タグ:武男成長記 ( 7 ) タグの人気記事
とり貝のわさび醤油パスタ
d0159822_22451387.jpg


先日、みどりママの仕入れに付き合って
ちょっと遠いモクモクマルシェまで行ってきた。

モクモクマルシェは、鮮度のよい肉、魚が
驚きの価格で売られている。

この日も、見事な1本釣りのキンキやハタなどの高級魚が
驚き価格で売っていた。

ミ:「おおっ、すげぇ、すげぇなぁ!このキンキで、煮付けにして
今夜は煮魚で日本酒・・・ああっ魚卵や海老や、こんなでかい太刀魚、
見たこと無いぞ!」

と興奮気味のおれをよそに、
どんどん仕入れ物を買うみどりママ・・・

便乗して、こっそりみどりママのカゴに、私物をいれてきた。

おかげで、たくさんの材料をタダでゲットした(←さいてい)

この日の豪華(?)晩酌の様子は、また後日。

あまりに沢山食べるのもがあったので、
買った覚えの無いとり貝の刺身が
次の日冷蔵庫で発見された。

今日はこれを使って、手軽パスタ!


(1人前)

・パスタ 100g
・とり貝 60g
・新たまねぎ(繊維をたつように薄切り) 1/4~1/2個
・細ネギ 1本
・バター 小1
・塩、こしょう 各少々

☆醤油 大1
☆酢 大1/2
☆わさび(おろし) 小1/2
☆オリーブオイル 大1

・パルミジャーノチーズ 適量
・ブラックペッパー 適量
・白すりゴマ 少々
①ボウルに☆をあわせておく
d0159822_2245344.jpg

②とり貝はバターで軽くソテーして、塩コショウをしておく
d0159822_22455243.jpg

③ ①に②と新たまねぎを入れて、よくあえる
d0159822_22461396.jpg

④パスタは、1%の塩を入れたたっぷりの湯で
表示時間通りにゆでる。
茹で上がったら水気をしっかり切り、③に入れてよくあえる。
d0159822_22462741.jpg

⑤皿に盛り、白すりゴマ少々と、パルミジャーノチーズをたっぷりかける。
細ネギを散らし、仕上げにブラックペッパー、オリーブオイル(分量外)をまわし
かける
d0159822_22464134.jpg


とっても手軽な簡単パスタ。
本当はフライパンを使わずに作りたかったけど、やっぱり
とり貝をサッとソテーするひと手間は、惜しみたくない。

これが美味しさの秘訣!

オリーブオイルと醤油と酢?って思うかもしれないけど
これがまた合うのだ。

どうしても疑わしい人は、ごま油でやってもいいよ。
更に食べやすい感じになる。

d0159822_22465923.jpg


みて、この臨場感あふれる『クルクル』!
d0159822_22471032.jpg



いたーきまーす
d0159822_2247204.jpg


うんうん、さっぱりしていてオイシイ。
食欲が無い日や、飲んだ後のしめにもピッタリ。

カッペリーニで作って、冷たいパスタにしてもいいかもね。

とり貝・・・刺身だけだと思ったら
オーマチガイやよ!

ちなみに、よく読んでいるあらさがしの上手な人は
もう気づいていると思うが、
「散らしてるの、細ネギじゃないよね?!」

って、声が聞こえてきそうだ。

そんでやんす。

ちょうど細ネギ、切らしちゃったから
かわりに大根の葉刻んでのせちった。タハハ

みなさんはちゃんとネギを散らしてくだされ。



〈おまけ〉
d0159822_2248216.jpg

載せるのを忘れていたが、武男の第3期生は、こんな感じでした。
3期生は、計4名。

ちーん。

もっとわさわさ生えた、あの1期生の勢いはいずこ・・・

でも立派に育ってくれました。

武男、感動をありがとう・・・。
d0159822_12315727.jpg


「ついでに細ネギも買ってもらえよ・・・」とおもったら

きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-04-20 18:15 | 料理(ハイカラ)
切り干し大根のアボカド和え
d0159822_1919542.jpg


春だねぇ。

よし、桜を見に、ちょっと旅に出よう。

ということで、

きのうはチャリで桜を探しに結構走り回った。

あったかいなぁ~

きれいだねぇ~


さくらは良いねぇ~


・・・・


・・・でも、だんだん 頭の中は

今日は何をツマミに呑もうか

ということで頭がいっぱいになってしまっている自分がナサケナイ。

気づいたら、見かけたスーパーや食材店、
挙句の果てには酒屋などをめぐる旅になっていた。

計6店は巡ったな・・・。

しかし、あんまり買ってない。

「これならモクモクスーパーのが安いや」

とか、

「これは重いからモクモクスーパーで最後に買おう」

とか何とか言って、

せっかく珍しい店を5店まわって
一番買ったのは、いつものモクモクスーパーだった。

トホホ


ま、そんなもんですよ。


今日は、また晩酌のお供を紹介!
あっという間に出来るヨホ~ん


(つくりやすい量)

・アボカド 1/2個
・切干大根 20g
★醤油 小1/2
★ごま油 小1/2
★ブルーチーズ 小1/2
★にんにく(すりおろし) 小1/2

☆醤油 小1/2
☆ごま油 小1/2

・レーズン 大1
・くるみ(フライパンで乾煎りして粗みじんにする) 2~3ヶ


①切り干し大根はぬるま湯で戻し、しっかり水気を絞る。
水気を絞ったら☆で下味をつける
d0159822_1925453.jpg

②ボウルにアボカドを入れてフォークでつぶす。
★を入れてよく混ぜる

d0159822_1926512.jpg

③ ①をいれてよく和え、更にクルミ、レーズンを入れてよくあえる。
アボカドの皮を器にして盛る
d0159822_19263598.jpg


クラッカーやパンなんかを添えて。
d0159822_19265867.jpg


切り干し大根の歯ごたえがオイシイかんたんおつまみ。
d0159822_19271191.jpg


ポイントは、調味料感覚で使ったブルーチーズ。

あくまでこの少量だけ使うことによって、
良い味を出しよる。

入れすぎるとブルーチーズのおつまみになっちゃうからね。
d0159822_19272461.jpg


このおつまみ、ほんとに絶品!
絶対絶対試してほしい。

この切り干し大根も、前日のあの柔らかい切り干し大根。
この切干はサラダ感覚で使えるから本当に便利!

ワインやハイボールのお供にどうぞ~


《おまけ》

武男3期生。
今回はちゃんと1週間休ませたあと、浸水したら
ちゃんとまた出てきた。
d0159822_1932413.jpg

でも、4つしか出てこない・・・

やはり1期生の勢いは、もうないのか~




順位も上がれば運気も上がる!(おれの)
あなたの1ポチが大事なんです・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-04-10 19:45 | 料理(副菜、その他)
武男のフムス詰め
d0159822_23283466.jpg


先日、「武男はどうなった!武男~武男~」との声が殺到した。

そうそう、武男、

ちょっとばたばたしていて紹介しそびれていたね。

ごらんあれ!この立派なシイタケっぷり!
d0159822_2329395.jpg


あまり育ちすぎるのもよくない・・・と、いうことなので
収穫した。
d0159822_23291499.jpg



まずはシンプルに・・・といっても、
一気に15個くらい収穫したので、どうやって食べようか悩んだ。

早く食べないと鮮度もあるし・・・

ミ:「どうやって食べたい?チャースケ」

チ:「ちゃー(しいたけの肉詰め)」

ミ:「・・・。(チッ) 人並みな回答しやがって。(人か?)

小学生の『お弁当に入れて欲しいおかずベスト5』を
聞いてんじゃねーんだよ!」

チ:「ち、ちゃ~」

というわけで、肉詰めは却下。(ヒドイ)

おお、肉じゃなくともアレがあるじゃないか!



(4個分)

・生しいたけ 4個
フムス 適量
・硬くなったバゲット 20~30gくらい ※硬くなった食パンなどでも可。または生パン粉でも
・小麦粉 適量

★小麦粉 大1
★水 大1

・オリーブオイル 大1
・ドライバジル 適量 ※ドライパセリでも可
・ブラックペッパー 適量


①しいたけは軸をとり、傘の内側に薄く小麦粉をまぶしておく
d0159822_23293539.jpg


②そこにフムスを詰める
d0159822_23295233.jpg


③硬くなったバゲットは、適当な大きさに切ってフードプロセッサーに
かけて、パン粉状にしておく。

※面倒なら、ふつうにパン粉を使ってもいいけど、自分で作る生パン粉は
おいしいのでオススメ!

バゲットを2~3日、そのまま放置しておくだけで硬くなるので
ぜひ余ったバゲットやパンでやってみてね。

④フライパンに③とオリーブオイルをいれ、全体がかりっとなるまで
いためる。
いい色になったらバットなどに取り出しておく
d0159822_23301578.jpg


⑤★を混ぜ合わせたものを、しいたけのフムス側の表面につける

d0159822_23302795.jpg

d0159822_23303716.jpg


⑥ ⑤のつけた面をぎゅっと④のバットに押し付け、パン粉をつける。
その上にドライパセリを振る(好みで粉チーズなどでもいい)

オーブントースターでしいたけがジューシーな感じになるまで5分ほど焼く。
※焦げそうならアルミホイルをかぶせる
d0159822_23304894.jpg




「焦げそうならアルミホイルをかぶせる」とか言って、
焦げとるやンけ!!

d0159822_2331372.jpg

ダハハ



でもみてよ、この武男のジューシーなこと!

フムスを詰めただけでこんな1品料理になる。
d0159822_2331157.jpg


しいたけの肉詰め、みたいなもんだね。
全然違うけど。

本当はこれ、最初揚げようと思ったんだけどね。
「しいたけ付きファラフェル」みたいになるかと思ってね。
でもこっちのがヘルシーでしょ。

写真は無いけど、上にチーズをのっけてもやってみたけど、
これまたうまい!

いろいろ試してね。

こうやって生パン粉を自分で作ると、食べ応えもあって
美味しく出来るよ。

しかし、この武男、本当に美味しいしいたけに成長しておった。

一番美味しかった武男の食べ方は、ズバリ素焼き!

酒を飲みながら、武男を1つ2つちぎって、そのままトースターで
焼いただけ。
醤油をちょっとたらして・・・もう最高にみずみずしい!

もぎたてのシイタケって、こんなにジューシーなの?!

この「フムスシイタケ」は、収穫した次の日に作ったやつだったけど、
これでも十分みずみずしかったが、
もぎたては比べもんにならないくらいのジューシーさ!

「もぎたてシイタケ」とか食べれる居酒屋なんかやったら、
流行ること間違い無しだわ。

今、休息をとって明日からまた2期生を育てる予定。

はたして2期生も無事に育つか!?

今後も武男から目が離せません!

d0159822_1257076.jpg




「たぶんすぐ廃業するな・・・」とおもったら
・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg


ЖЖЖ

みんな本当に頑張っています。
少しでも、お願いします!!


東日本大震災 募金・寄付できるサイト 


ЖЖЖ
by mittun-chasuke | 2011-03-18 18:54 | 料理(かんたん)
九条ネギのトロロ蕎麦
d0159822_20283098.jpg


ぴーんぽーん

ミド:「ちょっとー!みっとぅん~いるー?」ドンドン

ミ:「むにゃむにゃ ・・・なんだいこんな遅くに・・・」

ミド:「ちょっとー、あけなさいよ~」

ミ:「はいはい・・みどりママ!なんだよう、こんな遅くに」

ミド:「これ、あげる。京都のお土産」

ミ:「あれれ?今日はたしか『めんきょの書き換えに行くから』って
言ってなかった?」

ミド:「う~ん、そう思って朝、家を出たんだけどぉ
道に迷ってたらさぁ、いつのまにか京都行っちゃった!あはは」

ミ:「あははって・・・」

免許の書き換えの試験場から、京都・・・?
方角、正反対ですけど・・?

一体どうしたら100キロ以上も離れた場所に行ってしまうのか

理解できないミットゥンであった


そんな自由奔放なみどりママからの京都みやげでもらった
ものの中でも、

かなりうれしかったのが、この九条ネギ!!

九条ネギって食べたことありますか?

普通のネギより高くて、細めだけど
甘み・うまみはもう、最高!

生でもおいしいが、
さっと火を通すと、その甘みが最大限に引き出される(気がする)

そんな絶品の九条ネギを使った、簡単ご飯の紹介!
(1人前)

【だし汁】
★かつおだし 400ml ※かつおだしのとりかた
★醤油 小2
★みりん 大1
★塩 適量 ※味を見ながら調節
★酒 大1


・丸芋 120g ※山芋、大和芋でもOK

・九条ネギ(斜め切り) 2本
・ごま油 少々
・塩、胡椒 各少々

・蕎麦 食べたい量
・卵黄 1個


①かつおだしを作る。
かつおだしをとったら、★で味付ける

②丸芋は皮を剥き、フードプロセッサーにかける。①のだし汁を、80gほど入れて
なめらかにのばす(だいたい、長いもくらいのトロミ加減になるように。
山芋の粘りによって、だし汁の量は変わるので調節してね)
d0159822_20291048.jpg

※フープロじゃなくても摩り下ろして、少しずつだし汁を入れながら
混ぜてもOK!!

③蕎麦をゆでる。茹で上がったらざるにあけ、丼に盛る

④九条ネギは、ごま油で塩、胡椒を少々してさっと炒めておく
d0159822_20292066.jpg

⑤残りの①のだし汁を、蕎麦が浸るくらいにそそぎ、
上に②をかける。
d0159822_20293949.jpg
d0159822_20295090.jpg

その上に④をのせ、中央に卵黄をおとす
d0159822_20295930.jpg


あっという間に出来る、かんたん蕎麦!

丸芋の濃厚さで、大満足!
丸芋がボリュームがあるので、蕎麦はいつもより少なめでもいいかも。
d0159822_20301143.jpg

また大事なのが卵黄だね~

うふふ・・山芋と卵黄の相性はもうバッチグーだね。
d0159822_20302856.jpg

みてよこの絡み方!

川島なお美と古谷一行にも負けないね。

本当は、みどりママにこの九条ネギをもらったとき、
d0159822_20303856.jpg

「かけうどんの上に、九条ネギをどっさりのせて食べるとうまい」
と教えられたのだが、

いざやってみようと思ったら、

ありり? うどんが な・い!

あ~ 頭の中は、すっかり「九条ネギうどん」でいっぱいだったのに・・・

ごそごそ宝箱をあさっていると、乾燥蕎麦はっけん。

これでいこう!

蕎麦だから、ネギはちょっと炒めてからのせよう!(なぜ?)

あっ丸芋もあるから、トロロ蕎麦にしよう!

d0159822_20305220.jpg

・・・と、こういういきさつで今回のレシピになったのだった。

だから、九条ネギだけを楽しもうと思ったら、トロロは無くてもいいかも。

次は、うどんで試したい!

・・それまでに、九条ネギがあるかどうか。
おいしすぎてなぁ~ たぶん食べちゃうなぁ~

うどん・・・打とうかな・・・。

d0159822_12594918.jpg



《おまけ》
d0159822_20344937.jpg

今日の武男

朝見たときより、はるかに成長している!!

・・・世の中に、これほどまでに早い成長を見せる生き物が
他にいるだろうか

もう明日あたり食べれるかも・・・



武男の生命力に驚いたあなた
・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_12544571.jpg

by mittun-chasuke | 2011-03-10 20:35 | 料理(かんたん)
カブのまるごとグラタン
d0159822_2051456.jpg


よく、「毎日おいしそうなもの、よくつくるねぇ」と、
ウレシイ言葉をかけてもらえる


が、しかし

実は毎日おいしいものを作っているわけではないのだ!

想像とはかけ離れたものが仕上がったり、
「ビェー!」という料理ができることも、たまにある。

そんなのは、もちろんブログに載せることなくお蔵入りなのだが、
「これは・・・のせようか、のせまいか」という
合格ラインすれすれ君もいる

きょうは、すれすれ君を、繰上げ合格にした。

変なレシピだが、よろしくお付き合いください。


(1~2人前)

・カブ(特大) 1個

【グラタンの中身】
・カブ(くりぬいた中身) 全部(150~200gくらい)
・鶏ひき肉 40g
・アサリ(剥き身) 100g
・カブの葉(1cm幅くらいに切る) 80g
★酒 大1
★塩、胡椒 少々
★オイスターソース 大1/2
★醤油 大1/2
・にんにく(スライス) 1片
・ごま油 大1/2
 
☆おぼろ豆腐 120g ※絹豆腐でもOK
☆卵 1個
☆塩 少々

・好みのチーズ 適量



①カブは、中身をくりぬいて器にする。※底を少し切ると安定して立つ
くりぬいた中身は粗みじん切りにしておく

d0159822_206173.jpg

②カブの器は、やわらかくなるまで蒸すか、圧力鍋でやわらかくしておく

③フライパンににんにくとごま油をいれ弱火にかけ、香りがたったら
鶏ひき肉を入れていため、塩とコショウを少々する
d0159822_2063617.jpg

④アサリとカブをいれ、★を順に入れて全体を絡めるように
炒める
d0159822_2065081.jpg

⑤最後にカブの葉を入れてざっと混ぜて火を止め、
味を見て足りなければ塩、胡椒で調える
d0159822_207546.jpg

⑥おぼろ豆腐と卵をあわせて、しっかりなめらかになるまで
混ぜ合わせ、そこに⑤を入れてよく混ぜる
d0159822_2072015.jpg
d0159822_2073155.jpg

⑦やわらかくしたカブの器に⑥を入れる。
絶対に入りきらないので、入らない分は別の耐熱容器に入れてね・・・
d0159822_208057.jpg
d0159822_2081072.jpg

⑧上にチーズをのせて、200度のオーブンで15分くらい焼く
d0159822_2082499.jpg




d0159822_2084515.jpg

これは・・・なんでしょう

ずばり、カブでしょう

なんでこんな変なもんをつくったんだろう・・・

今時、こんなもの「小学生料理コンテスト」でも作らないぞ。


これ、実はだいぶ前に作ったんだけど、あまりに「カブの器」が
うまくいかなくて
(なかなかやわらかくならない上に、圧力かけすぎて
外側だけぐちゃぐちゃになって、
最後はヘニョヘニョ器になっちゃったから)
d0159822_209020.jpg

こんなもんをブログにのせていいもんかと、お蔵入りになりそうだったのだ。

でも、これ、この味はめっちゃうまいんです。

d0159822_2092393.jpg

だから、わざわざ「カブの器」を作らないで、
普通の小カブを使って、挑戦していただきたい。

むしろ、この⑤の「炒めた状態の具」だけを
そのままご飯にかけて食べるのが、1番うまいかも・・・
(もちろん中央には温泉卵をのっけてね)

d0159822_2094562.jpg

時として、こういう変なものに仕上がってしまうことも
多々あるんです・・・

かぼちゃの器とかのがよかったな。

今日のは、すれすれボーダーラインということで
ご紹介しました!(単にネタ切れだったとも言う)

チャンチャン。
d0159822_1220647.jpg


「『ビェー』ってどんな料理だろう・・・」
とおもったあなた・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg



《おまけ》
d0159822_20101996.jpg

今日の武男

だいぶシイタケっぽくなってきた~!!

うーん、子供とシイタケの成長はあっという間というが・・・

本当だね。

このまま行けば、来週にはもう1期生、収穫できるかも?!
by mittun-chasuke | 2011-03-09 20:11 | 料理(かんたん)
ひょうてい風 絶品あんかけお粥
d0159822_2023886.jpg


朝起きると

なんと真っ赤なゲロが吐き散らかされている!

いやいや、おれは吐いて無いよ、
だって昨日そんなにワイン飲んでないし


じゃあダレの・・?

ふと横を見ると!

チャースケが倒れている!!

「ちゃー、ちゃーすけ!どうしたっっ
血、吐いたのか?!
びびびびびび、びょうきなのか~!!」

「ち、ちゃー・・・。」

ふと横を見ると、ワインの空き瓶・・・

「も、もしかしてチャースケ、おれの飲み残しのワイン、飲んじゃったのかー」


「ちやー・・・ガクッ」

安いワインを飲んで戻してしまったチャースケ

ばかだなぁ~

と思いつつも、

チャースケはいつも(おれの)ゲロの処理をしてくれているので、
強くは言えないのであった・・・

というわけで、今日は弱った胃にはピッタリの、
絶品おかゆ!


(1人前)

・米 1/2カップ
・水 500ml

《銀餡》※作りやすい量
★かつおだし 250ml ※かつおだしのとりかた

★醤油 大1
★みりん 大1
★塩 少々
★酒 大1/2

・くず粉 大2 ※同量の水でよく溶く

①米はよく洗い、ざるにあけて30分~1時間くらい置いておく
d0159822_20235520.jpg

②土鍋に米と水を入れ、火にかけて沸騰したら全体をざっと混ぜ、
浮いてきたアクを取って
弱火にして蓋をずらしてのせ、そのまま20分ほど炊く
※お米の量や、水加減で炊き時間が違うので、焦げ付かないように注意!
ただし、あまり混ぜたり触ったりしないこと。米がつぶれちゃうよ
d0159822_20234533.jpg

③炊き上がったらざっと1回混ぜる

④米を炊いている間に銀餡を作る。
かつおだしをとり、小鍋に分量のかつおだしをいれ、★を入れて
味を調える
d0159822_2024610.jpg

⑤いったん火を止め、くず粉を水で溶いたもの(入れる直前に混ぜる)をまわし入れ、
再び弱火にかけ、トロミがつくまで混ぜる

⑥ ⑤をおかゆに添えて出す
d0159822_2024188.jpg

シンプルなおかゆだけに、素材にはぜひこだわって欲しい!
お米、水、かつおだしの鰹節など・・・

土鍋でじっくり作ったおかゆは、市販のものなんかとは
比べ物にならないくらいおいしい。
d0159822_20243924.jpg

むかし、おかゆって何のために食べるのか全然わからないくらい
嫌いだった。
あんなべチョべチョの米食うくらいなら、米いらん!と思っていた。

が、ある時
「おかゆパーティーするから来い」と言われ、
「死んでも行きたくない」とかたくなに拒んだが
「本当に本当に損はさせない」「絶対うまい」「人生変わる」とまで
言われ、
さすがにお粥ごときで人生が変わるとまで言われたら 
行ってやってもいいかなと思い、行ってやったのだ(←上からすぎる)

そこでたべたお粥のおいしかったこと!!

いままで食べたのはお粥ではなかった!

ただし、残念ながら人生までは変わらなかったが・・・

とにかく、おいしい米で、ちゃんとした作り方で炊いたおかゆは
もはや病人食ではないのだ。
d0159822_2025768.jpg

そしてこの「銀餡」

京都の某有名料亭の「朝粥」の、あれですね。
(某とか言いながらもう題名に書いてあるし)
d0159822_20251749.jpg

死ぬまでに一度食べてみたい・・・けどさすがに朝粥に6千円も
出せるほどの身分ではない

まぁ、いつか「明日が世界最後の日だから」といわれたら、
有り金はたいて食べに行こうと思う。
営業、してるかな・・・世界最後の前日に・・・

だから自分で出来る限り気分だけ味わおうじゃないか!

だから、ぜひかつおだしは自分でとってほしい。

そして欲を言えば、おいしい鰹節を使って欲しい。
d0159822_2025328.jpg

でも・・・めんどくさいよね。でも、これが「ご馳走」なのだ!


そして、これはミットゥン流・・・
d0159822_2025449.jpg

出ました、たまご部!

ンフフ あの有名旅館もびっくりですね
まねしないでね

ああ、これでようやく温玉の消費が終わりました。
d0159822_2025584.jpg



待望の温玉レシピ、近日公開 こうごきたい!

d0159822_12591438.jpg



(おまけ)

本日の武男

水やりして4日目

d0159822_203147.jpg


おや・・・?

こ、これは・・・?!

d0159822_20312975.jpg


も、もう頭でとるーーー!!

武男の成長の早さに驚いたあなた・・・
きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-03-07 20:34 | 料理(かんたん)
ふわふわ丸芋団子のピリ辛鍋
d0159822_22423229.jpg


ここんとこ、ニュースでも
やれ「早咲きの桜が咲いた」だの「梅が満開」だの
春の女神が来日するニュースが飛びかい、

すっかり油断していた。

もうマフラーいらないもんね~
ヒートテックも、いらないもんね~

と、思って出かけてしまった



・・?

寒い・・・?

なんか、全然寒い・・?

いやいや、そんなはずは無い。

こないだあんなにあったかかったし。

もう、春の女神、来てたし。おれ、挨拶したし。
握手したし。

そんな何の疑いも無く薄手で出かけてしまい、
帰るころにはすっかり手足は冷え、とんでもない目にあった。

なんだよ!だまされた!

とりあえず、風呂に入ろう・・・ガクガク


チ:「ち、ちゃ~・・・」

ミ:「あっチャースケ、お帰り・・・って、チャースケ!
そんな常夏のファッションで出かけちゃったの?!」

チ:「ちゃー・・」

春を通り越して、夏を先取りしすぎたチャースケ。
すっかり冷え切り、顔は青白く変色していたのだった。


というわけで、今日は真冬に逆戻り

ぽかぽかメニューであったまることにした。

(1人前)

・丸芋 150g ※皮むいた正味
・白ネギ(3cm幅に切る) 1本分
・春菊(ざく切り) 80g

●塩 小1/2
●白すりゴマ 大1

★チキンスープ 2カップ
★酒 1/4カップ

☆味噌 大2
☆コチュジャン 大1
☆羅漢果糖 大1/2

◎ごま油 大1
◎にんにく(包丁の背でつぶす) 2片
◎しょうが(スライス) 1カケ

・温泉卵 1個
・白こしょう 少々


①フードプロセッサーに丸芋をいれ、滑らかになるまで
まわす。●をいれて、さらになめらかにする
※フープロは使わずに、すりおろして●を混ぜてもOK
d0159822_22424518.jpg

②鍋に◎をいれ、弱火にかけ、香りが立ったらネギを入れ
炒める。焼き色がほんのりついたら★を入れる
d0159822_2243112.jpg

③煮立ったら、☆を混ぜ合わせたのもに②の汁を少量とりわけ、溶かす。
それを②に入れ、全体に良く混ぜる
d0159822_2243136.jpg
d0159822_22433236.jpg

④ ①のタネをスプーンなどで一口大に落とす。
そのまま蓋をして、弱火で5分ほど煮る
d0159822_22435326.jpg
d0159822_2244448.jpg

⑤春菊をいれ火を止め、蓋をしてそのまま1分ほど蒸らす
d0159822_22441668.jpg

⑥中心に卵を落とし、再び火をつけ少し温め、仕上にごま油(分量外)を
少々たらす
d0159822_22443591.jpg



食べやすいように、チビ土鍋に移した。


ピリ辛味が、冷えた体をぽかぽかにしてくれる。
ああ~、春はもうすぐそこなのに・・・

丸芋のような山芋、大和芋は、つなぎが無くてもそのままで
十分団子になる。
ただ、芋の水分によって違うので、もしユルい場合は片栗粉などを入れて
調節してね。

今回は白ゴマ入りで、風味もプラス!
黒ゴマでもいいよ!
d0159822_22461086.jpg


夢の温泉卵との共演
d0159822_22461972.jpg


ま、今回は温玉消費強化月間なので温玉を使ったが、
生卵を直接落として煮込んでもいいし、卵無しでもOK。


春菊が苦手なら他の野菜でやってもいいよ。

あったまるのでぜひお試しを~


《おまけ》

昨日、とつぜん荷物が届いた

ピンポーン

「ミットゥンさ~ん、ブチネコヤマトの宅急便です。
はんこ、おねがいします」

「ええ?にもつ??なんか、買ったっけ・・?」

それは覚えの無い、30cm四方くらいのダンボール。

なんだろう・・・

開けてみると、コサックダンス講師の『ナメリン』からのバースディプレゼントだった。

えっこれ・・・なに?なんか、腐ってる・・・?
ビニール袋におもむろに包まれた怪しげな物体。

まさか、ナメリン、チョコレートケーキ作ったけど、クール便で
送るのを忘れて常温でどろどろになっちゃった・・・?

とおもった。(ほんとに)
d0159822_22463161.jpg


しかし、よく添付の紙を見ると・・・

しれはなんと!!




『ミットゥン タンジョビ オメデトウ コレ、ソダテル イイネ?』


これは・・・シイタケ栽培セット!


d0159822_22463887.jpg


その名も「地井武男」ならぬ、「C TAKEO(シイタケオ)」

なっなんてくだらないダジャレ!

ちゃんと地井さんに許可は取ったのか?!

d0159822_22464686.jpg


説明書を見ると、簡単に栽培でき、3回は繰り返し
収穫できるらしい。

d0159822_22465355.jpg


今後のうちの武男の成長ぶり、どうぞお楽しみに!

d0159822_1255617.jpg



「チャースケ、先取りしすぎでしょ・・・」と思ったら
・・ポチっと「レシピブログ」ボタンを押してってネ~



ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2011-03-04 22:02 | 料理(かんたん)



ベジタリアンのミットゥンと肉食チャースケのご飯日記
by ミットゥン
タグ
(516)
(482)
(363)
(339)
(201)
(170)
(134)
(132)
(92)
(87)
(72)
(65)
(59)
(52)
(51)
(42)
(37)
(29)
(27)
(17)
(15)
(12)
(10)
(7)
(6)
(5)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
登場人物紹介
ミットゥン
チャースケ
漫画付きレシピ
料理(ハイカラ)
料理(かんたん)
料理(副菜、その他)
料理(メンドうまい)
おやつ
パン
自己紹介
その他
弁当
未分類
以前の記事
2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
フォロー中のブログ
おとなは、だれも、はじめ...
ハンドメイドな日々
沢ぱん日記
shina_poohな日...
知りたがりやの食べたがりや
夕方に台所で・・・
やわらぎをもって。
イギリス ウェールズの自...
歌花史庵 かかしあん
うひひなまいにち
ごはんとおかずと日々のつ...
僕とマダムと先生と
アベマリアのハッピーテーブル
犬とご飯と雑貨。
spring comes...
1/f breeze
kun-kun+kuro-ro
Life style
アインのしっぽ
バニラのお菓子ライフ
Cheminee de ...
mogumogu * Leaf
亜麻仁
つばさ雲
エットハミアメドとお料理...
がびあーの家の毎日
山麓風景と編み物    
London Scene
ろこりん♪の毎日。
ゆるロビ生活
カザルパロッコのネコ(C...
walking slow...
田園都市生活
ちょっと寄り道
平凡人日記
NO ANCHOVY, ...
ひなたの小部屋
ミニチュアブルテリア ダ...
日々の暮らし ☆ mam...
一日一歩
La prima ste...
日々道場
にじいろ日記
丁寧な生活をゆっくりと
さっちんきっちん
やねのうえのわんこ
ホウロウダイアリー
5plus2and2
ステンドグラス こもれ...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
カザルパロッコのネコ
The cats inside
Can of Good ...
★ミットゥンのラインスタンプ販売中!


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!
d0159822_12455074.jpg






エキサイトブログ以外のお友たち
Mシュナ Richardより愛を込めて

トレモロの響きにのせて

某医大正estateのごはんブログ


Can of Good Goodies

豆好き

yamatoyome ~沖縄生活~

パスタファイター

ぱっちとPUっ♪


THE CULINARY TRIBUNE

stadio r(食フォトギャラリー)

la table

Bay Alien

ビストロ カルナヴァル

スペース大原

★沖縄日記記事がオススメブログに!
那覇
旅行口コミ情報

★チャースケがツイッターを始めた?!
『_Charsuke_』で検索!


★広告メール対策の為、コメントを承認制にしました

コメントだいかんげいです!
お気軽にどんどんコメントチョウダイ!

★ウーマンエキサイト「おいしい!」に以下の記事を掲載していただきました。

緑のヘルシーポテサラ


米粉のブルーベリーパンケーキ


簡単!イカのトマト煮込み


カレー風味の鶏グリル


マグロの味噌漬けどんぶり


車麩の海老チリ風炒め


自家製甘納豆


牡蠣と温玉の韓国風サラダ


ヘルシーフムス


温泉たまごで!濃厚オリーブオイルアイス


過去最高のビーフシチュー


簡単ヘルシー!豆乳杏仁プリン


節分に!豪華海鮮太巻き


ブルーチーズと納豆のパスタ


しあわせのメープルパンケーキ


柚子トマトうどん


ポテサラと食べる絶品フレンチトースト


パスタでビックリ!ちゃんぽん麺


やめられないトマラナイ!メープルナッツ4種


しっとり茹で鶏の特製ピリカラだれ


ワインが進む君!トマトチーズビスコッティ


海老と豆腐の卵とじ中華丼


塩鮭とろみ中華どんぶり


野菜のうまみの詰まったヘルシーシチュー


韓国風!イワシのピリ辛しょうが煮


刺身の残りで!絶品ヅケ茶漬け


梨と豆乳のやわやわプリンと滑らかジェラート


絶品!中華スープがけ納豆ご飯


簡単!刺身でユッケ風どんぶり


あっさり!あさり二ラーメン


高貴な味!メープル小豆の豆腐クリーム添え


お店の味!海鮮あんかけ かたやきそば


春巻きの皮で作る!海老とアボカドの豆腐キッシュ


火を使わない!ピータン豆腐どんぶり


バター不使用!ココナッツとあんずの全粒粉スコーン


熱ヒヤ!豆乳坦々つけ麺


薄焼きがポイント!ザクザクフルーツクッキー


夏のビールの共に!ヤムウンセン


ひんやり!さっぱりカレーきしめん


ピーナッツバターで本格的なタレ!棒々鶏うどん


二日酔いの朝にやさしい アボカドとホタテのおかゆ


レストランの味の濃厚ニョッキ


お肉無しでも絶品ビビンバ


自然の甘みのおやつ!ドライフルーツまるごとクッキー

パーティーに!絶品ヘルシー板麩でラザニア

とろ~り絶品!洋食屋さんのクリームコロッケ

フレッシュトマトの絶品ラタトゥイユ

海老の殻は捨てちゃ駄目!濃厚豆乳ベシャメルソース

とろとろ手羽先の韓国風煮込み

とろーりチーズのかかったトマトのモツ煮込み

フレッシュトマトで作るエビチリ
卵一個で!豆乳スフレ

残り野菜で!韓国トッポギ

トマト肉味噌でヘルシー冷麺
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
居酒屋ごっこ・五月編
from cool witch
生存報告。
from ハムログ
居酒屋ごっこ
from cool witch
塩麹を使ったおかず など..
from 海のむこう 空のむこう
おおそうじのフルーツクッ..
from 海のむこう 空のむこう
ポテトマカロニサラダwi..
from 知りたがりやの食べたがりや
イギリス歯医者の話 - ..
from 坂の上にある家 
白練りごま
from 坂の上にある家 
冬至の夜
from 坂の上にある家 
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧