<   2012年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧
年末年始は!海鮮サラダ太巻き
d0159822_950567.jpg


あっというまに大晦日ですね~

今年も1年無事に過ごせてよかった。

昨日、チャースケとモクモクデパートに買出しに行ったら
そりゃもうすごい人出!
年末は稼ぎ時とばかりに、価格も普段よりさらに上乗せ。

しかし、なんだかウレシイ。
上乗せしてても買っちゃうもんねー


鮮魚の売り場のハゲ・・・じゃなかった、タコおじさんも、浮かれているのか
やたら絡んできた。

そして、いつもよりさらに盛り上がってるのが
「寿司」コーナーだ。

みんな、めでたいときは寿司を食うんだなぁ。

チャースケの大好きな「サラダ海鮮巻き」。
あれ、なぜか必ずマヨネーズみたいなので和えた蟹が入っている。
チャースケ曰く、
あのチープさがポイントなのだ。

例のごとくチャーチャー(買ってけれ)せがむので
家でつくったることにした。

結局材料費がかさんで
太巻きを買った方が安かったのに気づいたときは
もう遅かった・・・。

(2本分)

・ごはん 360g

☆酢   大2
☆きび糖 小2
☆みりん 小2
☆塩   小1弱

★蟹缶 60g
★ツナ缶 30g
★マヨネーズ 大1
★からし 小1/3
★黒胡椒 適量

・好みの刺身 2~3種(マグロ・サーモン・イカなど) 適量
・いくらのしょうゆ漬け 適量

・サラダ菜(またはレタス) 適量
・海苔 全型2枚



①☆を合わせて小鍋で暖めてきび糖を溶かす。

②ご飯は③の☆を混ぜ合わせ切る様にしゃもじで混ぜる。混ぜたら平らなところに広げて冷ましておく。
d0159822_950694.jpg


③★をよく混ぜ合わせておく。
d0159822_9504042.jpg

④海苔を裏側を上向きに置き、手水をつけて②のご飯を半量ひろげてのせる。
向こう側は1cmほどご飯をのせないように空けておく。
d0159822_9503779.jpg

⑤その上にサラダ菜、刺身、③、いくらをのせる。
d0159822_951636.jpg

⑥手前からくるっとまいて形をととのえる。
d0159822_9505978.jpg

⑦好みの幅に切って完成!
d0159822_9513489.jpg


軽く包丁を水でしめらせて切ると上手に切れる。


切って並べて、さらに上からいくらを追加トッピングすると
豪華!
d0159822_9512926.jpg

このチープな蟹マヨが、なんか懐かしい味。
蟹缶は安いのでもOK。
ツナはノンオイルのものを使用したが、オイル漬けのものを
使う場合はしっかりオイルを切ってから入れよう。
d0159822_9515731.jpg



他にも、卵焼きやきゅうり、アボカドなど
好みの具をたくさん入れて楽しもう。
d0159822_9514967.jpg



年末年始にぴったりの太巻き!!!



ぜひみなさんもお試しをー!


そしてよいお年をー!






・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2012-12-31 09:56 | 料理(ハイカラ)
ヘルシー豆腐のドライカレートースト
d0159822_2185187.jpg


まさに師走ですね~

今日仕事納めの人もおおいのでは?

まったく、人間と言うものは単純で

「もうすぐお正月だ!休みだ!」となると、
どんなに忙しくても上機嫌になるもんだ。


おれの大嫌いな「タナカ」は、普段あんなに横暴なくせに
ヤツの仕事納めであろう昨日、異常な上機嫌ぶりで
「らいねんもよろしくね~」なんて言ってきた。

バーカ!

よろしくね~んだよ!

おりゃ~まだ働いてんだよ!


ま、そんな横暴タナカまでも思わず声が上擦ってしまうくらい
日本人なら年末ってのはウキウキしてしまうモンなんですね。


というわけで、あとひといきですが
みなさんがんばりましょう。


さて、今日は忙しい年末にピッタリの
かんたん(?)ドライカレートースト。


作り置きして冷蔵庫に入れておけば、
ささっとパンにのっけて食べられる!


(4枚分)
・木綿豆腐 1丁
★玉ねぎ(みじん切り) 1個
★にんにく(みじん切り) 1片
★ごま油 大1

◎大根(粗みじん切り) 80g
◎干ししいたけ(水で戻してみじん切り) 2枚

△豚挽き肉 60g
△塩 小1/2

☆カレー粉 大2
☆ウスターソース 大1
☆トマトケチャップ 大1
☆八丁味噌 小1
☆干ししいたけの戻し汁 1/2カップ

・きゅうり(斜め薄切り) 1/2本
・食パン 4切れ
・バター(好みでマヨネーズでも可) 少々
・温泉卵 2個
・黒胡椒 適量


①木綿豆腐はキッチンペーパーをしいたざるに乗せ、重石をして
約半量になるまで1晩水切りをする。

②フライパンに★をいれ、塩を少々して炒める。
d0159822_219158.jpg



③①の木綿豆腐を崩しながらいれ
へらで細かくしそぼろ状にして炒める。
d0159822_219823.jpg


④◎を入れさらにいため、大根に火が通ってきたら△を入れて炒める。
d0159822_2191488.jpg



⑤あらかじめよく混ぜ合わせた☆を入れ、水分がなくなるまで炒める。
d0159822_2192032.jpg



⑥食パンはトーストし、バターを塗る。その上にきゅうりを並べのせる。
d0159822_219291.jpg



⑦その上に⑤をのせ、温泉卵を半分ずつのせて黒胡椒をふって完成!
d0159822_219387.jpg



ボリューム満点ドライカレートーストだ!
d0159822_2194699.jpg



温泉卵がポイントですよ
d0159822_2195554.jpg


そりゃもうこたえられないおいしさです
d0159822_2110272.jpg



そして!
やっちゃいました チーズのせ!!
d0159822_2110951.jpg


こりゃタマリマヘン


ドライカレーと言えばご飯・・だけじゃない!
こんなにパンと合うなんて!

きっと感動できるはず。

豆腐の水切りはしっかりしないと、べちゃべちゃになってしまうので
ご注意を。

d0159822_12455052.jpg



・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2012-12-28 12:47 | パン
あんぽ柿とサーモンのタルト&自家製あんぽ柿の作り方
d0159822_1313456.jpg

果物は何でも好きだが、中でも柿はダントツに好きだ。

今年、どれだけ柿を食べただろうか?

間違いなく,モクモク村内では一番柿を食べてる自信ある。
(さすがに日本一という自信はナイ)

9月頃から毎日2個は食べており、
店で柿を見ると、家にイッパイあるのに買ってしまう癖までついてしまった。

在庫が無いと不安なのである。

そんな柿、食べごろにはかなりポイントがある。

おれのベストの食べごろは『硬くも無く、柔らかくも無く』である。
この絶妙なタイミングを見計らうのが
非常に難しい。
そして、柿の人生(?)で、その柔らかさのタイミング時期は非常に短い。
『昨日は丁度いい硬さだったのに』というやつも、翌日には柔らかくなりすぎている
こともザラである。

柔らかくなってしまった柿・・昔は好きだったが、
最近苦手である。
やっぱり、柿はあの食感も大事なのだ。

でもアンポ柿は別!

ねっとりとろける味わいのアンポ柿は、
高級品だがついつい買ってしまうのだ。


さすがに、こんなに柿好きなおれもアンポ柿を作ったことは無かった。

アンポ柿といえば、茅葺き屋根の下で干す田舎の冬の光景。

こんな街中のベランダで、干し柿をつくっているやつなんて
見たことない。

しかし、先日近所のスーパーに「渋柿」が売っていた。

「干し柿用にどうぞ!」とでっかく書かれており

ご丁寧に作り方も書いてある。

すごい!すごいでかい渋柿!渋柿が売っている!

・・・さぞかしねっとり大きいアンポ柿が作れそうだ。


つ、つくっちゃうか?


ベランダで?

でも今家に柿20個くらいあるのに?



でも鳩やカラスに狙われないだろうか?


チャースケがカラスに半分食われた柿を無理やり食って、
変なバイ菌が体内に入ってノロウィルスになって死なないだろうか?


あらぬ考えがぐるぐる頭の中を駆け巡り

渋柿売り場の目の前で石の様に10分ほど硬直し
脳みそがアンポ柿作りの事でパンクしそうになった。


えーい!かってまえ!


なんだか、禁断の扉を開けるような気持ちで
思い切って渋柿を購入



一生懸命考えた結果、ゴミ箱を左右において低めの位置に
物干し竿で棒を渡し掛け、前に網戸を立てかけて干すことにした。


な、なんという、無様な光景!

憧れの、「茅葺き屋根の下で干す冬の光景」とは程遠い。


いいんだ、2週間後にはおいしいアンポ柿ができるはず・・・

ということでレッツアンポ柿!


《あんぽ柿のつくりかた》

①あんぽ柿には渋柿を使います。
d0159822_20312882.jpg



まず渋柿の皮を剥く。ヘタのところは切り落とさず。
d0159822_2031366.jpg



②ヘタのところをビニール紐で結び、2つで1つセットにする。
※紐はなんでもいいが、ビニール紐がカビにくいそうだ
d0159822_20314499.jpg



③沸騰しているお湯の中で7~8秒ほどつけて熱湯消毒する。

棒にぶら下げ、2週間干す。
1週間たったら、手で揉んであげると甘くなる。


d0159822_20315137.jpg


これが1週間目
まだ中心は硬いが、外が少し柔らかくなっている。
やさしくモミモミ
d0159822_2032682.jpg



2週間目。
黒ずんできた。揉むと、かなり柔らかくなっている。
d0159822_20321854.jpg


さっそくかぶりつくと、

なかはトローリした、あまーいあんぽ柿になっている!
こんなおいしいあんぽ柿、食ったことねぇ!
d0159822_20303516.jpg


まだ中心部は熟した柿に近い感じだったので、
さらに1週間干すとちょうど良い感じにしまってきた。

干し加減はお好みで。
ただし甘くなってくるとカラスに狙われるのでご注意を。

あんぽ柿は出来上がったらなるべく早く食べないといけないが、
食べきれないときは冷凍保存も可。
自然解凍すれば、ねっとり甘い干し柿がおいしさそのままで楽しめるよ。



そして、あんぽ柿を使って1品!



あんぽ柿とサーモンの組み合わせは
間口さんの本で知った組み合わせ。

これはかなりのお気に入りで、今日はそれを少しアレンジして
食べやすいおつまみタルトに仕上げるよ!

《あんぽ柿とサーモンのタルト》

(約7個分)

【生地】
★全粒薄力粉 35g
★薄力粉 35g ※全流分が無い場合、薄力粉70gでもよい
★塩 少々
・メープルシロップ 大2
・なたね油 大2 ※癖の無い油でも代用可
・水 1/2

【フィリング】
・あんぽ柿 60g
・サーモン 50g
★オリーブオイル 小1
★黒こしょう 適量
★アボカド(7mm角切り) 1/4個

・オリーブオイル 適量

①あんぽ柿とサーモンはそれぞれみじん切りにし、
まな板の上で一緒にして包丁で細かくたたく。
d0159822_20331087.jpg


②タルトを焼く。作り方はココ参照
③①をボウルにいれ、★をいれてよく和える。
焼いミニタルトの上にのせて、仕上げにオリーブオイルをまわしかけて完成!
d0159822_2033184.jpg


タルトに載せると、たべやすくってツマミ向き。
サクサク生地と、ねっとりしたフィリングが好相性!

d0159822_1311917.jpg

仕上げのオリーブオイルはぜひおいしいものを。
黒こしょうもけっこう効かせるのがおすすめ!
d0159822_20333355.jpg



渋柿はもう手に入らないと思うけど、
もちろん市販のあんぽ柿でぜひおためしあれ~



★間口さんのあんぽ柿&サーモンが載っている本

バーの主人がこっそり教える甘いつまみ

間口 一就 / 柴田書店




d0159822_12594824.jpg

よかったね・・カラスに狙われてノロウィルスにならなくて。

とおもったら


・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2012-12-27 13:04 | 料理(かんたん)
とろとろ味噌ブリ大根
d0159822_21404462.jpg

ちょっと前、またアヤゾウに野菜をもらった。


それがね、今度はすごいんです。


ドーン
d0159822_21403064.jpg




これ・・・

どっかで見覚えが・・・・





・・・・


d0159822_123857.jpg



これだぁ!!!





まさに大根様。

このどでかい大根を使ってなにを作ろう?

そう考えて一番に思いつくのが

やっぱり今の季節、ブリ大根でしょう!

おれは、大根料理の中でも特に好きなのが
ブリ大根。

ブリの旨みをシミシミに極限までしみこんだ大根は
もう言葉に出来ないおいしさ!!

これをもらって早速、ブリを買いに行った。

しかしブリは高い。高級魚だ。

だからおれは、ほとんど切身は買わない。
アラを狙うのだ!(この前もおなじこと言ってるね)

アラは、さかなの一番おいしいとこを持っているのに
タダみたいな値段で手に入る。

アラからすごい旨みが出るので、むしをブリ大根には
ぜったいアラ!
(ビンボウ人の強がりじゃないよ)


というわけで、今日は王道のブリ大根。

しかし、今日は醤油じゃなくミソで煮る味噌ぶり大根だ。


八丁ミソを使うのがミソ!



(2~3人前)

・ブリのアラ 600g

☆大根(乱切り) 800g
☆こんぶ 10cm
☆水 2カップ

◎酒 1/3カップ
◎味の母 1/4カップ ※みりんでも可
◎大根の茹で汁+水 3カップ

★八丁味噌 大3
★きび砂糖 大3

・細ネギ 適量


①☆は圧力鍋で柔らかくなるまで下茹でする
(活力鍋の場合高圧弱火で2分、自然放置。そのほかの圧力鍋は
手元の説明書に従ってください)
d0159822_214189.jpg




②ブリのアラは血合いを洗い流し、沸騰した湯に入れて10秒ほどしたら
氷水を張ったボウルにいれて臭みを取る。
d0159822_21565731.jpg


③大根の残った茹で汁を計量カップに入れ、水を足して3カップにする。
鍋に茹で汁と水を入れ、◎も入れて煮立たせる。

弱火にして★をいれよく溶かす。
d0159822_21404918.jpg



③そこにブリのアラと下茹でした大根を入れ
落とし蓋をして弱火で煮る。
d0159822_21412567.jpg


こんな感じに煮汁が半分くらいになったら火を止め、冷まし
味を含ませる。
d0159822_21413091.jpg



④食べる直前に温め、ネギをちらして完成!
d0159822_2142860.jpg



八丁味噌は、愛知県の岡崎市が有名な普通の赤みそよりさらに濃い味噌。

おれは今まで使ったことが無かったが、先日薦められて買って使ってみたら
そりゃもうすごいコクと旨み!

普通の赤味噌とは全然違うね。


大根は下茹でするとこんなに短時間で
柔らかく、汁もしっかり吸い込む。

口に入れたら、とろけるような柔らかさ!!

持っていると、カメラを構えている間にどんどん箸が食い込んでしまい
撮影困難だったほど!
d0159822_21415323.jpg



アラの楽しいところは、身をほじりながら
色んな味が楽しめること。

骨のまわりをしゃぶりながら、余すとこなく身を探す。
ホホの肉は弾力があっておいしいし、
目玉の後ろはプリプリで最高。
d0159822_2142286.jpg



温泉卵を落としてもいいねぇ~

半熟煮卵を入れてもいいね。



こんな寒い日は、日本酒と一緒にぜひ
熱々ぶり大根をどうぞ!!!


d0159822_1253233.jpg


・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2012-12-26 12:58 | 料理(かんたん)
あおさ海苔風味のチーズ入り揚げパン
d0159822_18444238.jpg

世間は大寒波でたいへんなことになっているね。

こうも寒いと「ホワイトクリスマス」なんて喜んでる場合じゃない。

ま、そんな雪が降ろうと降るまいと関係ない
フツーの24日を過ごしたおれ

流しの仕事帰りに、ふらっと寄った
ビーックビックビックビックカメラで
ひとり、マッサージ椅子を何種も試す

マッサージ椅子売り場の担当であろうと思われる店のオバチャンに
何度も怪訝な顔をされる

そんなオバチャンにも動じず、『あ~ きもちい~わぁ~』と
熱い風呂に入ったときのオッサンのような声を出し
半分よだれをたらしながらうたた寝状態

そろそろオバチャンに怒られそうだったので
そそくさと退散

幸せそうな家族やカップルを横目に
今度はオーディオコーナーを冷やかしに行き

店のオニーチャンの熱い説明を散々させておきながら
「ふ~ん へ~え すごいねぇ~」とテキトウな相槌をうって
結局何も買わずに帰った。

というさみしいクリスマス


さみしさ紛れに、ちょっとシャレ山な揚げパンで
クリスマス気分を。

ワインとつまみさえあれば
毎日クリスマスだい~


(9個分)
☆準強力粉 110g ※または薄力粉と強力粉1:1であわせたものでもOK
☆塩 小1/2
☆きび砂糖 大1/2
☆ドライイースト 小1/4~小1/2
☆あおさ海苔(乾燥) 3g
・水(30度に温める) 70g

・グリュイエルチーズ 2cm角に切ったもの×9個 ※他の好みのチーズでも可
・オリーブオイル 適量

①あおさ海苔は塊の部分を手で細かくなるように潰す。
ボウルに☆をいれ、フォークでざっと混ぜる。

水を注ぎ入れ、フォークでぐるぐる混ぜる。
d0159822_1845127.jpg


まとまったら、ラップをしてあたたかいところで2倍になるまで
3~4時間発酵させる。
(時間がある場合はイーストは少なめで。時間が無いときは小1/2程度でつくる。
これ以上多いと、イースト臭くなるのでおすすめしません)
d0159822_1845847.jpg


こんなくらいになればOK
d0159822_18451644.jpg


②手に打ち粉(準強力粉)をつけ、生地を9等分にする。
1つずつチーズを包んで丸める。
d0159822_1845234.jpg



③フライパンにオリーブオイルを2cmほどの高さまでそそぎ、中温に温める。②を入れて
転がしながら揚げ焼にする。
d0159822_18453228.jpg



④全体がきつね色になり、カリッとなったらOK。キッチンペーパーの上で
しっかり余分な油を切る。
d0159822_18454068.jpg


器に盛って完成!
d0159822_18454817.jpg



これはぜひ熱々を!
d0159822_1846569.jpg


なんでかってーと、そらもう
チーズがとろけるうちにさ!
d0159822_18462921.jpg


カリッとした生地をほお張ると、ふわっとした食感にトローリチーズが
口の中にあふれ出す!
d0159822_18463744.jpg


こらもう、ワインがとまりまへん!

ビールにも最高。

ついつい手が止まらなくなるのでご注意を。

あおさ海苔は乾燥のまま使えるのでかんたん。




d0159822_12395195.jpg

最近のマッサージ椅子はすごいよ

カプセル化しててね、すごい機能いっぱいついてんだよ


40万だよ





さんたさ~ん・・・




・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2012-12-25 12:46 | 料理(かんたん)
ジューシー!本格スパイシーチキン
d0159822_17552143.jpg


おれのなかで、もうクリスマスは終わっていた。

パーチーで燃え尽きたのだ。

しかし、世間は今日!クリスマスイブなんですな。

忘れていたよ。


チ:「ちゃ~♪ チャー!」

ミ:「え?今日の晩御飯なにかって?納豆と、刺身が残ってるから
トロロも合わせて~スペシャル納豆ネバネバ丼・・・」

チ:「ち、チャー!チャー?!」

ミ:「え?ああ、そうか今日クリスマスイブ?

もう終わったと思ってたよ。

でもあんなにお祝いしたんだから、いーでしょもう」

チ:「チャー!フンッ」

ふてくされてしまったチャースケ。

やはり、当日は当日でチキンを食べたいんだそうだ。


クリスマスというと、けんたっきーのチキンはこの時期バカ売れするらしいですね。
おれには理解できん。

いくら面倒だからといって、
けんたっきーなんかのフライドチキンを買うのはいただけない。

そこでおれは以前、調べた。

けんたっきーも唸るスパイシーなチキンが自宅で作れないものかと。


このチキン、チャースケのハートにドンピシャだったらしく、
以来このレシピで何度か作っている。

今日も作ってやるか・・・納豆ご飯と一緒に。

(4個分)

・とりもも肉 1枚(300g)
・塩麹 大1 ※無ければ塩小1/2と酒大1で代用

☆牛乳 30g
☆卵白 1個
☆塩 大1/2
☆きび砂糖 大1
☆黒胡椒(挽いたもの) 小1/2
☆オールスパイス 小1/2
☆オニオンパウダー 大1/2
☆ごま油 小1/2
☆にんにく(すりおろす) 1片
☆しょうが(すりおろす) 1片
☆薄力粉 30g

◎薄力粉と片栗粉1:1で合わせたもの 適量


①とりもも肉は4等分にし、塩麹と一緒にポリ袋などに入れ
よく揉み込んで1時間ほど常温で置いておく(夏場は野菜室などに入れておく)

d0159822_175548100.jpg



②ボウルに☆をいれ泡だて器で混ぜ合わせる。
d0159822_1756289.jpg


③②に①をいれて、ラップをして2時間~半日ほど冷蔵庫に置いておく。
d0159822_17561452.jpg



④③の余分な汁気を切って、◎を全体につけて
中温の油で3~4分ほど揚げる。
d0159822_17562740.jpg
d0159822_1756388.jpg


⑤いったん取り出し、1分半ほど置く。油を高温に上げ、さらにきつね色になって
衣がカリッとなるまで揚げる。
キッチンペーパーの上でしっかり油をきって完成!
d0159822_17564847.jpg




お好みでレモンなどを添えて
d0159822_1757547.jpg



スパイスたっぷりの、ジューシーなチキン!
外はカリッと、中はじゅわ~ だ。
d0159822_1758357.jpg



塩麹のパワーを1番思い知らされるのが鶏肉かもしれない。
鶏天のときも言ったが、この柔らかさは信じられない食感だ。
d0159822_17592289.jpg



今からでも間に合う!

今年のクリスマスチキンは、ぜひ手作りしてみては!

★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
エキサイトさんで記事をかかせてもらっています。

たのしいたのしいクリスマス後・・・冷蔵庫はあまりモノたちの残骸!

そんなあまりモノで、おいしい1品いっちゃいましょう~

是非見てチョ~↓

絶品!余り野菜の甘辛中華風野菜炒め

d0159822_18403983.jpg


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


★★★★★★★★★《もひとつおしらせ》★★★★★★★★★★★★★
レシピブログから生まれたあたらしい「こんだてnote」というサイトに
わがコブサラダのレシピが載りました!


でも何故か「テリヤキ」が「テキヤキ」になってますけど!?笑
おれの間違いがそのまま使われてる・・・・

今後、誤字脱字には注意しよう。

是非サイト見てチョ~↓

コブサラダ風ボリュームテリヤキチキン

d0159822_13465984.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★





・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2012-12-24 12:57 | 料理(かんたん)
クリスマスに!しっとりふんわり絶品栗のロールケーキ
d0159822_1931719.jpg


12月も残すところあと10日。
本当に1年と言うのはあっというまだ。

クリスマスが終わると、一気に今年の終わりムードが漂う。

つまり、25日以降はいきなり季節が変わったような感覚に陥る。

12月と言うのは変わった季節だなぁ~と毎年思うのだ。


さて、そんな来るクリスマス。
おれはここ何年も、クリスマスケーキと言うのを食べていない。


子供の頃は、ケーキ屋でカットケーキを何種類か買ってきてもらい、
みんなで取り合いながら食べた記憶がある。

そんな中で、いつも選んでいたのがモンブラン。

モンブランしか食べなかった。

あの、ウ○コみたいにぐるぐる絞られたビジュアルを見ると
興奮したなぁ。(変態みたい)


今日は、クリスマスにぴったりのケーキのレシピ。

今回はクリームだけじゃなくておいしいしっとりふんわり生地で
絶品モンブラン風ロールに仕上げるよっ


(1本分)27cm×27cm天板1枚分
☆卵黄 Mサイズ4個
☆和三盆糖 12g
・はちみつ(人肌にあたためる) 25g
・薄力粉(2回ふるう) 55g

・卵白 Mサイズ3個
・きび砂糖 50g

◎バター 15g
◎牛乳 25g

★生クリーム 200ml
★和三盆糖 大1強

・栗の渋皮煮(フープロでペーストにする) 7~8個 ※市販のマロンクリームでも可 
 

①☆を泡立てる。
人肌にあたためたはちみつをいれ、白っぽくなるまで混ぜる。

d0159822_1941447.jpg


②別のボウルで卵白をあわ立てる。2~3回に分けてきび砂糖を入れながら
しっかり泡立てる。
ボウルをひっくり返しても落ちないくらいに泡立てたら、最後はキメを細かくするように
低速で1分ほど泡立てる。
d0159822_1933344.jpg


③①にメレンゲを半量入れ、ゴムベラでさっくり混ぜる。
d0159822_1935472.jpg



④ふるった薄力粉を入れ、泡を潰さないように底から大きく混ぜる。
d0159822_1941013.jpg


⑤残りのメレンゲを加え、同様に泡を潰さないように
底から大きく混ぜる。
d0159822_1944448.jpg



⑥◎を沸騰直前まであたため、⑤にいれて混ぜる。
d0159822_1942251.jpg



⑦オーブンシートを敷いた天板に⑥をいれ、表面を均等にならす。
※スケッパーなどを使う
d0159822_1952420.jpg



⑧180度に予熱したオーブンで13分焼く。
焼きあがったら15cmくらいの高さから落し、ショックをあたえる。

粗熱が取れたらオーブンシートを敷いた上にひっくり返してのせ、
丁寧に上側のオーブンシートをはがす。
d0159822_1953163.jpg


⑨生地が冷めたら、7~8分立てに泡立てた★を表面に塗る。
手前のほうに空白をつくり、手前側は生クリームは多めに、向こう側にむかって
薄く塗るようにする。
栗の渋皮煮はフープロでペースト状にし、中心からやや手前くらいのところに搾り出す。
d0159822_1954031.jpg


手前から巻いていく。オーブンシートに包んだ状態で固定して、
冷蔵庫で半日~1晩ほど置いて休ませる。
d0159822_195476.jpg




⑩温めた包丁で切って両端を切って完成!
d0159822_196034.jpg



中に入れる栗は、ペーストではなく粗みじん切りにした渋皮煮でもOK。
もちろん、甘露煮でも大丈夫!
d0159822_196914.jpg


ふんわり、しっとりした生地は口に入れた瞬間とろける!
d0159822_1961948.jpg


この生地の作り方はパティスリーコヤマさんの本のレシピ。(ちょっと分量は変えているけど)
何度かこれで作っているが、これが一番おいしく出来る。
d0159822_1962562.jpg



濃い目にいれたお茶やコーヒーと!
d0159822_1965262.jpg


そして、このロールケーキの上に、
渋皮煮をペーストにしたもの(市販のマロンペーストでもOK)と、
泡立てた生クリームを3:1くらいの割合で混ぜたものを
搾り出せば、
クリスマス用のモンブランロールの完成!

※渋皮煮のペーストは、皮が残るとうまく絞れないので、裏ごししてから
生クリームと混ぜ合わせて絞り袋に入れよう
d0159822_197974.jpg


仕上げに和三盆糖(無ければ粉糖でも)を茶漉しなどでふりかけて
やれば、多少汚くてもなんとか見栄えよく仕上がる。




なんのケーキでもいえることだが、美味しく作るためには
材料にも気を使うべし。

とくに生クリームは、最近は変なニセモノ生クリームが氾濫している。
ちゃんとした、純な動物性の生クリームを選ぶようにしよう。
安いからと言って適当なものを選ぶと、生クリームが嫌いになってしまう。
(おれもそうだった)
最近は「脂肪分○○%カット」とか書いてあって、一見ヘルシーそうにみえるが
その実態は植物性油脂を添加物でクリーム状に仕上げた物ばかり。

そんなに脂肪分が気になるなら、そもそも生クリームなど使うべきではない。

たまに食べる生クリームくらい、ちゃんとしたものを使うべき。
ちゃんと原材料を見て、へんなものが入っていないか確認して
純乳脂肪のものをつかうこと!これぜったい!



今年のクリスマスケーキに、ぜひみなさんもお試しを!







・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg

by mittun-chasuke | 2012-12-21 12:59 | おやつ
アスパラと鶏肉のブルチーキッシュ
d0159822_19543782.jpg


よく行く近所のビデオ屋「タツヤ」

おれが行くと必ずいる、いつも無愛想な若いネーちゃんが働いている。

そらもう無愛想の塊で
なにか辛いことでもあるのかい?とききたくなるくらい
ふてぶてしい。

ま、そんなに無愛想にされてもおれは「いつかいいことあると良いね」と思い
暖かく見守っていた。


ここは、店に置いていないビデオもお取り寄せが出来るそうで

ちょっと取り寄せ料金はかかるが、だいたい1週間くらいで取り寄せれるとのこと。

それを知ったおれは、前から見たかった
『白洲次郎』のDVDをさっそく予約してみた。

このDVDは1~3巻あり、もちろん3巻セットで予約。
入荷次第、電話で連絡をくれるそうだ。

ぶあいそネーちゃんに「1巻ごとに来次第れんらくしますか?
それとも3巻全部そろってから連絡しますか?」と聞かれたので、

いきなり先に「3巻」が来ても困るので
「全部揃ったら連絡ください」と頼んだ。

来週には来るものだと思い込み、それに合わせて1日のスケジュールまでたてた。
(といっても日曜日の朝から3本立て続けに見る。というわざわざ考えるまでもないスケジュール)


しかし・・・

1週間たっても連絡はない。


おかしいと思い、タツヤに電話すると
「最短で1週間です。人気ものは、1ヶ月かかることもあります」とのこと。

なんだよ 
それ先に言えよ(←説明をうけたはずだが)

完全に週末見る気マンマンだったのに

しかたなく諦め、毎日タツヤからの電話を待った。

かかってこない、タツヤからの電話・・・


あたい・・・タッチャンに・・・きらわれちゃったの・・かな・・・。



まるで失恋した悩める乙女のように毎日タツヤの電話をまった。



そして・・・1ヶ月が過ぎた時
ようやくタッチャンから電話が!

ミ:「はいはい!入荷した?」

店:「いやあの、このDVDなかなか入荷しなくて・・通常、1か月以上お待ち頂く
お客様には、いちど連絡してこのまま待つか、キャンセルするか
どっちにするか聞いてるんです」


はぁ?

1ヶ月待ったんだぞこっちは!

継続に決まってんだろバカヤロー


ミ:「待つから、継続!」


そして2ヵ月後・・・


ようやくタッチャンから電話が!

しかし、またしても「まだ入荷しません。継続しますか?キャンセルしますか?」


まるで、「キャンセルしちまえよ」といわれてるかのような口ぶり。

意地になったおれは
絶対継続したる、と
他のビデオ屋に行ったほうが早いのにもかかわらず

「まつ!継続!」といって電話を切った。

そして3ヵ月後・・・

またタッチャンからだ。

どうせまた継続かキャンセルかの電話だろう。

そう思って電話をとった。

ふつうならここで「やっと入荷した」というのがちょうどいいブログの展開だろう。
だけど、ごめん。
またしてもやはり「継続か、キャンセルか」だった。


ミ:「まつっていってんだろ!てゆーか、ほんとは無いんじゃないの?入るの?それ!」

さすがにイラッときたおれは、無愛想ネーちゃんにやつあたりした。


そして4ヶ月経った昨日・・・

またタッチャンからだ。

またあの継続やめろ電話だとおもったら、
なんと無愛想ネーちゃんの声で「やっと!やっとにゅうかしました!」の連絡。

さすがの無愛想ネーちゃんも、声が興奮(?)している。


ミ:「とりにいきます!」と、ようやく手に入った。

あの無愛想だったネーちゃんも
「ほんとに、おまたせして申し訳ありませんでした」と
頭をさげる。

なんだよ、

おまえ 、いーやつじゃん!!!!


無愛想ネーちゃんとも打ち解けたせいもあってか、
更にこころウキウキで家路についた。

週末に一気にみるぞ~


おいしいつまみをいっぱい作って、酒を飲みながら
週末は次郎DAYだ。

そんなDVD鑑賞にもおすすめなのが、やはり手軽に食べれるキッシュだね!

さてさて、今日は先日のクリパで作ったキッシュの紹介。

エヘヘ~ 休みってうれしいな~

(直径18cmのケーキ型1台分)

【生地】
・無塩バター(1cm角切りにして冷やしておく) 60g
★薄力粉 130g
★全粒薄力粉 30g
★強力粉 10g
★塩 小1/2
★きび糖 小1
・オリーブ油 大1
・卵黄 1個
・水 大2

【アパレイユ(卵液)】
☆卵 3個
☆生クリーム 150g
☆豆乳(または牛乳) 150ml
☆塩、胡椒、ナツメグ 各少々


◎鶏胸肉(またはもも肉) 150g
◎塩麹 大1
・アスパラ(太いもの・皮を剥いて4cm幅に切る) 5~6本
・オリーブオイル 大1
・にんにく(みじん切り) 1片
・白ワイン 1/3カップ
・ブルーチーズ 35g
・黒胡椒 各少々

・カマンベールチーズ 30g
・パルミジャーノチーズ 適量


①鶏肉は2cm各位の大きさに切る。◎をポリ袋に入れてよくもみこみ、30分以上置いておく。

②皮を作る。作り方はココ参照
d0159822_20114834.jpg


③フライパンにオリーブオイルとにんにくをいれ弱火にかけ、
香りがたったらアスパラと①を入れて炒める。(ただし、アスパラの穂先は入れないで残しておく)
白ワインを回しいれ、ブルーチーズを細かくちぎって全体にいれて
絡めるように炒める。
胡椒をいれ、足りなければ塩を入れて味を調える。器に出して、粗熱が取れるまで置く。
d0159822_19531478.jpg



④②の中に③をきれいにいれ、カマンベールをちぎりながら全体にのせる。
d0159822_1953217.jpg


⑤よく混ぜ合わせた☆を入れ、とっておいたアスパラの穂先を上に並べてのせ、
パルミジャーノチーズを全体にかける。
180度に予熱したオーブンで40分ほど焼く。
d0159822_19533712.jpg



粗熱が取れたら型から出してかんせい~!
d0159822_19555136.jpg




そして、キッシュの断面・・・

今年もとり忘れましたー!

ダハハ。

やっぱね、だめだよ。無理だよ。パーチー始まるとさ

カメラのこと忘れて。

というわけで、断面写真を楽しみにしていたそこのアナタ。

今年も、断面は実際作ってみて肉眼でごらんあれ!


d0159822_1247473.jpg


ながかった・・・



・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2012-12-20 12:49 | 料理(ハイカラ)
二日酔いに!銀杏スダチうどん
d0159822_21314644.jpg


12月。世間は本当に浮かれている。

マチに繰り出せば、もうクリスマスムード1色。
おれはどちらかというと正月のほうが好きなので、
クリスマスで盛り上がる店頭の片隅に、「お正月のしめ縄」とか売っているのを見ると
応援したくなる。

しかしやはりクリスマスというのは
いくつになってもウキウキするのもわかる。

もうサンタさんが来ないのは解っていても、ウキウキするもんである。

先日、ビーックビックビックビックカメラに行った。

壊れたipodのイヤホンを買うためだ。

今まで、ipodを買ったときについていた、ヘボいイヤホンをつかってたおれは
次も一番安いヘッドホンで良いやーと思ってイヤホンを見ていると

すごい!

すごい量のイヤホンが売っている。

しかも、ビーックビックビックビックカメラのすごいところは、
ほとんどの商品のイヤホンのお試しが出来るようになっている。

自分のipodをつないで、店頭で色々試せるというのだ。

「なるほど~!」

テンションが上がってきたおれは、『重低音にこだわるアナタへ』とPOPが付けられた
イヤホンの前へ。
一度も重低音にこだわったことなど無いくせに、『重低音にこだわるひと』のふりをして
自分のipodをつなげてみた。

すると

なんということでしょう!!






ipodの電池が切れているではありませんか!





だめじゃん。

重低音聞けないじゃん。


がっくり肩を落とし、横にいるオタク風の視聴しているひとに
「そのipod貸して」と声をかけようかとも迷ったが、
借りたipodにAKBとか入ってたらやだなと思って諦めた。

そのまま諦めて帰ろうと思ったが、どうしても重低音がきになる。

思い切って買っちゃうか!クリスマスだしさぁ!(←関係ない)

ということで、視聴もせずに
なんと4000円もするイヤホンをかってしまった。

980円のでよかったのに。


はやる気持ちをおさえ、家路について
さっそくipodを充電しながら聞くと・・・


すごいっ

すごいよ!

重低音にこだわってよかった!

それはそれはもうすごい迫力で、裕次郎の「黒い海峡」なんて聴いたら
もう背中がゾクゾクしちゃう。

アタイ、重低音にこだわってよかった!


というわけで、クリスマスの雰囲気と言うのは、
こういう無駄な買い物もなんなくさせてしまうマジックなのだ。
(え?関係ない?)


さてそんなクリスマス。

みなさんも、今週末はパーチーだっ!というひとも多いのでは?


うっかりヘパリーゼをのみわすれちゃった!

そんな二日酔いの翌日は・・・

これしかないでしょう!
さっぱりスダチうどんで、二日酔いもさようなら!

(1人前)
・銀杏 10~15個
★水 150ml
★塩 小さじ1
・白ネギ(3cm幅に切る) 1本
・ごま油 大1/2
・酒 1/4カップ

☆かつおだし 300ml
味の母(またはみりん) 大2
☆醤油 小1
☆塩 小1/3

・うどん(またはそうめん等) 1人前
・すだち(半分に切る) 1~2個
・黒胡椒 少々

①銀杏はポリ袋などに入れて金槌などで軽くヒビ割れ目をいれる。
※強く割りすぎて実をつぶさないように注意!
(銀杏用の殻割り器があればそれを使う)

②鍋に★をいれて沸騰させ、1の銀杏をいれて水分がなくなるまで煮る。
d0159822_214058.jpg


③水分が無くなったら、そのまま1~2分煎る。
d0159822_2140406.jpg


④器に取り出し、粗熱が取れたら殻をむいておく。
d0159822_21315612.jpg


⑤鍋にごま油を熱し、白ネギを焦げ目がつくまで焼く。
d0159822_2132549.jpg



⑥銀杏を入れ、酒を回しいれてアルコールを飛ばす。
d0159822_21321397.jpg



⑦☆をいれ煮立て、弱火で3分ほど煮る。
d0159822_21322015.jpg



⑧そうめんは別の鍋で茹で、水気を切り丼に盛る。そこに⑦をそそぎ、すだちを
のせ、黒胡椒をふって完成!
d0159822_21323161.jpg



ネギと銀杏、スダチ。
こんなシンプルなのに本当にうまい!
d0159822_21324343.jpg


さっぱりしたスダチ。モチモチの銀杏。とろっと煮えたネギ。
どれも大好物だ。
d0159822_21325349.jpg



そうめんじゃなくても、うどんでもOK.
これは何回か作っているが、どちらかというとうどんのほうがおすすめ
(今日は切らしててそうめんだけど)
d0159822_2133257.jpg



まだ銀杏は手に入る!

ぜひ一度、おためしを!!

★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
エキサイトさんで記事をかかせてもらっています。

すだちを使ったレシピといえば、こちらもおすすめ!

銀杏が苦手な人は、こちらのレシピでどうぞ~

是非見てチョ~↓

飲んだ翌日に食べたい、すだち風味の「さっぱり麺」

d0159822_12122759.jpg




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



d0159822_12514627.jpg

まさか、このひとは・・・!



・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2012-12-19 12:53 | 料理(かんたん)
ローズマリーポテト
d0159822_19334745.jpg


外国の料理番組はおもしろい。

日本人と、料理の視点や感覚が違うからだ。

特に、イギリスやアメリカの人たちが作る「日本料理」は、
絶対に『ごま油』『醤油』『ライム』『ナンプラー』『赤唐辛子』が入る。

これは「日本料理」ではなく、「漠然としたアジア系料理」だ。

きっと彼らの中で、中華もタイ料理も日本料理も
そんなに区別がついていないのではないか?

もちろん、同じことが日本人にも言える。

きっとおれのレシピも、外人から見たら
「パスタに納豆入れてる。日本人ってパスタ使えばイタリア料理だと思ってるのかね?」とでも
思っているのだろう。

そんなことは無いが、結局いえるのは
「料理はなんでもあり」ということだ。


まだ知らない、未知の味がきっとまだまだこの世には
たくさんある。

日本料理だから、ライムやナンプラーを使っちゃいけない、ということは
ないはずだ。

とはいってみたものの、やはりみんなが認める
「王道の組み合わせ」というものは、やっぱりおいしい。

それだけ長くいろんな国でいろんな人に認知されているだけあって、
「みんなが好きな味」というのがあるだろう。
今日作るこの「ローズマリーポテト」なんて、良い例である。

おれはこれは最高の組み合わせだと思う!

ローズマリーとポテト・・・出会うべくして出会った
組みあわせ

ダサい芋男が、ローズマリーと言う今風な美女にちょっとからかわれてツマミ食いされ、
いつの間にか美女のほうが芋男にハマってしまって
シャレ山な家庭を持った感じ。?

え?よくわからん?
おれもよくわからん

ま、ジャガイモは言うたらなんでも合うけどね。

そんなこといったら今日の記事が台無しになるので
ここはさっさとレシピ紹介に行きましょう

といっても、簡単すぎて3行でおわります。

(2~3人前)
・小ジャガイモ 10個
・塩 小1

★ローズマリー 1枝
★オリーブオイル 大2~3
★にんにく(皮付きのまま潰す) 1片
★黒胡椒 適量
★バター 10g

①鍋によく洗ったジャガイモを皮付きのまま入れ、ひたひたになるくらい
水を注ぐ。塩もいれよく混ぜて火にかけ、沸騰したら弱火にして蓋をし
柔らかくなるまで茹でる。
※途中様子を見て、水が足りなければ足す
d0159822_19335776.jpg


②ジャガイモが完全に柔らかくなったら、スプーンなどで軽く潰して割れ目を入れる。
(味をしみやすくするため)
完全に鍋の中の水分を飛ばしたら、そこに★を入れて手早く炒める。
d0159822_193469.jpg


③器に盛り、仕上げにさらに黒胡椒をかけて完成!
d0159822_19342053.jpg


ほんとは2行くらいで紹介できたけど、無理やり3行にしたくらい。
簡単すぎてレシピと紹介して良いモンなのかと思うくらい。

d0159822_19343210.jpg


でもこのおいしさは紹介しないともったいない!
d0159822_19344172.jpg


中はホクホク外はカリッと オリーブオイルとローズマリーの良い香り。

じゃがいものおいしさをあらためて実感できる1品!


みじん切りにしたアンチョビなんかを一緒に入れていためても
またおいしい。

ビール・赤ワイン・白ワイン・ハイボール
なんでも合います。
簡単なので、忙しいパーチーの準備の合間にでも作れる!

小ジャガイモが無い場合、適当な大きさに切った普通のジャガイモでもOK。

ぜひお試しを~


・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2012-12-18 12:30 | 料理(かんたん)



ベジタリアンのミットゥンと肉食チャースケのご飯日記
by ミットゥン
タグ
(516)
(482)
(363)
(339)
(201)
(170)
(134)
(132)
(92)
(87)
(72)
(65)
(59)
(52)
(51)
(42)
(37)
(29)
(27)
(17)
(15)
(12)
(10)
(7)
(6)
(5)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
登場人物紹介
ミットゥン
チャースケ
漫画付きレシピ
料理(ハイカラ)
料理(かんたん)
料理(副菜、その他)
料理(メンドうまい)
おやつ
パン
自己紹介
その他
弁当
未分類
以前の記事
2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
お気に入りブログ
おとなは、だれも、はじめ...
ハンドメイドな日々
沢ぱん日記
shina_poohな日...
知りたがりやの食べたがりや
夕方に台所で・・・
やわらぎをもって。
イギリス ウェールズの自...
歌花史庵 かかしあん
うひひなまいにち
ごはんとおかずと日々のつ...
僕とマダムと先生と
アベマリアのハッピーテーブル
犬とご飯と雑貨。
spring comes...
1/f breeze
kun-kun+kuro-ro
Life style
アインのしっぽ
バニラのお菓子ライフ
Cheminee de ...
mogumogu * Leaf
亜麻仁
つばさ雲
エットハミアメドとお料理...
がびあーの家の毎日
山麓風景と編み物    
London Scene
ろこりん♪の毎日。
ゆるロビ生活
カザルパロッコのネコ(C...
walking slow...
田園都市生活
ちょっと寄り道
平凡人日記
NO ANCHOVY, ...
ひなたの小部屋
ミニチュアブルテリア ダ...
日々の暮らし ☆ mam...
一日一歩
La prima ste...
日々道場
にじいろ日記
丁寧な生活をゆっくりと
さっちんきっちん
やねのうえのわんこ
ホウロウダイアリー
5plus2and2
ステンドグラス こもれ...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
カザルパロッコのネコ
The cats inside
Can of Good ...
★ミットゥンのラインスタンプ販売中!


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!
d0159822_12455074.jpg






エキサイトブログ以外のお友たち
Mシュナ Richardより愛を込めて

トレモロの響きにのせて

某医大正estateのごはんブログ


Can of Good Goodies

豆好き

yamatoyome ~沖縄生活~

パスタファイター

ぱっちとPUっ♪


THE CULINARY TRIBUNE

stadio r(食フォトギャラリー)

la table

Bay Alien

ビストロ カルナヴァル

スペース大原

★沖縄日記記事がオススメブログに!
那覇
旅行口コミ情報

★チャースケがツイッターを始めた?!
『_Charsuke_』で検索!


★広告メール対策の為、コメントを承認制にしました

コメントだいかんげいです!
お気軽にどんどんコメントチョウダイ!

★ウーマンエキサイト「おいしい!」に以下の記事を掲載していただきました。

緑のヘルシーポテサラ


米粉のブルーベリーパンケーキ


簡単!イカのトマト煮込み


カレー風味の鶏グリル


マグロの味噌漬けどんぶり


車麩の海老チリ風炒め


自家製甘納豆


牡蠣と温玉の韓国風サラダ


ヘルシーフムス


温泉たまごで!濃厚オリーブオイルアイス


過去最高のビーフシチュー


簡単ヘルシー!豆乳杏仁プリン


節分に!豪華海鮮太巻き


ブルーチーズと納豆のパスタ


しあわせのメープルパンケーキ


柚子トマトうどん


ポテサラと食べる絶品フレンチトースト


パスタでビックリ!ちゃんぽん麺


やめられないトマラナイ!メープルナッツ4種


しっとり茹で鶏の特製ピリカラだれ


ワインが進む君!トマトチーズビスコッティ


海老と豆腐の卵とじ中華丼


塩鮭とろみ中華どんぶり


野菜のうまみの詰まったヘルシーシチュー


韓国風!イワシのピリ辛しょうが煮


刺身の残りで!絶品ヅケ茶漬け


梨と豆乳のやわやわプリンと滑らかジェラート


絶品!中華スープがけ納豆ご飯


簡単!刺身でユッケ風どんぶり


あっさり!あさり二ラーメン


高貴な味!メープル小豆の豆腐クリーム添え


お店の味!海鮮あんかけ かたやきそば


春巻きの皮で作る!海老とアボカドの豆腐キッシュ


火を使わない!ピータン豆腐どんぶり


バター不使用!ココナッツとあんずの全粒粉スコーン


熱ヒヤ!豆乳坦々つけ麺


薄焼きがポイント!ザクザクフルーツクッキー


夏のビールの共に!ヤムウンセン


ひんやり!さっぱりカレーきしめん


ピーナッツバターで本格的なタレ!棒々鶏うどん


二日酔いの朝にやさしい アボカドとホタテのおかゆ


レストランの味の濃厚ニョッキ


お肉無しでも絶品ビビンバ


自然の甘みのおやつ!ドライフルーツまるごとクッキー

パーティーに!絶品ヘルシー板麩でラザニア

とろ~り絶品!洋食屋さんのクリームコロッケ

フレッシュトマトの絶品ラタトゥイユ

海老の殻は捨てちゃ駄目!濃厚豆乳ベシャメルソース

とろとろ手羽先の韓国風煮込み

とろーりチーズのかかったトマトのモツ煮込み

フレッシュトマトで作るエビチリ
卵一個で!豆乳スフレ

残り野菜で!韓国トッポギ

トマト肉味噌でヘルシー冷麺
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
居酒屋ごっこ・五月編
from cool witch
生存報告。
from ハムログ
居酒屋ごっこ
from cool witch
塩麹を使ったおかず など..
from 海のむこう 空のむこう
おおそうじのフルーツクッ..
from 海のむこう 空のむこう
ポテトマカロニサラダwi..
from 知りたがりやの食べたがりや
イギリス歯医者の話 - ..
from 坂の上にある家 
白練りごま
from 坂の上にある家 
冬至の夜
from 坂の上にある家 
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧