<   2015年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧
本格ふぐから揚げ
d0159822_21102933.jpg


朝の電車のラッシュと言うのは、何回乗っても慣れないものだ。

もともと人ごみが嫌いなのに
あんなにギシギシに人に埋もれて何分も耐えなければならないのは
本当にキツイ。

そしてさらに、あんなに混んでいるのに新聞や本やスマホを無理やり見ているヤツがたまにいる

もう、こんなに混んできたらしまえばいいのに、

そんなにも今見たいのか、

今日も激混みの電車の中、目の前のヤツがスマホをずっと見ていた。

ヤツは、スマホを見る腕のスペースを確保するため、
体を壁に向けて斜めにしており、
激混みの中もスマホを見ていた。

わしは後ろからどんどん乗ってくるひとたちに押され、
『こいつ、体をちょっと横にしてくれりゃもうちょっと楽になるのに!』と念を送っていたが、

ヤツはそんなことも関係ないといった様子で
ずっとスマホをいじっている。

『そうか、きっとなにか重要な会議とかね、そういう緊急のメールでも打ってるんだね』
と思いながら(思ってないけど)

目に入ってきたそのヤツのスマホの画面は、

「おにぎりふりかけ」のサイトであった。

『お、お、おにぎりふりかけー!!!』

ドリフのようにずっこけようにも身動きが取れなかったので
別になにもしていないが、

ヤツはあんなに激混みの中、なぜあんなに無理をしてまで
おにぎりふりかけを見ていたのだろう・・・

そしてそのおびぎりふりかけのせいで、
おれはもみくちゃになりながら
今日も朝のラッシュをのりきった。


しかし、どんなに混んでいてもどうしても見たかったんだと思うと
ある意味意志が強くていらっしゃる。

まぁでも満員電車って、夏よりは冬の方がましだよね。
あったかいし。

ここ1週間で、一気に本格冬に突入しましたが

みなさん、冬っぽいものは食べているでしょうか?

今日は、冬に1度はたべたいふぐのから揚げだー!


(2人前)
・トラフグ(処理済、ぶつ切り) 250g
★醤油 大さじ1
★味の母 大さじ1
★生姜(すりおろす) 1片
★ごま油 小さじ1

・片栗粉 適量

・スダチ 1個


1.ボウルに★をいれよく混ぜ、そこにふぐの身をいれ30分ほど置く。
d0159822_21101888.jpg


2.キッチンペーパーなどで1のふぐの表面の水分を適当にきって、片栗粉を表面にまぶす。
d0159822_21102526.jpg


3.190度の油で表面がかりっとなるまで揚げる。

4.器に盛り、塩とスダチをそえて熱々をどうぞ!
d0159822_21103321.jpg


いや~やっぱし、ふぐはから揚げだのう。

熱々を頬張れば、表面はかりっと、中からはほわっと柔らかい身が・・・
そこにすかさず酒を流しこめば、もう、今日1日生きててよかったうまさ!
d0159822_2110384.jpg


昔、初めてふぐのから揚げを食ったときはかんどうしたなぁ・・・
あと、白子焼いたヤツね。

ああ~ふぐの白子食いてぇよぉ~

冬だネェ~。





d0159822_12133483.jpg





というか、おにぎりふりかけって何?


★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-11-30 12:23
激ウマ 鶏ねぎポン酢
d0159822_21131461.jpg

なんだか急激に本格的に寒くなった。
ようやく、いよいよ冬到来と言う感じだ。

最近寒くなり、チャースケがアウターがほしいと言ってきた。

ほしいほしい、はやくしないとうりきれる、と騒ぎ、
無視していたらアウターのサイトのURLまでラインで送りつけてくる始末。

昔はあんなに物欲が無かったのに・・・
あのころのかわいいチャースケはどこに・・・

まーしかし物欲があるのはしょうがない、ということで
見に行くだけ見に行ってやるか(←良いヤツ)と、サイトでしらべて店まで行ってきた。

そして見つけたその例のアウター。
見た瞬間「絶対に小さい」と直感。

とにかく絶対にチャースケが着れないことがだけはわかった。

店員に言って、
ワンサイズ上のものを出してもらったのだが、
やはりそれも小さい。
そしてそれ以上のサイズのものはないという。

本当はこっそり買っていって喜ばせてやろうと思っていたが(←ロマンチスト)
安い買い物ではないので
こりゃもうしょうがないと思い、チャースケに連絡した。

おめーこれほんとに着れるのか?と聞くと

「ちゃー(きれた)」と言い張る。
(実際に店に行って以前試着だけはしたらしい)

ほんとかなぁ・・・と思いつつも、
それももうラスト1点だったのでしょうがなく買って帰った。

そして大喜びのチャースケ。

よかったね、と言ってやりたいが、

実際に着て見ると、

案の定パッツンパッツンであった。

「ちゃー!(ぴったり!)」と本人は言い聞かせていたようだが、
冷静に鏡をみると、どうやら自分でもパッツンパッツンだということはうすうす感じたらしく

寝る直前に
「ちゃー・・・(ちょっとだけだいえっとする・・・)」と小さい声でつぶやいていた。


というわけで、今日はそんなチャースケにぴったり。
さっぱりヘルシーなおいしい1品のご紹介。


(2人前)
・鶏胸肉 1枚(300g)
・酒、水 各適量

★大根(すりおろす) 3cmくらい
自家製ポン酢 大さじ2
★醤油 大さじ1
★ごま油 小さじ1

・細ねぎ(小口切り) 7本
・白すりゴマ 適量

・スダチ 1個

1.鶏肉は冷蔵庫から出し、常温に戻す。

鍋に酒と水を1:1の割合で鶏肉がすべて浸かるくらいの量入れ、沸騰させる。
沸騰したところに鶏肉を入れ、すぐに蓋をして火を止める。
そのまま25分置き、蓋をあけてさらに5~10分置く。

d0159822_19331824.jpg

取り出して中まで火が通っていたら、5mm幅の薄切りにする。
(火が通ってなかったらすぐに鍋にもどし、再度沸騰させて入れ蓋をせず5~10分ほどおく)


2.ボウルに★と切った鶏肉をいれよく和える。
d0159822_21125525.jpg


3.器に盛り、ねぎをたっぷりかけて、仕上げに白すりゴマをふりかけて完成~
d0159822_2113916.jpg


食べる直前に、すだちをぎゅっと絞って食べるべし。

さっぱりさわやかな鶏肉は
1人で1皿食べられるほどのうまさ。
d0159822_21125984.jpg


このままはもちろん、冷やしうどんにのっけてもうまそうだ。
(なんでこんな寒いのにこんなこと言ってんだろう)

d0159822_21132846.jpg



日本酒のおともにぜひどうぞ~






d0159822_12154937.jpg





★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-11-26 12:17
カリフラワーとチーズの白いサラダ
d0159822_21113333.jpg

以前書いた毎晩「ジェットストリーム」を聴く挑戦
その後成功して、今は毎晩午前0時が楽しみになっている。

あのオープニングの「♪タ~ラ~ ララララ~ラ~」を聴くと
なんであんなに癒されるのだろうか。

ちょっと大沢たかおの声がやっぱり高い気もするが
まぁそれはそれで癒されるので良いとして

とにかく「♪タ~ラ~ ララララ~ラ~」が癒されるのは間違いない。

嫌なことやいらいらすることがあればこの「♪タ~ラ~ ララララ~ラ~」を聴き、
『夜の静寂の、なんと饒舌なことでしょうか』というセリフをきくと
だいたいの嫌なことはクリアできることがわかり(でもヘビーな悩みはだめね)、

昼間でも「あージェットストリームききたい」となることが多くなり、

あるとき、ひらめいた。

そうだ、このCDをipodに入れて、いつでも聴けるようにしたらいいのだ。

わしゃどこまでサエてるのだろうか


そんなわけでさっそ曲を購入し


いつでも「♪タ~ラ~ ララララ~ラ~」が聴けるようになった。


これでいつ嫌なことがあってもダイジョウブだ。


しかもCDはナレーションが城達也バージョンなのだ。


そんなわけで、毎日ipodでいつでもどこでも城達也が語りかけてくれるようになった。

(ひとつ問題なのは、日中に聞くと死ぬほど眠くなることだけ)

年末で忙しいみなさん、ぜひジェットストリーム癒しで
あと1ヶ月ちょっと、がんばりましょう~

さてさて、今日は11月だというのに暖冬でどこも雪が降らずに
スキー場が困っているとのニュース。

皿の上だけでも雪をイメージして、真っ白さらだのごしょうかい~

(2~4人前)
・カリフラワー 170g
・モッツァレラチーズ(チェリータイプ) 100g
・大根(上の方の甘いところを使う) 100g

★塩 小さじ1/2
★EVオリーブオイル 小さじ1

◎トリュフ塩 小さじ1/2
◎EVオリーブオイル 大さじ2
◎レモン汁 1/4個強(大さじ1くらい)
◎ディジョンマスタード 小さじ1/2
◎黒胡椒 適量


1.カリフラワーは小房にわける。軸は皮を剥いて適当な大きさに切る。
蒸し器でやわらかくなるまで蒸す(5分~8分くらいで柔らかくなります。蒸しすぎるとグズグズになるのでご注意!)
d0159822_21112017.jpg


2.モッツァレラは表面の水分をキッチンペーパーでふきとり、
味が染み込みやすいように半分ちぎるようにして割れ目をつくる。
d0159822_21112341.jpg


3.大根はお好みで皮をむき、1.5cm各位の大きさに切る。
ボウルに大根とモッツァレラと★をいれ、よく和える。

4.蒸したカリフラワーをいれ、さらに◎をいれてよく和える。
d0159822_21112950.jpg


5.器に盛り、仕上げにさらに黒胡椒をふって完成~
d0159822_21113863.jpg



白い食べ物に、黒胡椒がアクセントになった
なんてロマンチックな1皿でしょうか。
d0159822_21114232.jpg


大根が寒くなって甘くおいしい時期なのでぜひ生で!

d0159822_21114514.jpg


ポイントは先に大根とモッツァレラに下味をつけること。
(ただし、置きすぎると大根から水分が出てくるのでご注意を~)












d0159822_12333713.jpg

あなたのまわりにもタナカはいませんか・・・






★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-11-24 12:35
玉ねぎソースで食べるローストビーフ
d0159822_2223234.jpg


昨日情けないくらいに老化現象を体験した。

電車に乗った際、ちょうど残金が少なかったのでチャージをしようと、
券売機にカードを入れて1000円を投入した。

チャージボタンをおし、完了されてカードが戻ってくるのを待っていたとき

後からポンと肩をたたかれたのでふと振り返ると
友人が「ヨッ」と、通りかかったついでに肩をたたいて颯爽と去っていった。
その間わずか2秒くらいのことだった。

すぐ券売機に目線を戻すと、カードが出てこないのに
“チャージ完了しました”となっている。

「あれ?」と思い、
その辺を探しても、カードが無い。

もしかして無意識に財布かかばんにいれたのか?と思い、
財布とかばんの中を虱潰しに探しても、無い。

「やっぱりでてきてないな」と、駅員を呼び出し、
『チャージしたけどカードが出てこない』と言ったら

駅員さんは裏側に回って、機械をひらいて探し始めた。

2分後くらいに、「なにも詰まって無いですね」と言われ、

「そんなわけあるかい」というようなこと言うと(※こんな言い方はしてません)
「ちょっともういっかい見てみます」と、また機械の裏側に戻り
カードをすごく探してくれた。

でもやっぱりない、という。

「ま、まさかあの2秒の間にだれかに盗られたんじゃ・・・」と
今考えると絶対にありえない想像をして
あたふたしていた。というのも、定期兼用で定期が残り4ヶ月ほどあったので
無くなるととんでもない損失なのだ。


しかしいつまでも無いものを探すわけにもいかず

とりあえず流しの仕事のあとにもう一度探そう、と
その場を離れ、歩きながらもう一度ねんのため財布の中を探すと

カードを入れるポケットのクレジットカードの下になぜか入っていた。


「ヒー!!!」

このまったく入れた覚えの無い恐怖。

手品か、老化か、単に馬鹿なだけなのか。

ご迷惑かけた駅員さんごめんなさい。


最近、物忘れのような現象が多い。
昨日の記憶も無いことがある。
(それたただの飲みすぎでは・・・)


もしなにか1つ特殊能力が与えられるなら、絶対に「記憶力」を与えていただきたい。

そういえば昔、カルナヴァルのシェフに
『もしこの中の能力で1つ与えられるとしたらどれがいい?
①一度食べたものの味を絶対に忘れない
②一度食べたもので、何が入っているか全部わかる
③一度見た客の顔と名前を忘れない』

と聞いたら、即答で③であった。

ま、とくに客商売はそうだよなぁ。
でも②って言うかと思ったんだけどな。

ちなみにわしは①です。




今日はカルナヴァルつながりで
シェフがいつも「肉は60度でたんぱく質が凝固し始めるからどうのこうの~(※むずかしくてよくわかんない」と言っているのを
いつかやってやろうと思っていた、低温火入れ。
でもつきっきりで鍋を見る根性が無いので、ヨーグルトメーカーをつかってやってみた。



先日、テレビで名前を忘れたが
料理上手な芸能人も、同じように60度か65度で火入れしてローストビーフを作っていた。

湯煎して火を通していた時点でローストじゃねーじゃんとおもったけど、
低温で火を通すうまさは、わしもいつも鶏肉のときで実感している。

ちなみにおれは「料理上手な芸能人」とかがダイキライだが、(カンタンに本出すから)
その人の料理はほんとにうまそうだった。
(なんて名前だったか・・・ホクト晶と一緒に出てた男のひと、だれか見てたら教えてください)


というわけで、今日はそんな低温ローストビーフを
なんとなくそのひとが作ってたような玉ねぎソースでトライ!


(2人前)

・牛肩ロースか腿肉(塊) 500~700gくらい
◎にんにく(薄切りにする) 1片
◎EVオリーブオイル 大さじ1

★玉ねぎ(みじん切り) 1/4個 ※10分水にさらして、さらしに巻いてぎゅっと水気をしぼる。
★ニンニク(みじん切り) 1片
★粒マスタード 小さじ1
★EVオリーブオイル 大さじ2
★塩 小さじ1/2
★黒胡椒 適量
★レモン汁 小さじ1
★きび砂糖 小さじ1/2
★醤油 小さじ2

☆酒 大匙2
☆ローリエ 2枚
☆にんにく(薄切りにする) 1片




1.牛肉は塩と黒胡椒をして常温に20分ほど置く。
d0159822_2222671.jpg


2.フライパンに◎を熱し、1を入れてすべての面に焼き色を付けるように焼く。
(中まで火を通さず、表面に良い焼き色がつくくらいでOK)
d0159822_22222025.jpg



3.ポリ袋を2重にして表面を焼いた2の肉と☆を入れ、なるべく空気を入れないようにぎりぎりのところで袋をむすぶ
d0159822_22223686.jpg



4.65度をキープしたお湯につけ、70分置く。
(わしゃヨーグルトメーカーにお湯をはり、そこに3をいれてやりました)
d0159822_22224618.jpg



5.★をボウルにいれよく混ぜ、ソースを作る。
d0159822_222347.jpg



6.薄切りにした4を器に並べ、5をかけて完成!
d0159822_22234083.jpg


うまいっ

d0159822_22233835.jpg


玉ねぎ、マスタードをわさびとかにしてもうまいかも。


やっぱり低温火入れはうまかね~


ヨーグルトメーカーがないひとは、鶏肉方式でやってね。
(ストウブや土鍋などでやる方法)



d0159822_12273024.jpg





★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-11-20 12:38
中華風ピリ辛蒸し鶏
d0159822_22543824.jpg


スマホからガラケーに戻そうと本気で考えているが
ラインなどが使えなくなるのに対し、なかなか決断が鈍る部分も多少あるため
なかなか踏ん切りがつかずにいた。

でも本当はラインをやめたいと思うことが多い。

わしゃやはりどうも古風な考えのタイプなのか、ただ天邪鬼なのか、

世の中がどんどん便利になることに反発を覚えるのだ。
(反発しながらも使うんだけど・・・)

なんでもかんでもラインでやりとりしたりするのが嫌になってきて
便利すぎる世の中が何だか馬鹿馬鹿しいとも思い、
不便だった日本に戻ってほしいとさえ思う。
(なのに最新家電好きだという言行相反っぷり)


しかしチャースケに「ガラケーに戻そうかな」というと猛反対された。
ミットゥンのラインスタンプが使えないかららしい。

たしかに・・・ミットゥンスタンプを作るのに
あんなに苦労したのに、使えなくなるのもしのびない。

そう悩んでいると、

今「ガラホ」というガラケーとスマホのあわさったタイプの携帯があるのを聞き(とっくに知ってたけど)、

先日ようやく、電気屋の中にある携帯コーナーに行く機会があった。



もう、ガラケー系のタイプの携帯は売り場の隅に追いやられており

店員に「何かお探しですか?」といわれたので「ガラホをみせてちょう」というと
すごくびっくりしたような顔で「え、ガラホ?」と聞き返された。

まさかガラホをもとめてやってくる客がよっぽど少ないのか、

店員は「なんでガラホにしたいのか」と聞く。

オメーにプライベートなことを話す義理はネェ!というほど深刻な悩みでもないので

「いやーなんか最近スマホに疲れちゃったんだよね。ワハハ」と
若いクラブの女に手を出したけど疲れて
結局戻ったのは古くから行ってる飲み屋の女将に戻りたいというような
黄昏流星群に出てきそうな中小企業の社長のような受け答えをした。


すると店員は「ガラホなんて、中途半端にスマホなのにスマホの料金プランだから損ですよ」と

中途半端な美人の女将に戻る必要あるの?とばりに、女将を、じゃなかった ガラホを非難してきた。

「だったらまだ、ガラケーとスマホの2台持ちのほうがいいんじゃないですか?」と、
とにかく若い女を手放すのはよくないと説得してくる。

悶々と悩んだ末、まだ当分はとりあえずこのまま変えずにいくことにした。

なぜ手を出しちゃったんだろう・・・若い女に・・・

戻りたくても、あの肌のハリから抜け出すのはなかなか勇気もいるのだが

最初からずっとしらなければ楽だったのになぁ。

そういうことって、よくあるよね。

(2人前)

・鶏胸肉 1枚(300gくらい)
・酒、水 適量


★コリアンダーシード(粒) 小さじ1/4
★黒胡椒(粒) 小さじ1/3
★赤唐辛子(乾燥・小口切り) 1本

・生姜(すりおろす) 1片

◎醤油 大さじ2
◎米酢 大さじ1
◎きび砂糖 小さじ1
◎ごま油 大さじ1

・きゅうり 1本

・糸唐辛子 適量
・白すりゴマ 適量
・パクチー(お好みで) 適量


1.鶏肉は冷蔵庫から出し、常温に戻す。

鍋に酒と水を1:1の割合で鶏肉がすべて浸かるくらいの量入れ、沸騰させる。
沸騰したところに鶏肉を入れ、すぐに蓋をして火を止める。
そのまま25分置き、蓋をあけてさらに5~10分置く。

d0159822_19331824.jpg

取り出して中まで火が通っていたら、薄切りにする。
(火が通ってなかったらすぐに鍋にもどし、再度沸騰させて入れ蓋をせず5~10分ほどおく)


2.小さめのすり鉢などに★をいれ、すりこ木でつぶす。
d0159822_22542097.jpg


さらに生姜をいれ、全体になじむように細かくつぶしていく。
d0159822_2254247.jpg


3.2に◎をいれ、よく混ぜる。
d0159822_22542927.jpg


4.きゅうりは3等分くらいに切り、ポリ袋に入れて麺棒などでたたきわる。
d0159822_2254965.jpg



5.4をボウルに入れ、3で和える。
d0159822_22541349.jpg

d0159822_22543386.jpg


6.器に薄く切った鶏肉を並べ、上に5のきゅうり,をのせる。
最後にボウルに残ったタレをまわしかけ、仕上げに糸唐辛子、白すりゴマをふってパクチーをのせ完成!
d0159822_22544212.jpg




コリアンダーシードと黒胡椒のパンチが効いた
ウマ辛鶏。

じつは「暮らしの手帳」にのってたやつ参考。
これまじうまくて何回も作っている。



赤唐辛子の量はお好みで増やしてね。
わしゃ2本くらいが好みです。

箸上げ撮るのわすれた~










d0159822_12443589.jpg

こんなのかってにのせていいのだろうか



★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-11-18 12:45
つくね味噌汁
d0159822_22421863.jpg



チャースケが金継ぎをならいはじめて、昨日もまたその教室の日だった。

そして
「ちゃー(またほめられてん)」と、
またうれしそうに帰ってきた。


先生は、穏やかな性格のおばあちゃんらしく、
とても謙虚でとにかくいつも死ぬほどほめてくれるらしい。

「ちゃー(いつもね、『まぁ~すごく上手ね。とっても上手よ』ってほめられるんよ)」

「それ、みんなに言ってんじゃないの?」

「ちゃー(そんなことないもん)」

「ちゃー(『わたしはね、よくみなさんにすぐほめるね、って言われるけど、そうじゃないのよ。みんなにほめてるんだけど、もし本当に褒められないひとには褒めないでしょ。だからほんとうに褒められるひとにしか褒めないでしょ』っていってたもん」

「でも結果みんなに褒めちゃってんでしょ?」

「ちゃー!」

まぁとにかく、良い先生らしいのはわかった。

しかしそういう先生にめぐり合えたのはうらやましい。

自分のように気性が粗いやつほど、心穏やかなひとに惹かれるのだ。

だれだって褒められたらうれしい。

よく「褒められてのびるタイプです」というやつがいるが
逆にけなされてのびるタイプのひとを、おれは今まで見たことが無い。

みんな褒めてほしいのだ。

みなさんはいかがですか。
「わたしけなされるとのびる」というひとあれば、ぜひコメントください。

さて今日のレシピ。



(2人前)

★とりひき肉 150g
★長ネギ (みじん切り)1/4本
★木綿豆腐 100g
★片栗粉 大さじ1
★醤油 小さじ1
★味の母 小さじ1
★しょうが(すりおろす) 1カケ
★塩 小1/2
★卵黄 1個
★大葉(みじん切り) 10枚




◎かつおだし
◎酒 大さじ2
◎味の母 大さじ2


・味噌 適量


1.ボウルに★を入れ、粘りが出るまで手でよく混ぜ合わせる。

d0159822_2242472.jpg


2.鍋に◎を入れ中火にかける。
沸騰直前で火をごく弱火にして、1をスプーン大さじ1杯強ずつ静かに落としていく。
d0159822_22421061.jpg



3.弱火で4分ほど煮て、いったん火を止めて味噌を溶かし入れる。
再び火をつけ、沸騰直前でひからおろして器に盛る。
ネギをちらし、黒七味をかけて完成!!!

d0159822_2242132.jpg



寒くなってきたから汁ものがおいしい。

d0159822_22422238.jpg



ふわふわのとりつくねに、やっぱり日本はみそ汁が最高だ。

d0159822_12422815.jpg



最高にうまいとりつくね、ぜひみなさんもおためしあれ!!









★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-11-17 12:04
ショートアニメ ~癒しをもとめて・・・~
d0159822_12255578.jpg







d0159822_12245696.jpg









d0159822_1226841.jpg









d0159822_12261375.jpg







d0159822_12261923.jpg






d0159822_12262884.jpg








d0159822_12332253.jpg










d0159822_12271757.jpg


喋るぐでたま人形のために深夜コンビニに走る成人・・・(人?)


















★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-11-13 12:35 | ミットゥン
本格パッタイ
d0159822_20453086.jpg


先日、もう11月なのにハロウィンパーティーをすることになった。

とはいっても結局実際は
一切ハロウィンのハの字も無いただの飲み会であった。(わかってたけど)


ひさびさに友人たちをまねいて我が家で飲むことになり

メニューのリクエストを募ると、おにぎりひろちゃんから「本格パッタイが食いたい」との要望があった。
(おめーはおにぎりじゃねーのか)



じつはかなり前から要望はあったのだが

のばしのばしにしていた。


というのも、パッタイなど作ったことが無いので
よくわからんのだ。


というわけで、今度こそ作ろうと(特におにぎりひろちゃんには仮があったため)

てきとうではなく、

本格パッタイの作り方を研究しに、買い出しにむかった。

まずパッタイとはなにか?原材料を調べましょう、と

色々海外の輸入食材店に行き、よくある「パッタイキット」みたいな、即席で作れるパッタイなどの
原材料名を見てみると

驚くことに(?)いろんなメーカーのパッタイキットの裏の原材料名には

必ず「タマリンド」なるものが入っている。


『ちゃー(タマリンドって、なに?)』


『うーんと、たしかオレンジみたいな柑橘だった気がする』


『ちゃー(それって「まんだりんおれんじ」のことじゃない?』


『そんな気がする』


結局、「タマリンド」と言われて
パッとそれがなんなのかよくわからない。

名前は聞いたことがある。(マンダリンオレンジじゃないのか?)


ほかに、タイ料理系のトムヤムクンスープのキットの原材料などにも
「タマリンド」の文字がある。


なんなのか調べてみると、オレンジではなく
どうやら、いや、どうやらとかではなく
調べても結局タマリンドはタマリンドと言う植物らしい。

詳しくはウィキさんでみてね

結局正体がよくわかんないので


とりあえずタイの食材店にはあるだろうと
もくもく村にあるタイ食材店をネットで探し、さっそくタマリンドを探しに出かけた。


そしてついに、見た目超入り辛い、ゴリゴリのタイ食材輸入店を見つけた。


恐る恐る入って見ると、タイ人のおねえさんが店番をしており

「イラシャイマセー」と日本語で快く迎えてくれた。

ほっとして、『タマリンドさがしてます』というと、


「タマリンドアルヨー」と、2種類のタマリンドの売っている場所に案内してくれた。


1つはまさにタマリンドの果肉をそのまま固めたあやしい黒い塊のようなもので
もう1つはそれをペーストにして瓶にしたものだった。

『これ、どう違うんですか?』と聞くと

どうやらどっちも同じタマリンドだが、果肉の塊ほうは水に浸したりして時間と手間がかかるので
ペーストのほうがおすすめとのことだった。


タイ食材店はおもしろく、見たことのないような調味料や
野菜も売っており、しばらく店内をうろうろして

結局この3つをお買い上げ~
d0159822_20452043.jpg

左から、『シーイウ・ダム』『タマリンドペースト』『センレック(乾燥米麺』である。

シーイウ・ダムは、は、糖蜜入りの醤油らしく
これもパッタイに使うと本格的とのことらしいので購入。


しかしこれが・・・
すごい強烈であった。

においは、発酵したような黒糖というのか、少しすっぱいような、なんか不思議な黒糖で
醤油を混ぜたようなとにかく甘い調味料。

まずこれを結構入れてたれを作ってみたら
どう考えても失敗するオーラがあふれ出たので、やり直し。

ほんのすこーしにして、出直した。(無くてもいいかも・・・)


だれかこのシーウイ・ダムの上手な使い方知ってるひといたら、教えてくだされ。



タマリンドは、こんなかんじのペースト。
d0159822_20452419.jpg

においもほんのり甘く、臭いようなイメージだったがまったくそんなことなし。
使いやすそうだ。



そんなわけで、さっそく本格パッタイレッツクック。

ま、本格のパッタイ食ったこと無い奴が何言ってんだってかんじだが。。


(2~3人前)
◎卵 2個
◎きび砂糖 少々
◎塩 少々

・ごま油 大さじ1.5

★ナンプラー 大さじ3.5
★タマリンド(ペースト) 大さじ2
★きび砂糖 大さじ2
★赤唐辛子(輪切りにする) 1~2本
★シーウイ・ダム 小さじ1/3 ※なくてもイケる気がする

・豚ばら肉(薄切り) 150g
・にんにく(薄切り) 1片
・ごま油 大さじ1


・もやし 1/2袋
・にら(3cm幅くらいに切る) 8本くらい
・ピーナッツ(袋に入れ麺棒で適当にたたいて砕いておく) 大さじ1強
・フライドガーリック 適量
・パクチー 適量
・ライム 適量


・乾燥米麺(センレック) 150g

1.★はよく混ぜ合わせておく。

2.乾燥麺は熱湯に10分つけておく。

3.ボウルに◎をいれ、白身を切るようにして混ぜる。
フライパンにごま油を1.5いれ熱し、1で半熟状のスクランブルエッグのようなものを作って
皿にあけておく。

4.同じフライパンににんにくとごま油を熱し、豚肉を入れて塩、黒胡椒(分量外)を少々して炒める。

5.さらにもやしをいれいため、2の麺も水気を切って入れて炒める。1を回しいれ、手早く絡めるように炒める。

6.さらににらと、3の卵を戻しいれてざっと混ぜる。

7.器に盛り、砕いたピーナッツと、フライドガーリック、パクチー、ライムを飾り完成!


調理過程の写真が無くてすまそん。(パーチーだったので・・・)
d0159822_20452820.jpg




でもにおいなど、けっこうイケてる気がする!
d0159822_20453389.jpg




そして、うまい!

本場のパッタイよくわかんないけど、うまいよ!


いろんなレシピを調べてみたけど
たくあんをいれたり、厚揚げをいれたり、海老をいれたりと
具だくさんのレシピがたくさんあった。

厚揚げは買ったのに、入れ忘れた。

でもうまかったなあ。
個人的にはもっと辛くてもいいなぁ。



でも、また作りたくなるジャパニーズも好きな味。


タマリンドもまだあるし、また作ろうっと。

問題は、シーウイ・ダム・・・。

1lくらいある(;'∀')




〈おまけ〉

きょうのチビねこ・フーちゃん。


料理写真をとるとき、あらかじめ撮影用の机の上に
クロスやおぼんを置いておくのだが・・・

できた料理を運ぼうとしたら、場所をとられていた。
d0159822_2141493.jpg





『フ、フーちゃん』









d0159822_21411288.jpg

「なにか?」











d0159822_21414070.jpg

「ア~」










★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-11-12 12:30 | 料理(ハイカラ)
いろいろキノコの濃厚キッシュ
d0159822_2258443.jpg


我が家は、家の中にある扉の8割くらいが引き戸である。

引き戸だと、チビ猫たちが無理やり開けてしまい
危険な部屋(どんな部屋だ)に入られると困るので
そういう部屋にはマスキングテープで固定したりしていた。

でもマスキングテープだと見た目がかっこ悪いので、なんとかしようと
玄関の内扉にも使用しているこのタイプの鍵をつけたが
これも何度か閉じ込められて生命の危機に直面したこともあったので

今度はとうきゅうはんずで、最強に強い磁石を、
強力な両面テープで固定して、扉の細い側面と壁に貼ったりしてみた。


しかし、結局磁石ははがれ、いつのまにか落ちてどこかに行った磁石がなくなり
「ひーちゃんかふーちゃんが磁石を食べちゃったかもしれん」と大騒ぎして
病院にいきレントゲンを撮り
結局食べておらずチビたちに無駄なストレスを与えてしまってからは
磁石もだめだ、という結論にいたった。

以来、なんとか良い方法はないかと長いこと悩んでいたのだ。


そしてついに、そんなお悩みを解決してくれる、スバラシーアイテムをついに発見した!


これだっ!
d0159822_12143082.jpg



ただのゴムでーす。



これを、引き戸の隙間にはさむだけ!
d0159822_12143654.jpg


なんということでしょう。


これを考えたひとはなんて頭がいいんだろう。
エジソン賞をあげたい。(そんなもの無い)



そしてさっそく購入して、引き戸に挟んでみた。

正直、おれの馬鹿力で開けると、ゴムは落ちて開いてしまうが
チビ猫たちの力では絶対に開けれないくらいの強度ではある。


すばらしい。
ただのゴムの癖に1200円もするのが痛いが、
それでも便利でついつい追加でもうひとつ購入。


あと100個くらいほしい。


おなじ悩みをもつ猫バカのみなさん、ぜひいかがでしょうか。

さてさて今日は、昨日のタルト生地を使った
カンタンおいしいきのこたっぷりキッシュのごしょーかいです。

(17㎝タルト型1台分)

・きのこ(お好みのもの2~3種) 160g
・バター 10g
☆醤油 小さじ1
☆味の母 小さじ1


◎生クリーム 100ml
◎塩 小さじ1/3
◎黒胡椒 少々
◎卵 1個

・モッツァレラチーズ(セミハードのもの) 60g

キッシュ台 1台分




1.フライパンにバターを熱し、適当な大きさに切ったきのこ類を入れ炒める。
塩、黒胡椒(分量外)を少々して下味をつける。
d0159822_22562763.jpg



2.☆を入れ手早く絡ませ、水分を飛ばす。
粗熱をとる。
d0159822_22563945.jpg



3.空焼きしたキッシュ台にソテーしたきのこをいれ、適当に切ったチーズをちらばせる。

d0159822_2257834.jpg



4.ボウルに◎を入れ、白身を切るようにしてよく混ぜる。
d0159822_22564936.jpg

d0159822_22571544.jpg


5.3に4を注ぎ入れ、180度に予熱したオーブンで25分焼く。
d0159822_22573660.jpg



きのこたっぷりの濃厚キッシュ。
食感を楽しむために、何種類か入れるのがおすすめです。

d0159822_22575722.jpg


今回は生クリームだけで仕込んでるので生地がやわらかで濃いです。
でもこういう薄いキッシュはそのほうが合うんだとおもうなぁ。

お好みでベーコンなども炒めていれても。

ぜひみなさんもおためしあれ~








d0159822_12305877.jpg



★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-11-11 12:31 | 料理(ハイカラ)
タルト生地 極丁寧解説つき
d0159822_2241211.jpg


先日、「キッシュのタルト生地が上手く焼けないから細かく説明してほしい」とのご要望をうけ

このめんどくさがりがまさかの全工程ごく丁寧解説でご紹介にふみきった。

ここまで細かく書くと、いままでいかに自分がテキトーにレシピを書いていたかを
実感する。

いや、もっと昔はもう少し丁寧に書いていた気がするが
年々雑に、むしろレシピを書くのがめんどうになったせいか
どんどんカンタンなものしか作らなくなっている自分がいることに気がついた。(本当は前から知ってたけど~)

最近どうもヤルキが出ず、ヤルキスイッチの場所を探しているのだが見つからない。

なんか鏡を見ても常にこういう目をしてる気がする↓
d0159822_12311932.jpg




いや、ヤルキはあるのだが、目が開いてないだけかもしれん。


休日は料理をしなければ、と思うのに
ついつい近所の居酒屋ですましてしまい、


先日も、せっかくの休日は爆睡するぞー!と思っていたのに
結局石ちゃんと朝の4時まで飲み・・・

翌日の昼からの茶道のお稽古はフラフラの二日酔いで挑み、
抹茶を飲んで吐きそうになった。(←サイテーすぎる)

今年あと2ヶ月・・・今の楽しみはもう忘年会のみ!

がんばるぞぉ~

お~



<18cmタルト型1台分>

★薄力粉 200g
★塩 小さじ1/2
★きび砂糖 大さじ1

・菜種油 大さじ5
・水 大さじ4




1.タルト型に、バターをぬる。溝の部分もしっかり、丁寧につける。
d0159822_22364337.jpg



2.1に小麦粉を大さじ1ほど入れて、全体に粉が付くようにする。
d0159822_2237221.jpg


最後はひっくり返して強めにポンポンと底をたたいて、余分な粉をしっかりはらい落としておく。

こんな感じになればOK。生地を作っている間は冷凍庫で冷やしておく。
d0159822_2237989.jpg




3.タルト台を作る。フードプロセッサーに☆を入れて混ぜ合わせる。

4.オイルを入れて再びまわし、サラサラにする。
水を入れて、さらに攪拌して、生地がこんな感じでぽろぽろになり、指でつまむとしっかり形づくくらいの硬さになればOK。

d0159822_22363755.jpg

台に出して、手でひとまとまりにする。

5.タルト型よりも一回り大きいジップロックなどのふくろを用意する。(マチ無しのもの)
d0159822_22371747.jpg



6.袋の中に生地を入れ、麺棒で均等の厚さにのばす。
d0159822_2237258.jpg


※生地は袋の端までは伸ばさなくてもいいけど、タルト型のひとまわりおおきくなるように。
d0159822_12363836.jpg



7.6の袋を切り開いて、

ひっくりかえすようにして1のタルト型に、生地をしきこむ。
d0159822_22375081.jpg


指の腹で、角をしっかりうめるように、丁寧に生地をしくのがぽいんと。
d0159822_12361270.jpg



さらに、また側面の生地をすこし指で押さえるようにする。
d0159822_12362773.jpg


8.側面も密着できたら、型の上を麺棒で転がして、余分な生地をおとす。
d0159822_22375648.jpg


9.さらに、また側面の生地をすこし指で押さえるようにする。
d0159822_2238260.jpg


その時の抑え加減で、型から5mmほど生地が飛び出るようにする。
(ただし抑えすぎて折角均等に伸ばした生地がゆがまないように注意!!)

↓5㎜程型よりも出ている写真
d0159822_22381045.jpg




さらに、底にフォークで穴をあける。側面の角も、角にそってフォークでぶすぶすとさす。
d0159822_22381519.jpg



10.型の一回り大きいくらいのオーブンペーパーを、くしゃくしゃに細かく丸める。
d0159822_22382132.jpg


※このとき、オーブンシートもちゃんと角までいきわたるように敷くのがポイント。
d0159822_22401891.jpg


11.それを型にしき、上からタルトストーンをしきつめる。
※古くなった豆などでもOK。

180度に予熱していたオーブンで10分焼く。
d0159822_22403241.jpg





12.タルトストーンとオーブンシートをはずして、さらに8分焼く。
d0159822_2241211.jpg


これで空焼きは完了です。

d0159822_2242667.jpg

ここから、キッシュの生地を入れてさらに焼きますので
この時点ではまだ生地の焼き色は薄いくらいでOK。




焼く前に生地を型からほんの少し出して焼いたので
焼きあがったときにちょうど型の高さになりますだ。
d0159822_22441123.jpg


たとえばお菓子に使うとき、レアチーズなどでこれ以上生地を焼かない場合は、
タルトストーンをはずしてから15~20分くらい焼けばOKです。




また、今回は作りやすいように
タルト型のサイズに対して、多めの生地で仕込んでいるので、

余った生地がけっこうでます。

その際は、こんな感じであまった生地をまとめてのばして、お好みのサイズに包丁をいれ、
上から塩、黒胡椒をかけて180度のオーブンで18分ほど焼けば
おいしいおつまみになります。
d0159822_2243990.jpg




あー、つかれた。


久々に書ききった充実感だ。



ぜひみなさんもごさんこうにしてくだされ~







d0159822_12322328.jpg







★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-11-10 12:33



ベジタリアンのミットゥンと肉食チャースケのご飯日記
by ミットゥン
タグ
(516)
(482)
(363)
(339)
(201)
(170)
(134)
(132)
(92)
(87)
(72)
(65)
(59)
(52)
(51)
(42)
(37)
(29)
(27)
(17)
(15)
(12)
(10)
(7)
(6)
(5)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
登場人物紹介
ミットゥン
チャースケ
漫画付きレシピ
料理(ハイカラ)
料理(かんたん)
料理(副菜、その他)
料理(メンドうまい)
おやつ
パン
自己紹介
その他
弁当
未分類
以前の記事
2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
お気に入りブログ
おとなは、だれも、はじめ...
ハンドメイドな日々
沢ぱん日記
shina_poohな日...
知りたがりやの食べたがりや
夕方に台所で・・・
やわらぎをもって。
イギリス ウェールズの自...
歌花史庵 かかしあん
うひひなまいにち
ごはんとおかずと日々のつ...
僕とマダムと先生と
アベマリアのハッピーテーブル
犬とご飯と雑貨。
spring comes...
1/f breeze
kun-kun+kuro-ro
Life style
アインのしっぽ
バニラのお菓子ライフ
Cheminee de ...
mogumogu * Leaf
亜麻仁
つばさ雲
エットハミアメドとお料理...
がびあーの家の毎日
山麓風景と編み物    
London Scene
ろこりん♪の毎日。
ゆるロビ生活
カザルパロッコのネコ(C...
walking slow...
田園都市生活
ちょっと寄り道
平凡人日記
NO ANCHOVY, ...
ひなたの小部屋
ミニチュアブルテリア ダ...
日々の暮らし ☆ mam...
一日一歩
La prima ste...
日々道場
にじいろ日記
丁寧な生活をゆっくりと
さっちんきっちん
やねのうえのわんこ
ホウロウダイアリー
5plus2and2
ステンドグラス こもれ...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
カザルパロッコのネコ
The cats inside
Can of Good ...
★ミットゥンのラインスタンプ販売中!


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!
d0159822_12455074.jpg






エキサイトブログ以外のお友たち
Mシュナ Richardより愛を込めて

トレモロの響きにのせて

某医大正estateのごはんブログ


Can of Good Goodies

豆好き

yamatoyome ~沖縄生活~

パスタファイター

ぱっちとPUっ♪


THE CULINARY TRIBUNE

stadio r(食フォトギャラリー)

la table

Bay Alien

ビストロ カルナヴァル

スペース大原

★沖縄日記記事がオススメブログに!
那覇
旅行口コミ情報

★チャースケがツイッターを始めた?!
『_Charsuke_』で検索!


★広告メール対策の為、コメントを承認制にしました

コメントだいかんげいです!
お気軽にどんどんコメントチョウダイ!

★ウーマンエキサイト「おいしい!」に以下の記事を掲載していただきました。

緑のヘルシーポテサラ


米粉のブルーベリーパンケーキ


簡単!イカのトマト煮込み


カレー風味の鶏グリル


マグロの味噌漬けどんぶり


車麩の海老チリ風炒め


自家製甘納豆


牡蠣と温玉の韓国風サラダ


ヘルシーフムス


温泉たまごで!濃厚オリーブオイルアイス


過去最高のビーフシチュー


簡単ヘルシー!豆乳杏仁プリン


節分に!豪華海鮮太巻き


ブルーチーズと納豆のパスタ


しあわせのメープルパンケーキ


柚子トマトうどん


ポテサラと食べる絶品フレンチトースト


パスタでビックリ!ちゃんぽん麺


やめられないトマラナイ!メープルナッツ4種


しっとり茹で鶏の特製ピリカラだれ


ワインが進む君!トマトチーズビスコッティ


海老と豆腐の卵とじ中華丼


塩鮭とろみ中華どんぶり


野菜のうまみの詰まったヘルシーシチュー


韓国風!イワシのピリ辛しょうが煮


刺身の残りで!絶品ヅケ茶漬け


梨と豆乳のやわやわプリンと滑らかジェラート


絶品!中華スープがけ納豆ご飯


簡単!刺身でユッケ風どんぶり


あっさり!あさり二ラーメン


高貴な味!メープル小豆の豆腐クリーム添え


お店の味!海鮮あんかけ かたやきそば


春巻きの皮で作る!海老とアボカドの豆腐キッシュ


火を使わない!ピータン豆腐どんぶり


バター不使用!ココナッツとあんずの全粒粉スコーン


熱ヒヤ!豆乳坦々つけ麺


薄焼きがポイント!ザクザクフルーツクッキー


夏のビールの共に!ヤムウンセン


ひんやり!さっぱりカレーきしめん


ピーナッツバターで本格的なタレ!棒々鶏うどん


二日酔いの朝にやさしい アボカドとホタテのおかゆ


レストランの味の濃厚ニョッキ


お肉無しでも絶品ビビンバ


自然の甘みのおやつ!ドライフルーツまるごとクッキー

パーティーに!絶品ヘルシー板麩でラザニア

とろ~り絶品!洋食屋さんのクリームコロッケ

フレッシュトマトの絶品ラタトゥイユ

海老の殻は捨てちゃ駄目!濃厚豆乳ベシャメルソース

とろとろ手羽先の韓国風煮込み

とろーりチーズのかかったトマトのモツ煮込み

フレッシュトマトで作るエビチリ
卵一個で!豆乳スフレ

残り野菜で!韓国トッポギ

トマト肉味噌でヘルシー冷麺
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
居酒屋ごっこ・五月編
from cool witch
生存報告。
from ハムログ
居酒屋ごっこ
from cool witch
塩麹を使ったおかず など..
from 海のむこう 空のむこう
おおそうじのフルーツクッ..
from 海のむこう 空のむこう
ポテトマカロニサラダwi..
from 知りたがりやの食べたがりや
イギリス歯医者の話 - ..
from 坂の上にある家 
白練りごま
from 坂の上にある家 
冬至の夜
from 坂の上にある家 
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧