<   2013年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
トマトレタスチャーハン
d0159822_1128932.jpg


みどりママは、漫画が好きなくせに
自分では漫画を買わず、
必ず毎回うちにきて「漫画かせ」といって
漫画を奪っていく。

うちの漫画は、気に入ったものは必ず全巻そろえるので
けっこうな量の漫画があるのだが

それを根こそぎもっていく。 ※先日の被害は「酒ほそ全巻」
毎回、

ミ:「貸してもいいけどさぁ、、ぜったい返してよッ!」

と釘をさしても、

ミド:「あー、ハイハイ」

と言ったまま全然返ってこず、

しつこく催促すると

ミチオに貸しちゃった」とか
ハナタレエリに持っていかれた」といって

結局おれが毎回自ら回収にいくのである。



ちなみに、みどりママが唯一自分で買った漫画は『レモンハート』くらいである(酒飲み)。



先日も、「深夜食堂全巻かせ」とうちに来、

「深夜食堂、こないだ貸したばっかじゃん!」(→苦労して回収したばっかり)
というと、

「また読む」

といってまた全巻根こそぎ奪っていった。


深夜食堂を読んでいると、
必ずその出てくる食べ物が食べたくなる。

何でだろう、特に絵がリアルなわけでもないし、
ストーリーも淡々としているのだが

うちにあるグルメ漫画で一番、読みながら同じものを食べたくなる漫画だ。


多分、それはよくある定番なメニューがおおいからとも思う。

先日でた最新刊に、レタスチャーハンがのっていた。

深夜食堂 11 (ビッグコミックススペシャル)

小学館 / 小学館


レタスチャーハン・・・

初めて食べた時は、チャーハンにレタスを入れようなどおもったその人(どのひと?)を
心から尊敬したもんだ。


そんなわけで、今日はレタスチャーハン。


へへへ・・・実は、最新刊だけはみどりママに渡さなかったのだ。

(1人前)

★豚薄切り肉 100g
★ごま油 大1
★柚子胡椒 小1/2

・ごはん(あたたかいもの) 230g
・みょうが(薄切り) 2個
・卵 1個

・レタス(適当な大きさにちぎる) 100g
・ミニトマト(半分に切る) 6個

・塩、胡椒 各少々

・醤油 小1/2


1.フライパンに★を入れ、塩、胡椒を少々して炒める。
d0159822_11281932.jpg


2.肉の色が変わってきたらみょうがとごはんを入れ、
ざっと溶きほぐした卵をご飯の上にかけるようにして入れ
強火で手早く炒める。
d0159822_11282955.jpg


3.ご飯がパラッとしてきたらレタスとトマトをいれ、ざっと炒める。
d0159822_1128419.jpg


4.仕上げに醤油をさっとまわしかけて完成!
d0159822_11285139.jpg


レタスはシャキシャキ感が残るように、炒める過ぎないように注意
d0159822_1129412.jpg



みょうがと柚子胡椒のさわやかさがたまらん
和風チャーハン。
d0159822_11291978.jpg



トマトは、大きいものを角切りにすると水分が出過ぎるので
ミニトマトがおすすめ
d0159822_11292945.jpg




豚肉は、挽肉でもOKです。

チャチャッとできるので、忙しいときにもおすすめ~

ぜひおためしを!!












「返してくれないからヤダ」というと、ダダをこねる。

d0159822_12443456.jpg

そして、きわめつけに「アイスクリームメーカー返せ」と、脅してくる。


★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2013-08-30 12:50 | 料理(かんたん)
トマトと茄子のチーズグラタン
d0159822_11162871.jpg


先日スマホにしたとようやくカミングアウトしていたが

スマホというのは実に色々機能があり

その中でもスマホの魅力のひとつというのが、『アプリ』の存在であろう。

昔、携帯のアプリといったら
まぁなんかくだらないゲームとかそんなイメージしかなかったが

スマホには実に色々アプリがある。

無料のモノも多く、気軽にインストールして使えるのだが

実際、面倒でアプリなどはほとんどとっていない。

しかしそんなおれにとってもありがたいアプリが、目覚まし時計のアプリ。

目覚機能位、もともと携帯やスマホに入っているのだが、

このわざわざインストールしたアプリの目覚ましはちょっとチガウ。

アラームが鳴って、止めるのに計算問題を解かなければ
アラームがとまらないのだ。

寝ぼけ眼で計算問題を解こうとしているあいだに
だんだん脳が目覚める、というわけだ。

寝起きがウルトラ苦手ななおれにピッタリのアプリである。


このアプリ、計算問題のレベルが設定出来る。

『かんたん』『普通』『難しい』とある。

さすがに『かんたん』はねえだろう、『かんたん』は。

とはいえ、『難しい』じゃ一生アラームが止められない恐れもある。

ということで『普通』にしてセット。


ところが、翌朝スゴイ音のアラーム・・・・

急いで停止釦を押すと、計算問題が出てくる。

「176-52=?」

この程度の問題である。

しかし、これがまったく出来ない。

必死で画面を見ながら
「ひゃくななじゅうろく・・・ひく・・・ごじゅう・・に、だから、
まず、ろくとにをひいて、よんでしょ・・・
で、ななたすごは・・・ん?たすご?
じゅうに?」

だんだんパニックになってテキトウに釦を押す。

当たり前だが、合っているはずもなく

またすかさず次の問題が出る。

「186-45=?」


その間もアラームは鳴り続けている。


「ひょくはちじゅうろく・・・ひく・・・ひく、またひきざんかよ~
おりゃーひきざん苦手なんだよ・・やめてくれよ~
ろくひく、ごは、いちでしょ・・・で、はちひく、よんは・・・よん、だから、
41だ!」

またすかさず次の問題が出る

「えー、さっきの間違ってた?え?なんでなんで?41でしょ
ちょっと、こわれてんじゃない?」


アホ丸出しである。


そんなことをやってるうちにだんだん目が覚め、起きれるという仕組みなのだ。


しかしこの『普通』レベルでもレベルが高すぎたおれは
翌日『かんたん』にセットし直して寝た。

すると、

「2+5=?」

とか

「12-5=?」
とかの究極にバカにされたレベルの問題がでて、プライドが傷つけられた。


そんなわけで、今は『普通』レベルで毎朝頑張っている。


『ちょっとバカ』レベルを作ってほしい。



さてさて、そんな大変な朝ですが
ここ数日はちょっと涼しくて起きやすくなりました。


このまま秋になってくれればいいな・・・と思うが、
たぶん、そんなわけないでしょう。

また暑い夏は戻ってくるな。

今日は、そんな夏野菜をたっぷり使ったグラタンだよ~


(2~3人前)
☆豚挽き肉 100g
☆塩 小1/3
☆味の母 大1 ※無ければみりん大1/2と酒大1/2で代用
☆黒胡椒 少々
☆きび砂糖 小1/2
☆トマトペースト 大1
☆にんにく(すりおろす) 1片
☆オリーブオイル 大1/2
☆セロリ(皮を剥いてみじん切り) 80g

・茄子 1本
・トマト(1cm角切り) 大1個
・チーズ(コンテ・ボーフォール・サンシモン) 計60g ※好みのチーズで。何種類か混ぜると美味しい


1.ボウルに☆をいれ、手でよく混ぜ合わせる。
d0159822_11165637.jpg


2.ナスは棒状に切り、オリーブオイル(分量外)を熱したフライパンで
塩、胡椒を少々してさっと炒める。
d0159822_11171623.jpg


3.深めの耐熱容器の内側にオリーブオイル(分量外)を薄くぬり、1を1/3量しきつめる。
d0159822_11173030.jpg


4.その上に炒めたナスを半量、トマトを半量、チーズを角切りにしたものを1/3量のせる。
d0159822_11174520.jpg


5.また1を1/3量のせ、4を繰り返す。
d0159822_11175844.jpg


6.残りの1で蓋をし、残ったチーズを摩り下ろしてかける。
d0159822_11181146.jpg


7.200度に予熱したオーブンで30分焼く。
仕上げにクレソンなどあれば添えてかんせい!
d0159822_11182951.jpg



いろんなチーズの複雑な香り漂う、贅沢な重ねグラタン。
d0159822_1118431.jpg



みてくだせぇこの美味しそうな断面。
豪快にスプーンですくって取り分けよう。
d0159822_11185477.jpg



あ、ちなみにこれはオーブンが壊れる前に作ったものでがす。

まだ戻ってこないなー、オーブン・・。グスン。


d0159822_12343582.jpg




★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2013-08-29 12:37 | 料理(ハイカラ)
アサリと韮のチヂミ oishii
d0159822_11195010.jpg

うちのちかくに、美味しい韓国料理屋がある。

なにたべてもウマイのだ。

だけど、毎回食いすぎて最後は胃袋がはちきれそうになり

さすがのチャースケも帰りは無言である。

やっぱり一番好きなのはチヂミである。

その店のチヂミは、ほぼ揚げ焼のように作っているようで

外はサクサクパリパリで、中はモチモチ。

初めて食べた時は「チヂミってこんなにウマイモンなのか!」と
驚きもものきにじゅっせいきだった。

いざ家であの店のチヂミを再現しようと思うと

「でもなー揚げ焼にするとなー油っこいしなー
わざわざハイカロリーにしなくてもいんじゃないかなー」と雑念が入り

結局ビビリ程度の油しかいれず、
そこまでサクサクにならない結果に終わる。

・・・

次こそは!揚げ焼チヂミに挑戦しよう。、次こそは・・・。


しかしチャースケのように
油過多ウェルカムメタボ万歳なやつだと、

おそれもなく油を使う。


先日、いきなり「ちゃー(らーめんつくって)」というので
「ヤダ」といったら

またゴソゴソと物置から『隠しインスタントラーメン』をとりだした。


おれが完全に無視していたら

作ってくれるのは諦めたと感じたのか

自分でキッチンでせっせと作りはじめた。


しかし、出来上がったラーメンはなんかやたら旨そうだったのだ。

ラーメンの上に、てんこ盛りのいためたモヤシとかニラがのっており、

「え、これチャースケがつくったの?うまそうジャン」

「チャー(しかも添付のスープはつかっていません。)」

と、みょうに得意げにいう。

「ちゃー(たしか阿部先生のも、ラーメンのすーぷはあぶないといっていた」という。


だからといって、「麺はOK」ということも言っていないと思うが・・・


それはさておき、ひとくち食わせてもらった。

なんかスープもまぁまぁの味に仕上がってる。

あれ?もしかしてうまい?

何を入れたんだろう?

もうひとくち食べると、今度はすごい量のごま油の味がドワーと広がった。

「う・・・おまえ、これどんだけ油いれたん!」

「チャー?」


そんだけ油を入れたかは不明だが、
まぁ油と言うのはやはり旨みを出すのに必要なんだと実感した。
(あのラーメンはあきらかに入れすぎだが)


そんなわけで、勇気のある人は
ぜひ揚げ焼きチヂミにちょうせんしよう。

(1枚分)

☆薄力粉 65g
☆片栗粉 25g
・卵 1個

◎あさり(砂だししておく) 260g
◎水 1/4カップ
◎酒 1/4カップ

・ニラ 5~6本

・ごま油 大2~
・チーズ(好みのもの) 30g
・キムチ 適量

1.鍋に◎をいれ蓋をして火にかけ、あさりの口が開いたら火を止める。
d0159822_1120683.jpg


2.身を取り出し、煮汁と身を別々に分けておく。
d0159822_11201791.jpg


3.ボウルに☆をいれ泡だて器でざっと混ぜてダマを無くし、2の煮汁でときのばす。
d0159822_11204655.jpg



4.よく混ぜたらアサリの身をいれてざっと混ぜておく。
d0159822_11205814.jpg


5.フライパンにごま油を熱し、4を半量入れる。
※なるべく薄くひろげるようにする
すぐさまニラを生地に埋め込むようにのせ、のこりの生地をかけて中火で焼く。
d0159822_11211271.jpg

6.裏がえして、弱めの中火でじっくり焼く。
※このときひっくり返したら鍋肌から油を足すとサクサクになる

焼けてきたらチーズをスライスして表面にのせ、蓋をしてチーズを蒸し焼きで溶かす。
d0159822_11213678.jpg



7.チーズが溶けたら食べやすい大きさに切って皿に盛り、キムチをのせて完成!
d0159822_11215052.jpg



しっかりあじがついているので、キムチさえあればそのままで十分おいしい。
でもなにかつけたい人は、好みで酢醤油やなんかでどうぞ
d0159822_11221758.jpg



あさりの汁でつくった生地は、旨みたっぷり!

揚げ焼でやったらもっとうまかったろうに。

ま、次こそは・・・。






暑い夏、ビールとチヂミで乾杯だー!


★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
ミットゥンが全国の働く女子向けに書いているウーマンエキサイトシリーズ。

今週は・・・

ダイエットからのドカ食い対策レシピ「ヘルシー蕎麦サラダ」
d0159822_1228236.jpg


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg

by mittun-chasuke | 2013-08-27 13:08 | 料理(かんたん)
ゴーヤトマトのトロトロオムライス
d0159822_112523.jpg


おれは裏切りものである。

なんと、3ヶ月前からスマホなのである。

あんなに『この世のガラケーが滅亡する直前までガラケーを使い続ける』と豪語していたのに

あっけなくスマホにしてしまったのである。


今までパカパカ族ぶっててゴメンナサイ。



スマホにした理由はタダひとつ

『ライン』がしたかった。


スタンプが押したかった。


文章のフキだしマークにあこがれていた。


↓こういうの
d0159822_12564040.jpg


こっそりスマホに変えたおれは、その楽しさと便利さに
すっかりはまってしまい

なぜもっと早く変えなかったんだろうとさえ思うようになっていた。


しかし、電車などで
ふと見ると、前の席に座っているひとたち全員が
スマホを見ているのを見るとなんだかウンザリする。


『機械に溺れたバカな現代人』

『みんなバカみたいにスマホばっか見やがって』

とおもう。


でもふと気がつくと、自分もスマホを凝視して
その中に溶け込んでいる。

ああっイカンイカン。

おれも立派なバカな現代人ジャン!


そんなわけで、おれはしょちゅう言ってることとやってることが違う

裏切りものなのである。

オムライスだって、
「なにがトロトロオムライスじゃ。オムライスは薄い卵で包んだのが王道じゃ」といっていたのに、

最近は専らこのトロトロオムライスである。(ま、作るのが楽ってのもあるんだが)

はい、そんなわけで今日は
夏においしいゴーヤをつかった、トロトロほろにがオムライス!


(1人前)
☆玉ねぎ(みじん切り) 1/2個
☆にんにく(薄切り) 1片
☆オリーブオイル 大1/2

・ゴーヤ(ワタをとって薄切り) 1/4本
・トマト(粗みじん切り) 1個

◎醤油 大2/3
◎バルサミコ酢 小1/2
◎きび砂糖 小1/2
◎トマトケチャップ 大1

・ごはん 250g
・コンテチーズ(1cm角切り)

★卵 2個
★きび砂糖 大1/2
★塩 少々
・オリーブオイル 大1


1.フライパンに☆をいれ炒め、
d0159822_1125185.jpg


玉ねぎが透き通ってきたらゴーヤとトマトを入れていためる。
d0159822_11254092.jpg


2.◎を入れて煮詰めるように炒める。
d0159822_11255260.jpg


3.煮詰まってきたらご飯を入れ、強火で手早く炒める。
d0159822_1126644.jpg



4.チーズを入れざっと混ぜてすぐに火を止め、器に盛る
※チーズは余熱で溶けるので、この時点で溶けてない方が良い
d0159822_11261749.jpg



5.★をよく溶きほぐし、塩、胡椒、水、砂糖を各少々いれ
油をひいたフライパンに一気に流しいれ、がーっとかき混ぜ
ある程度固まったら火からおろす。
d0159822_11262711.jpg


6.4の上に滑らすようにのせ完成!
d0159822_11264747.jpg



お好みでケチャップをかけてどうぞ~
d0159822_1126577.jpg


うんまそー

d0159822_1127890.jpg



びょーンと伸びたチーズがテンション上がりますなぁ
d0159822_11271870.jpg



このチーズのおかげで、ゴーヤの苦味も緩和されて食べやすくなります。







★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
ミットゥンが全国の働く女子向けに書いているウーマンエキサイトシリーズ。

今週は・・・

使い回しOKなピリ辛肉味噌で、簡単OL弁当

d0159822_12575884.jpg




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★









d0159822_12561465.jpg






★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2013-08-26 12:59 | 料理(ハイカラ)
牛テールの夏カレー
d0159822_1013983.jpg

オーブン系は、基本訪問で修理、どうしても直らない場合は
持ち帰って修理・・ということらしい。

壊れた時点で電話すると、
『訪問修理なので人手が足りず、今すこし混んでおります』とのこと


とにかく早く来てくれとお願いしていたにもかかわらず

我が家のスチームオーブンが壊れてから1週間、
夕べ、ようやく壊れたスチームオーブンの修理の人が来た。

1週間でも、ほぼ毎日使っていたものが壊れると
非常にツライ。

使って約2~3年くらいと思うが、
あまりに酷使したためスゴイ年季の入りようだ。
(単に手入れ不足ともいう)

週末なんてヘタしたら5~6時間、オーブンを常にフル稼働させてるもんな。


一応、買ったときに補償の5年延長に入っていたので
修理はもちろんタダだと思って
コールセンターに電話したが、

コールセンターのババアおねえさんの話では、
「自然故障以外は、補償期間内でもお客様負担となります」の一点張り。
さらには「その場合は作業員の出張費もはらえ」とのこと。

うちのこの故障はほんとに突然だったため
もちろん壊れるようなことはしていないし
自然故障であると信じてはいたが、

なんで補償期間なのに出張費もはらわにゃいかんのだ?と文句を言ったが
あまり言うと自分が「自然故障の自信が無いからだ」とも思われそうなので

とりあえず来てくれるように頼んだのだ。


そして来た作業員のオッサン。

「ここがおかしいんです」と説明しようと庫内を開けると、
まず壊れている云々より
その庫内の汚さに唖然としていた。

「はー・・・これは・・・だいぶ・・・年季入ってますネェ・・・」

こ、こりゃいかん!

このままでは自然故障で認めてもらえない!


「ダハハ・・・ネェ、どうしちゃったんですかネェ」


どうしちゃったもこうしちゃったもない。

ちゃんと毎日掃除しろバーカ、と、オッサンの目が物語っている。


結局、壊れた理由は、オーブンの扉についてい小さいツメが折れただけで、
そのツメが折れてるので「扉が閉まった状態」になっておらず
反応しなかったようだ。

しかしオッサンは、
「この庫内の内側もはがれちゃってるし、扉のガラスも黒くなってるし、
劣化がひどすぎるので張替えます・・」といって

むしろその庫内の汚さのが問題だといわんばかりに

オーブンを引き取っていった。

とりあえず、無償で直してくれるというので、

「ほんとに無償ですよね?」と2回念押しして

オッサンが車までオーブンを運ぶのを手伝い、点数も稼いでおいた。(なんの点数や)

これから2週間、オーブンの無い生活・・・


昔、テレビを修理に出した時は
それはそれでテレビの無い生活でも慣れたが、

オーブンが使えないとなると
作れるものも制限されるのが困る。


あーあ、どうすんべ・・・



というわけで、今日はオーブンを使わない料理。

暑い夏といえば、カレー!

カレーといえば、「ルーを入れるだけだから簡単料理」みたいな括りにされてるのが
とても残念だが

うちではカレールーなど使いません。

カレーはとても手間のかかる料理。
でも、だからこそウマイ!

みどりママのところからパクッてきた牛テールで、
濃厚なスープから作った絶品カレーだよ~


(2~3人前)

☆牛テール 850g
☆昆布 10cm
☆干ししいたけ 2枚
☆にんにく(皮付きのまま) 4~5片
☆赤唐辛子(乾) 1本
☆白ネギ(青い部分) 4本分
☆玉ねぎ(皮付きのまま・4等分に切る) 1個
☆水 2L


◎オリーブオイル 大2
◎赤唐辛子(乾) 1本 ※辛いのが好きなら半分に折って入れる
◎クミンシード 小1

・玉ねぎ(クシ切り) 1個
・じゃがいも(適当な大きさに切る) 1個

★塩 小1
★ローリエ 1枚
★カレーペースト(カレーの壷) 大3

・トマト(粗みじん切り) 1個
・そらまめ(サヤから出して厚皮を剥く) 20個
・エバミルク 大4 ※お好みで牛乳、ココナツミルク、生クリームなどでもOK

・パクチー 適量
・ごはん、ナンなど  食べたい量



1.牛テールは半日ほど水に漬ける。
※時々2回ほど水を替える

2.大きい鍋に☆を入れ、強火にかけ沸騰したらごく弱火にし
アクを取りながら蓋をして1時間半煮る。

d0159822_10132149.jpg


そのまま冷ましておき、スープを漉しておく。
(牛テールとにんにくはとっておく)
d0159822_10133117.jpg


3.2のにんにくは、皮を剥いて中身を出しておく。
d0159822_1015179.jpg


4.鍋に◎を入れ弱火にかけ、香りがたったら
d0159822_10134122.jpg

玉ねぎを入れて中火にして炒める。

d0159822_10134980.jpg


5.玉ねぎが透き通ったらジャガイモをいれて炒める。塩少々(分量外)をする。
d0159822_1014789.jpg


6.漉した2のスープと、牛テール、3の中身を出したにんにく、★を入れて
ざっと混ぜ、蓋をして弱火で20分煮る。
d0159822_10143289.jpg


7.トマトとそら豆を入れ、さらに20分煮る。
d0159822_10151316.jpg



8.仕上げにエバミルクを入れて完成!
d0159822_10152284.jpg



9.器に盛り、パクチーを飾って完成!ご飯やナンなどと一緒にどうぞ
d0159822_10153710.jpg



牛テールの骨の周りについた肉をこそげ落とすようにして食べて
くだされ
d0159822_10154727.jpg



テールでとったスープは、濃厚で
コク深い味わいがします。


まだまだ暑い季節、
ぜひぜひスパイシーなカレーでたっぷり汗をかこう!!




d0159822_12492188.jpg





★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2013-08-23 12:56 | 料理(メンドうまい)
自家製マヨネーズの濃厚海老マヨ
d0159822_1093951.jpg


ご存知の通り、チャースケはハイカロリーをこよなく愛するデブネコである。

好きな言葉は「肉」「コッテリ」「大盛り」である。

とりあえず、この3つの言葉を自身の柱にして生きている。

毎週末のゴチソウ会議では
今日何を作るか、で色々話し合うのだが

アイツの場合、メニュー名というより
それがあの3本の柱に当てはまっているかどうかが重要である。

すべてが当てはならなくても良い。
どれかが当てはまれば大抵OKだ。


やはり主に食うのはチャースケなので、
チャー様のOKが出ないと週末のゴチソウメニューに採用されないのだ。


ミ:「今日は、どうしましょうか。
大きいエビがあるから、
エビをスパイスに絡めてオーブンで焼くってのは?」


チ:「ちゃー(却下)」


全然3本の柱に当てはまっていないからである。


ミ:「じゃあ、エビフライは!」

チ:「ちゃー(弱い)」


チャースケにとって、「フライ」というだけではまだ『コッテリ』の域ではない。



ミ:「じゃ、じゃあエビチリはどうだ!」

チ:「・・・」



もう一押しだ



ミ:「じゃーもうエビマヨだエビマヨ!マヨも自分で作るから、たっぷり使えるぞ!」

チ:「ちゃー!(それでいきましょう!)」





オマエはどこのプロデューサーや。




こんな感じで、毎回メニューが決まっていくのである。


おれははっきりいってマヨネーズはあまり得意ではない。
ポテサラとかに少し入れたり、
調味料として使いすぎないのであれば全然むしろ有だが、

世の中にいる『マヨラー』と呼ばれる、なんにでも
マヨネーズをドバドバ使用する人たちというのは
なかなか理解しがたい。


だから、すごい量のマヨネーズを使う「エビマヨ」も
あまり手を出さないゾーンであった。


しかしチャースケは違う。

マヨネーズ大好き!

油大好き!

きたれ成人病!という、危険なデブネコなのだ。


ま、しかし好きなものをおいしく食べることも
健康の秘訣。(と言い訳する)


今日は、自家製マヨを使ったコッテリ濃厚エビマヨだよ~


<自家製マヨネーズ> ※作りやすい量
★卵黄 1個
★塩 小1/3
★黒胡椒 少々
★アップルビネガー 大1 ※米酢でもOK

・マカダミアナッツオイル  160~180ml ※または菜種油など癖のないものがおススメ


<海老マヨ>
・海老(大きいもの) 10尾
・片栗粉 適量

☆塩 小1/3
☆片栗粉 小1
☆黒胡椒 少々
☆ごま油 小1/2

・片栗粉 適量


◎自家製マヨネーズ 75g
◎エバミルク 大3
◎アガベシロップ 大1
◎塩 1/3
◎トマトケチャップ 大1/2

・パクチー 適量


1.マヨネーズを作る。
ボウルに★を入れ、ハンドミキサーでしっかり混ぜる。
d0159822_1095962.jpg


2.そこにオイルを少しづつ入れながらそのつどよく混ぜ、徐々に乳化させていく。
ポッテリした感じに仕上がれば成功
d0159822_1010876.jpg



3.海老マヨを作る。
◎をボウルに入れてよく混ぜ合わせておく。
d0159822_10101718.jpg


4.海老は殻を剥いて背ワタを取り、ボウルにいれ片栗粉を少々入れて
水を入れ揉みこむように洗う。
何度が水を換え、水が汚れなくなたらOK。水気を切っておく。
d0159822_10102920.jpg


5.ボウルに洗った海老を入れ☆を入れよく揉みこみ、
取り出して全体的に片栗粉をしっかりまぶす。
d0159822_10104193.jpg


6.中温の油でカラッとなるまで揚げる。
d0159822_10104855.jpg


7.揚がった海老はキッチンペパーの上で余分な油を切り、3のタレをよく絡める。
d0159822_10485147.jpg



8.器に盛り、上にパクチーを飾って完成!
d0159822_1011681.jpg



これはぜひ熱々を!
d0159822_10111612.jpg



濃厚なマヨソースに絡んだプリプリの海老が、口の中ではじけます。

ああ、うまい!これはウマイ。

マヨ得意でないおれでも、これはパクパクいける。
(結局ほとんどチャースケが食ったけど)
d0159822_10112476.jpg



エビマヨには、よくコンデンスミルクを使うが、コンデンスミルクは使いたくなかったので
エバミルクを使用。


よそで食べる海老マヨとは、ひと味もふた味も違う。
面倒だけど、ぜひマヨネーズから作るべし。

あっというまに出来るよ。

余ったマヨネーズは、野菜につけて食べたり、
ポテサラに使ったり・・・

それだけでも、いつもの味と違う美味しさ。

オイルによってだいぶ味も変わるので
色々ためしてみよう!


ただ、オリーブオイルで作るマヨネーズは風味が強すぎて
このエビチリにはあまりおススメしませんぞ。





d0159822_1223672.jpg





★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2013-08-22 12:24 | 料理(ハイカラ)
ブルーチーズとクレソンの大人のポテサラ
d0159822_10233865.jpg


最近、どうもツイていない。

ライトが壊れたり、オーブンが壊れたり、

干していた洗濯物のタオルにゴキブリの羽と頭らしきものがついていて
気づかずに顔を拭きそうになったり



ツイていないときは色々不運が集まるのだ。


そして最近判明したのは

どうやらほそおがこの地区の担当を外れたようなのだ。


最近、佐川で荷物が届くたびに
ほそおじゃない。


1回か2回なら、「ああ、ほそおも夏休みなのかも・・」と思っていたのだが


ここんところ、とんと見ない。

どうやら本当に担当が変わった様なのだ。


昨日届いた新しいランプも、届けたのはやはり
ほそおじゃなかった。


愛想のかけらも無い変なオバサンになっていた。

だいすきだったほそお。

どうしたんだ、ほそお。

もどってきてくれ、ほそお~


あーあ、こんなブルーな気分が続く今日この頃


今日は、そんなブルーチーズ(かんけいない)を使った
大人のポテサラのご紹介~


(2人前)
・じゃがいも 2個
・塩 小1/3
★黒胡椒 少々
★マヨネーズ 大2
★ヨーグルト 大1
★EVオリーブオイル 小1

・ロックフォールチーズ 35g ※他の好みのブルーチーズでOK

・クレソン(みじん切り) 35g
・アボカド(1.5cm角に切る) 1/2個


1.じゃがいもは丸のまま茹で、柔らかくなったら皮を剥いて
ボウルに入れ、塩を加えてフォークなどで粗くつぶす。
d0159822_1024421.jpg


2.そこに★を入れよく和える。さらに、ブルーチーズを細かくてでちぎって入れて混ぜる。
d0159822_10241563.jpg



3.クレソンとアボカドを入れてよく和え、器に盛る。
d0159822_10242614.jpg



クレソンは葉の部分を少し飾りように取っておいて
仕上げに上にのせよう


お好みで黒胡椒をたっぷりふってどうぞ
d0159822_10244932.jpg



濃厚なブルーチーズの風味が漂う
大人のポテサラ
d0159822_1025741.jpg


クレソンの苦味とアボカドのマイルドさが絶妙です。


あえてゆで卵は無し。
ゆで卵の風味は強いから、今回はブルーチーズの風味優先。
ワインのおともにどうぞ







d0159822_12241028.jpg



d0159822_12242385.jpg


にっくきGめ・・・・今年は出ないと油断していたが
こんな形で現れるとは!






★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2013-08-21 12:37 | 料理(かんたん)
さくほろ!バターチーズスコーン
d0159822_10165067.jpg


ちょっと前だが、たまには優雅な朝食でも作るかと

久々にスコーンを作った。

チャースケはスコーンも、オイル系のスコーンではなく
バターたっぷりのものしか好まないので

バターをたっぷり入れたスコーンを作ることに。

そういえば、こんなにチーズが好きなのに
チーズスコーンて作ってないなぁということで

リッチにたっぷりチーズを入れて作ろう!
と、材料もケチらず使った。


いつものようにブイーンと攪拌し、

出来上がった生地を台に出すと

???


なんか、黒い粒々・・・・


おかしいな、黒胡椒は入れてないのに。



なんだ、この黒い粒々。


よくよく見ると、なんとコバエらしきものの残骸であった。


「ギョ、ギョギョギョ~」


d0159822_1250095.jpg





それも数匹ではない。
ほんとに、黒胡椒をたくさん入れたかのような錯覚するほどの量だ。



なぜ、なぜだ?!


よくよくフープロを見ると、刃の抜き取った棒の部分に
以前何かを作った時の汁だかなんだかが漏れてついており

それを残ったまま気づかずにふき取らず、

しばらく使ってなかったのでそこにこの猛暑で大量のコバエが発生し
大量に死んでいたようだ。

d0159822_12452044.jpg


全身のちからが抜け、
このコバエ入りスコーンをどうするかまよった。

コバエジュースに続き、今度はコバエ入りスコーンだ。


もうコバエカフェでもやったらどうだろうか?



リビングでは、スコーンが焼けるのはまだかまだかと
ウキウキ待っているチャースケが居る。


とりあえず、目に見えるコバエは全部一個ずつ取り除いた。


そんで、とりあえず焼いてみた。


見た目は、立派なスコーン。

おいしそうな匂いもただよっている。


黒胡椒をかければ
コバエとの見分けもよくわからなかくなっていいんじゃないかとおもって
黒胡椒をかけた。


・・・しかし・・・・



やっぱり食えなかった。



さすがに黒胡椒でごまかしてもだめだった(あたりまえだ)




夏はもうイヤダ。


というわけで、ちゃんとフープロを隅々まで洗浄・消毒し
再チャレンジ。

あーもったいない材料代。

(4~5個分)

★薄力粉 250g
★ベーキングパウダー 小2+1/2
★きび砂糖 30g
★塩 1g

・バター(無塩) 80g ※直前まで冷蔵庫で冷やしておく

・卵 1個
・牛乳 1/4カップ

・好みのチーズ  80g 
※今回はボーフォール40g、アイリッシュウイスキーチーズ40g

・黒胡椒 適量

1.フードプロセッサーに★を入れてサラサラになるよう攪拌する。
d0159822_1017495.jpg


2.1cmくらいに角切りにしたバターを入れ、サラサラになるまで攪拌する。
d0159822_10171336.jpg


3.卵、牛乳を加え小刻みに攪拌し、生地がまとまったら取り出して4~5等分にする
d0159822_10172235.jpg


4.チーズは1.5cmほどの角切りにしておく。
d0159822_10173329.jpg



5.チーズを中心に多めに包み、
d0159822_10174137.jpg


綴じ目を下にして丸く整える。オーブンシートの上に並べる。
d0159822_10175031.jpg



6.黒胡椒を表面にたっぷりふり、
d0159822_1018161.jpg


200度で設定してあたためたオーブンを、180度にして19分焼く。
d0159822_1018928.jpg



焼き立てをどうぞ!!
d0159822_10182518.jpg



中から熱々のチーズがとろーり!
2種類の風味の違うチーズが混ざり合って、不思議な風味をかもし出している。
d0159822_1018386.jpg


バター多めの生地は、口に入れた瞬間
ホロホロと解けるように崩れる。
ふんわり、バターのいい香り!

これはたまらん。


オーブンは、高めに設定しておくこと。
家庭用のオーブンは180度で予熱しても、だいたい180度まではあたたまってないからね。


おやつにはもちろん、ワインにも合うぞ~


中に入れるチーズの種類はお好みで!!





そしてコバエには要注意を~




★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
ミットゥンが全国の働く女子向けに書いているウーマンエキサイトシリーズ。

今週は・・・

残業後のお夜食レシピ、ヘルシーな「長いもサラダ素麺」

d0159822_12533028.jpg



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

d0159822_12441136.jpg

そういう問題じゃない





★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2013-08-20 12:54 | おやつ
エスニック風冷やしワンタン
d0159822_10193416.jpg

みなさんお休みは満喫されましたでしょうか。

わしゃはと言いますと
毎日同じ格好で近所のビデオ屋に通い
伊丹十三映画と唐獅子牡丹を借り、
酒を飲みながらひたすら見まくる生活を送っておりました。

本当に毎日通いました。

毎日借りにいくので、
他にも借りているのに返さずに次のDVDを借りるもんだから

レジのおねえちゃんに「現在レンタル中13本ですが、大丈夫でしょうか」と
毎回確認されていました。
(そしてその本数がどんどん増えていく)



大丈夫じゃないです。


結局、この休み中で25本は借りました。

われながら中々のインドアっぷりを発揮しました。

アクティブに沖縄に行ったのが
遠い夢のようです。


そんな長い夏休み、もくもく村は雨もふらず見事に
天気に恵まれました。

が、同時にものスゴイ気温。

今年の夏は猛暑だというが、ほんとうに暑い!

なんと、うちのスチームオーブンがぶっ壊れました。
(暑さは関係ないと思うが・・・)

ジャがバターを作ろうと、ジャガイモをオーブンで40分焼いたのが
最後でした。

ウンともスンとも言わなくなり
非常に困った。

なので、休み中はまったくオーブンが使えず
折角の料理作りたい放題も制限が。

なんか最近ツイていない。


え?
ああ、サマージャンボ宝くじ、どうなったかって??

当たりました当たりました!!!





300円!!




5枚買って、300円。
すごいでしょう。富士山効果。

ワハハ・・・。




こうも暑いと、ツマミも冷たいものを研究しよう・・・ということで
今日はこの季節におすすめの
冷やしワンタン。

これ、今年1番のイチオシです。

(2人前)
・海老 正味100g ※殻を除いた重さ
・片栗粉 適量

★豚挽き肉 50g ※鶏もも挽肉でもOK
★セロリ(皮をむいてみじん切り) 60g
★醤油 小1
★酒 大1
★ごま油 小2/3
★塩 小1/3
★黒胡椒 少々
★にんにく(すりおろす) 1片

・ワンタンの皮 適量


◎醤油 大1
◎ナンプラー 大1
◎アガベシロップ 大1弱
◎豆板醤 小1/2
◎ごま油 大1/2
◎にんにく(すりおろす) 小1/4
◎白ネギ(みじん切り) 1本
◎パクチー(軸の部分・みじん切り) 3束 ※葉の部分は飾り用にとっておく
◎味の母 大1 ※または酒大1/2+みりん大1/2で代用可

・白いりゴマ 適量


1.海老は殻を剥いて背ワタを取り、ボウルにいれ片栗粉を少々入れて
水を入れ揉みこむように洗う。
何度が水を換え、水が汚れなくなたらOK。水気を切っておく。
d0159822_10102920.jpg



2.海老は細かく包丁でたたく。
d0159822_10194879.jpg


3.ボウルに2と★をいれ、手でよく混ぜ合わせる。
d0159822_10195794.jpg


4.ワンタンの皮の上に、3を小1強のせ、皮の周りを水でぬらして
三角になるように斜めに半分に折る。
※なるべく空気が入らないように、しっかり閉じる
d0159822_10203914.jpg


5.残りも全部同様に。
ただし、この季節そのまま置くと生地同士がくっつきやすいので、
包んだ生地は、片栗粉を表面にまぶしてくっつき防止をしておくと良い
d0159822_10205198.jpg


6.沸騰した湯で茹でて、浮いてきてから1分半くらい茹でる。
d0159822_10211254.jpg



7.ザルでとり、氷水をはったボウルに入れて冷やす。
d0159822_10214719.jpg



8.タレを作る。
別のボウルに◎をいれよく混ぜる。
d0159822_1022271.jpg



9.7のワンタンを水気を切って、8に入れよく絡める。
d0159822_10221397.jpg



10.器に盛り、仕上げにパクチーの葉の部分と白いりゴマをふって完成!
d0159822_10222925.jpg



熱々で食べてもおいしいけど、
この季節はやっぱり冷やしでしょう。
d0159822_10224040.jpg



プリプリの海老の食感と、なにより隠しポイントがセロリです。
d0159822_10225464.jpg


セロリは必須です。



タレはトマトやきゅうりのみじん切りを混ぜても美味しいと思う。

このワンタン、ほんとに絶品なのでぜひぜひぜひおためしを!





★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
ミットゥンが全国の働く女子向けに書いているウーマンエキサイトシリーズ。

今週は・・・

ハワイ名物、ふわとろパンケーキレシピ

d0159822_1305197.jpg



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★




d0159822_124158100.jpg



ほんとに、こんなに借りているくせに
毎回ブルーレイのディスクもってレジに行く・・・


★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12304340.jpg

by mittun-chasuke | 2013-08-19 12:49 | 料理(ハイカラ)
番外編・ミットゥン伊勢志摩観光ホテルベイスイートへ!2013
d0159822_14245599.jpg


ちょいとまえ、久々にまた万俵一家に呼ばれて
志摩観光ホテルにいってきました。


約1年半?ぶりくらいでしょうか。




今回は先に、伊勢定番の「おかげ横丁」へ。

おかげ横丁で食いまくって、肝心の式年遷宮で盛り上がっている「伊勢神宮」には
近寄りもしませんでした。

ワハハ


さて、おなかもふくれてベイスイートに到着。
相変わらず良いホテルだ!
d0159822_1425816.jpg



d0159822_1425206.jpg



d0159822_14252973.jpg


こちらがお部屋

d0159822_14253877.jpg



前回はクリスマスシーズンで、ウェルカムスイーツはシュトレンだったが、
今回はなんやらのフルーツケーキ。(たべてないけど)
d0159822_14254934.jpg



洗面所~
d0159822_1426070.jpg



風呂~(はいってない~)
d0159822_1426729.jpg



ここのホテルで何が楽しみかってーと、やっぱこのライブラリー!

泡・ビール飲み放題!ツマミの菓子も食い放題
d0159822_1426186.jpg



トマトジュースもあるので、勝手にレッドアイも作れちゃいます(作ってんのはオマエだけだ)
d0159822_14262647.jpg



このちっこい焼き菓子も、あなどるなかれ
ひとつひとつちゃんと美味しいのだ。
d0159822_14263531.jpg


この日はなんかライブラリーも空いてたので、外に出て
ソファー独占して本を読む。
d0159822_14264886.jpg


豊子も全巻そろってますよ
d0159822_14265796.jpg



いいかんじに日もくれてきたので、大浴場でひとっ風呂浴びて
いよいよデナ~に向かいます。
d0159822_1427771.jpg



d0159822_14275990.jpg

本日のメニウ~
なんとムニュ・デギュスタシオンです。
d0159822_14271878.jpg


まずは生野菜。
このあわびの肝のソースがうますぎる。
d0159822_14281760.jpg



魚のフリット。スズキだったかな?
出てきた瞬間、あまりに小さいので揚げカスかとおもった。
(あ、美味しかったです)
d0159822_1428990.jpg


続いてハマグリのグリル。
ほんのり甘い、少しお菓子のような風味。バターが香って、これはウマイ。
でもこの1つで十分。
d0159822_14282620.jpg


蟹のガトー仕立て。
これ、今回一番おいしかった。
蟹のテリーヌみたいな、色々アボカドとかキャビアとかのってて、右上の四角いのは
たぶんシェリービネガーかなんかのジュレ。
d0159822_14283517.jpg


季節野菜のフランと海の幸 コンソメジュレ添え

上はコンソメのジュレで、下にフランがある。(そのまんまやんけ)
なんか海老とか入っていたような・・・
記憶薄し。
d0159822_14284471.jpg




海胆ボンファム
なんか濃厚なウニの生クリームのソースをかけて焼いた、濃厚なグラタンのような・・・
上のハマグリの上にかかってたソースと似た味つけ。
d0159822_14285426.jpg


車えびのサラダ 季節のフルーツのヴィネグレット

季節のフルーツ、なんだったかな・・・。なんか柑橘系だったような。
記憶薄し
d0159822_1429319.jpg


伊勢海老のクリームスープ

よ、さすが志摩カン!伊勢海老のスープはやはり絶品です。
d0159822_1429148.jpg



鮑はお好みで調理法を選ぶ。


ポシェ
d0159822_14292451.jpg


ステーキ
d0159822_14293214.jpg


海草蒸し
d0159822_14294060.jpg


海草蒸しは、ソースが2種類。
左はクリーム系の濃厚なヤツ、右は肝のソース
d0159822_14294964.jpg



一番美味しかったのはポシェ。

イマイチだったのは海草蒸し・・・。




伊勢海老ブレゼ 伊勢海老風味の軽いクリームソース

ここまでくると、せっかくの伊勢海老も腹がいっぱいすぎて
イマイチよくわからなくなってくる・・・
d0159822_1430053.jpg


口直し(黒糖と生姜の氷だったかな?)

口直しよりも、換えの胃袋を持って来てほしい。
d0159822_14301047.jpg



まだまだ出ます。

松坂牛のポワレ ボルドレーズソース

おれは食ってません。隣にいた「妖怪丸呑みオバケ」にあげました。
d0159822_14302160.jpg



夕張メロンとソーテルワインのジュレ
もう何もおぼえてません。
d0159822_14303795.jpg


食後のデザートは選択制。色々あったけど、おれはフルーツにしやした・・・
d0159822_14304762.jpg


よこの「妖怪丸呑みオバケ」は桃のフラン?だったか・・・よくここで
こんな濃厚系いけますな!?
d0159822_14305755.jpg



しかもケーキまで出てきました。
でもこのケーキ、生クリームがすごい軽くてめちゃうまかった。
d0159822_1431117.jpg


小菓子・・・・は、食いきれないので
箱に入れて土産にしてくれました。
d0159822_14312182.jpg



食えないけど、酒は飲める!
ということで、横にあるバーに。
d0159822_14313129.jpg



何飲んだっけ・・・。
d0159822_1431472.jpg







翌朝は色々あり、朝食を食べ損ねました。



時間があったので、志摩カンからタクシーで1時間くらいのところの
海女小屋にいきました。

海女さんが色々海の幸を焼いてくれる、ときいて
ウニとか伊勢海老でるのかと期待していきやした。


おまかせのコースのみ。3500円。


初め、前日に予約した時はおれらしか予約客がいなかったので
「+500円される」と言われ
仕方なくOKしたが
行ったら他の客もいたので3500円で食えることに。
d0159822_1432611.jpg


ひじき
d0159822_1432176.jpg



サザエ、大アサリ。
ひとり2個づつ
d0159822_14322628.jpg



イカ
d0159822_14323665.jpg


ひおうぎ貝(ホタテに似てるけど、もっと小さい)
d0159822_14324615.jpg


干物
d0159822_14325662.jpg


ウニご飯
d0159822_1433731.jpg

なんか、すごい甘い味付けの炊き込みご飯。


あおさ味噌汁(餅入り)
d0159822_14331793.jpg

これは・・・インスタントの味噌汁の味です・・・



これで3500円は、観光客なめてます・・・。
改善したほうが良い。

海女さんはみんな愛想がよく、いろんな話をしてくれて
たのしかったが、
食事内容がヒドイ。
タクシー代も含めて、非常に高い納得いかない食事となった・・・。


なんか海女小屋とか、「じぇじぇじぇ」のせいで流行っているから
これでも客が来るんだろうな。
なんだかなぁ。


じぇじぇじぇって、何・・・?









こっちがじぇじぇじぇだ!




★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2013-08-16 15:25 | その他



ベジタリアンのミットゥンと肉食チャースケのご飯日記
by ミットゥン
タグ
(516)
(482)
(363)
(339)
(201)
(170)
(134)
(132)
(92)
(87)
(72)
(65)
(59)
(52)
(51)
(42)
(37)
(29)
(27)
(17)
(15)
(12)
(10)
(7)
(6)
(5)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
登場人物紹介
ミットゥン
チャースケ
漫画付きレシピ
料理(ハイカラ)
料理(かんたん)
料理(副菜、その他)
料理(メンドうまい)
おやつ
パン
自己紹介
その他
弁当
未分類
以前の記事
2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
フォロー中のブログ
おとなは、だれも、はじめ...
ハンドメイドな日々
沢ぱん日記
shina_poohな日...
知りたがりやの食べたがりや
夕方に台所で・・・
やわらぎをもって。
イギリス ウェールズの自...
歌花史庵 かかしあん
うひひなまいにち
ごはんとおかずと日々のつ...
僕とマダムと先生と
アベマリアのハッピーテーブル
犬とご飯と雑貨。
spring comes...
1/f breeze
kun-kun+kuro-ro
Life style
アインのしっぽ
バニラのお菓子ライフ
Cheminee de ...
mogumogu * Leaf
亜麻仁
つばさ雲
エットハミアメドとお料理...
がびあーの家の毎日
山麓風景と編み物    
London Scene
ろこりん♪の毎日。
ゆるロビ生活
カザルパロッコのネコ(C...
walking slow...
田園都市生活
ちょっと寄り道
平凡人日記
NO ANCHOVY, ...
ひなたの小部屋
ミニチュアブルテリア ダ...
日々の暮らし ☆ mam...
一日一歩
La prima ste...
日々道場
にじいろ日記
丁寧な生活をゆっくりと
さっちんきっちん
やねのうえのわんこ
ホウロウダイアリー
5plus2and2
ステンドグラス こもれ...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
カザルパロッコのネコ
The cats inside
Can of Good ...
★ミットゥンのラインスタンプ販売中!


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!
d0159822_12455074.jpg






エキサイトブログ以外のお友たち
Mシュナ Richardより愛を込めて

トレモロの響きにのせて

某医大正estateのごはんブログ


Can of Good Goodies

豆好き

yamatoyome ~沖縄生活~

パスタファイター

ぱっちとPUっ♪


THE CULINARY TRIBUNE

stadio r(食フォトギャラリー)

la table

Bay Alien

ビストロ カルナヴァル

スペース大原

★沖縄日記記事がオススメブログに!
那覇
旅行口コミ情報

★チャースケがツイッターを始めた?!
『_Charsuke_』で検索!


★広告メール対策の為、コメントを承認制にしました

コメントだいかんげいです!
お気軽にどんどんコメントチョウダイ!

★ウーマンエキサイト「おいしい!」に以下の記事を掲載していただきました。

緑のヘルシーポテサラ


米粉のブルーベリーパンケーキ


簡単!イカのトマト煮込み


カレー風味の鶏グリル


マグロの味噌漬けどんぶり


車麩の海老チリ風炒め


自家製甘納豆


牡蠣と温玉の韓国風サラダ


ヘルシーフムス


温泉たまごで!濃厚オリーブオイルアイス


過去最高のビーフシチュー


簡単ヘルシー!豆乳杏仁プリン


節分に!豪華海鮮太巻き


ブルーチーズと納豆のパスタ


しあわせのメープルパンケーキ


柚子トマトうどん


ポテサラと食べる絶品フレンチトースト


パスタでビックリ!ちゃんぽん麺


やめられないトマラナイ!メープルナッツ4種


しっとり茹で鶏の特製ピリカラだれ


ワインが進む君!トマトチーズビスコッティ


海老と豆腐の卵とじ中華丼


塩鮭とろみ中華どんぶり


野菜のうまみの詰まったヘルシーシチュー


韓国風!イワシのピリ辛しょうが煮


刺身の残りで!絶品ヅケ茶漬け


梨と豆乳のやわやわプリンと滑らかジェラート


絶品!中華スープがけ納豆ご飯


簡単!刺身でユッケ風どんぶり


あっさり!あさり二ラーメン


高貴な味!メープル小豆の豆腐クリーム添え


お店の味!海鮮あんかけ かたやきそば


春巻きの皮で作る!海老とアボカドの豆腐キッシュ


火を使わない!ピータン豆腐どんぶり


バター不使用!ココナッツとあんずの全粒粉スコーン


熱ヒヤ!豆乳坦々つけ麺


薄焼きがポイント!ザクザクフルーツクッキー


夏のビールの共に!ヤムウンセン


ひんやり!さっぱりカレーきしめん


ピーナッツバターで本格的なタレ!棒々鶏うどん


二日酔いの朝にやさしい アボカドとホタテのおかゆ


レストランの味の濃厚ニョッキ


お肉無しでも絶品ビビンバ


自然の甘みのおやつ!ドライフルーツまるごとクッキー

パーティーに!絶品ヘルシー板麩でラザニア

とろ~り絶品!洋食屋さんのクリームコロッケ

フレッシュトマトの絶品ラタトゥイユ

海老の殻は捨てちゃ駄目!濃厚豆乳ベシャメルソース

とろとろ手羽先の韓国風煮込み

とろーりチーズのかかったトマトのモツ煮込み

フレッシュトマトで作るエビチリ
卵一個で!豆乳スフレ

残り野菜で!韓国トッポギ

トマト肉味噌でヘルシー冷麺
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
居酒屋ごっこ・五月編
from cool witch
生存報告。
from ハムログ
居酒屋ごっこ
from cool witch
塩麹を使ったおかず など..
from 海のむこう 空のむこう
おおそうじのフルーツクッ..
from 海のむこう 空のむこう
ポテトマカロニサラダwi..
from 知りたがりやの食べたがりや
イギリス歯医者の話 - ..
from 坂の上にある家 
白練りごま
from 坂の上にある家 
冬至の夜
from 坂の上にある家 
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧