<   2015年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
京都美食ツアー ~前編~
d0159822_22275156.jpg




ずっとミチオと行こう行こうと言っていた大阪ツアー

急きょ「わし、京都が良い」となり、
おととい、行ってきました!

6年ぶりくらいだろうか・・・

久々の京都、やっぱり良い。

昼過ぎに京都に着き、まずは昼飯を予約していた嵐山の平野屋に向かう。

少し時間があまったので、平野屋のすぐ近くの愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)へ。

ここ、観光客少なくて良いんだよなぁ。

この寺の見どころは、何といってもこの1200体を越えるすべて表情が違う石仏。
全部、参拝者の手で彫られたものだそうだ。

本当にひとつひとつ、面白い表情のものや、切ない表情のものなど様々。

ここで自分に似ている石仏を探すが・・・

自分に似てるのは見つからなかったが、
野々村議員は見つけた。

d0159822_22275349.jpg



ちょうどいい時間になったので平野屋へ。
ここも6年ぶり!!
d0159822_12280205.jpg



夏はなんといっても鮎。
このために朝からなにも食べずスタンバイ。


部屋からの景色もよし。
水の音と、ツクツクボウシの声がまたよし。
d0159822_22275561.jpg



ちなみに、カメラを忘れたので、無駄にでかくて画素の悪いスマホで撮っているので
ひどい写真ですみませぬ。


いきなり、平野屋の名物の「しんこ餅」が出てくる。
d0159822_22275788.jpg

米粉をねったような団子に、肉桂と黒糖を混ぜたものをがかかっている
お茶にあう一品。
できれば食事の最後がいいが・・・でも美味しい。



とりビー(とりあえずビール)してグダグダしていると、さっそく1品目。
山菜の盛り合わせ。
d0159822_22280066.jpg

この時期に?と言いたくなるが、春にとれたものを塩漬けにしているので
年中食べられるそう。
このイタドリと、ふき味噌が絶品。
もうこの時点でもうニッポン酒をたのむ。


おつぎは鮎のお刺身。
d0159822_22280417.jpg

これがべらぼうにうまい。
生姜醤油で。



次はまるまるに太った鮎の塩焼きが1人2尾も。
ありがたい。蓼酢で。
d0159822_22280738.jpg



これは、何というのか。
茄子の山椒和えというか・・・
d0159822_22281019.jpg

山椒のかなり効いた茄子の炊いたん、というのか・・・
かなりの酒のお供でした。


ここで、鮎のお粥。
d0159822_22281309.jpg

これおいしかったなぁ~
鮎の味が染みたのもそうなんだけど、お米自体がおいしかった。
塩分が効いてて絶妙な味。
フワフワの鮎の身がおいしい。


これがまたうまかった・・・!
がんもどき(ひりょうず)を炊いたもの。
d0159822_22281551.jpg

年々苦手になりつつあるかぼちゃも、甘過ぎずにおいしい。
このがんもがね~ふわっふわで、中に入ってるユリ根が溶ける寸前まで火が通ってて
甘くてうまいのだ。銀杏ももっちりしてて最高だった。
d0159822_22295200.jpg



ここまで、何度も日本酒をガンガンおかわりして


そろそろ腹が膨れてきたなと思っていたら
まだまだ、終わりません。
ここで辛子豆腐。
d0159822_22313344.jpg


市販の辛子豆腐とはまったく別物のやわらかさ。
辛子もツーンと効いてて、またなんといっても豆腐がうまいのだ。
豪快に崩して、醤油をかけて食うべし。
d0159822_22313622.jpg



もう腹いっぱい・・・なのにここにきて
天ぷら盛り合わせ!

d0159822_22313830.jpg


鮎の天ぷらまである~
頭と尻尾も揚げてあるのがうれしい。
美味くて泣きながらまたチェイサーにビールを飲みながら日本酒をおかわり。


ようやくシメのごはん。味噌汁、お漬物。
ごはんうまい~
味噌汁はなめこの赤だしで、青ゆずが効いていた。
d0159822_22314204.jpg




畳の部屋に倒れていると、最後の果物。
シャインマスカットというチョイスが泣かせる。
d0159822_22314568.jpg



さすが平野屋さん、
観光客相手のいい加減な店でなく、料理もおもてなしもすばらしい!!

最後に、畳に布団を敷いてくれたら完璧だったが・・・


そんなことあるわけもなく、最後にお土産に「おみくじマッチ」をくれた。
(末吉だった・・・)


そして「よう飲まれますなぁ」とお褒めの言葉もいただいた(別に褒めてない)


本当に、ごちそうさまでした。



しかし、夜の予約の店まであと3時間しかない。

とにかく腹をすかせよう、と、
嵐山のほうまで歩くことに。
d0159822_22314756.jpg




泣けるぜ
d0159822_22325126.jpg




そして大河内山荘へ
d0159822_22325380.jpg


大河内山荘は、時代劇などで知られる俳優大河内傳次郎が別荘として造営した回遊式庭園。
個人が所有してたとは思えないもの。

d0159822_22325501.jpg



絶景・絶景・絶景・・・
d0159822_22325832.jpg



酔っ払い、酔っ払い、酔っ払い・・・・



後編は、ディナー編へとつづく!!!

★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-08-31 12:30 | その他
白ゴーヤのナムル
d0159822_21401550.jpg


最近はなんでも「ハラスメント」ってつくんだね。
セクハラ、パワハラまではついていけたが、

モラハラ(モラルハラスメント)、マタハラ(マタニティハラスメント)、ゼクハラ(ゼクシャルハラスメント)なんてのもあるらしい。
ちなみにゼクハラは親が親や兄弟が結婚を迫る発言をしたりすることって・・・
親なんだからもう許してやれよそんなもん・・・と思うが・・。


今、ドラマで「エイジハラスメント」というのがやっているけど
みどりママが大好きで、いつもツッコミながら楽しみにしているらしい。
(ちなみにチャースケも大好きで毎週観ている)


あのドラマ観てると
ハラスメントハラスメントうるさくてかなわんが、
武井えみが新入社員のくせにキレすぎで逆に面白い。

でも実際あんなに何でもかんでも「ハラスメント」て言われたら
やってられないぞ。

しかし驚いたのは、昨日の夜のニュースで
「スメルハラスメント」というのが急増、などとやっていた。

スメル「臭い」のハラスメントらしい。

体臭とか、そういうののことらしい。

もはや本人の意思関係ないやんけ!!!

その言葉のほうがハラスメントではないのか。
(香水とかなら別だが)



この世の中、なんでもかんでもハラスメントハラスメント


実にくだらない。

なんという住みにくい世の中だろうか。


でもこの前、いきなり朝からするめを食いだしたおにぎりひろちゃん

みんなに「くさいくさい」と言われ、

逆にみんなに無理やりするめを配って
するめくさいのをごまかしていた。

あれは「スメルハラスメント」ではなく、「するめハラスメント」ではないだろうか。

これからあいつのことは「するめ」って呼ぼう。


しかしこんなハラスメントなら歓迎だが・・・
(ついでに一緒にビールも配って欲しい)



今日は、するめに負けないくらい
ビールに合う、夏のかんたんおつまみ。


(2人前)

・白ゴーヤ 1/2個

★塩 小さじ1/2
★ごま油 大さじ1
★ラー油 小さじ1
★にんにく(すりおろす) 1片
★白すりごま 大さじ1



1.ゴーヤは縦半分に切り、スプーンでワタをしっかりくりぬく。
 1㎜幅くらいのごく薄切りにする。
d0159822_214044.jpg



2.沸騰したお湯にゴーヤを入れ、1分~2分ほど茹でる。
※苦みを少なくしたいなら眺めに茹でる。
d0159822_2140890.jpg



3.ざるにあけしっかり水気を切って、ボウルに入れる。
★を入れよく和える。
d0159822_21401190.jpg



4.器に盛り、お好みで鷹の爪をちらして完成
d0159822_21402493.jpg




真っ白できれいなゴーヤに、赤い唐辛子が映えますなぁ
d0159822_21404087.jpg



ほろ苦いゴーヤに、ごま油。
こりゃうまいにちげえねぇ
d0159822_21404635.jpg



夏のおつまみって感じですなあ。


ポイントはごく薄切りにすること。

食感を重視したいなら、さっと茹でるくらいでOK。


水気はしっかり切らないと、味が薄まるのでご注意を。


かんたんなので
夏が終わるまえにぜひおためしあれ~

d0159822_1222126.jpg


★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-08-28 12:30 | 料理(かんたん)
漬けカツオと水菜のサラダ
d0159822_21455010.jpg


しょっちゅう、3階にあるトイレから「チャー!」と叫び声が聞こえてくる。


それは、トイレの紙がなくなったときだ。


便座から身動きの取れないチャースケは
「チャー!!!!」と大声で叫んで、助けを求めてくる。


これが本当にウザい。


なぜこんなにしょっちゅうトイレの紙が切らすかと言うと

我が家のトイレは棚などが一切無いため、
トイレットぺーパーのストックが別の場所(2階にある納戸)にあるのだ。


そのため、チャースケの叫び声が聞こえると
3回くらいは無視するのだが
だんだん声が大きく、切羽詰まった感じになるので

そうなったらようやく重い腰をあげて
まず2階の納戸まで行き、トイレットペーパーを取りに行く。

その後、3階のトイレのドアを開け
1mほど離れて「ホレホレ~紙はここだぞ~」と苛める。


便器から動けないチャースケは
泣きながら「ちゃ~(かみをください)」と言って懇願するが

おれはそのまま、トイレのドアの1m前に紙を置いたまま逃亡する。


仕方なくチャースケは
便器に座っている体制をなるべく変えずにズリズリと1㎝ずつ歩き、
ようやく1m先にある紙をゲットするのだ。


なんでチャースケにそんなひどいことするの?!と苦情が来そうなので言っておこう。

おれは何度も何度も、『トイレに入ったときにまず紙があるか確認しなさい』と
口酸っぱく言っているのだ。

さらに、『常に紙は2個はストックを置いておけ』とも言っている。

なのにアイツは全然それを守らず、
毎回毎回「チャー!」と、おれに紙をもってこさせるのだ。


あ、ちなみにうちはトイレがそれぞれ
2階がおれ専用、3階がチャースケ専用としている。


これは、どっちのう○こでトイレが詰まったのか喧嘩にならないようするためだ。
(ふつうわかるだろう・・・)



とにかく、毎回2階の納戸まで
なぜおれが取りに行かなきゃならんのか、と腹が立っていた。

わしゃ足腰がもうガタガタなんだから
無駄に階段をのぼらせないでほしいのだ。


しかし、そんなある日


おれが2階のトイレにこもっていたときだった。


ふと紙のホルダーに手をやったとき、


「カラン、カラン・・・」とカナシイ音がした。


『アッ! やべ!!!!』


2個置いていた(つもりの)ストック紙も、ない。



「チ、チャ~!!!!」(※チャースケの真似)


しかし、気づいた。

本日、チャースケはタンバリン教室の合宿で不在だったのだ!!


今までのチャースケをいじめて遊んでいた罰があったのだ。


結局どうしたかって??


チャースケのように、腰を動かさずに1㎝ずつ歩いて納戸にいきましたよ・・・ウフフ




『このブログ、料理のブログの癖になんでこんなにトイレネタ多いの?』

と思ったそこのアナタ。


すいません。

わかりません。

でもちゃんと料理は紹介します。

(2人前)
・かつおの刺身 1さく(270g)
★ポン酢 大さじ3
★味の母 大さじ1
★ミョウガ(みじん切り) 1個
★大葉(みじん切り) 10枚
★生の青唐辛子(みじん切り) 2㎝くらい
★白すりごま 大さじ1
★にんにく(すりおろす) 1/2片~1片

・するめ 15g

・水菜 150~200g ※お好みで
・ポン酢 適量


1.かつおの刺身は薄目に切る。
ボウルなどに★を入れよく混ぜ、切ったかつおを入れてよく和えたらそのまま15分ほど置く。
d0159822_2145273.jpg



2.するめは出来るだけ細く裂く。
d0159822_2145397.jpg



3.2を中温の油で揚げる。きつね色になったらすぐひきあげ、キッチンペーパーの上で余分な油を切る。
(揚げているときはふにゃふにゃですが、キッチンペーパーの上で冷ますとカリッとなる)

d0159822_21451255.jpg

d0159822_21451738.jpg



4.皿に、ざく切りにした水菜を盛り、上からポン酢を少々まわしかける。
d0159822_21453553.jpg


5.4の上に1をのせる。
d0159822_21454561.jpg



6.仕上げに3の揚げたするめをのせて完成!
d0159822_21455964.jpg


揚げたするめが、サクサクでさらにうまみも出して
この料理の一番のポイントです。

ちなみに今回はこのやわらかするめを使いました。
このするめおいしいよ。
成城さんに売っていたよ。
d0159822_21445640.jpg




たっぷりのポン酢で漬けにしたカツオ、ミョウガや大葉が効いていてうまい!
d0159822_21461339.jpg



生の水菜がたっぷり食べられる絶品サラダ


ぜひみなさんもおためしあれ!!!





d0159822_12213979.jpg



★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-08-27 12:30 | 料理(ハイカラ)
おすすめ器~酒器編~
番外編おすすめ器、本日は「酒器」編です。


実はお酒大好きなんです。

そんなわけで、今日はニッポンの誇る酒、ニッポン酒の
酒器コレクションのごしょうかい。


ニッポン酒といえば、ワンカップも時にはいいけれど

やっぱり片口とお猪口。











d0159822_2145644.jpg

こちらはどこぞの作家さんの片口とお猪口。
作家さんの名前、忘れました・・・
でもお猪口は立派な木箱に入ってた。
お猪口の高台が高くてちょっと粗くてかっこいい。







d0159822_21451224.jpg

これはたしか、万俵一家に呼ばれたとき
帰りに伊勢の「おかげ横丁」にある酒器の店で見つけたやつ。
猪口が細長くてお気に入り。







d0159822_21451881.jpg

夏はさわやかに、ガラスの徳利。
ひび割れたような表面が涼しげ。
揃いのお猪口もあったのだけど、割れてしまった。
写真は酔っぱらってどっかから持ってきた切子。









d0159822_21452541.jpg

竹の片口と猪口。
酒を入れるとほんのり竹のいい香り?














d0159822_21453146.jpg

これは一番よく使う片口。
大きさがちょうどよくて使いやすいからか。
ちょっとしたつまみを盛るのにも使える。













d0159822_21454751.jpg

べたなやつ・・・どうしても欲しかった。
これで飲むと、大衆的な感じがしてとてもよい。
このお猪口の底にかかれている「蛇の目」と呼ばれる丸い青い模様がなぜついているかというと
もともとは酒を利き酒する際、
蛇の目の模様の白い部分で日本酒の「透明度」を計って
青い部分で日本酒の「光沢」をチェックするため。
もちろん、おれは一度も気にしたこと無し。










d0159822_21454028.jpg

冬のひれ酒用と、夏の冷用。
どちらもべたなやつ。
それぞれ、見つけてうれしくなって買ってしまった。
やっぱひれ酒はこれで飲みたいよね。










d0159822_214559100.jpg

お猪口コレクション①
手前右の2つは、みどりママにどっかの土産でもらったものだが
ずっとお猪口と思て使ってたら
最近「あれ豆皿だよ」と言われた衝撃の事実。













d0159822_21485666.jpg

お猪口コレクション② お相撲さんシリーズ
なんか、なごむでしょ。
大きさが全部違うのもすき。








ちなみに
我が家ではお猪口はこのようにざるにまとめてご用意。
誰か来て酒を飲むとき、これで「どれにする?」ってのがやりたくて
このちょうどいい竹籠を探しまくったのだ。
うーん、ロマン。
d0159822_214661.jpg







酒も好きだが、
もちろんハイボールは水のように飲むので
氷は不可欠。

そんなときやっぱり欲しいのはアイスペール。

でもあの銀色(ステンレス)のやつはどうしてもいやなんよ・・・


そんなわけでこの竹のアイスペール。
d0159822_21491884.jpg


溶けやすいしカビやすいし
めんどくさいやつだけど、なにしろカッコいい。



d0159822_2149559.jpg

底はこんなんになってます。

トングも竹て粋だよね。



和の食卓なんかにぴったりです。




ところでみなさん、お猪口とぐい飲みの違いって気にしたことありますか。

なんとなく、と言う感じでおれも使っていたけど
調べてみたらこんな感じでした。

お猪口の言葉の由来は「ちょく(猪口)」という言葉から、ちょっとしたものを表す「ちょく」の意味らしい。

猪口の大きさはぐい呑みと比べて小振り。
徳利とセットでついてくるようなサイズのものがお猪口と言われているそうだ。


ぐい呑みの言葉の由来は「ぐいっと呑む」といったような所から来ていると言われているとかいないとか・・・

お猪口よりも大きく、ぐいぐい呑みすすめるような大きさのもの。



ようは大きい物がぐい飲みで、小さいのがお猪口。
でも、その線引きがむずかしい~

わしのように、お猪口でもぐいぐい飲んでるやつはどーするんじゃ。




しかし最近、ちょっと酒の飲みすぎて
急性膵炎というとんでもない激痛に遭いました。

酒は控えるように・・・と

わかっちゃいるが・・・






わかってて出来たら人生いろいろ苦労しないわい。






★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-08-26 12:30 | その他
白ゴーヤと丸ナスの生姜焼き
d0159822_21481863.jpg


我が家では、言葉を略さずに使うことが
さいきん流行っている。


たとえば

「チャースケ、そこにあるリモートコントローラー取ってちょう」


とか

「アメリカの野球おじさんのパーマネント失敗してたな」

というかんじである。



しかし、略語と言うのはなんとなくこの略だろう、と言う感じでしか知らないので
適当に使っている。


そんな代表例が「エアコン」のことを
ずっと「エアートコントローラー」と呼んでいたことだ。


「チャースケ、エアートコントローラーつけて~」


「ちゃ~(えあーとこんとろーらー)」



しかしそんなあるひ、

「ちゃー(ずっといおうとおもってたけど、えあーとこんとろーらーってなに?)」


「え?そんなこともしらねーのかよぉ、エアコンだよエ・ア・コ・ン」

「ちゃー(えあ・こんでぃしょなーだよ)」

「えっ・・・・」



まさかのチャースケからのツッコミ!


しかもいまさら!

エアートコントローラー・・・

完全に「リモートコントローラー」と混同している。


日本人は略語が好きだなぁと思ってたけど

自分も略語に助けられていたんですな。


(2人前)

★豚薄切り肉(2㎝幅に切る) 170g
★醤油 大1
★味の母 大1
★生姜(すりおろす) 大1片
★ラー油 小1/2
★ごま油 小1


◎醤油 大1.5
◎味の母 大1
◎きび砂糖 小1
◎酒 大1/2
◎ラー油 小1


・丸ナス 1個
・白ゴーヤ 1/2個

・大葉(千切り) 10枚
・白いりごま 適量




1.ポリ袋に★を入れ手でよく揉みこみ、そのまま15分ほど置く。
d0159822_21471617.jpg



2.白ゴーヤはワタをスプーンでしっかり取り除き、一口大に乱切りにする。
d0159822_2147266.jpg


丸ナスも同じくらいの大きさに乱切りにする。
茄子は切り口に塩を少々まぶしておく。

3.中温の油で、白ゴーヤと茄子をそれぞれ素揚げにする。
白ゴーヤは裏が透き通った感じになったら、茄子は果肉が柔らかくなるのを目安に揚げる。
揚げたらしっかり余分な油を切っておく。
d0159822_214732100.jpg



4.フライパンに油をしかずに、1を入れて中火にかけて炒める。
d0159822_21475553.jpg



5.肉の色が2/3ほど焼けたら、3を入れてざっと炒め、さらに◎を入れて
水分が飛ぶまで炒める。
d0159822_21475877.jpg



6.器に盛り、大葉と白いりごまをふって完成

d0159822_21481069.jpg



大きくワイルドに切った白ゴーヤと茄子が
きらきら光って食欲をそそる。

d0159822_2148539.jpg


白ゴーヤは普通のゴーヤに比べて苦みが少なめなので、
こうして大きめに切ってやっても
ほろよいにがみで食べやすい。
もし苦みが苦手なら、長めに素揚げにしてね。

d0159822_2151199.jpg




生姜が効いた豚肉に、茄子にゴーヤ

暑い夏に食べたい、スタミナごはんのおかずです。

ぜひみなさんもおためしください~



d0159822_12512839.jpg


★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-08-25 12:30 | 料理(かんたん)
洋風焼きおにぎり
d0159822_20141038.jpg

チャースケはめったに怒らない。

そんな温厚なチャースケでも、年に1回か2回ほど、真剣に怒ることがある。

だからチャースケが怒っていると、こちらも「オッ??!」と、変な空気になってしまう。

さてチャースケが怒る理由はなんなのか

それは毎年様々ではあるが

昨日はチャースケの残したマンゴスチンを「勿体ないから食え」といったら
なぜかすごく怒った。
でもけっきょく最後は怒りながら食べて、「ちゃー(おいしい)」と言っていたので

結局なんでそんなに怒っていたのか意味不明なのだが

きっとチャースケにもいろいろ考えることがあるのだろうと、

ある時、そんなチャースケに「チャースケって、腹の立つこととか無いの?」と聞いてみた


すると

「ちゃー(いっぱいある)」

という。


え、いっぱい?

その割には、怒っているのは年に1回か2回見るか見ないかだが・・・


「どんなときに腹が立つの?」と聞くと


「チャー(○○がきらい)」とか「ちゃー(△△さん、せいかくわるい)」「ちゃー(◎◎はクソババア」など

ひとなみの愚痴が出てきた。

「えー、チャースケでもそんなことおもっとったんや!!」と少々衝撃的だったが

そういう時にまったく態度や口に出さないため
まさかそんなことを思っているなんてまったくわからない。

そんな辛抱強い奴が何故マンゴスチンを食べろと言われてなんであんなに怒るのかは謎だが

それ以上に腹の立つことも多いだろうに、
そのあたりについてはまったく態度に出さないのだ。

「チャースケ、すげぇなぁ。おめー、大人やなぁ」

「ちゃぁ~(照れ)」

「でもさ、腹が立った時どうやってこらえてるの?」

「ちゃー・・・(ほら、はらがたっても、1分するとわすれちゃうから・・)」

「なるほど~
だから何度言っても、毎月1か月のお小遣いを1日で使い切ってしまうのか・・・」

「ちゃー(そうそう)」

「って、それとこれとは話が別やないかい!」

「ちゃー」


別やないかい、といいつつ

よく考えるといや、これは別じゃない・・・!

何度言ってもわからない原因は、
1分経ったら忘れてしまっていたからだったのだ!


なるほどこれはチャースケの長所でもあり、短所でもあったのだ。



そして最後にちゃーすけ


「ちゃー(かんぺきなやつなんてどこにもいませんよ)」

の、シメの一言・・・


お、おみそれしました。


ん~なんだか今日はチャースケに一本とられたようだのう。



そんなわけで、きょうは1本とります

目からうろこレシピ!

(8個分)

・ごはん 380g
◎塩 小1/2
◎バジルの葉(みじん切り) 20
◎オニオンフライ 20g



・モツァレラチーズ(セミハードタイプ・1㎝角切りにする) 50g

・パン粉 適量

★にんにく(薄切り) 1片
★EVオリーブオイル 大2

・バター 10g

・バジルの葉 適量



1.ボウルに温かいご飯を入れ、◎を入れ全体に混ざるようにさっくり混ぜる。
そのまま粗熱を取ったら、チーズを入れてさらに混ぜる。
d0159822_20135169.jpg


2.手に水をつけ、さらに塩(分量外)をつけて1を握る。ちいさめに。
さらに表面にパン粉をまぶしつける(側面はつけないでOK)
d0159822_20135633.jpg


3.フライパンに★をいれ熱し、香りが立ったら弱火にして2を並べる。焼き色がついたら返し、両面きつね色になるまで焼く。

d0159822_2014156.jpg

d0159822_2014411.jpg


4.焼き色がついたらバターを入れ全体に絡める。


5.器に盛り、あればバジルの葉を飾って完成!
d0159822_2014144.jpg



バジルが香る、食欲そそる洋風焼きおにぎり。


表面に出たチーズが溶けだして、お握りの表面についたパン粉がカリッとなって
おいしい!
d0159822_20141794.jpg



本当は水で戻したポルチーニ茸とか、みじん切りにしていためたベーコンとか入れようかと思ったが

材料が無くて断念。

このままでも十分おいしいけど、
ある人はさらにいろいろ材料をかえて挑戦もありです。


おやつはもちろん、お酒のつまみにも最適ですぞ。

ぜひおためしあれ!

d0159822_20142653.jpg


d0159822_12185739.jpg



★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-08-24 12:30 | 料理(ハイカラ)
牛すね肉とネギのピリ辛和え
d0159822_21335856.jpg


おれは、おしぼりが好きである。

おしぼりが臭い店はもちろんだめで

季節によって夏は冷たく、冬はあったかくという配慮をしてくれていると最高である。

店だけでなく、普段もおしぼりで手を拭くのが好きである。

別になにも食べるわけでもないけど
ふと、疲れたときなどにおしぼりで手を拭くと
『いま、朝目覚めたて!スッキリ!』みたいなリフレッシュする感じがあるからだ。
(いいすぎた。嘘。そもそも朝そんなスッキリさわやかに起きてない)



だから、おれはコンビニとかで毎回水やお茶を買うだけでつけてくれる
おしぼりを、資源の無駄だと思いつつも
必ず貰って、チャースケの紅生姜のように
かばんのなかにストックしている。

これはとくに、シンカンセンなどでビールとゆで卵を食べるときに
だいかつやくする。

いつもシンカンセン口の売店はおしぼりをくれないので、
マイ・オシボリをもってないと、きったない手で
ゆで卵を食べなくてはならない。

おにぎりとかだったらおしぼりが無くてもまだいいが、
ゆで卵はやっぱり手を拭きたい。

そんなわけで、欲張って「もう1枚下さい」などと店員に言って
多く貰ってはどんどんストックしていたら
かばんの中のおしぼりが結構すごい量になっていた。

(これだけあれば当分おしぼりにはこまらんぜ ウフフフフ)とほくそ笑み

幸せに浸っていた。

おしぼりが少なくなると、取り乱してしまう

もはやおしぼりはおれの精神安定剤となっていた。(うそつけ)




しかし、先日またゆで卵を食べようとした際

マイ・オシボリを出すと、なんだか様子がおかしい。

ビニール袋をやぶって中のおしぼりを出すと、
乾いてカピカピになっていた。

「えっ・・・お絞りって・・・乾くんだ・・・」(あたりまえだ)



はじめてみたカピカピのオシボリに
軽くショックをうけたが

まだまだストックのある余裕なおれは

ほかのオシボリを取り出した。

しかし、また様子がおかしい。

2つ目もカピカピだったのだ。

もしや・・・そう思って

かばんの中のすべてのおしぼりをだしてみてみると

見事に全部カピカピになっていたのだ。


このときのショック、みなさんわかっていただけるだろうか?


あんまり欲張ってはいけない、ということです。


というわけで、今日もスープの具のすねにくを活用した
エコレシピ!


(2人前)
・牛すねスープを取った後のすね肉 150g
★塩 小1/2
★ポン酢 大2
★ラー油 小2
★白コショウ 小1/2
★にんにく(すりおろす) 1片

・白ネギ(小口切り) 白い部分1本分
・細ネギ(小口切り) 2~3本 
・鷹の爪(小口切り) 適量


1.白ネギは10分間水にさらし、その後しっかり水気を切って
さらしなどに包んでぎゅーっと水気を絞る。
d0159822_21332478.jpg



2.牛すね肉は細かくほぐしボウルに入れ、★で和える。
d0159822_21332734.jpg



3.2に1を入れさらによく和える。
味を見て、足りなければ塩などで調整する。
d0159822_21333283.jpg



4.器に盛り、仕上げに細ネギをたっぷりかけて完成!

d0159822_21335229.jpg



ネギはとにかくたっぷりと。



ほろほろになった牛肉は、スープにうまみが半分以上溶けだしてしまっているので
ちょっと強めに味つけたほうがいいかもです。
d0159822_21333897.jpg





酒のつまみにはもちろん、
ごはんにのっけてどんぶりにして、卵黄をおとしてもいけます。
つめたい素麺の具にしてもいいかもね。
d0159822_2134574.jpg



牛スープをとったあとは、ぜひこちらもおためしくだされ~




d0159822_12305432.jpg

手、洗いにいけばいいのに・・・





★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg


★おまいさん、まだ買ってないの?★

ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2015-08-21 12:30 | 料理(かんたん)
ピリ辛牛すね肉の本格スープ
d0159822_2233897.jpg

お盆休み中、チャースケと少し遠出したところに

懐かしの駄菓子屋があった。

「おおっ!なつかしい、駄菓子屋や!」

「ちゃー!」

駄菓子屋と言うのは、誰もが必ず通る道ではないだろうか。
(でんえんちょうふのおぼっちゃまとかは通らないかもしれないけど・・・)


懐かしい気持ちに駆られ、中に入った。


「まだあったんだぁ」というお菓子がけっこうたくさんある。


そんな中でも、非常に興奮したのが

細いストローの先に、透明なボンドみたいなものをつけてふくらますと
割れない風船みたいなのができるやつだ。(これはお菓子ではないが)


これ、いまだになんでこうなるのか謎だが

思わず買ってしまった。


d0159822_12313451.jpg


ふくらますと、昔バカみたいにふくらませていたころの感覚が残っている。


こういうの、誰が考えたんだろう。


今思うと、当時はこんなもんで何故あんなに興奮して遊んでいたのかわからないが

子供と言うのは本当にくだらないことで遊ぶ天才だと思う。


昔、熱中した遊びのなかに、「かんぽっくり」というのがあった。


今もかんぽっくりで遊んでいる子供っているのだろうか?

みかんの缶などに穴をあけて紐を通しただけのもので
そこに足をのせて紐をもってパッカパッカ歩くやつである。

おれは当時、もくもくの地域のこども運動会(?)の種目にあった
かんぽっくりで走る「かんぽっくり走」に命をかけていた。

この運動会は普通の種目はなく
「かんぽっくり走」とか「竹馬走」とか
変な種目しかなかった。


かんぽっくり走とは、その名の通り
かんぽっくりで走るリレーである。

普通はかんぽっくりで走るとか意味わからないが

今みたいにゲーム漬けの子供とは違い、
外で毎日走り回っていたので

学校の後はかんぽっくり走の練習に余念が無かった。


公園で一人、ただただ
かんぽっくり走の練習にはげんだ。

その結果、

当時、普通に足で走って50m9秒だったのに対し、かんぽっくりで走って50m9.8秒という数字をたたき出した。


その年の大会の期待の星といわれた。

しかし、あまりに早い記録だったため
当時同じ競技に出るため一緒に練習していた「ヒデヒトくん」からは
「あいつズルした」と責められ、
泣きながら帰ったのを覚えている。
(でも今思うと、目の前で走っててどうズルするんだろう・・?)


ああ懐かしい。

今思うとどうでもいいけど、
当時は真剣だった。

どんな年齢の子だって、そのときそのときを真剣に生きているのだ。

もしかしたら今悩んでいることも、
10年、20年後には笑い話になるかもしれない。


この心を忘れず、さて今日のレシピ。




(作りやすい量)
・牛すね肉 800g
・きゃべつ(ざくぎり) 150g
・だいこん(適当に切る) 200g
・しょうが(スライスする) 1片
・にんにく(皮付きのまま包丁の背でつぶす) 2片
・赤唐辛子(乾燥) 4~5本くらい
・白ネギ(青い部分) 2本分
・味の母 1/2カップ

・水 適量



1.材料はすべて鍋に入れる。
ひたひたになるまで水を注ぎ、中火にかける。
d0159822_2235392.jpg


2.沸騰しそうになったらすぐにごく弱火にして、
出てきた灰汁をとにかくこまめにすくいながら煮る。
途中、水が蒸発して来たらひたひたになるのをキープするように差し水をする。
※初めのほうは灰汁がすごいが、、だんだん灰汁は出なくなってくる
d0159822_2233897.jpg


3.2~3時間ほどごく弱火で煮て、すね肉がほろほろ崩れるようになるくらいになったらOK。

4.スープを濾して、冷麺やラーメンのスープに活用しよう。

下記はこのスープを使った簡単レシピの1例。

(かんたん牛スープ・2人前)
・上記で出来た牛スープ(濾したもの) 500ml
・塩 小さじ1/2
・味の母 大さじ2
・酒 大さじ2
・醤油 大さじ1
・白すりごま 小さじ1~2
・茹でわかめ 適量
・長ネギ(斜め薄切り) 1/2本

・ラー油 適量


1.ラー油以外の材料を鍋に入れ煮立てる。
煮立ったら味をみて、足りなければ醤油などで調整する。

2.器に盛り、ラー油をまわしかけて完成。




すみません、写真撮り忘れました。(夜遅すぎて撮る気が無かったともいう)

これ、手軽でいいです。

牛スープは小分けにして冷凍もできるので、
疲れたときに小分けの凍ったスープを鍋で溶かして材料をぶっこめばOK。

このスープにごはんや素麺をいれれば
立派な主食にもなりますぞ。


ぜひみなさんもおためしくだされ~




※明日は、この煮たすね肉の活用レシピ!




d0159822_12242825.jpg








d0159822_12243766.jpg

★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg

by mittun-chasuke | 2015-08-20 12:30
ホットなキムチ豚汁
d0159822_2114618.jpg




突然、唇の上にヘルペスが出来た。

だいたいヘルペスができそうな時ってのは
予兆みたいな、ムズムズした感じがあるものだが

今回に限っては全く、突如現れた。

風邪の予兆かとも思ったが
体はすこぶる元気で

放っておけば治るかと思っていたら
翌日はさらに大きくなり
痛みも出てきた。

ただでさえヘルペスってのは格好悪いのに
痛みまで出てきたらたまったもんではない。

風邪でもひければ休めていいが、そんな様子もとんとない。

良いこと1つもなし!!!


ヘルペスなら皮膚科にいけばすぐ治るが

最近流しの仕事が妙に忙しく、平日に皮膚科に行くことは不可能だ。

仕方なく帰りに薬局に寄り、ヘルペス用の塗り薬を探した。



しかし、探しても探してもなかなか無い。

ウロウロしているうちに、たぶんその薬局の裏のほうの
薬剤師専用の薬置場みたいなところにたどりつき

勝手に「あったあった」と発見してレジに持っていこうとしたら

オイ勝手に持っていくなと言わんばかりに
すかさず薬剤師らしきおっちゃんが寄ってきた。


あんまし薬とか買わないのでよくわからないが、
第一類医薬品とされている薬は、薬剤師の許可が無いと売ってくれないらしい。


おっちゃんが、「その薬は使ったことありますか」と聞いてきたので

「え、ああ~あったような・・・なかったような・・・」
と言葉を濁した。


瞬時に『コイツ使ったことねーな』と判断したおっちゃんは、


「病院で何チャラウイルス(忘れた)のヘルペスと診断されたことはありますか?」と聞いてきた。

「え、あー・・・ああ~病院とか行かないから」というと

「これは再発性ヘルペスにしか効かないから」とかいうので

「いやでもヘルペスはよくできるから。再発しまくり」というと

「でも病院で判断をもらったことはないんでしょう?」と言ってくるので

どうしてもこの薬を売ってもらわないといけないおれは

「いやでも完全にヘルペスだし」と口に出来たヘルペスを見せると

「いやそれはアナタの判断でしょ」と言ってきた。

ジジイ~どう見てもヘルペスだろーが!と心の中で暴言をはきながら

「いやいや、おっちゃん!どう見てもヘルペスっしょ!コレ!」
と食い下がった。(心の中じゃなくて言ってるじゃねーか)

しかし、まだ
「うーん、でも過去に病院で診断をもらったことがないと・・」というので

「ある!昔なら、病院で、判断もらったあるよ。あるある」と
さっきはハッキリ『病院なんか行かない』と言ってたくせに、自分でも
かなり苦しいウソをついていることに笑いそうになった。

それでも痛々しいヘルペス口で 必死にウソをついているおれを前に、

〝この可哀想なウソツキに売ってあげたいけども職業的立場から苦い”という顔をしているおっちゃんは

「でも、これはそういう診断とかがないと売れないからねぇ・・」と悩んでいると

ちょっと離れたとこにいた全然関係ない客のオッサンが

「そういうの、間違えて塗ると悪化すんじゃないの?!」と大声で茶々を入れてきた。

(おいクソジジぃ~!ジャマすんじゃね~!)と思いながら

その後、最後のほうは「痛いんですよぅ」と泣き落としにかかってみたけど、だめであった。

なんだいなんだい。

もうタヨラネェぞ。

自然治癒力なめんな!

しかし、昨今の薬局は薬を買うのもめんどくさい。

昔はもっとテキトーに買えた気がするんだがなぁ。

ま、いいや。

さてさてそんなわけで(どんなわけで?)今日のレシピ。



チャースケに豚汁を作ってくださいと懇願され

『普通に作るとブログのネタになんないからやだ』というと


「ちゃー!(かわり種のとんじるにしましょう!)」という。


長い会議(10分くらい)の上に出た結果、

「キムチ入れてピリ辛にしたらいーんじゃない?!」

「ちゃー!(さすがてんさい!)」

「フゥ~!」



キムチ豚汁に決定した。

(4~6人前)

★豚バラ薄切り肉 200g
★塩麹 大1

・玉ねぎ(薄切り)  1/2個
・だいこん(短冊切り・またはいちょう切り) 150g
・ごま油 大1

・キムチ(食べやすい大きさに切る) 160g
◎醤油 大1
◎かつおだし 1.1リットル

・味噌 100g

・白すりごま 適量
・ラー油 適量


1.ポリ袋に★をいれよく揉みこみ、30分ほど置く。
※夏場は冷蔵庫で
d0159822_21132196.jpg


2.フライパンにごま油を熱し、玉ねぎと大根を入れて炒める。
d0159822_21132883.jpg



3.玉ねぎがしんなりしてきたら、1の豚肉を入れて炒める。
d0159822_21133666.jpg


4.肉の色が変わってきたらキムチを入れ炒める。
◎を入れてざっと混ぜて、蓋をして弱火で10分ほど煮る。
d0159822_21134798.jpg



5.蓋をあけいったん火を止め、味噌を溶かし入れる。
d0159822_21135259.jpg




6.また火にかけて沸騰直前で火からおろして器に盛り、白すりごまをたっぷりかけて
お好みでラー油を回し入れ完成。

d0159822_21141138.jpg



細ねぎとかあったらよかったけど、無いからしょうがない。




キムチとラー油が効いた、食べればどんどん汗が出てくる
ピリ辛の気持ちのいい汁。

d0159822_2114034.jpg



ごはんは必須です!
d0159822_21141819.jpg





・・・最後、食べ終わってチャースケと目を合わせおたがいひとこと。


「これ、チゲ鍋ですよね」

・・・。


チーン。


普通の豚汁に飽きたあなたは、
ぜひおためしあれ。


d0159822_8532554.jpg




★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg


★おまいさん、まだ買ってないの?★

ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2015-08-19 12:30 | 料理(かんたん)
コンパルの海老フライサンドに憧れて
d0159822_21481366.jpg


お盆休みのように、連休が重なると
大変なのは毎日の食費と酒代である。

夕方、下手したら(べつに下手しなくても)昼間っから酒を飲む日が続くもんだから

財布の中身はあっという間になくなる。

しかし、あまり深く考えていないため

財布の中身がないのにもかかわらず

チャースケとブラブラ歩きしながら
「タコ焼きカッチャウ?」

「ちゃー(カッチャウ)」

と無駄遣いを繰り返していた。

その日も、ただスーパーにゴミ袋を買いに行った帰りに

「喫茶店でもイッチャウ?」

「ちゃー(イッチャウ)」

とか言いながら、

何を食べようか散々盛り上がって

いざ喫茶店に入ろうとした直前

ふと嫌な予感がして財布の中を見てみると

なんと35円しか入っていなかった。


うまい棒でも3本しか買えない。


「チャースケ・・・きっさてんやめて うまい棒3本でもいい?」


「チャー(だめです)」


財布の中身を見せ、

すっかり喫茶店でナポリタンとサンドイッチを食べる気満々だったチャースケは

あまりのショックにその場に座り込み打ち拉がれていた。

さらに昔のプレステの少年のCMのように駄々をこねはじめ

ようやく「家に帰ってサンドイッチを作ってやるから」ということで
帰宅することに合意させた。

何のサンドイッチがいいかと聞くと、
やはり出てきた「コンパルのサンドイッチ」。


以前、チャースケに名古屋の老舗喫茶コンパルの海老フライサンドが食べたいと言われ
作ったことがあるが

やれカンパーニュだのザワークラウトだのシャレ山にしすぎて
「ちゃー(けっきょくちがう)」と合格はいただけなかった。

そんなわけで、今日はリベンジ!

もっとコンパル風に(だから食べたことないくせに)、
もっとジャンキーに。


つめたーいアイスコーシーと一緒にどうぞ!

(2人前)

・バナメイ海老 16尾
・片栗粉 大さじ1くらい

・小麦粉、卵液、パン粉 各適量

・キャベツ(みじん切り) 200g
・塩 適量
★マヨネーズ 大さじ2~3
★塩 小1/3
★米酢 小1.5
★黒胡椒 適量

◎卵 2個
◎塩 少々
◎きび砂糖 小1/3



・食パン 4枚

・ケチャップ、チリソース 各適量
・ウスターソース、シュレッドチーズなど 各適量



1.キャベツはキッチンペーパーかさらしの上にひろげて全体に塩をふって10分ほど置く。
水分をぎゅっとしぼり、ボウルに入れる。★を入れよく和える。
d0159822_21475733.jpg



2.海老は殻と頭、尻尾、背ワタを取る。ボウルに入れ片栗粉をまぶしてもみ、
水を入れて水が濁らなくなるまで何度も水を変えながら洗う。
d0159822_21474534.jpg


3.2の水分をふきとり、全体に小麦粉をまぶす。
続いて卵液、パン粉をしっかりつける。
d0159822_222071.jpg


4.3を180度の油できつね色になるまで揚げる。
揚がったらしっかり油を切って全体に塩を少々しておく。
d0159822_2148329.jpg


5.◎よく混ぜ、フライパンに油をひいてオムレツをつくる。
焼くすぎないように、半分トロトロに。
d0159822_21475062.jpg


6.パンはお好みでトーストする。
パン2枚の上に1を均等にひろげ、上に半分ずつオムレツをのせる。
その上に海老フライをのせる。
1枚はケチャップ&チリソース、もう1枚はソース&チーズをかける。
d0159822_2148862.jpg


⒎残りのパンでふたをして、食べやすい大きさに切る。
d0159822_21481886.jpg




こういう料理は、カロリーを気にしてたら豪快にできません。

しばしカロリーと糖質は忘れ
おもいっきしかぶりつきましょう。



コールスロー風にしたキャベツがいい仕事をしてる。

揚げたてのプリプリの海老が最高だ。

これぞ手作りのしんこっちょう。

d0159822_21482996.jpg

ケチャバージョン



d0159822_21483013.jpg

ソーチーズバージョン






手作りサンドイッチは楽しいね。





ただ、喫茶店に行くより高くついてないか?



みなさんもぜひおためしくだされ~





d0159822_12151135.jpg




★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg

by mittun-chasuke | 2015-08-18 12:30 | パン



ベジタリアンのミットゥンと肉食チャースケのご飯日記
by ミットゥン
タグ
(516)
(482)
(363)
(339)
(201)
(170)
(134)
(132)
(92)
(87)
(72)
(65)
(59)
(52)
(51)
(42)
(37)
(29)
(27)
(17)
(15)
(12)
(10)
(7)
(6)
(5)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
登場人物紹介
ミットゥン
チャースケ
漫画付きレシピ
料理(ハイカラ)
料理(かんたん)
料理(副菜、その他)
料理(メンドうまい)
おやつ
パン
自己紹介
その他
弁当
未分類
以前の記事
2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
お気に入りブログ
おとなは、だれも、はじめ...
ハンドメイドな日々
沢ぱん日記
shina_poohな日...
知りたがりやの食べたがりや
夕方に台所で・・・
やわらぎをもって。
イギリス ウェールズの自...
歌花史庵 かかしあん
うひひなまいにち
ごはんとおかずと日々のつ...
僕とマダムと先生と
アベマリアのハッピーテーブル
犬とご飯と雑貨。
spring comes...
1/f breeze
kun-kun+kuro-ro
Life style
アインのしっぽ
バニラのお菓子ライフ
Cheminee de ...
mogumogu * Leaf
亜麻仁
つばさ雲
エットハミアメドとお料理...
がびあーの家の毎日
山麓風景と編み物    
London Scene
ろこりん♪の毎日。
ゆるロビ生活
カザルパロッコのネコ(C...
walking slow...
田園都市生活
ちょっと寄り道
平凡人日記
NO ANCHOVY, ...
ひなたの小部屋
ミニチュアブルテリア ダ...
日々の暮らし ☆ mam...
一日一歩
La prima ste...
日々道場
にじいろ日記
丁寧な生活をゆっくりと
さっちんきっちん
やねのうえのわんこ
ホウロウダイアリー
5plus2and2
ステンドグラス こもれ...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
カザルパロッコのネコ
The cats inside
Can of Good ...
★ミットゥンのラインスタンプ販売中!


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!
d0159822_12455074.jpg






エキサイトブログ以外のお友たち
Mシュナ Richardより愛を込めて

トレモロの響きにのせて

某医大正estateのごはんブログ


Can of Good Goodies

豆好き

yamatoyome ~沖縄生活~

パスタファイター

ぱっちとPUっ♪


THE CULINARY TRIBUNE

stadio r(食フォトギャラリー)

la table

Bay Alien

ビストロ カルナヴァル

スペース大原

★沖縄日記記事がオススメブログに!
那覇
旅行口コミ情報

★チャースケがツイッターを始めた?!
『_Charsuke_』で検索!


★広告メール対策の為、コメントを承認制にしました

コメントだいかんげいです!
お気軽にどんどんコメントチョウダイ!

★ウーマンエキサイト「おいしい!」に以下の記事を掲載していただきました。

緑のヘルシーポテサラ


米粉のブルーベリーパンケーキ


簡単!イカのトマト煮込み


カレー風味の鶏グリル


マグロの味噌漬けどんぶり


車麩の海老チリ風炒め


自家製甘納豆


牡蠣と温玉の韓国風サラダ


ヘルシーフムス


温泉たまごで!濃厚オリーブオイルアイス


過去最高のビーフシチュー


簡単ヘルシー!豆乳杏仁プリン


節分に!豪華海鮮太巻き


ブルーチーズと納豆のパスタ


しあわせのメープルパンケーキ


柚子トマトうどん


ポテサラと食べる絶品フレンチトースト


パスタでビックリ!ちゃんぽん麺


やめられないトマラナイ!メープルナッツ4種


しっとり茹で鶏の特製ピリカラだれ


ワインが進む君!トマトチーズビスコッティ


海老と豆腐の卵とじ中華丼


塩鮭とろみ中華どんぶり


野菜のうまみの詰まったヘルシーシチュー


韓国風!イワシのピリ辛しょうが煮


刺身の残りで!絶品ヅケ茶漬け


梨と豆乳のやわやわプリンと滑らかジェラート


絶品!中華スープがけ納豆ご飯


簡単!刺身でユッケ風どんぶり


あっさり!あさり二ラーメン


高貴な味!メープル小豆の豆腐クリーム添え


お店の味!海鮮あんかけ かたやきそば


春巻きの皮で作る!海老とアボカドの豆腐キッシュ


火を使わない!ピータン豆腐どんぶり


バター不使用!ココナッツとあんずの全粒粉スコーン


熱ヒヤ!豆乳坦々つけ麺


薄焼きがポイント!ザクザクフルーツクッキー


夏のビールの共に!ヤムウンセン


ひんやり!さっぱりカレーきしめん


ピーナッツバターで本格的なタレ!棒々鶏うどん


二日酔いの朝にやさしい アボカドとホタテのおかゆ


レストランの味の濃厚ニョッキ


お肉無しでも絶品ビビンバ


自然の甘みのおやつ!ドライフルーツまるごとクッキー

パーティーに!絶品ヘルシー板麩でラザニア

とろ~り絶品!洋食屋さんのクリームコロッケ

フレッシュトマトの絶品ラタトゥイユ

海老の殻は捨てちゃ駄目!濃厚豆乳ベシャメルソース

とろとろ手羽先の韓国風煮込み

とろーりチーズのかかったトマトのモツ煮込み

フレッシュトマトで作るエビチリ
卵一個で!豆乳スフレ

残り野菜で!韓国トッポギ

トマト肉味噌でヘルシー冷麺
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
居酒屋ごっこ・五月編
from cool witch
生存報告。
from ハムログ
居酒屋ごっこ
from cool witch
塩麹を使ったおかず など..
from 海のむこう 空のむこう
おおそうじのフルーツクッ..
from 海のむこう 空のむこう
ポテトマカロニサラダwi..
from 知りたがりやの食べたがりや
イギリス歯医者の話 - ..
from 坂の上にある家 
白練りごま
from 坂の上にある家 
冬至の夜
from 坂の上にある家 
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧