 35g
★カシューナッツ 35g
★くるみ 25g
★そば粉 40g ※無ければ米粉でもOK
★ドライレーズン 50g
★ドライホワイトマルベリー 40g ※無ければレーズンでOK。または他のドライフルーツでも
★ドライココナッツ(チップス状のもの) 40g ※無ければココナッツロングでもOK
★スライスアーモンド 50g
★塩 小1/4

・アーモンドオイル 大3 ※他の癖のないオイルでもOK
・メープルシロップ 130g


①ボウルに★をいれ、全体がしっかり混ざるように手で混ぜる。
d0159822_1944122.jpg


こんなかんじに
d0159822_19441180.jpg



②オイル、メープルシロップをいれゴムベラで全体に行き渡るように
しっかり混ぜる。
d0159822_19441863.jpg



③オーブンシートの上に②を重ならないように広げ、
130~140度に予熱したオーブンで35~40分焼く。
d0159822_19443014.jpg




④焼けたら取り出して、冷めたら手で好みの大きさにポキポキ割る。
※普通の、細かいグラノーラにしたい人は、オーブンで焼いている途中に
1~2回かき混ぜる
d0159822_19443651.jpg



これがね、こんなに簡単なのにほんとーに旨いんだ
d0159822_19444445.jpg


おれはグラノーラは、塊になってる部分が好きなので
焼いてる途中も混ぜない。
で、固まってる部分をわざと残すのだ。そのほうが食べやすいでしょ
d0159822_19445265.jpg


でもヨーグルトやアイスにトッピングして楽しみたい、ってひとは
途中で混ぜて細かく仕上げても良いよ!
d0159822_1945256.jpg

保存は密閉容器に入れて保存。(ま、すぐ無くなるけど)



これ、材料は上記以外のものでも何でもOK。
ドライフルーツやナッツの種類を変えるだけで味わいはだいぶ変わるし、
チャヤ風にレモンなどの柑橘系の皮(ただし国産の無農薬のもの)をすりおろして
入れてもおいしい。

バニラやココアパウダーを入れてチョコ風味にするのもいいね!


ただし、レーズンは焼きすぎたりオーブンの温度が高いとすぐに焦げて
まん丸に膨らみ、苦くなってしまうので注意。
オーブンの温度はこれ以上高くならないように気をつけよう。



メープルの代わりにはちみつでもいいよ。
オイルは大1.5くらいまで減らせます。



ちょっとくらい分量が違っても全然美味しくできる。
事実、ふだんおれは目分量で作る。
けど失敗したことはないよ!

結局、自分の好きなように作れるところが自家製グラノーラのいいところ。
ぜひみなさんもおためしを~



《おまけ》
ちなみに・・・


ココナッツチップってなんじゃね?と思った人に。

これです。
乾燥ココナッツってよくあるけど(ココナッツファイン、ココナッツロングという名で売られているやつ)、
それのチップ状に切ったもの。
d0159822_19463119.jpg


これだとサクサク食べ応えもあって、メープルも絡みやすいので
グラノーラに入れると非常においしい。
d0159822_19463752.jpg


チップス状のものはあまり見かけないけど、もし見つけたらぜひ買ってみて~




・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-10-23 12:30 | おやつ
エスニックチキンカツサンド
d0159822_17424512.jpg

毎週日曜日、シーツと枕カバーを洗うのはチャースケの仕事だ。

なぜかというと、いつまでもグータラ寝ているからである。

11時ごろ「いいかげんにおきろ~」とたたき起こし

お日様が出ている間に洗うよう任命する。


最近は日が沈むのが早くなったので
さらに要注意だ。


しかし無理やりたたき起こされ寝ぼけ眼のチャースケは、
もともとオットリした性格にさらに拍車がかかって
やたらとチンタラ作業をする。


『はやく洗って干せよ~』と指示してから

「ちゃー」と返事は返ってきたものの、
全然洗濯機を回す音がしない。

「シーツと枕カバー外して洗濯機に入れるだけなのに・・・なにやってんだ?」と
思って見に行くと、
まだ一生懸命枕カバーのジッパーを下ろすのに苦戦している。


ミ:「チャースケ、いつまでやってんだ!はやく洗いなさい!」

チ:「ちゃ~」

ジッパーが噛んでしまい、なかなか下りないらしい。
これを毎週やっているのである。

ミ:「どれっ 貸してみろっ」と
おれがジッパーを下げると

何事も無かったかのようにジッパーはするする下りておく。


チ:「ちゃ~(ぱちぱち)」←はくしゅ



・・・・。


もう、自分でやったほうが早いのはわかっている。

でもこれはチャースケの仕事なのだ。


ようやく洗い終わったシーツは、真っ白で気持ちが良い。


こうやって我が家の日曜日は過ぎていく。


穏やかだなぁ。



そんな日曜日のチャースケの朝ご飯(朝じゃないけどね)は
パンと決まっている。


昨日焼いた食パンでサンドイッチを作るのが毎週の定番である。


前夜、チャースケが食いたいと言ったので
下味を仕込んでおいたチキンカツ、
結局酔っ払って作れなかった。(こんなことはよくある・・・・)


なので、今日は贅沢!チキンカツサンドイッチだ。



(1~2人前)
☆鶏胸肉 1枚
☆ナンプラー 大2
☆塩麹 大2
☆にんにく(すりおろす) 1片
☆黒胡椒 少々

・小麦粉 適量
・溶き卵 1個
・パン粉 適量

・きゅうり(斜め薄切り) 1/2本
・パクチー、大葉  各適量

★白練りゴマ 大1.5
★豆板醤 小1/2
★マヨネーズ 大1.5
★ナンプラー 小1/2

・食パン 4枚

①袋に☆をいれてでよく揉み、冷蔵庫で1時間~できれば1晩置く。
d0159822_1742509.jpg




②①の鶏肉を、袋の上から麺棒でたたいて薄く伸ばす。
※袋が破れると大変なので、ジップロックなどの厚めの袋が良い
d0159822_17425965.jpg


伸ばした鶏肉は2等分にする。
d0159822_1743375.jpg


③余分な漬け汁を拭い、小麦粉→溶き卵→パン粉の順につける。
d0159822_17431274.jpg



④中温の油で揚げる。
※オイルをふりかけて、200~230度くらいのオーブンで20分ほど焼いてもOK
d0159822_17431652.jpg


⑤パンは2枚ずつ重ねて焼く。焼色のついていない内側に、よく混ぜ合わせた★を塗る。
その上にきゅうりをのせる。
d0159822_17432792.jpg




⑥その上にパクチーと大葉をのせる。
※今回はパクチーが無かったため入れてませんが、
パクチーがある方は絶対入れてください
d0159822_17433316.jpg


⑦その上にチキンカツをのせ、もう一枚のパンでふたをして
食べやすい大きさに切る。
d0159822_17434520.jpg



あ~パクチーが無いのが本当に残念だが

まぁ無くてもよしとしよう。
d0159822_17434966.jpg


ふつうのチキンカツとおったら
おどろきのエスニック風味。

ナンプラーと塩麹に1晩漬け込んだ鶏肉はやわらかくジューシーな仕上がりだ。
d0159822_1744157.jpg



冷めてもいけるので、ピクニックなんかにもいいね!
(いかないけど)
d0159822_1744572.jpg



ほかにも、トマトやレタスなど好みの野菜をはさんでもOK。
サンドイッチだけじゃなく、カツだけでビールのツマミにもどうぞ。



★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
今月末はハロウィン!
日本にもすっかり浸透したイベントですねぇ~
でも自慢じゃないけどおれは1度もハロウィンなぞで祝ったことは無いぞ!


2記事連続でご紹介!

是非見てチョ~↓

◎『ハロウィンに!丸ごとかぼちゃのヘルシーサラダ
d0159822_1055213.jpg




◎『メレンゲオバケで、簡単かわいいハロウィンデザート
d0159822_1053713.jpg

うんちじゃないぞ~


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★








d0159822_12302838.jpg







・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-10-22 12:31 | 料理(かんたん)
濃厚!マーブルチーズケーキ
d0159822_19274017.jpg


先日、チャースケと買い出しに行った際
住宅街にひっそり佇むケーキ屋を見つけた。

なぜこんなところに?と思ったが
寂れている様子はなく、むしろ車も数台停まっており

どうやらわざわざ遠方からもくる人気店なのかもしれない
ということで
せっかくなので入ってみた。


めったにケーキ屋など入らない我々にとっては
ずらりとショーケースに並んだケーキが新鮮であった。

ケーキも大好きなチャースケは
興奮して「チャー」「チャー!」とアレも食いたいコレも食いたいと
吟味している。

ミ:「買わね~よ 冷やかしだよ ほれ、帰るぞ」(←サイテー)

と、帰ろうと出口に向かおうとしたその時目に入ったのは


・・・・チーズケーキ!

チーズ!とあっちゃ、無視はできない。


3種類のチーズが入った、本格的なチーズケーキ。

これ、うまそうだなぁ・・・と、ちょっと隙を見せると
すかさずチャースケがそそのかしてくる。

チ:「チャー!チャー!(ちーずけーき!たべたい!)」

ミ:「え~でも2000円もするよ。チーズケーキに2000円?たけぇ~よ」

チーズには2000円など惜しまないくせに、チーズケーキには2000円出す気になれない。

しかし店員のオネーチャンの話によれば、チーズも厳選した本格的ナチュラルチーズ使用とのこと。

チャースケもなけなしの小遣いを出して「チャー!」とせがんで来る。


ミ:「わかったよ 買うよ。買おうジャマイカ!」

というわけで、2000円もするチーズケーキを買ってしまった。

そのお味は・・・確かに美味しかった。
でも2000円出してまでもう一度買おうとは思わない。

やっぱりチーズケーキは手作りが一番!
何が入ってるかわかるしね。


今日は、簡単チーズケーキの紹介。
プレーンとココアのマーブルにちゅうもく!!


(直径16cmケーキ型1台分)

《土台部分》※作りやすい量。余ります
★薄力粉 90g
★全粒薄力粉 70g
★塩 小1/2
★きび砂糖 大1 ※好みで入れなくてもOK
・バター(1cm角切りにする) 30g
・水 大3

《ケーキ部分》
☆クリームチーズ 250g
☆水切りヨーグルト 45g(ヨーグルト90gを1番水切りして半量にする)
☆塩 ふたつまみ 
☆和三盆糖 95~100g
☆バター(室温に戻す) 15g

・卵 1個
・レモン汁 レモン1/4個分(約大1)
・薄力粉 20g

・ココアパウダー 20g

①タルト台を作る。フードプロセッサーに★を入れて混ぜ合わせる。

バターを入れて再びまわし、サラサラにする。
d0159822_1928461.jpg


水を入れて、ひとまとまりになったら台に出し、ひとまとめにして
冷蔵庫で30分~1時間置く。
d0159822_22343740.jpg



②ケーキ型の底には、同じ大きさに切ったオーブンシートを敷いておく。

麺棒で①を1cm厚さに伸ばし、ケーキ型の底と同じ大きさに抜き
全体にフォークなどで何箇所か穴を開け、あればオーブンシート&タルトストーンをのせて
180度に予熱したオーブンで10分空焼きしておく。
※タルトストーンは古くなった米や豆でも代用可。また、無しでもなんとかなる。
※余った生地は冷凍保存も可。またはそのまま13~15分ほど焼いてクッキーとして食べてもOK
d0159822_19281757.jpg






③ケーキ生地を作る。
フードプロセッサーに☆をいれ滑らかになるまで回す
d0159822_19282999.jpg

④さらに卵とレモン汁をいれ滑らかになるまで混ぜたら、
d0159822_19283697.jpg

薄力粉を入れて混ぜる。
d0159822_19284457.jpg



⑤④を半量別の容器に取り出し、残った生地にココアパウダーを入れて混ぜる。
d0159822_19285188.jpg


⑥②の上に、プレーンな生地とココア生地を交互に数回に分けて入れ、
竹串や細い箸などでマーブル模様になるように混ぜる
d0159822_1929613.jpg


⑦180度に余熱したオーブンで20分焼き、170度に下げてさらに40分焼く。
取り出して冷まし、冷蔵庫で冷やして完成!
d0159822_19292561.jpg




チーズケーキも、フープロを使えば究極に手軽&簡単。



もちろんワインといっしょに!
d0159822_19294235.jpg



全然マーブルになってない。笑
面倒でマーブル生地を流し込むとき細かく分けて入れなかったからである。
d0159822_19295658.jpg


でもおいしさは完璧だ。
d0159822_1930108.jpg



やっぱり、クリームチーズを使うとどっしり濃厚になるなぁ。
もうちょっと軽いほうが好みだけど、
酒には濃厚なほうがチビチビ食べられるから良いね。
d0159822_19302113.jpg


2~3日、冷蔵庫で寝かせるともっと美味しくなる。

大きく作って、わざと半分残して味の違いを楽しむのもおすすめだ。


ココアパウダーはなるべく上質なものを。
味が大きく左右される。

また、毎回言うようだが
レモン汁は瓶などのものは使わず、フレッシュなものを絞って使って欲しい。
とくにおれは、チーズケーキのときにその味の差が気になると思う。

瓶のレモン汁を入れるくらいなら、入れないほうが良い。




☆こちらのチーズケーキもよろしく


ゴルゴンゾーラチーズケーキ
アボカドディップで食べる カマンベール・チーズケーキ






週末、みなさんもチーズケーキでワインを楽しんではいかが~




《おまけ》

こんな酒をみつけた。

『チーズとよく合うお酒』
d0159822_19303549.jpg



日本酒らしいが、らしからぬパッケージ。
そして「チーズに合う」なんて書いておれを挑発しているので買ってやった。
d0159822_19304739.jpg


こんな日本酒・・・日本酒を馬鹿にした、どうせ若いネーチャン受けを狙った
酒だろーと思ったが、
そのお味は・・・


ん~


これ、白ワイン?

日本酒というより白ワインのような甘さ。
大吟醸をさらに飲みやすくしたような、なんか日本酒というより白ワイン(何回言うんじゃ)
d0159822_19305886.jpg

↑よく合う、っていうからチーズと合わせてやった


決してまずくないよ!というか、おいしいよ。


でも「日本酒好き」としたらちょっと物足りない。
なんか、印象が薄い。
日本酒があんますきじゃなーい、ってひとにはいいかも。


「チーズに合う」、というのは「ワインっぽい」ということで
つけたのではないのかな?

冷やして飲んだほうがおいしい!

気になった方はぜひお試しを~
小西酒造 チーズとよく合うお酒 300ml



・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-10-19 12:55 | おやつ
熱々!とろとろ麻婆豆腐めん
d0159822_2004056.jpg

昨日の夜はグーンと寒くなって
もう冬かと思ったね。

上は着込んだのに、下は裸足にサンダルという
なんとも間抜けな格好をして出たので足が寒かった。(あたりまえだ)


昨日冬用にたのんでいた毛布が届いた。

いつものように、気の利くほそおが届けに来た。

雨に濡れながら、最後の荷物であろう我が家に来たのは
9時過ぎごろ

おれが伝票にサインをしている間、無言の間を持たせようとしてるのか、

『えーっと、ミットゥンさんで、あってますね ハイ』と
ブツブツ呟きながら荷物の宛名を確認しているほそお


そんなこといちいち確認せんでもよい



ああ、ほそお


「まいどっ」と足早に軽いステップで階段を駆け下りていくほそお


そんなほそおに昨日も癒された。

雨で風邪ひいてないか、ほそお


いきなり本当に寒くなったのでみなさんも風邪にはお気をつけて。

今日は、寒くなってきた体をポカポカにする
麻婆豆腐風うどんの紹介!!

(1人前)
・エリンギ(粗みじん切り) 2本
・豚薄切り肉(細かく切る) 50g ※ひき肉でもOK
★ごま油 大1/2
★にんにく(みじん切り) 1片
・塩、胡椒 各少々

・酒 1/4カップ

☆かつおだし 300ml
☆味噌 大1
☆豆板醤 小1弱
☆みりん 大1
☆アガベシロップ 小1 ※はちみつでも可
☆塩 小1/3

・にら(3cm幅に切る) 3本
・白いりゴマ 適量

◎片栗粉 大2/3
◎水 大1

・絹豆腐(2~3cm角に切る) 200g
・うどん 適量





①フライパンに★を入れ弱火にかけ、香りがたったらエリンギを入れて炒める。
d0159822_2004614.jpg


②豚肉をいれ、塩・コショウを少々して炒める。
d0159822_2005672.jpg



③酒を回しいれ、アルコールを飛ばしたら☆をいれ煮立ったらアクを取り、
豆腐を入れて2~3分煮る。
d0159822_201324.jpg



④味を見て塩などで調え、◎でとろみをつける。
にらをいれて火を止めざっと混ぜる。
d0159822_2011596.jpg


⑤茹でて水気を切ったうどんを丼に盛り、④をかける。
仕上げに白ゴマをふって完成!
d0159822_2012142.jpg



とろみを付けてあるので、熱々!
寒くなってきた季節にはもってこいだ。
d0159822_2013284.jpg


そして、これ見た目より辛いのでご注意を。
苦手な人は豆板醤の量を減らそう。
d0159822_2014858.jpg



とろみのついた汁が麺によくからむ!
d0159822_202377.jpg



豆腐は絹がお勧めだ。
切らずに崩して入れるのもいい。
d0159822_202948.jpg



エリンギのコリコリした食感がアクセント。
d0159822_2022014.jpg


旬じゃないけど、たけのことか入れても食感がいいね。


うどんのほか、中華麺や素麺、蕎麦でもどうぞ。



d0159822_125625100.jpg



・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-10-18 12:58 | 料理(かんたん)



ベジタリアンのミットゥンと肉食チャースケのご飯日記
by ミットゥン
タグ
(516)
(482)
(363)
(339)
(201)
(170)
(134)
(132)
(92)
(87)
(72)
(65)
(59)
(52)
(51)
(42)
(37)
(29)
(27)
(17)
(15)
(12)
(10)
(7)
(6)
(5)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
登場人物紹介
ミットゥン
チャースケ
漫画付きレシピ
料理(ハイカラ)
料理(かんたん)
料理(副菜、その他)
料理(メンドうまい)
おやつ
パン
自己紹介
その他
弁当
未分類
以前の記事
2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
フォロー中のブログ
おとなは、だれも、はじめ...
ハンドメイドな日々
沢ぱん日記
shina_poohな日...
知りたがりやの食べたがりや
夕方に台所で・・・
やわらぎをもって。
イギリス ウェールズの自...
歌花史庵 かかしあん
うひひなまいにち
ごはんとおかずと日々のつ...
僕とマダムと先生と
アベマリアのハッピーテーブル
犬とご飯と雑貨。
spring comes...
1/f breeze
kun-kun+kuro-ro
Life style
アインのしっぽ
バニラのお菓子ライフ
Cheminee de ...
mogumogu * Leaf
亜麻仁
つばさ雲
エットハミアメドとお料理...
がびあーの家の毎日
山麓風景と編み物    
London Scene
ろこりん♪の毎日。
ゆるロビ生活
カザルパロッコのネコ(C...
walking slow...
田園都市生活
ちょっと寄り道
平凡人日記
NO ANCHOVY, ...
ひなたの小部屋
ミニチュアブルテリア ダ...
日々の暮らし ☆ mam...
一日一歩
La prima ste...
日々道場
にじいろ日記
丁寧な生活をゆっくりと
さっちんきっちん
やねのうえのわんこ
ホウロウダイアリー
5plus2and2
ステンドグラス こもれ...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
カザルパロッコのネコ
The cats inside
Can of Good ...
★ミットゥンのラインスタンプ販売中!


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!
d0159822_12455074.jpg






エキサイトブログ以外のお友たち
Mシュナ Richardより愛を込めて

トレモロの響きにのせて

某医大正estateのごはんブログ


Can of Good Goodies

豆好き

yamatoyome ~沖縄生活~

パスタファイター

ぱっちとPUっ♪


THE CULINARY TRIBUNE

stadio r(食フォトギャラリー)

la table

Bay Alien

ビストロ カルナヴァル

スペース大原

★沖縄日記記事がオススメブログに!
那覇
旅行口コミ情報

★チャースケがツイッターを始めた?!
『_Charsuke_』で検索!


★広告メール対策の為、コメントを承認制にしました

コメントだいかんげいです!
お気軽にどんどんコメントチョウダイ!

★ウーマンエキサイト「おいしい!」に以下の記事を掲載していただきました。

緑のヘルシーポテサラ


米粉のブルーベリーパンケーキ


簡単!イカのトマト煮込み


カレー風味の鶏グリル


マグロの味噌漬けどんぶり


車麩の海老チリ風炒め


自家製甘納豆


牡蠣と温玉の韓国風サラダ


ヘルシーフムス


温泉たまごで!濃厚オリーブオイルアイス


過去最高のビーフシチュー


簡単ヘルシー!豆乳杏仁プリン


節分に!豪華海鮮太巻き


ブルーチーズと納豆のパスタ


しあわせのメープルパンケーキ


柚子トマトうどん


ポテサラと食べる絶品フレンチトースト


パスタでビックリ!ちゃんぽん麺


やめられないトマラナイ!メープルナッツ4種


しっとり茹で鶏の特製ピリカラだれ


ワインが進む君!トマトチーズビスコッティ


海老と豆腐の卵とじ中華丼


塩鮭とろみ中華どんぶり


野菜のうまみの詰まったヘルシーシチュー


韓国風!イワシのピリ辛しょうが煮


刺身の残りで!絶品ヅケ茶漬け


梨と豆乳のやわやわプリンと滑らかジェラート


絶品!中華スープがけ納豆ご飯


簡単!刺身でユッケ風どんぶり


あっさり!あさり二ラーメン


高貴な味!メープル小豆の豆腐クリーム添え


お店の味!海鮮あんかけ かたやきそば


春巻きの皮で作る!海老とアボカドの豆腐キッシュ


火を使わない!ピータン豆腐どんぶり


バター不使用!ココナッツとあんずの全粒粉スコーン


熱ヒヤ!豆乳坦々つけ麺


薄焼きがポイント!ザクザクフルーツクッキー


夏のビールの共に!ヤムウンセン


ひんやり!さっぱりカレーきしめん


ピーナッツバターで本格的なタレ!棒々鶏うどん


二日酔いの朝にやさしい アボカドとホタテのおかゆ


レストランの味の濃厚ニョッキ


お肉無しでも絶品ビビンバ


自然の甘みのおやつ!ドライフルーツまるごとクッキー

パーティーに!絶品ヘルシー板麩でラザニア

とろ~り絶品!洋食屋さんのクリームコロッケ

フレッシュトマトの絶品ラタトゥイユ

海老の殻は捨てちゃ駄目!濃厚豆乳ベシャメルソース

とろとろ手羽先の韓国風煮込み

とろーりチーズのかかったトマトのモツ煮込み

フレッシュトマトで作るエビチリ
卵一個で!豆乳スフレ

残り野菜で!韓国トッポギ

トマト肉味噌でヘルシー冷麺
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
居酒屋ごっこ・五月編
from cool witch
生存報告。
from ハムログ
居酒屋ごっこ
from cool witch
塩麹を使ったおかず など..
from 海のむこう 空のむこう
おおそうじのフルーツクッ..
from 海のむこう 空のむこう
ポテトマカロニサラダwi..
from 知りたがりやの食べたがりや
イギリス歯医者の話 - ..
from 坂の上にある家 
白練りごま
from 坂の上にある家 
冬至の夜
from 坂の上にある家 
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧