<   2013年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧
ピリ辛トマト煮込みトリッパ
d0159822_14314848.jpg

最近、パソコンが壊れたりipodが壊れたり

ついてなかったミットゥンにも、ひさびさにイイおしらせです。

エキサイトさんのピックアップブロガーに選ばれましたっ

うれしいですねぇ~。光栄です。ありがとうございます。

とってもしんけん~に、まじめ~に、インタビュー記事に答えておりますので、
ぜひみなさん見ていってちょう。

未公開チャースケのひみつも出ています。
チャースケファンはひっけんです。

→★ミットゥン ピックアップブロガー


さてさて。

今日はいよいよ、新居引渡しの契約日です。

一時はこの引越し話自体も無くなりそうなときもあったが
なんとか無事、引越せるとこまで来ました。

あっというまだったなー。


今この記事は予約投稿なので、ただいま契約まっさいちゅーです。

というわけで、きょうはナンもナッシングです。

ハチノスの残りのレシピみやがれ!

アデュー!


(2人前)
・下処理したハチノス 1/2量

★長ネギ(青い部分) 2本分
★水 3カップ
★しょうが(スライス) 2片


◎にんにく(薄切り) 2片
◎オリーブオイル 大1.5
◎青唐辛子(細かく切る) 4~5cm

・玉ねぎ(みじん切り) 1個
・ベーコン(小さく切る) 20g
・赤ワイン 大2
☆塩 小1
☆黒胡椒 少々
☆アップルビネガー 大1
☆トマト缶(ダイスカット) 1缶
☆マッシュルーム(みじん切り) 3個


・モッツァレラチーズ 100g





1.ハチノスは食べやすい大きさに切って牛乳に30分ほど浸す。
d0159822_1383689.jpg



d0159822_1384675.jpg



2.さっと洗い、水気を切ってポリ袋に入れ、塩麹大2をよく揉みこんで
30分ほど置く。
d0159822_1415495.jpg


3.沸騰した湯に入れ、20秒ほどゆでてすぐにザルにあける。
d0159822_148854.jpg


4.圧力鍋に3と★を入れ、圧をかける。
(活力鍋の場合、高圧で強火にかけ
錘がまわり出したら弱火にして10分、その後自然にピンが下がるまでまつ。)
d0159822_1312535.jpg



5.鍋に◎を入れ、弱火にかける。香りがたったら玉ねぎとベーコンを入れ中火にし炒める。
d0159822_13131011.jpg


6.玉ねぎがしんなりするまで炒めたら、赤ワインを回しいれ
アルコールが飛んだら☆と、4のハチノスを入れてよく混ぜ、5~8分ほど煮る。
d0159822_13132868.jpg



7.味を見て足りなければ塩などで調整し、モッツァレラチーズをちぎって入れて
火を止める。
d0159822_13135544.jpg



8.器に盛り、パセリをちぎってのせパンを添えて完成!
d0159822_13141416.jpg



チーズは余熱で溶けるので、熱々のうちにどうぞ!
d0159822_1314272.jpg



とろける柔らかなハチノスは、まったく臭みも無く完璧です。
d0159822_13143915.jpg


辛いトマトソースが食欲増進。


今の家でゆっくり料理できる週末も、明日明後日が最後。


いつもどおりの週末をすごしたいとおもいます。
(といいながら引越し準備するんだけども。)



ではみなさんもよい週末をー!






★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12304340.jpg

by mittun-chasuke | 2013-11-29 12:30 | 料理(ハイカラ)
ハチノスのカリッとソテー
d0159822_1382457.jpg

ミドリママは酔っ払うとMKタクシーが大好きである。

どこか飲みに行って、どんなに酔っ払ってもMKタクシーを呼ぶ。

飲みすぎてべろべろになっても、自らいつのまにかMKに電話し
「1台・・・」と絶対にMKで指定してタクシーを呼ぶ。

先日、一緒に飲みに行った時も
かなり酔っ払っており、店の人が気をきかせてタクシーを呼んでくれたのだが

それがMKタクシーでは無かった。

べろべろなくせに、「なんでMKじゃないんだ」「こんなタクシーのれるか!」などと
(すでに乗りながら)ずーっとブツブツ言って絡んできた。


そして、翌日本人はまったく覚えておらず、
「別にタクシーなんて何でも良い」と言っている。


なんなんだ!


MKタクシーといえば、格安で対応も良いことで有名だが

働き手のMK社員の方は過酷な待遇だと聞く。

以前、MKに乗ったとき、MKを褒めたら
運転手がだんだん愚痴っぽくなっていってしまい、その生気の無さに
その過酷さが伺えた。

はたらくのって大変ですね。


さてさて、昨日ご紹介した腱鞘炎ハチノスを使ったレシピ第1弾。

なんとなんと、シンプルにソテーしちゃいます。

煮込むのとはまた違った味わい!




(2人前)
・下処理したハチノス 1/2個分
・小麦粉 適量



1.ハチノスは食べやすい大きさに切って牛乳に30分ほど浸す。
d0159822_1383689.jpg



d0159822_1384675.jpg



2.さっと洗い、水気を切ってポリ袋に入れ、塩麹大2をよく揉みこんで
30分ほど置く。
d0159822_1415495.jpg


3.沸騰した湯に入れ、20秒ほどゆでてすぐにザルにあける。
d0159822_148854.jpg



4.表面の水分をふきとり、全体に塩、胡椒をふる。
d0159822_139975.jpg


5.ポリ袋に入れ、小麦粉を入れて全体にまぶす。
d0159822_1392325.jpg



6.フライパンにオリーブオイルを大さじ2~3ほどいれ、にんにくの薄切りを入れて
弱火にかける。
香りがたったら5を入れて表面をカリッとなるまで焼く。
d0159822_139505.jpg


7.塩、黒胡椒で味を調えて、仕上げにレモン汁を絞って完成!
d0159822_13103076.jpg



これは熱いうちに!冷めると、おいしさ半減します。
d0159822_1310431.jpg



カリッとさせるために、油は多めにいれて焼くのがいい。
いっそフライにするのもありかも?
d0159822_1311140.jpg


ハチノスはけっこう脂っぽいんで、酒によく合います。


煮込むのが定番だけど、ぜひこちらもお試しを。

明日はもいっちょ、ハチノスレシピ!

d0159822_1381652.jpg


★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2013-11-28 12:30 | 料理(ハイカラ)
もっと簡単!ハチノスの完全下処理
d0159822_1354535.jpg


このブログにたどり着いてくれたひとのかで、
多いキーワードが「ハチノス 下処理」である。

「ハチノス 下処理」で検索すると、このブログの記事が1番に出てくることが理由だろうが、

ちょっと前に「もっとすごい簡単なやり方あるよ」と、風のようなコメントをいただいた。


動画のサイトだったのだが、

わしゃ思わず目を疑った!

あれほど歯ブラシでひたすら1時間磨き続け腱鞘炎になったハチノスの処理、

動画のおっちゃんは数十分でヒョイヒョイと完了。


ウッソー


シンジランナーイ


マジソンケ~


そんなわけで、せっかく「ハチノス 下処理」でたどり着いてくれた方々にも
ここはそのやり方を検証しなければ!


というわけで、さっそくしぶしぶ肉屋に電話をし
仕入れておいてもらいました。

d0159822_136114.jpg


もう2度と買わないと決めたのに・・・また会ったね。


そんなわけで、さっそくレッツ下処理!



(1枚分)
・ハチノス 1枚(800g)

<用意するもの>
・温度計
・スプーン





1.お湯の温度を48度に設定。
d0159822_136991.jpg


大きいボウルにハチノスを入れ、48度のお湯を常に流しながら入れ、
箸でぐるぐる混ぜながら4~5分なじませる。
d0159822_13575475.jpg



2.次は75度の温度に設定・・・・

ああ!最大60度までしか設定できない!
d0159822_1364587.jpg



というわけで、お湯を沸かして温度計で75度に。
77度だけど、まー下がるし、いっか。
d0159822_1365340.jpg



75度のお湯に2~3分浸しておく。
d0159822_137157.jpg



3.この時点でもうずるずるになっているはず・・・・ということで、
指で黒い部分を触ってみると・・・

おおっ!!!つまんだだけなのにすごい簡単にとれる!
d0159822_13711100.jpg



4.取り出して台に広げ、スプーンで表面をかきとる。
d0159822_13725100.jpg

こんなかんじに、どんどん取れます。
d0159822_1373494.jpg



でも、結局細かいとこはなんだかんだいってタイヘン。

こんな風に完全に真っ白になるには、30分ほどかきとりつづけました。
d0159822_1374379.jpg


たしかに前回より楽だけど、

でもやっぱタイヘンなことに変わりは無く・・・・


そして、このかきとり作業のとき、勢いあまって
黒い汚れがそこらじゅうに飛び散ります。
もちろん顔にも飛び散ります。

ハチノスがきれいになるにつれ、顔はだんだん黒ずみます。


やっぱりもう2度と買わないっ ぞっ 



たぶん・・・。


そんなわけで、明日はこのハチノスを使った
これまた酒にあうツマミのごしょうかいです。

こうごきたい~







d0159822_12154514.jpg




★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2013-11-27 12:30 | 料理(メンドうまい)
ブルサンガーリックの絶品たまポテ焼き
d0159822_1445278.jpg

いよいよ引越しまで10日ほどになり、そろそろ片づけ&準備をやっていかなくてはいけない。

引越しというものは、本当にパワーを使うものだ。
力仕事という意味ではない。

精神的パワー。

なにせ、面倒なのが手続き系。
住民表、印鑑証明うつして、郵便の住所変更して
カード会社系の住所も変更して
ガス、水道、電気会社に電話して

・・・

しかも今回は新居のリフォームの工事に関することもあり
すでに頭の中はぐっちゃんぐっちゃんである。


それはさておき、引越しといえば、いらない物を一掃していくチャンスである。

なるべく、持っていくものは厳選して
不要なものは捨てていかなければいけない。

しかも、今回は住みながら1階と2階をリフォームするので、
工事期間はほぼ3階で過ごさなければいけない。

なので家具や荷物はすべて3階に詰め込む。

狭小住宅なので、ちょっとでも家具は減らしていきたいのだ。

しかし、この人情にあふれるミットゥン。

昔から、物を捨てるというのが苦手である。

ゴミ捨て場に置いていくときのあの忍びなさ・・・

とても辛い。

今、非常に悩んでいるのが、1Pのソファ。
d0159822_128153.jpg



これは捨てていこうと思ったのだが、
今まで一緒にやってきたことを思うと、あいつをゴミ捨て場に置いているシーンを
想像したくないのだ。

じゃあ持っていけばいいじゃん、と言われると

まいっちんぐマチコせんせいなのである。


でもどうしてもやはり捨てれない・・・

リサイクルに出そうか?とも考えたが
なんかちょっと傷があるし多分ひきとってもらえない。

不用品回収になってしまうのなら、結局粗大ごみと一緒である。

そうだ、ヤフオクに出したらどうだろう!とおもったけど
そのために登録したりとか発送準備したりとか、
マジ無理である。(人情にあふれてるんじゃなかったのか?)


そんなことをこの2ヶ月くらいずっと悶々と考えていたのだが、

しかし心を鬼にして、粗大ごみの受付に申し込んだ。

数日後・・・・


やっぱり持っていこう!と、粗大ごみ受付センターに
キャンセルの電話をする。


数日後・・・

ミチオに相談すると「そんなもん絶対捨ててけ!」とつよく説得され、

また粗大ごみセンターに受付の電話をする。



こんなことを繰り返しているのだ。



しかしなー。

昔は粗大ごみって普通のごみと一緒な感じで出せたのだが
いつからこんな面倒な手続きになったんだろう。

果たしてどうなる?!ソファの運命・・・


ゆうじゅうふだんなミットゥンに後押しの言葉を。お待ちしています。
(持っていきなよ~というコメントはやめてください。)


さてさて・・・引越しにむけて、冷蔵庫の中身を着々と消費しております。

今日は、貰い物の「ブルサン ガーリック&ハーブ」のチーズの消費レシピ。

ブルサンって自分では買ったことが無いので
どう使ったらいいかわかんなくて
こんな感じでぶち込みました。

イケてます。


(1人前)
・じゃがいも(5mm幅細切り) 1個
・オリーブオイル 大1
・塩 少々

・紫玉ねぎ(薄切り) 1/4個 ※普通の玉ねぎでもOK
・塩、胡椒 各少々

・ブルサンチーズ(ガーリック&ハーブ) 50g
・卵 1個

1.フライパンにオリーブオイルを熱し、ジャガイモを薄く広げて焼く。
全体に塩をする。
低めの中火でじっくり焼く。
d0159822_13593925.jpg


2.ジャガイモの下側がいい焼き色になってきたら、紫玉ねぎを全体にひろげのせる。
d0159822_13594999.jpg



3.さらにブルサンチーズをちぎって全体にのせ、中央に卵を落とし
塩、胡椒をふる。
d0159822_140081.jpg


4.蓋をして蒸し焼きにする。
d0159822_1401043.jpg


5.卵の白身が固まったらOK!
d0159822_1402398.jpg




そのまま食卓へ!パンをそえてどうぞ~
d0159822_14041100.jpg



シンプルな材料だけど、ごちそうにはやがわり。

ケチャップをかけて~
d0159822_1422473.jpg



黄身をつぶして~
d0159822_1423670.jpg



パンにのせて食う!
d0159822_1424732.jpg



ブルサンのガーリックチーズがよく効いてる。


ワインのつまみにもいいかも。













いっそのこと目隠しして捨てにいこうか
d0159822_1255724.jpg







★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
ミットゥンが全国の働く女子向けに書いているウーマンエキサイトシリーズ。

今週は・・・

湯葉と里芋の濃厚クリームシチュー

d0159822_12102257.jpg



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★







★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2013-11-26 12:13 | 料理(ハイカラ)
ドライフルーツようかん
d0159822_12314122.jpg

気がついたらもう11月も22日。
今日はいい夫婦の日だそうです。

全国の夫婦の方~今日はいい夫婦の日だそうです。

いい夫婦の日ってそもそもなんじゃい。

いい夫婦は年中いい夫婦なんだよ!たぶん


まーでもこういう語呂あわせ、日本人は好きですよね。

今朝ね、『めざましテレビ』を見ていたんです。

そしたら、変なギャル男言葉のショートアニメーションのコーナーで、

「今日はいい夫婦の日だぜ」みたいな、
まさに語呂合わせの話をしていたんです。

「お前知ってるかぁ~?じゃあ、11月26日は何の日か。
いい風呂(1126)の日だぜ~」

みたいなことを言っていたんです。


でもね、そのショートアニメをやる数分前に、目覚ましテレビでアナウンサーが
新作映画の告知をしていたんです。

「テルマエロマエの2がやります。公開日は、来年の4月26日、『よい風呂の日』です。ワハハ」
って言ってたんです。


おれは頭がこんがらがりました。

どうやら、「いい風呂の日」と「よい風呂の日」は違うようです。


どうですか?

こんな日本。

外人にこの違いを伝えるのは大変そうですね。



でね、ほかにどんなくだらない語呂あわせがあるのか調べてみました。
語呂合わせ記念日


ちょっと抜粋してみましょう。


3月27日 27=3×9→さくらの日
とか、もう意味わかんないです。

どこが語呂合わせや。掛け算やないかい。





11月11日 靴下の日(11 11が並んだ靴下に見える )

見えねーよ。





でもね、覚えやすい語呂合わせで誕生日なんかを覚えてもらえる人は得です。

おれの誕生日なんて「226事件の日」です。
そう覚えられると、なんとなく暗い気持ちになります。
でも98%そう覚えられます。


まー語呂合わせとはまったく関係ないですが、
今日は異食材合わせです。


そうです!

なんと、羊羹の中にドライフルーツがはいっとるんです。

衝撃!

こりゃー酒にあうにちがいない。

これね、こういう感じの羊羹がどっかの店で売ってたんですが
べらぼうに目玉が飛び出る値段だったので
買えなかった。

買えなかったら作るしかないという先代の教えで(そんな先代はいない)、
さっそくトライしてみました!


(作りやすい量)
・ラム酒漬けのイチジク ★トルコ産 6個 ★黒イチジク 10個
・くるみ 40g

・こしあん 440g
・棒寒天 5g
・きび砂糖 75g
・メープルシロップ 大2
・ラム酒 大1.5


1.棒寒天はちぎってたっぷりの水に一晩漬けてふやかしておく。
d0159822_12315763.jpg


2.くるみは150度のオーブンで15分ローストして冷ましておく。
d0159822_12321654.jpg



3.イチジクは汁気をきっておく。
トルコ産のイチジクは大きいイチジクです。黒イチジクは小さいけど甘みが強い。
両方入れると、味の違いがあって美味しいです。
d0159822_12324085.jpg



4.1の寒天の水気をぎゅっとしぼってフライパンに入れる。水を1カップ入れ弱火にかける。
d0159822_12325543.jpg


5.寒天が全部溶けたらきび砂糖も加え、しっかり溶かす。
d0159822_12331247.jpg


6.こしあんを加え、3分ほど混ぜながら加熱する。
d0159822_12332643.jpg



7.メープルシロップを加え、さらに5分ほど混ぜながら加熱。


d0159822_1233468.jpg



8.泡が大きくなってとろみがついてきたら火からおろし、粗熱が取れたらラム酒をいれ混ぜる。
d0159822_1233573.jpg




9.ようかん用の型を水で軽くぬらす。
d0159822_1234857.jpg



10.8を均等に広げて入れる。
d0159822_12342328.jpg


そこに2と3を全体に均一に埋め込む。
d0159822_12344166.jpg



11.冷蔵庫で3時間以上しっかり冷やし固める。
固まったらお好みの幅に切って完成
d0159822_1235247.jpg


ラム酒の効いたフィグとこしあんがこんなにも合うとは・・というおいしさ。
d0159822_12351770.jpg




おすすめはチーズと一緒にクラッカーにのせてワインのおともに!
d0159822_12353279.jpg



ウォッシュ系かブルー系かセミハード系のチーズが相性いいです。
d0159822_12354430.jpg





うちではいつもこんな感じで、ドライフルーツを瓶に入れてラム酒をどぼどぼ入れて
漬け込んどきます。
1年くらい大丈夫です。(瓶は煮沸消毒をしてね)
d0159822_12323073.jpg


お菓子に使ったり、クリスマスシーズンはシュトレン作ったり。
便利なので仕込んでおくと良いよ!






d0159822_1229218.jpg

とりあえず、近日の11月29日がコワイ・・・・





★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12544571.jpg

by mittun-chasuke | 2013-11-22 12:32 | おやつ
究極の自家製しめ鯖
d0159822_12391736.jpg

昔、チャンジャに4回当たって、極めつけは病院に行ったこともあり
以来、怖くてチャンジャが食え無い。

あんなに好きだったチャンジャ・・・食べたいとは思いつつも、
あの恐ろしい腹痛の痛みが頭をよぎって
どうしても口に運べないのだ。

こういう食べ物、ありませんか?

好きなのに、どうしても食べれない。


切ない恋とよく似ているね。


でもね、チャンジャなんかまだ良い。
そんな頻繁に食べるものでも無いから。

困るのは、牡蠣とか鯖とか
大好物でおれの生活に無くてはならないもの。


ところが、桜海老事件に続く、最近恐れていたその事態が起きた。

それは、しめ鯖!


しめ鯖が大好きすぎて、この秋・鯖の旬の季節
ここぞとばかりに毎週毎週、週末になるとしめ鯖を作って食っていた。

以前紹介したのでは、酢の感じがやはり少し強く感じるようになり、

半生っぽいしめ鯖を追求しすぎて、
何度も試行錯誤したどり着いた結果、この〆具合が最高だった。

ただし、生の鯖に潜むおそろしい寄生虫アニサキス。
こいつがやっかいなのである。

おれは長年ずっと、アニサキスは酢締めの時間を長くすれば大丈夫だと思い込んでいたが
それは間違いで、
アニサキスは酢締めの時間の長さは関係ないのだ。

じゃあどうすれば死ぬか・・・
それは「冷凍」である。

アニサキスは冷凍で死ぬので、半生っぽく〆めて、
冷凍して、翌日自然解凍で食べると、
そこまで味も落ちずに、おいしい理想のしめ鯖が食えるのだ。


それがわかって以来、せっせとこの
半生しめさばを作っては楽しんでいたのだが・・・



その日も、同じように作り、冷凍する前に
我慢できず3切れだけ食べた。

もちろん、冷凍しなくても大丈夫なときも全然あるのだが、

なんとも運が悪かったのか

数時間後、突然の吐き気で
あっという間に戻してしまった(あ、食事中にすまんね)


おれはあのチャンジャの恐怖がよみがえった。

もしかしてしめ鯖も食えなくなるのか?!



いやだ!


そう思い、翌週同じように懲りずにしめ鯖を食った。



またやってしまった!



どうしよう2回目である。


もはや精神的な問題か。
(意外と繊細なのだ)



それでも、おれはまた挑戦する。


だってしめ鯖が好きだから・・・・


(1尾分)
・鯖(新鮮なもの) 1尾
・塩 適量
・米酢 適量
・きび砂糖 小1

1.鯖は3枚におろし、しっかり表面をキッチンペーパーでおさえて水気をふきとる。
d0159822_12395072.jpg



2.バットに塩をたっぷりしきつめる。(下が見えないくらいに)
d0159822_1239393.jpg


その上に鯖を置き、さらに上を見えないくらい塩で覆う。
このまま1時間~3時間(脂ののった鯖なら3時間)
d0159822_124001.jpg




3.酢をボウルに入れ、1の鯖を酢洗いする。(塩が取れればOK)
d0159822_12401842.jpg


4.骨抜きする。
d0159822_12403169.jpg


5.ジップロックなどのジッパー付袋に入れ、酢が浸かるくらい入れ、砂糖も小さじ1ほど入れる。
そのまま15分置く(途中ジップ袋の上下を返し、全体に酢がいきわたるようにする)


6.取り出して薄皮を剥き、水気をふき取って好みの幅に切って器に盛る。
d0159822_12404242.jpg


ほんとーーーにウマイです。
d0159822_1241129.jpg


口に入れた瞬間、とろける~


もう、何度も酢の種類や塩の種類かえてみたり
今年だけで何十回つくったことだろう。



ちなみに、料理屋の大将に聞いたのは、
(ここのしめさばはメチャクチャウマイ)
塩2~3時間で、酢は洗うだけ、だそうです。


これも次回試す予定(まだやるか)~



ちなみにおれが嘔吐したのは、塩〆時間も1時間で、酢締め15分(両面)。
これも原因なのか、単に運が悪かったのか・・・


なぞです。

(だって過去に同じ条件でやったのではまったく当たらなかった)


こんな話を聞いて、だれがこの通り作ってくれるかは謎だが

そんな体験をしてもなお、また作りたくなるくらいの美味しさです。

チャンジャは諦めたが、しめ鯖は諦めんぞ!



ま、ろさんじんも半生のタニシ食って死んだとか言われてるし

美味しいものと危険は紙一重なのかもな・・・


でも死んだら意味無いなぁ。






d0159822_12245125.jpg

美味しいもののためなら

エーンヤコラ~


★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2013-11-20 12:26 | 料理(かんたん)
名古屋風手羽先
d0159822_15131684.jpg

パソコンと入れ替わりでお亡くなりになったipod

しばらく放っておこうとは思ったが、やはり音楽のない生活はキビシイので
仕方なく修理に出そうと、アップルさんのサポートセンターに電話をした。

電話をすると、「シリアルナンバーをおしえろ」と難しいことをいわれ、
「電源が入らないからわからない」というと
「クリップの先に書いてある」という。

ちなみに、クリップの先とは1mm幅くらいである。

「え?ここ?!の極細のとこに?!」
わざわざコンビニに入り、明るい蛍光灯のしたで目をこらすと、たしかに
15桁くらいの英数字の番号が米粒の1/10くらいのサイズで細かく書いてある。

幸いにも、おれの視力は10キロ先のシマウマが見えるくらい良いので、
そのシリアル番号を伝え、
ようやくサポートの手続きに入った。

名前だの住所だの、どこがどう壊れただの
細かく聞かれ、説明し
さてじゃあどこに壊れたipodを送ったらいいかと聞くと

送ると時間かかるのでアップルストアに持ち込んだほうがいいよ、的なことを言われた。

めんどうだが、送るのは送るので
さらに手続きが面倒そうだったのでアップルストアに持っていく、というと
「自分で行くアップルストアに予約してちょう」と言われた。

え、予約?
アップルストアって予約しなきゃいけないの?

どこまで面倒なんだ・・・

この時点で折れそうな心をなんとか割り箸で補強し、
アップルストアのサイトで予約をした。

すると、「18日(月曜日)」しか出てこない。
ちなみに、これをやったのは1週間以上前である。

「18日(月)」しかえらべない。
なにがなんでも18日に来い、といってるようなもんである。

ここで心を支えていた割り箸を2本に増やした。

18日は、10分単位で予約を受け付けている。

オイオイ、10分単位で予約取っちゃって大丈夫か?

このいやな予感は的中。

昨日、なんとか都合をつけてダッシュで遅れないように駆け込んだアップルストア。
予約したのにも関わらず、20分待たされた。

ようやく登場した、おれの担当らしき店員が
首にぶら下げた名札を見せながら、いきなり

「おまたせしました~あ。ミットゥンさんですね?
今日ごたんとうさせていただきます、「miho」でぇす」(※こんな言い方はしていない)

おれは目が点になった。

ミホ?

キャバクラかここは?

なぜ名前で登場するのだ。

そうか、もしかしたらこの人は「みほ」さんという苗字なのか。

色々頭の中でカルチャーショックが駆け巡り
横にいた店員の名札を見ると
「yumiko」「ken」など、みなさんファーストネームの名札をつけていらっしゃる。




ここは日本だ!




苗字を名乗りなさい苗字を!
という怒りを抑え、黙っていると



「ミットゥンさんですね。きょうはどうされましたか?」


えーーー!!!

てめーら、あんだけ面倒な手続きとらせておいて
いまさら故障状況すら把握してねーのかよ!

「電源ぼたんが壊れました」

というと、そそくさと「では在庫を確認してきます」といって、どこかに行ってしまった。


在庫?

なんの在庫だろう?

不思議に思っていると、なんと新品のipodを出してきて
「在庫ありました~」と言っている。

えーーと・・・あれ

ここはヤマーダデンキッ?
それともビーックビーックビックビックカメラだったかしら?

「あの・・・えと・・・」

よくわからないうちに見ていると、なんか5800円取られ、
すんげー書きにくいiphoneの画面にサインさせられ

(この書きにくすぎて自分の字と全く違うサインって何の意味があるんだろう)
と思いながら

はいどーぞ、と新しいipodを渡された。

なるほど、ここはいちいちそれを修理するのではなく
手っ取り早くまず新しいのに交換して
音楽はまた自分でパソコンで移してね、ということらしい。


効率化・・・


しかし、なにか非常に悲しい気持ちになった。

おれの長年使っていたipodは電源ボタンが壊れただけで
即新しいものに交換すればいい・・・

直った、という感じではない。

これがこれからの世の中なのか。

もしかしたらこの先「愛着」という言葉は消えていくのだろうか。


新品のipodを眺め、そのまま捨てて行きたいとすら思った。
(ま、捨てないけどね)




恐ろしい。


おそろしい世の中だ。
100年先の地球など、想像もしたくない。

もしかしたら、古い居酒屋とかもどんどんなくなちゃうのかもしれないな。

あんまり進化するのも考え物ですね。


さて、居酒屋といえば
最近地方系の居酒屋が多いですねー。

中でも、おれはピカイチに名物が多いと思う名古屋。

名古屋には名物がビックリするほどある。

中でも手羽先は有名!

今日は、リクエストあった名古屋名物風来坊風の辛い手羽先の再現!

(2人前)
★鶏手羽中 10本(160g)
★塩麹 大1
★にんにく(すりおろし) 小1/2

・小麦粉 適量

☆醤油 大3
☆酒 大3
☆味の母 大3
☆きび砂糖 大1

・白いりゴマ 適量
・黒胡椒 適量


1.ポリ袋に★を入れよく揉みこみ、30分~3時間ほど置く。
d0159822_12363320.jpg



2.たれをつくる。
フライパンに☆を入れて中火にかけ混ぜながら煮詰める。
d0159822_12365141.jpg


こんなかんじでとろみがついたらOK。
d0159822_1237432.jpg



3.1に小麦粉を大2ほどいれ、口で空気を入れて袋の口をとじてよく振り、
全体に小麦粉をつける。
d0159822_12372330.jpg


4.中温の油でカラッとなるまで揚げる。
d0159822_12373468.jpg



5.揚げたてを2のタレに絡ませる。
d0159822_12374397.jpg



6.塩少々と黒胡椒たっぷりふりかける。仕上げに白いりゴマをふって完成!
d0159822_12375976.jpg



この多すぎる黒胡椒がポイントだがねー
d0159822_12381021.jpg




d0159822_12382197.jpg



★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
ミットゥンが全国の働く女子向けに書いているウーマンエキサイトシリーズ。

今週は・・・

ワインに合うおつまみレシピ「ひとくちミートパイ」
d0159822_12233912.jpg


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★







d0159822_123679.jpg

もういっそ日本の企業も名刺をやめてファーストネームにしたらどうか?




★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2013-11-19 12:40 | 料理(かんたん)
ガリバタ醤油チキン
d0159822_12281760.jpg


チャースケはナマイキにも、スマホを持っている。

でかい「ギャラクシーノート」で、これでお絵かきをして楽しんでいる。

そして、チャースケのスマホの裏には、
謎のタコの宇宙人みたいなヘタクソなイラストのシールがデカデカと貼ってある。



どこでこんな変なシールを見つけてきて貼ったのかは謎だが、
こんな変なシールはチャースケしか貼らないので
どこにあっても絶対にチャースケのスマホだとわかる。


そんなある日、チャースケが朝からチャーチャー大騒ぎしていた。

ミ:「なんだなんだ」

チ:「ちゃ~(ちゃーのすまほがない~)」

ミ:「しょーがねーなぁ~」

そういってチャースケの番号に電話をかけてやった。

いつもおもうのだが、この「携帯の場所が解らず、鳴らしてもらって探してる風景」というのは
非常にマヌケである。

テレビや音楽の音を一切消し、
泥棒も顔負けの忍び足で耳をすませながら
どこかに埋もれているバイブの音を探し出すのである。


そんな感じで電話を鳴らしながら、2人して忍び足で部屋中を探し回ったが
どこでも鳴っている気配が無い。

どうやら、ほんとに家には無いようだ。

となると、どこかで落としたのだ。


ミ:「おめ~何回目だよバカッ!」


チ:「ちゃー・・・」

そうなのだ。
チャースケが携帯を無くすのはもう3回目である。
いや、ヘタしたらもっとである。


ミ:「きのう、どこで落としたのっ。どこまで覚えてるのっ?」

チ:「チャー(たぶんでんしゃです)」


すぐに電車の落し物サービスに電話すると、
それらしき落し物があった。

しかし、向うのサービスセンターも間違いがあってはならないので
慎重にスマホの特徴をきいてくる。

サ:「どこの会社のスマホですか?」

チ:「ちゃー(どこもです)」

サ:「どこのメーカーですか?」

チ:「ちゃー(ぎゃらくしーのーとです)」

サ:「色は、どんな色ですか?」

チ:「ちゃー(しろです)」

サ:「ケースはついてますか?どんなのですか?」

チ:「ちゃー(ついてないです)」

サ:「なにか特徴はありますか?」


チ:「・・・ち、ちゃー(シールが、はってます)」


サ:「どんなシールですか?」

おれはその会話を横で聞いていた。

あのバカなシールをどうチャースケは表現するのか。


サ:「どんなシールですか?」


チ:「ち、ちゃー・・・(か、かおのシールです)」



え?


顔?


どう見ても「エロ目のタコの宇宙人」である。


むこうのサービスセンターの人もさぞかし戸惑っただろう。


しかし、一応「かおの写真」ということで確認がとれ
無事にスマホは戻ってきた。


これに懲りて、スマホを落とさないようにするか、
もしくはタコの宇宙人のシールをはがすかどっちかにしてもらいたいもんである。


さて、今日のメニューは
ガリバタ醤油チキン。

ガーリックとバターと醤油、そりゃみんな好きでしょ!

(1人前)
★鶏もも肉 140g
★塩麹 大1
★にんにく(すりおろす) 小1.5
★はちみつ 小1
★醤油 小2

☆バター 大1
☆にんにく(スライス) 2片

・酒 1/4カップ


・醤油 小1


1.鶏肉はスジを切ってひろげ、
d0159822_12284286.jpg


ポリ袋にほ★を入れてよく揉みこみ、30分~3時間ほど置く。
d0159822_1229253.jpg




2.フライパンに☆を入れ、バターが溶け始めたら1を皮のほうから入れておさえながら焼く。
d0159822_12291731.jpg

d0159822_12293163.jpg



3.皮目に焼き色がついたら酒を回しいれすぐに蓋をする。
d0159822_12294849.jpg


弱火にして10分ほど焼く。
d0159822_12295848.jpg


4.裏返して焼き色をつけて醤油をまわしかけて完成!
d0159822_1230835.jpg



食べやすい幅に切って、あればレモンやスダチをそえてどうぞ!
d0159822_12302160.jpg



ガーリックとバターと醤油という最強タッグの香りが漂う
d0159822_12303210.jpg


塩麹でしっとりやわらかくなった鶏もも肉。

皮をしっかり押さえてパリパリになうように焼くといい。

ニンニクスライスは、途中で焦げてくるので
焼いている間鶏肉の上に避難させておくか、
取り出したほうが良い。


酒のつまみはもちろん、ご飯にも合うし
パンに挟んでサンドイッチにするもおすすめです。


★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
ミットゥンが全国の働く女子向けに書いているウーマンエキサイトシリーズ。

今週は・・・

海老と卵が絶妙なコンビの「ピリ辛海老玉弁当」
d0159822_12432498.jpg



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★





d0159822_12434843.jpg

チャースケのスマートフォン

(決して手を抜いて書いたわけではなく、ほんとにこんな感じのシールである)


★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2013-11-18 12:48 | 料理(かんたん)
発酵無し!お手軽絶品きのこクリームピザ
d0159822_1495580.jpg

今週は本格的に真冬到来!と言う感じですね。

今年は11月なのに温かいナーと思っていた矢先

突如としてやってきた、この真冬の温度変化はなんだろうか。


おれは大の寒がりなので、もうだいぶ前から羽毛布団を2枚出していたのだが

一昨日は「こりゃいかん」と、毛布も出した。

しかし、昨日はさらに寒い。

「こりゃいかん」と、早くも電気毛布も引っ張り出した。

よく『こんな段階から毛布やストーブ出すと冬を乗り切れないからダメ』とか言って
出し渋るやつがいるが、

もうすでにこの段階を乗り切れないからしょうがないのだ。


そんなわけで、半年以上ぶりに再会の電気毛布をいそいそと布団の下にセットし

寝る前の1時間ほど前から暖めておいた。


いよいよ冷え切った部屋で寝るとき

布団に足を突っ込んだ時のあの暖かさ!

あの瞬間の幸せな気持ちと言うのは
もう言葉では言い表せない。

おもわず『ヌホホホホ~!!』と叫んでしまうあの幸せ感。


これは冬にしか味わえない幸せ。

雪見大福。


あったかい布団で寝られるって、なんて幸せなんだろう、と
心から思いました。



というわけで昨日は、肌で冬の到来を味わいました。


さてさて、冬と言えばなんでかクリーム系が多く出てくる。

アイスも氷菓からクリーム系に、

カレーもシチューに移り変わる。


おれはアイスは年中バニラ派だが

たしかに、真夏にホワイトシチューとか食べたくないのは何でだろう?



今日は、クリームと相性ばつぐんのきのこをたっぷり使った
絶品おつまみピザのご紹介!







(2枚分)

<生地>
☆強力粉 175~180g
☆塩 小1/3
☆きび砂糖 小1/2

・水 120g
・オリーブオイル 大1/2

<トッピング> ※1枚分の量
・好みのきのこ数種類(しめじ、えのき、舞茸、しいたけなど)  合わせて150g
・オリーブオイル 大1/2

・じゃがいも(5mm幅に切る) 小1個
・酒 1/4カップ

・豆乳 1/4カップ
・生クリーム 1/4カップ
・ブルーチーズ 15g




1.生地を作る。
ボウルに☆をいれざっと混ぜる。
水をいれ10分ほどよくこねる。

2.さらにオリーブオイルをいれ、馴染むまでよくこね、ひとまとめにしてラップなどに包んで
常温で30分ほど置く。


3.トッピングを作る。
フライパンにオリーブオイルを熱し、きのこをいれて炒める。
d0159822_1484960.jpg


4.さらにじゃがいもを入れ、塩、胡椒を少々して炒める。
そこに酒を回しいれる。
d0159822_14925.jpg



5.酒の水分が無くなったら豆乳と生クリーム、ブルーチーズ、塩を少々入れてよく混ぜて
煮詰める。
d0159822_1492062.jpg


こんなかんじにトロッとなってほとんど水分が無くなればOK
d0159822_1493735.jpg




6.台に打ち粉(強力粉)をし、2を2等分にしてのせ、丸める。
d0159822_1441215.jpg



7.麺棒で2~3厚さの楕円形に伸ばし、オリーブオイル(分量外)を表面にぬる。
d0159822_1474784.jpg



8.上に5をのせ、300~250度に予熱したオーブンで12分焼く。
d0159822_148895.jpg




こんなかんじで、生地はパリッといい焼き色になればOK!
熱々をどうぞ~
d0159822_148306.jpg



そのままかぶりつきたいとこだが、つまみにくいので
お好みの大きさに切ってどうぞ
d0159822_1410811.jpg


ブルチーの風味がほんのりただよう、濃厚なクリーミーなソース。
きのことの相性はバツグンだ。


ちなみにこのトッピングは1枚分の量なので、もう1枚はお好みの具をのせて焼こう。

というわけで、こちらチャースケのリクエストのピザ
d0159822_14101973.jpg


トマトケチャップにタバスコを混ぜたものを塗り、
しし唐、サラミ、ミニトマト、チーズをのせたもの

d0159822_14103056.jpg


トマト系もやっぱりはずせないよね。



発酵無しのピザ生地なので簡単お手軽。

ぜひ一度おためしを!



★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
ミットゥンが全国の働く女子向けに書いているウーマンエキサイトシリーズ。

今週は・・・

美容にもよい、よくばり深夜メシ「ヘルシー海苔湯葉丼」
d0159822_1216826.jpg


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★









d0159822_12255053.jpg

ほんとにしあわせだな・・・



★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg

by mittun-chasuke | 2013-11-14 12:27 | パン
桜納豆風 くじらのユッケ
d0159822_1411244.jpg


コーヒーが好きで昔はブラックでガバガバ飲んでいた。

もう口からコーヒーのにおいが漂うくらいコーヒー好きだったのだが、
あるときからピタッと飲むのをやめ
以来、どっかで出された時を除いてはほとんど口にしなかった。

コーヒーというのは、ある意味中毒性があり

逆に、止めちゃえば全然欲しくなくなるものなのだが

先日なんでか突然コーヒーが飲みたくなり
3杯くらいオカワリして飲んだ。


するとどうでしょう


なんとその日の晩、朝の4時まで寝れなかったのだ。

初めはなんで寝付けないのかまったくわからず
あんまり寝付けないもんだから開き直って
「このまま朝まで起きててやる」と美味しんぼを1から読み出したくらい
目がギンギンに冴えてしまっていた。


あとから、「もしやあのコーヒーでは・・・」と気づいたときは
ぞぞ~としたもんだ。

コーヒーを飲んだのは昼間にもかかわらず、この影響っぷりはなんだ。

しばらくカフェインをとっていなかったから(紅茶ものまないし)、
体がびっくらこいていたのかもしれない。

そんなわけで、体の中というのは日々変わるもんで
不思議なもんである。


それは味覚にも言えるんだな。

味覚は日々変わる。

もともと好き嫌いは無いほうだが、べつにこれと言って好きじゃないって食べ物はあった。

クジラなんかは良い例だ。

でもねー、クジラ、最近美味しいんだよね。
ちょっと癖はあるけど、その癖がまた良い。

熊本のほうに、「さくら納豆」という馬肉と納豆を混ぜたつまみがあるが、
今日はそれをクジラでアレンジ。

これまた酒がすすむばってん


(約2人前)

・くじら(刺身用) 100g

☆醤油 大1
☆味の母 大1/2
☆きび砂糖 小1.5
☆にんにく(すり下ろす) 小1/2
☆ごま油 小1/2

◎九条ネギ(小口切り) 2本
◎塩麹 大1
・挽き割り納豆 1ヶ

・卵黄 1個
・白いりゴマ 適量


1.ボウルに◎を入れてよく混ぜ10分ほど置く。
d0159822_1553235.jpg



2.くじらの身はキッチンペーパーでしっかり表面をふく。
(これで生臭みを取る)
d0159822_14114033.jpg


3.くじらを1cm角くらいに細かく切りボウルに入れ、☆を入れてよく和える。
d0159822_14115529.jpg


4.そこに1と挽き割り納豆を入れてよく混ぜる。
d0159822_1412776.jpg


5.器に盛り、中央に卵黄をのせ、白いりゴマをふって完成!
d0159822_14122649.jpg




卵黄をつぶして・・・

d0159822_14124527.jpg



ぬおおお~ 濃厚
d0159822_14125812.jpg



クジラの刺身って、なんでか添加物まみれのものが多いので注意。

無添加の冷凍モノみつかれば、すぐに購入すべし。

海苔に巻いて食べてもおいしいよ。


ぜひおためしを~!




<おまけ>

先日・・・食材買出し中に驚きのものを発見した。
(先日といっても1ヶ月以上前だが)


それは・・・

一瞬目を疑った。

きのこ売り場で、たくさんのきのこの中で横にひっそりと、3パックだけ売られていた。

d0159822_14133044.jpg

天然まいたけ!!


天然まいたけですよ!


なぜ、、なぜこんなとこに?!

しかも、すごい少量でこの値段。

普通の興味が無い人から見たら、「なにこの舞茸、なんでこんな高いの?」と
スルーされてしまうようなもの。

事実、横で買い物していたババアは
この価値にまったく気づかず、一度手には取ったもののすぐに棚に戻し、
そそくさと横にあった特売の舞茸を買っていた。

ヘッ 

バーカ



天然舞茸をいえば、その美味しさから
見つけた人が舞って喜ぶくらい美味しくて貴重なものから
舞茸と呼ばれるようになったとか・・・ほんとかな。


でも、舞茸の天然ものというのはほんとに手に入らず、
流通しているほとんどが栽培モノだ。
「幻のキノコ」と言われるほど貴重な天然舞茸・・・

「死ぬまでに1度は食べたい食べものリスト」にしっかり入っていた
天然舞茸。


ほら、ここにしっかり「天然」って書いてあるぜよ!

d0159822_14134232.jpg



2パック買おうか迷ったが、贅沢は許されない身分なので
1パックで我慢することに。




しかしこの舞茸、逆にどう食べたら一番美味しさがわかるのか・・・

迷った結果、
やっぱりこれでしょう。

まずは天ぷら!

ちょっとしかないので、ついでにきくらげも一緒に天ぷらにした。
d0159822_14141769.jpg


味が、濃い。
きのこはやっぱり油との相性がバツグンだね。


そして、こちら
d0159822_14143246.jpg

ホイル焼きして塩とスダチで食す。

ほんとは炭焼きしたかったけど、炭切れで断念。

でも十分おしいかった。


けど・・・・

まぁ、感想はというと
そこまで大騒ぎするもんでもなかったです。


香りは栽培モノよりかなり強いが

味は、栽培モノでも十分舞茸って美味しい。


うーむ・・・


もっと『きのこ鍋』とかでたくさん食べたらまた感想が変わるのかねぇ。


ともあれ、貴重なものをいただけてよかったです。















d0159822_12215129.jpg

・・・といいつつ、高くてちょっとビビッている。








★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12304340.jpg

by mittun-chasuke | 2013-11-13 12:25 | 料理(かんたん)



ベジタリアンのミットゥンと肉食チャースケのご飯日記
by ミットゥン
タグ
(516)
(482)
(363)
(339)
(201)
(170)
(134)
(132)
(92)
(87)
(72)
(65)
(59)
(52)
(51)
(42)
(37)
(29)
(27)
(17)
(15)
(12)
(10)
(7)
(6)
(5)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
登場人物紹介
ミットゥン
チャースケ
漫画付きレシピ
料理(ハイカラ)
料理(かんたん)
料理(副菜、その他)
料理(メンドうまい)
おやつ
パン
自己紹介
その他
弁当
未分類
以前の記事
2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
お気に入りブログ
おとなは、だれも、はじめ...
ハンドメイドな日々
沢ぱん日記
shina_poohな日...
知りたがりやの食べたがりや
夕方に台所で・・・
やわらぎをもって。
イギリス ウェールズの自...
歌花史庵 かかしあん
うひひなまいにち
ごはんとおかずと日々のつ...
僕とマダムと先生と
アベマリアのハッピーテーブル
犬とご飯と雑貨。
spring comes...
1/f breeze
kun-kun+kuro-ro
Life style
アインのしっぽ
バニラのお菓子ライフ
Cheminee de ...
mogumogu * Leaf
亜麻仁
つばさ雲
エットハミアメドとお料理...
がびあーの家の毎日
山麓風景と編み物    
London Scene
ろこりん♪の毎日。
ゆるロビ生活
カザルパロッコのネコ(C...
walking slow...
田園都市生活
ちょっと寄り道
平凡人日記
NO ANCHOVY, ...
ひなたの小部屋
ミニチュアブルテリア ダ...
日々の暮らし ☆ mam...
一日一歩
La prima ste...
日々道場
にじいろ日記
丁寧な生活をゆっくりと
さっちんきっちん
やねのうえのわんこ
ホウロウダイアリー
5plus2and2
ステンドグラス こもれ...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
カザルパロッコのネコ
The cats inside
Can of Good ...
★ミットゥンのラインスタンプ販売中!


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!
d0159822_12455074.jpg






エキサイトブログ以外のお友たち
Mシュナ Richardより愛を込めて

トレモロの響きにのせて

某医大正estateのごはんブログ


Can of Good Goodies

豆好き

yamatoyome ~沖縄生活~

パスタファイター

ぱっちとPUっ♪


THE CULINARY TRIBUNE

stadio r(食フォトギャラリー)

la table

Bay Alien

ビストロ カルナヴァル

スペース大原

★沖縄日記記事がオススメブログに!
那覇
旅行口コミ情報

★チャースケがツイッターを始めた?!
『_Charsuke_』で検索!


★広告メール対策の為、コメントを承認制にしました

コメントだいかんげいです!
お気軽にどんどんコメントチョウダイ!

★ウーマンエキサイト「おいしい!」に以下の記事を掲載していただきました。

緑のヘルシーポテサラ


米粉のブルーベリーパンケーキ


簡単!イカのトマト煮込み


カレー風味の鶏グリル


マグロの味噌漬けどんぶり


車麩の海老チリ風炒め


自家製甘納豆


牡蠣と温玉の韓国風サラダ


ヘルシーフムス


温泉たまごで!濃厚オリーブオイルアイス


過去最高のビーフシチュー


簡単ヘルシー!豆乳杏仁プリン


節分に!豪華海鮮太巻き


ブルーチーズと納豆のパスタ


しあわせのメープルパンケーキ


柚子トマトうどん


ポテサラと食べる絶品フレンチトースト


パスタでビックリ!ちゃんぽん麺


やめられないトマラナイ!メープルナッツ4種


しっとり茹で鶏の特製ピリカラだれ


ワインが進む君!トマトチーズビスコッティ


海老と豆腐の卵とじ中華丼


塩鮭とろみ中華どんぶり


野菜のうまみの詰まったヘルシーシチュー


韓国風!イワシのピリ辛しょうが煮


刺身の残りで!絶品ヅケ茶漬け


梨と豆乳のやわやわプリンと滑らかジェラート


絶品!中華スープがけ納豆ご飯


簡単!刺身でユッケ風どんぶり


あっさり!あさり二ラーメン


高貴な味!メープル小豆の豆腐クリーム添え


お店の味!海鮮あんかけ かたやきそば


春巻きの皮で作る!海老とアボカドの豆腐キッシュ


火を使わない!ピータン豆腐どんぶり


バター不使用!ココナッツとあんずの全粒粉スコーン


熱ヒヤ!豆乳坦々つけ麺


薄焼きがポイント!ザクザクフルーツクッキー


夏のビールの共に!ヤムウンセン


ひんやり!さっぱりカレーきしめん


ピーナッツバターで本格的なタレ!棒々鶏うどん


二日酔いの朝にやさしい アボカドとホタテのおかゆ


レストランの味の濃厚ニョッキ


お肉無しでも絶品ビビンバ


自然の甘みのおやつ!ドライフルーツまるごとクッキー

パーティーに!絶品ヘルシー板麩でラザニア

とろ~り絶品!洋食屋さんのクリームコロッケ

フレッシュトマトの絶品ラタトゥイユ

海老の殻は捨てちゃ駄目!濃厚豆乳ベシャメルソース

とろとろ手羽先の韓国風煮込み

とろーりチーズのかかったトマトのモツ煮込み

フレッシュトマトで作るエビチリ
卵一個で!豆乳スフレ

残り野菜で!韓国トッポギ

トマト肉味噌でヘルシー冷麺
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
居酒屋ごっこ・五月編
from cool witch
生存報告。
from ハムログ
居酒屋ごっこ
from cool witch
塩麹を使ったおかず など..
from 海のむこう 空のむこう
おおそうじのフルーツクッ..
from 海のむこう 空のむこう
ポテトマカロニサラダwi..
from 知りたがりやの食べたがりや
イギリス歯医者の話 - ..
from 坂の上にある家 
白練りごま
from 坂の上にある家 
冬至の夜
from 坂の上にある家 
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧