<   2015年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ミルフィーユ牛カツサンド
d0159822_2241794.jpg

敬語って難しい。

普段は適当に使えてても、おれのようにふざけた奴は
いざと言うときにうまく使えず、
めちゃくちゃな敬語を使ってしまうことがある。

先日も、もくもく村のでかい会社のおえらいさんと
ばったり会ったとき


“あれ・・・目上のひとに「ご苦労様」はだめだけど、「お疲れ様」もだめだよな・・・
えっと、じゃあなんていったらいいんだっけ、えと、えと・・・”

と一瞬の間にいろいろ考えて
パッと出てきた言葉が

「あ、どうもどうも」

であった。

自分で言った直後に、また頭の中で

「おれのバカッ! なにがどうもどうもだっ! ドーモ君かおれはっ! あああああ」と

反省しつつも、ときすでに遅し。


あーあ


みなさんもこんなことありませんか?


普段からきちんと敬語を使ってれば、
こんなときにドーモ君にならずに済むんですよね。


気をつけましょうね。(オマエだ!)



さてさて、今日のレシピは
またしてもチャースケのリクエストレシピ。

最近、テレビでカツサンドの特集が多い気がする。

そんなんでも見ようなら、またチャーチャーと大騒ぎだ。

カツサンドって、やっぱり牛カツサンド。

でも、昔も作ろうとしてあまりの高さに断念して
紙カツサンドになったことがあった。


また意を決してこんどこそは!と、牛肉の塊を買いにいき、
再び断念。

でも、今日はぺらぺら人生ではなく、
重ね、重ねのごまかしの人生でいきます。


(2人前)
・牛肉(こま切れか薄切り) 250g
・塩、黒こしょう 各適量
・小麦粉 適量
・卵 1個
・パン粉 適量

1.牛肉は1枚ずつ並べて、パンよりも一回り大きいくらいの土台を作る。
塩、黒こしょうを少々して、また上に重ねていく。
これを繰り返して、塊にする。

d0159822_2243675.jpg


d0159822_2245379.jpg





2.1をギュッと手で固定するようにして、表面に小麦粉をまぶす。
※しっかりまぶす

卵液、パン粉の順で付ける。

d0159822_2251277.jpg



4.中温の油で揚げる。表面が固まるまでは触らず、
固まってきたら時々ひっくり返しながら狐色になるまで揚げる。
揚げたら取り出して油を切り、そのまま休ませておく。


d0159822_2253437.jpg




5.4の両面にウスターソースをたっぷり塗る。


6.パンはあたためる程度に軽く焼き、
片面にバターとマスタード(または辛子)を塗る。
※または、焼かないで溶かしバターを塗るでもOK
 その上に5をのせ、パンではさむ。

d0159822_2261121.jpg



7.ラップで包んで固定する。しばしこのまま置いて、パンになじませる。
d0159822_226755.jpg



8.好みの大きさに切って完成!

d0159822_2262321.jpg



すんげー分厚さです。



d0159822_2264186.jpg


チャースケ大興奮。

一口もらいましたが・・・これは、ビフカツと言うより、
すごい贅沢なメンチカツというかんじですな・・・。

ミルフィーユは、豚肉なら有りかもしれないが、
牛でやるとまったく別物になるということが判明。


でも、おいしいです。

(さすがのチャースケも食うのには時間がかかっていたが)




みなさんもぜひおためしあれ~






d0159822_12322256.jpg














★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg


★おまいさん、まだ買ってないの?★

ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2015-02-27 12:37 | 料理(かんたん)
から揚げで北京ダック風
d0159822_22175585.jpg


最近、昼休みにその辺を歩いていると
ランチOLらしき人たちがみんな、透明のビニール素材の手提げバックみたいなものを持っている。
はじめ見たときは「なんだあれ プールでもいくんか」と思ったら

あっちを行く子も、こっちを行く子も
みなこぞって透明の手提げバックをもっているではないか。

なにこれ?

流行してんの?

おれにはまったく不可解な透明バック。

だって中身がスケスケよ。

一目瞭然で何が入ってるかバレるじゃないか。

もし、何らかの衝撃(なんの衝撃だ)でウ○チを漏らしてしまい、
急いで換えのパンツをコンビニで買ったとしよう。

漏らしたパンツは、スケスケのかばんに入れたら、
ウ○チ漏らしたのばれちゃいますよ!


と、いいたい。

全国のOLさん、流行になど流されずに
よく考えて透明バックを持ちましょう。

まーしかし最近の流行はついていけんなぁ。


もう何が流行ってるのかなんて、
『めざましテレビ』の「ココ調」見ないとわかんねーもんなァ。


歳取るのってこわや、こわやですね!


あ、ちなみに今日マイ ハピーバースデーです。

17歳になりました。

ありがとう。

ありがとう。


では、今日はそんなパーリーにうってつけの
簡単豪華北京ダック!
・・といいたいところだが、
北京ダックを作ると腕が腱鞘炎になるらしいので

お手軽なから揚げで再現しましょう~


(2~3人前)

《皮》
★薄力粉 150g
★塩 ふたつまみ
・水 300ml
・ごま油 大1

《具》
・鶏腿肉 250~300g
◎醤油 大1
◎味の母 大1
◎きび砂糖 大1/2
◎黒酢 大1/2
◎溶き卵 1/2個
・片栗粉 大3

・きゅうり(千切り) 1本
・とまと(細めのクシ切り) 1個
・白ねぎ(白髪ねぎにする) 1本分

・テンメンジャン 適量
・マヨネーズ 適量

1.鶏肉は細長く削ぎ切りにする。
ボウルに切った鶏肉と◎をいれよくもみこみ、30分以上置いておく。

d0159822_22192073.jpg


2.皮を作る。
ボウルに★をいれ、泡だて器でだまをなくすように混ぜる。
そこに水を少しずつ注ぎいれながらそのつどよく混ぜ、
なめらかな生地にする。
最後にごま油を加えてさらによく混ぜておく。
d0159822_2218469.jpg





3..フライパンにごま油を熱し、弱火にかける。
お玉半分くらいの量を流しいれ、フライパンを回転するように傾けて
すばやく生地を薄くひろげて焼く。
ごく弱火でじっくり焼き、生地が大体やけたところで裏返して30秒ほど焼く。
※1枚目はフライパンをなじませるために失敗してもOK。
2枚目からは油をしかなくてもなじんできれいに焼ける(はず)。
※なるべく小さめのフライパンでやると、大きさや形が安定する。

d0159822_2219460.jpg


4.1に片栗粉を入れよくもみこんだら、中温の油で狐色になるまで揚げる。
※鍋のサイズによるが、いっぺんにたくさん揚げるとうまく揚がらないので
できるだけ少しずつ揚げると良い
d0159822_22193561.jpg



d0159822_22195813.jpg



5.器に4のから揚げと切った野菜類、3の皮を添えて完成!
テンメンジャン、マヨネーズは小皿に分けて添えよう。
d0159822_22201333.jpg


鶏肉を細長めに切ったのは、皮に巻きやすいように。



まずは皮にテンメンジャンとマヨネーズを適量塗り、
上にたっぷりの野菜類と、から揚げをのせて
くるっと巻いてどうぞ!


d0159822_22203110.jpg


から揚げは北京ダックの皮のようにさくさくした部分と、
肉肉しいジューシーな部分を持っているので
満足度と完成度高し。


















d0159822_12325022.jpg

涼しい顔しててもバレます。












      











d0159822_1233116.jpg

こんなんもダメです。













★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
ミットゥンが全国の働く女子向けに書いているウーマンエキサイトシリーズ。

今週は・・・

生姜の香る絶品ハニージンジャータルト
d0159822_1251317.jpg




チーズ&メープルわんたん
d0159822_1252527.jpg



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★












★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12544571.jpg


★しつこいけれど、宣伝するよ★


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2015-02-26 12:30 | 料理(かんたん)
菜の花のミモザサラダ oishii
d0159822_2293580.jpg


知り合ったばかりの人とか、まだあまりお互いをよく知らない人などと話すとき

「料理が好きだ」ということをいうと
たいてい
「え~うそ~ 料理するの?」
といってくる。

そして、必ずといっていいほど
「何作るの?何が得意なの?」
といってくる。

毎度毎度この質問には(うるせえボケ!)と思う。

なにが『何作るの?』だ?

飯に決まってるじゃねーか!

「得意料理は、『ブルターニュ産 オマール海老のコンソメゼリー寄せ キャヴィアと滑らかなカリフラワーのムースリーヌ』です」
とか言うとでも思ってるのだろうか?
(そんなもん作れんけども)


得意料理なんて、料理しないやつが言うもんだ。

日々飯作りに追われている人にとって
「得意料理」というほどあほらしい質問はないとおれは思う。

何をもってして得意なのだ?

『この10年間毎日肉じゃがを作り続けて肉じゃがを極めている主婦』なんかがいれば
それは得意料理と言ってもいいのかもしれないが
そんなやつはきっと日本中探しても1人いるかどうかくらいなもんである。
(そしてその家族には心から同情してあげたい)


何を怒っているのか、と思われそうだが
別に怒っているわけじゃありませんよ。
ただあの質問がめんどくさいと思ってるんですよ。

だってね、例のごとく
「へー、何作るの?何が得意なの?え、じゃあ昨日は何食べた?」
と聞かれて
「昨日は・・・キャベツとチーズとごはん」※チャースケもいない日はこんなもん
と答えると

「え、なに?料理してないじゃん!」
とか
「キャベツって、カブトムシみたいだね ギャハハ」
とか言われる始末です。


キャベツの何が悪いんじゃ。
串かつ屋でだって金とって出しとる。



じゃあおとといは何を食べたかって?


えーと・・・


目玉焼きとキャベツとごはん・・・。




チーン。



えーと・・・さすがにそれではブログが成り立ちませんので

ここは、休日に精一杯作ったしゃれ山メニューをご紹介します。

(2~4人前)

・菜の花 200g
・じゃがいも 小サイズ1個
・卵 2個
◎ツナ缶 1缶(80g)
◎マヨネーズ大1
◎塩 小1/2
◎にんにく(すりおろす) 小1/3
◎黒こしょう 適量

・ベーコン 50g

1.菜の花は1分半ほど塩茹でし、ざるにあけて氷水をはったボウルに入れてしめ、
ぎゅっと手で水気をしぼる。
仕上げ飾り用に少しとりわけ、残りは4cm幅ほどのざく切りにする。
飾り用は1cm幅に細かく切る。

2.じゃがいもは1.2cm角に切り、煮崩れない程度に少し硬めに茹でる。
茹でたらざるにあけて塩を少々ふっておく。

d0159822_22101731.jpg


3.卵は水から13分茹でる。殻を剥いて、白身と黄味を分ける。
それぞれ、ざるで裏ごしする。
※あまり目の細かすぎる裏ごし器だと詰まってしまうので、
普通の網ざるくらいのもので裏ごしする。

d0159822_22114111.jpg


d0159822_22124778.jpg






4.ボウルに◎をいれよく和える。
d0159822_22103543.jpg




5.ベーコンは3mm幅に切り、フライパンでカリカリになるまで焼く。
d0159822_22132349.jpg



6.器に菜の花を並べる。
d0159822_2213025.jpg


その上に4をかける。

d0159822_22134320.jpg



さらにじゃがいも、ベーコンをそれぞれ並べるようにのせる。
d0159822_22135786.jpg


さらに裏ごしした卵をそれぞれのせる。

飾り用にとっておいた菜の花を飾って完成!
d0159822_22143848.jpg




工程は多いけど、たいしたことはしていないので
ダレでも簡単にできます。


見た目も華やかなので、たいしたことはしていないのに
がんばった感もあり一石二鳥!

菜の花はおいしいね~

普通に茹でて食べるだけでもうまいけど

これ最高にうまい。

d0159822_22152235.jpg


ミモザサラダっていままでおいしいと思ったことなかったけども


うまい。
また自画自賛してまった。

ゆで卵のゆで加減がポイントだね。
茹ですぎると黄味がぱさぱさになるし、
やわらかすぎると裏ごしできない。

「小さめのなべで水から13分」

これがミモザ用の良い茹で加減!
(普段のゆで卵は水から11分くらいがいいけどね~)

d0159822_2215343.jpg

今おもったけど、このサラダ、酢飯の上にのっけたら
豪華ちらし寿司になるなぁ。
小さいパスタとかでもいいかもな。

夢が広がるね。(そんなたいした夢じゃないけど)


平日はキャベツとごはんだけれど、
休みの日はこんなしゃれ山なことしてますからね。



d0159822_22153421.jpg


みなさんもぜひおためしを~!!



《おまけ》
きょうのチビ猫兄弟。



こたつのなかでの
ひーちゃんとふーちゃん



d0159822_1257649.jpg


くしゃくしゃ・・・






★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら


「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12304340.jpg




★もう1個いっとく?★


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2015-02-24 12:30 | 料理(ハイカラ)
炙り水蛸とアボカドのフレッシュ唐辛子ソースがけ
d0159822_21594086.jpg

賞味期限というのは見極めがむずかしい。

野菜なんかでも、色がちょっとやばそうでも
食ってみたら意外といけた、というのはよくある。

ただ、これは過信すると痛い目にあうので注意が必要である。

逆に「やばいかも やばいかも」と思い込みすぎて

大丈夫なものも精神的に腹痛になったりすることもある気がする。
(そんなに「やばいかも」と思うものをなぜ食うのだ)


難しいのはきゅうりである。

きゅうりは、けっこうすぐだめになる。

切ったときに中心の色が微妙に変わっていて、
「ああ、これいけるかなぁ・・・どうかな・・・」というときがけっこうある。

しかし、まだいけそうなのに捨てるのもしのびない。


そんなときは、とりあえず食卓にだしてみて

こっそりチャースケの様子を伺う。

もちろん、このときに「このきゅうりちょっとやばそうなんだよ」とかは言ってはいけない。

そんなこと言ったら食わないからだ。←あたりまえだ

もしチャースケですら異変に気づけは

それはアウトだったのだろう、というおれの判断基準だ。(サイテー)

明らかにだめなやつもあるけどね。

チャースケの胃は強靭なので、たいていいけます。
おれは絶対食わんけども。

ワハハ


さて、そんなわけで今日もあまりものを使った

しゃれ山レシピ。

ほんとはきゅうりも入れようとおもったけど、
昨日のきゅうりは「かんぜんにアウト」きゅうり(とけてた)だったので

さすがに断念した。
ごめんよ、きゅうり君。


(2人前)
・水蛸(刺身用) 150g
・アボカド 1/2個

◎トマト(5mm角に切る) 1/2個
◎青唐辛子(みじん切り) 1本(2g) ※生のもの
◎たまねぎ(みじん切り) 30g
◎塩 小1/2
◎レモン汁 小1
◎味の母 大1
◎オニオンパウダー 小1/2
◎ごま油 大1
◎黒こしょう 適量

1.水蛸は網などにのせて表面をあぶる。
※焼きすぎて中まで火が通りすぎないように注意

冷ましたら4mm幅ほどの薄切りにする。
d0159822_21595774.jpg


2.アボカドは縦に切り、さらに3~4mm幅ほどの薄切りにする。
d0159822_220946.jpg



3.水蛸とアボカドを交互に器に並べる。
d0159822_2202770.jpg




4.◎の材料をボウルに入れよく混ぜ合わせておく。
d0159822_2204911.jpg




5.3に4をかけて完成!
d0159822_2211670.jpg





水蛸は切るのが難しいので、こうして炙ると表面が固定されて切りやすいうえに
風味もよくなるのでおすすめです。
バーナーとかで炙ってもいいです。


フレッシュなさわやかな辛味の青唐辛子が効いたソースが
淡白だけと風味の良い蛸にぴったり。
辛味をアボカドがマイルドに助けてくれるので、こいつも必須です。

d0159822_2213899.jpg


青唐辛子の量は、ものによって辛味が違うので

「ものすごい辛い!」という青唐辛子の場合は量を少なめにするなどして調整を。
簡単だけど、見栄えもするので
おもてなしなどにも◎


ごま油をオリーブオイルにしてみるのもいいね。

d0159822_2215722.jpg




自賛するようだが、本当においしいのでぜひおためしを~








d0159822_12455588.jpg






★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg


★おまいさん、まだ買ってないの?★

ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2015-02-23 12:30 | 料理(ハイカラ)
厚丸ポテト
d0159822_2131410.jpg



巷では、フライドポテトと浅田真央が嫌いな人なんてこの世にいないのではないかと言われている。(たぶん)

かくいうおれも、浅田真央は好きでも嫌いでもないが、
フライドポテトは大好きである。
(でも去年のオリンピックのときは泣けたけど)

フライドポテトといえば、よく
「マック派」とか「モス派」などと好みが分かれるというが

ようは切り方の違いが大きい。

確かに、同じフライドポテトでも細かったり太かったり皮付きだったり皮無しだったりで
こうも変わるのかと感心する。

ちなみに、おれはカントリータイプというのだろうか、
皮付きでほくほくのクシ切りタイプが一番すきだ。

しかし、先日「おんな酒場放浪記」で
栗友が行った居酒屋でこんな切り方のフライドポテトを見た。

なるほど、たしかに「棒状に切る」ということにこだわりすぎていたが

丸くてもいいのか!

こういう柔軟な発想って素敵だなぁと思う。

そんなわけで、わざわざレシピでのせるほどでもないが

ネタもないことだし、今日はこれでしのぎます。









(作りやすい量)
・じゃがいも 2個
・強力粉 適量
・揚げ油 適量
・にんにく(小粒にわける) 1株
・塩、黒こしょう 各適量




1.じゃがいもはよく洗い、1cm幅の輪切りにする。

※皮はお好みで剥いても剥かなくてもOK
※大きすぎるというひとは、これを半分に切ってもOK
d0159822_2131251.jpg


2.ポリ袋に切ったじゃがいもを入れ、強力粉を適量入れてよくふり、
まんべんなく粉をつける。
薄くつけるくらいで、余分な粉は払い落とす。
d0159822_21372587.jpg


3.フライパンにじゃがいもとにんにく(皮付きのまま)をいれ、揚げ油を浸かるくらいまで注ぐ。
中火にかけ、ふつふつ沸いてきたら弱火にして
じっくり狐色になるまで揚げる。
※揚げすぎないように注意!量にもよりますが
だいたい7~8分くらいと思います。
d0159822_21364948.jpg



4.しっかり油を切って、塩と黒こしょうをまんべんなくかける。
d0159822_21374496.jpg


切り方が違うだけでこんなにもかわる!

だからフライドポテトはおもしろい。
d0159822_21382424.jpg





見た目もインパクトがあるので、
なにかの添え物にするのではなく立派な1品。

この切り方だと、「ホクホク面」が多いので
ホクホクタイプが好きなひとにお勧めです。

揚げる際にハーブ類を入れて揚げてもOK。
d0159822_21384233.jpg




ぜひおためしを!




そういえば連続で芋レシピ・・・・・



《おまけ》

先日、衝撃的においしい蕨もちをたべたのでご紹介


岐阜にあるらしいツバメヤさんというところのわらびもち

本屋で名前は知っていた「まっちん」のひとの店だったのか!


あんまりおいしかったので、急いで撮影したため
雑なところはご了承ください


箱にたっぷりの黄な粉
d0159822_1236031.jpg



きなこの海をほじくりまわすと、出てくる出てくる

やわやわのわらびもち!!

d0159822_12354728.jpg


ほんっっとにやわらかいです。

頂き物なので、1日くらい日はたってるだろうにもかかわらず

このやわらかさはいったいなに?!



たしかに、この手のやわらかいおいしいわらびもちは食べたことあるけども

これで780円って、安すぎでしょう!


素材にもこだわていて、やさしい味わい。
そんでもってクオリティが高い。


いやー、ほれました。

どら焼きも食べたけど、断然わらびもち。

電話で取り寄せもできるみたいなので、気になる方はぜひ!!

ツバメヤ 





★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg


★おまいさん、まだ買ってないの?★

ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2015-02-20 12:45 | 料理(かんたん)
ベーシックいももち oishii
d0159822_21402242.jpg


パソコンのキーボードを変えた。

長年使っていたやつが、チビ猫兄弟の日々の爆走のため
何度も机から落下し、お亡くなりになったのだ。

しばらくは、画面上のキーボード(マウスで一文字一文字いれる)で
がんばっていたのだが
死ぬほど時間がかかるのでついに新調した。

すると、どうでしょう。

最近のキーボードはすばらしい。

なんというのか、この滑らかな打ち感。

よくね、エンターキー押す音がうるさい奴いるでしょう?

あれね、おれです。

「ターン!」「ターン!」ってね

無駄に音を出すのね。

このキーボードはそんな奴にはうってつけです。

いくら強く押しても、「ナメナメ~」みたいなお上品な音にしてくれるのだ。


ご家族、同僚などでエンターキーがうるさい人がいて困ってるあなた

こっそりキーボードを変えておいてはいかがでしょうか。

キーボードなんて全部同じだと思っていたけど
最近のものは違うもんですな。


同じようなものといえば、北海道名物の「いももち」。

どこで食べても大差ないと思っていたけど

先日衝撃的に美味しい
いももちを食べた。

普通いももちってモチモチ食感が特徴なんだが
その店のは口に入れた瞬間芋がとろけるような感じでスーッとなくなっていく。

なんじゃこりゃ

そんなわけで、早速家でも作ってみたけど

やっぱり家で作るのは従来の「もちもち」いももちが旨い。

いももちひとつとっても、あんなに美味しくできるとは
さすがプロだなぁと実感いたしやした。


そんなわけで結局普通に片栗粉を入れるいももちをよく作る。

ただ、カレー粉入れてみたりチーズのっけたり具包んでみたりと小賢しいことを
「なんか一工夫精神」でいろいろ試したが

実はなにもしないベーシックなのが旨いという結論に行き着いた。

というわけで、今日は超・ベーシックいももちのご紹介~


(10~11個分)
・ジャガイモ 大2個(330g)
・塩 小1/4
・片栗粉 大4

・バター 大1

◎醤油 大2
◎きび砂糖 大2
◎味の母 大2
◎黒こしょう 適量 ※お好みで



1.じゃがいもはよく洗い、半分に切ってやわらかくなるまで茹でる。
熱いうちに皮を剥き、ボウルに入れる。マッシャーでつぶしながら、
塩を加えてなめらかになるまでつぶす。
d0159822_21403845.jpg




2.片栗粉を入れ、さらによく混ぜる。
d0159822_21405336.jpg




3.ピンポン玉くらいの量をとり、しっかりまとめる。
平たくつぶし、形を整える。
d0159822_21411210.jpg


4.フライパンにバターを入れ、溶けて来たら3を並べる。
弱火にして、じっくり焼く。
焼き色がついたら裏返して蓋をして、裏面も焼き色がつくまで焼く。
※焦げないように注意!
d0159822_21413154.jpg




5.◎はよく混ぜ合わせておく。
d0159822_21414792.jpg


6.横から見て芋の色が焼く前と変わって透明(艶)感が出てきたら、
 5を入れ、焦げないようにフライパンをふりながら全体に絡めるようにする。

※写真は半量しかタレに絡めてないけど、表記のタレの量は10個分の量です。
(5個だけ焼く場合はタレの量も半量にしてね)
d0159822_2142214.jpg



熱々をどうぞ!
d0159822_21421351.jpg



甘辛いたれに絡んだ、モチモチの芋。
こりゃうまく無いはずがないわなぁ。
黒こしょうがぴりりと効いてるのがポイントだ。


d0159822_21423045.jpg



じゃがいも自体がすごく美味しいものだったら、片栗粉を減らして
芋の味がわかるようにするのがいいね。

d0159822_21424552.jpg






焼くのもいいけど おすすめは揚げバージョン。
写真を撮るのを忘れちゃったけども、

焼かずに揚げてから、しっかり油を切って
バターをひとかけのせ、しょうゆをまわしかけるのだ。

これがさらにうまし!!
こちらもぜひおためしを。



d0159822_1221203.jpg





d0159822_12212614.jpg





★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
ミットゥンが全国の働く女子向けに書いているウーマンエキサイトシリーズ。

今週は・・・

もやしとセリのピリ辛ごはん



d0159822_1226553.jpg



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12544571.jpg


★しつこいけれど、宣伝するよ★


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2015-02-18 12:27 | おやつ
蜂蜜きんかん
d0159822_21274389.jpg


風邪はやってますね。

おれはなぜか何をしてもなかなか風邪はひかないけど
その分胃腸が弱く出来ているため

胃腸の不調に関しては誰にも負けない自信がある。(そんなもん無くて良い)

風邪にかかっても絶対に風邪薬など飲まないが、

「胃痛」「腹痛」というのは、とにかく急を要しているので
『薬は飲まない主義』などと、
かっこいいことを言ってる場合ではない。

胃痛の時は太田胃酸様、
腹痛の時は正露丸様。

注意していただきたいのは
正露丸様は、「糖衣A」ではだめである。
あれはおれは正露丸とは認めていない。(なんか昔も同じようなことを書いたようなきがする)

太田胃酸も、「チュアブル錠」とかいう、タブレットの飲みやすいのが出ているが
あれはおれは太田胃酸とは認めていない。

だいたいは、この2神があれば助かるのだが、
時にこれらの神も効かない場合がある。

先日も、突然の腹痛に苦しみもがいていたとき

『追い正露丸』をしてもまったく効く様子無しだった。

数時間後、やはりまったく効かないので
『追々正露丸』をした。

何個この臭いもんを食えばいいのだろうか。

びくともしない腹痛を前に

そして最後の神「ロキソニン様」に頼ろうとしたとき
(※おれはロキソニンは何にでも効くと思っている)

チャースケに止められた。

薬の飲みすぎはよくないですよね。

わかっちゃいるけど


今!


今痛いんだよ!


この苦しみ・・・わかっていただけるでしょうか・・・。


さてさて、今日はそんな弱った胃腸にやさしい

はーちみーつきんかんのどーあめー

でおなじみの

はちみつきんかんを作りましょう。

(作りやすい量)

・きんかん 適量
・はちみつ 適量

1.金柑はよく洗い、縦に5箇所ほど切り込みを入れる。


d0159822_2128940.jpg


2.沸騰したお湯で金柑を4分ほど茹でる。

d0159822_21282416.jpg


3.ざるにあけ、竹串で種を取り除く。

4.煮沸してよく乾かした瓶に3をいれ、蜂蜜を金柑が浸るまで注ぎいれる。
そのまま蓋をして、3日以上漬け込む。
d0159822_21284132.jpg


飲むときは、コップに金柑蜂蜜をお好みの量入れて

d0159822_2129342.jpg



お湯割り、炭酸割り、水割りなどなんでもあいます。

ただし、結構甘いので「だれるなぁ」というひとは一緒にレモンを少し絞るとうまいです。

お楽しみは金柑。
d0159822_21294963.jpg


蜂蜜がしっかり染み込んで、やわらかくて甘い!
お茶請けにもよいかもしれぬ。

そんなに何ヶ月も日持ちしないと思うので、
カビが生えるまえに食べきれる量を仕込むのもポイントかも。


ちなみに今回使った蜂蜜は このローハニー↓
d0159822_21291678.jpg






胃にやさしいものお求めのかたはぜひおためしを~




d0159822_1238329.jpg


ちなみにロキソニン様は胃痛には厳禁だそうですぞ。






★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg


★おまいさん、まだ買ってないの?★

ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2015-02-17 12:40 | おやつ
コーヒー豆クッキー
d0159822_1659543.jpg


知人に、自分のことを「自分は~」と言うやつがいる。

社会人になってまで

「自分がやります」とか「自分は知らないです」とか言っている。


すごい体育会系っぽい。



殴りたい。


なんでかわからんけど、殴りたい。といつも思う。



ちゃんと「わたしは」とか「ぼくは」とか言いなさい。

そう思ってもやもやしていた。

だが、フッと気がついた。

あれ、そういえば健さんも自分のこと「自分」って言ってるやないか!


そうか、おれは「自分は」と言う奴がきらいなのではなく、
アイツが「自分は」と言うのが気に入らなかったのだ。

健さんのことを思い出したら、あいつが自分のことを「自分は」というのも
許してやることにした(何様だ)。

きっと、あいつも健さんのファンなんだ。

そう思ったら親近感さえ感じてきた。

あーよかったよかった。
健さんありがとう。

さてさて、高倉健といえば『コーヒー好き』で有名ですよね。

一日50杯飲んでいたというのは本当だろうか。

今日は、そんな健さんにちなんでコーヒーを使ったおやつのご紹介~


(作りやすい量)
★ココナッツオイル 45g
★豆乳 50g

◎薄力粉(ふるったもの) 130g
◎きび砂糖 40g
◎コーヒー豆(細かく挽く) 12g
◎塩 小1/3

・スライスアーモンド 20g


1.ココナッツオイルは温度が低いと固まる性質があるので、冬場などはスプーンでこそげて
湯せんするなどして溶かす。
d0159822_1702445.jpg


ボウルに★を入れ、泡だて器で乳化するまで混ぜる。
d0159822_1704426.jpg


2.1に◎を入れてゴムベラで合わせる。粉気があるくらいのときにスライスアーモンドを入れ、まとまるまで混ぜる。
※どれだけ混ぜてもまとまらない場合、水か豆乳を大さじ1ほど入れて調整する
ただし入れすぎてべちゃべちゃにならないように注意

d0159822_1711112.jpg



3.まとまったら台に取り出し、厚さ1.2㎝ほどの高さになるように伸ばす。
d0159822_1714511.jpg

4.好みの大きさに切り分け、フォークで空気穴をあけておく。
d0159822_172833.jpg


5.170度に予熱したオーブンで20分ほど焼く。
※焼き時間は様子をみて調整
d0159822_1723125.jpg



冷まして完成~


コーヒー豆は、あまり大きすぎず、細かすぎずに挽こう。

ほろ苦い風味と食感が、癖になります。

d0159822_1732064.jpg


オイルクッキーなので、軽い食感。



かんたんなので、ぜひおためしあれ~



d0159822_12395766.jpg





★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg


★ヘイヘイ、みんなもう買ったかい??★


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
d0159822_1724588.jpg

by mittun-chasuke | 2015-02-13 12:40 | おやつ
青海苔サーモンチーズ春巻き
d0159822_1771255.jpg


家に帰ったら「ごはんが用意してある幸せ」って、いいですよね。

おれにはこれが無い。

むしろ作らなければならない方だからだ。

チャースケはいったいどんなに幸せなんだ(それ以外の部分で苦労しているが)。

先日、ポロッとチャースケにそのことを愚痴をこぼした。

「おれも帰ったら飯が出てくる幸せを味わってみたい」と。


それを聞いたチャースケ、さっそく1人で買出しに行った。

ベーコンやらハムやら、いつもはおれが買わないものをたくさん買い込んだ。

おれが寒い中家に帰ると、

「チャー!!!チャー!!!(すぐたべて!!)」と大騒ぎしている。

うわ~なんか作ってくれてる。

そこは感動した。

が、「先に着替えてくるよ」というと

「チャー!(だめっ!)」と、

どうしても出来立てのものを食べさせたかったらしく
無理矢理着席させられた。

なにが用意されていたかというと、
ピーマンの上になんか汚らしいものがのっていて、それにチーズがかけて焼いてあるものだった。

『ナニコレ・・・』と心の中でつぶやいたが、
いざ1口食べてみると、なかなかうまいのだ。

もう1品、カルパッチョらしきものがあり、
野菜の上に何かでマリネされたツバスが乱雑におかれていた。

1口食べると、それはそれはもう「キレートレモンか」と突っ込みたくなるほどの酸っぱさだった。

特製ドレッシングにレモンを入れすぎたようで、
食べるたびに口を窄めなければ食べられなかった。

そして、まな板の上に切り刻んだ玉ねぎが丸々1個分ほどあったので、
「それはなにを作るの?」ときくと

棒立ちになりながら「ちゃー(わからない)」という。

とりあえず刻んでみた・・・らしい。

このあたりで、完全に「やりきった」みたいな顔をして、
完全に創作意欲が削がれているのが見てわかった。


そしてそのたまねぎをそのまま放置して
「ちゃ~(もうできない)」と逃亡した。


こんなチャースケだったが、意外にも(?)がんばってくれたその気持ちがうれしく

おれも「帰ったら飯(・・・?)がある幸せ」を一応味わうことができた。

(結局その後は置き去りにされた玉ねぎなどを使って自分で料理したが・・・)



今後は特訓させて、モノにしよう。

さてさて・・・今日は、そんなチャースケにも簡単にできる
ヘボヘボレシピのご紹介。

先日の海苔チーズ揚げがあまりにうまかったので、
今度は春巻きバージョンに挑戦!



(お好みの量)
・サーモン(刺身) 適量
・青海苔(生) 適量
・シュレッドチーズ 適量
・大葉 適量
・わさび(すりおろす) 適量
・春巻きの皮(ミニサイズ) 適量

・温泉卵 

1.サーモンの刺身は1.5cm幅の棒状に切る。

2.春巻きの皮に、わさびを少々塗る。
d0159822_1773813.jpg



その上に大葉、サーモン1切れ、生青海苔を大匙1、シュレッドチーズ大匙2ほどのせる。
皮の縁に水溶き小麦粉をぬり、きっちり包む。
d0159822_178037.jpg




3.中温の油で狐色になるまで揚げる。
d0159822_178322.jpg



4.しっかり油を切って、温泉卵を添えて完成!
d0159822_178475.jpg




 
そのままでも、海苔とチーズの塩気で十分おいしいけど

ここに温玉をつけて食べるとなおうまし!!


d0159822_1791417.jpg

ほかにもいろんな具で試したけど、やっぱり生青海苔の旨さはすごい。
必須ですな。

でも、軽い食感とかを考えるとワンタンの皮のほうが旨い。
ただしワンタン皮は揚げるのがむずかしいので、
チャースケのような初心者には春巻きの皮からスタートするのがおすすめ。



d0159822_179233.jpg



簡単なのでぜひおためしを!!!


d0159822_12302953.jpg





★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
ミットゥンが全国の働く女子向けに書いているウーマンエキサイトシリーズ。

今週は・・・

餡チョコ最中

d0159822_12333321.jpg





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg


★おまいさん、まだ買ってないの?★

ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2015-02-12 12:34 | 料理(かんたん)
納豆肉味噌がけ揚げ餅
d0159822_2392289.jpg

うちの近所に今にも潰れそうなたこ焼き屋が2軒ある。

1軒はそのうち本当に潰れてしまえ、と思う。
というのも、店主が暇つぶしに堂々と足を組んでふんぞり返って座り、
ずっとスマホをいじっているからだ。
完全に客商売をなめている。

もう1軒は超ボロい、今にも死にそうなババアがやってるたこ焼き屋である。


流行っていないたこ焼き屋=まずい


という印象をもつのが多くのひとの感覚だろう。

しかし、チャースケは
何を思ったのか、ある日そのババアの店のたこ焼きを買って帰ってきた。

初めは馬鹿にしていたが、
いざ蓋をあけてみると、ちゃんと熱々で大きなたこ焼きがぎっしり入っている。

「う、うまそうやん・・・」

「チャー」



おもわず1つ頬張ると、中はとろとろでなかなか大きいタコも入っている。
お世辞にも「ものすごいおいしい」というわけではないが、
「なかなかおいしい」レベルである。

なぜこのたこ焼き屋が潰れそうなのか。

以来、わりとこのたこ焼き屋のファンになってしまったおれとチャースケ。

スマホのおやじの店は潰れればいいけど、ババアの店は応援したい。

たこ焼きって、家で作るのも楽しいけど
やっぱりプロの作るたこ焼きはちがうなぁと思う。

ちなみに、おれは家でたこ焼きをやるとき
絶対に納豆を入れる。納豆とチーズ。
納豆は万能だからね。

そんなわけで、今日はそんな納豆がポイントの絶品おつまみ!



(2~4人前)

★にんにく(すりおろす) 1片
★ごま油 小1
・豚挽き肉 100g
・長ネギ(みじん切り) 1本分
◎味噌 大2
◎きび砂糖 大1
◎味の母 大1
◎酒 大1

・白すりゴマ 大1
☆納豆 1パック(90g)
☆酒 大1

・切り餅 2~3個
・糸唐辛子 適量


1.フライパンに★を入れ、弱火にかける。香りがたったら豚挽き肉と長ネギを入れ中火にして炒める。
d0159822_239379.jpg




2.豚肉に火が通ったら、よく混ぜ合わせておいた◎を入れて汁気が無くなるまで炒める。
d0159822_2395469.jpg





3. 火を止め、白ゴマを入れる。
別で☆をあわせて粘りをほぐすように混ぜ(注意:練らない!)、フライパンに入れて混ぜ合わせる。
d0159822_23101191.jpg



4.餅は1.5~2cm角切りにする。

d0159822_2310301.jpg

中温の油で膨らむまで揚げる。しっかり油をきっておく。
d0159822_23104846.jpg

5.器に揚げた餅を盛り、
d0159822_2311098.jpg


上に3をかける。仕上げに糸唐辛子を飾って完成
d0159822_2311308.jpg




冷めると餅が固くなってくるので、熱々をぜひ!

外はさくさく、中はモチモチの揚げモチに


d0159822_23115192.jpg



甘辛い納豆ダレが絡んで、もう手がトマリマヘン。
今回、モチは正月にもらって余っていた冷凍のもちを使用したけど
これはわざわざモチを買っても試してほしいうまさ!!

この納豆肉味噌も万能で
モチのほかにもご飯、パン、野菜なんでもつけていけますぞ。
簡単なので、ぜひおためしあれ~




d0159822_12422539.jpg

こっちのたこ焼き屋はおそらく今年中だな。






★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg


★おまいさん、まだ買ってないの?★

ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2015-02-09 12:43 | 料理(ハイカラ)



ベジタリアンのミットゥンと肉食チャースケのご飯日記
by ミットゥン
タグ
(516)
(482)
(363)
(339)
(201)
(170)
(134)
(132)
(92)
(87)
(72)
(65)
(59)
(52)
(51)
(42)
(37)
(29)
(27)
(17)
(15)
(12)
(10)
(7)
(6)
(5)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
登場人物紹介
ミットゥン
チャースケ
漫画付きレシピ
料理(ハイカラ)
料理(かんたん)
料理(副菜、その他)
料理(メンドうまい)
おやつ
パン
自己紹介
その他
弁当
未分類
以前の記事
2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
フォロー中のブログ
おとなは、だれも、はじめ...
ハンドメイドな日々
沢ぱん日記
shina_poohな日...
知りたがりやの食べたがりや
夕方に台所で・・・
やわらぎをもって。
イギリス ウェールズの自...
歌花史庵 かかしあん
うひひなまいにち
ごはんとおかずと日々のつ...
僕とマダムと先生と
アベマリアのハッピーテーブル
犬とご飯と雑貨。
spring comes...
1/f breeze
kun-kun+kuro-ro
Life style
アインのしっぽ
バニラのお菓子ライフ
Cheminee de ...
mogumogu * Leaf
亜麻仁
つばさ雲
エットハミアメドとお料理...
がびあーの家の毎日
山麓風景と編み物    
London Scene
ろこりん♪の毎日。
ゆるロビ生活
カザルパロッコのネコ(C...
walking slow...
田園都市生活
ちょっと寄り道
平凡人日記
NO ANCHOVY, ...
ひなたの小部屋
ミニチュアブルテリア ダ...
日々の暮らし ☆ mam...
一日一歩
La prima ste...
日々道場
にじいろ日記
丁寧な生活をゆっくりと
さっちんきっちん
やねのうえのわんこ
ホウロウダイアリー
5plus2and2
ステンドグラス こもれ...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
カザルパロッコのネコ
The cats inside
Can of Good ...
★ミットゥンのラインスタンプ販売中!


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!
d0159822_12455074.jpg






エキサイトブログ以外のお友たち
Mシュナ Richardより愛を込めて

トレモロの響きにのせて

某医大正estateのごはんブログ


Can of Good Goodies

豆好き

yamatoyome ~沖縄生活~

パスタファイター

ぱっちとPUっ♪


THE CULINARY TRIBUNE

stadio r(食フォトギャラリー)

la table

Bay Alien

ビストロ カルナヴァル

スペース大原

★沖縄日記記事がオススメブログに!
那覇
旅行口コミ情報

★チャースケがツイッターを始めた?!
『_Charsuke_』で検索!


★広告メール対策の為、コメントを承認制にしました

コメントだいかんげいです!
お気軽にどんどんコメントチョウダイ!

★ウーマンエキサイト「おいしい!」に以下の記事を掲載していただきました。

緑のヘルシーポテサラ


米粉のブルーベリーパンケーキ


簡単!イカのトマト煮込み


カレー風味の鶏グリル


マグロの味噌漬けどんぶり


車麩の海老チリ風炒め


自家製甘納豆


牡蠣と温玉の韓国風サラダ


ヘルシーフムス


温泉たまごで!濃厚オリーブオイルアイス


過去最高のビーフシチュー


簡単ヘルシー!豆乳杏仁プリン


節分に!豪華海鮮太巻き


ブルーチーズと納豆のパスタ


しあわせのメープルパンケーキ


柚子トマトうどん


ポテサラと食べる絶品フレンチトースト


パスタでビックリ!ちゃんぽん麺


やめられないトマラナイ!メープルナッツ4種


しっとり茹で鶏の特製ピリカラだれ


ワインが進む君!トマトチーズビスコッティ


海老と豆腐の卵とじ中華丼


塩鮭とろみ中華どんぶり


野菜のうまみの詰まったヘルシーシチュー


韓国風!イワシのピリ辛しょうが煮


刺身の残りで!絶品ヅケ茶漬け


梨と豆乳のやわやわプリンと滑らかジェラート


絶品!中華スープがけ納豆ご飯


簡単!刺身でユッケ風どんぶり


あっさり!あさり二ラーメン


高貴な味!メープル小豆の豆腐クリーム添え


お店の味!海鮮あんかけ かたやきそば


春巻きの皮で作る!海老とアボカドの豆腐キッシュ


火を使わない!ピータン豆腐どんぶり


バター不使用!ココナッツとあんずの全粒粉スコーン


熱ヒヤ!豆乳坦々つけ麺


薄焼きがポイント!ザクザクフルーツクッキー


夏のビールの共に!ヤムウンセン


ひんやり!さっぱりカレーきしめん


ピーナッツバターで本格的なタレ!棒々鶏うどん


二日酔いの朝にやさしい アボカドとホタテのおかゆ


レストランの味の濃厚ニョッキ


お肉無しでも絶品ビビンバ


自然の甘みのおやつ!ドライフルーツまるごとクッキー

パーティーに!絶品ヘルシー板麩でラザニア

とろ~り絶品!洋食屋さんのクリームコロッケ

フレッシュトマトの絶品ラタトゥイユ

海老の殻は捨てちゃ駄目!濃厚豆乳ベシャメルソース

とろとろ手羽先の韓国風煮込み

とろーりチーズのかかったトマトのモツ煮込み

フレッシュトマトで作るエビチリ
卵一個で!豆乳スフレ

残り野菜で!韓国トッポギ

トマト肉味噌でヘルシー冷麺
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
居酒屋ごっこ・五月編
from cool witch
生存報告。
from ハムログ
居酒屋ごっこ
from cool witch
塩麹を使ったおかず など..
from 海のむこう 空のむこう
おおそうじのフルーツクッ..
from 海のむこう 空のむこう
ポテトマカロニサラダwi..
from 知りたがりやの食べたがりや
イギリス歯医者の話 - ..
from 坂の上にある家 
白練りごま
from 坂の上にある家 
冬至の夜
from 坂の上にある家 
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧