タグ:パスタ ( 51 ) タグの人気記事
チャースケのギトギトミートソース
d0159822_22451111.jpg

師走ですね。
毎年ながらこの時期は参るくらいに忙しい。

忙しいと、凝ったもんを作る気になれないのに
(暇でも嫌だが)

チャースケがまた「ちゃー(みーとそーすぱすたがたべたい)」と駄々をこねはじめた。

「もう勘弁してくれ!おまえは馬鹿の一つ覚えみたいにミートソースミートソース言うて、ばかなのか!(※たぶんバカです)
休みくらいゆっくりさせてくれ!」と怒ると

急にめずらしく反論せずスタスタと台所にいき
ごそごそはじめたので

やや心配になって「なにしとんねん」と様子を見に行くと

インターネットを見ながらなにやら一生懸命作っていた。

ちょっとイヤミっぽく、「ちゃー(みーとそーすをつくっています)」という。

どうやら、自分で作ってでもどうしても食べたかったらしい。

そんなわけで、今日はチャースケのミートソース作りを実況風にお届けします。

でもどのネットのサイトを参考にしたのかわからない為
分量や手順など詳細は不明ですのであしからず。





まず、白ねぎと玉ねぎをみじん切りを炒める・・・
ここにドボボボボ~!!と、揚げ物でもやるのかといわんばかりに
大量に油を入れて炒め始めたので
「ちょ、ちょいちょいちょいちょ~い!!!!入れすぎだろ!!」
と止めると、(もう入っちゃってたけど)

「ちゃー(だっていんたーねっとにたくさんいれるってかいてあるもん くちだししないで)」と
反抗してきた。反抗期か。
d0159822_2241139.jpg


それを炒め始めること、何分だろう・・・蛍くらいの火で延々と炒めているのに
全然色が変わらないので
「火弱すぎじゃね?」というと、自分でもおかしいと思ったのか
少し火を強めてようやくこんな感じになってきた。
d0159822_22412286.jpg



そこからいったんねぎを取り出し、
同じフライパンに
いきなり大家族かと言いたいくらいの大量のひき肉と小麦粉?かなんかをいれ、
d0159822_22411835.jpg


色が変わるまで炒めたらまた肉を取り出し、
先ほどのねぎを戻してまた肉をいれ(なんでいったん肉を取り出したの?)
d0159822_22412662.jpg



別のフライパンで何か色々合わせて煮立たせ・・・(なんだろう?醤油とか酒とか塩とか唐辛子でしょうか?)
d0159822_22413364.jpg



煮詰めたヤツを肉とねぎの鍋に入れ、
d0159822_22413829.jpg



多分ここでトマト缶とローリエを入れ、
d0159822_22415095.jpg



しばらく煮込んでようやく完成したらしい。
d0159822_2242047.jpg



「ちゃ~(あじみして~)」と言われ、味を見ると

ウッ・・・あ、あぶらっぽい・・・

しかもなんか味がぼけている。

微妙な顔をしていると、ここまで4時間かけたのに的な表情で
寂しそうにおれを見つめ、

「ちゃー・・・(まずい・・・ですか・・?)」と
なぜか敬語で聞いてきた。

多分塩分が足りんのだろう、と、塩とか適当に入れて調整したら
なんとか食べられるミートソースになった。


ここまで4時間。

午前11時に作り始め、ようやく出来たのは午後3時。

ちなみに
昼ごはんのために作り始めたのに、ヤツは途中で腹へってラーメンを食っていた。


ここで疲れきっていたチャースケも、
もう一分張りしてパスタを茹で始めた。

(そんなに好きなのか・・・)と半ば感心して見ていると

ようやく「ちゃー!!!」と大声をあげて持ってきたのがこの1皿!

d0159822_22422710.jpg

もう、欲望の塊丸出しである。(※これ1人前です)


d0159822_22423062.jpg



さっきラーメン食ったくせに、よう食うな・・・


さすがにミートソースは半分ほど余ったので
冷蔵庫に入れておいたら

翌日豚の角煮並の油が固まって表面が覆われていた。



まさに、チャースケのミートソース。

気になる方はぜひ挑戦を。











d0159822_12281854.jpg

もう2度と自分で作りたくないチャースケは、
最後の「ミットゥンころがし」も忘れない・・・・








★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-12-17 12:32 | 料理(メンドうまい)
生ハムペンネカルボナーラ oishii
d0159822_20485561.jpg


毎晩、寝つきが悪いため

布団に入ってから1時間くらいは本や漫画を読んで
だんだん眠くなるのを待つのだが

最近なかなか寝られず
結局ふとんに入ってから3時間くらいたってようやく寝られる。

そして翌朝は異常に眠く、
計算問題の目覚ましも正解率5%くらいのひどい結果である。


いつも思うのだが、「睡眠貯金」があればいいのに・・・とおもう。

ドラえもんの道具にありそうだな。

あの寝られなかった3時間を、朝にまわせたら最高だ。

寝れない時間を貯めて、朝に使うのだ。

そうできたらどんなに最高だろうか。

いつか未来が進化したら・・・ドラえもんができれば・・・・
睡眠貯金もできるかもしれない。(できねーか)

未来といえば、先日バックトゥーザフューチャーのマーティの未来に行った日が
2015年の10月21日でしたね。
とくにブログで絡みませんでしたが、大ファンのわしはもちろん忘れていませんでした。
(ちゃんとその日に記念に映画をみました)


でも結局、現実は2015年には車は空を飛んでないし
裁判も弁護士制度が廃止されてないしスピード裁判になってないし
一瞬で焼けるピザのトースターもないし



でも「ナイキの自動靴紐」は、記念に限定で発売されるらしい。
映画はようにシュピーン!シュピーン!と自動で一瞬で靴紐がしまるが、
実際発売されるやつの動画は「ウ・イィィィーーン・・・」みたいなスローペースだった。
手で結んだほうが早そうだが・・・


でもほしい。


話が脱線したが、

結局何が言いたかったのかというと、


早く寝られる方法を知ってたらf誰かおしえてください、ってことです。

というわけできょうのレシピ。

今日は生ハムをつかった濃厚カルボナーラ!

(2人前)

☆生クリーム 30ml
☆牛乳 20ml
☆卵黄 2個
☆モッツァレラチーズ(セミハードのもの) 50g
☆塩 ふたつまみ
☆黒胡椒 少々

・生ハム 適量
・フライドオニオン適量


・ペンネ(乾燥) 150gくらい



1.ペンネは表示時間より気持ち短くゆでる。
d0159822_2048395.jpg



2.ボウルに☆を入れよく混ぜる(チーズは細かく切る)。湯せんにかけ、とろみが出るまで混ぜる。
d0159822_20473042.jpg



3.茹でたペンネを入れ、手早く和える。この間も湯せんして混ぜるが、とろみが十分ついているなら湯せんからはずして和える。
d0159822_20481149.jpg


全体に合わさったら、生ハムをちぎっていれまたよく和える。
味を見て塩味を調整する。
d0159822_20483849.jpg


4.器に盛り、フライドオニオンをかける。
d0159822_20482133.jpg



さらにお好みの量の生ハムをのせ、黒胡椒を多めにかけてかんせい~
d0159822_20484959.jpg



普通カルボナーラは、カリカリに焼いたベーコンを入れるが
今回は生ハムなので、カリッとした食感担当をフライドオニオンにやっていただいた。

d0159822_2049068.jpg



いつもは生クリームを入れないが、今日は余っていたこともあり、
生クリーム入りで。
やぱり濃厚~

もちろん、牛乳でやってもOKです。


つまみ用にペンネにしたけど、もちろん普通のパスタでOKです。
d0159822_2049542.jpg




ちなみに、これにチーズをかけてオーブンでやいてパスタグラタンにするのもうましです。
d0159822_21145633.jpg



ぜひおためしあれ~






d0159822_12272117.jpg

あのジャケットもほしい。








★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-10-30 12:30
ほうれん草と自家製パンチェッタの濃厚カルボナーラ
d0159822_2211514.jpg


おれは子供が嫌いである。
嫌いと言うか、苦手である。(一緒だ)

仲の良い知人の子供だったりで、「こいつカワイイなぁ」と思う子はいるが
基本的に知らないその辺を走り回っている子供はひとつもかわいいとは思わない。
むしろ公共の場所で大騒ぎしているクソガキは
ひとりひとり説教してやりたいくらいだ。

また、子供を相手に「赤ちゃん言葉」になる大人も、虫唾が走るくらいに嫌いである。

知らん子供に「なんちゃいでちゅか~?」とか「ぱぱとままどこでしゅか~?」とか
後から蹴り飛ばしてやりたい、といつも思う。

最近は本当に、自分の子供に注意をしない親が目立つ気がする。

あれは、たぶん自分の子供がかわいすぎて
他人もかわいいから許してくれると思ってくれているという勘違いではないだろうか。

あと、子供の嫌いなところは
ものをストレートに言うことだ。

せっかくこっちが歩み寄ってやさしく話しかけても(←恩着せがましい)

「あっちいけ」とか

「いやだ」とか

なかなかここまでストレートに言われると悲しい気持ちになる。



『あっちいけ』

『いやだ』

・・・

こんな言葉を、あんなにも迷い無く使えたらどんなにスッキリするだろうか。



そんなわけで、キッズたちのストレートな発言をされると

「ア、アハハ キラワレチャッタ~」とかいいながら
結構傷ついている。

ああ、ミットゥンが世の子供たちと打ち解ける日は来るのであろうか。
(別に打ち解けなくていいけど)


さてさて、今日はそんな子供たちに人気の
カルボナーラのご紹介。



(約2人前)

自家製パンチェッタ 100g
・ほうれん草 80g
・パスタ 150g

◎卵黄 2個
◎パルミジャーノチーズ(すりおろす) 50g
◎生クリーム(または牛乳) 大2

・黒胡椒 適量

1.パンチェッタは1cm厚みに切り、さらに1cm幅の棒状に切っておく。
フライパンに油をしかずにパンチェッタをいれ、
弱めの中火で表面がかりっとなるまで転がしながら焼く。
d0159822_2294411.jpg


2.1から脂が出てかりっとなってきたら、3cm幅に切ったほうれん草を入れて
しんなりするまで炒める。全体に塩、黒胡椒をしておく。
d0159822_2295777.jpg


3.ボウルに◎を入れよく混ぜ合わせる。
d0159822_22101397.jpg


4.パスタは5%の濃度の塩を入れた湯で
表示時間通りに茹でる。

5.4の茹で上がったパスタを軽く水気を切って3に入れてよく和える。
よく和えたらさらに2を入れてよく和える。
ここで味を見て、塩を適量足して好みの味に調整する。
黒胡椒をたっぷり入れ、ボウルのまま湯銭にかけ、絶えず混ぜながらとろみがつくまでまぜる。
※パスタの茹でた鍋の湯を捨てずに、この湯で湯煎すると楽。
※湯銭は弱火で。強すぎると卵が固まってぽろぽろになる可能性があるのでご注意を。
d0159822_22103722.jpg



6.器に盛り、仕上げに黒胡椒をさらに挽いて、好みでパルミジャーノチーズ(分量外)をすりおろしてかけて完成!
d0159822_2210514.jpg


チャースケの大好物カルボナーラ、
少しでも野菜をと、苦し紛れにいれたほうれん草も
ほのかな苦味が濃厚なソースと相まって絶品です。
d0159822_22112175.jpg


おれはかるカルボナーラ、おいしいとは思うけど
「食事」としてはヘビーなので
パスタを1本1本つまみにして食べるほうが好きです。

d0159822_22113168.jpg


こういうひと、けっこういると思うんだけどなぁ。












d0159822_12391161.jpg

あれ・・?赤ちゃん言葉ですよね・・・?









★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg


★おまいさん、まだ買ってないの?★

ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2015-04-28 12:42 | 料理(ハイカラ)
牛ほほ肉とトマトのパスタグラタン
d0159822_2161431.jpg


いやはや、本当に1年と言うものは早い

今年も残すところ、1週間を切った。

クリスマスが昨日終わったばかりなのに、このあっというまに切捨てムードになるの
毎年ながら楽しいねぇ。


今日が仕事納めのひとも多いんではなかろうか。
(これ毎年言ってる気がするね)



毎年、この時期は殺人的に忙しくあわただしいが
おれはどちらかというと、年始より年末のほうが好きだ。

年が明けるとまた1からのスタートになった感じがして気が重い。

「あーまた一年始まる めんどくせぇ」と思う。

なので今が一番良いときなのだ。

特に、一番最高なのが仕事納めをした翌日。今年なら27日。
これが最後日で、そのあとは28,29日がそれなりにまぁ幸せにすぎていく。

30日あたりからモヤモヤし始め、
31日になると「ああもうだめだ おわった。おれの人生おわった」と自暴自棄になる。

元旦なんかはもう半分死んでいる。

2日、3日が滝のように過ぎ、4日目ごろになんとか息を吹き返す。

ああ、もう考えるだけでいやだね。

なんでこんなに年末年始ってあっという間にすぎてしまうのか。

中国の旧正月みたいに1ヶ月くらい休みならいいけどさー


今日のこの日を、噛締めよう。

あーまだ年賀状も書いてない。

どうすんべ~

あーこの時期最高。

さてさて、クリスマスも終わったというのに
KYなクリスマスメニューレシピ、載せますぞ。



(6人前)
・牛ほほ肉(塊) 350g
★水 3カップ
★酒 1/2カップ

◎にんにく(薄切り) 1片
◎オリーブオイル 大1
・玉ねぎ(薄切り) 1個

☆トマト缶 1缶
☆醤油 大1
☆塩 小1/2
☆ウスターソース 大1
☆ローリエ(半分にちぎって入れる) 1枚
☆赤ワイン 1カップ


・牛乳 2/3カップ
・生クリーム 1/4カップ強

・乾燥ミニパスタ(チーズ入り) 300g

・シュレッドチーズ 適量


1.★を活力鍋にいれ、高圧で錘が回りだしたら弱火にして18分圧をかける。
自然にピンが下がるまで待つ。

d0159822_21111514.jpg



2.鍋に◎を入れ弱火にかけ、香りが立ったら玉ねぎを入れ
中火にしてしんなりするまで炒める。

d0159822_21113165.jpg



3.1を茹で汁ごと入れ、さらに☆を入れてよく混ぜたら
蓋をして弱火で20分ほど煮る。
d0159822_2112640.jpg



4.茹で汁が半分ほどになったら一旦牛ほほ肉を取り出し、
適当な大きさにほぐす。
※ほぐれにくい場合は包丁で切ってもOK
d0159822_21122848.jpg



5.ふたたび牛ほほ肉を戻し、さらに牛乳と生クリームを入れよく混ぜて
さらに弱火で煮る。
煮汁が1/3ほどになったらOK。火をとめておく。
d0159822_21131828.jpg




6.パスタを塩を入れた湯で、表示時間より1分ほど短くゆでる。



7.耐熱容器に6をいれ、上からシュレッドチーズをたっぷりかけて
230度のオーブンで10分ほど焼く。

d0159822_2164332.jpg



パスタはどこのやつだったかメモしとくのを忘れてしまったが、
まっちゃんにいつだったかもらった、海外のものだった。(たぶんイタリア)

中にチーズとかなんか変なものが入っていて中々旨かった。

d0159822_216588.jpg





圧力鍋で煮たほほ肉は、驚くほどやわらかで
旨みもたっぷり。


パスタ無しでもいけますが、パーティのメインなんかにするなら
炭水化物も入れてやるといいね。

d0159822_2173055.jpg




ぜひみなさんもおためしあれ~


★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★

ミットゥンが全国の働く女子向けに書いているウーマンエキサイトシリーズ。

キムチとろろ蕎麦
d0159822_12283336.jpg


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★





★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg


★あれ、まだ買ってないの?★


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2014-12-26 12:35 | 料理(ハイカラ)
ジャンクな焼きナポリタン oishii
d0159822_21241921.jpg


ここ数年、基本的にブログに載せる写真は
自然光で撮れるもの、と決めている。

つまり、日が落ちてから作ったものは
写真に撮らない。

というのも、やはり電気の下で撮ったものと、自然光で撮ったものは
全くといっていいほど
見栄えが違う。

つまり、たいしたことないものでも
自然光で撮ればそれなりに見えるのだ。

そういうことがわかって以来、自然光のある時間帯で極力撮れるようにしている。

つまり、以前にも書いたが
ここに載せているレシピは、週末の休みのときに撮りためたものだ。


冬は、毎週戦いだ。

夏に比べて、冬はあっというまに日が落ちる。

つまり夏に比べて、撮影までのタイムリミットが極端に短くなる。

ヘタすると夕方の4時にはもう暗くなりかけてしまうのだ。


しかし、いっぺんに何品も作るので
4時のタイムリミットは厳しい。


そんなわけで、昼間に買出しに行き
帰ったらすぐ料理にとりかかり
ノンストップで作り続ける。

こんなに忙しいのに、チャースケは「ちゃー(おしるごはん)」「ちゃー(はらがへった)」と
昼飯を要求してくる。


忙しいんだから、自分でそうめんでもゆでて食っとけ!というと

寂しそうにそうめんをゆでようとするが、

戦場のキッチンで「ジャマだ!」と結局そうめんすらゆでさせてもらえず
空腹のまま倒れている。


さすがに気の毒だ、と
何か作ってやろうとするが・・・
ここは手間と時間をかけている暇は無い(ヒドイ)


そういうものに限ってだいたい、ジャンキーで適当なものになる。

しかしそういうものに限って、なぜか喜ばれる。(栄養面は無視)

今日はその代表格ともいえる、
ザ・ジャンキーな焼きナポリタンのご紹介~


(1~2人前)

・早茹でパスタ 100g
◎EVオリーブオイル 小さじ1
◎塩 小1/2
★トマトケチャップ 大2~3
★ウスターソース 大1/2~大1

☆ソーセージ 5本
☆にんにく(薄切り) 1片

・EVオリーブオイル 適量
・卵(半熟茹で) 1個 ※水から8~9分ゆでたもの
・卵(生卵・よく溶きほぐす) 2個
・シュレッドチーズ 適量

1.パスタを時間通りに茹で、ザルにあけて水気を切り、
熱いうちに◎をよくまぶす。

d0159822_2125569.jpg


さらに★を入れよく和える。

d0159822_212519100.jpg



2.沸騰したお湯に☆を入れ3分ほど茹でる。
茹で上がったらザルにあけ水気を切る。


3.耐熱容器に薄くオリーブオイル(分量外)を塗り、
その上に1を入れる。
さらに、ソーセージを食べやすい大きさに切って散らばるようにのせ
茹でたにんにくも全体にちらす。
中央に半分に切った半熟茹で卵をのせる。
さらに、外側から溶き卵をまわしかける。
d0159822_21264247.jpg


4.チーズをたっぷりのせ、
オーブントースターでチーズが溶けるまで5分ほど焼く。
d0159822_21262680.jpg


仕上げに黒胡椒をふってかんせい!



どうでしょうこのすごいジャンクな仕上がりは。
野菜はニンニク1片のみ!

ごはんというより、酒のつまみですね。

d0159822_2124543.jpg


ピーマンくらいのっけてもいいだろうが
ここはあえてジャンクに突っ走ろう(単にピーマンが無かっただけとも言うが・・・)


チーズも怖気づいて入れてはいけません。

どーんと入れましょう。



d0159822_21243211.jpg


パスタはペンネタイプのものでもつまみやすい。
ここは本格的パスタでなく、チンケな早茹でパスタを。

そこもジャンクなものにこだわるのよ。
こういうことが大事ですからね。

ここは決して茹で時間が11分もかかる、立派なイタリアのパスタなど使わないでくださいよ。




d0159822_21244632.jpg

お好みでタバスコもかけちょう。



ビール・ハイボールのおともにどうぞ!






d0159822_1258194.jpg


★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg


★おまいさん、まだ買ってないの?★

ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2014-11-10 12:58 | 料理(かんたん)
イワシのコンフィのパスタ
d0159822_11551725.jpg

朝は満員電車に乗るのだが、

満員電車で身動きが取れないほど密接していると、

目の前にいる人など、ほかの人の携帯やスマホの画面
見たくなくても見えちゃうことが良くある。


朝からすっぴんで、すんげーふてぶてしい顔をした女が
ふてぶてしく打っているメールの内容が、

「きのうはありがとぉ~053.gif
たのしかったぅ~ だいすきにゃんっ053.gif


と、意外にも見た目からは想像もできないテンションの高い超ラブラブメールだったりすると

『なにが「にゃん」だ その顔彼氏に見せてやれバーカ』と思う。


また、頭がバーコードでブカブカのスーツを着て
いかにも仕事ができなさそうでモテなさそうなサラリーマンのオッサンが

「いってきま~す053.gifきょうのごはんはなにかなぁ?037.gif
はやくかえりたいよお~ かえったらぎゅってしてね016.gif


といった、超ラブラブメールを打っているのを見ると

『なにがぎゅってしてねだ しんじまえ』と思う。


このように、見た目からは想像できない内容のメールを打っている人を
「ギャップ系メール人」と呼ぶ。

こんな感じで、おれは心が狭い上にひねくれており、さらに朝は低血圧なため、
少々お口が悪くなる。

だが、なにが言いたいかというと、
満員電車でスマホなどいじるな!といいたい。


しかし、実はこういった「ギャップ系メール人」に出会えるのを
心のどこかで少し楽しみにしており


まじめそ~うなサラリーマンが、朝から一生懸命打っているメールを
ちらっと見ると
「本日、9時から会議です。各担当者は、○○・・・」と完全に仕事内容のメールを打っていると

「チッ つまんねーな みた目そのまんまじゃねーか」と思う。


ギャップ系メール人、あなたのまわりにもいませんか?


とはいっても、覗き込むのはNGです。
あくまで目に入っちゃった範囲で確認しましょう。

さてさて、そんなわけで今日はギャップ系メニューといきたいとこですが、

そんなおあつらえ向きのレシピはご用意がありません。

というわけで、むしろ王道といっていい
コンフィを使った絶品パスタのご紹介です。



(1人前)
・イワシのコンフィ(身を骨からはずし、ほぐしておく) 1尾
・白ねぎ(斜め薄切り) 2/3本
◎ベーコン(適当な大きさに切る) 60g
◎にんにく(薄切り) 1片
◎コンフィのオイル 大2

・白ワイン 大1
・パスタ 120gくらい
・塩、黒胡椒 各適量
・クレソン 適量
・EVオリーブオイル 適量


1.パスタは2リットルに対して塩大匙1を入れた湯で、表示時間より30秒ほど短く茹でる。

2.パスタが茹で上がる1分半分ほど前に、フライパンに◎を入れて
弱火にかける。
d0159822_11562565.jpg


香りがたったら白ねぎを入れ、白ワインを回しいれて中火にして炒める。
d0159822_11563786.jpg



3.茹で上がったパスタを入れ、茹で汁もお玉1杯弱入れ、イワシのコンフィも入れる。
手早く全体を絡めるように炒める。
塩を少々入れ味を調節し、黒胡椒をふってざっと混ぜて火からおろす。
d0159822_11565369.jpg



4.器に盛り、 仕上げに黒胡椒、EVオリーブオイルをまわしかけ、
中央にクレソンを飾って完成
d0159822_1157897.jpg


このイワシのコンフィのおいしさが爆発した
絶品パスタ。

ポイントは惜しげもなく使うオイル。
でも多すぎてもギトギトになっちゃうのでご注意を。

ベーコンは個人的には無くてもいいけど、
チャースケのような肉食星人には、いれたほうがうまみもでておいしいとのこと。
d0159822_1157191.jpg


コンフィを作った際は、ぜひこちらもおためしを!!!



d0159822_12484738.jpg



★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12304340.jpg


★チャースケのチビねこ兄弟ブログもよろしく!!→
The cats inside
チビねこファンは要チェック!

by mittun-chasuke | 2014-05-29 12:51 | 料理(ハイカラ)
牡蠣とほうれん草のクリームパスタ
d0159822_1201368.jpg


自分でも、その心配性ぶりは年々酷くなっている気がする。


もちろん昔から心配性なのだが、
最近はその心配ぶりに拍車がかかっている。

先日も、電車にのって目的地についたとたん
家の鍵を閉めたか心配になって
30分かけて戻ったりした。

こんな心配性なやつが、家の鍵をかけ忘れるなんて
普通に考えたらありえないのだが、
一度心配になりだすともうだめなのだ。

毎日なんやかんや心配になり

「トイレのドア、閉めてきたっけ・・・?
もし少し開いてて、トイレに秀さんやフーちゃんが落ちて
センサーが作動して自動洗浄で流されたらどうしようか」とか、
普通に考えたら流されるわけ無いのだが、
あほなくらい真剣に悩む。


他にも、2階のお風呂の窓を開けたまま出てきてしまい、
足がかりなんて無いのでスパイダーマンでもなけりゃ上れるはずの無い壁なのだが、
もしかして泥棒がはいるかも知れない・・・とか、


使ってないのにガスオーブンをつけっぱなしに
してなかったかとか(業務用なのでタイマーが無い)、


そりゃもう心配になろうと思ったらいつでも心配になれるのだ。


そんなわけで、最近は家を出る前
自分で「指差しチェック」を実施することにし、

『寝室よーし』
『3階トイレのドアよーし、便座カバー下げるのよーし』
『2階の風呂の窓よーし、洗面所のとびらよーし』

などと、おそらく全20項目ほどの『よーし』を経て
ようやく家を出れるのである。

また、玄関扉も必ず閉まったことを2回確認するよう
チャースケにも徹底教育しており、

チャースケがたまにさぼって1回のみ確認すると
「2回確認しろっていったろう!」と
ド叱るのである。

今、自分で書いてて若干引くくらいである。


この心配性というのは治らないのだろうか・・・・

しかし、そんな心配性のくせに

一昨日、出稼ぎ帰りにキャリーケースを持っていたとき
帰りに薬局に寄ってチビねこたちのシーバを買うのに夢中になって
キャリーケースを薬局に忘れたまま家に帰り、
2日経ってキャリーケースが無いことに気がついた・・・。

これはいかがなものか。


幸い薬局の親切なオネーサンは無事保管してくれているようで
帰りに取ってきます・・・。

心配性失格ですね!


ま、キャリーケースはそんなに大事じゃなかったってことですね!


さて、今日のレシピはみんな大好き
クリームパスタ。

こりゃ冬の間に作っとかないと損ですぞ~

(2人前)
・生牡蠣 150g
・ほうれん草 60g
・しめじ 80g
・シイタケ 大2枚
・マッシュルーム 6ヶ

◎オリーブオイル 小1
◎パター 大1/2

・酒 大2

★生クリーム 100ml
★豆乳 大3

・塩、黒コショウ 各適量
・パスタ 130g

・フライドガーリック 少々
・エティバアルパージュ 適量 ※ほかの好みのチーズでも可
・EVオリーブオイル 少々



1.マッシュルームは2等分に切る。
シイタケは軸を切ってカサを手で割って、マッシュルームと同じくらいの大きさに合わせる。
しめじは軸を落としてほぐしておく。
ほうれん草はさっとゆでておく。

2.カキは片栗粉をまぶしてよく洗ってざるにあけておく。

3.パスタを表示時間より1分ほど短くゆでる。

4.フライパンに◎を入れて弱火にかけ、バターがとけて来たら
牡蠣をいれてさっとソテーする(火を通しすぎないように、20秒くらいでOK)
d0159822_1205553.jpg

5.カキはいったん取り出す。
※フライパンに牡蠣から出たエキスが残るように、1個づつ箸で取り出そう

6.そのフライパンにきのこ類を入れ、酒を入れて中火で炒める。
d0159822_1211753.jpg


7.★をいれ、全体を混ぜたら茹でたほうれん草を入れる。
d0159822_1215643.jpg


8.ゆであがったパスタと、出しておいた牡蠣を戻しいれ手早く和える。
味をみて、足りなければ塩で調味する。
d0159822_1223092.jpg



9.器に盛り、仕上げに黒コショウとEVオリーブオイルを少々まわしかけ、
仕上げにフライドガーリックを手で崩しながらのせ、チーズをスライサーで
薄切りにしてのせて完成
d0159822_124253.jpg



牡蠣は火を通し過ぎないように、
ぷりっと仕上げるのがポイント!

濃厚なクリームと、牡蠣とほうれん草は最強の組み合わせだ。
d0159822_1241450.jpg



今回使用したほうれん草、なんか小さくね?と思った人も多いでしょう。

これ、見よ!
d0159822_1254135.jpg

これでもほうれん草だそうです。小松菜っぽいけど・・・
まさにミニサイズ!

せっかくなので切らずに使った。
普通サイズのほうれん草を使うときは、適当な幅に切ってくれ。


昨日に続き、クリーム続き!
おそろしいね~

d0159822_12355517.jpg



★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2014-03-14 12:36 | 料理(ハイカラ)
激辛ハバネロオムスパ
d0159822_1204126.jpg


毎日寒いですね。

まさに冬まっただなか!

しかし、この新居は非常に寒い。

普通の家は家の中自体があたたかく、外から帰ってきても
部屋に入ると「うわぁ~あったけぇ~」とほっこり出来るものだが

今回は家に入っても白い息が出る。

普通、朝家を出た瞬間

「うわっ今日寒い」

となるが、この家だと外に出ても気温が部屋の中と同じなため

「うわっ今日寒い」が無い。
(もうすでに寒い)


しかも工事中で生活スペースがないため、
毎日寝室だけですごしている。

寝室にはストーブを置いてあるが、
なかなか冷えないため、結局毎日ベッドのなかの電気毛布にくるまって
生きている。
この家に来てほど、電気毛布がありがたいと思ったことは無い。


朝起きて ベッドの中で着替え
ベッドの中で歯を磨き
帰ってきて買ってきた刺身をベッドの中で食う・・・

いったいワシャ何をしとるんだろうか。


なぜベッドで刺身を食わにゃいけんのだ。

テーブルで食事がしたい!

醤油は小皿にいれて食べたい!

アタイ、アタイ・・・人間になりたい!


さてさて・・・


みなさんはテーブルがあってさぞかし素敵な食事をされてることでしょう。


今日は、思い出しただけでもホットになれる
激辛パスタのご紹介!


(1人前)
◎とりモモ肉(一口大に切る) 150g
◎塩麹 大1
◎黒胡椒 少々


★たまねぎ(みじん切り) 1/2個
★ハバネロ(みじん切り) ほんの少し(1/6個くらい)
★オリーブオイル 大1

・酒 1/4カップ

☆トマト缶(ダイスカット) 1缶
☆ウスターソース 大1
☆はちみつ 大2/3
☆醤油 小1/2

・ミニピーマン(適当な大きさに切る) 3ヶ ※万願寺や、普通のピーマンでも可
・牛乳 1/3カップ

・パスタ 100~120g


▲卵 2個
▲きび砂糖 大1/2
▲塩 少々

1.◎をポリ袋などに入れてよく揉みこみ、そのまま30分ほど置く。

2.パスタは1%の塩を入れた湯で表示時間より1分ほど短めに茹でる。

3.その間にフライパンに★を入れ炒める。たまねぎが透き通ってきたら1を入れ
酒を回しいれて炒める。
d0159822_1212226.jpg



4.鶏肉に半分ほど火が通ったら☆を入れ、煮詰める。
d0159822_1215270.jpg




5.ピーマンを入れ、さらに牛乳を入れてよく混ぜる。
d0159822_1222669.jpg


6.茹で上がったパスタを入れて手早く絡める。
d0159822_1225386.jpg


味を見て足りなければ塩などで調整し、器に盛る。
d0159822_1234586.jpg


7.▲をよく混ぜ合わせ、オリーブオイル(分量外)を大1強ほど熱したフライパンで
手早くとろとろのオムレツをつくる。
d0159822_1231514.jpg


8.パスタの上にのせ、黒胡椒をふり
あればパセリなどをちぎってのせて完成
d0159822_1244449.jpg



すごいボリュームのオムスパの完成!

ハバネロが効いた激辛仕様だ。
d0159822_127092.jpg



ハバネロはほんの少しでものすごいからさなので、入れすぎ注意。
手に入らないひとは、青唐辛子などでもOK。
どっちにしろ、乾燥ではなくフレッシュなものを。


ショートパスタにして、うえにチーズをのっけてグラタン風にしてもおいしそうだ。

ぜひみなさんも、刺激的なパスタで体をあっためよう!





d0159822_12304990.jpg

なぜそうまでして刺身を食うのか?




★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2013-12-20 12:33 | 料理(ハイカラ)
フルーツトマトとチーズの濃厚冷製カッペリーニ
d0159822_12581968.jpg

週末、また飲みすぎ、

夜中にふと目を覚ますと、またリビングの床で死んでいた。


『あーまたやっちまったかぁ~ そしてまたチャースケに見捨てられた・・・』


必死にホフク前進でベットのある部屋へ行くと、

すでにチャースケがベッドで寝ている。


あんにゃろう~またひとりで悠々と寝やがって~と思い

「オイこらチャースケッ」というと、

「ちゃー・・・」と、いつもと違う雰囲気。

「ん?どうした?」と聞くと、

「ちゃー・・・(おねつがあるようです・・・)」という。


普段お熱など出したことの無いチャースケ


「またまたぁ~」といってチャースケを触ると、
まるで火の様に熱いではないか!


そりゃもう、チャースケから発電できるんではないだろうかというくらいの熱さであり、
急いで充電しようと、・・・ではなく、

急いで氷枕をもってチャースケに当てた。

ミ:「なんか、ほかにほしいもの、ないか?」

チ:「ちゃー・・(たおるけっと、もってきて)」

ミ:「ああ、タオルケットね、ハイハイ!ほかには?水は、いるか?」


なんでもチャースケのいうことをきいてあげた。


こんなにも優しくしたことがあっただろうか。(たぶん無い)



翌日、チャースケの発電並みの熱は嘘のように下がり
ケロッとした表情で起きてきた。


「なんだったんだろうな、ただ暑かっただけかな」というと、


“風邪をひけば優しくしてくれる”ことに感動したチャースケは

どこの大根役者かというくらい
わざとらしい咳をずっとゴホゴホと繰り返していた。
(もちろん完全に無視したった)

一体なんだったのだろうかわからないが、
みなさんも夏風邪にはごちゅういを。


さて、今日はそんな暑い夏にピッタリの
冷製パスタのレシピ。
シンプルだけど、やっぱりトマトのカッペリーニが一番旨い!

(2人前)
・フルーツトマト 4個(250g)
☆EVオリーブオイル 大3
☆バルサミコ酢 大1
☆塩 小1/2
☆黒胡椒 少々
☆にんにく(すりおろす) 1片
・ユーフォリア シープ ミルク ゴーダチーズ 30g ※他の好みのハード系のチーズでOK

・カッペリーニ 150g
・アボカド(1.5cm角切り) 1/2個
・ボーフォールチーズ(すりおろす) 適量 ※他の好みのハード系のチーズでOK

・EVオリーブオイル 適量
・バジル 適量

1.トマトは8等分に切る。
ボウルに☆を入れよく混ぜ、トマトを入れてよく和える。
d0159822_1258269.jpg


2.さらにユーフォリア シープ ミルク ゴーダチーズをいれ、よく混ぜる。
d0159822_12584099.jpg


3.カッペリーニは2リットルに対し塩大さじ2を入れた湯で袋の表示時間より
30秒ほど長く茹で、流水と氷水でしっかりしめる。
d0159822_12582311.jpg


4.カッペリーニを清潔な布巾で包んで水気をとり、2のボウルに入れてよく和える。
アボカドも加えよく和え、味を見て足りなければ塩などで調節する。
d0159822_1259731.jpg


5.器に盛り、ボーフォールチーズをピーラーなどでスライスしてのせる。
仕上げに黒胡椒、EVオリーブオイルをまわしかけバジルを飾って完成!
d0159822_12585528.jpg


あまーいフルーツトマトはカッペリーニに最適
d0159822_12594068.jpg


オリーブオイルは風味の強い、お気に入りのものをつかってね
d0159822_12592462.jpg


今回使ったユーフォリア シープ ミルク ゴーダチーズは、
濃厚なキャラメルのような風味のおれのお気に入りのハードチーズ。
そのままワインのお供に最高なのだが、こうして料理に使うと
贅沢なワンランクアップの1皿に。

もし目にする機会があればぜひお試しを!!

d0159822_12415486.jpg



★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2013-07-08 12:45 | 料理(ハイカラ)
夏野菜のモッツァレラ・アラビアータ
d0159822_1447596.jpg


先日、添加物の話しをしたが
そもそも添加物添加物言うけど、なんじゃね?
というひとも多いと思う。

だいたい、添加物だのなんだの、うるせーんだよッ神経質がっ

というひとも多いと思う。

うむ、たしかに
おれもあまり外でそういうことを言っているひとをみると
あまり良い気分はしない。

そんなことは自分の問題なので
声を荒げてギャーギャー言っているのはちょっとウザイのもわかる。

ただ、このブログはおれの日記のようなものなので
書かせてもらう。

そもそもおれが添加物のことを詳しく知るきっかけになったのがこの本。

食品の裏側―みんな大好きな食品添加物

安部 司 / 東洋経済新報社




当時話題になったので、読んだ人も多いのではないだろうか。

おれもこの当時衝撃を受けたうちの1人だ。


この本、とても面白く、

ただ添加物を否定するのではなく
今の世の中の食品の実態が解りやすく簡潔にかいてある。

30分くらいあれば読めてしまうのでおすすめだ。

まともな神経を持っていたら、この本を読めば
食品に対する考え方が変わるだろう。

おれは、あまりに無頓着なチャースケの為に
この本を先日わざわざ買った(中古だけど)。

そして、さりげなくチャースケに
「これ、おもしろいから明日までに読んどきんさい」と置いておいた。

次の日、絶対に読んで無いと思ったが
チャースケに「よんだか?」と聞くと、

「ちゃー!(よんだ!)」というのだ。

「エッほんとに?ほんとにもう読んだの?
じゃあ、阿部先生が言ってた、『これだけは覚えてほしい』といってた
2つの添加物のなまえ、言ってみ?」というと

「ちゃーと、ちゃー(タンパクかすいぶんかいぶつと、かとうぶどーとうえきとう)!」


か、カンペキだ。

ほんとにちゃんと読んでる!


よかった、チャースケもこれでちょっとは気にするようになるに違いない。

ミ:「添加物の怖さ、わかった?」

チ:「ちゃー!(わかった!)」


ミ:「ヨシヨシ、チャースケエライ!」


チ:「ちゃー!(だからぺヤングたべちゃわないと!)」


は?


一瞬耳を疑った。

ぺヤング?

おれの知っている限り、ぺヤングというのは
あのまさに添加物まみれの即席焼きそばのことだよね?


ミ:「本、読んだんだよね?」

チ:「チャー!」

ミ:「なぜ、なぜぺヤングを食う?そしてどこにぺヤングがある?」

すると、押入れから隠し持っていたぺヤング(大盛)を出してきたチャースケ!

ミ:「チャースケ、あの本読んだんだよね?」

チ:「ちゃー!(よんだ!だから、はやいとこ家中から
てんかぶつのあるものをなくしていかないとだめだよね!)」



・・・・



声も出ない。。。


なるほど、

「本を読んだ→添加物は怖いことが解った→処分しよう」
というところまではよかった。

なぜ、
「処分しよう→捨てよう」

ではなく、

「処分しよう→早いとこ食ってしまおう」

になるのか?!

やつの思考回路はどうなっているのか?!



そもそも、あのぺヤングはいつの間に買ったのか?!


チ:「ちゃー!(ついでにこれものんじゃおう!)」


それは、いつ買ったのかもわからない
酔っ払って買ったコンビニの即席味噌汁。


ミ:「チャースケ・・・その裏、見てみ」

裏の原材料表示を見ると、ぺヤングも味噌汁もしっかり
『タンパク加水分解物』が入っている・・。


それを見て、

「ちゃー!(ほんとに入ってる!ウワァー!あべせんせい、すごい!)」と
なぜか興奮するチャースケ・・。

・・・。


ミットゥンの戦いは続くのであった・・・。


せめて家で食わせるものは、安心なものを・・・
といつもおもっている。

ウッウッ なぜ伝わらん!


というわけで、今日のメニューいきます。

そろそろ旬になってきた夏野菜!嬉しいねー


暑い季節にピッタリのピリ辛!パスタだよ~

(2人前)
★にんにく(スライス) 1片
★赤唐辛子(乾燥) 2本 ※辛いのが好きなら半分に折る
★オリーブオイル 大1

・玉ねぎ(粗みじん切り) 1/2個
・トマト(粗みじん切り) 2個
・茄子(1cm幅輪切り) 1本
自家製パンチェッタ(1cm幅に切る) 100g

・白ワイン 1/2カップ

◎塩 少々
◎醤油 小1/2
◎タバスコ 小1

・パスタ 170g
・モッツァレラチーズ 100g

1.★をフライパンにいれ弱火にかけ、香りがたったら
d0159822_1449116.jpg


玉ねぎと茄子をいれて炒める。
d0159822_14482118.jpg


2.パンチェッタを入れて炒め、カリッとしてきたら白ワインを注ぐ。
d0159822_14492239.jpg



3.トマトと◎を入れて煮詰めるように炒める。
d0159822_14484336.jpg


4.茹でたパスタを入れて手早く絡める。

味を見て足りなければ塩などで調整する。
d0159822_14494419.jpg



5.器に盛り、モッツァレラチーズをちぎってのせる。黒胡椒をふり、
あればパクチーやクレソンなど緑をかざる。
d0159822_14491357.jpg




お好みで仕上げにチーズをすりおろしたり、オリーブオイルをまわしかけて
d0159822_14501952.jpg



フレッシュなトマトで作ったピリ辛のソースが
暑い季節にぴったりだ。
d0159822_14495196.jpg



モッツァレラはもちろんオッサンモッツァレラ
ぜひ美味しい水牛のやわやわタイプをつかってね!


★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
ミットゥンが全国の働く女子向けに書いているウーマンエキサイトシリーズ。

今週は・・・


ジューシー鶏天のスパイシータルタルかけ
d0159822_12343098.jpg



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


















d0159822_12265970.jpg


実話





★レシピブログでの我がブログが
「ブロンズレシピブロガー」にランクアップしてました。
これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はシルバーブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_12304340.jpg

by mittun-chasuke | 2013-06-24 12:39 | 料理(かんたん)



ベジタリアンのミットゥンと肉食チャースケのご飯日記
by ミットゥン
タグ
(516)
(482)
(363)
(339)
(201)
(170)
(134)
(132)
(92)
(87)
(72)
(65)
(59)
(52)
(51)
(42)
(37)
(29)
(27)
(17)
(15)
(12)
(10)
(7)
(6)
(5)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
登場人物紹介
ミットゥン
チャースケ
漫画付きレシピ
料理(ハイカラ)
料理(かんたん)
料理(副菜、その他)
料理(メンドうまい)
おやつ
パン
自己紹介
その他
弁当
未分類
以前の記事
2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
フォロー中のブログ
おとなは、だれも、はじめ...
ハンドメイドな日々
沢ぱん日記
shina_poohな日...
知りたがりやの食べたがりや
夕方に台所で・・・
やわらぎをもって。
イギリス ウェールズの自...
歌花史庵 かかしあん
うひひなまいにち
ごはんとおかずと日々のつ...
僕とマダムと先生と
アベマリアのハッピーテーブル
犬とご飯と雑貨。
spring comes...
1/f breeze
kun-kun+kuro-ro
Life style
アインのしっぽ
バニラのお菓子ライフ
Cheminee de ...
mogumogu * Leaf
亜麻仁
つばさ雲
エットハミアメドとお料理...
がびあーの家の毎日
山麓風景と編み物    
London Scene
ろこりん♪の毎日。
ゆるロビ生活
カザルパロッコのネコ(C...
walking slow...
田園都市生活
ちょっと寄り道
平凡人日記
NO ANCHOVY, ...
ひなたの小部屋
ミニチュアブルテリア ダ...
日々の暮らし ☆ mam...
一日一歩
La prima ste...
日々道場
にじいろ日記
丁寧な生活をゆっくりと
さっちんきっちん
やねのうえのわんこ
ホウロウダイアリー
5plus2and2
ステンドグラス こもれ...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
カザルパロッコのネコ
The cats inside
Can of Good ...
★ミットゥンのラインスタンプ販売中!


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!
d0159822_12455074.jpg






エキサイトブログ以外のお友たち
Mシュナ Richardより愛を込めて

トレモロの響きにのせて

某医大正estateのごはんブログ


Can of Good Goodies

豆好き

yamatoyome ~沖縄生活~

パスタファイター

ぱっちとPUっ♪


THE CULINARY TRIBUNE

stadio r(食フォトギャラリー)

la table

Bay Alien

ビストロ カルナヴァル

スペース大原

★沖縄日記記事がオススメブログに!
那覇
旅行口コミ情報

★チャースケがツイッターを始めた?!
『_Charsuke_』で検索!


★広告メール対策の為、コメントを承認制にしました

コメントだいかんげいです!
お気軽にどんどんコメントチョウダイ!

★ウーマンエキサイト「おいしい!」に以下の記事を掲載していただきました。

緑のヘルシーポテサラ


米粉のブルーベリーパンケーキ


簡単!イカのトマト煮込み


カレー風味の鶏グリル


マグロの味噌漬けどんぶり


車麩の海老チリ風炒め


自家製甘納豆


牡蠣と温玉の韓国風サラダ


ヘルシーフムス


温泉たまごで!濃厚オリーブオイルアイス


過去最高のビーフシチュー


簡単ヘルシー!豆乳杏仁プリン


節分に!豪華海鮮太巻き


ブルーチーズと納豆のパスタ


しあわせのメープルパンケーキ


柚子トマトうどん


ポテサラと食べる絶品フレンチトースト


パスタでビックリ!ちゃんぽん麺


やめられないトマラナイ!メープルナッツ4種


しっとり茹で鶏の特製ピリカラだれ


ワインが進む君!トマトチーズビスコッティ


海老と豆腐の卵とじ中華丼


塩鮭とろみ中華どんぶり


野菜のうまみの詰まったヘルシーシチュー


韓国風!イワシのピリ辛しょうが煮


刺身の残りで!絶品ヅケ茶漬け


梨と豆乳のやわやわプリンと滑らかジェラート


絶品!中華スープがけ納豆ご飯


簡単!刺身でユッケ風どんぶり


あっさり!あさり二ラーメン


高貴な味!メープル小豆の豆腐クリーム添え


お店の味!海鮮あんかけ かたやきそば


春巻きの皮で作る!海老とアボカドの豆腐キッシュ


火を使わない!ピータン豆腐どんぶり


バター不使用!ココナッツとあんずの全粒粉スコーン


熱ヒヤ!豆乳坦々つけ麺


薄焼きがポイント!ザクザクフルーツクッキー


夏のビールの共に!ヤムウンセン


ひんやり!さっぱりカレーきしめん


ピーナッツバターで本格的なタレ!棒々鶏うどん


二日酔いの朝にやさしい アボカドとホタテのおかゆ


レストランの味の濃厚ニョッキ


お肉無しでも絶品ビビンバ


自然の甘みのおやつ!ドライフルーツまるごとクッキー

パーティーに!絶品ヘルシー板麩でラザニア

とろ~り絶品!洋食屋さんのクリームコロッケ

フレッシュトマトの絶品ラタトゥイユ

海老の殻は捨てちゃ駄目!濃厚豆乳ベシャメルソース

とろとろ手羽先の韓国風煮込み

とろーりチーズのかかったトマトのモツ煮込み

フレッシュトマトで作るエビチリ
卵一個で!豆乳スフレ

残り野菜で!韓国トッポギ

トマト肉味噌でヘルシー冷麺
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
居酒屋ごっこ・五月編
from cool witch
生存報告。
from ハムログ
居酒屋ごっこ
from cool witch
塩麹を使ったおかず など..
from 海のむこう 空のむこう
おおそうじのフルーツクッ..
from 海のむこう 空のむこう
ポテトマカロニサラダwi..
from 知りたがりやの食べたがりや
イギリス歯医者の話 - ..
from 坂の上にある家 
白練りごま
from 坂の上にある家 
冬至の夜
from 坂の上にある家 
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧