タグ:パン ( 52 ) タグの人気記事
和風オムレツサンドイッチ
d0159822_2282537.jpg

昔から食パンの耳は食べる派・・・というか
本体(?)よりもむしろ耳が好き、というくらいであった。

しかし、けっこう周りには耳が嫌いというひとが少なくない。

耳月のサンドイッチを食べていても、
必ず耳だけ残すやつとかいる(チャースケ)。


だから食パンの
両端の全面耳になっている部分なんて、
わしにとったら宝のような存在である。
d0159822_1262986.jpg



子供の頃 家に珍しく食パンがあるときなんかは
「パンの耳とーっぴ!!!」と
両端のパンの耳の部分を取って隠れて食べていた。

しかし

先日サンドイッチを食べ終わった際

ふと気がつくと、無意識に皿に耳だけ食べ残している自分がいた。

(今日はなんとなく耳を食べる気分でなかった)ということにしたが

その後も、何度か
ふと気がつくとパンの耳を残している自分に遭遇した。

また、パンに限らずに
先週は友人とピザを食べていた際も

ふと見ると、ピザの耳を残していた。

これは・・・どういうことだろうか。

おれは、本当は耳がきらいだったのだろうか。

そんなはずはない。

隠れて食パンの耳を2枚キープして食べていたくらいだから
実はキライだったなんてことはありえないのだ。

昔サザエが好きすぎて16個一度に食って以来
サザエが食えなくなったことはあるが

パンの耳は16枚も一度に食った覚えは無い。


多分だが・・・「合言葉はやわらかい・おいしい」という
一種の老化現象ではないだろうか。

昔、わざわざ「パンの耳とーっぴ!」と一目散にパンの耳を占領しても
だれも何も言わず一切ケンカにならなかったのは

大人たちからしたら「どうぞどうぞ」という
ダチョウ倶楽部現象だったに違いない。

みなさんはどうですか?

というわけで、今日はパン耳をおとした
「やわらかい・おいしい」和風サンドイッチのごしょーかい。


(2人前)
◎卵 4個
◎塩 小さじ1/3
◎きび砂糖 小2

・食パン 4枚
☆マヨネーズ 大さじ2
☆わさび(すりおろす) 小さじ1

・大葉 20枚くらい たっぷり


1.◎をよく混ぜ、フライパンに油をひいてオムレツをつくる。
焼くすぎないように、半分トロトロに。
d0159822_21475062.jpg



2.食パンは内側に☆をぬり、パン2枚に大葉を10枚ずつのせる。
お好みでもっと多くてもOK

3.その上に焼いたオムレツを2等分したものをのせる。

4.残りのパンで蓋をして、耳をおとして
さらに4等分に切る。
d0159822_2282199.jpg


うつわにもって完成~

シンプルだけど、意外とやっていなかった
和風サンドイッチ。

大葉はレタスのつもりでたっぷりいれるとうまい。
d0159822_2283384.jpg


マスタードの代わりにわさびってのも
なかなかいい仕事しよる。

卵はやや甘めにしてやる。
d0159822_2283893.jpg


和風なのに、あったかいコーヒーを合うのが
サンドイッチの不思議なところ。

ほんとはブログにのせるつもり無く作ったのだが

一口食べて、「あ、これ撮った方がいいな」と、急遽
写真をとったので
今回工程の写真が無い。(オムレツの写真は前回の使いまわし・・・)

ソーリー。


でも工程写真なんかいらないくらい(いつもだけど)かんたんなので、
ぜひみなさんもおためしあれ~









d0159822_1261694.jpg




★★★インスタグラム&ツイッターのおしらせ★★★

みなさん、たくさんのフォローありがとうございます!


ブログでは見られないリアルタイムなことなど
色々あっぷしています。

まだフォローしていないひと、インスタしてないけどやってみようとおもってるひと、
どしどしフォローしてミットゥンワールドを広めてくださ~い!


d0159822_1259628.jpg

インスタは
Instagram→ここをクリック!




d0159822_13105692.jpg
ツイッターは
→ここをクリック!




★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg


★ヘイヘイ、みんなもう買ったかい??★


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2016-01-13 12:54
究極の極厚卵サンド
d0159822_22153836.jpg


先日、夜の8時にきゅうに眠くなったので
寝つきの悪いおれにとっては、チャンスとばかりに
「もう寝てみよう」と、本当に8時に布団に入り小学生ばりに早く寝てみた。


さすがに深夜一度目は覚めたものの、

翌朝かなり寝た感じはあった。

でも、あんなに寝たのになぜかいつもより眠い。

よく、3時間寝るより8時間寝る方が疲れるというが(だれが言った?)

まさに、寝れば寝るほど逆に眠かったり疲れたりする気がする。


あと、長く寝ると当たり前だけど
翌朝腹が減る。

毎日平日はあまり朝ごはんは食わない(食えないともいう)が

ぐっすり寝たので
ばかみたいにすごい分厚い卵サンドが食べたくなった。

というわけで今日はコレステロールなんてくそくらえの
ボリューム卵サンド!

以前作ったのはマヨ和えの卵サンドだけど
今日はオムレツバージョン。

※このときからの罪悪感はとおにうすれ、平気で5個も使用するようになった・・・
時の流れってオソロシイ。


(1~2人前)

☆卵 5個
☆塩 小さじ1/2
☆きび砂糖 小さじ1

・菜種油 適量


・食パン 4枚
◎溶かしバター 大さじ1 ※お好みでマヨネーズでもOK
◎粒マスタード 小さじ1

・きゅうり(斜め薄切り) 1/2本
・レタス 2枚
・トマト(輪切りにする) 1/2個~1個くらい




1.ボウルに☆を入れ、菜箸で白身を切るようにして混ぜる。
d0159822_22144710.jpg


2.玉子焼き器に油を入れ熱し、1を数回に分けながら入れては片側に集めて返しながら焼き、
ぶあつい卵焼きを焼く。
d0159822_22145162.jpg


3.パンはトーストせず、片面に◎をぬる。
2枚のパンの上にきゅうりを並べる。
d0159822_2215092.jpg


4.その上にレタス、トマトをのせ、
d0159822_2215785.jpg


半分に切った卵焼きをのせる。
d0159822_22151663.jpg



5.残りのパンで蓋をするようにしてラップで抑えるようにしてしばらく置く。
※トマトから水分がでるので、置きすぎに注意。10分ほどでOK
d0159822_22152511.jpg




お好みの大きさに切ってかんせい~
d0159822_22164566.jpg




みてください、この馬鹿みたいに分厚い卵を!!!
d0159822_22155139.jpg



この厚みを出すには思い切って5個使うのがポイントだ。

卵にはやっぱりベーシックな相棒・トマト、レタス、キュウリがよく合う。

d0159822_22152889.jpg


卵サンドってほんとにうまいと感じるサンドイッチだった。

もし喫茶店をひらくなら、ぜひこれをメニュー化したい。
(ひらかないけど・・・)





たまごさん、ありがとう!

馬鹿みたいにつかったごめんね、


といいたくなる、おいしさ。







(おまけ)




d0159822_22452699.jpg

う~









d0159822_22453111.jpg

さぶい。










 

★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-11-05 12:30
鮭のちゃんちゃんピザ
d0159822_21441999.jpg

先日、朝シンカンセンにのったときのこと。

座って、先ほど買った缶コーヒーを飲もうと
ぷしゅっと開栓したところ

思いッきしブワッとこぼれて

たまたま着ていた白いシャツにおもいっきし茶色いシミがついた。

思わず「ダ~ッ!!!!」と叫び、

とりあえず拭くもの拭くものっ!と
無いのはわかっていたけど念のためハンカチかティッシュなどが無いか
慌てて鞄のなかを探していたら、

すかさず横に座っていたひとが
サッとおしぼりを差し出してくれた。


・・・・



『ホレてまうやろー!!』


と、思わず言いたい気持ちを抑え、

『あっ!あ、ありがとうごぜーます!!!!』と
お礼を言って、すぐシャツのシミをとった。


しかもやたら地厚のしっかりしたキヨスクでもらったらしき
おしぼりで、
しつこくポンポンとシミの部分をたたいていたら

なんとか「うっすらシミ」くらいまでは抑えることが出来た。


よ、よかった・・・


安心して落ち着いたら、今度は

〝も、もういちど、お礼をいったほうがいいのだろうか・・

あ、お、お礼になにか・・・

お礼に何かあげたらいいだろうか・・・”

と鞄をみたら黒飴しか入っておらず


少し前に、おにぎりひろちゃんにお礼に黒飴をあげたら『老人』と言われたことを思い出して
「いやいや、黒飴はやめとこう」と

ひとりモンモンと考えているうちに
めんどくさくなって、寝た。


おわり。


ちゃんちゃん♪


ということで

今日は鮭のチャンチャン焼きをピザにしちゃいました。


(1枚分)
・中力粉 120g ※なければ強力粉でも
・全粒薄力粉 40g
・塩 小1/2
・ドライイースト 小1/4~小1/2 ※1/2のほうが発酵が早いです。好みで
・ぬるま湯(30~35℃) 100g
・オリーブ油 大1


・鮭切り身 150~200g

・塩、黒胡椒 各適量

★味噌 大さじ1
★EVオリーブオイル 大さじ1
★マヨネーズ 小さじ1

・モッツァレラチーズ(セミハード) 60gくらい
・白ネギ(小口切り) 2本分
・バター(小さく切ったもの) 20g

1.ピザの生地を作る。作り方はココ参照


2.★をよく混ぜ合わせる。
d0159822_21435642.jpg



3.生地の上に2を塗り、一口大に切った鮭の切り身をのせ、鮭の上に塩と黒胡椒を少々かけて
下味をつけておく。
d0159822_2144294.jpg


4.さらに白ネギ、チーズをのせる。ところどころにバターをのせ、
オーブンの最高温度で、皮がパリッとなるまで焼く。
(今回わしは300度のガスオーブンで6~7分くらい。ご家庭のオーブンによって時間が違うので調整してね)
※ポイントは余熱をしっかりしておくこと!!
d0159822_2144831.jpg





出来れば高温のオーブンでさっと焼く感じだと鮭がふっくら焼きあがる◎
d0159822_21442943.jpg



あつあつを、ビールと一緒にいっちゃってくだせぇ
d0159822_21443918.jpg



味噌とバター、ほんのり香るオリーブオイル・・・すべてが
いい仕事をしてます。
d0159822_21444324.jpg



鮭とネギも、チャンチャン焼きにされると思ったら
まさかピザ生地にのせられてさぞかしとまどったことでしょうが・・・


おすすめです!


ぜひみなさんもおためしくだしゃんせー










d0159822_21473022.jpg

今度会えたらおれいをいおう。



★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-10-14 21:49 | パン
チキンマリネサンド oishii
d0159822_21435562.jpg


いよいよ今週末お料理教室開催を控え

一度シュミレーションを行いましょうとのことで

当日、手伝い(というよりおれよりよっぽど料理がうまい)に来てくれる
「ともぞう」に家に来てもらい、
練習をしてみた。

当日は1日拘束されてしまうので、チャースケだけアシスタントに連れて行こうかと思っていたが
どうかんがえても使い物になるとは思えず(むしろ足を引っ張ったりヤジを飛ばす可能性もある)、
無理を言って、友人のともぞうにきてもらうことにした。

ともぞうは昔、店を仕切っていたくらいあって
やたら手際が良く、ともぞう自身も何度か料理教室経験あり。

もう、全部やってくれませんか、と言いたくなるくらいに頼りになる。

そんな手際の良いともぞう、実際に料理してみると
バンバン洗い物はこなしたり、ときどき「せんせ~玉ねぎは縦と横に切ったときどう違うんですか~?」と、
頼んでいない〝いやな質問をしてくる生徒”などのシュミレーションまでぶっこんでくる。

そんなともぞうがどんどん洗い物をしたり、絶妙なアシストをしているのを見たチャースケは

どうやら完全にさぼりはじめ、


「こら!おめーも働かんかい!」と、

無理やり起こして手伝いをさせようとしたが

ともぞうのバリバリのアシストを前にすっかりヤルキをなくし、

洗い物はおろか、突然「島耕作」を読みながらソファで寝始めたあげく

「ちゃー(ごはんはまだですか)」などと言ってくるので
もうチャースケは放っておくことにした。

(しかも出来上がったレバーペーストは「ちゃー(レバーペーストきらい)と言って食わない始末)

というわけで、当日来ていただけるみなさんに
ご満足いただけるよう
頑張りますので、くれぐれも玉ねぎの切り方の質問などはしないで下さい。


さてさて、今日も全然かんけいない
サンドイッチレシピだほーい



(2人分)
・鶏むね肉 1枚(250g)

◎水:酒(1:1) 適量

・EVオリーブオイル 適量
・レモン 1/2個くらい

・レタス 6枚
・きゅうり(斜め薄切り) 1/2~1本

★粒マスタード 小さじ2
★マヨネーズ 大さじ1.5

・食パン 4枚


1.鶏肉は冷蔵庫から出し、常温に戻す。

鍋に◎を鶏肉がすべて浸かるくらいの量入れ、沸騰させる。
沸騰したところに鶏肉を入れ、すぐに蓋をして火を止める。
そのまま20分置く。
蓋を開け、そのまま5分置いて取り出したら表面の水けをぬぐって、薄切りにする。
d0159822_19331824.jpg




2.バットに薄切りにした鶏肉を並べ、全体に塩をふる。
浸るくらいのEVオリーブオイルと、レモン汁を大さじ1ほどしぼって入れる。
そのまま30分~置く。冷蔵庫で1晩置いてもOK。
d0159822_2143941.jpg



3.食パンに★を塗る。
d0159822_21431699.jpg



4.その上に鶏むね肉をならべるようにのせる。
d0159822_21432629.jpg


その上にきゅうり、
d0159822_21433184.jpg


レタス、

さらにまた鶏むね肉をのせる。
d0159822_21433673.jpg



5.残りのパンで蓋をして、オーブンシートかラップで包んで固定する。
d0159822_21434221.jpg




お好みの大きさに切って完成~
d0159822_21434886.jpg




余熱で火を通したしっとり胸肉を、オリーブオイルでマリネすることで
さらにしっとり、さらに濃厚な味わいに。
ここで入れた塩は、トリュフ塩にしてみるとさらに◎
d0159822_21435378.jpg




レタスはボリュームたっぷりめにいれるのがおすすめ。

ほかに、トマトとかクレソンとかスプラウトなんかの
お好みの野菜をはさんでも。


秋晴れのピクニックなどでお弁当にしたら
すてきな休日に(わしゃやらんけども)


ぜひみなさんもおためしください~




d0159822_1236739.jpg


★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-10-13 12:30 | パン
茄子とバジル卵のサンド oishii
d0159822_2253513.jpg



電車に乗るときの切符や定期が
ICカード化して、不便になったことがある。

それは、定期問題だ。

おれはICカードに半年定期を買って入れている。

定期の通っていない駅は、もちろんチャージしたお金から引かれるのだが
先日、定期が切れているのに気づかずに
いつもの駅を往復していた。

なんかいつもよりチャージしている分の残高の減りが早いなぁと思っていたら
切れた定期のせいで、普段定期で乗れる駅までのお金を
チャージ分から引かれて乗っていたのだ。

なんということだろうか。

昔なら、期限の切れた定期を入れたら
「ピポピポーン!」と、『犯罪者ここにいます』といわんばかりの
大げさな音で赤いランプまで点灯して
おもいっきし「×」と書かれた赤く点滅したうえに駅員が飛んできたもんだが、

今は「チャージ」というもののせいで、
定期が切れてても乗れてしまうのだ。


おれはこの「チャージ」がどうしても好きになれない。

最近でこそようやくチャージするようになったが、
ICカードが出来た頃は、「チャージ」するのが嫌で毎回駅員のところに行って
乗り越し分を払っていたら

あるとき駅員に「ちゃんとチャージしてください」と言われ、
「おれは300円しかもってねーんだ!」とキレて喧嘩したことがある。

そう、チャージは1000円から、というのも腹が立つ。

なぜ1000円からなんだ。
300円しかもってないやつをバカにしている。

話が逸れたが、ようはこの数日、無駄な金を払っていたのだ。


あーあもったいない。

もったいないので、今日は中途半端に余ったバジルを使った
変わりサンドイッチのごしょうかい!


(2人前)

・茄子(縦に7㎜幅に切ったもの) 4枚
◎にんにく(薄切り) 1片
◎EVオリーブオイル 大さじ1


☆卵 3個
☆塩 小さじ1/3
☆黒胡椒 少々
☆バジルの葉(みじん切りにする) 8g


・バター 10g


・食パン 4枚
★マヨネーズ 大1
★粒マスタード 大1



1.フライパンに◎を入れ中火にかけ、香りが立ったら茄子を入れて焼く。
※途中、ニンニクはきつね色になったら取り出す。
両面焼いて、塩と黒胡椒(分量外)少々で味をつける。
d0159822_224513.jpg



2.パンはお好みでトーストして、片面に★を塗る。
d0159822_2241453.jpg


その上に焼いたにんにく、茄子をのせる。
d0159822_2242023.jpg




3.ボウルに☆を入れ白身を切るようにして混ぜる。
d0159822_2242512.jpg


4.フライパンにバターを入れ熱し、溶けて泡だったらすぐ3を入れて
スクランブルを作るように絶えず混ぜながら焼く。
最後は表面を固め、焼きすぎない程度で取り出して半分に切る。
d0159822_2244114.jpg


5.2の上に4をのせる。
d0159822_2251472.jpg


6.残りのパンで挟んで食べやすい大きさに切って完成!
d0159822_2253061.jpg


ジューシーな茄子と、バジルが香るとろとろの卵が贅沢なサンドイッチ。
d0159822_2252453.jpg



具が全部やわらかめなので、パンは焼いた方がおすすめかなぁ
d0159822_2255389.jpg



バジルは生の葉を。
大葉とかの和風にしてもおいしいとおもう。


今回使ったのはこのゼブラ柄のような茄子
その名も「ゼブラ茄子」
d0159822_2234699.jpg


イタリアの茄子で、加熱料理に向いているんだと。
たいていの茄子は加熱向きだと思うけど・・・


生でたべてうまいのは水ナスくらいだろうか。

でもこのゼブラ茄子、焼くと実がとろっとやわらかジューシー。
とてもうまいです。
見つけたらぜひおためしを。





★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-09-08 12:30 | パン
餃子ドーナツ
d0159822_23272044.jpg



このブログのコラムは
だいたいは前日の夜書いておき、
昼間に予約投稿しているのだが
夜というのは精神が疲れきっているためか
たまにものすごい暗い重いコラムを書いているときがある。

書きながらだんだんネガティブになり、

翌日の記事投稿前に確認のために読み返すと

「オイオ~イ 何じゃコリャ!!!」と、自分でもびっくりするような暗い内容で

急遽消して書き直すこともしばしばある。

だってね、こんな普段ふざけたブログで
そんな重くて暗いネタ書かれても、読者は困るに違いない。



夜というのはなぜあんなにも
重く暗くなるのだろうか。


やはり太陽の明るさと言うのは、底知れぬパワーがあるのかもしれない。


でも1日中昼間だったら、絶対にやだなと思う。

明るいうちに飲む酒はうまいけど、
それは夜があってこそ。

やっぱり酒は夜がうまいのだ。

酒といえばやはりつまみ。

今日はビールの友、餃子を使ったレシピ。

餃子って、必ず2個とか3個とか
焼く前の状態で余りませんか?

うちはそういう餃子を「チャーの弁当に入れよう」と冷凍しておき、
忘れて冷凍庫に貯まってしまった餃子が
必ずある。


そんなわけで、今日は余った餃子を使って
変なものをつくりやんした。



(8個分)
★強力粉 270g
★薄力粉 30g
★塩 3g
★きび砂糖 30g
★ドライイースト 小さじ1/2

◎卵 1個(50g)
◎牛乳 150g

・オリーブオイル 30g

・餃子(大きいもの) 8個


1.★をボウルに入れ泡だて器で全体をガーッとまぜる
(うちではニーダーでやっていますが、もちろんない場合は手で地道にこねる)


2.◎をいれ、5分ほどこねる。オリーブオイルを入れてさらになめらかになるまで5分ほどこねる。

3.丸くまとめてきれいなボウルにいれ、ラップなどをして30度くらいの場所で2倍にふくらむまで発酵させる。


4.ガス抜きをして打ち粉(強力粉)をした台にとりだし、6等分にする。
丸くまとめ、硬く絞ったぬれ布巾をかけて10分置く。
d0159822_23261655.jpg

d0159822_23263722.jpg



5.4の生地をのばし、餃子を包む。もしくは餃子の餡を包む。
綴じ目をしっかりとじ、
まるめた大きさに合わせて切ったオーブンシートの上にのせる。
d0159822_23264725.jpg

d0159822_23265787.jpg


6.低め温度の油に5をオーブンシートごと入れ揚げる。
返しながら、(オーブンシートが自然にはがれるので、はがれたらオーブンシートは取り出す)じっくり揚げる。

d0159822_2327599.jpg


狐色になり、余分な油を切ったら完成~
熱々を頬張るべし。
d0159822_23271285.jpg



なんか、餃子に対して、生地が厚すぎる・・・

そもそも別に餃子を包まないで、餃子の餡を直接包んだほうがいいという結論に達した。

餃子はそのまま食ったほうがうまいにきまっとる。
d0159822_23273347.jpg


なんでもう小麦粉に包まれてるものをまた小麦粉で包んじゃったのか。

バカなのか?アホなのか?(たぶん両方)

これを作ったあと、こんな感じで自己嫌悪に陥ったので
みなさんはくれぐれも真似せず
直接、餃子餡だけを包んでください。

あと、一緒にチーズとかも包んだらうまいにちがいない。


というわけで、次回はリベンジ!(・・・たぶんもう作らないとおもうが・・・)



d0159822_1212377.jpg





★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


d0159822_1234226.jpg

by mittun-chasuke | 2015-09-03 12:30 | おやつ
コンパルの海老フライサンドに憧れて
d0159822_21481366.jpg


お盆休みのように、連休が重なると
大変なのは毎日の食費と酒代である。

夕方、下手したら(べつに下手しなくても)昼間っから酒を飲む日が続くもんだから

財布の中身はあっという間になくなる。

しかし、あまり深く考えていないため

財布の中身がないのにもかかわらず

チャースケとブラブラ歩きしながら
「タコ焼きカッチャウ?」

「ちゃー(カッチャウ)」

と無駄遣いを繰り返していた。

その日も、ただスーパーにゴミ袋を買いに行った帰りに

「喫茶店でもイッチャウ?」

「ちゃー(イッチャウ)」

とか言いながら、

何を食べようか散々盛り上がって

いざ喫茶店に入ろうとした直前

ふと嫌な予感がして財布の中を見てみると

なんと35円しか入っていなかった。


うまい棒でも3本しか買えない。


「チャースケ・・・きっさてんやめて うまい棒3本でもいい?」


「チャー(だめです)」


財布の中身を見せ、

すっかり喫茶店でナポリタンとサンドイッチを食べる気満々だったチャースケは

あまりのショックにその場に座り込み打ち拉がれていた。

さらに昔のプレステの少年のCMのように駄々をこねはじめ

ようやく「家に帰ってサンドイッチを作ってやるから」ということで
帰宅することに合意させた。

何のサンドイッチがいいかと聞くと、
やはり出てきた「コンパルのサンドイッチ」。


以前、チャースケに名古屋の老舗喫茶コンパルの海老フライサンドが食べたいと言われ
作ったことがあるが

やれカンパーニュだのザワークラウトだのシャレ山にしすぎて
「ちゃー(けっきょくちがう)」と合格はいただけなかった。

そんなわけで、今日はリベンジ!

もっとコンパル風に(だから食べたことないくせに)、
もっとジャンキーに。


つめたーいアイスコーシーと一緒にどうぞ!

(2人前)

・バナメイ海老 16尾
・片栗粉 大さじ1くらい

・小麦粉、卵液、パン粉 各適量

・キャベツ(みじん切り) 200g
・塩 適量
★マヨネーズ 大さじ2~3
★塩 小1/3
★米酢 小1.5
★黒胡椒 適量

◎卵 2個
◎塩 少々
◎きび砂糖 小1/3



・食パン 4枚

・ケチャップ、チリソース 各適量
・ウスターソース、シュレッドチーズなど 各適量



1.キャベツはキッチンペーパーかさらしの上にひろげて全体に塩をふって10分ほど置く。
水分をぎゅっとしぼり、ボウルに入れる。★を入れよく和える。
d0159822_21475733.jpg



2.海老は殻と頭、尻尾、背ワタを取る。ボウルに入れ片栗粉をまぶしてもみ、
水を入れて水が濁らなくなるまで何度も水を変えながら洗う。
d0159822_21474534.jpg


3.2の水分をふきとり、全体に小麦粉をまぶす。
続いて卵液、パン粉をしっかりつける。
d0159822_222071.jpg


4.3を180度の油できつね色になるまで揚げる。
揚がったらしっかり油を切って全体に塩を少々しておく。
d0159822_2148329.jpg


5.◎よく混ぜ、フライパンに油をひいてオムレツをつくる。
焼くすぎないように、半分トロトロに。
d0159822_21475062.jpg


6.パンはお好みでトーストする。
パン2枚の上に1を均等にひろげ、上に半分ずつオムレツをのせる。
その上に海老フライをのせる。
1枚はケチャップ&チリソース、もう1枚はソース&チーズをかける。
d0159822_2148862.jpg


⒎残りのパンでふたをして、食べやすい大きさに切る。
d0159822_21481886.jpg




こういう料理は、カロリーを気にしてたら豪快にできません。

しばしカロリーと糖質は忘れ
おもいっきしかぶりつきましょう。



コールスロー風にしたキャベツがいい仕事をしてる。

揚げたてのプリプリの海老が最高だ。

これぞ手作りのしんこっちょう。

d0159822_21482996.jpg

ケチャバージョン



d0159822_21483013.jpg

ソーチーズバージョン






手作りサンドイッチは楽しいね。





ただ、喫茶店に行くより高くついてないか?



みなさんもぜひおためしくだされ~





d0159822_12151135.jpg




★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg

by mittun-chasuke | 2015-08-18 12:30 | パン
エスニックサンド
d0159822_2172959.jpg



もくもくデパートの地下食料品売り場で買い物をすると
たいていレジが混んでいる。

いくつかレジがある中で、どこが最短でレジが終わるか
瞬時に判断して並ばなくてはいけない。

この見極めにはポイントがある。

まず確認したいのは、並んでいるひとのカゴの中の量と
レジ店員に「研修中」というバッチがついていないかということだ。
(しかし稀に研修中でも手際のいい人もいる)

ここで8割がた勝敗が決まる。

同時に他のレジに並び始めた客をチラチラ気にしながら

「アイツより早く」と勝手にライバルを見つけるのもポイントだ。


よし、このレジだ!と決め
並んで、動きをチェックする。


案の定、ベテランくらいオバチャンのレジは早い。


『よしよし、いいぞオバチャン。この分なら、アイツ(同時に他のレジに並んだ他の客)より早いぜ!ヒューヒュー』


と心のなかでほくそ笑んでいると

まさかのどんでんがえしもある。

それは、お金を払おうとしている客がおばあちゃんだった場合であった。

おばあちゃんはたいてい目が悪いので
財布の中から「ひぃ、ふぅ・・みぃ・・」と、小銭があるかどうか確認する。

それが信じられないくらい遅く、
結局小銭が無いので「こまかいの無いわ~」といって1万円札を出している。

『ババアー!最初から1万札だせやーっ!!』と思いながら
イライラしていると、
今度はおつりを財布にしまうのがこれまた非常に遅い。

もう、もうっ!手伝ってあげたい!

ウズウズしていると

そんなことをしている間に、アイツ(だからどいつ?)のレジはとっくに終わり、
そのまた後のやつのレジも終わり、
またまたその後のやつのレジも終わり、

いっそ今からでもそっちのレジに並んだほうが早く終わったかもしれないという事態もある。


おれはこの『レジ見極め』がいつも外れる。


見極めセンスが無いのだ。



こればっかりは、おれのようにセッカチなやつが最後負けるのだ。



こういう時は欲のないチャースケにおつかいを頼んだ方が早い気がする。


でもあいつにお使いを頼むと、必ず余計なものを買ってくる。

肉とか、肉とか、肉とか・・・・


というわけで今日もいつのまにか冷蔵庫に合った牛肉を使った
ボリュームエスニック風サンドイッチのご紹介~



(1人前)

・牛薄切り肉 120g
・塩、黒胡椒 各適量
・EVオリーブオイル 少々



☆マヨネーズ 大2
☆にんにく(すりおろす) 1/2片
☆ナンプラー 小1/2
☆タバスコ 小1/3 ※量はお好みで増減を
☆パクチー(みじん切り・軸の部分) 1束

・きゅうり(斜め薄切り) 1/4本
・シュレッドチーズ 適量
・パクチー(粗みじん切り・葉の部分) 1束
 
・食パン(1.5㎝幅に切ったもの) 2枚

1.☆をよく混ぜ合わせておく。
d0159822_2164249.jpg



2.パンは2枚を重ね合わせてトーストする。
重なって焼き色のついていない面に1を塗る。

3.フライパンにオリーブオイルを熱し牛肉を塩、黒胡椒をして焼く。
焼けたら取り出して粗熱をとっておく。
d0159822_2163513.jpg


4.2の上にきゅうりをならべる。
d0159822_2164766.jpg


さらに3の牛肉、シュレッドチーズ、パクチーの葉の部分をのせる。
d0159822_2165813.jpg


5.もう1枚のパンで挟んで半分に切って完成!
d0159822_2173341.jpg



どーんと肉が主役のボリュームサンド。
d0159822_2174041.jpg


柔らか牛肉に、マイルドだけど辛味の効いたマヨネーズとパクチーが合わさって

ついついしゃべるのを忘れて貪り食うチャースケ。

そらうまいわなー

休みの日の昼間にビールと一緒になんか最高ね

d0159822_2172342.jpg


みなさんもぜひおためしください









d0159822_17502888.jpg




★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg


★おまいさん、まだ買ってないの?★

ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2015-07-30 12:30 | パン
手作りホットドックパン
d0159822_22372513.jpg

先日、布屋に注文していた布を取りに行った。

この布屋は平日の昼でもいつも暇な老後を楽しんでいるご老人で混雑しており
タイミングが悪いと非常に待たされる。

ここは、もくもく村に唯一ある布屋なので、多少遠くてもみんなここに来るしかないのだ。


うちからも、チャリンコで15分くらいだが、途中にでかい坂道があるので行くのがけっこうめんどくさい。

頼んでおいた専用のレジに行くと、運の良いことにレジには誰もいない。

「よっしゃ!」と、そのレジに向かって足早に歩いていったら、
どこから躍り出てきたのか、ババアが大量の布やら何やらを持っておれの目の前でそのレジに立ってしまった。

なんか注文するのか、さっさと注文すればいいのに
やたら店員に「暑いわね~」「今日ね~」などと店員に無駄に話しかけている。


『ああ・・・めっちゃ長くなりそう・・・わしゃただ受け取りにきただけなのに・・・』と落胆していると、

突然ババアが振り返り、
「あら、あなた、受け取り?店員さん、こちらのかた、先にやってあげて、わたし時間かかるからぁ~、ね。」
という。

なにこのババア、めっちゃ良いヤツやん

ババアとか言ってごめん


「え、いーんすか?」というと、

「いいのいいの、わたし、すごい近所だから。もう、ほんと近いから、毎日来てるの。
すぐ来れるし、大丈夫なのよ。近いから、すぐ帰れるから、多少待ってもいいのよ」というので


「へー、そんなご近所ですか。いいですねーここ、みんなわざわざ来るのに、近所とはうらやましいですねー。どのへんですか?」ときくと


「ヤマイケ通りの郵便局のとなりなのよー」という。


え、ウチのめっちゃ近所じゃん・・・

そう、そのババアはまさかの、うちの4軒となりという超ご近所だった。

とは言えずに、

「へー、近いですねー。じゃ、お先にすいませんねー」といって先に商品を受け取らせていただいた。

ババアは元気である。

うちからあの布屋はまぁまぁ遠いと思っていたが
ババアのほうがおれより脚力がしっかりしておった。

こんなビールばっか飲んでるからだめなんだな

でも今日もビールに合うレシピ・・・・



(6本くらい)
★強力粉 300g
★塩 5g
★きび砂糖 35g
★ドライイースト 0.5g

◎卵 1個+牛乳 合わせて183gになるように
・バター(常温に置いて柔らかくしておく) 45g

・溶き卵 適量

・挟む具 お好みで




1.ニーダーに★をいれフォークでざっと混ぜる。
d0159822_22355521.jpg



2.そこに◎を入れ、10~15分捏ねる。
※まとまってきたら途中で細かくちぎったバターを入れる
※ニーダーがない場合は手でがんばって捏ねてください
d0159822_2236239.jpg


こんな感じで伸ばして、薄い膜になればOK
d0159822_22361132.jpg


3.ボウルに入れラップをして4~5時間ほど常温に置き、
約1.8倍くらいになったら一度パンチをしてガス抜きする。
またラップをして、冷蔵庫の野菜室に入れて1晩発酵させる。
d0159822_22362191.jpg


4.また膨らんでいるのをパンチしてガス抜きしたら、6等分に分ける。
丸めて固く絞った濡れ布巾をかぶせて10分休ませる。
d0159822_22362771.jpg


5.台に打ち粉(強力粉)をして、生地を楕円にうすく伸ばす。
d0159822_2236365.jpg


くるくる端から巻いて、綴じ目を指でつまんでしっかり閉じ、綴じ目側を下にしてオーブンシートの上に置く。
d0159822_22364348.jpg


6.30度くらいのところで1.5倍くらいになるまでほど二次発酵させる。
刷毛で表面に溶き卵を塗る。
d0159822_22365248.jpg


7.180度に予熱したオーブンで14~15分焼く。(オーブンによって焼き時間は異なるので調整してください)
d0159822_22365819.jpg


8.取り出して完全に冷めたら中心に包丁で切れ目をいれ、お好みの具を挟んで完成!
d0159822_22371150.jpg



今回はチャースケの大好きなレタス、ミートソース、焼いたソーセージを挟んだ。
d0159822_22371927.jpg


ジャンキーだ。
d0159822_22373225.jpg



パンは卵と牛乳で捏ねているので、濃厚。
生地はしっとり、ほんのり甘く
そのまま食べてもおいしい。


さらにこれでは足りないというので、+チーズ&ゆで卵のスペシャル(デブ)バージョン
d0159822_223743100.jpg





小ぶりに作って、ミニホットドックにしても楽しいし、
逆にもっと巨大に作ってメガドックにしてもいいね(だれが食うんだ)


出来立てのパンはおいしさもひとしお!

ぜひ休日に、みなさんもパンから手作りドックで楽しんでちょう~





《おまけ》

きょうのチビ猫兄弟


フーちゃんがいない!と家中探していたら・・・


あれ?なんか「ダメになるソファ」がもっこりしてる・・・・

d0159822_1383181.jpg







いつのまにか、カバーの隙間で爆睡していたフーちゃん
d0159822_139312.jpg






カバーをめくられて迷惑そう
d0159822_139357.jpg








そこへ秀次郎にみつかり、あっというまに終了
d0159822_1395263.jpg





★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg


★おまいさん、まだ買ってないの?★

ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2015-05-20 12:30 | パン
へしこバターで絶品おつまみトースト
d0159822_22204295.jpg


中国から工場長が遊びに来ていたので飲みにいった。


おれは工場長のほかにも中国に友人が何人かいるが、どの人にも共通で言われるのが
「ニーハオ」の発音が非常にいいことだ。

電話で「ニーハオ」と言うと、普通はこちらが日本人(くま)だとわかったら
「こんにちわ」と対応してくれるのだが

おれが「ニーハオ」というと、電話の向こうでおれが中国人だと思って
「ウェイ?!ウェイ?!(もしもし?!もしもし?!)」と聞いてくる。

余談だがなぜか中国のひとは電話だといつも怒っている(ように聞こえる)

あんまりにもウェイウェイ言ってくるので「ミットゥンだよ」というと
「エエ~!チュウゴクジンカトオモタヨ」と必ず言われるのだ。

そのくらいおれの「ニーハオ」は中国に通用すると思われる。(※ただし本当にニーハオのみ)

ニーハオのポイントは、なによりも気だるく、めんどくさそうに発音することが大事だ。

ミットゥン統計によると、だいたいの中国人は「ニーハオ」を非常にめんどくさそうに発音している。

もう、「オ」とか言わなくていい。

「ニーハッ」でいい。


中国人、適当で嫌いなところも多いけど、良い人もいっぱいいる。

いつか本場中国に行ってそこらじゅうで「ニーハッ」を実践したい。(日帰りで)


工場長とはそのへんの居酒屋に入ったのだが、
中国のひとも刺身とか味噌汁とか好きらしい。

中国でも和食って人気なのだ。

でもさすがに納豆とかくさやとかへしことかはどうなんだろう。
意外に中国人なら臭豆腐とか食べてるからいけるのか。

まぁへしこは焼かなければ臭くないしいけるかもしれぬ。

へしこといえば
先週、宮川大輔が出ている番組でやっていたこの「へしこバター」。
なんとへしこをバターと合わせてペーストにしたものをバゲットに塗って食っていた。

最初オエーきもちわるぅ~と思ったが、よくよく考えると

ん・・・?合うかもしれぬ・・・

いや、これは合うやつだ。

これ絶対うまいやん。


そして誂え向きに、冷蔵庫には半分余って行き場を無くしていたへしこがあるじゃないか。

ということで、さっそく作ってみたヨホーン


(作りやすい量)
・へしこ 60g
・バター(無塩) 40~45g

・パン 適量 ※ごく薄切りの食パンまたはバゲットなど
・シュレッドチーズ 適量

1.バターは常温に戻しておく。

2.へしこはある程度薄切りにして、フードプロセッサーにいれる。
細かくなるまで攪拌したら、さらにバターを入れて滑らかになるまで攪拌する。
d0159822_2220219.jpg


3.パンに2を全体的に塗る。
d0159822_22201338.jpg


その上にシュレッドチーズをお好み量のせ、トースターでチーズが溶けてパンがかりっとなるまで焼く。
d0159822_22202366.jpg

d0159822_22214347.jpg


4.食パンの場合、食べやすいサイズに切って完成!
d0159822_22203230.jpg


へしこの独特の風味と、濃厚なバターがこんなにも合うとは!

へしこがそのまま食べて苦手と言う人は、これを試してみるといいかも(もちろん普通にへしこ好きの人はこれも絶対好きなはず!)
これ、はまりそうだなぁ。
d0159822_22205119.jpg


さめても美味しいので、おつまみにはうってつけ。

ビール、ハイボール、日本酒に。

おすすめです!

あと、このへしこバターでパスタもつくろうっと。

★★★★★★★★★★★★★《おしらせ》★★★★★★★★★★★★★★★★★
ミットゥンが全国の働く女子向けに書いているウーマンエキサイトシリーズ。

今週は・・・
真鯛とアボカドのヘルシータルタル

d0159822_11453025.jpg



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★




d0159822_12361330.jpg

ちなみに今は、いつも歩きながら数字の発音を練習中(どこで使うのか?)




★レシピブログでの我がブログが
いつのまにやら
「シルバーレシピブロガー」にランクアップしてました。

これも、毎日ポチッとしてくれるみなさんのおかげです。
ほんとにありがとう!!!

というわけで、次はいよいよゴールドブロガーめざして!
今日もポチッと押すだけでいいです。「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!



d0159822_12293579.jpg


★おまいさん、まだ買ってないの?★

ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!


d0159822_12455074.jpg

100円で販売中だよホ~ン
by mittun-chasuke | 2015-04-20 12:39 | 料理(かんたん)



ベジタリアンのミットゥンと肉食チャースケのご飯日記
by ミットゥン
タグ
(516)
(482)
(363)
(339)
(201)
(170)
(134)
(132)
(92)
(87)
(72)
(65)
(59)
(52)
(51)
(42)
(37)
(29)
(27)
(17)
(15)
(12)
(10)
(7)
(6)
(5)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
登場人物紹介
ミットゥン
チャースケ
漫画付きレシピ
料理(ハイカラ)
料理(かんたん)
料理(副菜、その他)
料理(メンドうまい)
おやつ
パン
自己紹介
その他
弁当
未分類
以前の記事
2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
フォロー中のブログ
おとなは、だれも、はじめ...
ハンドメイドな日々
沢ぱん日記
shina_poohな日...
知りたがりやの食べたがりや
夕方に台所で・・・
やわらぎをもって。
イギリス ウェールズの自...
歌花史庵 かかしあん
うひひなまいにち
ごはんとおかずと日々のつ...
僕とマダムと先生と
アベマリアのハッピーテーブル
犬とご飯と雑貨。
spring comes...
1/f breeze
kun-kun+kuro-ro
Life style
アインのしっぽ
バニラのお菓子ライフ
Cheminee de ...
mogumogu * Leaf
亜麻仁
つばさ雲
エットハミアメドとお料理...
がびあーの家の毎日
山麓風景と編み物    
London Scene
ろこりん♪の毎日。
ゆるロビ生活
カザルパロッコのネコ(C...
walking slow...
田園都市生活
ちょっと寄り道
平凡人日記
NO ANCHOVY, ...
ひなたの小部屋
ミニチュアブルテリア ダ...
日々の暮らし ☆ mam...
一日一歩
La prima ste...
日々道場
にじいろ日記
丁寧な生活をゆっくりと
さっちんきっちん
やねのうえのわんこ
ホウロウダイアリー
5plus2and2
ステンドグラス こもれ...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
カザルパロッコのネコ
The cats inside
Can of Good ...
★ミットゥンのラインスタンプ販売中!


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!
d0159822_12455074.jpg






エキサイトブログ以外のお友たち
Mシュナ Richardより愛を込めて

トレモロの響きにのせて

某医大正estateのごはんブログ


Can of Good Goodies

豆好き

yamatoyome ~沖縄生活~

パスタファイター

ぱっちとPUっ♪


THE CULINARY TRIBUNE

stadio r(食フォトギャラリー)

la table

Bay Alien

ビストロ カルナヴァル

スペース大原

★沖縄日記記事がオススメブログに!
那覇
旅行口コミ情報

★チャースケがツイッターを始めた?!
『_Charsuke_』で検索!


★広告メール対策の為、コメントを承認制にしました

コメントだいかんげいです!
お気軽にどんどんコメントチョウダイ!

★ウーマンエキサイト「おいしい!」に以下の記事を掲載していただきました。

緑のヘルシーポテサラ


米粉のブルーベリーパンケーキ


簡単!イカのトマト煮込み


カレー風味の鶏グリル


マグロの味噌漬けどんぶり


車麩の海老チリ風炒め


自家製甘納豆


牡蠣と温玉の韓国風サラダ


ヘルシーフムス


温泉たまごで!濃厚オリーブオイルアイス


過去最高のビーフシチュー


簡単ヘルシー!豆乳杏仁プリン


節分に!豪華海鮮太巻き


ブルーチーズと納豆のパスタ


しあわせのメープルパンケーキ


柚子トマトうどん


ポテサラと食べる絶品フレンチトースト


パスタでビックリ!ちゃんぽん麺


やめられないトマラナイ!メープルナッツ4種


しっとり茹で鶏の特製ピリカラだれ


ワインが進む君!トマトチーズビスコッティ


海老と豆腐の卵とじ中華丼


塩鮭とろみ中華どんぶり


野菜のうまみの詰まったヘルシーシチュー


韓国風!イワシのピリ辛しょうが煮


刺身の残りで!絶品ヅケ茶漬け


梨と豆乳のやわやわプリンと滑らかジェラート


絶品!中華スープがけ納豆ご飯


簡単!刺身でユッケ風どんぶり


あっさり!あさり二ラーメン


高貴な味!メープル小豆の豆腐クリーム添え


お店の味!海鮮あんかけ かたやきそば


春巻きの皮で作る!海老とアボカドの豆腐キッシュ


火を使わない!ピータン豆腐どんぶり


バター不使用!ココナッツとあんずの全粒粉スコーン


熱ヒヤ!豆乳坦々つけ麺


薄焼きがポイント!ザクザクフルーツクッキー


夏のビールの共に!ヤムウンセン


ひんやり!さっぱりカレーきしめん


ピーナッツバターで本格的なタレ!棒々鶏うどん


二日酔いの朝にやさしい アボカドとホタテのおかゆ


レストランの味の濃厚ニョッキ


お肉無しでも絶品ビビンバ


自然の甘みのおやつ!ドライフルーツまるごとクッキー

パーティーに!絶品ヘルシー板麩でラザニア

とろ~り絶品!洋食屋さんのクリームコロッケ

フレッシュトマトの絶品ラタトゥイユ

海老の殻は捨てちゃ駄目!濃厚豆乳ベシャメルソース

とろとろ手羽先の韓国風煮込み

とろーりチーズのかかったトマトのモツ煮込み

フレッシュトマトで作るエビチリ
卵一個で!豆乳スフレ

残り野菜で!韓国トッポギ

トマト肉味噌でヘルシー冷麺
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
居酒屋ごっこ・五月編
from cool witch
生存報告。
from ハムログ
居酒屋ごっこ
from cool witch
塩麹を使ったおかず など..
from 海のむこう 空のむこう
おおそうじのフルーツクッ..
from 海のむこう 空のむこう
ポテトマカロニサラダwi..
from 知りたがりやの食べたがりや
イギリス歯医者の話 - ..
from 坂の上にある家 
白練りごま
from 坂の上にある家 
冬至の夜
from 坂の上にある家 
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧