タグ:おすすめ調味料 ( 15 ) タグの人気記事
牛ミノとキャベツの甘辛炒め
d0159822_23591431.jpg



うちは飲み物専用の冷蔵庫がある。

そこに主に瓶ビールや、ウィルキンソンのジンジャーエールやら炭酸やらが入っている。

そして、キンミヤで割る用のグレープフルーツジュースも入っている。

どうせ酒で割るもんなので、ここは別にストレートとかにこだわっているわけではない。
(もちろん100%にはこだわるが)
コンビニで200円くらいで買える、1lのサンキストかなんかのパックのやつだ。

このグレープフルーツジュースは、二日酔いの朝にもけっこう役立つ。

以前も書いたような気がするが、二日酔いの朝に水を飲むと
逆にはきそうになる。
二日酔いには適度な糖分が必要だと思っている。

だから俗に、ポカリスエットが良いとか
米を食べるのがいいとされているのだろう。

おれはポカリは嫌いなので、二日酔いの朝は
グレープフルーツジュースを朝飲むようにしている。

あのフラフラで気持ちわるい朝
なんとかはいつくばって冷蔵庫まで行き
グレープフルーツジュースを持ち上げた瞬間、

「軽っ!」

パックの中を覗くと、見事に空である。

「チ、チャースケー!」

あいつはいっつもおれのグレープフルーツジュースを飲んじまう。

そしてなぜか空のパックを冷蔵庫にしまっておくのである。

この腹ただしさといったらない。

飲んじまうのは1000歩譲って、なぜ空のパックをしまっておくのか。

それも毎回である。

「コンビニでグレープフルーツジュースかってこーい!」

「チャー!(わかりました!)

「なにしてんの、はやく行ってくれよ!」

「チャー!(おかねください!)」

「・・・」


こんなかんじで、毎回コンビニに走るチャースケ

しかし昨日は、帰ってきたとたんに袋を放り投げ

「チャ~~!!!(うんちもれる!!!)」と

トイレに駆け込んでいった。

『なんじゃアイツは・・・』

そう思って、チャースケの放り投げた買い物袋を見ると、

なぜか玄米茶とゆで卵が入っていた。

・・・

グレープフルーツジュースって言ったのに・・・。


お酒は本当に控えよう、と思った朝であった。

さてさて、そんなことを言いながらも
今日も酒好きの甘辛テッパンレシピのご紹介です。


《1~2人前》

・牛ミノ 100g
・牛乳 適量
・キャベツ(ざく切り) 200g
★味の母 大2
★醤油 大1/2
★きび砂糖 大2/3
★味噌 大1
★にんにく(すりおろす) 1片
★豆板醤 小1/2

・ごま油 大1
・糸唐辛子 適量



1.ミノは表面に格子状に切れ目を入れて、ボウルに入れて
牛乳を浸るくらいそそいで30分ほど置く。

d0159822_23592444.jpg




2.1をザルにあけてよく洗い水気をしっかり切って再びボウルに入れ、
★を入れてよく和え、このまま30分~出来れば3時間ほど置いておく。

3.フライパンにごま油を熱し、キャベツと2を入れて炒める。

d0159822_23594296.jpg




4.キャベツがしんなりして、ミノにも火が通ったら器に盛り、
仕上げに糸唐辛子を飾って完成!
d0159822_23595146.jpg



甘辛いたれがしっかり絡んだミノ。
格子状に切れ目を入れておくことで、歯で食みやすい食感に。

酒のつまみはもちろん、ごはんのおかずにも!



d0159822_00077.jpg

カンタンなのでぜひおためしを~




《おまけ》

おすすめ調味料シリーズ


いつも買うラウデミオのオイルが切れたので買いに行ったら
お金が足りなかったので違うものを買おうと悩んでいたら

とても親切で熱いオネーサンが、熱くオリーブオイルを語ってくれた。

そのなかでも、一番こいつに熱がこもっていたので
購入してみました。


d0159822_23523867.jpg

フェリーチェ モディカ 500ml(¥2700)

シチリアのオイル青りんごのようなフルーティーな香りがあるといっていた。
ラウデミオが好きなら、これも個性があっておすすめとのこと。
たしかに、ラウデミオほどの癖は無いけどオリーブ独特の香りは強く
なかなかおいしかったです。




d0159822_12483053.jpg


★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg


★おまいさん、まだ買ってないの?★

ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2015-03-23 12:30 | 料理(かんたん)
笑っちゃうほど柔らかい!タコのやわらか煮
d0159822_1926111.jpg


タコの柔らか煮・・・
初めてどっかの店で食べたときは、なんでタコがこんなに柔らかくなるのか?
へんな調味料いれてんのか?と疑ったものだ。

大体、タコはあの歯ごたえがうまいのじゃないか!
と思った時期もあったが
最近やたらめったら「タコのやわらか煮」が食べたいのだ。
(歯が弱いとかじゃないよッ)

タコのやわらか煮をつくるには、まず生のタコを手に入れなければならない。
しかし、生のタコはその辺のスーパーなんかでは手に入りにくいうえに
あったとしてもお高いのが現状だ。

それでも・・・それでもアタイはたこが食べたいんじゃ!

金に糸目はつけんから、タコ売っちくり!

唯一、もくもくデパ地下には
たまーーーに、生だこが入荷する。

毎日あるとは限らない。

おれはもくもくデパートにいくたびに、「タコ、うっちくり!」と願いながら
地下に行くのだ。
生だこがあった日にゃ、「これ、半身ください!」と飛びつく。
(金に糸目はつけん、とかいいながら、半身しか買えないのであった)


しかし、その日買ったタコはなんと塩もみされていた。
そう、デパートは親切心からか「塩もみしてあります」とよけいなことをして売ってくれている。

たしかに、タコは塩もみするのが基本だ。
しかし「やわらか煮」に限っては、塩もみは厳禁である。

塩もみはタコを硬くするのだ。


いきなり出鼻をくじかれたが、それでもとりあえず
買ってしまったものはしょうがない。

それで仕込んだが・・・やはりだめだ。

後日リベンジを誓い、またもくもくデパートにタコを求めに行った。

しかし、なかなか出会えない。

毎回、ハゲた鮮魚売り場のオッチャンにも、
「あ~きょうタコ入荷してない~」を繰り返される。

入荷しとけ!ハゲ!じゃない、タコ!


そして「今日もだめだろうな・・・」とあまり期待しないで寄ったある日

チャースケが「チャー!チャー!」と、タコ発見!

でかした!

見ると、やはり「塩もみしてあります」と書いてある。

だめもとで、オッチャンに「塩もみしてないの、無い?」と聞くと
「あるよ」と、ひとこと!


か、かくしてんじゃねぇ~よ~ ハゲ!じゃない、タコ!

「ふーん、塩もみしてないのがほしいの?いいよ」
と、気さくに裏の倉庫から持ってきてくれた生タコを、しかも半身だけ売ってくれた。

ありがとう、おっちゃん。ハゲとかいってごめんね。

さて、ようやく久々に究極のタコのやわらか煮を食せた。
イヤホ~

(2人前)
・生たこ 1/2匹 ※内臓を取り除く
・塩麹 大2
・片栗粉(または大根おろし)適量

☆かつおだし汁 600ml
☆醤油 大1
☆酒 大3
☆味の母※ 大3 ※無ければみりんで代用OK 
☆塩 小1/2


①生だこは片栗粉をまぶしてよく揉み洗いし、水を替えながら洗う。
2回ほど片栗粉洗いをする。
d0159822_1926319.jpg



②ポリ袋に生だこを入れ、塩麹(または大根おろし1カップくらい)をいれよくもみこみ
1時間~1晩ほど置く。

③大根か、瓶の側面でタコを均等にたたく。
叩いたら、タコの足を1本1本切り分ける。
d0159822_19311070.jpg


④鍋に☆をいれ煮立て、③を入れて蓋をしごく弱火で1時間半じっくり煮る。

そのまま煮汁の中で冷ます。
d0159822_19263288.jpg


④食べやすい大きさに切って完成!
d0159822_19271361.jpg


これがもう、ほんとに笑っちゃうほど柔らかいのだ!
d0159822_19273371.jpg


蒸しあがったさつまいもに竹串を刺すかのごとく、箸でスッと入る。
d0159822_19273274.jpg


その味わいは、もう絶品。
料亭に出てきてもおかしくないぞ!
d0159822_1927492.jpg



ポイントは、タコは絶対に塩揉みしないこと。
塩もみするとやわらかさは本当に半減する。

しかし塩麹は、やはり麹のちからなのか?
柔らかく仕上がる。
でも塩麹は、無ければこの工程は無しでもOK。
一番のポイントは『塩もみしない』だろう。

あと、タコを叩く理由は、たこは全身筋肉の塊でしかも筋繊維に方向性がないので
叩いて筋繊維を適度にばらけさせることで軟らかくなるということらしい。

大根で叩くのはダイコンの硬さが、タコに傷がつかず丁度よいからだ。
(大根の酵素ジアスターゼの働きで柔らかくなる、というが、これは叩いたくらいでは
まったく関係ないような気がする思う。
それを利用するというなら、片栗粉でなく大根おろしで洗うというほうが期待できる)
※後日、片栗粉ではなく大根おろしで洗ったら
さらに柔らかく仕上がった。さらに洗ったあと、大根おろしにしばらく漬け込んでおくと良い。
絶対大根おろしで洗うのがおすすめ!!


そうそう、タコは生臭いので
最初にしっかり洗うこと。
どうしても臭いが気になる場合は、煮る前にさっと下茹でし、
冷水にとってぬめりを取るといい。




ああ、明日も食べたいタコのやわらか煮。

でもそれは明日生タコに出会えるか、という運命によるのだ!


《おまけ》

上の調味料で『味の母』とあるが・・・しってるひとは知っている

これが味の母だ!
d0159822_19274520.jpg


マクロビアンなひとたちには有名かな?
おれも昔よく使っていて、引っ越してから近くに売ってる店がなくなったので
しばらく使っていなかったが、
ここに越してきて近くに売っている店があるので
また使い出した。

やっぱり、味の母はすごい!

ああ、説明が遅れました。

味の母とは、
米と米こうじを主原料として日本酒の基となる「もろみ」を醸造し、
食塩を加え、さらに糖化工程を経て長時間熟成させた醗酵調味料だということ。
みりんの要領で使うといいが、
みりんとはまた違った独特の風味で
みりんより甘みがある気がする。

これと醤油とちょっとの酒で、余った刺身のヅケなんか作る最高にうまい。

値段も安いので、1本あるとかなり料理上手になれます。

使い方は、まー初めはみりんの代わりに使う感覚でいいと思います。
だんだん、「この料理には味母かな」みたいな感じでわかってくると思う。
とくにこんなタコのやわらか煮にはぴったり。


また手に入るようになってウレシイな~。


ま、通販でも買えるんだけど・・・→★味の母

気になる方はぜひお試しを~



・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-11-16 12:36 | 料理(かんたん)
余ったラタトゥイユで簡単絶品オムライス
d0159822_19215472.jpg

あの忌わしい日から1ヶ月半・・・

油断していたとところにまた現れた!


この世で一番大嫌いな・・・あの黒光りの忌々しいやつ!


いや、正しくはこの世で一番大嫌いなのは
「テンジン」だ。

テンジンとは、おれのこの世で一番嫌いなろくでもない
超性格の悪い教師である。

おれは、卒業文集に「ゴキブリよりテンジンが嫌い」と、しっかり書いてある。

話がそれた。
テンジンはどうでもいい。





今回はリビングに出現。

きれいにしているつもりだが、なぜだ?

なぜなんだー!



ショックのあまり、Gについて徹底的に調べる。



やはり、1匹いると何百匹といる可能性もある。
また、Gはチリやホコリ、木のクズなど、なんでもありとあらゆるものを
食べるらしい。

オマエらの大好きなコンバット、24個も置いてあげたじゃないか。
それを食えよ。


隣人の家から進入してきたり、とんできたりして住み着くらしい。
メスは、1回の交尾で一生分の精子を得るらしい。

なんてヤツらだ!

この少子化社会に!


しかし、2回目ということもあり
今回は冷静に戦うことが出来た。


そして、あらたに「コンバット ハンター」なる、
さらに効きそうなやつを12個追加してあげた。


我が家はもはやコンバット屋敷である。

チャースケが間違って食べないことを祈る。





かかってこい!Gめ!


ゴキジェットも買ってきてやったぞ!


おれはいつかGに勝つ。



さぁ、今日は一気になにもする気がなくなったので
先日のラタトゥイユの余りを使った
簡単ごはん。


はぁ・・・しかし落ち込むべ。

(1人前)
ラタトゥイユ 1カップ
★トマトケチャップ 大2
★バルサミコ酢 大1/2

・ごはん 180g
・塩、胡椒 各少々

☆卵 2~3個
☆塩、きび砂糖 各少々
☆水 大1
・オリーブオイル 大1

ラタトゥイユ(仕上げ用) 適量


①フライパンに★を入れて煮詰める。
d0159822_19222333.jpg



②煮汁が煮つまってきたらごはんをいれ、手早く炒める。
塩、胡椒で味を調える
d0159822_19222070.jpg


③皿にあけ、丸く集めて軽く形を整える
d0159822_19225394.jpg



④☆をよく溶きほぐし、小さめのフライパンに
オリーブオイルをしっかり熱したら一気に流しいれ、
手早く円を書くように10回程度混ぜたら手を止め、半熟状で火からおろす。
d0159822_19223786.jpg



⑤③の上に④をのせ、ラタトウィユを上からかけてかんせい!

d0159822_19225181.jpg



なんという手抜きレシピ!

でもラタトゥイユは、じっくり作ったトマトソースに劣らない
むしろおいしいソースなのだ。
d0159822_19231240.jpg


だからこのオムライスが美味しいのはあたりまえ!
d0159822_1923817.jpg



ポイントは、①でしっかり煮詰めること。
でないとご飯がべチャべチャになっちゃうよ。(ま、逆にリゾット風にしてもおいしそうだが)
d0159822_192326100.jpg



卵は贅沢に3個使うと一気に豪華になる。
2個と3個ではだいぶ違うのだ。
その辺はお好み(&体調に相談して)で。


ほかに海老やチキンなど、具を入れたい人はもちろん入れてもOK!
その場合は①の前に具を炒めてから★を入れて煮詰めよう。




簡単お手軽なのにお店の味!の絶品オムライス

ラタトゥイユが余ったら、

いや、寧ろ余らせて作ってみよう!






《おまけ》

おすすめ調味料『バルサミコ酢』

バルサミコって色々ある。年代物の高いものだと、
中古車くらい買えるんじゃない?ってなほどの値段もつく。

ただ、高ければ高いほどおいしい、というのも違う気がする。
(もちろん、そんな何十年ものとかは食べたことないけどさっ)

「ある程度の値段のもの買えば美味しいだろう」というのは
間違い、ということである。

4~5千円するものでも、
ワインビネガーに着色料、香料、カラメルなどを混合させた
本来のバルサミコとは違うものが多くあり
酸化防止剤など添加物が入ったものも多い。

そんな中、ぶどう果汁100%で作られた
ほんとにおいしいバルサミコの紹介

【バルサモ・ディヴィーノ】

d0159822_19503260.jpg

イタリアのマルピーギ社のバルサミコ酢。

濃厚でとろりとしていて、甘みがつよくほのかな酸味。
料理にちょっと入れるだけで、ぐーんと味がひきしまる。
このラタトゥイユに使ったのも、もちろんこれだ。

料理はもちろん、ハードチーズにかけても最高。
熟成のパルミジャーノにかければ、最高のワインの友だ。

あまり興味のない人からしたら「バルサミコに4000円?」と思うかもしれないが、
絶対試す価値はある。

プレゼントしても喜ばれますぞ。


マルピーギ バルサモ・ディウ゛ィーノ 6年物




・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-10-05 12:55 | 料理(ハイカラ)
乳製品&豆乳不要!とろけるなめらか絶品杏仁豆腐
d0159822_19525429.jpg


おれが日本で、いや、この世で一番おいしいとおもう杏仁豆腐は、
ミチオのニンニンどうふ」だということは過去の記事にも書いている。

しかしミチオは気まぐれなので
いつ販売しているかわからない。

ワンカップを買う金が無くなったら、にんにんどうふを販売するのだ。


どうしても、あの喉越しなめらかな杏仁豆腐が食べたい!

よくある、甘ったるくて生クリームとかが入っている杏仁豆腐とは
まったく別物だ。
なんつーか、軽いのだ。

あれは、風邪をひいたときや体調が悪い時や二日酔いのときにも
スルスルっと入っていく。


どうしても杏仁豆腐が食べたくなったおれは
仕方なく作ることにした。

と思ったら、アララ 冷蔵庫には豆乳はおろか牛乳もない。

大丈夫!それでも絶品杏仁豆腐ができるよ!

(2~4人前)

☆カシューナッツ 35g
☆水 250g

★水 900g
★棒寒天(適当な大きさにちぎる) 4g

・きび砂糖 60g
・アーモンドエクストラクト 大1 ※アーモンドエッセンスなどの場合は数滴


・好みのフルーツ(巨峰、桃、マスカット、パパイヤなど) 適量

◎和三盆糖 大4
◎水 大5

①鍋に★をいれて2~3時間浸しておく


②☆をボウルにいれ、30分置いておく。
d0159822_19532117.jpg



③シロップを作る。
◎をソースパンに入れ、火にかけ、
弱火でつねにかき混ぜながら和三盆糖をとかす。

和三盆糖が溶けたら、冷ましてから瓶などに移して冷蔵庫で冷やす。

④②をミキサーにかけ、なめらかになるまでしっかり攪拌する。
d0159822_19532126.jpg





④①を弱火にかけ、10分間時々混ぜながら煮る。

寒天が溶けたら④ときび砂糖をいれ、よく混ぜながらさらに1~2分煮る。

火からおろして、粗熱が取れたらアーモンドエキストラクトを入れて
よく混ぜ、バットに移す。完全に冷めたら冷蔵庫で半日ほど冷やし固める。
d0159822_19533712.jpg


⑤好みの幅に切り、器に盛る。
d0159822_19533734.jpg


⑥さらにフルーツをたっぷりいれ、③のシロップを少しかけて完成!
d0159822_19535219.jpg




フルーツはたっぷりいれて食べたい。
なんでも好みのものでいいけど、水分の多い果物がおすすめ。
d0159822_1954122.jpg


杏仁豆腐はとろける絶妙なやわらかさ!
d0159822_19541688.jpg




シロップは、このみでメープルやはちみつに代えてもいいけど
和三盆のさっぱりした甘さがこの杏仁にはよく合う。


カシューナッツでミルクを作ると、コク深くておいしい。
ほかにもくるみやアーモンドでも作れるよ。
こういったナッツで作る、通称「ナッツミルク」は、アメリカなどでの海外では
豆乳と同じようにヘルシー飲料として売られていたりして
珍しくはない。
乳製品も、豆乳も苦手!というひとにはおすすめ。
d0159822_19541556.jpg



《おまけ》

おすすめ調味料・・

調味料というか、香料?

香料といっても、
このバニラエクストラクトと同じメーカー(Flavorganics)のもので、科学香料の添加や、薬品を使ってのアルコール抽出はしていない。

(でもバニラエクストラクトは完成した自家製のやつを使ってるけど)
d0159822_20181528.jpg


これを入れるだけで、一気に杏仁豆腐の香りになりまっせ!




d0159822_124004.jpg

そろそろ出動か?


・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-10-03 12:42 | おやつ
自家製だし醤油
d0159822_2124787.jpg


おれのブログを以前から読んでくれている人は気づいていると思うが、

よくレシピの材料に「だし醤油」が出てくる。

だし醤油とはなにか?

まぁ、だしの入った醤油だわさ。

といってしまえば簡単だが、

じゃあだし醤油なら何でも良いかといったら
全然違う!

むしろ、マズイだし醤油なら使わないほうが良い。

しかし美味しいだし醤油なんてのはめったに売ってない。
スーパーに行って、見てみれば解ると思うが

殆どのだし醤油には訳もわからない添加物が沢山入っている。

無添加のだし醤油を探すほうが難しい。

ただ、無添加でも美味しいとも限らない。

だからおれは、ずっとこういうダシ系の元、みたいな調味料は嫌っていたのだが
このあらや滔々餡ので売ってた『加賀のだし醤油』に出会ったときに考えが変わった!

これはすごい!立派な調味料だと感動した。(おおげさ?)

もともとは、石川県の温泉の帰りに
あらやの温泉卵と一緒に横に売っていて(滔々餡は温泉卵が有名)、
店の人が「これ、温泉卵にかけると美味しいですよ」と言ったので
ついでに購入したのがきっかけだ。

温泉卵はもちろん美味しかったが、それよりもだし醤油にはまってしまった!



そんなわけで、無くなっても
みどりママの石川県に住んでいる舎弟に送ってもらったり、として長年使い続けていたのだが、
最近みどりママの舎弟が音信普通になり

仕方なく自分で滔々餡に問い合わせたが連絡とれず

他においしいだし醤油はないかと探していた。

しかし中々おいしいのは出会えなかった。

ならば自分で作ろう!
と、なんどか試みたがイマイチ。

「どーすっかなー」と、漫画を読みふけっていたとき

ふと『音やん』に濃縮ダシの作り方がのっていたのを思い出した。
漫画を引っ張り出し、もう一度よく読む。

漫画では「濃縮だし」とあるが、ようは「だし醤油」だろう

というわけでさっそく仕込んだ!


これが、最高の出来だった!

(約900ml)

・醤油 3カップ
・みりん 1カップ
・清酒 1カップ
・かつおぶし 2カップ(約16g)
・だし昆布(適当な大きさに切る) 20g
・干ししいたけ(適当な大きさに割る) 20g


①材料をすべて琺瑯などの鍋に入れ、そのまま1晩置く
d0159822_21231711.jpg



②翌日そのまま火にかけ、煮立ったら弱火で3分ほど煮る
d0159822_21233310.jpg



③煮詰めたらザルでこし 余熱が冷めてから容器に移す
d0159822_21233877.jpg




水を加えていないのでカビもはえず長く使えるようだ。
d0159822_21234880.jpg



しかも超簡単。こんなんでいいの?って思うくらい。


冷奴にかけると、旨みがよくわかる!
d0159822_21261055.jpg


ただ、加賀の料亭だしと比べると、これは砂糖類が入ってないので
甘みはみりんのほんのりした程度。

甘めのだし醤油を仕込みたいときは、好みできび砂糖等を少しいれると良いと思う。
(おれも次は砂糖入りで作ろうと思う)
料理に使うなら、少し甘みがついていたほうが使いやすいからだ。



料理を作って、『ちょっとコクが足りないな』とか思ったときに
ちょっといれるだけで全然違う!

今日からアナタも料理上手!


あたりまえだけど、材料はちゃんとしたものを使おう。
特に醤油・みりんは昔ながらの製法で作られたおいしいものを使ってね。



★今回使った醤油→井上古式じょうゆ
※甘みがあっておいしい醤油です

★今回使ったみりん→三河みりん

ぜひ参考に。


★みんなも音やんを読もう

音やん 1 (アクションコミックス)

中村 博文 / 双葉社





今日はだし醤油について熱く語ってしまった・・・




・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-09-06 12:30 | 料理(副菜、その他)
外カリっ・中しっとり!たまごスコーン
d0159822_19462149.jpg


おれはタマゴが好きだ。

そんなこと誰でも知ってるって?

そう、料理はもちろん、タマゴをたっぷり使ったお菓子も好きだ。

シフォンケーキとか、カステラとかプリンとかね。

あの、口に入れた瞬間ホワッと広がる
タマゴの風味がすきなのだ。

以前、衝撃的に好みのスコーンを食べた。
モクモクパン屋に売っていた、その名も「たまごスコーン」。

今まで食べたどのスコーンよりもおいしい!

おれは、あの本場イギリスの全く甘くないスコーンはどうも苦手だ。

かといって、やたら甘いスコーンもだめ。

何もつけなくてもおいしい、
ほんの~り甘い?くらいのちょうど良い甘さのスコーンがすきなのだ。

そして、外カリ・中シトの絶妙な食感。

口に広がるタマゴの風味!

その日から、おれのたまごスコーンの研究は始まった。
しかも、なるべくバターを使わないかで出来ないか研究した。

来る日も来る日もスコーンを焼き続けた。
毎日毎日、1週間スコーンを食べ続けた。

あまりに多いので、チャースケにも毎日持たせ、おやつに食べるように
命じた。

しかし、ヤツは飽きたのか
カバンに入れっぱなしで食べてないことも多かった。

そのたびにおれにカバンの中から発見されては怒られ、
チャースケはコソコソ逃げ出すのだった。

チャースケがスコーンを見るのが若干トラウマになりかけたそのころ

ようやく満足いく仕上がりに出来上がった
たまごスコーン!

卵好きはぜひお試しあれ。

(4個分)
★薄力粉 140g
★アーモンドパウダー 20g
★塩 小1/3
★きび砂糖 40g

・マカダミアナッツオイル 大4
・卵 1個(45g)
・ヨーグルト 大1 ※豆乳や牛乳でも代用可

①フードプロセッサーに★をいれてざっと全体が混ざるまでまぜる。
d0159822_19463133.jpg


②溶き卵とオイルをよく混ぜあわせたものをいれて撹拌。
ヨーグルトも入れて、まとまるまで撹拌する。
d0159822_19472926.jpg


③ポロポロっとこんな感じになったらOK!
取り出して、4等分にする。
d0159822_19474095.jpg


手で軽くまとめる。強く握らないように、やさしく
まとめる感じで。
d0159822_19475812.jpg



④180度に予熱したオーブンで20分焼く。
d0159822_1948893.jpg



キレイな卵色に焼きあがる。
あまり濃い焼き色はつけたくないので、オーブンによっては
170度くらいにしてもいいかも。
d0159822_1949574.jpg



外側はカリッと、中はシットリ!
理想のスコーンだ。
d0159822_195087.jpg



ほんのり甘く、塩味も良い感じに効いているので
そのまま何も付けなくてもおいしいが

お好みでジャムや蜂蜜をつけても。

d0159822_194912.jpg



非加熱の蜂蜜をつけて食べてみた。
d0159822_19492626.jpg


ウマイ!

・・・でも、やっぱなんも付けなくてもおいしい。


卵の風味がガツーンとくるスコーンなので、
ぜひ卵は平飼いなどの新鮮なおいしい卵を使ってね。

オイルもマカダミアのほかに、なたね油やオリーブオイルでも。
オリーブオイルだと風味が強いので、なるべくクセのないオイルが
いいとおもう。
溶かしバターでもいいよ。


好みで紅茶葉を入れたり、チョコチップやピールを入れたり・・・
いろいろアレンジしてね!


しかし、先週はよくスコーン食べたわ。

もう当分いいかな。



《おまけ》

マカダミアナッツオイルとは?
d0159822_19493556.jpg

という質問が来そうなので、一応紹介。

その栄養価の高さ、バランスのよさから
「King of nuts」と呼ばれているらしい。

オリーブオイルよりも更に一価不飽和脂肪が豊富で、
そのほとんどがオレイン酸。
一価不飽和脂肪は心臓によくて、
悪玉コレステロールを下げる効果があると言われている。

更に更に、他のオイルにはほとんど入ってない
「パルミトレイン酸」という一価不飽和脂肪が20%も
含まれているんだと!

体に良いだけではなく、味も美味しい。
ナッツの香りがして、サラダに塩とこのオイルをかけるだけで
ほんとにおいしい。

なんといってもこのオイルの良いところは
熱にも強いので炒め油にも、こうやって焼き菓子にも使える。

不思議なことに、焼き菓子に使うとバターっぽい風味になる。
(事実、チャースケはこのスコーンをバターをたっぷり使った
スコーンだと思っていたらしい)

他のオイルでも色々スコーンを作ったけど
これが一番おいしく出来た。


おいしくって体によいオイル。
ぜひ1家に1本常備して欲しいオススメのオイルだ。




d0159822_1223349.jpg

ってか
チャースケ、いい迷惑・・・


・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-01-24 12:07 | おやつ
アボカドディップで食べる カマンベール・チーズケーキ
d0159822_2313121.jpg


先日、チャースケがパティスリー・ル・ラピュタのゴルゴンゾーラを
買いに行ったが
、残念ながら売り切れて、
仕方なく『ゴーダチーズケーキ』を買ってきた。

そんなチャースケ、こんどこそゴルゴンゾーラチーズケーキを
手に入れるべく、リベンジ!ということで

またまた千円札を握りしめ、『えきゅーとうえの』へ向かう。

今度はスムーズに、到着!

なんの連絡も無かったので、「ああ、今度は売り切れてなかったんだな」と
楽しみに待っていた。

ホクホク顔で帰ってきたチャースケ

チ:「ちゃー!」

得意顔でチーズケーキの箱を差し出す

ミ:「おお~ゴクロウサン!ありがとありがと~
どれどれ・・・


ん?」



・・なんと、箱の中は

またゴーダチーズケーキが入っていた。




ミ:「・・・・。

チャースケ、これ、ゴーダチーズケーキだよね・・?」

チ:「・・・・?」

なんと、チャースケは、前回『ゴーダチーズケーキ』を買ったため、
頭の中はすっかり『ゴーダチーズケーキ』を買うもんだと脳みそが思い込み、
やつの頭の中は『ゴーダチーズケーキを買う』ということになっていたのだ。

チャースケにとって、『ゴルゴンゾーラチーズケーキ』と、『ゴーダチーズケーキ』などと、
横文字をいっぺんに2つも覚えれなかったのだ。

よって、チャースケは当然のようにゴーダを買って帰ってきたのだ。

・・・・



紙に書いて持たせればよかった



まぁ、ゴーダもおいしいからいいんだけどね。

とにかくハマッているチーズケーキシリーズ。

そしてだいぶはまりまくっている自家製カッテージレシピでまた作った。

もういい加減いいわ!っていわれそうだが、
しつこく研究は続く・・・

ああ、カルローズじゃなくて自家製カッテージコンテストがあれば
応募しまくるのにっ

そんな自家製カッテージ、今度はまたまたシャレ山なオードブルに
変身した。

添えたディップにもカッテージを使うという気合の入れよう。
スバラシイ!

【つくりやすい量】

自家製カッテージチーズ 160g
・カマンベールチーズ 130g
・ M1個
・きび砂糖 30g
☆塩 小1/2
☆ブラックペッパー(あらびき) 適量
☆コーンスターチ 大1

・ドライイチジク(黒) 4~5個 ※好みで白イチジクや、レーズンなどでも 
・くるみ 20~30g 

★自家製カッテージチーズ 50g
★アボカド 75g(1/2個くらい)
★醤油 小1/2
★にんにく(すりおろし) ほんの少し(小1/8位) ※入れなくても良い
★チリペッパー 適量
★塩、こしょう 適量

①自家製カッテージチーズをフードプロセッサーにかける
(作り方はここ参照)
そこにカマンベールチーズをいれ、なめらかになるまで混ぜる。

②さらに、そこにきび糖をいれ、さらにしっかり混ぜ合わせたら卵をいれ
なめらかになるまで混ぜる。
☆をいれ、なめらかになるまで混ぜたらOK
d0159822_2314287.jpg


③ドライイチジクは適当な大きさに切る。くるみはフライパンで乾煎りするか、150度の
オーブンで15分焼いておき、粗く砕いておく。
パウンドケーキ型にオーブンシートを敷き、イチジクとくるみを全体に散らす
d0159822_2315526.jpg


④粗挽きのブラックペッパーをたっぷりふり、180度に予熱したオーブンで
28分ほど焼く。
d0159822_232550.jpg


⑤完全に冷めたら型から出し、冷蔵庫で冷やしておく
d0159822_2321767.jpg


⑥好みの大きさに切り分けて、★をフープロで合わせたディップを添える。
d0159822_2323444.jpg


こんなふうに、ちっこく切るとつまみやすいし、ちょっとしたオードブルにも!
d0159822_2325399.jpg


カマンベールはわりと淡白な味わいなので、このアボカドディップがよく合うのだ。
アボカドディップは、味を見ながら塩、こしょうで調整を。また、変色が気になる場合は
レモン汁をいれるといい。
d0159822_233361.jpg


アボディップをつけて~

ああー、おいしい。これ、好きだわー。
d0159822_2331433.jpg


ドライイチジクと胡桃がいいね。

これは(わかるとおもうけど)、先日のブルーチーズケーキを作った時に、
「次はカマンベールで作ろう」と思ったもの。

今回はタルト生地を作るのが面倒だったので、もっと手軽にできんかと
こういう形にした。
コメントをくれたtamo_hanさんが、「カマンベールであらびきコショー入れた
パウンドケーキ作ったことあります」といっていて、
『これだっ!』とおもったのだ。

ま、これはパウンドケーキじゃないけどね。


ブルーチーズケーキの時より、チーズの量が卵に対して少なめなので、
もっと食べやすい、たまごっぽい仕上がり。

だから、題名に「チーズケーキ」と書いたが、どっちかっていうと
「チーズケーキ」という感じじゃないなぁ~(じゃあ何なんだ)

うーん、ブラックペッパーがいいね!
まさに酒のおつまみです。

自家製カッテージを作った時は、ぜひお試しを~


《おまけ》

先日、おもしろい野菜を見つけた。
産直市場みたいなコーナーにおいてあった野菜。

見よ、こんな色鮮やかな野菜!名前は書いてなかった。
d0159822_2333882.jpg


『サラダ向き』とかいてあったので、もちろんサラダに。
シンプルに塩、こしょう、おいしいオリーブオイルのみで!
d0159822_2335059.jpg


食べた感じは・・・硬めのサンチュっぽい。

なんかを巻いて食べるほうがおいしいとおもった・・。

ちなみに、うちのサラダ用の塩で、最近(でもないが)はまっている
オススメの塩。

『キパワーソルト』
d0159822_235814.jpg

ちょっと変わった塩で、硫黄のような独特の風味がする塩。
最初は「えっなにこの塩、変な味」と思ったが、これがまた癖になるのだ。

サラサラしていて使いやすい。
これとオリーブオイルで、めっちゃおいしいサラダになる。
フラックスオイルに混ぜて、パンにつけるのもおすすめ。

ただし、調理用の塩としてはあまり不向きだと思う。


d0159822_12564246.jpg



「っていうか、もう自分で買いに行けば・・・?」

とおもったら

・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-06-30 20:01 | おやつ
ステキな誕生日ディナー
先日、あの店が3周年を迎えたとのことで、
少し遅れたが、久々にかけつけてきた。

おめでとう!

というつもりで行ったが、

なんと!

シェフは、先日のチャースケの誕生日祝いにと、

またまたサプライズなゴチソウを用意してくれていた!!

何が出てくるのかと思ったら・・・

塩釜焼き!
d0159822_1259778.jpg

このろうそくは、誕生日を意味しているのだろうか

どうみても『ご臨終』にしか見えないが・・・
しかも、バットのまま。笑



d0159822_12592164.jpg

「はい、これで割って。」と満面の笑みで
重い肉たたきみたいなやつを渡すシェフ

中から出てきたのは・・・



d0159822_12593573.jpg

ラム肉だった!!

「チャースケは2個ね」と、3切れのラム肉。
下には超滑らかなマッシュポテト

付け合せのきのこも、ソースもうまい。
d0159822_12595072.jpg

塩釜にはミントが混ぜられていて、さわやかなミントが肉にも
ほんのり移っている。

なんでも、塩釜焼きは、ラムの火入れには最高の調理法なんだそうな



骨の髄までしゃぶっていると、



d0159822_130894.jpg

こんどはなんと、マッチャンお手製のシフォンケーキまで!

しかも、チャースケの大好きなブルーベリーソースで
用意してくれていた。
d0159822_130179.jpg

泣けるなぁ~
よかったなぁ~チャースケ


ほんとうに、幸せな時間をすごせました。

本当に本当に、いつもありがとう!


われわれにとって、とても大事な店です。
今後も、よろしくね!



おまけ

先日、カレーを作ろうと思ったら

愛用のカレー粉がなくなったので
買いに行った。

すると、面白いものを発見。

カレー粉辞典
d0159822_13101162.jpg

どうせ、スパイスがいっぱいついてて
自分で混ぜるんだろうな・・・くらいに思っていたが

なんと中身はこんな丁寧に各スパイスの特徴などが書かれていた
d0159822_13102366.jpg
d0159822_13103377.jpg


すごい!

さっそく、カレー粉作り

まずターメリックをオレンジ色になるまで弱火でじっくり炒める
d0159822_13104579.jpg
d0159822_13105419.jpg

これが大変だった

d0159822_131142.jpg

そんでほかのスパイスを混ぜる

そのまま、冷めるまでおいて、ビンで保存・・・

さっそくカレーでも作るか、と思うと・・・

ん?
d0159822_13113270.jpg

一ヶ月後から使える・・?


あ、そんな寝かせるの・・・?

とりあえず、すぐ使えるカレー粉、かってこなきゃなぁ・・・
(わしゃアホか~)

d0159822_1312383.jpg

d0159822_13115334.jpg

いままで使ってたカレー粉の空き瓶に入れて、

まぁ、とにかく一ヵ月後が楽しみですな。
・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-04-03 13:22 | その他
ワインが進む君!トマトチーズビスコッティ
d0159822_2061963.jpg


いつも酒を飲むとき、おれは「チビチビ食べる」ことが出来ない。

つまみが目の前にあるとバクバク食って、
いつもつまみが足りなくなる。

よって、最後は腹いっぱいで異常な苦しさ。
でも、しあわせ。ウフフ・・・

でも、最近は「かっこいい飲み方」として、
チビチビ飲む訓練をしている。

というわけで、ガッツリつまみを作るのではなく、
ちょっとしたチビチビつまみのお供になるおやつを紹介。

結果はどうだったかって・・・?

案の定他のつまみもガッツリ作ったよ・・・


(約25本分)
★薄力粉 100g 
★全粒薄力粉 60g
★ベーキングパウダー 小1/2

☆トマトソース(好みのもの) 大3
☆オリーブ油 大1
☆塩 小1
☆甜菜糖 40g
☆卵 1個

・チーズ(好みのもの) 50g
・くるみ 30g
・薄力粉(まぶす用) 適量
・ドライバジル 適量

①ボウルに☆を入れ、泡だて器でまぜる。全体がまぜ合わさるくらいでOK.
(しっかり泡立てなくてよい)
d0159822_2071568.jpg

②ふるった★を入れ、ゴムベラで切るようにまぜる。粉気が残ってる時に
チーズとくるみをいれ、しっかり粉気がなくなるまでまぜる
d0159822_207284.jpg
d0159822_2075262.jpg

③オーブンペーパーの上に幅5cm×25cmくらいのナマコ型になるように成型する。
手がべとつく様なら、手に水をつけながらやるとよい
d0159822_2081078.jpg

④その上に薄力粉とドライバジルを全体にまぶしつける
d0159822_2082352.jpg

⑤180度に予熱したオーブンで20~25分焼く
d0159822_2083864.jpg

⑥焼けたら取り出してそのまま冷ます。

⑦冷めたら包丁で1cm幅に切る。
d0159822_2085297.jpg

⑧切り口を上にして150度に予熱したオーブンで15分、
裏返して更に15分焼く
d0159822_2092660.jpg



d0159822_2010015.jpg

これはワインが止まらないおいしさ!
甘いだけのビスコッティとは違って、まさに酒のつまみだ。
d0159822_20105981.jpg

チーズはチェダーやパルメザンがオススメだが、
くせのあるブルーチーズ系でやっても大人な味わい。
上級者はぜひお試しを。

チーズの他に、オリーブや好みのナッツを入れたり、
砂糖をもっと減らしてドライレーズンなんか入れてもいいかもしれん。
d0159822_20111345.jpg

トマトソースは、ただのペーストのものを使ってもいいし、
いろいろフレーバーが入っているものでもなんでもお好みで。
ちなみにおれのトマトソースはこのときの残りを使ったよ。

日持ちもするのでたくさん作って常備しておけば、
「おうおう、つまみがねーぞぅ」ってときに大活躍することうけあい。

ぜひおためしを!


おまけ

(おれのオススメ調味料)

今回も登場する「ベーキングパウダー」について

よくお菓子作りなどで登場するベーキングパウダー。
要は「膨張材」なのだが・・・

一般的に手に入りやすいベーキングパウダーの中には
「アルミニウム」が入っているものが多い。


「アルミニウム」って??

「アルミニウム」は裏の原材料のところに書いてないから大丈夫、
って思っても、違うのだ!
「アルミニウム」は『焼きミョウバン』の成分の中に入っている。
焼きミョウバンは、昔から染物や消化剤として、使われていた物質らしい。
アルツハイマーの原因にもなると騒がれたこともあり、
どこまで人体に影響があるのかはわからないけど、
やはり不要なものだから入ってないに越したことは無い。

もちろん、ベーキングパウダー自体が添加物だから入れないのが一番だけど、
やっぱりお菓子つくりには欠かせない場合もあるので
ちょっとしたことだけど、気をつけたいよねー。

d0159822_20142179.jpg

ラムフォード ベーキングパウダー

値段もそんな高くないので見つけたら買ってみては??

自然食品店や大きな製菓材の店などで手に入るよ。

d0159822_16362966.jpg


いつもおうえんありがとう
明るい未来の為に・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_12544571.jpg

by mittun-chasuke | 2010-10-25 20:21 | おやつ
梨と豆乳のやわやわプリンと滑らかジェラート
d0159822_19265951.jpg
d0159822_1927966.jpg


ぴんぽ~ん

ミ:「はいはーい」 がちゃ

ミチ:「おう」

ミ:「あれっミチオじゃん!どしたの」

ミチ:「俺よ~、昨日誕生日だったんだけど、梨が100個もミドリママから届いたんだわ。
おれ、梨嫌いなのに」

ミ:「ああ、そ、そうなの。で、おれにもらってくれって?」

ミチ:「おおっと。タダじゃー、ねぇ。あげれないよ。うへへ」

ミ:「・・・つまり酒と交換しろってか。
やだっ!
じゃあ、梨イラナイっ!」

ミチ:「ああ~いけず~。頼むよ、こんなに、梨食えねーよ。
ね、ね、おれ、昨日誕生日。
梨10個と、久保田の千寿、で、どう?」

ミ:「ええ~おれの大事な千寿と?梨10個?なんか割に合わない」

ミチ:「じゃ~万寿」

ミ:「もう、おまえ帰れ!」


結局、百寿で手を打った。

大量の梨、ただ食べるだけでは飽きてしまいそう!なんて贅沢な悩みの時に
ぜひ作ってほしいいちおしデザートの紹介。

(作りやすい量)

梨(小ぶり) 2個 ※大きい梨なら1個
☆レモン汁 大1
☆水 大1
☆和三盆糖(他の砂糖類でも) 大1

★豆乳 500g
★和三盆糖(他の砂糖類でも) 60g ※ジェラートにする場合はもう少し多めにする
★バニラビーンズ 1/2本 ※無ければバニラエクストラクト 小1くらい
・粉寒天 小2(3g)

・梨 1/2個(ジェラートにする場合)

【プリンにする場合】

①蓋の重い鍋に、いちょう切りにした梨と☆を入れ、ごく弱火にかけ
蓋をして梨が透明になるまでじっくり蒸し煮にする。※途中焦げ付きそうなら水をちょっと足す
d0159822_19555997.jpg
d0159822_1956638.jpg

d0159822_19572686.jpg

②バニラビーンズはサヤを縦半分に切り、中の種をしごき出す。
別の小鍋に、★を入れ(バニラビーンズはサヤと種もすべて)弱火にかけ
混ぜながら5~8分煮る。
※吹きこぼれないように注意!がんばって絶えず混ぜ続けよう
d0159822_19564382.jpg

2/3量くらいに煮詰まったらOK

③ミキサーに②を濾し器でこしながら入れる。
d0159822_19565835.jpg

そこに①の梨も入れて、ミキサーでなめらかになるまで
かける
d0159822_19571375.jpg

④容器に入れ、あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固める。
冷やし固まったら角切りにして器に盛る。
d0159822_19574468.jpg

【ジェラートの場合】

①~③はプリンと同

④容器に入れ、あら熱が取れたら冷凍庫で6時間以上冷やし固める。
固まったのをブロック状に切り分け、フードプロセッサーでなめらかにする。
d0159822_19593022.jpg

※はじめはまとまらない感じだが、ずっと混ぜてると突然なめらかなジェラートのように
なるよ!
なかなかならない場合は豆乳を小1足そう。


なめらかになったらボウルなどの容器に移す。

⑤梨1/2個を5mm角に切り、④に混ぜ全体にいきわたるよう混ぜ合わせる。
d0159822_19595370.jpg
d0159822_200759.jpg

⑥器に盛り、あればスライスした梨をそえてかんせい!
d0159822_2002323.jpg


プリンも、絶妙な柔らかさで、なんともうまい!
好みでメープルやはちみつをかけても。
d0159822_2003832.jpg
d0159822_200466.jpg

おれはジェラートのほうがオススメ!
最後に混ぜた梨の食感が最大のポイント。
これ、梨の旬の間にはぜひともつくってほしいが、もちろんりんごなどでもできる。
d0159822_201381.jpg

ジェラートなど冷たくすると甘みが感じにくくなるので、砂糖は少し多めに。
もしくはフープロでなめらかにする段階で、味を見て甘みが足りなければ足すと良い。

ヘルシーなのに、少し豆乳を煮詰めることでコクが生まれ、
大満足まちがいなしのデザートになるよ。

すこし面倒なように思えるが・・・作ってしまえばそんな大変じゃないわ。
だって、容器を2つに分けて、ひとつは冷蔵庫、もうひとつは冷凍庫に入れるだけで
2種類もデザートができるなんて!

これぞ真のズボラ料理!?

d0159822_16574529.jpg



おまけ(おれのおススメ調味料)

よく、おれのおやつに出てくる「バニラエクストラクト」とあるが、
これは「バニラエッセンス」とは違う。

バニラエクストラクトとは、バニラビーンズを
水とアルコールにつけてバニラ液を抽出したもの。

バニラエッセンスはグリセリンなどの溶剤を加えたエッセンスで
ようは食品添加物のかたまり。

バニラエクストラクトとは香りも味わいも格段に違う。
これがおれの使っているバニラエクストラクト。
d0159822_20141028.jpg

これ、おいしいしずっと愛用しているが、問題がひとつ。
それはめっぽう高いこと。
59mlで1500円位する。
無くなりそうになると、落ち込んで死にたくなる。

そこで!
自家製のバニラエクストラクトを仕込んでいる。作り方はかんたん。
ウォッカ750mlにバニラビーンズのさやを3本くらいいれるだけ。
半年後くらいから使えるらしいが・・・
d0159822_20135020.jpg

今4ヶ月目。だいぶ色がついてきた。
はたしておいしくできるのか!これができれば750mlもあるのだ。
もう死に追い込まれることもないだろう。




いつもおうえんありがとう
明るい未来の為に・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_12544571.jpg

by mittun-chasuke | 2010-09-15 20:19 | おやつ



ベジタリアンのミットゥンと肉食チャースケのご飯日記
by ミットゥン
タグ
(516)
(482)
(363)
(339)
(201)
(170)
(134)
(132)
(92)
(87)
(72)
(65)
(59)
(52)
(51)
(42)
(37)
(29)
(27)
(17)
(15)
(12)
(10)
(7)
(6)
(5)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
登場人物紹介
ミットゥン
チャースケ
漫画付きレシピ
料理(ハイカラ)
料理(かんたん)
料理(副菜、その他)
料理(メンドうまい)
おやつ
パン
自己紹介
その他
弁当
未分類
以前の記事
2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
お気に入りブログ
おとなは、だれも、はじめ...
ハンドメイドな日々
沢ぱん日記
shina_poohな日...
知りたがりやの食べたがりや
夕方に台所で・・・
やわらぎをもって。
イギリス ウェールズの自...
歌花史庵 かかしあん
うひひなまいにち
ごはんとおかずと日々のつ...
僕とマダムと先生と
アベマリアのハッピーテーブル
犬とご飯と雑貨。
spring comes...
1/f breeze
kun-kun+kuro-ro
Life style
アインのしっぽ
バニラのお菓子ライフ
Cheminee de ...
mogumogu * Leaf
亜麻仁
つばさ雲
エットハミアメドとお料理...
がびあーの家の毎日
山麓風景と編み物    
London Scene
ろこりん♪の毎日。
ゆるロビ生活
カザルパロッコのネコ(C...
walking slow...
田園都市生活
ちょっと寄り道
平凡人日記
NO ANCHOVY, ...
ひなたの小部屋
ミニチュアブルテリア ダ...
日々の暮らし ☆ mam...
一日一歩
La prima ste...
日々道場
にじいろ日記
丁寧な生活をゆっくりと
さっちんきっちん
やねのうえのわんこ
ホウロウダイアリー
5plus2and2
ステンドグラス こもれ...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
カザルパロッコのネコ
The cats inside
Can of Good ...
★ミットゥンのラインスタンプ販売中!


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!
d0159822_12455074.jpg






エキサイトブログ以外のお友たち
Mシュナ Richardより愛を込めて

トレモロの響きにのせて

某医大正estateのごはんブログ


Can of Good Goodies

豆好き

yamatoyome ~沖縄生活~

パスタファイター

ぱっちとPUっ♪


THE CULINARY TRIBUNE

stadio r(食フォトギャラリー)

la table

Bay Alien

ビストロ カルナヴァル

スペース大原

★沖縄日記記事がオススメブログに!
那覇
旅行口コミ情報

★チャースケがツイッターを始めた?!
『_Charsuke_』で検索!


★広告メール対策の為、コメントを承認制にしました

コメントだいかんげいです!
お気軽にどんどんコメントチョウダイ!

★ウーマンエキサイト「おいしい!」に以下の記事を掲載していただきました。

緑のヘルシーポテサラ


米粉のブルーベリーパンケーキ


簡単!イカのトマト煮込み


カレー風味の鶏グリル


マグロの味噌漬けどんぶり


車麩の海老チリ風炒め


自家製甘納豆


牡蠣と温玉の韓国風サラダ


ヘルシーフムス


温泉たまごで!濃厚オリーブオイルアイス


過去最高のビーフシチュー


簡単ヘルシー!豆乳杏仁プリン


節分に!豪華海鮮太巻き


ブルーチーズと納豆のパスタ


しあわせのメープルパンケーキ


柚子トマトうどん


ポテサラと食べる絶品フレンチトースト


パスタでビックリ!ちゃんぽん麺


やめられないトマラナイ!メープルナッツ4種


しっとり茹で鶏の特製ピリカラだれ


ワインが進む君!トマトチーズビスコッティ


海老と豆腐の卵とじ中華丼


塩鮭とろみ中華どんぶり


野菜のうまみの詰まったヘルシーシチュー


韓国風!イワシのピリ辛しょうが煮


刺身の残りで!絶品ヅケ茶漬け


梨と豆乳のやわやわプリンと滑らかジェラート


絶品!中華スープがけ納豆ご飯


簡単!刺身でユッケ風どんぶり


あっさり!あさり二ラーメン


高貴な味!メープル小豆の豆腐クリーム添え


お店の味!海鮮あんかけ かたやきそば


春巻きの皮で作る!海老とアボカドの豆腐キッシュ


火を使わない!ピータン豆腐どんぶり


バター不使用!ココナッツとあんずの全粒粉スコーン


熱ヒヤ!豆乳坦々つけ麺


薄焼きがポイント!ザクザクフルーツクッキー


夏のビールの共に!ヤムウンセン


ひんやり!さっぱりカレーきしめん


ピーナッツバターで本格的なタレ!棒々鶏うどん


二日酔いの朝にやさしい アボカドとホタテのおかゆ


レストランの味の濃厚ニョッキ


お肉無しでも絶品ビビンバ


自然の甘みのおやつ!ドライフルーツまるごとクッキー

パーティーに!絶品ヘルシー板麩でラザニア

とろ~り絶品!洋食屋さんのクリームコロッケ

フレッシュトマトの絶品ラタトゥイユ

海老の殻は捨てちゃ駄目!濃厚豆乳ベシャメルソース

とろとろ手羽先の韓国風煮込み

とろーりチーズのかかったトマトのモツ煮込み

フレッシュトマトで作るエビチリ
卵一個で!豆乳スフレ

残り野菜で!韓国トッポギ

トマト肉味噌でヘルシー冷麺
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
居酒屋ごっこ・五月編
from cool witch
生存報告。
from ハムログ
居酒屋ごっこ
from cool witch
塩麹を使ったおかず など..
from 海のむこう 空のむこう
おおそうじのフルーツクッ..
from 海のむこう 空のむこう
ポテトマカロニサラダwi..
from 知りたがりやの食べたがりや
イギリス歯医者の話 - ..
from 坂の上にある家 
白練りごま
from 坂の上にある家 
冬至の夜
from 坂の上にある家 
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧