タグ:おすすめ道具 ( 17 ) タグの人気記事
余ったガスパチョで即席カレー
d0159822_19262078.jpg


最近、トマトの丸かじりにはまっている。

ミチオがくれた、燻製の岩塩をかけてたべるのだが
これが食べだすと止まらない。

※ミチオは『にんにんどうふ』販売のかたわら、燻製岩塩の密輸も行っているという噂



うーん、トマトって美味い!


トマトだけツマミに飲める!

おれは食べる1時間くらい前に冷凍庫に入れて、キンキンに冷やして食べるのが
定番だ。


そんな感じでトマトばっかり買ってたら、
冷蔵庫がトマトだらけになった。


もうナイ、と思っていたら奥底からトマトが発見された、というのも
珍しくない。
しかしそういう生き埋めトマトは、たいてい熟しすぎて
ブヨブヨになっている。

ブヨトマは、丸かじりしても美味くない。
というより、かじった瞬間トマトまみれになる危険がある。

そんなブヨトマは、きまってガスパチョにする。

ガスパッチョ!

おれはガスパチョが大好きだ。

なんたって作るのがラク!!

しかも好きな野菜を入れて作れば、それぞれ味わいもだいぶ違うのだ。


しかし、作りすぎるという失敗がある。

「2人前くらいかなー」という感じで作ったら、うっかり4人前くらいできてしまうのだ。

これが、飲めない。

チャースケも飲まない。
あいつは固形にしないと食わない。

というわけで、カレーにすると4人前くらいぺろりと食う。

というわけで、今日はあまったガスパチョで
即席カレー!


(1~2人前)

☆余ったガスパチョ 400ml
☆カレー粉 大2+1/2
☆醤油 大1
☆ウスターソース 大1/2

・茄子(食べやすい大きさに切る) 1本
・ごま油 大1

★豚挽き肉 80g
★にんにく(薄切り) 1片
★ごま油 小1
・塩、胡椒 各少々

・酒 1/4カップ
・豆乳 大3 ※好みで牛乳でも可

・ごはん 食べたい量 
・卵 1個



①ボウルに☆をいれ、泡だて器でダマがなくなるまで混ぜる 
d0159822_19265457.jpg


②フライパンにごま油を熱し、ナスを両面こんがり焼く。
焼けたらいったん取り出しておく
d0159822_1927658.jpg


③同じフライパンに★を入れ、塩、胡椒をして
ひき肉の色が変わるまで炒める
d0159822_19271994.jpg


④①を入れて弱火にして煮る。取り出しておいたナスもいれ、塩で味を調える。
d0159822_19273738.jpg



⑤仕上に豆乳をいれ、全体を混ぜる
d0159822_1927471.jpg


⑥皿にご飯を盛り、⑤をかける。中央に生卵を割り入れて完成!
d0159822_1928348.jpg



チョー即席カレ~の完成じゃ~
d0159822_19281527.jpg



こんなものが旨いのか?とおもうけど、旨い!
d0159822_1928258.jpg



ガスパチョはいわば野菜のペーストなので、旨みはたっぷり。
多めのごま油で焼いたナスが、また良い感じに具になっている。
d0159822_19283526.jpg



卵が必須だね。
よく毎日毎日卵中央に落として飽きないねェ~
d0159822_1928499.jpg


飽きないさ!

卵!

ありがとう卵!

おれは卵の代わりは絶対無いと思う。

ヴィーガン料理にも卵料理もどきがよくあるけれど、あれは卵ではない。

卵は、卵でしか味わえない!
だから卵を食べるのだ。

カレーの紹介なのに、つい卵について熱く語ってしまった。

《おまけ》

卵ついでに、オススメ道具紹介

『銅の卵焼き器』
d0159822_1944277.jpg

いわずと知れた、銅製の卵焼き器。

ずっとほしかったのを、プレゼントにいただいたのだ!

これで焼くと、今まで食べた卵焼きはナンだったのか?というくらい
ふっくらした卵焼きが焼ける。

初めてこの卵焼き器で焼いた卵焼きを食べたときは
思わず歓喜の声をあげたくらいだ。


このサイズの型ならいつもなら卵は3個使うが、
卵2個ですごいボリュームの卵焼きになるのだ。


しかし、銅製はお手入れも肝心。

まず買ったら、多めの油をしいてクズ野菜をシナシナになるまで
しっかりじくり炒めよう。
d0159822_19575783.jpg

その後はよく洗い、再び火にかけてしっかり水気を飛ばし
薄く油を塗って保管。

使うたびに洗わずに、ペーパーで汚れをふきとるようにして使っていけば

どんどん油がなじんで使いやすくなるよ。


絶品卵焼きを食べたい方は、ぜひ手に入れるべし!!





・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-08-22 12:40 | 料理(かんたん)
『クッキングー』で大阪風イカ焼き
d0159822_2181623.jpg


貰ったカタログギフトがあった。

カタログギフト・・って、ナニを選ぶか非常に迷う。

いざ、選ぼうとすると中々決まらない。

結局、選ぶのが面倒になり、

『もう米か乾麺でいいか~』と思っていたのだが

引越しでバタバタしていたせいで、頼むのをすっかり忘れていた。


先日、ワッフル焼き型を買いに行った時、
そのワッフル器の横に『クッキングー』という、謎の商品があった。


『クッキングー』は、四角い平たい天板2枚でぺちゃんこに挟んで
モノを焼く、という
実にくだらないアイテムだった。


しかし内心は


(こ、これ、ちょっと欲しい・・・・)



しかし、その時の目的はワッフル焼き型を買いに行ったので
『クッキングー』は諦めた。



諦めたが、家に帰ると猛烈に『クッキングー』が欲しくなってきた。

ネットで『クッキングー』を調べた。

すると、なんと楽しそうではあるまいか!

煎餅を作ったり、堅焼きそば風に麺をぱりぱりに焼いたり、
ぺらぺらのホットサンドを焼いたり・・・





お、おれも クッキングー、したい!





そこであのカタログギフトをぺらぺらめくっていると・・・

『クッキングー』が載っている!


神様のおぼしめしだ!!


そう、カタログギフトは
『お金出してまで欲しくないけど貰ったらウレシイもの』を頼むべきである。

米とか乾麺とか、どうせ買わなくてはいけないものは
カタログギフトで頼んでも楽しくないのだ。


さっそく『クッキングー』を注文した。




これがクッキングーだ!

d0159822_8435084.jpg



これで1番に作ろうと思っていたのが
『イカ焼き』である。

早速イカを買ってきて、今日は大阪風イカ焼きで1杯飲もう!

(1枚分)
・イカ(スルメイカなど)  1/2ハイ(身の部分)
★薄力粉(ふるうとダマになりにくい) 40g
★塩 小1/3
★かつおぶし 3g
★水 100ml

・ごま油 大2/3
・卵 1個

・かつおぶし 適量
・青海苔 適量
・お好みソース(中濃ソース+アガベを1:1で混ぜたもの) 適量




①イカは胴の中へ指を差し込み,ワタ(内臓)をぬく。
(つながっている部分をていねいに離して,ワタを足とともに引き出す)
適当な大きさに切っておく。

②★はよく混ぜあわせておく
d0159822_2195984.jpg



③クッキングーにごま油を両面に塗っておく。(無い場合はフライパン)
そこに②を流しいれて広げ、切ったイカをのせて
全体に塩を振る。
クッキングーで挟み、弱火で5~7分ほど焼く
(フライパンの場合はヘラなどで押さえながら焼く)
d0159822_2194960.jpg



④裏返して卵を割りいれ、卵の殻で黄身をつぶして全体にひろげ
塩、胡椒をして再び蓋をして、卵の面を下にして焼く
(フライパンの場合は卵の面が下になるように裏返して、おさえながら焼く)
d0159822_21102549.jpg



⑤卵が焼けたらOK!

d0159822_21101321.jpg


皿に盛り、ソース、青海苔、鰹節をかけてカンセイ!!
d0159822_21105649.jpg



さぁっ ビールだビール!!
d0159822_21104565.jpg



このペタンコに焼けた具合が最高だ。
クッキングー、最高だ!
d0159822_2111256.jpg



これ、ほんとにうまい。
しかも簡単!

薄力粉は面倒ならふるわなくて良い。
こんなジャンキーなものは、多少ダマになってても
全然問題なし。

酔っ払いにダマは関係無いのだ。


そして・・・


クッキングーで他にも色々作ってみた。

まずは、生の海老をそのまま挟んで焼くと・・・
d0159822_21113021.jpg



こんなペタンコに!
ゴメンよ、海老サン。
d0159822_2112638.jpg


塩コショウ振って食べれば、絶品海老せんべい!
オールナチュラルだ。
d0159822_21115296.jpg



そしてこれは、しっかり水切りした木綿豆腐に、パルミジャーノチーズと塩、胡椒をふって
挟んで焼いたもの
d0159822_21123966.jpg



これがね、また不思議な食感でウマイ!!
初めての食感だ。
d0159822_21122572.jpg



そしてこれは蕎麦せんべい。
そば粉に塩、きび砂糖を混ぜて水で溶いて焼いたもの。
d0159822_2113084.jpg


ここまでパリパリになるまでかなーり時間がかかるので
ガス代泣かせなクッキングー。

しかし家庭用でこれまで薄く焼き上げるのは他に無いのでは・・・

他にも、パンを挟めばカリカリのクラッカーになるし

野菜やご飯を挟んでもおもしろい。



まさに『お金出してまで欲しくないけど貰ったらウレシイもの』の代表選手だ。


いや、でもこの楽しさを知ったら
お金出しても手に入れて良いと思う。

値段も、安いところで買えばお手頃なので
ぜひみなさんもレッツクッキングー


ちなみにIHには対応しておらんのであしからず。

ここが安いよ
↓↓↓
クッキングー 






d0159822_12281170.jpg

チャースケもクッキングーで挟めば
ちょっとスリムになるかも?


・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-07-19 12:28 | おやつ
チーズ棒餃子
d0159822_2048424.jpg


先日、近所の中華料理屋の前を通った時
看板の柱のペンキ塗り替えをしているオッサンがいた。

このオッサン、高いところの看板の柱の塗り替え・・ということで
なにを考えてるのか
命綱をするわけでなく
後からもう一人オッサンに抱きかかえられてペンキを塗っている。

オッサン・・・
結局それ、危ないよ・・。
もし落ちたら2人で共死にだよ・・。

もはやホモのオッサン2人しか見えない光景であった。無事に塗り終えれたかな、オッサン。

あの中華料理屋といえば、棒餃子が有名。
今日はそんな餃子を家で作ってみよう。




(24個分)

★キャベツ(みじん切り) 160g
★にら(みじん切り) 50g
★豚挽き肉 100g
★醤油 大1/2
★アガベシロップ 大1/2
★塩麹 大1 ※無い場合は塩小1/2ほど
★にんにく(すりおろし) 1片
★しょうが(みじん切り) 1片
★豆板醤 小1/2
★胡麻油 小1/2

・カチョカバロチーズ 6~7g×24ヶ

・餃子の皮(大判) 24枚
・胡麻油 適量

①ボウルに★をいれて、ひき肉に粘りが出て全体がまとまるまで手でよく混ぜる
d0159822_20482910.jpg



②カチョカバロは6,7gの薄切りにする。
餃子の皮を広げ、上に①を適量とカチョカバロを1枚のせる。
d0159822_2048411.jpg


餃子の周りに水をつけ、図のように折り
空気が入らないように両端もしっかり閉じる
d0159822_20485971.jpg


こんなかんじ~
d0159822_2049990.jpg


③フライパンに胡麻油を熱し、包んだ餃子を綴じ目を上にして焼き色をつける。
d0159822_20492942.jpg


焼き色がついたら水を1/2カップほど注いで蓋をし、強火で3~4分加熱する。
d0159822_20494499.jpg


④蓋を開け、水分を完全に飛ばし、仕上に胡麻油をほんの少し鍋肌から
まわしいれる。

器に盛ってかんせい!!
d0159822_2049586.jpg



今日はなんとなく洋風(雑)に盛ってみた。
d0159822_20501112.jpg



というのも、他にも色々作同時にっており
用意していた皿にどれがどれ用かよくわかんなくなったから
適当にのせちまったのだ。
(ちなみに、これはオムレツが盛られる予定の皿だった)


なんかこういう盛り付けだと餃子っぽくないね。

まぁいいさ

でも味はガツン!と餃子です。
キャベツもニラもたっぷり。
チーズがとろける~
d0159822_20503315.jpg


おれは、餃子のキャベツは水切りしない。
そのまま水気を絞らず入れたほうがジューシーに仕上がる。


わざわざ今回棒状にしたけど、
不思議なことに餃子って包み方で全然味が違うのだ。
今回は大判の餃子の皮を使ったが、もちろん時間がるひとは手作りで!

普通の餃子の皮だと小さすぎて「棒」にならないのでご注意を。


ま、これも「棒」になってるかどうかは謎だけど・・・

いつもの餃子に変化を!!ぜひみなさんもおためしをー




《おまけ》

オススメ道具シリーズ

ついに・・ついについについに買ってしまった!!!!!!!!

タークのフライパン!!
d0159822_2152536.jpg


ずっとほしかった、ドイツのターク社の鉄フライパン。
なんと1枚鉄から出来ており、職人は3人しかいないそう。

なんといってもこの味のあるビジュアルに惚れ惚れ・・・

★詳しく知りたい方はココをクリック




コレが届く日は急いで帰ったよ。

そりゃーもう、モクモク村のそこらへんをのんびり歩いている
ジーさんバーさん吹き飛ばして走って帰ってきたよ




さっそく焼き慣らし!!

野菜クズを炒めます
d0159822_2153674.jpg


こんなになるまでひたすら
d0159822_2154987.jpg


洗って、乾かして薄く油をぬって完了!
d0159822_2155280.jpg



フフフ・・・

毎晩抱いて寝ます





まず作ったのは、フレンチトースト

このフライパンでフレンチトーストを1番に焼くと決めていたのだ。(なんとなく。)
d0159822_21222647.jpg


良い焼き色!!
d0159822_21224087.jpg



さすが、今持ってる鉄のフライパンとは熱伝導が違う!
やっぱり加減が難しい・・・

これから大事に育てていきます




d0159822_12115791.jpg

オッサン、無事に塗り終えたかなぁ




・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!      

d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2012-04-17 12:12 | 料理(かんたん)
かぼちゃのブルチーアボカド和え
d0159822_23292727.jpg


何を隠そう、チャースケはイビキがうるさい。


あんな「ちゃー」とか言って、みなさんのハートをわしづかみに
しているチャースケだが、
あのイビキのうるささには、何度首を絞めてやろうかと
思ったくらいだ。

ま、さすがに首までは絞めないが、

夜中ものすごい騒音でおれは目を覚ます。

「ゴッゴゴゴゴゴゴ・・・・ンゴッッ」

おまえは、「ちゃー」しか言えないんじゃなかったのか?

「ゴ」?


騒音が始まるたび、おれはチャースケをペシッとたたく。
すると、すぐに騒音は治まる。

しかし、数分後 また

「ンゴッ!!「ゴッゴゴゴゴゴゴ~・・・・ンゴッッ」

今度はパワーアップする。

また、ペシッとたたく。

このくりかえし。

しかし、5回も繰り返すと、もう「ペシッ」っとたたくくらいでは
治まらない。

今度は、チャースケの鼻をつまむ。

こうすると、普通は息が苦しくなって起きたりするのだが、
チャースケは起きない。

すごく苦痛な表情を浮かべながら、爆睡しているのである・・・。

そしt、鼻を閉じるのを止めると
またイビキが始まるのである・・・。

こんな、寝れない日は
起きて酒を飲むしかないよね。
今日は簡単に出来る、赤ワインのおつまみレシピ。


家族のイビキに悩んでいるアナタ


深夜、一人あきらめて酒を飲むってのはいかが?



(1~2人前)

・アボカド 1個
・かぼちゃ(小さめに切る) 70g
★オリーブオイル 大1/2
★塩 適量

・ロックフォールチーズ 15g ※ほかに好みのブルーチーズでも可
・はちみつ 小1
・黒こしょう 少々
・レーズン 7~8個

①かぼちゃに★をまぶし、180度のオーブンで15分ほど焼く
(フライパンでソテーしても良い)
d0159822_23294333.jpg


外はカリッと、中はホクッとなればOK。
様子を見て焼き加減を調節してね
d0159822_23295879.jpg



②ボウルにアボカドを入れ、フォークでつぶし
ゴルゴンゾーラ、はちみつを入れてよく混ぜる
d0159822_23312062.jpg


③そこに①とレーズンをいれて手早くあえ、黒胡椒をかけてかんせい!
d0159822_2330942.jpg



・・・
レシピというほどのものじゃないくらいの
簡単なおつまみ。
d0159822_23322392.jpg


赤ワイン飲みながら、ちょっとつまみがほしいけど
凝ったもん作るのめんどくさい~
d0159822_2332356.jpg


そんなときにぴったりだ。
そのまま食べるのはもちろん
d0159822_23324354.jpg


クラッカーやクッキーにのせても。
これは、昨日紹介したキッシュの生地の余りを、
塩とチーズをすりおろしたものをふって棒状に焼いたもの。
余った生地も立派なツマミに変身だ。
d0159822_23325284.jpg


レーズンは苦手ならイチジクでも。
もちろん、無しでもおいしい。
でもこの料理はレーズンを入れて完成する、という感じがする。


ブルーチーズはロックフォールがおすすめだ。
あの羊乳の独特な味わいとアボカドの組み合わせが
おれは大好きだ。

もちろん、無ければ他のブルーチーズで良いけどね。
もし家にロックフォールがあればぜひお試しを!


《おまけ》

おすすめ道具シリーズ


今日は、まな板の紹介。
今、うちにあるまな板は3種類。

時々によって使い分けている。

まず、ちゃんと色々料理するときはこれ

『ALESSI (アレッシィ) チョッピングボード (Lサイズ)』 
d0159822_23314363.jpg

これはデザインに惚れてつい買ってしまったもの。
けっこうでかくて重いのだが、
デザインだけだは無く、かなり使い勝手も良いのだ。
d0159822_2333627.jpg


こうやって中央のくぼみにお皿を差し込むようにして
まな板の上に載っている食材をお皿に移すのもらくちん。
薬味のネギとか細かいものを移すとき便利。
そして、使わないときは立てて収納できる。


お次はこれ

これは、ちょっと何か切りたいとき(チーズやフルーツ)に
使う。
なんの木だったか忘れてしまったが・・・
d0159822_23331629.jpg

コレの良いところは、そのまま料理を盛り付けて
サーブできる。
今日紹介したレシピでも使用している。


最後はこれ

イチョウの木のまな板
d0159822_23332636.jpg

この小汚いまな板。
実はイチョウの木のまな板なのだ。

これ、おれの憧れ生活をしていたエリチュウが、引越しの際
捨てようとしていたのを救った(勝手に貰った)のだ。
だから、もともと小汚い。でも、使いこなれた感じが好きなのだ。

この黒い汚れは、鑢でこすってもどうしても取れなかったが・・・
(だれか取り方知ってる人いたらおしえてー)

このまな板は、サイズも、包丁を受け止める感触も最高。
長年愛用している大事なまな板。
「そろそろ引退かなぁ~」とおもいつつ、なかなか手ばなせない
大事なまな板。







d0159822_12552679.jpg

なんとかしてくれ!!!!



・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2011-12-16 19:45 | 料理(かんたん)
贅沢!からすみ蕎麦
d0159822_21351534.jpg

からすみが好きだ。

本当にからすみが好きだが、からすみというのはいわずと知れた高級食材。
おいしいものは1本1万近くもするので
もちろん自分で買えるわけも無く
毎年、みどりママのお零れで
おいしいからすみを年末年始にいただいていたのだが・・



先日シェフの誕生日にあの店に伺った時
なんとシェフが今年もからすみを仕込んでいた!


「ウチの分も作って!」とお願いしていたところ
「あー、今回失敗しちゃったから、また新たに仕込み中なんだわ~
これ、あげるわー。もってきゃー(←名古屋弁)」

と、その失敗(?)からすみを
なんと4本もくれた!

と、なんとも太っ腹なシェフ。

ラ~リホ~

シェフいわく、塩抜きが足りなかったらしい。
しかし、炙って食べれば塩気が和らぎ
料理に使えるとの事。


オマケに、安かったというパクチーを4袋もくれた。

さらに、なぜかトシヨロイヅカのマドレーヌまでくれた。

なんていい人なんだ。

ありがとうシェフ

しかも、どこが失敗なのか、全然おいしいからすみなんだけど・・・


しかし、まぁからすみがうちに4本もあるなんてことは
きっとこの先ありえないだろう。

からすみ、大人食い!

へへへ・・・

今日は、贅沢にもからすみをたっぷり入れた蕎麦の紹介。

(1人前)
・蕎麦 1人前
・下仁田ネギ(1.5cm幅斜め切り) 1/2本
・絹豆腐 150g
・ごま油 小1
・塩・胡椒 各少々

★からすみ(すりおろす) 大1
★かつおだし 2カップ

・からすみ(すりおろす) 大1 ※仕上げ用
・いくらしょうゆ漬け 大1

①からすみは炙ってすりおろす

d0159822_21401332.jpg


②鍋にごま油を熱し、白ネギを塩コショウして炒める。
全体に油が回ったら、★をいれ、豆腐をスプーンですくっていれる。

からすみの塩分によるが、味を見て薄ければ塩で調整する。
d0159822_21355890.jpg


③蕎麦は茹でて水気を切って丼に盛る
d0159822_2136138.jpg


④上から③をかけ、いくらと仕上用のからすみをかける
d0159822_2138261.jpg

d0159822_21381371.jpg



なんともシンプルな味付けの蕎麦。
まさにからすみの旨みが堪能できる!
d0159822_21382716.jpg


イクラも入って、贅沢すぎる蕎麦だ。
d0159822_21383942.jpg


こんな蕎麦、シェフに貰ったからすみが4本も無ければ
絶対に作れないな~

今回、シェフに「塩が強いから炙ってから使って」といわれ、炙ったけど

からすみって、炙ると旨い!!
ふつうに普段のからすみも
炙って食べるとうまいかもしれん。


豆腐はぜひ絹ごしを。
滑らかな豆腐のほうが、絶対的にこの蕎麦には合う。
豆腐はそんなに煮なくてもOK。
さっと煮立てるくらいでよい。


こんな贅沢蕎麦、お正月にいかがですか!


《おまけ》

オススメ道具シリーズ。

今日紹介するのは、グレーダー(おろし器)。

有名なので、知ってる人も多いと思うこちら

『マイクロプレイン クラシックシリーズ ゼスターグレーター 』
d0159822_21565110.jpg

このグレーダー、なにがすごいって

もう、なんでもすごいきれいにすりおろせる。
もちろん、今日のからすみだってラックラク。

柑橘の皮も、普通のグレーダーより、べとつかず綺麗におろせるし、
チーズだって、こんなにふわふわ。
d0159822_215703.jpg

かんなですりおろした木屑みたいだ。

トマトやきゅうりなどの水っぽいものも大丈夫。
ぜったいおすすめのグレーダーです。








d0159822_12522035.jpg

なんか・・うちって
貰い物で生きているなぁ・・・





・・ポチッと押すだけでいいです。きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ

アナタの1ポチでランキングアップ!


ヨロシク!                
d0159822_12525848.jpg

by mittun-chasuke | 2011-12-13 12:58 | 料理(かんたん)
完熟柿のココナッツミルクアイス
d0159822_20113916.jpg


先日、柿のレシピをアップしたら、
『完熟柿のレシピもたのむ!』と、またまた柿のリクエストを
頂いてしまった。

柿のレシピはどうやらみんな待っているようだ。
それもそうだよね、この季節柿は安くたくさん売られている。

ほっておきと、すぐブヨブヨになるし
スーパーなんかでは、見切り品のブヨブヨ柿も目にすることも多い。

おれは、そんな柿こそ宝物にみえるのだ。
なぜなら、うちはブヨブヨになるまえに
みーんな食べてしまうからだ。

だから、自分でブヨ柿を作れない。
だから見切り品にブヨ柿があると、
一目散にレジに持って走る。(べつに走らんで良い)

そんなブヨ柿、どうやって食べるかというと
「ケーキに入れたり・・マフィンにしたり・・」なんて
手の混んだことはしない。

ブヨ柿の一番おいしい食べ方は、アイスだ!
そのまま凍らせて、半解凍でシャーベットにするのもおいしいが、
今日はひと手間加えて、絶品アイスにするよ~


(約2人前)

・柿(ブヨブヨに完熟したもの) 1個
・ココナッツミルク(冷凍する) 大3
・豆乳 大2
・きび砂糖 大1~

・柿(食べごろのふつうの柿) 1/2個 ※無くても良い。また、チョコチップなどでもOK




①完熟の柿は丸ごと冷凍する。
ココナッツミルクも冷凍する(氷を作る型などでやると便利)
d0159822_20115025.jpg


②柿は冷凍庫から出し、しばらく置いておく。
さっくり切れるようになったら、ヘタを除いて適当な大きさに切る。
d0159822_2012169.jpg


③フードプロセッサーに②の柿と、ココナッツミルクの冷凍を入れて、
細かくなるまでまわす。
d0159822_20121071.jpg


④時々、ふたをあけて側面についたものをヘラで混ぜながら、
塊がなくなるまで撹拌する。
塊が無くなったら、豆乳ときび糖を入れて更に撹拌し、
甘さを見て甘みが足りなければきび糖を足す。
d0159822_20122045.jpg


⑤柔らかいジェラートくらいの硬さになるまで撹拌したら容器に出す。
d0159822_20123196.jpg


⑥混ぜ込み用の柿(1/2個)を、飾り用を少し残して5mm角に切り、⑤に
混ぜ込む。
そのまま冷凍庫に入れ、1時間ほど冷やし固める。
d0159822_20124082.jpg



⑦スプーンでかき出し、器にもって飾り用の柿を飾ってかんせい!
d0159822_20125572.jpg
d0159822_2013798.jpg





ジュクジュクに熟した柿ならではの甘さ。
柿によっては、きび糖がいらないくらい甘いものもある。
d0159822_20131788.jpg



柿に、ほんのりココナッツがたまらない。
柿とココナッツは相性が良いのだ。
d0159822_20132665.jpg



ほかに、好みでチョコチップを入れたり、
砕いたクッキーを入れたりしてもおいしい。



今回、ココナッツミルクも冷凍したが、もちろんフレッシュな
ココナッツミルクを使っても良い。
その場合は、柿だけ先にフープロにかけて塊をなくした後に
ココナッツを入れよう。
最初から液体を入れると、うまく滑らかにならないからだ。
また、冷凍じゃないココナッツミルクを使うときは
豆乳は不要。

なんで冷凍ココナッツミルクを使ったかというと、
缶のココナッツミルクって使いきれないことが多い。
だから、ウチは100均で買った製氷型に余ったココナッツミルクを
入れて保存している。
こうすると、日持ちもする上
冷凍のまま料理にも使えるし、とても便利なのだ。
みなさんも、ココナッツミルクが余って困った場合は
冷凍保存を。


「ココナッツキライ」ってひとは、もちろん豆乳や牛乳でも。
その場合は、シナモンをちょっといれると
またおいしい。


柿をわざとブヨブヨになるまで完熟させてまでも
食べたいやみつき絶品アイス!

コタツでヌクヌク、柿アイスを食べながらすごしてはいかが?


《おまけ》
大好評(?)にお答えして
おすすめ道具シリーズの紹介。

今日は、おれがいつも料理中に使っている必須のアイテム。

d0159822_20134146.jpg

まずは、スプーン2種。

左の木のスプーンは、味見のときに使うもの。
煮込みなどの熱い料理を味見するとき、金属のスプーンだと
スプーンまで熱くなって味がよくわからない上に、
おれはあの熱い金属が苦手なのだ。なんか、へんな味がする気がする。
よって、味見は必ずこのスプーン。
味見だけでなく、このまま炒めるのに使うヘラ代わりにもなって
とても便利。
ただ、過去何度も折れたりして、こいつで今4代目。
ビミョウな曲線や、持ち手の食感が気に入らないととダメなので
厳格な審査に合格したやつだけが、おれの味見用スプーンとなれるわけだ。


右は「スッカラ」という、韓国のスプーン。
ビビンバなんかを食べるときに見たことがある人も多いだろう。
このスッカラ、実は調理中もけっこう活躍するのだ。
持ち手が長いから、和え物をするときもやりやすいし、
瓶に入った調味料(はちみつやねりごま)などを出すときも、
このスッカラを使うととてもやりやすい。
一家に1本、スッカラ!



d0159822_20135155.jpg

続いては、木ベラとレードル(お玉)。

木ベラは、持ったときの触感・滑らかさにひかれて
すぐ購入したもの。
そう、調理道具は「持ったときの触感」がとても大事なのだ。
『なんか、コレで作るとうまく作れる気がする!』なんて、どっかの
バカなギャルが言いそうなことだが、じつはそれは本当なのだ。
『なんか、うまく作れそう』の思い込みこそ、料理上達の道!だと思っている。
(ほんとか?)
とにかく、持った感じも、実際も本当に使いやすい木ベラ。


右のお玉は、ホーローのレードル。
お玉としてはちょっと小さめだが
この、先が丸くないタイプのレードルを探していたところ
大好きなホーロー製で発見。
初めは「ちょっと小さいかなぁ」とおもったけど、使い出していくうちに
この大きさが丁度良く感じられるようになってきた。
ホーローは、臭いもつきにくいしとてもおすすめ。
丸いタイプより、だんぜんこっちの形のほうが使いやすい!







順位も上がれば運気も上がる!(おれの)
あなたの1ポチが大事なんです・・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ


d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-11-29 12:30 | おやつ
春菊と柿のゴマゴマサラダ
d0159822_19522421.jpg


先日、めぐままさんから柿のレシピをおせーてー
と言われた。
しかし、うちは柿はいつもそのまま食べることが多い。

しかし、たまに料理に使うこともある。
そのなかでも、一番お気に入りなのがこのサラダだ。

旬の春菊との相性は抜群!今の時期は食べまくりだ。

昔もちょこっと「春菊のサラダ、うまいよー」と記事をアップしたが、
やっぱりおいしいので
ちゃんとレシピアップすることにした。

ちなみに、春菊って名前からすると春の野菜のようだが、
実は今が旬の野菜。
冬が旬なのに春菊と呼ぶのは、
花が咲くのが春だからだという。

今日は、そんな旬の春菊と柿を使った、
ゴマゴマサラダ!

(2人前位)

・春菊 1袋(125g)
・柿(千切りにする) 1/2個

★白ねりごま 大1
★だし醤油 大1
★米酢 大1弱
★ごま油 大1/2
・黒いりゴマ 大1
・白いりゴマ 大1
・塩 適量

①春菊はよく洗い、水気を切って塩を全体に多めにふり、
しばらく置いておく。
水気が出てきたら手でしっかり絞り、軸を除いて
4cm幅ほどに切る。
d0159822_19523772.jpg


②ボウルに★を入れよく混ぜ合わせ、①を入れ
よくあえる。
d0159822_19524860.jpg


③さらに黒いりゴマ・白いりゴマ・柿をいれ、よくあえる。
d0159822_1953033.jpg


器にもってかんせい~
d0159822_19531677.jpg

まさにゴマゴマゴマ!づくしのサラダ。
d0159822_19541187.jpg


春菊を生で食べるの?と思うかもしれんが、
これがまたほんとうにうまい。
生のほうがクセが無いような気がする。
d0159822_1954201.jpg


ポイントは、色んな食感のゴマを入れること。
ねりごま・いりゴマ・ごま油。
どれも、元は同じなのに全然違う仕事をする。

仕上にいれるのは、すりゴマじゃなくいりゴマを使って欲しい。
いりゴマのプチプチした食感がまたいいのだ。

そして、この柿のほの甘さが、このサラダには絶妙にあうのだ。

春菊に柿。今が旬のおいしいサラダ!
ぜひ旬のうちにお試しを!



《おまけ》
柿が大好きで、今の時期は毎日食べている。
おれは、柿も皮を剥かないで食べる。
もしくは、剥いた皮もオーブンでパリッと焼いて食べたりする。
柿の皮って、おいしいのだ。

先日ふと、目の前にある柿を見つめながら
『そういえば、何で柿って「まるかじり」しないんだろう?』
とおもった。

桃もリンゴも梨も丸かじりするんだから、
柿だって丸かじりしてもおかしくないじゃないか!

そうなのだ。おれはもともと柿も皮付きで食べるし、
柿も丸かじりしたら絶対ウマイ!と、いてもたってもいられなくなり

かじりついた!
d0159822_2037359.jpg

やっぱり!

ウマイ!柿の丸かじり!

みなさんも是非一度お試しあれ。


《おまけ②》

昨日、「ミットゥンの使用道具が見たい!」との
ファンからの熱烈リクエストを頂いたので、
年季が入ってキッタナイ写真だが(たんに手入れが悪いとも言う)
恥ずかしながらも公開しよう。

①ストウブ  ラウンド・ピコ・ココット(グレナディンレッド)20cm
d0159822_20385135.jpg

もう、こいつ無しじゃ生きていけないくらいの1番の愛用鍋。
ほとんどコレで作る。
うちは、作ってもせいぜい2人前なので20cmのもの。
ストウブは耐熱もよいし、これで作ると本当に上手くいく。
お世辞じゃなくおすすめの鍋!
大人数の料理を作る時用に、28cmのルクルーゼも持っているが、
ほとんど使わないなぁ。

ちなみに、蓋の持ち手の部分は別売りでカスタムできる。
これは「魚」。ほかに「カタツムリ」と「にわとり」がある。
こういうふうにすると、さらにオリジナル感が出て愛着がわくよね。




②ホーローのミルクパン
d0159822_2039483.jpg

これ、買った店の名前は忘れてしまったが、この色はこの店限定だといっていた。
黒ってのが珍しくて一目ぼれしたのだ。

ホーロー好きで、ホーロー鍋は他にも沢山持っているが、
コレが一番使いやすい。
なんといっても、変わっているのがこの深さ!
ふつうのミルクパンの1.5倍くらいの深さがある。
ちょっと湯を沸かすのもすぐに沸くし、味噌汁を1人分作るのにも
丁度良い。
内側が白いと、食材の変化(焦げそう、など)がわかりやすいので
料理も失敗が少ない。
ホーローは、丈夫だし1つあるとお勧め!
持ち手が熱くなるので、カバーは必要。これは皮のカバー。



③フッ素加工の雪平鍋
d0159822_203918100.jpg

賛否両論あるが、
やっぱりフッ素加工の鍋はひとつあると便利。
これは、ニトリで買ったもの。
大きさも丁度良いし、焦げないし。なんといっても安い。
安いので、すぐに買いかえれるのがいい・・。
雪平鍋というと煮物とかのイメージだが、
これはちょっと何か焼きたいときのフライパン代わりにもなる。


④鉄のフライパン
d0159822_2039282.jpg

これは、料理家の有元 葉子さんの監修?のフライパン。
(あとから知ったのだが。)

鉄のフライパンは熱伝導がよく、パスタなんかにもいいのだが、
焦げ付きやすいのが難点。
この鉄フライパンは変わっていて、なんと内側がエンボス加工してあるのだ。
d0159822_20393691.jpg

こんな感じ。
とはいっても、やっぱり鉄なので、
何度も油をなじませて使っていくと使いやすくなる。
値段も安いので、なかなかおすすめだ。
鉄鍋も持ち手が熱くなるので、これもカバーは必要。
ホーローのミルクパンのやつと、色違い。





⑤活力鍋
d0159822_2221330.jpg

もう、このブログでの登場回数ははかりしれないほどおなじみの「活力鍋」。
圧力鍋なのだが、普通の圧力鍋よりすごいパワーのある圧力鍋だ。
昔も紹介したが、
この圧力鍋は本当にすごい。
ふつうの圧力鍋の物の1/3くらいの時間で出来ちゃうのだ。
米も上手く炊けるし、圧力鍋としてじゃなくて
ふたを無しにすれば、パスタを茹でるのにも良い深さ。

もし、『今持ってる鍋を2つだけ残してあとは捨てろ』といわれたら
(ダレが何のために言うのだ)、
間違いなくストウブと活力鍋を残すだろうな。


こんなかんじで、ほかにもいろいろ鍋はあるけど、
主要のメンバーたちを紹介しました。

さんタロウさん、ぜひ、ごさんこうに!!!(なるのか?)









写真を撮るため、あまりに汚いストウブを
夜中に洗うミットゥンであった・・・
d0159822_1291375.jpg

「え、そのわりに汚いままですけど!?」

とおもったアナタ・・・

・・きょうも「レシピブログ」ボタンを押してくだされ
↓アナタの1ポチでランキングアップ!

d0159822_1259647.jpg

by mittun-chasuke | 2011-11-24 12:18 | 料理(副菜、その他)



ベジタリアンのミットゥンと肉食チャースケのご飯日記
by ミットゥン
タグ
(516)
(482)
(363)
(339)
(201)
(170)
(134)
(132)
(92)
(87)
(72)
(65)
(59)
(52)
(51)
(42)
(37)
(29)
(27)
(17)
(15)
(12)
(10)
(7)
(6)
(5)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
登場人物紹介
ミットゥン
チャースケ
漫画付きレシピ
料理(ハイカラ)
料理(かんたん)
料理(副菜、その他)
料理(メンドうまい)
おやつ
パン
自己紹介
その他
弁当
未分類
以前の記事
2016年 09月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
フォロー中のブログ
おとなは、だれも、はじめ...
ハンドメイドな日々
沢ぱん日記
shina_poohな日...
知りたがりやの食べたがりや
夕方に台所で・・・
やわらぎをもって。
イギリス ウェールズの自...
歌花史庵 かかしあん
うひひなまいにち
ごはんとおかずと日々のつ...
僕とマダムと先生と
アベマリアのハッピーテーブル
犬とご飯と雑貨。
spring comes...
1/f breeze
kun-kun+kuro-ro
Life style
アインのしっぽ
バニラのお菓子ライフ
Cheminee de ...
mogumogu * Leaf
亜麻仁
つばさ雲
エットハミアメドとお料理...
がびあーの家の毎日
山麓風景と編み物    
London Scene
ろこりん♪の毎日。
ゆるロビ生活
カザルパロッコのネコ(C...
walking slow...
田園都市生活
ちょっと寄り道
平凡人日記
NO ANCHOVY, ...
ひなたの小部屋
ミニチュアブルテリア ダ...
日々の暮らし ☆ mam...
一日一歩
La prima ste...
日々道場
にじいろ日記
丁寧な生活をゆっくりと
さっちんきっちん
やねのうえのわんこ
ホウロウダイアリー
5plus2and2
ステンドグラス こもれ...
イヌ ト ゴハン ト ザッカ。
カザルパロッコのネコ
The cats inside
Can of Good ...
★ミットゥンのラインスタンプ販売中!


ミットゥン&チャースケ ラインスタンプ
 ←クリック!
d0159822_12455074.jpg






エキサイトブログ以外のお友たち
Mシュナ Richardより愛を込めて

トレモロの響きにのせて

某医大正estateのごはんブログ


Can of Good Goodies

豆好き

yamatoyome ~沖縄生活~

パスタファイター

ぱっちとPUっ♪


THE CULINARY TRIBUNE

stadio r(食フォトギャラリー)

la table

Bay Alien

ビストロ カルナヴァル

スペース大原

★沖縄日記記事がオススメブログに!
那覇
旅行口コミ情報

★チャースケがツイッターを始めた?!
『_Charsuke_』で検索!


★広告メール対策の為、コメントを承認制にしました

コメントだいかんげいです!
お気軽にどんどんコメントチョウダイ!

★ウーマンエキサイト「おいしい!」に以下の記事を掲載していただきました。

緑のヘルシーポテサラ


米粉のブルーベリーパンケーキ


簡単!イカのトマト煮込み


カレー風味の鶏グリル


マグロの味噌漬けどんぶり


車麩の海老チリ風炒め


自家製甘納豆


牡蠣と温玉の韓国風サラダ


ヘルシーフムス


温泉たまごで!濃厚オリーブオイルアイス


過去最高のビーフシチュー


簡単ヘルシー!豆乳杏仁プリン


節分に!豪華海鮮太巻き


ブルーチーズと納豆のパスタ


しあわせのメープルパンケーキ


柚子トマトうどん


ポテサラと食べる絶品フレンチトースト


パスタでビックリ!ちゃんぽん麺


やめられないトマラナイ!メープルナッツ4種


しっとり茹で鶏の特製ピリカラだれ


ワインが進む君!トマトチーズビスコッティ


海老と豆腐の卵とじ中華丼


塩鮭とろみ中華どんぶり


野菜のうまみの詰まったヘルシーシチュー


韓国風!イワシのピリ辛しょうが煮


刺身の残りで!絶品ヅケ茶漬け


梨と豆乳のやわやわプリンと滑らかジェラート


絶品!中華スープがけ納豆ご飯


簡単!刺身でユッケ風どんぶり


あっさり!あさり二ラーメン


高貴な味!メープル小豆の豆腐クリーム添え


お店の味!海鮮あんかけ かたやきそば


春巻きの皮で作る!海老とアボカドの豆腐キッシュ


火を使わない!ピータン豆腐どんぶり


バター不使用!ココナッツとあんずの全粒粉スコーン


熱ヒヤ!豆乳坦々つけ麺


薄焼きがポイント!ザクザクフルーツクッキー


夏のビールの共に!ヤムウンセン


ひんやり!さっぱりカレーきしめん


ピーナッツバターで本格的なタレ!棒々鶏うどん


二日酔いの朝にやさしい アボカドとホタテのおかゆ


レストランの味の濃厚ニョッキ


お肉無しでも絶品ビビンバ


自然の甘みのおやつ!ドライフルーツまるごとクッキー

パーティーに!絶品ヘルシー板麩でラザニア

とろ~り絶品!洋食屋さんのクリームコロッケ

フレッシュトマトの絶品ラタトゥイユ

海老の殻は捨てちゃ駄目!濃厚豆乳ベシャメルソース

とろとろ手羽先の韓国風煮込み

とろーりチーズのかかったトマトのモツ煮込み

フレッシュトマトで作るエビチリ
卵一個で!豆乳スフレ

残り野菜で!韓国トッポギ

トマト肉味噌でヘルシー冷麺
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
居酒屋ごっこ・五月編
from cool witch
生存報告。
from ハムログ
居酒屋ごっこ
from cool witch
塩麹を使ったおかず など..
from 海のむこう 空のむこう
おおそうじのフルーツクッ..
from 海のむこう 空のむこう
ポテトマカロニサラダwi..
from 知りたがりやの食べたがりや
イギリス歯医者の話 - ..
from 坂の上にある家 
白練りごま
from 坂の上にある家 
冬至の夜
from 坂の上にある家 
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧