<   2014年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧
王道のコロッケサンドとメンチサンド
d0159822_12245434.jpg

8年ほど前からコーヒーを飲まなくなり、
しばらく飲まなくなると
体質というのは変わるもので、
まったくコーヒーが飲めなくなる。

あんなに毎日ブラックコーヒーを飲んでいたのに、
少しでも飲むと気持ち悪くなって、夜の寝つきも悪くなるのだ。

そんなわけで、この8年ほどはまったくといっていいほど
コーヒーを飲まなかったのだが、

ふと突然、アイスコーヒーが飲みたくなって
飲んでみた。

すると、すごい美味しかった。

おそらくその店のコーヒーがよかったのか、
いつもの「ウェ~」と言う感じがまったく無いのだ。


だが、後ほどやっぱり気持ち悪くなった。

でも美味しい、と思ったのだ。


「これはいける!」と思い、
その日からちょっとずつコーヒーを飲むようになった。

体質と言うものはけっこう簡単にまた変わるもので、

1ヶ月もするとうそのようにコーヒーがまた飲めるようになった。


そんなわけで、コーヒーに目覚めてしまった。

信じられないが、コーヒーミルまで買っちゃって
毎日ゴリゴリしているのだ。

今はアイスコーヒーにはまっており、
寝る前にコーヒーを入れて冷やしておく。

朝、冷たいアイスコーヒーをたのしみ、
さらにクリーンカンティーンにたっぷりの氷と一緒に入れて
出かける、というのが日課になった。

チャースケはこのコーヒーミルで豆を挽くのが1日の楽しみらしく、
「挽くぞ~」というと喜んで飛んでくる。


おれははっきり言ってこの作業はメンドクサイので
喜んでチャースケにやらせてあげるのだが、

チャースケはコーヒー豆を挽くのがヘタクソである。

もっと丁寧にやれといっているのに、
ゴリゴリしながら豆をあっちこっちに飛ばしまくる。

挙句の果てに、挽き終わった豆を引き出しから出す際に
こぼしまくる。

そのくせ「ちゃー(コーヒーミルのなかをそうじする小さいハケをかったらどうか?)」と
うざい提案をしてくる。

ミルを掃除する前にオメーの飛ばしまくった豆を掃除しろ、といいたい。


まぁそんなわけでとにかくコーヒーライフをたのしんでいる。

豆を選ぶのも非常にたのしい。
こんなに味が違うとはおもわなかった。


なんかおすすめがあったらおしえてください。


さてさて、今日はそんなコーヒーのおともに!

余ったコロッケやメンチを使って、王道のサンドイッチをつくりますぞ。



《コロッケサンド》

・コロッケ 1個
★ウスターソース 大1
★牛乳 大1

・キャベツ(千切り) 50~60g

◎練りからし 小1/2
◎マヨネーズ 小2

・食パン 2枚

《メンチサンド》

・メンチカツ 1個
☆トマトケチャップ 大1
☆マヨネーズ 大1
☆ウスターソース 小1

・卵 1個
△マスタード 小1
△マヨネーズ 小1

・食パン 2枚


1.コロッケは小皿に★を入れたものに両面しっかり浸す。
メンチカツは☆を両面に塗る。
d0159822_1304027.jpg

d0159822_1305167.jpg


2.パンはトーストする。
トーストしたら、コロッケ用は片面に◎を塗る。
メンチ用は△を塗る。
d0159822_13125.jpg


3.メンチサンド用に、目玉焼きを焼く。
セルクルなどがあれば、セルクルに入れて焼く
※セルクルの内側にしっかり油をぬること
d0159822_1311351.jpg


4.コロッケ用のパンの上に千切りキャベツをのせ、その上に
浸したコロッケをのせる。
もう一方のパンで蓋をする。

d0159822_1312733.jpg


5.メンチ用のパンの上にはメンチ、目玉焼きをのせる。
余った☆を蓋のほうのパンの片面にぬり、蓋をする。
d0159822_1314215.jpg



6.4と5はそれぞれラップでしっかりきつめに包み、
そのまま馴染むまで1時間~3時間ほど放置する。
d0159822_1315494.jpg


7.好みの大きさに切って完成!
d0159822_1321240.jpg


ソースがなじんだころが食べごろ。

コロッケサンドを考えたひとは天才だ。
d0159822_1322862.jpg


チャースケのメンチサンドは、あえて野菜無しのジャンキーに仕上げる。
d0159822_1323912.jpg


冷めて馴染んだころがおいしいので
お弁当にもおすすめ。

これを作りたいがために、
わざとコロッケやメンチを余らせたくなるね。









d0159822_14324618.jpg








★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12304340.jpg


★チャースケのチビねこ兄弟ブログもよろしく!!→
The cats inside
チビねこファンは要チェック!

by mittun-chasuke | 2014-07-30 14:36 | パン
イタリアン焼きアボカド
d0159822_1274680.jpg

動物と暮らしていると、ドキッとすることがよくある。

それは、突然暗闇のほうを凝視したり、
何も無いのにビクッとして妙に警戒していたりするときだ。

もちろん、おれには
なにも見えないし、
何の音もしていない。

でも2匹同時に一点を見つめたりされると
明らかになにかあるのであろう、と思う。

動物には「第6感」があるというが、
やはり何か見えているのだろうか?


たまに、背中がゾクッとすることがあるが
それは『霊が後を通った時』というのを聞いたことがある。

おれは、自分の体質的にゾクッとなりやすいので、
もしそれが本当だと
おれの後ろは霊が通りまくりということになる。
近道かなんかなのだろうか。

チャースケはこの手の話が非常に苦手で、
おれがゾクッとしたあとに「あーまた後通ったわぁ~」というと
本気で怒る。

まぁこれはうそだとしても、
おれはチビネコたちがいったい何を見ているのかを聞いて見たい。



よく思うのだが、人間にも
国によって言葉が違うのだから、

ネコの世界にも言語の違いはあるのだろうか?


イタリアのねこは、イタリアネコ語、みたいに・・・。


そんなわけで、今日はイタリア風
焼きアボカド。
(でも結局『風』なのでイタリアの料理ではない)


(1~2人前)
・アボカド 1個
メンチの肉ダネ 大3
・シュレッドチーズ 適量

アンチョビペースト 小1

★トマト(みじん切り) 1個
★玉ねぎ(みじん切り) 1/2個
★EVオリーブオイル 大1
★マヨネーズ 小1
★バルサミコ酢 小1/2
★にんにく(すろおろす) 1片
★塩 適量
★黒胡椒 少々

・バジル(千切り) 6枚くらい


1.ボウルに★を入れ、よく和えておく。
d0159822_1281745.jpg


2.アボカドは半分に切り、種を取る。
種を取った穴にアンチョビペーストを小1/2ずつ入れ、
さらに肉ダネを半量ずつ詰める。

d0159822_1283593.jpg


3.2を230度のオーブンで20分焼く。



4.3をいったん取り出し、チーズをのせて3~5分ほど
良い具合にチーズが溶けるまで焼く。

d0159822_1285453.jpg


5.皿に盛り、上に1をかけ、バジルの千切りをのせ、
仕上げにEVオリーブオイル(分量外)をまわしかけて完成
d0159822_1291050.jpg


アボカドは焼くとホクホクになる。
ただ、中途半端に焼くと青臭みが残って美味しくないので
しっかり焼こう。

上からかけたトマトソースがあいしょうばつぐん!

d0159822_129248.jpg






酒のつまみに、
さらにはパンにのっけてもうまし。
d0159822_1293631.jpg

アボカド好きは、ぜひ一度おためしあれ~









d0159822_12501113.jpg



★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12304340.jpg


★チャースケのチビねこ兄弟ブログもよろしく!!→
The cats inside
チビねこファンは要チェック!

by mittun-chasuke | 2014-07-29 12:58 | 料理(かんたん)
半熟うずらのメンチコロッケ
d0159822_1224471.jpg


ついに、チャースケが折れてリビングの壁を塗ることになった

「こんな感じにしたい」というのは、おれの頭の中で完成していたので
勝手にペンキやら資材やらを購入。

先週の3連休にさぁ塗るぞー!と
朝から頑張って養生を開始。

ペンキ塗りで一番大事なのが、この養生(マスキング)。

はみでたらいけないところを、しっかりと養生テープを貼るのだが、
これを適当にやると
仕上がりがいかにも安っぽく、『素人がやりました感』が満載になってしまう。


養生は、性格とセンスが問われる。

おれはどちらかというと苦手なほうで、
どうしても細かい丁寧な仕事ができない。

逆に、チャースケのようなのろのろ仕事タイプは
こういう作業が得意に違いない。

そう思って、チャースケに大事な部分の養生をまかせた。

案の定、ノロノロやっている。

さぞかし丁寧にやっているのだろう。

かなり時間が経ち、ようやく「ちゃー!(できたー!)」と、終わったらしく

どれどれ・・・とチャースケのやった部分を見に行くと


そりゃもう酷かった。


ガッタガタだった。


どうやらチャースケは養生のセンスが無いらしい。

センスの無い2人で、頑張ること2時間。
ようやく何とか自分ら的に最高の養生をすませ、
ついにペンキ塗り開始。


ペンキ塗りはあっという間にできる。
d0159822_123623100.jpg



壁に「バカ」とか書いて遊びながら(小学生か)、どんどん塗っていく。

計画として、2/3をペンキで塗り、
下1/3部分を木のパネリングを貼ろうと思っていた。


が、まったく予算が無く
パネリングは木目の壁紙を貼ることにした。

壁紙とペンキの境目は、木のモールディングを貼れば、
それなりにかっこよくなるに違いない。

そう思ってモールディングも購入。

今度はモールディング塗り。

しかし・・・自分で買った木の壁紙を確認せず、
適当にモールディングを塗った後、

壁紙を見たら、全然モールディングの色と違った。
d0159822_1235144.jpg


ニスの色を間違えたのだ。

本当はもっとチークっぽい色にすべきところを、
おもいっきしウォールナットに塗ってしまったのだ。


遊びにきた(というか手伝いに来いと言ったのに、わざとすべて終わってから来た)みどりママには
「バーカバーカ」といわれ、


チャースケは「ちゃー(もうこれでいいんじゃない)」と適当に妥協をしようとしている。


いっそ、木の壁紙を貼るのをやめ、
白のままにして、モールディングも白く塗ったらどうだ、と思い

今度は上から白く塗った。


しかし、半分白く塗った時点で

「やっぱりここは妥協してはいけない」と思い直し、

再度モールディングを買いなおすことにした。

そして昨日、ようやく買いなおしたモールディングを
こんどはちゃんとチークに塗り

2週にわたって行われたリビングの壁大改造計画は
ようやく完成した。

(10個分)

★豚挽き肉 260g
★塩 小1/2
★黒胡椒 少々
★パン粉 大2
★卵 1/2個
★玉ねぎ(粗みじん切り) 1/2個


・じゃがいも 中2個
◎牛乳(または豆乳) 大1
◎塩 小1/2
◎黒胡椒 適量

・うずら卵 10個

・小麦粉、卵、パン粉 各適量

1.じゃがいもは丸のままやわらかくなるまで茹でたら
皮をむいてボウルに入れ、熱いうちにマッシャーでつぶして◎を加えて
なめらかになるまで混ぜる。
d0159822_1231380.jpg


2.うずら卵は常温にもどし、沸騰したお湯に静かに入れ、2分ゆでる。
すぐに冷水に取り、殻をむいておく。

d0159822_1235269.jpg


3.ボウルに★を入れ、粘りが出るまで混ぜる。
※涼しい部屋でやる。ひき肉の温度が高くなりすぎたら、
冷蔵庫でいったん冷やす。
d0159822_124148.jpg



4.2のうずら卵を1のポテトで包み、丸く成形する。
d0159822_1243674.jpg



5.4をさらに3で包み、丸く成形する。
d0159822_125647.jpg



6.5を小麦粉→卵液→パン粉の順でつける。
※肉ダネで余った1/2の卵も、ここの衣付けで使おう。
d0159822_1254230.jpg


7.6を190度の油で狐色になるまで揚げる。
しっかり余分な油をきって完成!
d0159822_1261650.jpg





ぜひ熱々をどうぞ~


うずら卵が半熟状に仕上がっていたら大成功。

d0159822_1294996.jpg


おもわず顔も溶けそうになるでしょう。

じゃがいもは、うずらに火が通り過ぎないようにカバーする役目でもあります。
せっかく半熟にゆでたのに、揚げる時に固ゆでになったらいやだもんね。

そして、肉ダネはざくざくの粗めに切った玉ねぎの食感がポイント。
決して切り方が雑なのではありません。








《おまけ》

ビフォー
d0159822_12404046.jpg


アフター
d0159822_12364583.jpg




画質粗いですが・・・

写真だとわかりにくいけど、実際は藍色のような良い色。
d0159822_1258448.jpg

(画像ネットから借りました)






ペンキと、木の壁紙の境目にあるやつがモールディングね。
やっぱり妥協せず、塗りなおして正解だった。
(ちなみに、塗り間違えたウォールナットのモールディングは玄関に貼った)



すべてやり終わった部屋を見て、

「ちゃー!(いぎりすのホテルみたい!」と、イギリスに行った事も無いくせに
チャースケ大感動。

ようやくペンキを塗るとかっこよくなることがわかったのか、

次のお盆休みには寝室もぬりましょう、と
ノリノリであった。



ちょっとずつ、こうやって自分の好みに変えていくのって楽しい。









★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12304340.jpg


★チャースケのチビねこ兄弟ブログもよろしく!!→
The cats inside
チビねこファンは要チェック!

by mittun-chasuke | 2014-07-28 12:58 | 料理(ハイカラ)
じゃがいもアンチョビピザ
d0159822_130252.jpg

おれが大地の子が大好きで

豊子の原作は何度読んだかわからないくらい、
さらにはDVDまで買い、これまた何度も見てることは過去にも何度か書いた

昨日、一人ででんしゃに乗っていたチャースケから
突然ラインが来た。

チ:『ちゃー!(だいちのこに出てた、おばさんやくの人がいる!)」

すかさず返信。

ミ:『えっ???まさか十勝花子?それはおばさんじゃなくて、オオサワのお姉ちゃんだよ!』(←われながら瞬時によくわかったなと思う)


チ:『ちゃー!(そのひと!めっちゃ路線図みてる)』

ミ:『まじか~笑』

すると

チ:『ちゃー(よこにいる中学生にはなしかけてる)』

チ:『ちゃー(いまからえのしまの海をみにいくといっている)』

どうやら十勝さんは海にいくところらしい。


またしばしして、

チ:『ちゃー!(はなしかけられた!)』

と書いてきた。



どうやら、中学生に話しかけたあと

チャースケの横の空いている座席に座ってきたらしい。

そして、チャースケにも「今から江ノ島の海を見に行く」と
はなしかけてきたのだ。

チャースケは「ちゃー(とかちはなこさん?)」というと、

十勝さんは「しってるのぉ~?」とうれしそうにし、
チャースケに心許したのか

そこからマシンガントークが始まったらしい。

十:「いまからね、江ノ島にいくの。ほら~ちょっと疲れちゃってね、
海が見たくなってね、ほらほら、あのハワイとかの砂浜ではく、あの・・」

チ:「ちゃー(びーちさんだる)」

十:「それそれ!それ持ってね、江ノ島いくのね」


と、すごい勢いで自分の今からの予定を話し、


さらには大地の子の裏話や、十勝さんの中国に対する思いの話など

ものの10数分の間にものすごいいろいろ話をしてくれた挙句、

去り際に「メールして!」と、名刺をくれたという。

よっぽどチャースケを信用してくれたのか・・・


なぜチャースケを・・・?


おれから言わせれば
チャースケなど、大地の子を映画を1回見ただけで
本も読んでおらず
たいして興味もないやつなのに、

あいつはこういうときだけ要領がいいため

おれの日々聞かせている大地の子に対する熱いトークを覚えており、
それを十勝さんとの会話に生かしただけではないか!


おれだったら、もっと熱い会話をできたのにと思うと
悔しいったらない。



チャースケに言って、ほんとにメールしてもらおうか・・。


どっちにしろ、想像通りおもしろい人だったのは言うまでもない。




さてさて、海といえば、夏!

夏といえば、ピザですね!

あれ、いささか強引だったかな。

最近、ずっといつか買おうと気になっていた
この調味料をようやく購入してみた。

ワトキンズ アンチョビソ-ス
d0159822_1343448.jpg


パッケージがいかしているよね。

今日はこれを使ったピザのご紹介!

(1枚分)

・ピザ生地 1枚分(作り方・材料はここ参照

★EVオリーブオイル 大1
★アンチョビペースト 大1

・じゃがいも(2~3mm幅に薄切り) 1個
・ミニトマト(半分に切る) 10個
・卵 1個
・シュレッドチーズ(お好みのもの) 適量
・黒胡椒 適量

1.ピザ生地を作る。厚み5mmくらいの丸に伸ばし、表面に★を塗る。

d0159822_1351821.jpg



2.その上に、スライスしたじゃがいもを縁に綺麗にならべる。

3.ミニトマトをちらばせる。中央はあけておき、
そこに生卵を割りいれる。
d0159822_1373336.jpg

4.上にシュレッドチーズをたっぷりかけ、300度(上がらない場合はオーブンの最高温度)に
しっかり予熱したオーブンで8~10分ほど焼く。
d0159822_13113137.jpg


お好みでタバスコをかけてどうぞ!

ピザはあつあつを頬張るべし。

薄切りにしたじゃがいもの食感と、トマトの酸味が
アンチョビペーストにマッチ。

d0159822_13125780.jpg

ちょっと卵は火が通り過ぎちゃったけど、
まぁ300度もあったらそらそうなるわな・・・

半熟にしたかったら、ある程度焼いてから
いったん取り出して割りいれるのもいいのかも。


アンチョビペースト、なかなかいい味出します。
これはいろいろ使えるかも!









d0159822_13164325.jpg

おれも十勝さんに会いたか!!



★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12304340.jpg


★チャースケのチビねこ兄弟ブログもよろしく!!→
The cats inside
チビねこファンは要チェック!

by mittun-chasuke | 2014-07-25 13:24 | 料理(ハイカラ)
とろとろマンゴープリンヨーグルト
d0159822_12264594.jpg

すごーく懐かしい友人・ユーナチンと、10年ぶりくらいに連絡が取れた。

ユーナチンは、現在沖縄在住。

そんなユーナチンが、沖縄のマンゴーを送ってくれた。
なんでも相方がマンゴー農家さんというのだ!


「送るよ」と言われ、なんの遠慮もなく「タノム!!」と、
ずうずうしくも送っていただいた。

ででーん!
d0159822_12265760.jpg


見よ、この立派なマンゴー!!

なんとすばらしいことか。
沖縄マンゴーのあの美味しさは、旅行以来忘れられない。

でもボンビーなおれにはなかなか手の出せないシロモノである。


あっというまにチャースケに見つかり、

こっそり3つ全部食う計画は打ち砕かれた。


この3つをどう食うか、チャースケとさくせんかいぎを開いた。

まずはもちろんそのままでしょう、ということで
さっそく1個冷やす。


マンゴーといえばこの切り方でしょう。

d0159822_12271173.jpg



ナイスビューだね。


ひとくち食べれば、南国パラダイス。

こりゃ虫歯になっちゃうんじゃねーの?という甘さ!!

しばし余韻に浸りながら、
残りの2個をどう食すかの会議はひらかれた。

おれはこんなに美味しいマンゴーは加工したら勿体ないので
全部そのまま食おうと言ったのだが


そんなんじゃブログのネタにならないと
またもチャースケに叱咤を受け

考えぬいた結果、マンゴープリンにすることに!
(ほんとに考え抜いた?笑)




(約4個分)

・沖縄マンゴー(完熟) 大1個(約450g)
・シークワーサー汁 小さじ2

★牛乳 250ml
★きび砂糖 40~50g ※マンゴーの甘さによって調節

・板ゼラチン 2枚(5g)

・生クリーム 大2

◎ヨーグルト(無糖) 400g
◎はちみつ 大1.5


1.マンゴーは果肉のみ取り出す。
種の周りや、皮の裏についた果肉も包丁でこそげ取る。
極限までこそげとり、正味360gほどでした。
d0159822_1227342.jpg



2.1をボウルに入れ、マッシャーで粗つぶしにする。
※果肉感がところどころ残るように
そこにシークワーサー汁を加えて混ぜておく。

d0159822_12282156.jpg


3.板ゼラチンはたっぷりの水で1~2分ふやかす。
その間に鍋に★を入れ混ぜながら中火にかける。
d0159822_122849100.jpg

4.ふつふつと沸きそうになったらすぐに火を止め、火からおろし
板ゼラチンを入れてよく混ぜ溶かす。

5.4を濾し器で濾してボウルに入れ、氷水をはったボウルを下に重ねて
混ぜながら粗熱を取る。
そこに生クリームをいれさらによく混ぜる。
d0159822_12293152.jpg


6.5に2を加え、よく混ぜる。
d0159822_12294278.jpg


7.◎をよく混ぜ合わせる。
それをグラスに半分ほどの高さまで入れる。
d0159822_12304543.jpg


8.その上に6を静かに注ぎ入れる。
これを冷蔵庫で半日ほど冷やし固めて完成!!
d0159822_122958100.jpg


はやく食べたいがあまり、何のトッピング(ミントとか)も無く
撮影もそこそこに。

だってコリャもう絶対うまい。



d0159822_12313674.jpg


撮影中、
チャースケが「ちゃー(食べなくてもおいしいのがわかる)」といっていたので

「あ、じゃあ食べなくても良いよ」といったら
本当に怒っていた。


というわけで、いたーきま~す
d0159822_12315342.jpg


絶妙にトロトロプルプルのマンゴープリン。
甘い、甘すぎるほど甘い!

そこにさわやかなヨーグルトが合わさり
グラスの中でベストカップルが誕生しておる。



ユーナチンのマンゴーはほんとーーーに甘いので、
砂糖はもっと減らしてもよかったくらい。

おいしいマンゴーが手に入ったら
ぜひみなさんもおためしあれ~





ユーナチン~

ほんとにありがとう~


そのうち何かおれいをおくります~







d0159822_12373195.jpg

残り1個の隠し場所を探すミットゥン






★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
ミットゥンが全国の働く女子向けに書いているウーマンエキサイトシリーズ。



パンと食べたい絶品おかず! 鶏肉の和風ジェノベーゼ和え


d0159822_12385810.jpg



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★











★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12304340.jpg


★チャースケのチビねこ兄弟ブログもよろしく!!→
The cats inside
チビねこファンは要チェック!

by mittun-chasuke | 2014-07-24 12:42 | おやつ
タルタルソースで食べるポテサラ
d0159822_12273229.jpg


以前も、『チャースケには物欲が無い』と書いたが、

あのカメラを欲しがって以来

チャースケに『物欲』というものが目覚め始めた。

まったく目覚めえてほしくないものが目覚めてしまったのだが

最近のチャースケというと、

あれがほしいだの これがほしいだの
まさにブルーハーツの歌のように

今まで溜まっていた物欲を爆発させるかのごとく

いろいろ遠慮なく欲しがるようになったのだ。



先日も、どうしてもどうしても欲しいと大騒ぎした
ジーパンがあったので

しかたなく購入してやると

「ちゃー!(ありやとうございます!きょうはこれをはいてねます)」と
大喜びしていたのに、

全然はいて寝てなかった。


うそつきである。


チャースケの物欲、おさまる日はくるのでしょうか。

さて、今日はそんなぶつよくチャースケ考案(つくったのはおれだけど)の
新作ポテサラレシピ。

ポテサラのレシピも出しつくし、
ここまでか?!と思った時

新作と言うものは産まれるんですな。



(2~4人前)
・じゃがいも 300g
★塩 小1/2弱
★バター 10g

◎きゅうり(粗みじん切り) 1/2本
◎玉ねぎ(粗みじん切り) 1/4個
◎アボカド(粗みじん切り) 1/4個
◎ラッキョウ甘酢漬け(みじん切り) 6個
◎味の母 大1 ※なければみりん
◎塩 小1/3
◎溶き辛子 小1/2
◎黒胡椒 少々
◎マヨネーズ 大1
◎EVオリーブオイル 大1

・卵 1~2個
・黒胡椒 適量




1.じゃがいもはよく洗い、皮付きのまま丸ごと茹でて、
箸がスッと入るくらいの硬さになったら取り出し
皮をむいてボウルに入れ、熱いうちにマッシャーでつぶし★を入れ
よく和える。
d0159822_12275354.jpg


2.別のボウルに◎を入れよく和える。
d0159822_12281047.jpg



3.卵は水から9分ゆでて冷水に取り、皮を剥いておく。

4.器に1のジャガイモを盛る
d0159822_12282797.jpg



5.その上に2をたっぷりかけ、中央に卵をのせて
黒胡椒をふって完成!
d0159822_12285649.jpg


マッシュじゃがいもをタルタルで食べるという
これまたいつものポテサラとは一味違う
革命的1品!
d0159822_12291877.jpg


半熟卵を割って、一緒にどうぞ~
d0159822_12293391.jpg


タルタルは、トマトを入れたり
オリーブを入れてイタリアンテイストにしたりと
色んなアレンジも可能。


ポテトはなるべくなめらかなマッシュにすると
なお美味しい。



ぜひみなさまもおためしあれ~







d0159822_12385344.jpg


★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
ミットゥンが全国の働く女子向けに書いているウーマンエキサイトシリーズ。


5分でできる! 四川風イカとアボカドの冷製おつまみ

d0159822_12403910.jpg




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★







★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12304340.jpg


★チャースケのチビねこ兄弟ブログもよろしく!!→
The cats inside
チビねこファンは要チェック!

by mittun-chasuke | 2014-07-22 12:42 | 料理(かんたん)
簡単もずくお焼き
d0159822_12132358.jpg


秀さんとフーちゃんがきてから、チャースケは驚くべき進化を遂げた。

今まで、言われないとやらなかったことを
自ら率先してやるという
信じがたいことが起こるようになった。


もともと気のいいやつなので、頼めば何でも言われたとおりにやってくれるが

「自ら」やるというのはいままでなかったのだ。

これぞまさに「責任感」!

朝、出かける直前のバタバタしてるときに

ミ:「あっ3階のチビたちの水替えてない!」

チ:「ちゃー(かえました)」

ミ:「2階の水は?」

チ:「ちゃー(かえました)」

ミ:「風呂の窓しめてくる!」

チ:「ちゃー(しめました)」

こんなかんじで、おれのやろうとすることを先回りしてやっているのだ!

しかし、これだけでとどまらず


チ:「ちゃー(せんたくものも、たたんでしまいました)」


と、別にわざわざ忙しい朝にやらなくてもいいことまでやり、

チ:「ちゃー?(ほめますか?)」

と、自ら「褒め」を強要してくる。


ミ:「ああ、すごいすごい。ありがとう」

というと、

チ:「ちゃー?(もっとかんじょうをこめてほめれますか?)」

とちょっとウザイ指示までしてくる。



欲しがること以外はすばらしい進化ですね。


さて、今日のレシピも昨日のもずく酢に続いて、沖縄もずく第2弾!

もずくの進化レシピです。


(約8~9個分)
◎にんじん(千切り) 80g(中1/2本)
◎玉ねぎ(薄切り) 1/2個
◎強力粉 大5
◎鰹節(粉状) 小1/2
◎塩 小2/3

★沖縄もずく 200g
★卵 1個
★味の母 大1
★ごま油 小1/2
★醤油 小2

・ごま油 適量
・シュレッドチーズ(好みで。無くてもOK) 適量
・焼き海苔 適量

1.ボウルに◎を入れ菜ばしでよく混ぜる。
d0159822_12135349.jpg

2.1に★を入れ、全体がよく混ざるように混ぜる。
d0159822_12141290.jpg


3.フライパンにごま油を気持ち多めに熱し、2を直径7cmほどの丸になるように
落としいれ、表面を平たくする。
弱めの中火で焼き、焼き色がついたら裏返して同様に焼き色がつくまでじっくり焼く。
(ここで裏返す前にシュレッドチーズをパラリとのせて焼くもOK)
d0159822_12143069.jpg



4.1つ1つ海苔で包み、器にもってあれば白いりゴマ、糸唐辛子を飾って完成!
d0159822_12144641.jpg



混ぜて焼くだけ簡単おやき。

沖縄もずくのしっかりした歯ごたえだから出来る。
ふつうのもずくじゃこうはいかないね。

海苔で巻くのポイントです。
d0159822_1215545.jpg

冷めてもうまいので、
弁当にもよし。



酢の物のついでに、こちらもぜひおためしあれー








d0159822_12411023.jpg

とにかく褒められたい







★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12304340.jpg


★チャースケのチビねこ兄弟ブログもよろしく!!→
The cats inside
チビねこファンは要チェック!

by mittun-chasuke | 2014-07-18 12:41 | 料理(かんたん)
沖縄もずくのピリ辛酢冷奴
d0159822_12171923.jpg

ipodを聞く時、「シャッフル」機能というのがある。

その名のとおり、入っている曲をipoがランダムに選んで再生してくれる機能。

おれはいつも一定の時期、同じアーティストの曲をずっと聴く傾向にあるが
なぜか毎回シャッフルを選んでしまう。

どういうことかというと、
たとえば今は百恵ちゃんが聴きたいと思っているのに

わざとシャッフル機能にして

全然聴きたくないアーティストの曲が再生される中、

百恵ちゃんが流れてくるまで
曲をどんどん送って百恵ちゃんになるのを待つのだ。

だいたい、ipodには2000曲くらい入っているので
その中から百恵ちゃんが選ばれる率はかなり低いと思われるが


何曲も送って送って送って、

ようやく

『♪これっきりこれっきりもう~これっきりぃ~ですかァ~』

などと流れたときはようやく「 キタ━━━━(゚∀゚)━ ━━━!! 」となる。

ほんとに全然百恵が流れず、イライラしてもうこれっきりにして欲しいと思ったくらいで
流れるそのうれしさといったら無い。


これはかなり時間の無駄で、
最初からアーティスト検索をして曲を選んだら良いのに、と
自分でも思うが

この喜びを味わいたく(ほんとは単にめんどくさい)、シャッフル機能を使ってしまうのだ。


馬鹿だと思うでしょう。
ヘタしたら、送っているうちに1曲も聴けずに目的地についてしまうこともあります。

そのときのイライラッたら、これ以上ないほどです。

そういえば先日、立派な沖縄もずくを見つけました。

もずくってイライラにも良いらしいです。
でも食べたけどそうでもないよ。
おいしいけどね~


(2~3人前)
・沖縄もずく(生) 200g
・きゅうり 1本
・塩 適量
・豆腐 お好み量

★醤油 大1
★米酢 大2
★味の母 大1
★きび砂糖 小1
★豆板醤 小1/2

・白すりゴマ 小1強

食べるラー油 適量 ※普通のラー油でもOK
・白いりゴマ 適量



1.キュウリは薄切りにし、全体に塩をふって10分ほど置き
水分出てきたらさらしやキッチンペーパーに包んで
ぎゅーっと絞っておく。

d0159822_12174530.jpg


2.もずくはよく洗い、水気を切っておく。
(塩漬けの場合は塩抜きをすること)
d0159822_1218415.jpg

3.ボウルに★を入れよく混ぜ合わせる。

4.3にもずくをいれしっかり和え、よく混ざったら
さらにきゅうりと白すりゴマをいれてよく和える。
d0159822_12183616.jpg


5.皿に豆腐をのせ、その上に4をのせる。仕上げに食べらーをかけて
白ゴマをふって完成!
d0159822_1219338.jpg



ま~なんて夏にぴったりなヘルシーおつまみ


d0159822_12191510.jpg


酢の物って、嫌いなひとも多いけど
はまるとほんとにやめられない。


とくにもずくは、やっぱり酢の物だよねぇ。
今回は中華風にピリ辛にしてみやした。



もちろん普通のもずくでもいいのだけど、
沖縄もずくのあの歯ごたえと旨みは最高!



この前食べたのは沖縄旅行のときくらいだっけ。
思い出すばい。













★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
ミットゥンが全国の働く女子向けに書いているウーマンエキサイトシリーズ。


驚き桃の木の絶品レシピ! トマトと桃の冷製カッペリーニ


d0159822_12353381.jpg


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★















d0159822_12343018.jpg











★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg


★チャースケのチビねこ兄弟ブログもよろしく!!→
The cats inside
チビねこファンは要チェック!

by mittun-chasuke | 2014-07-17 12:37 | 料理(かんたん)
カレー風味のローストポーク
d0159822_1291517.jpg


最近、何気なく居酒屋で頼んだじゃがバターが異常にうまく、
じゃがバターに目覚めてしまった。


じゃがバターは、じゃがいもの料理の中で一番シンプルで最高の料理である。


ふかしたじゃがいもには、オリーブオイルでも美味しいけど
やっぱりここはバターが合う。

そしてなぜかじゃがバターって夏の食べ物のイメージがある。

冬に食べてもおいしいはずなんだが、
なぜか夏に食べたくなる。

むかし祭りの縁日で食べたからだろうか?


じゃがいもといえばどんな料理にも使え
その万能ぶりに野菜界のイチローと呼ばれているが(だれが?)、

カレーにじゃがいもを入れるか入れないかは
かなり意見が分かれるのではないだろうか。

カレーにじゃがいもを入れるのが嫌な人って、
本当になにがそんなにいやなの?というくらい嫌がる。

ちなみにおれはというと、まぁどちらかというと入れないほうが多い。

むかし懐かし系のカレーにはじゃがいもは必須だが、
さらっとしたカレーにはなくてもいいんじゃないかとも思う。

どんな料理でも主役になれるジャガイモにとって、
カレーだけは唯一主役にはなれない。

カレーの話をしていたらカレーがたべたくなってきた。

というわけで、カレーのレシピ・・といきたいとこですが

違うんですな。

カレー風味レシピでしたー





(2~4人前)
・豚肩ロース(塊) 330g
★カレー粉 大1.5
★醤油 大1
★アガベシロップ 大1/2 ※はちみつ、メープルでも可
★ガーリックパウダー 小1/3 ※すりおろしにんにく(1片)でも可
★味の母 大1

・ごま油 小1

・玉ねぎ(薄切り) 1個

◎水 1/4カップ
◎味の母 1/4カップ
◎酒 大2

☆醤油 大1
☆ごま油 小1

・サンチュ 適量
・きゅうり(千切り) 1本
・トマト(くし切り) 1個

・白いりゴマ 適量



1.ポリ袋に★をいれよく手で馴染ませたら豚肉をいれ、
全体にすり込むように揉み込んで、そのまま1時間以上冷蔵庫に置く。
d0159822_1294017.jpg


2.深さのある耐熱バットに玉ねぎを広げて入れる。そこに◎を注ぎいれる。
d0159822_1295874.jpg



3.その上に1をのせ、表面にごま油をまぶし
120度に予熱したオーブンで1時間焼く。
d0159822_12101657.jpg


4.取り出してすぐにピッチリとアルミホイルをかけ、10分ほど休ませる。
d0159822_12104464.jpg


5.4の玉ねぎと豚肉をとりわけ、バットに残った汁を鍋に入れ、☆を混ぜ合わせて
とろみがつくまで煮詰める。
d0159822_12105827.jpg

6.皿に、サンチュ、きゅうりをひろげのせ、その上に5の玉ねぎをひろげのせ
さらにごく薄切りにした肉をのせる。
トマトも全体にちらし、煮詰めた5のタレをまわしかける。
d0159822_12111838.jpg



7.仕上げに白いりごまをふって完成!
d0159822_12113760.jpg


カレーのいい風味が漂う、ボリューミーなローストポーク。

たっぷりの野菜とともに、サンチュでくるんでどうぞ。
d0159822_12131139.jpg



肉汁の染み出た汁でにつめたタレが重要ポイントです。

d0159822_1211583.jpg

豚肉の厚みによって、焼き時間の調整を。
中がまだピンクいな、とおもったら
アルミホイルでぴっちり肉だけくるんで
冷めるまで置いとけば、たいていいい感じに火が入ります。


ほんとはここにパクチーがあれば完璧だったが、
この日は手に入らなかった。

パクチーがある人は、必ず添えてくだせい。






ぜひおためしあれー





《おまけ》
きょうのちびねこ兄弟。

3階のグレーチングの上でくつろぐフーちゃん・・・

d0159822_13115681.jpg



を、2階からじっと見上げる秀さん。

d0159822_1312955.jpg






★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg


★チャースケのチビねこ兄弟ブログもよろしく!!→
The cats inside
チビねこファンは要チェック!

by mittun-chasuke | 2014-07-16 13:12 | 料理(ハイカラ)
真っ白なコーンスープ
d0159822_12122054.jpg


うちの壁はどこもかしこも白い。

白い壁と言うのは悪くは無いが、

どうしても塗りたくなる。

賃貸の時は、逆に白い壁の家を優先的に探していたが、

持ち家になった今、何色にでも自由に塗っていいとなると

白い壁がどうしてもなまぬるいのだ。


でも白い壁は、なんだかんだ一番いいというのもわかる。

部屋が広く見えるし、明るいし、どういうインテリアにも合わないことはない。

でも逆に言えば、つまらなくもある。


せっかく好きな色に出来るのだから、と
いろいろやりたかった色のペンキを購入した。


しかし、いざ塗ろうとすると大反対なチャースケ。


チャースケはどうしても冒険が出来ない。


「ちゃー(しろいままでいいよぅ)」と、どうしても塗らせてくれない。





「塗ったほうがカッコイイよ」

「ちゃー(いやや)」

「ふん!こんじょうなし!勝手にぬったる!」

「ちゃー!(ミットゥンのジャイアン!)」


とこんな感じで難航し、


せっかくペンキ買ったのに
結局まだ塗っていないのだ。



チャースケを説得できる日は遠い・・・


というわけで、きょうのレシピは
真っ白なコーンスープ。

ま、白も悪くないんだけどもさ。


(2~4人前)

・とうもろこし(ピュアホワイト) 2本
・バター 25g

◎味の母 大2
◎塩 小1/3
◎クミンパウダー 小1/4

・水 2カップ
・牛乳 300ml

・黒胡椒 適量
・EVオリーブオイル 適量

1.とうもろこしは、包丁で実をこそげ落とす。

d0159822_121379.jpg

2.フライパンにバターをいれ熱し、溶けかかってきたら1のとうもろこしの実を入れ炒める。
d0159822_12132381.jpg

3.全体にバターが回ったら、◎をいれさらに炒めたら、
水を注ぎいれ、とうもろこしの芯も一緒に入れ
蓋をして弱火で10分煮る。
d0159822_12133889.jpg


4.3を火からおろし、粗熱が取れたらミキサーに入れ
牛乳を注ぎ、なめらかになるまで攪拌する。

d0159822_12135331.jpg


5.冷蔵庫でしっかり冷やし、
食べる直前に器に盛り、仕上げにEVオリーブオイルと黒胡椒をふって完成!
d0159822_1214817.jpg


真っ白なコーンで作ったので、仕上がりも綺麗な白!

砂糖などを入れていないのに、バターととうもろこしの甘さがものすごい。
ちょっと甘すぎるのをひきしめるのに隠し味に入れるのがクミン。
d0159822_12142625.jpg

わからない程度に入れるのがポイントです。
オリーブオイルは風味のいいものを。

もちろん、黄色のとうもろこしでつくってもOK!

とうもろこしがおいしいこの季節
ぜひみなさんもおためしあれ~






d0159822_12444863.jpg


強行的に塗らないわけは、
「ひとりで塗るのがめんどくさい」からである。





★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12304340.jpg


★チャースケのチビねこ兄弟ブログもよろしく!!→
The cats inside
チビねこファンは要チェック!

by mittun-chasuke | 2014-07-14 12:46 | 料理(かんたん)



ベジタリアンのミットゥンと肉食チャースケのご飯日記
by ミットゥン
タグ
(516)
(482)
(363)
(339)
(201)
(170)
(134)
(132)
(92)
(87)
(72)
(65)
(59)
(52)
(51)
(42)
(37)
(29)
(27)
(17)
(15)
(12)
(10)
(7)
(6)
(5)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
登場人物紹介
ミットゥン
チャースケ
漫画付きレシピ
料理(ハイカラ)
料理(かんたん)
料理(副菜、その他)
料理(メンドうまい)
おやつ
パン
自己紹介
その他
弁当
未分類
以前の記事
2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
お気に入りブログ
おとなは、だれも、はじめ...
ハンドメイドな日々
沢ぱん日記
shina_poohな日...
知りたがりやの食べたがりや
夕方に台所で・・・
やわらぎをもって。
イギリス ウェールズの自...
歌花史庵 かかしあん
うひひなまいにち
ごはんとおかずと日々のつ...
僕とマダムと先生と
アベマリアのハッピーテーブル
犬とご飯と雑貨。
spring comes...
1/f breeze
kun-kun+kuro-ro
Life style
アインのしっぽ
バニラのお菓子ライフ
Cheminee de ...
mogumogu * Leaf
亜麻仁
つばさ雲
エットハミアメドとお料理...
がびあーの家の毎日
山麓風景と編み物    
London Scene
ろこりん♪の毎日。
ゆるロビ生活
カザルパロッコのネコ(C...
walking slow...
田園都市生活
ちょっと寄り道
平凡人日記
NO ANCHOVY, ...
ひなたの小部屋
ミニチュアブルテリア ダ...
日々の暮らし ☆ mam...
一日一歩
La prima ste...
日々道場
にじいろ日記
丁寧な生活をゆっくりと
さっちんきっちん
やねのうえのわんこ
ホウロウダイアリー
5plus2and2
ステンドグラス こもれ...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
カザルパロッコのネコ
The cats inside
Can of Good ...
★ミットゥンのラインスタンプ販売中!


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!
d0159822_12455074.jpg






エキサイトブログ以外のお友たち
Mシュナ Richardより愛を込めて

トレモロの響きにのせて

某医大正estateのごはんブログ


Can of Good Goodies

豆好き

yamatoyome ~沖縄生活~

パスタファイター

ぱっちとPUっ♪


THE CULINARY TRIBUNE

stadio r(食フォトギャラリー)

la table

Bay Alien

ビストロ カルナヴァル

スペース大原

★沖縄日記記事がオススメブログに!
那覇
旅行口コミ情報

★チャースケがツイッターを始めた?!
『_Charsuke_』で検索!


★広告メール対策の為、コメントを承認制にしました

コメントだいかんげいです!
お気軽にどんどんコメントチョウダイ!

★ウーマンエキサイト「おいしい!」に以下の記事を掲載していただきました。

緑のヘルシーポテサラ


米粉のブルーベリーパンケーキ


簡単!イカのトマト煮込み


カレー風味の鶏グリル


マグロの味噌漬けどんぶり


車麩の海老チリ風炒め


自家製甘納豆


牡蠣と温玉の韓国風サラダ


ヘルシーフムス


温泉たまごで!濃厚オリーブオイルアイス


過去最高のビーフシチュー


簡単ヘルシー!豆乳杏仁プリン


節分に!豪華海鮮太巻き


ブルーチーズと納豆のパスタ


しあわせのメープルパンケーキ


柚子トマトうどん


ポテサラと食べる絶品フレンチトースト


パスタでビックリ!ちゃんぽん麺


やめられないトマラナイ!メープルナッツ4種


しっとり茹で鶏の特製ピリカラだれ


ワインが進む君!トマトチーズビスコッティ


海老と豆腐の卵とじ中華丼


塩鮭とろみ中華どんぶり


野菜のうまみの詰まったヘルシーシチュー


韓国風!イワシのピリ辛しょうが煮


刺身の残りで!絶品ヅケ茶漬け


梨と豆乳のやわやわプリンと滑らかジェラート


絶品!中華スープがけ納豆ご飯


簡単!刺身でユッケ風どんぶり


あっさり!あさり二ラーメン


高貴な味!メープル小豆の豆腐クリーム添え


お店の味!海鮮あんかけ かたやきそば


春巻きの皮で作る!海老とアボカドの豆腐キッシュ


火を使わない!ピータン豆腐どんぶり


バター不使用!ココナッツとあんずの全粒粉スコーン


熱ヒヤ!豆乳坦々つけ麺


薄焼きがポイント!ザクザクフルーツクッキー


夏のビールの共に!ヤムウンセン


ひんやり!さっぱりカレーきしめん


ピーナッツバターで本格的なタレ!棒々鶏うどん


二日酔いの朝にやさしい アボカドとホタテのおかゆ


レストランの味の濃厚ニョッキ


お肉無しでも絶品ビビンバ


自然の甘みのおやつ!ドライフルーツまるごとクッキー

パーティーに!絶品ヘルシー板麩でラザニア

とろ~り絶品!洋食屋さんのクリームコロッケ

フレッシュトマトの絶品ラタトゥイユ

海老の殻は捨てちゃ駄目!濃厚豆乳ベシャメルソース

とろとろ手羽先の韓国風煮込み

とろーりチーズのかかったトマトのモツ煮込み

フレッシュトマトで作るエビチリ
卵一個で!豆乳スフレ

残り野菜で!韓国トッポギ

トマト肉味噌でヘルシー冷麺
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
居酒屋ごっこ・五月編
from cool witch
生存報告。
from ハムログ
居酒屋ごっこ
from cool witch
塩麹を使ったおかず など..
from 海のむこう 空のむこう
おおそうじのフルーツクッ..
from 海のむこう 空のむこう
ポテトマカロニサラダwi..
from 知りたがりやの食べたがりや
イギリス歯医者の話 - ..
from 坂の上にある家 
白練りごま
from 坂の上にある家 
冬至の夜
from 坂の上にある家 
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧